「ささやきチクニー講師 美波のの佳」0巻

サークル「東山誠BRAND」さんの同人音声作品。

寝ながら乳首オナ専用ボイス─ソフトM向け入門編─」など
乳首オナニーに特化した作品を数多く作られている東山誠BRANDさん。
その新シリーズ1作目にあたる本作品は、優しいけどSっ気もたっぷりな先生が
講義のお試しとして乳首オナニーのやり方を細かく指導します。

従来の乳首を非常に重視した責めに普通のオナニーを交えており
乳首だけではどうしても満足できなかった人でも楽しめる作りになっています。
二面性を持つ先生のキャラも大きなポイント。
普段とは正反対なトーンの低い声ときつめの言葉責めがM心をくすぐります。
礼儀正しくとっても怖い先生と過ごすひと時
美波のの佳先生のレクチャーを受けながら乳首オナニーするお話。

「もしもし? はい 家の前にいますよ」
のの佳はハキハキと話す明るい声の女の子。
レッスンの依頼を受けて主人公の家にやってきた彼女が
彼からの電話に出るところから物語は始まります。

本作品は乳首開発を専門にサポートしている学校の講師である彼女が
彼を相手に一緒になって乳首をいじるトレーニングをします。
ごく一部でおちんちんをいじるオナニーをするシーンがあるものの
メインとなるプレイは乳首オナニーです。

こういうコンセプトの作品は現在でも非常に少ないですし、
シリーズのファンも結構いらっしゃるのではないでしょうか。

「さて 私の講座では乳首だけでなく ペニスも積極的に刺激しますが 今回は体験レッスンということで 主に乳首を中心にエクササイズしていくつもりです」
本作では主人公がまったくの未開発、しかも体験レッスンなこともあり
プレイそのものよりも、やり方の説明に焦点を当てたプレイが行われています。
最中に出される指示も指ごとにどう動かすかまで教えてくれる親切なものばかり。
先生も至近距離で吐息を漏らしながら囁いたり、一緒になって喘ぎ声を漏らしたりと
より大きな興奮や快感が得られる環境づくりに努めてくれます。

「もう一度言うわよ 私が レクチャーを始めたら すべての動きを止めて 話を聞く!」
しかしそんな彼女もこちらが言うことに従わない場合は態度を急変させ
トーンの低いドスの効いた声できつめのセリフを叩きつけます。

普段がとても丁寧な物腰だからこそ、そのあまりの変化にびっくりするでしょう。
ですがこれはこれで言葉責めとしての効果を持っているわけで
M属性な人からすれば背筋がゾクゾクする思いがするかもしれません。
この彼女の極端なまでの二面性も作品の大きな特徴と言えます。
きめ細かく手厳しいレッスン
エッチシーンは2パート31分ほど。
プレイは乳首責め、クンニ、乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「では エクササイズの初めに 乳首の感度を上げておきましょう」
今回行う講義のコンセプトを一通り説明し終えたところで
のの佳は手始めに自分の髪で主人公の乳首を撫でて感度を高めます。

エッチは最初のパートが彼の家で対面しながらの体験レッスン
2番目のパートは別の生徒に電話越しでレクチャーをします。
どちらも彼女が飴と鞭を上手に使い分けながら丁寧なリードをしており
乳首開発だけでなく、女性に軽くいじめられる快感も得られます。

「初めに 人差し指と親指で 乳首をつまんでください 次に 空いている中指 薬指 小指を合わせて 胸の下側から つまんでいる乳首に向かって 肉を寄せるように 揉んでいきまーす」
最初の本編パートはおよそ23分間。
今まで乳首オナニーの経験が一切無い人でも問題なくついてこれるように
上のセリフのような極めてわかりやすい描写でプレイの概要を説明し
それから掛け声を出していじるタイミングを教えてくれます。

実際にやってみたところ、3本の指を寄せたときに乳首が軽く隆起するため
親指と人差し指を擦らなくてもジンジンとした刺激が走りました。
簡単に言えば痛気持ちいい感覚です。

作中で行われる乳首オナニーの全体的な特徴は
つねる、爪で引っかくといった比較的刺激の強い責めが多いことです。
個人的には未開発なら撫でる、擦るとかのソフトな方がいいと思うのですが
過去作でそういったレクチャーが既にされているからか、ハード目なものが多いです。
この内容なら開発済みの人の方が楽しめるのではないかなと。

「まずは 両手の人差し指を 引き金を引くように 軽く曲げます」
「曲げた人差し指の側面と 親指の腹を使って 乳首をつまんでください」

続く2番目のエクササイズもなかなかに個性的。
つまんでひねる強めの刺激が乳首にヒリヒリとした快感をもたらします。
乳首の感度を確かめるのに丁度いいプレイですね。

そうやって乳首の気持ちよさをある程度確かめたところで
最後のエクササイズとして今度は乳首を指の腹で優しく撫でながら
おちんちんをしごいて射精を目指します。

「はぁ はぁ オナニーしている男性が こんなに近くにいる状況で チクニーするの 初めてっ」
頑張って自分についてきてくれた主人公に対し
のの佳もそのご褒美として一緒に乳首オナニーをし、乱れます。
一部で厳しいセリフをぶつけられることもありますが
なんだかんで生徒思いの優しい先生に映りました。

対する2番目の「寝ながらシリーズを聴いてきたリスナー様へ」パートは
他の先生から乗り換えてきた生徒に
彼女がレクチャーをしながら自分の良さを徹底的に教え込みます。
以前のシリーズで講師をしていた最上先生の名前も登場しますし
それらを聴いていた人の方がずっと楽しめるでしょうね。

「私はもう 最上澪の犬として生きることをやめます これからは 美波先生についていきます」
「君は 先輩のスク水を着て チクニーしながら 勃起させちゃう 変態さんなんだもん」

プレイ自体は先ほどとさほど違いがないのですが
レッスンの目的が自分に屈服させる、つまり調教にあるため
彼女は指示の合間に言葉責めをして上下関係を明らかにします。

終盤に行うおちんちんオナニーも
5秒に1コキペースのとってもゆっくりとしたもどかしい責め。
最終的にはお預けを食らいますし、本編よりもM度が強いプレイです。

このように、的確な指示にM要素を交えたプレイが繰り広げられます。
チクニー好きに捧げる作品
乳首をかなり重視しながら射精へと導くプレイスタイルが魅力の作品です。

のの佳は初めて乳首オナニーに取り組む主人公が路頭に迷わないように
常に目的を掲げ、それに向けて噛んで含めるような指示を与えます。
恥ずかしいセリフを復唱させたり突き放すシーンが一部あるものの
それは乳首だけでは興奮を高めにくい彼へのパフォーマンスにも思えます。
その証拠に、彼女は後になるほど喘ぎ声を出してエッチな雰囲気を作ろうとしています。

「飼い主が私に代わった今 私のペースに合わせなさいよ」
時折入る囁き声での言葉責めも非常に印象的でした。
バイノーラルではありませんが、至近距離で言われている雰囲気が十分出てますし
普段とは違った重い声質も迫力があります。

女性にレクチャーを受けるスタイルも考えるとM属性がそれなりにある人向けです。
ややMだと一部のセリフでドン引きするかもしれません。
あと多少は乳首をいじっている人向けの内容とも思えます。
まったくの初心者だと快感よりも痛みの方が残るのではないかなと。

エッチは以前の乳首オンリーからハイブリッドに寄りました。
実際のところ、乳首とおちんちんを同時にいじったほうがずっと気持ちいいですし
以前よりもずっと実用的になったと言えます。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

乳首に対する欲求を満たしてくれる貴重な作品です。
サークルさんは乳首オナニー未経験者に薦められていますが
当サイトでは乳首の快感をある程度知っている人に最もお薦めします。

おまけはのの佳が寝息を立てる音声です。

CV:涼貴涼さん
総時間 本編…28:53 寝ながらシリーズを聴いてきたリスナー様へ…12:26 おまけ…59:52

オススメ度

■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
コスパがいいので+1してあります。