天使の催眠チクニー!

サークル「カジハラエム」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、乳首の快感に興味を抱いている主人公のために
優しい天使が催眠を使って開発を手伝ってあげます。

胸のみを刺激してのドライオーガズムに挑戦しているのが最大の特徴で
作中ではおちんちんを一切いじらず胸および乳首への責めに終始しています。
乳首未開発の人でも楽しめるように催眠をしっかりかけてからプレイをしてくれますから
普段いじらない人でも乳首特有のピリッとした快感が味わえることもあるでしょう。



新しい快感を天使が優しくサポート
天使のミルフィに乳首の気持ちよさを教えてもらうお話。

「いったーい ああぅ 落ちたぁ」
ミルフィは元気であどけない声の女の子。
うっかり穴に落ちて天界から地上へとやってきた彼女は
そこにたまたまいた主人公の願望をかなえてあげることにします。

彼女の話によると、天界に生まれた穴は主人公の欲望が原因らしく
彼が心の底で抱いている乳首で気持ちよくなりたい欲求を満たす必要があります。
そこで彼女が1から手とり足とり乳首オナニーのやり方を教えてあげる。
これが本作品の大まかなストーリーです。

上記の背景があるおかげで作中で行う催眠やエッチは
乳首をまったくいじったことのない人をターゲットに行われます。

基本的には未開発な人向けの内容と思ってください。

「おちんちんより 乳首の方が感じますもん それに気づいているのは さすがです」
それを反映するかのように、ミルフィは本格的な催眠に入る前に
まず乳首で気持ちよくなること自体を肯定し
これからのプレイを前向きに取り組めるよう励ましてくれます。

催眠は19分30秒ほど。
最初に約8分間彼女の声に合わせて深呼吸をしてから
海の真ん中にぽっかり浮かぶ浅瀬をイメージし、そこでのんびりと過ごします。

「温もりの日差しは 安らぎ 心も体も 温かい 体の芯から穏やかになっていきます」
バックで流れる穏やかな波、心地よい風の環境音を聴きながら
太陽の光を浴びているとだんだんと体が温かくなってくるのを感じるでしょう。
また事前に入念すぎるほどにしっかりと深呼吸をさせてくれることもあって
体にうまく力が入らないとか、妙に眠い感じもするはずです。
まさにリラックスに最適な心地よい空間が形成されています。

「ね ほら いつの間にか 乳首 ぽかぽか ぽかぽか あったかい」
「乳首さん 疼く 疼いちゃう 疼いて ジンジン ジンジンする」

そしてこの先のエッチをより楽しむために
乳首に最初は温かさ、次にエッチな熱を感じます。
直前に生まれた体の温かさをそのまま乳首に集めているのがいいですね。
「ぽかぽか」「ジンジン」といった擬態語を並べてリズミカルに暗示を入れています。

乳首の感度を上げることだけを目的とした極めてシンプルな催眠です。
時間のほとんどを心身のリラックスに割き
十分に暗示を受け入れられる状態に持って行ってから最後に感度の強化を行います。

深呼吸が長いこと、イメージに環境音を取り入れていることなどから
途中で寝落ちしてしまう人がきっといるでしょうね。
それくらい心安らぐ気持ちいいひと時が送れます。
暗示の入れ方やボリュームについても比較的しっかりしてますし
乳首に限らず体に普段と違った火照りを感じることができると思います。



おっぱい全体を気持ちよくさせるエッチ
エッチシーンはおよそ24分間。
プレイは乳首オナニー、ミルフィによる乳責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「しかも こんなに柔らかいっ ぷるぷる ぷるぷるしちゃう こんなに柔らかいと 揉みたくなっちゃう」
催眠を使って主人公を乳首で感じられる体に作り変えたミルフィは
それを実感してもらうために彼のおっぱいを揉み始めます。

エッチは最初に軽くおっぱいを揉まれながら気持ちよくなる暗示を聞き
その後自分でいじったり彼女が指と舌で責められます。
当然のようにおちんちんをいじるシーンは一切ありません。

タイトルから乳首オナニーに終始するように思われがちですが
私が調べた限りだと4分程度で他はほとんど彼女にいじられる描写がされています。
ですから乳首オナニーのやり方を教えてもらうのではなく
乳首の気持ちよさに目覚めさせてくれるプレイと表現するのが妥当でしょう。

「悶えて うねうね 愛撫して のたくる 愛撫すればするほど 悶えて のたくりまくる」
「舐めるたび エビ反り 声を漏らしながら ビチビチ跳ねる 快感が合わさって ヤバイ 舐めれば舐めるほど 愛撫すればするほど 感じちゃう」

それを象徴するかのように、ミルフィはプレイの様子よりも
揉まれた時の気持ちよさにクローズアップする形で暗示を入れてきます。
催眠の段階で乳首が適度な熱を帯びていれば
直接いじらなくても声に合わせてピリピリ、ムズムズとした感覚が走るかもしれません。

プレイについては乳首への責めだけでなく
乳房などおっぱい全体に対して刺激を与えてくるのが特徴です。

「こんな風に 親指でアンダーバスト 人差し指から薬指で乳腺尾部を愛撫 優しーく愛撫する」
例えばプレイの最中にミルフィは「スペンスの乳腺尾部」を刺激するよう指示してきます。
(脇の下と横乳の境目あたり。女性のおっぱいのGスポットと言われているそうです)
終盤には乳首と乳房を両方同時に責めるシーンも登場するなど
女性的な快感を追及している部分が随所にみられます。
そういう意味では女体化催眠音声経験者の方が楽しめるかもしれません。

このように、乳首だけに留まらない一風変わったプレイが繰り広げられます。



新しい快感の扉を開く可能性を秘めた作品
リラックスに特化した催眠による入念な準備、おっぱいに特化したエッチ
この2つの強烈な個性が耳を惹く作品です。

催眠はテーマの乳首にはほとんど触れず、しっかりとリラックスをさせながら
腰を据えておっぱいの開発に取り組める精神的な環境を整えてくれます。
一気にストンと落ちるのではなく、ぬるま湯に浸かっているかのような
心地よいまどろみが少しずつ体を覆っていく感じがとてもよく味わえました。
リラックス効果絶大ですので、寝る前にここだけ聴くのも大いに有りです。

エッチは乳首をいじらせまくるのかと思いきや
もう少し幅を広げておっぱい全体で感じられるように心を誘導します。
作品のコンセプトが明らかに乳首オナニー未経験者を対象にしているため
個人的にはちょっと手広く構えすぎかな?とも思うのですが
今まで見たことのない乳首開発の新しいスタイルなのは間違いありません。

「アダージョ ゆるやかに グラツィオーソ やさしさをもって メノ・モソ いっそうゆるやかに」
ただエッチの最中に具体的な揉み方、いじり方の指示がやや少ないことや
終盤にこれといった前暗示を入れずに
セリフを挟まず2分以上ひたすらちゅぱ音だけを鳴らし続けるシーンがあること
その少し後に突然音楽用語を並べ立てるなど
聴き手を置いてけぼりにしていると思われる部分がいくつか見られます。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

催眠はとても良い反面、エッチでやや腑に落ちない部分があることから
今回は以下の点数とさせていただきました。
ちなみに本作品には解除音声がありません。
作品を聴かれる際は無料でもいいので必ず別途解除音声をご用意ください。

CV:紅月ことねさん
総時間 50:04


オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
解除音声が無いので-1してあります。