えっちな お姉ちゃんが はじめてのおなにーを やさしく教えてくれるmp3

サークル「R&W」さんの同人音声作品。

同サークルさんの処女作にあたるこちらの作品は
優しいお姉ちゃんと一緒に寝ながらオナニーのトレーニングを行います。
最初のパートは彼女に指導を受けながら、次は自分一人の力でする、といったように
弟がオナニーをまったく知らない設定を活かしてゆっくりと丁寧にプレイを進めてくれます

また「可愛い」を何度も言ったり、抱き着いたり、頭を撫でたりと
お姉ちゃんは終始弟を徹底的に溺愛します。
そんな彼女の温かさが性的快感と一緒に幸福感をもたらしてくれます。



大人の男になるための儀式
お姉ちゃんにリードされながらオナニーするお話。

「今から寝るの? お姉ちゃん たまには僕クンと 一緒に寝ても…いい?」
お姉ちゃんは甘く穏やかな声のお姉さん。
これから寝ようとする弟の部屋にやってきた彼女は
彼に確認を取ってから一緒のベッドへと潜り込みます。

本作品はお姉ちゃんが後ろから抱き着いて寝ようとしたところ
弟が勃起したため、まずは性欲の処理をしてあげることになります。
しかし彼は生まれてから一度もオナニーをしたことがありません。
そこで彼女が性欲処理に困らないようオナニーを指導してあげるわけです。

作品は大きく2つのパートに分かれており
最初はおちんちんを握った弟の手にお姉ちゃんが手を添えて
次は実践編として彼が一人でオナニーする様子を彼女が見守ります。

プレイ自体はどちらもオナニーなのですが
最初はおちんちんをしごくのに不慣れだった彼が
後になるとすっかり成長して貪るように自分を慰める姿が楽しめます。
プレイを通じて彼の性への目覚めも描いているところが面白いですね。

「僕クンが喜ぶことなら お姉ちゃん 何でもしてあげるからねー」
またお姉ちゃんはブラコンと言っていいほど弟を溺愛しており
最中は抱き着いておっぱいを押し付けたり頭をたっぷり撫でたりします。
おっとりぽわぽわした包容力のあるお姉ちゃんですね。

語句を意識的に区切った柔らかい声で語り掛けてくれているのも
寝る前の静かで穏やかな雰囲気を演出するのに役立っています。



効果音を小まめに変化させるきめ細かいオナニー
エッチシーンは2パート14分間。
プレイはお姉ちゃんに手伝われながらのオナニー、オナニー、キスです。
オナニーの際にややリアルな効果音が鳴ります。

「それじゃあ まずは 利き手で おちんちんを握って」
弟を説得してズボンとパンツを脱がせたお姉ちゃんは
彼の手の上に手を被せてゆっくりとおちんちんをしごき始めます。

最初のパートは主にお姉ちゃんが手を動かして射精へと導きます。
本作品のエッチは効果音の鳴らし方にこだわっており
ループではなく「シコシコ」の声に合わせてその回数分だけ鳴り響きます。

またプレイについても2~4回程度のゆっくりとした刺激から始まって
もう少し速いペースで8~16回しごき、十分に慣れたら我々が行うくらいの速さにするなど
トレーニングらしくきちんと段階的にレベルを上げていきます。

最初の段階ではオナニーより会話の方がボリュームが多いので
それに合わせてしごいていたらもどかしさを感じるでしょうが
後になると普通に射精できるくらいの適度な刺激へと変化してくれます。

「大丈夫 これは我慢汁って言うの 僕クンが 気持ちよくなっている証拠」
プレイ中のお姉ちゃんはと言うと
初めて味わう強い快感や体の変化に弟が戸惑わないように
いつも通りの温かい声でわかりやすく説明してくれます。
気持ちよく射精できるように心のケアもしてくれるのがいいですね。

「ぴゅー ぴゅー ぴゅー ぴゅっぴゅっ ぴゅー」
そして最後の射精は彼女がセリフを使ってその様子を表現してくれます。
人によって好みが分かれるところだとも思うのですが
彼女に自分の絶頂している様子を見られている気恥ずかしさが感じられて
私はすごく興奮できる表現方法だと思います。
ちなみに射精はどちらのパートもカウントに合わせて行います。

2番目のパートは無事精通を終えたものの興奮が収まらない弟に対して
お姉ちゃんは彼に自分でオナニーをさせながらその様子を見守ります。

ここではおよそ6分の間にペースが5段階もの変化を見せるのがポイント。
先ほどよりも慣れた手つきで弟が自分を慰めている様子が手に取るようにわかります。
音に合わせてしごくならこちらの方がずっとやりやすいし抜きやすいでしょう。
最中に抱き着いてくるお姉ちゃんの柔らかさ、温かさ、視線を感じながら
少しずつ性感を高めて射精を目指してみてください。

このように、オナニーの手ほどきをできるだけリアルに再現したエッチが楽しめます。



心地よい疲労感に浸れる作品
優しいお姉ちゃんの優しい指導が心と体の両方を温めてくれる作品です。

お姉ちゃんは弟が自分に勃起しても、オナニーを知らなくても、精液を手にかけられても
嫌な顔一つせず彼のことを思いやりながら心を込めて接します。
そういうところを見ると性に堪能なのかな?と思いきや
一部で明らかに男のことをあまり知らないようなセリフが登場するなど
彼女なりに努力してリードしている様子も窺えます。
そんな落ち着きながらも一生懸命サポートする姿に心が満たされました。

エッチについてもいきなりあれこれやらせるのではなく
最初は彼女が手コキをする要領で少しずつやり方や気持ちよさを教え込み
その後は好きなようにやらせて自分は応援に回るといったように
弟が一人でオナニーできるようにきちんと導いています。

「よしよし ぴゅっぴゅできたね えらいえらい」
彼女としては自分の手や口を使って射精させてあげたかったのかもしれません。
そこを敢えて我慢してオナニーに徹しているところに思いやりを感じました。
すべてを自分のモノにしよう、というのではなく相手を思いやれる素敵な女性です。

エッチは時間の短さを考えてプレイを一つに絞るところまでは予想できましたが
ここまでしっかりと効果音を使い分けているとは思いませんでした。
遅い→速い→遅い、という風に緩急をつけるような責めではないのですが
少しずつペースを上げて聴き手が気持ちよくなれるように作られています。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

タイトルに恥じない優しい雰囲気でいっぱいな作品です。
年上の女性に甘やかされたい、射精を覚えた頃の自分に戻ってみたい人にお薦めします。

CV:月宮怜さん
総時間 26:42


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります