脱ぎ脱ぎゆうわくシチュエーション

サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。

こちらは脱衣をテーマにした3つのお話が楽しめる作品です。
サキュバス、風俗嬢、天使とそれぞれにまったく違うキャラやシチュを用意し
魔法や話術といった個性を活かしながらストーリーに絡めた脱衣を行います。
どのお話もややブラックな結末を迎えることから
地獄に突き落とされることに快感を覚えるMな人ほど向いていると言えます。



個性溢れる3つの脱ぎ脱ぎストーリー
3人の女性が服を脱ぎながら誘惑してくるお話。

「あっ そこの通りすがりのボク? ちょっとお姉さんの話を聞いてくれない?」
サキュバスは穏やかで妖艶な声の女性。
人間の魔法使いによって牢獄に入れられている彼女は
たまたま近くを通りかかった少年に助けを求めます。

本作品はこれ以外に明るくて可愛い風俗嬢の貢がせプレイ
清く穏やかな女神様のエッチなご奉仕と合計3つのお話が入っている短編集です。
内容が完全に独立してますし時間も約25分で統一されていますので
興味を持ったお話から聴いていくのもいいでしょう。

「ほら見てボク 今まで長袖だったのが 全部なくなって 胸の谷間から腋まで丸みえ」
そしてタイトル通りどのお話も女性が服を脱いでいくシーンに焦点が当てられています。
オーソドックスに服を脱ぐこともあれば魔法を使って瞬間的に露出したり
自然と服が透けていくなどキャラを活かした脱衣が行われるのもポイント。
少しずつ露わになる彼女たちの肌と、それを見る男性たちの興奮の高まりを
サークルさんが得意とするやり取りを交えながらわかりやすく描きます。

他の作品もそうなのですがネイティファスさんはストーリー構成に定評があり
ボイスドラマとしても普通に楽しめるくらいのクオリティを持っています。
反面純粋なエッチシーンがやや少なくなっているのが玉に瑕ですが
それこそ時間を忘れるほどに聴き入るほどの魅力を持っています。



キャラやシチュを活かした地獄への落とし方
エッチシーンは3パート合わせて55分間。
プレイはパートごとに脱衣/パイズリ/フェラ/SEX(騎乗位?)
脱衣/クンニ/フェラ/SEX(騎乗位)、脱衣/手コキ/フェラ/パイズリ/SEX(騎乗位)
です。
エッチな効果音はありません。

「お姉さんちょっと 面白いことができるの 手品みたいな そう とっても楽しくなること」
少年にストレートな色仕掛けをして失敗したサキュバスは
方向を変えてウィンクをすると服が脱げる手品しながら
その妖艶な体を見せつけて彼の心を射止めようとします。

エッチはどのお話も女性が服を着た状態から始まり
まずお話を交えながら衣服を脱いでいった後、本格的なプレイに突入します。

一番最初はサキュバスと彼女を捕まえた魔法使いの弟子である少年のお話。
相手が童貞であると踏んだ彼女はわざと少しずつ肌を晒すことで彼の興味を惹き
その見返りとして自分の両手を拘束しているカギを渡すように交渉します。

「ねぇボクどう? お姉さんのセクシービキニ姿 おっぱいもむちむちおへそも丸出し 生足太ももの曲線美もよだれものよ」
胸元、太もも、股間を徐々に露出されていきながら
M字開脚をしたり艶めかしい声を上げて必死にアピールするところが面白いですね。
サキュバスだと力でねじ伏せる場合が多いだけに
下手に出ながらチャンスを掴みとろうとする姿が新鮮に感じます。

「このまま吸い尽くして とり殺してあげるわ」
しかし無事解放された後は打って変わってサキュバスらしい残忍さを見せてきます。
先ほどと同様比較的穏やかな雰囲気を漂わせながら
「ずいりゅ じるりゅっ」といやらしい唾音を鳴らすフェラ、足の裏で挟み込んでの足コキ
おまんこでおちんちんをみちみちと締め上げるSEXとどれも容赦がなく
彼の精液だけでなく魂までも奪い取ろうとする貪欲さが見られます。

脱衣の前後におけるサキュバスの豹変っぷりが一番の醍醐味ですね。
割と誰でも聴ける正統派なお話だと思います。

続く2番目のお話はとある風俗店にやってきた主人公が
そこの店員エミにプレイをしながら多額のお金を貢ぎます。
相手が人間なので脱衣は普通に脱いでいく感じなのですが
その都度重要度に合わせたお金を要求してくるところが特徴です。

「ほら先生 ここはすぐにはい はいだよ先生? ロリっ子少女に気にいられるために はい はい はい はい」
体操着を脱いでブルマになるのに1万円、はみパン3万円
パンツをお尻に食い込ませるのに5万円など貢ぐ金額はどれも法外。
最初は当然のように躊躇う主人公なのですが
彼女は他の多くの男性に対しても行ってきたように
ちょっとした洗脳に近い話術を駆使して彼の判断力を徐々に奪っていきます。

純粋なプレイよりもエミがどうやって彼のお金を奪うかに力を入れているため
ちょっと抜くには難しいところもあるのですが背徳感は抜群ですので
どちらかと言えば精神的な快楽の方が得やすいお話です。

最後のお話は魔王討伐に向かう勇者を地上に降臨した天使が励まします。
しかし彼女の衣服は煩悩のある人間には透けて見えてしまう特注品。
お年頃の彼には彼女のおっぱいが気になって仕方ありません。
このままでは魔王に負けてしまうと判断した彼女が自ら性欲処理をしてあげます。

「勇者様 心配しないでください 私を信じて じっと耐えてくれればいいんですから」
最初は天使らしく母性溢れる姿を見せていた彼女なのですが…
「ああ いっぱい出てるわ この味最高 ほらもっと出して 今度は奥まで吸い込んであげる」
プレイが進むにつれて淫乱なメスとしての本性が見えてきます。

とあるタイミングで口調がギャルっぽい下品なものへと変化しますから
前半は優しく、後半はハードに射精させられる珍しい展開が楽しめます。
脱衣は脱ぐのではなく勇者の視線で脱がしていくあまり見かけないスタイルです。

このように、それぞれにまったく方向性の違ったエッチが繰り広げられます。



切り口が斬新な作品
普段のエッチではあまり目立たない脱衣に光を当てた意欲作です。

「服を脱いで」と一言で片づけられてしまう作品が多い中
どれも服を1枚1枚脱がせる様子をわかりやすく描き
そのうえで新たに露出した部分をアピールしながら気持ちを高めてくれます。
チラリズムとは違ったスタンスなのでそういうのが好きな人には不向きですが
隠された女性の大事な部分が徐々に露わになる展開にはゾクゾクするものがあります。

中でも一番最初のお話は完成度が高く
女性の武器を使って少年を籠絡していく様子が綿密に、そしてエロく描かれています。
純粋なプレイの時間が10分程度と短めなのは残念ですが
女性に軽く見下されながら童貞を奪われる雰囲気がよく出ています。
聴き終えた時「あっという間だったなぁ」と思えるほどに熱中できました。

しかし2番目のお話については…うーん。
内容が不向きだったのか正直いまいちに感じました。

「ほらお兄ちゃん エミを脱がせたいなら まずは1万円 1万円からだよ」
「おまんこ 射精まで含めて10万円です 10万 結構な大金ですけど ほら来て」

プレイを進める中でエミが「~円払って」と連呼するシーンが多いため
どうもプレイにのめり込みにくい雰囲気を持っているように思えます。
本当にお金を払わせたいのなら金額よりもサービスの魅力をアピールするのが常道です。
例えば上のセリフだったら
「たったの(やや強調)1万円(やや小声)でエミの裸が見られるよ!(強調)」とか。

金額が魅力的ならそちらを強調するのも有りなのですが
今回の設定だとさすがに厳しいかなと。
プレイの展開は面白いのに表現方法がもったいなく感じます。

3番目のお話は透視するような脱衣なので
作品のコンセプトから若干ずれてる気もするのですが
神々しい天使が下品なメスへと豹変する展開が興奮させてくれます。

あと全体的に気になった点としては
どのお話もプレイの最中に音声が終わりを迎えていることです。
射精シーンが全部で9回と多めながらもその後の余韻に浸る時間が無いため
この構成だと消化不良気味に聴き終えることになる可能性があります。

私は射精後の心のケアも音声作品にとって大事な要素と考えているので
それが一切無いのは非常に残念です。

コンセプトは非常に面白いのですが、首をひねる点がいくつかあったため
当サイトではやや厳しい点数とさせていただきました。
結局のところ2番目のお話をどう捉えるかで見方が大きく変わる作品なのだと思います。
ですから記事を読んで逆に面白そうだと思ったのならおそらく楽しめます。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:18:12


オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります