いっしょに寝ようよ~安眠添い寝ボイス~

サークル「はにぃすぱいす」さんの同人音声作品。

今回紹介する同サークルさんの処女作は、主人公を甘やかすのが大好きなお姉ちゃんが
一緒に寝ながらお話をしたりエッチなご奉仕をします。

安眠を目的とした作品でありながら、最中に彼女がキスをしたり胸を触らせるなど
ちょっぴりエッチな気分を抱かせながら眠りに導いてくれるのが特徴です。
お姉さんとの癒されるひと時
お姉さんに添い寝されながら眠りにつくお話。

「ねぇ そろそろ寝ないと あ その顔 もうっ! 今何時か分かってないでしょう?」
お姉さんは柔らかく可愛い声のお姉さん。
夜遅くまで起きている主人公に寝る支度をするように言うと
一緒の布団に入って安眠のお手伝いをしてあげます。

本作品は物語のほぼすべてを彼女と同じ布団で過ごしながら
最初の「安眠添い寝」パートはお話や肌の温もりによる純粋な眠りを
続く「いたずらぺろぺろ」パートは寝付けない彼の性欲を発散させてから眠りを提供します。
18禁作品ですがエッチは後半のみの登場ですので、どちらかと言えば癒し重視です。

「よしよし…いいこね ちょっぴり照れ屋さんで でも優しくってかわいい子だね 大好きだよ」
そして彼女は女性と一緒に寝ることに戸惑っている彼の心を言葉で解きほぐしながら
頭を撫でたり、ぎゅっと抱きしめて自分の鼓動を聞かせたり、軽くキスをしたりと
全編に渡って体を密着させながら彼を癒そうとします。

人肌の温もりが感じられるサービス、とでも言えばいいのでしょうか。
安眠系と言えばエッチな要素を極力使わずに眠らせることが多いだけに
こういう展開はやや特殊と言えます。
だからこそ後半にエッチなパートを用意されているのでしょう。

「安眠添い寝」パートはおよそ21分間。
音声開始直後に同じ布団に入ったものの、恥ずかしいのか距離を取ろうとする主人公に対し
お姉さんがまずは言葉で優しく諭します。

「あなたと一緒に寝てると 落ち着くからかな だから 隣で寝ているときは いつも私もおとなしく寝ていられるの」
今回の添い寝はもちろん彼のために行ってあげているわけですが
彼女としても彼と一緒に眠りにつくことを強く望んでおり
そのことを序盤から割とストレートに伝えてきます。

言うことをきいてくれたらきっちりご褒美をくれますし
年上の女性がとことん甘やかすあまあまな雰囲気に包まれています。
彼女の堅苦しくない態度も癒しにプラスの影響を与えています。

「とっても優しくて ほわ~って安心するリズムだと思わない? それに やわらかくて あったかいでしょう?」
「ねぇ こうして同じ枕で同じお布団に横になって それから手を繋いで そう こうやって 指をからませて 離れないように でも優しくね」

距離が近づいた後は露骨なエロを感じさせないレベルで彼女の体に密着し
その温もりを感じながらゆっくりと眠りにつきます。
最中には一部で実際に心音が鳴るシーンもあったりと
彼女の存在を感じさせてくれる演出や彼女の優しい言葉が安らぎを与えてくれます。
一心不乱に舐め続ける密度の高いフェラ
エッチシーンは11分ほど。
プレイはおちんちんの愛撫、お姉さんへの乳揉み、フェラです。
エッチな効果音はありません。

「あ お腹に 当たってる もしかして ここが我慢できないのかな?」
安眠させようとしたのにかえって興奮してしまった主人公を見て
お姉さんはおもむろに彼のおちんちんへと手を伸ばし、優しく撫で始めます。

エッチは最初に2分ほどお互いの体をいじってから彼女がフェラをしてくれます。
短時間でも抜きやすいようにと、ここでは彼女のセリフが一気に減り
後になるほどハードになるちゅぱ音を時間いっぱい聞かせてくれます。

亀頭へのキス→軽い舐め→咥えこんでのしゃぶりと続くのですが
特に咥えこんでからのちゅぱ音の粘度・舐め方・合間の息遣いが生々しく
彼女が一生懸命おちんちんを愛している様子が音だけで十分に伝わってきます。

最後の射精シーンもお口でしっかり受け止めてから飲み込んでくれますし
少なくとも時間分以上のエロさを持つフェラに仕上がっていると言えます。

このように、シンプルかつ実用的なプレイが繰り広げられています。
癒しは感じるのだが
年上の女性が寝ながら甘やかしてくれる癒し重視の作品です。

お姉さんは女性に対してちょっぴり奥手な主人公が安心して眠れるように
終始相手を気遣う言葉をかけながら柔らかい体で包み込んであげます。
そしてオプションとしてエッチなご奉仕で性欲もスッキリさせてあげます。

安眠系と言えば最近ですと寝息を中心に聞いてもらうタイプの作品なども出ていますが
そういった要素は薄く、女性の優しさや温もりをストレートに感じさせるシーンが多いです。
積極的に密着してくるのも彼女の存在を感じ取って欲しかったからでしょう。
こういった諸々の要素が心の渇きを潤してくれます。

ですが本作品のテーマとなっている安眠目的で聴く場合
安眠添い寝パートでお姉さんがほぼずっと語りかけてくる、つまり無音の時間が少ないこと
はきはきとしゃべること、セリフの間隔が通常の会話と同じくらいに短いことから
あまり効果的ではないように思われます。

眠るためにはリラックスしているのに加えてある程度静かなのが望ましいです。
音声作品に対して「静かにしろ」と言う気はさすがにないのですが
聴き手が安眠できるよう配慮した声や言葉遣いは確かに存在します。
具体的には意識して声の間を開けてのんびり話すこと、眠りを連想させるお話をすることなどです。

女性の体にたびたび触れさせる=性的興奮を暗に促しているのも安眠には逆効果ですし
癒しは得られるけど安眠には不向きというのが正直な感想です。

エッチはちゅぱ音や喘ぎ声を集中的に聞かせるスタイルです。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

タイトルから期待される効果とサービスの内容にずれがあることから
当サイトではやや低い点数とさせていただきました。
安眠抜きで年上の女性に癒される気分を味わいたいのなら普通に楽しめます。

CV:天川みるくさん
総時間 本編…35:08 羊の数え歌…9:44


オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年09月02日まで半額の270円で販売されています。
その場合の点数は7点です。