[Medication]

サークル「.␣(Dot-Space)」さんの催眠音声作品。

サークルさんでは2番目の有料作品にあたるこちらは
とある奇病に侵されている患者をナースが優しく治療します。
「匂いに対する感覚変化と錯覚」というあまり見かけないテーマを掲げ
治療をしながら主に匂いに関する暗示を入れて意識の集中を促します。

作品を聴くにあたって以下の2つを用意しておくのがいいでしょう。
1、匂いのつくもの(アロマやルームフレグランス)
2、使い捨てマスク



匂いに対する徹底した意識づけ
ナースから匂いに関する催眠とエッチな治療を受けるお話。

「失礼しまーす うふふ いかがですか? 調子は」
ナースは穏やかで可愛い声のお姉さん。
とある病気にかかって入院している主人公を見舞いにやってきた彼女は
彼の病状を改善させるために4種類の治療を施します。

本作品はできるだけ実際の治療に近い雰囲気を出すために
「催眠」を一度も言わないなど催眠らしさをできるだけ感じさせないよう進めています。
しかしそれぞれの治療において「体がじんじんする」「体が温かくなる」など
催眠に関する明確なテーマを掲げながら行ってくれますから
聴き進めていくうちにだんだんと催眠状態特有の感覚が強くなっていくでしょう。

「あ もしかして匂い 気になってますか? 私もお気に入りなんです この匂い」
また彼女は冒頭のシーンから自分のつけている香水の匂いを話題に出しており
この先でも匂いに対して意識を向けるように何度も呼びかけてきます。

彼女が具体的にどんな匂いなのかを敢えて描写していないのは
聴き手の好きな匂いで楽しんでもらいたかったからなのでしょう。
これが「予め匂い用意しておいた方が良い」と言った理由です。

催眠は4パートあり、合計で41分間。
最初は治療を受ける前の準備として軽く深呼吸をしてから点滴を行います。

「じんじん じんじん エネルギーが広がる じんじん じんじん エネルギーが湧き上がる」
左腕の内側に注射針を刺し、そこから液体を体内に注入する様子を描きながら
暗示を使って体がじんじんとした熱さに包み込まれていくよう誘導します。
内容がややイメージしにくいことを考えて事前の説明がしっかりとされており
彼女がどんな風に点滴を行っているかが手に取るようにわかります。

このじんじんとした温かさは催眠に入る初期で比較的生まれやすい感覚ですし
きちんと催眠に誘導しながら治療を進めているのがいいですね。
「じんじん じんじん」をリズミカルに繰り返しながら効果的に暗示を入れてくれます。

「とろとろのお薬が またあなたの中に入っていく のどの奥が あなたの好きな匂いで溢れる」
塗り薬を全身に塗って体により強い温かさを湧きあがらせた後は
飲み薬を飲んで今度は体内にその感覚を広げていきます。
「とろ とろ」の声を聴きながらとろとろの液体を飲んでいるうちに
自分の意識までもがとろとろになったような気がするかもしれません。

「私の甘く かぐわしいフェロモンが あなたの身体を染めていく」
そして最後の吸入薬パートでマスクを装着し
深呼吸をしながら例の匂いを心身の隅々にまで行き渡らせます。
ここまで何度も繰り返し匂いに対する強烈な印象付けを行ってきたおかげで
匂いにすべてを包み込まれていく感覚がそれなりに味わえると思います。
そうやって匂いの虜にしながら、その匂いを発するナース自身の虜にもするわけです。

最初から最後まで匂いを関連付けた個性的な催眠です。
やってること自体はイメージを絡めた割とシンプルなものなのですが
それらに必ず匂いを絡めてちょっぴり変わった感覚を引き起こさせています。
催眠音声ではごくごく一部の作品でしか使われていない要素を
ここまで前面に押し出して催眠を進めているところに新鮮味を感じました。

私はラベンダーのオイルを垂らしたアロマディフューザーを焚いて聴いたのですが
しばらくするとラベンダーに混じってオレンジのような柑橘系の香りがほのかにしてきました。
何らかの匂いを用意して聴いたほうが楽しめるのは間違いないのですが
案外無臭の場所でも自然に香ってくる場合があるかもしれません。
ただこれについては人によって得られる感覚にかなりの差が出ると思います。

治療についても主に擬態語を繰り返してセリフにリズムを作りながら暗示を入れています。
セリフの内容そっちのけで音感的な心地よさを感じる人もいるかもしれません。
治療風景も何を使ってどういったことを行うかが事細かに語られています。

しかし説明に力を入れすぎるあまり
肝心の暗示のボリュームが時間に対して少ない気もします。
私が標準的なものよりやや浅いくらいの催眠状態に留まったのを考えると
被暗示性の低い人にはあまり向いていないのかもしれません。
内容は面白いのですが若干ハードルの高い催眠にも思えます。



エッチな匂いを直接注入
エッチシーンは3パート35分ほど。
プレイは注射、フェロモンくんくん運動、顔面騎乗、アナルへの注射です。

注射器で液体を注入する際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「ほら 注射器になったあなたの右手で お薬 注射しましょう?」
数々の治療の結果、より異常な精神状態へと陥った主人公を見て
ナースは普通の治療では不可能と判断し、今度は注射を使って体内に謎の液体を注入します。

エッチは引き続き治療風景を描きながら行われます。
そのためフェラやSEXといった一般的なプレイはほとんど出てきません。
その代わりに作品のテーマである匂いを使った珍しいプレイが登場します。

「全身の 快感を感じる神経に 私のフェロモンが絡みついて 甘い刺激を与え続ける」
最初の注射は自分の右手人差指を注射針に見立て
それを彼女の合図で左腕の内側へとあてがいます。
彼女の甘い匂いがたっぷり詰まったフェロモンを取り込んで興奮を高めていきましょう。
この後でより気持ちよくなるための感度強化を行うシーンですね。

「器の口は あなたの方を向いているから そこから あなたを幸せにする甘い匂いが どんどん溢れてくる」
その次のフェロモンくんくん運動は両手を水を掬う形にして器を作り
そこにフェロモンがたっぷり詰め込まれているのをイメージしながら呼吸をします。
ここまでどれだけ匂いに気持ちよさや心地よさを感じているかによって
性的快感や幸福感に大きな差が出るプレイと言えます。

しかしこれだけだとさすがにイけないだろうということで
彼女が直接責めてくれるプレイももちろんあります。

「不意に おしりに注射器が刺さる 思わず声が漏れる 顔が緩んじゃう ほら そのままどんどん飲み込んでいくよ」
一番最後に行われるアナルへの注射がそれにあたります。
ここでは彼女が極太の注射器をお尻の穴に突っ込んでフェロモンを注入します。
(彼女は注射器と言っていますが浣腸器に近いもののようです)

プレイ自体もそうですが女性にお尻を犯されているシチュによっても
お尻のあたりがかーっと熱を帯びてくるかもしれません。
極限まで性的な熱さを高め、彼女のカウントに合わせてそれを解放させましょう。
お尻でのドライなので難しいところもあるのですが、進め方はまず妥当だと思います。

このように、治療にちなんだかなり変態的なプレイが繰り広げられます。



匂い漬けにされる作品
聴いているうちに何かが匂って来る不思議な感覚が比較的味わいやすい作品です。

彼女は最初から最後まで必ず匂いに関する話を持ち掛けており
さらに匂い抜きでは絶対に成立しない催眠やエッチを行っています。
作中で匂いを感じさせるシーンのある催眠音声はちょこちょこあるのですが
ここまで匂いを前面に押し出した作品は本当に珍しいです。
かなり強烈な個性を持っていることは間違いありません。

また主人公が患っている病気が何かについても作中で語られています。
敢えて病名は伏せますが一種の精神病ですからそんなに深刻なものではありません。
なぜ彼女がここまで匂いを意識させてくるのか、そしてこのような治療を施すのか。
聴き進めていくうちに彼女の真の狙いがわかるところもストーリー性があって面白いです。
ごくごく稀に本性を見せるシーンがあるくらいで雰囲気は終始あまあまです。

「意識を遠ざければ 感覚は弱まるし 逆に意識を近づければ 感覚は強まるの」
また彼女は作中で何度も意識を集中させることの大切さを説いています。
催眠状態というのは簡単に言うと「何か一つのことに集中している状態」です。
婉曲な形で作品を聴く際の心得を教えてくれるのがありがたいです。

催眠は声と匂いの両方にバランスよく意識を向けてくるやや特殊なタイプです。
基本的に催眠音声は催眠者の声にのみ意識を向けるよう何度も働きかけてくるケースが多く
それらに比べるとやや難易度の高い催眠かもしれません。
しかしそのハンデを跳ね返すために治療の様子を本当にわかりやすく描写しています。
ですから初回でうまくいかなかったとしても、数回聴いてみれば楽しめるようになるかなと。

1回聴いただけですべてがわかるような催眠ではないと思います。
初心者にはあまりお薦めしません。

エッチは女性に変態的に弄ばれるM向けのプレイばかりです。
正直匂いにどれだけ陶酔できるかで得られる快感が大きく変わります。
しかしうまくはまれば顔面騎乗やアナル責めを大いに楽しめるのではないでしょうか。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

サークルさんの発想力が如何なく発揮されている興味深い作品です。
催眠・エッチ共やや人を選ぶ部分があることから
今回は以下の点数とさせていただきました。

1時間40分に対してたったの700円とコスパに優れた作品ですから
内容に興味を持った人や変わった作品を聴いてみたい人ならまず損はしないと言い切れます。

CV:三森愛乃さん
総時間 共通パート…1:34:10 覚醒…4:25 睡眠移行…5:14


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
コスパが良いので+1してあります。