ミミアイブ!4

サークル「藤和工場」さんの同人音声作品。

前作「ミミアイブ!3」よりおよそ10ヶ月ぶりとなる同シリーズの第四弾は
弟のことを溺愛しているあまあまなお姉ちゃんが、彼の眉・耳・乳首・おちんちんを徹底的にケアします。

今作は初心にかえって堅実できめ細かいサービスを行っており
電動トリマーの程よいモーター音やリアルな耳かき音が心地よい刺激を与えてくれます。
過去3作で強烈なインパクトを放っていた彼女のハイテンションなキャラも健在。
そのとことん甘やかしてくれる献身的な態度が疲れた心を潤します。
お姉ちゃん再び
お姉ちゃんから癒しとエッチなサービスを受けるお話。

「弟ちゃぁ~ん お姉ちゃんのおかえりよぉ~ いたわって いたわってぇ!」
お姉ちゃんは明るくて甘い声のお姉さん。
お仕事から帰ってきて早速大好きな弟の部屋に駆け込むと
抱きつきながら匂いを嗅いで心と体をリフレッシュします。

本作品のサービスは大きく3つに分かれており
最初の2パートはおよそ40分にも渡って眉や耳をお掃除する正統派の癒しを
最後の1パートは性欲発散のために耳・乳首・おちんちんを彼女が同時に責めます。
タイトル通り耳にかなり力を入れたサービスを行ってくれるのが特徴です。

「だぁってぇ 一所懸命 お目目とじて むーってしてる弟ちゃん かわいいんだもんっ」
そして本シリーズにおける最も大きな特徴はお姉ちゃん自身。
開幕から弟成分を補充しようとスキンシップを取ってきたり
事前に調査した彼の最近の好みを踏まえたサービスを行ったりします。

そのとっても明るくパワフルなキャラが実に個性的で
彼女がいかに弟を深く愛しているかが強烈に伝わってきます。
自分の気持ちをストレートにぶつけながらお世話する爽快感のある女性です。
心地よい音を活かしたシンプルなサービス
一番最初に行う眉や耳毛剃りはおよそ16分間。
電動トリマーを使って右→左の順に眉の全体の形や細かい手直しを行い
それから耳の産毛を丁寧に取り除きます。

「このあたりは 安全カミソリじゃ剃りにくい場所だもんねぇ~ 大丈夫よぉ お姉ちゃんにおまかせ」
電動トリマーは「ジジジジ」と若干ざらつきのある電動音が使われており
それをシーンに応じて位置を切り替えながら鳴らしていきます。

モーター音と言うと頭に響くのであまり好まない人もいるでしょうが
本作品ではボリュームや振動が意識的にかなり抑えられており
マッサージ器に体を預けているような程よい心地よさが頭や耳に感じられます。

眉では押し当てているようにしていたのが耳では軽く上下にスライドさせていたりと
実際のサービスを見据えたリアルな動かし方もされています。
本作品は全体的に音のクオリティがかなり高いです。

「きりり眉もいいけど お姉ちゃん 弟ちゃんには もうちょっと優しい感じが似合うと思うわぁ~」
最中のお姉ちゃんのセリフや態度はとってもあまあま。
愛する弟を少しでもいい男にしようと自分なりのプランを立てながら
それぞれに十分な時間をかけてじっくりお手入れします。

てっきりお姉ちゃんがしゃべりまくるのかと思いきや、無言になって集中するシーンもあったりと
効果音と彼女のキャラをバランスよく引き立てながらサービスを進めています。
この後の耳かきも含めて音フェチ要素もそこそこあります。

続く耳かきは18分ほど。
事前に弟の上着を脱がせて乳首の産毛を軽く剃ってから
抱き合うような体勢で右耳→左耳の順に耳かき棒を使って汚れを取り
仕上げに短く何度も息を吹きかける家庭的なタイプです。

耳かき棒は「ぞりぞり ずずっ」と細く乾いた硬めの音が使われており
穴の奥から手前に向けて短いストロークを描きながら何度も掻き出す動きをします。
耳の外・入り口・奥といった位置の変化は特に無いのですが
音の硬さに対して力の入れ具合が抑えられており、耳に優しい刺激を与えてくれます。
シンプルだけどすごくリアルで優しい音ですね。

「耳かきミミアイブしながら トリマーの背で弟ちゃんのかわいい乳首をくりくり こねこねイジめちゃいます」
また耳かき中のお姉ちゃんは現在の体勢を利用して電動トリマーを乳首に押し当てたり
逆に彼のおちんちんが偶然クリトリスに擦れてエッチな声を漏らしたりします。

ちょっぴりエッチな表現を交えているわけですが、耳かき以外の音は特に鳴りませんし
演出も控えめなので耳かきの邪魔になるほどではありません。
このへんはサークルさんがシリーズの特徴として掲げられている
「アクロバティックな耳かき」を出すために入れたのかなと。
それでも以前の作品に比べればかなり大人しいです。
複数の音を同時に鳴らす密度の濃いプレイ
エッチシーンは21分間。
プレイはストッキング破き、耳舐め、素股、乳首責めです。
耳舐め以外のすべてのプレイでリアルな効果音が鳴ります。

「今日のはね ここんとこ 仕事中に伝線できちゃって 帰ったら捨てようって思ってたやつだからぁ サービス」
ここまで自分のおっぱいやお股の魅力に無事耐え抜いた弟へのご褒美として
お姉ちゃんは自分のストッキングを破かせ、パンツを脱ぎおちんちんにおまんこを押し当てると
腰を動かしながら耳を舐めたり電動トリマーで乳首を刺激します。

エッチは彼女に耳や乳首を責められながら一緒に気持ちよくなります。
ここでも今までのサービスと同様に「音」を上手に使いながらプレイを組み立てており
耳舐めのちゅぱ音、乳首責めのモーター音、素股のくちゅ音が同時に鳴らし
それに彼女の吐息や喘ぎ声を絡めてエッチの濃度を高めています。


「ちんちん ちんちんさん かたい かたいのぉっ」
中でも至近距離から聞こえてくる耳舐め音や吐息が生々しく
お姉ちゃんの興奮が高まっていく様子が手に取るようにわかります。
野上さんのバイノーラルは声や音の臨場感が抜群に優れています。

耳舐め自体の時間も16分程度と長めに取られてますし、耳舐め好きほど楽しめるでしょう。
タイトル通り耳をとことん愛するプレイですね。
射精シーンは最後に1回、おまんこの外にぶっかけます。

このように、近さを感じる音を駆使した愛のあるエッチが繰り広げられます。
とことん甘やかしてくれる作品
お姉ちゃんの愛情たっぷりなサービスの様子をさまざまな音を使ってリアルに描いた作品です。

明るく元気一杯なお姉ちゃんが自分の欲求もある程度満たしながら弟を癒します。
一部強引なところがあるものの、どのシーンも彼のことをまず第一に考えながら
癒し・エッチいずれのサービスも丁寧に行っています。
そしてそれらを行うにあたってサークルさんの持ち味とも言える「音」を最大限に活用しています。
音がしっかりしているからこそ諸々のサービスがリアルに感じられるのです。

ここまで説明してきた耳かきなどの効果音や
全編に渡ってバックで鳴り続ける「コツ コツ」という時計の音が相まって
後になるほど心が落ち着く気分が広がっていきます。
エッチシーンの時間が短めなことも考えるとやっぱり癒し重視な作品と言えます。

「だぁいすき 好き すき お姉ちゃんに 好きをくれた 弟ちゃん だぁいすき」
もちろんお姉ちゃんのあまあまな声とセリフも外せません。
弟を満足させることができたことに自分自身も満足しながら
眠った彼にキスをする最後のシーンなどは特に印象的でした。
心も体もすべてお世話してくれる彼女の甘やかしっぷりも癒しに大いに役立っています。

エッチは複数のプレイを同時に行っていますがメインは耳舐めです。
近親相姦にしないために挿入する展開にもなりませんし
そういう意味ではエロのパワーはやや控えめに感じます。
ちゅぱ音・くちゅ音それなり、淫語・喘ぎ声そこそこです。

お姉ちゃん成分をたっぷり含んだ癒し系作品です。
年上の女性に甘やかされるのが好きな人には特にお薦めします。

CV:野上菜月さん
総時間 本編…1:16:15 フリートーク…7:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります