勇者vsロリサキュバス

サークル「MASOINWASH」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、小柄で巨乳な一風変わったサキュバスが
勇者に2つのエッチな試練とご褒美を与えます。

全編に渡り彼女が密着しながらプレイを行うのが特徴で
耳元で囁きながら言葉責めや耳舐めを何度もしてくれます。
その臨場感たっぷりな声と音に自然と股間が熱くなるでしょう。

専用のアプリケーションソフトを起動させるタイプの作品なのですが
今回は使用感などには触れず音声のレビューをメインに行います。



サキュバスを倒すための2つの試練とは
サキュバスのリサに勇者が籠絡されるお話。

「さ 終わったわよ 出ておいで」
リサは甘く可愛い声の女の子。
自分を退治しにやってきた勇者を優しく迎えると
戦うための条件として2つの試練を与えます。

本作品は大きく3つのシーンに分かれており
最初の2つは彼女に与えられた試練を乗り越える様子を
最後の1つはそれらをクリアした後に待ち構えるご褒美が描かれています。

そして今回勇者が挑戦する試練は

1、彼女に後ろから抱き着かれながらオナニーする
2、彼女たちに前後から挟まれながら手コキをされる

以上のプレイをいずれも射精せずに乗り切ることです。
エッチな事をするのに満足させないところが確かに試練らしさを感じますね。
しかしそれを無事クリアすればもっとエッチなプレイが楽しめます。
できれば皆さん自身も射精しないよう頑張ってみてください。

「勇者が サキュバスの誘惑になんか 負けるわけないわよね?」
リサは挿し絵のように幼い体つきに似合わない巨乳を持っており
プレイの最中にもそれを上手に使って勇者の心を突き崩しにかかります。
他にも言葉責めをかなり重視したプレイを繰り広げていますから
年下の女の子に弄ばれるシチュが好きなMの人ほど楽しめるでしょう。



密着しながら堕としてくるエッチ
エッチシーンは9パート57分30秒ほど。
プレイはオナニー、耳舐め、ぱふぱふ、手コキ、パイズリです。
効果音はありません。

「さぁ ほら 利き手でおちんちんを握ってごらん?」
取り決めが成立し、勇者に服を脱ぐよう指示したリサは
その短小包茎おちんちんを軽く笑うと早速オナニーを開始させます。

エッチは試練その1(13分)、その2(14分)、ご褒美(18分)がメインのシーンで
そのすべてでリサにリードされながらプレイを行います。
残りの6パート12分30秒ほどは射精してしまった場合、無事耐えた場合
そして寸止めしてもう少し楽しむ場合の3パターンに対応した音声です。
ソフトを使ってプレイを開始し、しばらくすると選択肢として表示されます。

本作品のエッチ全体に言える特徴は
リサが密着し囁きながらプレイを行っていることです。

「上下にしごきながら 手首をゆっくりと回転させるの ぐりゅん ぐりゅんってね」
一番最初の試練その1では、リサが左のやや後ろに陣取りながら
勇者にどんな感じでおちんちんを刺激すればいいかを指示します。
バイノーラル録音による囁き声のリアルさにきっと多くの人が驚くはずです。
音としての臨場感だけでなく微かな風圧や温もりも感じられます。
この女の子に密着されているシチュだけでも十分興奮できるでしょうね。

「勇者様は こんな小さな女の子に 耳元でエッチな言葉を囁かれただけで 興奮しちゃう変態くんなの?」
最中に叩きつけられる言葉責めももちろん外せません。
彼女は勇者から自分を倒す気力を奪うために軽めの罵声を何度も囁きます。
怒鳴るタイプではないので心が大きく凹むわけではないのですが
女の子にいいようにされていることを痛感し、恥ずかしさを感じるでしょう。
知らず知らずのうちに主導権を握っていく狡猾なプレイ運びです。

続く2番目の試練も同様の流れで進むのですが
ここではサキュバスならではの一風変わった仕掛けが登場します。
ネタバレすると、ここから先はリサが1人ずつ増えます。

リサ1「頭の後ろに当たってたおっぱいが 下にゆっくりとずり下がっていって 背中に むにゅむにゅ」
リサ2「私はこのまま 勇者様のお顔を ぱふぱふしててあげるわね」

1人目のリサは後ろから抱き着き、今度は右の耳元から囁きかけ
もうひとりのリサは中央から普通の声で語り掛けながらおっぱいを顔に押し付けます。

効果音が一切鳴らないので手コキやぱふぱふの状況を掴みにくいのが残念ですが
2人の声の質感や位置がまったく違うおかげで
本当に2人に責められているかのような気分が味わえます。

そして2つの試練を無事乗り越えた後は
勝負一切抜きに、3人に増えたリサが左右と中央から耳とおちんちんを責め上げます。

リサ3「すべすべのお肌が おちんちんにぴったりと張り付いて 柔らかなお肉で 逃げ場がないくらい みっちり挟み込まれて」
3方向から交互に語り掛けてくる珍しいシチュ
効果音の不足を補うために紡がれるプレイ実況
さらには勇者を骨抜きにするための言葉責めと
状況を最大限に利用しながら、リサは心と体を同時に屈服させようと働きかけます。

同時に語り掛けたり耳舐めをしてくれるシーンがそれほどないものの
方向の違いによる演出にはかなり力が入れられています。
女の子たちに弄ばれ、その結果言いなりになってしまう展開が心を高めてくれるでしょう。

このように、様々な特徴を持った珍しいスタイルのエッチが繰り広げられます。



声の長所を最大限に引き出している作品
バイノーラル録音の持ち味を活かしたプレイ構成や展開が魅力の作品です。

プレイをする際、リサは必ず勇者に後ろから抱き着き
その大きなおっぱいを背中に押し付けながら囁きかけます。
この体勢がバイノーラルのリアルな位置や距離感の演出と見事に噛み合い
その結果、彼女が実際に間近にいるような感覚が味わえます。

プレイについても敵対者を心身共に屈服させることを目的としているのを考えて
物理的な責めをしながら誘惑し、戦意を失わせるセリフを何度も言ってきます。
段階的に人数を増やして声の位置を小まめに変えながら責めるスタンスも面白いです。

しかしバイノーラルの力に頼りすぎている感もあります。
プレイがオナニー、手コキ、パイズリとコキ系で統一されているにも関わらず
聴き手に責めっぷりを伝える有効な手段となる効果音が入っていません。
おかげで声の数が増える以外はどのシーンもほぼ同じプレイをしているように思えます。

現在はシロクマの嫁さんなどがリアルな素材集を提供されていますし
それらを取り入れるだけでも作品のクオリティは今よりずっと上がるでしょう。
雰囲気的なエロスのパワーがもう少し欲しいです。

他には最後のご褒美パートでダブル耳舐めをするシーンがあるものの
時間が非常に短くなっているのが残念です。
セリフとの兼ね合いを考えてあまり鳴らさないようにされたのでしょうが
このシチュを活かすならもっとやった方がいいと私は考えています。

エッチは囁かれながらの責めが最大のポイントです。
射精シーンは試練1と2がそれぞれ1回、ご褒美が2回です。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

ここまでの内容を踏まえて今回は以下の点数とさせていただきました。
今のままでも十分な品質を持っているのですが
もっともっと良くなる可能性も秘めている作品だと思います。
比較的ソフトな感じで責められるのが好きな人が最も楽しめるでしょう。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:13:52


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります