キモチイイコト

サークル「SHARPNELSOUND」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しい声と雰囲気を持つ風俗嬢が
催眠を使ったエッチで日々の疲れを取り除きます。

催眠音声と歌&リミックスが同梱されている非常に変わった作りをしており
催眠は正統派かつエッチを重視したスマートな音声
歌&リミックスは様々なバリエーションを用意したリズミカルな音楽、と
それぞれの良さをまったく違った方向から表現しています。
音声と音楽の両方が楽しめる面白い構成
風俗嬢のお姉さんにエッチな催眠をかけてもらうお話。

「あ お待たせしましたー 今日は来てくれてありがと!」
お姉さんは明るくて穏やかな声のお姉さん。
とある風俗店にやってきたお客に親しげな挨拶をすると
彼に密着しながらキスをしたり胸をいじるようおねだりします。

本作品は彼女があれこれサービスしてくれる催眠風ボイスドラマ「キモチイイコト」と
催眠のイメージを音楽にした「スクリプトラヴ」という歌&リミックスの2つの要素で構成されており
それぞれが独立した内容で別々に楽しめるよう作られています。

最近ですと催眠をかけながらバックで音楽を流す作品なんかも出てきていますが
この作品が作られたのは今からおよそ4年前とやや古いため
「キモチイイコト」は音楽性を敢えて絡めず声や言葉で誘導するオーソドックスな内容です。
ですから一般的な催眠音声と同じものと思ってください。

音楽については当サイトの趣旨から外れるのでレビューしません。
体験版を聴けばそのレベルの高さをわかっていただけるはずです。
サークルさんがプロの方らしく、素人の私から見ても素晴らしいと思います。
誠樹ふぁんさんが歌われているところも面白いですね。

「キモチイイコト」で行われる催眠はおよそ5分間。
最初に2回大きく深呼吸をしてから白い砂時計をイメージし
カウントに合わせて中の砂が下に落ちていくのを感じながら彼女の声に耳を傾けます。
ちなみに砂が流れ落ちる際にはバックで控えめな効果音が鳴ります。

「なんだか両腕が重たくなってきました 重い 重ーい ゆったりと 両腕の重たさを感じています」
「右腕がなんだかあったかい あったかい 左腕もあったかい あったかい 心地よいあったかさを感じます」

1カウントごとに彼女が手足の重さや温かさを操作する暗示を入れてくるのですが
「重い」「温かい」を適度に重ねながら入念に入れてくれることや
彼女の声がゆったりのんびりした口調で語りかけてくれることもあり
言われたとおりの変化を感じる人もそれなりにいるでしょう。
私の場合は腕は前腕のあたりにヒリヒリとした熱を、足は足の裏にピリピリとした痺れを伴う熱を感じました。

「誰だって 気持ちよくなりたいし 私も気持ちよくなりたい それは あなたも同じ あなたも気持ちよくなりたい」
そして最後にこの後のエッチをより楽しんでもらうために、自分の欲望に素直になるよう呼びかけます。
お姉さんが「エッチな気分が高まる」とかの暗示を入れるのではなく
彼の願望を受け入れた上で「一緒に」気持ちよくなろうと言うのがいいですね。
自ら進んでそういう気持ちになれるよう上手に誘導しています。

軽くリラックスしてからカウントを絡めた暗示で深化する極めてシンプルな催眠です。
彼女の言葉に素直に従いながら気持ちよくエッチができる心を養うことを目的に
古典系の催眠法としっかりした表現の暗示で効果的に催眠を深めてくれます。

「わたし こうやって くっついてるの好き 体 とーってもあったかいよ あったかい ぽかぽかしてる 好き」
内容だけを読むとえらく簡素に思えるでしょうが
彼女は催眠を開始する前におよそ4分をかけて砕けた調子の会話をしたり
キスやおっぱいを揉むといったエッチの下準備のようなプレイを行います。
そしてそれらの合間に聴き手の心身をリラックスさせる軽めの暗示を入れてきます。

簡単に言うと催眠を施すにあたっての信頼関係の構築が上手なんです。
だから催眠自体は短くても時間以上の感覚の変化が感じ取りやすいです。
ただし、ここまで短いとなると被暗示性の高さや催眠音声の経験もやはり重要になります。
私としては多少の被暗示性があり、かつ10本以上は聴いている人に薦めたいです。
モノはいいのだけど内容的に人を選ぶところがあるかなと。
エッチな要素を多めに配したプレイ
エッチシーンは7分ほど。
プレイは太もも・膝へのキス、フェラ、SEX(騎乗位)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「かわいいおちんちん 大好き これからたくさん 気持ちよくしてあげる」
催眠を使ってお客をエッチにのめりこめるようにしたお姉さんは
早速彼のパンツを脱がして足の内側やおちんちんを口で舐め始めます。

エッチは冒頭で行ったプレイの続きとして彼女がご奉仕します。
催眠音声におけるエッチと言えば、割と頻繁に暗示を入れて運動や感覚を操作するケースが多いのですが
本作品の場合は個々のプレイを開始する前に気持ちよくなる暗示を入れ
それから時間いっぱいちゅぱ音を鳴らしたり喘ぎ声を上げながらエッチなセリフを言います。
催眠音声とエッチなボイスドラマの中間的な作り、と表現するのが妥当です。

「私の唾液にまみれた舌が あなたのおちんちんをヌルヌルとなめまわす 私の唇を通して注ぎ込まれた快感が おちんちんを通して全身に広がっていく」
そのおかげで時間に対するエッチな要素の密度は意外に高く
特に中盤で登場するフェラシーンでは比較的下品で激しいちゅぱ音を聞かせてくれます。
風俗店が舞台のお話ですからエッチな雰囲気が無いと始まりません。
それを踏まえてこういうエロを重視したプレイにしたのだと思います。

絶頂シーンは最後に1回、彼女の声に合わせて行います。
最中におちんちんの根元を手で支えるよう言われますがセルフの指示はありません。
カウントを数えてから追い込み暗示を入れたほうがドライしやすかったでしょうね。

このように、純粋なエロさを意識したエッチが繰り広げられています。
変わった趣向の作品
催眠音声と音楽の両方が楽しめる珍しいタイプの作品です。

「キモチイイコト」は声と言葉で、「スクリプトラヴ」は声とリズムで耳や心に心地よい感覚を与えてくれます。
前者は短いながらも催眠音声としての形はきちんと出来上がってますし
後者は少し聴いただけでもわかるくらいに高いクオリティを誇っています。
催眠誘導による感覚と音楽を聴いたときに得られる感覚は似た部分を持っています。
だからこそ一見するとまったく違う2つの要素をひとつの作品にまとめたのでしょう。

「気持ちよくなりたいって思っているのは あなた あなたは 気持ちよくなるためなら 私の言葉に逆らわない 私の言葉に従うことは とても気持ちいいこと」
「キモチイイコト」は全体的にお姉さんの言葉の表現が繊細な印象を受けます。
相手にあることを伝える場合、言い方によってプラスにもマイナスにも働く場合があります。
本作品では「聴き手が自分からそうなりたい」と思わせる言葉遣いが徹底されています。
それが作品全体に催眠に入りやすい雰囲気を与えています。

ですが、そもそもの時間が短いことに加えて
カウントを数える際に追い込み暗示を入れていないために
催眠に入った感覚がやや弱くなっているようにも思えます。

深化パートにおける1カウントごとの暗示は優れたものを持っています。
それに対して0を数えた直後は「今 あなたは 深い催眠の世界にいます」と言うのみに留まっています。
ここでもう少し暗示を重ねていればもっと深い催眠に入れていたかもしれません。
短時間での誘導という状況を考えてももう一押し欲しいところです。

エッチは気持ちよくなりたい願望をストレートに叶える形で行っています。
雰囲気が結構エロいですからオナニーしたくなる人もいるでしょうね。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

他のサークルさんでは決して見られない独創的な作品です。
音楽好きな人なら当サイトの点数以上に楽しめるでしょう。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 42:53(「キモチイイコト」単体だと20:08)


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
「キモチイイコト」の点数を6点とし、音楽分を+1してあります。

本作品は2015年09月02日まで半額の378円で販売されています。
その場合の点数は8点です。