サークル「催眠日記」さんの無料の催眠音声作品(全年齢向け)。
今からおそよ5年前に公開された同サークルさんの処女作は
明るいお姉さんが丁寧でスピーディーな催眠をかけて心身のリフレッシュを促します。

解除音声を合わせて25分弱と非常に短い作品なのですが
暗示の表現や入れ方、セリフの間や声の抑揚などが練りに練って作られており
催眠状態に入る感覚やそこに漂う感覚を比較的容易に味わうことができます。
まさに短時間のリフレッシュにもってこいと言えるでしょう。



基本に忠実で隙の無い催眠
お姉さんの催眠で元気になるお話。

「それでは まず 自分がリラックスできる体勢を作ってね」
お姉さんは明るく穏やかな声の女性。
自己紹介などの前置きは飛ばして早速催眠を始めます。

催眠はほぼ全編にあたる22分間。
最初は彼女の声に合わせて深呼吸をしながら少しずつ心を落ち着けます。

「息を吐くたびに あなたのストレスが すーっといっしょに出ていきます」
深呼吸は息を吸って、吐いてから少し息を止めるやや変則的なタイプ。
息を止めるのと同時に彼女が「力が抜ける」などリラックスを促すセリフを言ってくれます。
息止めの時間がやや長いため息苦しく感じる場面があるかもしれません。
そんな時は無理をせず合わせられる範囲で行ってみましょう。

「深い とても気持ちいい眠りの世界へと あなたは落ちていきます まるで 海の中に沈んでいくみたい」
その次はお姉さんの「はい」に合わせて瞬きし、その後目を閉じて彼女の暗示に耳を傾けます。
全部で6回と結構長めに行ってくれますので、最初のうちは何とも思わなかったとしても
だんだんと目を閉じた際に肩のあたりが重くなるとか、目のあたりに気持ちよさが広がるとか
なんだか心地よい感覚が湧いてくるはずです。

「動かない! 動かそうと思っても絶対に動かない! 目は絶対に開かない 開こうとがんばっても 頑張った分だけ 力が抜けていく」
そして最後の6回目に彼女が放つこの暗示によって
多くの人が目が開かない、開けたくない体験をするのではないでしょうか。
前の5回とはまったく違った語気の強い彼女の声がその効果をより強めています。
このへんからいつもと違う催眠に入った時の感覚が湧いてくるでしょう。

もう十分な深さにまで入っているはずなのにまだまだ催眠は続きます。

「私はあなたが大好き だから深くなる あなたはこの状態が 大好き だからずっとこのままでいたい」
今度はカウントを数えて一旦目を覚まし、とあるキーワードで催眠へと戻る
これを数回繰り返します。
作品のタイトルにふさわしいこの言葉を聴くと体が自然に反応し
例えば言われた瞬間、高所から落ちるような「ふっ」と力が抜ける感覚がするかもしれません。

うまく催眠に入っていれば自分で何もしなくても体が勝手にそうなります。
彼女に心身を操られているのを実感できる非常に面白いシーンです。

「あなたは今とても幸せ 気持ちよくて やる気が沸いて 頭が幸せで満ち溢れてる」
聴き手が十分な深さの催眠に入ったところで
ようやく彼女が作品の目的である元気になる暗示を入れてくれます。
セリフの内容がポジティブなものだらけなのもありますが
彼女の幸福感に満ちた声によっても勇気づけられた気がするでしょう。
私はちょっぴり心が浮き上がり体がほんのり火照ってくるのを感じました。

このように、深い深い催眠状態へ導いてから目的の暗示を入れる
緻密で丁寧な催眠が繰り広げられます。



安心して聴ける作品
処女作とは思えないほど完成度の高い作品です。
催眠に入っていく感覚をガッツリ味わうことができました。

深呼吸をしてから目の開閉法、逆算法、揺さぶり法へと繋ぐ古典系の催眠で
それぞれを隙無く丁寧に行っています。
中でもカウントの前後に入れる暗示にかなり力を入れており
事前にカウントを数えるとどうなるかをわかりやすく教え
カウント後にはその内容に適した間やペースで後追い暗示が入ります。

これ自体は催眠における基礎的な要素なのですが
ここまで洗練されているものはそれほど多くありません。
他の作品もそうなのですが、催眠日記さんは古典系の催眠を忠実に実行することに関して
右に出るものがいないと言えるほどに優れています。
これが本作品を聴くと催眠に入りやすく感じる一番の理由です。

また進め方が極めて慎重なのも大きなポイント。
深化と呼べるシーンを3つ用意して段階的に催眠が深くなるよう進めています。
これによって被暗示性の高い人ならどっぷり浸かれるだろうし
低い人でも普段とはちょっぴり違う心地よい感覚が味わえるわけです。
キーワードを用意しているのも催眠により入りやすくするための気配りです。

「すーっと意識が溶けていく あなたは 何も考えなくていい さっきより深い 深い 気持ちいい」
個人的に一番印象的だったのが上のセリフ。
終盤の催眠と半覚醒状態を往復するシーンで登場するのですが
赤字で書いたようにお姉さんは「さっき」をかなり強調して語り掛けてくれます。

これは無意識に対して先ほど催眠に入った感覚を反射的に反芻させることで
より深い催眠へと導こうとしている意図が見られます。
こんな感じで本作品は一つ一つの単語にまで目を向け
それをどれくらいの強さでやペースで発音すればいいかまで考えながら作られています。


まとめますと誰にでも聴きやすく催眠に入りやすい作品です。
エロシーンが無いのでそういう系統の感覚は残念ながら味わえないのですが
催眠に入っていく感覚がよくわからないとか、最近どうもうまく入れないとか
主に催眠状態を味わいたい人に対してきっと役立ってくれるでしょう。
心身のリフレッシュを求めている人にももちろんお薦めします。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 24:11

音催眠日記
http://432hypno.blog15.fc2.com/blog-entry-6.html