洗脳催眠3-魅了してあげる-

サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は「意識の分化」をテーマに
穏やかな声のお姉さんが時間をかけてじっくりと催眠をかけてくれます。
事前に小話をして適度な信頼関係を築き、堅実な催眠法を駆使してしっかり落とし
左右と中央から継続的に暗示を入れ続けて催眠状態の維持に努めるなど
どのシーンも聴き手を第一に考えたきめ細かい催眠が行われます。

一般的な催眠音声に比べると純粋なエロの要素は低めなのですが
そのぶん催眠特有の頭の中がとろとろになる感覚が味わいやすくなっています。



理性を休ませ本能の赴くままに気持ちよくなろう
お姉さんの催眠で心と体を気持ちよくするお話。

「それでは 最初に 今回の催眠で使う手法について 少しお話をします」
お姉さんはお淑やかで優しい声の女性。
作品を聴くにあたっての注意事項を説明してから
主人公に今回行う催眠に関する簡単なお話をします。

「真面目に頑張るあなたと 何もかも忘れて堕落したいあなたを 一時的に切り離すことを目的としています」
お話の内容は今作のテーマとなっている意識の分化に関するもの。
人間は日々の生活において願望を抱く心とそれを抑制する心の両方を持っており
それらを上手にコントロールしながら生きています。

理性は平時においては有用ですが、エッチで気持ちよくなるには障害となります。
その力を一時的に弱め、逆に本能を活性化させることで
これから行うエッチに没頭してもらうのが今回の催眠の大まかな目的です。

この「洗脳催眠」シリーズは3とあるように過去にも2つの作品が出ており
そのいずれもいきなり催眠を始めようとはせず、今回のような小話を事前にしてくれます。
傍から見るとそんなに必要のないことに思えるかもしれません。
ですがお姉さんの人柄を知らずに催眠を行うのと知ってから行うのとでは
後者の方がよりスムーズに深い催眠に入れる可能性が高いです。
催眠に関する話で聴き手の興味を引きながら、催眠に入りやすい環境を整えているのです。

その後に始まる催眠はおよそ32分間。
簡単なストレッチと深呼吸で体を適度にリラックスさせてから
自分の心の中にいる理性と本能の姿をイメージします。
アニメなどで見かける天使の自分と悪魔の自分をイメージするのがいいでしょう。

「仕事や勉強 悩みに集中する時間は この後でちゃんと取るので 今は休んで いいんですよ」
彼女はエッチに不必要な理性そのものを否定するのではなく「休ませる」と表現し
カウントを絡めながらそれが弱まり、逆に本能が強くなる暗示を入れてきます。

事前に何をするかを説明されているから取り組みやすいのに加えて
理性の時は暗示やカウントを弱く穏やかに、本能では力強く声にしているのもポイント。
聴き手のことを第一に考え、心の抵抗を上手に削ぎながら進めています。
彼女の言うことに少なくとも嫌な感じはしないのではないでしょうか。

お次は彼女と一緒にカウントを数えながら高いビルの最上階へと一旦上り
同じ要領で今度は深い地下まで一気に下りていきます。

「意識が落ちる落ちていく気持ちよく溶けていくふっと意識が飛ぶ瞬間を感じる」
「真っ白思考が真っ白になる浮遊感を感じながら落ちる」

イメージの内容そのものは他の作品でも見かけるシンプルなものなのですが
右側でカウントを数えるのと同時に左側から暗示を入れられるのと
上のセリフのように暗示に間を持たせず畳みかけるように語り掛けてくれるおかげで
心が浮き上がったり沈んでいく感覚がかなり味わいやすいです。
私はこのシーンで誰かに頭を押さえつけられているかのような強烈な重さを感じました。

「『私の目を見て』 そんな格好して 恥ずかしいね」
そうやって十分な深さの催眠状態に導いてから
いよいよお姉さんは様々な暗示を入れて彼女の声に反応する心と体を作り上げます。
全部で6個のキーワードを設定し、それを交えたセリフを左右から語り掛けてくるのですが
およそ10分もの間ずーっとそれをやり続けてくれるだけに
最初は何ともなかったのが後になって体が勝手に反応するようになるかもしれません。
まさに「洗脳催眠」の名にふさわしい暗示漬けのひと時が送れます。

主に古典系の催眠法を駆使してしっかりと催眠を深めてから
エッチを存分に楽しむための暗示をじっくり入れ続けてくれる入念な催眠です。
最初から技術を使って強引に催眠状態に持って行こうとはせず
まずは意識の力を弱めることを第一に考えながら
お姉さんはこちらを説得するような言葉を投げかけてきます。

そして暗示を受け入れやすい精神状態を構築する準備を十分に整えてから
イメージを使ってストンと落とし、最後の最後に暗示を入れてくれます。
他の催眠音声に比べると準備にあたる部分がしっかりしてますから
彼女の声を妙に受け入れやすく感じるのではないでしょうか。
私もいつもに比べてえらく催眠に入りやすい感じがしました。

あまり見かけないタイプの催眠なのでまったくの初心者にはお薦めしませんが
ある程度経験を積んだ方なら普通に楽しめると思います。



彼女の視線を感じながら気持ちよくなりたい願望を育てよう
エッチシーンは8分ほど。
プレイはオナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「これからあなたが素直になれるように ゆっくりと 説得していってあげる」
催眠を使って主人公を声の虜にしたお姉さんは
引き続き言葉を使って彼の気持ちよくなりたい願望を膨らませていきます。

エッチは催眠音声らしく2人が物理的に接触することなしに
彼女の暗示を聴きながら気持ちを高めて絶頂へと上りつめます。
ストレートなエロは控えめな、催眠を重視したエッチと思ってください。

「あなたは恥ずかしいことがしたい 手を離して おちんちんを優しく 撫でるように触ってみて」
プレイは暗示で両手の脱力を解除してから自然に股間へと動くよう誘導し
おちんちんを軽く愛撫させながら恥ずかしい気持ちを膨らませます。

つまり指示に従ってオナニーをするわけですがそれだけではありません。
彼女は中央からオナニーの指示を出しながら
左右からも先ほどのキーワードを絡めた暗示を入れてきます。

3方向から交互に、あるいは同時に聞こえてくる声に頭がクラクラするかもしれません。

さらに左右から入る暗示には彼女のいやらしい体を意識させたり
逆に彼女にオナニーを見られているのを意識させるものもあります。
淫語や喘ぎ声といった要素の代わりに無意識にエッチな雰囲気を植え付けているわけです。
その効果によって途中に出されるペースアップの指示の際に
股間にじんわりとした温かい気持ちよさが広がるでしょう。

そして最後の最後、とあるキーワードに合わせて絶頂した時
普段とは違うピリッとした軽い痛みを伴った射精が味わえました。
痛みと言っても激痛ではなく、射精の直前に感じる僅かな痛みに近いものです。
ちょっぴり痛気持ちいい不思議な感覚でした。

このように、暗示を中心に据えた催眠音声らしいエッチが繰り広げられます。



自主的に催眠に入らせてくれる作品
どちらかと言うとエッチよりも催眠状態に入る・漂う感覚を楽しむことを重視した作品です。

総時間の大部分を催眠誘導とその下準備に費やし
暗示の内容やその効果をはっきりと実感させてから
それを使って性的な気持ちよさを味わわせてくれます。
作品のテーマを考えてわざとエッチな表現を控えたのでしょう。
おかげで無意識的な反応による興奮の高まりが実感しやすいです。

そして何より今回のテーマを「理性と本能の分化」に設定したところが面白いです。
作中で行っている理性(意識)を遠ざけ本能(無意識)を活性化させるイメージは
つまるところ催眠の流れそのものを表しています。

お姉さんは催眠の開始段階で聴き手に無意識的に催眠を受け入れさせているわけです。
だから結果的に催眠に入りやすく感じるんです。
聴いた後にふと気づいたことなのですが、これが一番の驚きでした。

催眠は過去2作だと声のペースや力強さの関係で催眠に入りにくく感じたのですが
今作はそれらもきっちり考えられていて結構な深さまで入れました。
その後の暗示責めも一部のキーワードで体が勝手に反応しています。
6個あるうちのどれに反応するかは人それぞれでしょう。

エッチは予想通りと言いますか、そこまでエロくありません。
ですが暗示のボリュームが多いので催眠状態は維持しやすく
その結果声に心や体が反応する体験が比較的味わいやすいです。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

サークルさん独自のアプローチがされている個性的な作品です。
作品のテーマに興味を持った方や変わったスタイルの催眠を楽しみたい方にお薦めします。

CV:野上菜月さん
総時間 通常版…51:34 映像リンク版…53:10


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
映像リンク版は女性のイメージビデオを観ながら聴くバージョンで
オリジナルと一部違った指示や暗示が登場します。
このスタイルだと当サイトの趣旨から少し外れてしまうため
詳細の説明や感想については省略させていただきます。