菜月お姉ちゃんのバイノーラルフェラ~左右同時にフェラ音流してあげる~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、バイノーラル声優として有名な野上菜月さんが
左右から別々におちんちんを舐めて興奮させてくれます。

バイノーラルの長所である音のリアルさや近さを最大限に活かし
彼女は開始直後から舐める、吸う、しゃぶる、啜るといった
様々なタイプのフェラ音を小まめに変化させながら鳴らします。
特に左右同時にフェラをするパートは圧巻の一言。
絶え間なく鳴り響くエッチな音や吐息に自然と股間が熱くなります。
お姉ちゃんのエッチで優しいフェラ
菜月お姉ちゃんに左右からフェラしてもうお話。

「あーん くちゅる ちゅぴっ」
菜月お姉ちゃんは甘く優しい声のお姉さん。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて飛ばし
早速主人公のおちんちんを嬉しそうに舐め始めます。

本作品は右側と左側から個別にフェラをしてくれるパートと
その両方を合わせて鳴らすパートの3つで構成されており
音声開始1秒から終了10秒前くらいまで彼女がずーっとおちんちんを舐め続けます。
割合で言えば97%くらいがちゅぱ音なほどの尖りっぷりです。
合間のセリフもごくごく僅かですから、ちゅぱ音が好きな人ほど楽しめます。

もう一つの特徴は左右の舐め方に明らかな違いを設けていること。
彼女は右にいるときは甘やかすのが大好きな優しいお姉さん
左にいるときはちょっぴり意地悪なお姉さんと若干キャラを切り替えて
前者は優しく包み込むようなゆっくり、ねっとりとしたフェラ
後者はやや力強くペースの速いフェラを行います。

個別に聴いたときはイマイチよくわからないかもしれませんが
両方同時なら結構な違いが実感できるはずです。
そしてフェラのコンセプトに違いがあるからこそ
同時に聴いた際に2人から責められている気分が味わえるわけです。

ただのちゅぱ音と思って侮ってはいけません。
セリフがほとんどなくても舐められている気分が十分実感できるように作られています。
まさにバイノーラルを熟知している野上さんならではの作品と言えます。
様々な音や吐息が作り出すエッチな雰囲気
エッチシーンは全編にあたる45分間。
プレイはフェラのみです。
エッチな効果音はありません。

ここからは右側、左側、両側の順に説明していきます。
時間はいずれも約15分と1回抜くのに丁度いいくらいの長さです。

右側は優しく、少しずつ射精へと導いてくれるフェラ。
プレイ開始直後からかなりゆっくりとしたペースで
「すびびび じりゅるるる」という水分高めの下品な音を鳴らし始めます。
聴き手が時間内にきっちり抜けるようにと、全体的にエロを強く意識したちゅぱ音を鳴らしています。

ちゅぱ音そのものも30秒~1分程度の間隔で舐め方を小まめに切り替えています。
音声作品におけるフェラと言えば前半は舌で舐めたり唇でしゃぶり
その後は咥え込んでピストンしたりバキュームするケースが多いのですが
本作品では後半の部分にあたるプレイを少なめにして
竿を丁寧に舐めたり、啜ったり、亀頭を吸い上げる音を中心にしています。

これはおそらく左右から同時に舐めたときの違和感をなくすためでしょう。
2人が同じタイミングでおちんちんを咥え込んでいたらおかしいですからね。
そういう細かい部分まできちんと考えながらプレイを組み立てています。

「おちんちんピクピクして とっても可愛い」
「すごい 可愛いわぁ」

合間に少しだけ入る彼女のセリフもとってもあまあま。
最高の射精をプレゼントしようと、心を込めて舐めてくれているのが伝わってきます。
フェラと一緒に聞こえてくる吐息もほんのり熱が伝わってくるほどにリアル。
彼女が近くにいてくれている気分がしてより興奮が高まります。

プレイ開始から11分程度が経過するとペースが一気に上がり
「ずいりゅっ きりゅぅぅぅ」という力強い音をリズミカルに鳴らしておちんちんを吸い上げます。
明確な射精表現はありませんから皆さんの好きなタイミングでフィニッシュしましょう。
そうさせてくれるだけの十分なエロさを持った責めです。

対する左側のバージョンはちょっぴり意地悪なお姉ちゃん。
「コリッ」という耳舐めでよく鳴る硬めの音を適度に交えながら
右側よりも明らかに速いペースでおちんちんにむしゃぶりつきます。

「おちんちんくさーい いやらしい匂い」
「勃起おちんちん もーっといじめたくなっちゃう」

そして上のような軽く貶すセリフを時折投げかけながら
おちんちんの周りをなぞるように舌を這わせたり、亀頭を吸い上げたり
鈴口を舌で小刻みにペロペロしたりと弱点を的確に突いてきます。

口調や責めっぷりがそこまで手厳しくはないのでドM向けではないのですが
ややMくらいの人が最も喜びそうな責めを楽しむことができます。
終盤も「びりゅるぅぅ っぴっ」とピストンしているような音を繰り返し撒き散らしてますし
右側に物足りなさを感じた人でも満足していただけるかなと。
こちらも射精表現は無く任意でするスタイルです。

本作品の醍醐味が最も詰まっているのが両側のバージョン。
ここまで説明してきた責めを左右同時に行いながら彼女が射精へと追い込みます。

体験版を聴いていただければわかるように
プレイの最中は左右から様々なちゅぱ音や吐息が聞こえてくる濃密な空間が形成されています。
その変幻自在の責めも自然で音の種類も左右でまったく違い
2人の女性に寄り添われながら舐められている気分が味わいやすいです。

舐めの種類とかペースがうまい具合にずれていて
左右の音にリズムやコンビネーションを感じます。
このように、色々な特徴を兼ね備えた抜けるプレイが繰り広げられています。
フェラの魅力がぎっしり詰まった作品
ちゅぱ音だけであらゆるものを感じさせてくれる作品です。

菜月お姉ちゃんは開幕から耳元に急接近し
熱っぽい吐息を漏らしながら本当に多種多様なちゅぱ音を鳴らします。
優しく、それでいて色っぽい音がどれも生々しく
音声作品を最近聴き始めた人はもちろん、数多く聴いているような強者でも
心や股間を奮い立たせる熱いパワーをきっと感じるでしょう。
私も開始2分後には臨戦態勢になるほど興奮しました。

その大きな理由の一つはやはり音質の高さです。
野上さんのバイノーラルは以前からノイズがほとんど無く
本作品でも舌の動きがイメージできるほどに高いクオリティを誇っています。
そして音質の高さを活かした舐めっぷりを演じています。
2つの良い部分がしっかり噛み合っているからこそ、ここまでリアルに感じるのです。
やってることは単純なんですが実に奥深い作品です。

エッチは最初から最後まで舐め続けるタイトルどおりの内容です。
純粋にエロいだけでなく彼女の温もりも感じられるおかげで
エッチな興奮以外に癒される気分を味わえるでしょう。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

短時間での抜きに大活躍してくれる作品です。
価格も300円とお手頃なのもポイント。
ちゅぱ音が好きな人、抜きたい人、逆に癒されたい人に特にお薦めします。

CV:野上菜月さん
総時間 右側…15:12 左側…15:13 両側…15:13 合計…45:38

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります