吸精サキュバスの幼児化調教催眠

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

前作「幼児化あまあま催眠」以来1年1か月ぶりとなるこちらの作品は
あまあまなサキュバスが夢の世界で夢のようなエッチをしながら精液を搾り取ります。

授乳プレイ、おっぱいに埋もれさせながらの連続絶頂、おもらしなど
前作同様幼児プレイにテーマを絞った様々なプレイを楽しめるのが特徴で
母親になった彼女にたっぷり甘えて幸せな気分に浸りながら
頭が真っ白になったかのような深い催眠状態を味わうことができます。

※この後一部で下品な描写が登場します。
 食事中の方は閲覧を控えるのをお薦めします。



サキュバスの住む甘い甘い夢の世界へ
吸精サキュバスの子供になってたっぷり甘えながら気持ちよくなるお話。

「ようこそ よくいらっしゃいました」
吸精サキュバスは色っぽく落ち着いた声のお姉さん。
人間にいやらしい夢を見せ、そこで生まれるエネルギーを糧としている彼女は
催眠を使って主人公にも極上の快楽を与えてあげます。

催眠は2パート28分30秒ほど。
まずは目を開けたまま仰向けに横になって深呼吸や脱力を行います。

「息を吸う時は 嬉しかったことや 気持ちよかったこと 体に取り込んでいくイメージで」
サキュバスはこちらが催眠に不慣れでもきちんと入れるように
それぞれを行う際に簡単な心構えを説明しながら
自分の声に集中し、それに無理なく従えるよう柔らかい物腰で誘導します。

その穏やかな声を聴いてるだけでもなんとなくホッとするでしょうし
こちらを気遣ってくれる優しさにも安心感を覚えます。
いい意味でサキュバスらしくない、とても親切な催眠を行ってくれます。

「力が抜けるにつれ 体がどんどん 沈んでいく 沈んでいって 体が 動かなくなっていく」
深呼吸の後に行う脱力も腕、胸、お腹、腰、足と体を細かく分け
部位ごとに適した表現に切り替えながら
「抜ける」「消える」「沈む」といった脱力を促す類の暗示をたっぷりと入れてくれます。

体の脱力感が味わえるのはもちろんですが
わざと目を開けたまま行っているおかげで瞼がとても重く感じるでしょう。
自分が催眠に入りつつあるのを実感しながら聴くことができます。

「意識が沈んでいく うっとりとした 心地よさに すべてが とろんとろんに とろけていく」
「落ちていく 沈んでいく 夢の世界へと 飲み込まれていく」

そして十分にリラックスできたところでいよいよ目を閉じ
彼女とプレイを満喫するための夢の世界へと旅立ちます。
前暗示→カウント→後追い暗示というオーソドックスな手段ではありますが
事前の準備がしっかりしているのもあってスムーズに入ることができます。

私の場合はどちらかというと頭よりも体の変化が顕著でした。
指一本動かしたくなくなるような全身がだらんとする心地よい感覚です。

2番目のパートは感度の強化と更なる深化がテーマ。
彼女に声に包まれ、幸せな気分に浸りながら
言われた部位に意識を向けて少しずつ体に火照りを感じます。

「恍惚とした いやらしい快感が あなたの体を 上のほうから ゆっくりとなぞっていく」
体の上から下へ一通りなぞり、もう一度下から上へと返すように進めるのですが
部位ごとに「ゾクゾク」と言って高まる感じを伝えてきたり
下から上へ返す時だけ股間や乳首といった敏感なところに焦点を当てたりと
言葉と雰囲気の両面からエッチな気持ちを高めるアプローチが印象的でした。

エッチな事をするわけではないのでそこまで強烈な変化は感じられないものの
この先を楽しむ下準備として、ほんのり温かくなるくらいの変化はあります。
そうやって彼女は自分の言葉の威力をわかりやすく教えてくれます。

古典的な催眠法をゆっくりと丁寧に行ってくれる、取り組みやすさを感じる催眠です。
彼女が力を最大限に発揮できる夢の世界へと移動するのを目的に
噛んで含めるような説明を交えながら少しずつ確実に催眠を深めていきます。

中でも一番長い時間を割いている脱力のシーンが強力で
何もしたくなくなるような強烈な脱力感や無気力感が全身を覆います。
その後についてもカウントを絡めながら前後にしっかり入る暗示によって
頭が急に重くなるとか、眠くなる感覚が少しずつ強くなっていきます。

前作のようにテーマの幼児化要素を絡めてこなかったことだけは少々残念ですが
催眠のレベルや安定感はかなり高い水準にあると言えます。



サキュバスの赤ちゃんになってたっぷり甘えるエッチ
エッチシーンは6パート56分30秒間。
プレイは授乳、愛液を飲む、おっぱいに顔を埋める、オナニー、抱き合いながらのオナニー、スパンキング、放尿です。

スパンキングをする時に効果音が鳴ります(無しも選択可能)。
セルフは有りになります。

「では約束通り 今からあなたを とろんとろんのお馬鹿さんにしてあげます」
催眠を使って主人公を夢の世界へと案内したサキュバスは
様々な幼児プレイをしながら彼の精気を徹底的に吸い取ります。

エッチはドライ3、セルフ2、その他1の構成。
一番最初に行う「授乳ドライ」パートだけは必須で
それ以外の5パートはオプションとして好きなプレイを自由に選びます。
ただしセルフの2パートだけはどちらか片方を選択します。

そしてプレイの一覧を見ていただければわかるように
本作品のエッチは徹底的に幼児プレイを楽しませてくれます。
ここまで幼児プレイに特化しているのは
他だと「幼児化あまあま催眠」くらいしかありません。
ですから前作を大いに楽しめた人なら今回もきっと楽しめるでしょう。

「お口の中いっぱいに広がる 甘いミルクの味 うっとりとした甘さに 頭の中が真っ白になっていく」
一番最初の「授乳ドライ」パートはその名の通り授乳プレイが中心。
彼女のふわふわな太ももに抱かれながら、その大きなおっぱいにむしゃぶりつきます。
この後に行われるプレイもそうなのですが
本作品ではエッチな感覚以外に匂いや味に関する暗示が非常に多く
彼女に密着しながら愛されている雰囲気を感覚的に味わわせてくれます。

「うふふっ おっぱい おいちいでちゅかー? ほーら 頭 なでなでしてあげまちゅね」
幼児プレイに必要不可欠な赤ちゃん言葉ももちろん登場します。
サキュバスの目的は主人公の精気を吸い取ることなのですが
プレイ中は本当の母親のような温かさで包み込んでくれます。
催眠の感覚も手伝って身も心もとろけるような幸せな気分に浸ることができるでしょう。

プレイ自体はどのパートもその様子を描きながら暗示を入れて十分に没頭させ
最後にカウントを刻んで絶頂を促します。

「快感が弾けて 絶頂する 全身をガクガクと震わせながら 快感に包まれる 強烈な快感に犯されて すべてが真っ白になっていく」
カウント中は中央からカウント、左右から別々のセリフが聞こえてくるマルチボイス形式。
声に頭の中を蹂躙される感覚が心と体を一気に盛り上げてくれます。
カウント後の暗示も堅実で隙が無く、生まれた興奮を上手に絶頂へと繋げています。
私も絶頂のタイミングで股間がきゅーんと絞られるような面白い快感が味わえました。

ドライの後に登場するセルフパートは
ノーマルなオナニーとアブノーマルなオナニー。
特に後者は床を彼女の体に見立てながら腰を振っておちんちんに刺激を与えます。

床オナをする催眠音声と言えば他だと「hypnoなメイド」くらいでしょうか。
こちらもかなりレアなプレイですね。
ちなみにセルフとこの後説明するおもらしはパンツやおむつを穿いたまま行います。
パンツの場合はコンドームを着けるとか、下にタオルを敷いておくのがいいでしょう。

「これから お尻ぺんぺんで 躾けをしてあげます」
さらに面白いのが途中から登場するスパンキング。
ママの体におちんちんを擦りつけて気持ちよくなっている子供への罰として
「パシッ」という音を鳴らしながらリズミカルにお尻をぺんぺんします。
といってもあくまで躾けですのでそこまで激しいものではありません。
こちらのM心を適度にくすぐりながら射精へと追い込む愛の鞭です。

そして最後の最後、満を持して登場するのがおもらしパート。
名前の通り彼女の前でおしっこをします。
白いおしっこではない本物のおもらしです。

「成す術もなく ちょろちょろちょろちょろ おしっこを吐き出す ただ おしっこを垂れ流し その滑稽な姿を ママに見てもらう」
サキュバスは単におしっこを漏らすように仕向けるのではなく
漏らすことに快感や解放感を覚えるよう暗示を入れてきます。
「漏らしなさい」より「漏らすと気持ちいいですよ」と言われたほうが
漏らすことに対する抵抗感が薄れるからです。

さらには体をリラックスさせて放尿しやすくさせたりもしますから
実際に漏らさないまでも尿意がこみ上げる可能性は大いにあります。
本当に漏らすかどうかは最終的に本人の意思次第になりますが
漏らさせようとするアプローチとして有効なのは間違いありません。

このように、幼児化をテーマにした個性的なプレイが繰り広げられます。



幸福感に浸りながら気持ちよくなれる作品
長時間行われる多彩な幼児プレイが一際耳を惹く作品です。

母性に溢れたサキュバスの大きなおっぱいに抱かれ
頭を撫でられ、優しい言葉をかけられながら気持ちよくしてもらう
リアルではもうきっと体験できないシチュが心と体を満たします。
そして大衆向けからマニアックとかなり幅広いプレイを用意し
聴き手の様々なニーズに応えられるよう作られてもいます。

床オナやおもらしなど一部人を選ぶプレイがあるものの
それらはすべてオプション扱いですから聴かなくても構いません。
とりあえずは授乳あたりの無難なところを堪能し
レベルの高いプレイには後々挑戦する、といった楽しみ方もできます。
ある程度のカスタマイズ性を備えているところも大きな特徴です。

「はーい だっこだっこでちゅよー よーいーしょっと」
吸精サキュバスは主人公の母親として最後まできっちり面倒を見てくれます。
プレイが終わった後も優しい言葉をかけながら寝かしつけてくれますから
絶頂後も安心し、幸せな気分に浸り続けることができます。
どのシーンも心のケアを大事にしている作品だと思います。

催眠はきっちり催眠状態を深めることに注力しています。
プレイ中も適度に催眠状態を維持するよう働きかけてくれるおかげで
心地いい気分に浸りながら気持ちよくなれます。
エッチの内容に抵抗が無いのなら初心者でも大丈夫でしょう。

エッチはまだまだ書きたくなるほどに様々な面白要素が詰め込まれています。
通しで聴くと時間的に集中力の維持が難しくなることから
とりあえずは授乳+セルフあたりから初めて
他のドライを1個追加するとか、おもらしに手を出すのがいいでしょう。
個人的にはドライなら授乳、セルフならノーマルが最もイキやすく思えます。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

サークルさんしかできない珍しいテーマを扱ったハイレベルな作品です。
幼児プレイに興味のある人が最も楽しめるでしょうが
年上に甘えたい、癒されたいなど心の飢えを満たしたい人にもお薦めします。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:59:05


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
コスパで+1してあります。

2015年2月9日現在、付属のテキストが文字化けする問題が発生しています。
近々ファイルを差し替えていただけるとのことですが
それまではIEにテキストをコピペして変換するのがいいでしょう。

2015年2月10日追記
上記の問題は既に解消しています。