コミケで手に入れた戦利品でのオナニーを女性が一緒に見てくれているだけの音声。

サークル「JON」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、コミケの戦利品を使ってオナニーする様子を
優しいお姉さんが温かいまなざしで観察してくれます。

オナサポ系でありながら彼女が命令や指示をするシーンは一切無く
女性に見られているシチュで興奮を促す変わったアプローチが魅力です。



戦利品オナニーを見てもらう快感
オナニー支援センターの店員さんにオナニーを見てもらうお話。

「あっ おかえりなさいませ コミケ お疲れさまでした」
店員さんは素朴で穏やかな声のお姉さん。
コミケで得たたくさんの戦利品を手にやってきた主人公を暖かく出迎えながら
早速このお店のシステムを説明します。

「当店は コミケから帰ってきたお客様のなさる 戦利品での自慰行為を 私スタッフが傍で見守る オナニー支援センターとなっております」
このお店はコミケでの戦利品に限定した一風変わったオナクラ。
こちらがそれらをオカズにオナニーする一部始終を
彼女が邪魔にならないように見守ってくれます。

一応オナサポ系の作品にあたるのですが
作中で彼女がオナニーのペースや強さなどを指定することは一切ありません。
その代わり一緒にオカズ(同人誌)を眺めたり
オナニーの様子を実況することで聴き手の気持ちを高めようとします。

この彼女に至近距離で見られながらオナニーをするシチュこそが
本作品における最大の抜きポイントとなります。
ですから実際にコミケに参加された方だけでなく
女性に痴態を見られる、観察されるのが好きな人にも向いています。

「あっ これってすっごい壁サークルさんの本ですよね? 手に入れるの大変だったでしょう?」
店員さんはこの手のお店に勤めているだけあって
主人公の戦利品を興味津々に眺めたり、その苦労をねぎらうなど
同人に対する十分な知識と理解を持っている大らかな女性です。

同じ女性でも自分の趣味に理解を示してくれるかどうかで
オナニーを見られている時の充実感は大きく違うはずです。
そういった一体感を重視してプレイを展開させているところも特徴の一つです。



店員さんの温もりを感じながら
エッチシーンは7分ほど。
プレイはオナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「はい では (オナニー)どうぞ」
主人公に今回使うオカズを決めてもらったところで
店員さんは彼に自由にオナニーしてもらいながらその様子を観察します。

エッチはこちらが同人誌を見ながらオナニーし
彼女はそれを一緒に読みならがおちんちんの興奮具合を実況します。
彼女との絡みは一切ありませんし、最中に淫語を連発することもありません。
完全に見られる快感にターゲットを絞ったプレイとなっています。

「凄い おっきい へぇ ピクピクって言っちゃってますよ」
「我慢汁出てますよー そのページばっかり見てる 手コキ お好きなんですか?」

店員さんは主人公の痴態を見ても嫌な一つせず
彼のおちんちんを称えたり興奮っぷりを興味津々に見守ってくれます。
そういう意味では比較的M度の低いプレイなのですが
いい気分でオナニーできることだけは間違いありません。

「ほら 出して出して 頑張って もうちょっとですよー」
「おちんちん頑張れ 頑張れ頑張れ」

射精が近づいてきた後半に入ると彼女が一気に耳元に近づき
上のセリフのように応援する言葉をかけてくれるのがいいですね。
彼女の温もりが伝わってくるような温かい声が気持ちを高め
最後により充実した形での射精をもたらしてくれるでしょう。

このように、シンプルながらも心への責めを重視したエッチが繰り広げられます。



気持ちを盛り上げてくれる作品
今の時期に適したテーマとややMに適したプレイの噛み合わせが光る作品です。

この界隈で多くの人が体験しているだろう話題を取り上げ
それを否定せずむしろ全面的に受け入れてくれる店員さんを登場させることで
オナニーを開始する前の段階から充実した気分にさせてくれます。

そのうえで彼女と一緒に同人誌を読みながらオナニーに耽る。
気持ちよくも恥ずかしいシチュが射精感を高めてくれます。
直接的なエロ要素は少ないのですが、雰囲気づくりが上手ですし
オナサポの一つのスタイルとして成立していると思います。

「ねーんねーんー ころーりーよー おこーろーりーよー」
射精後に子守唄を唄って寝かしつけてくれるシーンも
賢者タイムの虚しさを和らげるのを手伝ってくれます。

気持ちよく抜き、安らかに終わらせてくれる。
短時間ながらも割としっかりした構成の作品と言えます。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ある程度聴き手側のイメージ力に頼る部分があるため、人を選ぶところもありますが
価格が100円と非常に安く、納得して聴くなら損をすることはまずありません。
興味のある方は体験版だけでも是非お試しください。

CV:秋葉よいこさん
総時間 本編…13:03 NG集…1:37


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります