催眠儀式

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品。

本作品は催眠療法的スタンスで自分に潜むマゾの心を目覚めさせます。
ノーマルな方なら若干の属性変化を感じるかもしれません。
内容はかなりのM向けですからMでももちろん楽しめます。
触覚や味覚が変化する不思議な体験ができるでしょう。

催眠はマゾへの抵抗心を削ぐことを第一の目標にして
多彩な手法を用いながらその方向へと確実に導いてくれます。
今回はバイノーラル録音がされているおかげで声の位置も考えられているのがポイント。
彼女が何も言わなくても位置が変わるだけで違った感覚を受ける。
そんな催眠らしい無意識的な反応を楽しむことができます。

本作品を聴く前に以下のアイテムを用意してください。
1、飲むヨーグルト(プレーンが理想 必須)
2、コップ(できれば紙 無ければ他の素材でも一応可)



バイノ ーラルならではの催眠誘導
心療内科の先生から催眠による治療を受けるお話。

「…ということは あなたは自分が マゾだという妄想に 取りつかれていると そうお考えになっているんですね?」
先生は知性を感じる落ち着いた声の女性。
主人公の中に隠されているマゾへの欲求を調べるために
催眠による検査を行います。

これが本編のお話ですが、その前に4分ほどの準備運動を行うことになります。
手足を伸ばして自然な形で筋肉を弛緩させたり、物語の舞台をイメージさせたりと
文字通り準備的な内容で、いずれも催眠に入りやすくするためのものです。

本格的な催眠はおよそ24分間。
深呼吸をしながら「ポンポンポンポーン」という電子的な効果音と彼女の声を聞くことで
暗示を受け入れやすいリラックスした状況を作っていきます。
効果音は脳波センサーの音らしく適度に移動をしながら心地よい刺激を与えてくれます。

「この方向から話しかけられることで あなたはより一層落ち着き より一層 気持ちがいい」
次は聴き手をより深い催眠状態へと持っていくわけですが
お姉さんはまず声の位置で催眠と半覚醒状態の区別をするよう暗示を入れてきます。
本作品はバイノーラル録音ですから音の位置の違いがよくわかります。
それを暗示の内容として取り入れてきた発想は見事ですね。

「あなた 週に何回くらいオナニーしてます?」
診察を再開した直後に聞かれるのはオナニーの回数。
色々と質問をされますので主人公の視線に立って考えてみてください。
そしてここを聴き終える頃には
自分の体が言うことをきかなくなり始めているのを実感するはずです。

「あなたの意識は もうザーメンと同じくらい ドロドロの状態」
その後はさらに深く安定した催眠状態を作り上げるために
催眠と半覚醒状態を何度も往復します。
例の効果音をトリガーに催眠状態へと入る暗示もかけられるおかげで
かなり楽に切り替えができると思います。
心と体がぼんやりとした状態になり、彼女の流れるような暗示に導かれながら
その声に自然に従うマゾの資質を植え付けられていくのです。

バイノーラルがしっかりと活用されていることや
催眠へのトリガーを2重に仕掛けることで意識しやすくなっていること
更にはエッチシーンでの臨場感を出すために精液のイメージを軽くさせていることなど
色々な要素を絡めながらマゾの素養を育てる方向へと導いているハイレベルな催眠です。

特にオナニーの回数を確認させるシーンがかなり強力。
私はここで一気に全身が重たくなって催眠状態に入るのを感じました。
左右からタイムラグを設けて話しかけられる形の混乱法だと思うのですが
一旦適度に右に意識を向けさせて、そこにすかさず左から声をぶつけることで
先生の言う「どうだっていい」の精神状態にググッと持っていかれます。



マゾになるための儀式とは
エッチシーンは2パート35分間。
プレイは指でのドライ絶頂、疑似精飲、声による連続絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「まずは拳を握って グーをするんです その状態で 人差し指と 中指だけを ピーンと立ててください」
入念な催眠によって主人公を声の言いなりにした先生は
そのことを自覚させるために指だけでの絶頂を促します。

最初のプレイは指をおちんちんに見立ててのドライ絶頂です。
普通のオナニーをするように指を擦ってイクわけですが
実際やってみると暗示をかけられた際に指がピリッとなって
指を擦るとそれが股間に伝わって脳に快感が流れていくのがわかりました。

先生は指から直接脳におちんちんの快感が伝わると説明していましたから
人によってはそのように感じるのかもしれません。

「そう あなたが今持っているコップには ザーメンが入っています」
そして次が本作品の目玉である疑似精飲です。
ここでは用意した飲むヨーグルトを精液に見立てて飲むことになります。
こちらに考える暇を与えずに精液と決めつけたりして
ヨーグルトであることへの認識をうまく回避しながら進めてくれるおかげで
きちんと催眠に入っていれば少なくともヨーグルトと思い込むことは無いでしょう。

プレーンを用意して飲んだ感想としては、匂いは精液っぽくならなかったのですが
味というか口に入れた際に精液のような「うえっ」と吐き出したくなる感覚が湧いてきました。
あとは飲み込んだ時ののど越しの悪さもなかなか精液っぽかったです。
マゾ資質を深層心理に植え付ける象徴的な儀式だと思います。

「口に出して イカせてくださいって 言うんです ほら! 早く言いなさい!」
最後はドライ系の催眠音声にある声を叩きつけられての連続絶頂です。
ここでは先生がやや語気を荒げて興奮を煽ってくれるため
ドライ経験者ならかなりやりやすい内容に感じました。
バイノーラルのおかげで特に右から来る囁き声に近さと臨場感を感じることでしょう。

このように、聴き手をマゾにすることに特化した非常に珍しいプレイが楽しめます。



感覚を操られる作品
しっかりとした催眠によって催眠状態特有の不思議な感覚が体験できる作品です。

サークルさんがコンセプトをテレビなどでやるショー的催眠に据えていることもあって
エッチの前半はわざと半覚醒状態にしてからプレイを行っています。
目は開いてるんだけど何かが違う、そんな感覚を最初に味わった後
指オナニーや疑似精飲で受ける感覚の変化に驚くと思います。
特に精飲は過去に実物を飲んでいる方ほど実感しやすいです。

〆にオーソドックスな連続絶頂を持ってきていますし
冒険と安定の両方を備えたエッチと言えます。
ちなみに連続絶頂は4パターンのファイルが用意されていて
最短5分、最長9分30秒ほどの音声からお好みでいずれか一つを選択します。
サークルさん曰くlongが一番お薦めとのことです。

催眠は深化が凝っていて非常に楽しめました。
声の位置を使った催眠誘導が本当に斬新で面白いです。
現代催眠のテクニックも適度に使われていますし
多くの方が催眠状態を比較的簡単に味わえるでしょう。
初心者が聴いても大丈夫。

エッチは診療をテーマにしているからか徹底的に心を責めています。
肉体的にどこかをいじるとか、先生と合体するとかはありませんが
その分心と体に湧きあがってくる感覚に集中しやすいです。
冒頭で絶頂の訓練を軽く行っているのもいいところ。
過去にドライを味わったことのない方でも、体が合図に反応して勝手に痙攣するとか
そういう無意識的な反射が生まれるのではないでしょうか。
淫語少々、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

期待していた通りの良質な催眠音声です。
このサークルさんの過去作を聴いている方ならまず確実に満足できます。
そうでない方も催眠が本当に優れているサークルさんですので
エッチの内容に抵抗が無ければ是非お試しください。

CV:紗藤ましろさん
総時間
共通部分…1:09:51
エロ追加…5:54
エロ追加short…4:45
エロ追加long…7:47
エロ追加増量…9:27


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります