シロクマ耳かき店へようこそ!2&シロクマの湯。

サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

DL数5200と耳かき音声のみならず、音声作品全体としても驚異的な人気を誇る
「立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!」の続編が出ました。

今回は前作と似た通常の耳かきサービスに
リニューアルオープンした貸切温泉でのひと時を綴ったお話を加えた2部構成。
どちらも癒しあり、エッチありと比較的短時間ながらも盛りだくさんな内容で
過去作で培ってきたバイノーラルの技術やリアルな効果音はもちろん
キャラやプレイでもきっちりとした個性を打ち出しています。

特に温泉シーンでの効果音は実際に録りに行かれたそうで素晴らしいです。
お湯の流れる音を聴いているだけで、自然に心が落ち着くのを感じることでしょう。



和やかで温かさを感じる耳かき
シロクマ耳かき店とシロクマの湯でお姉さんからサービスを受けるお話。

「いらっしゃい また来てくれたんですね」
お姉さんは甘く可愛い声の女の子。
お店の客として顔なじみである主人公に対して
店員よりはお友達に近いような親しげな態度で接してくれます。

本作品は2つのシチュエーションで構成されており
最初は正当な続編としての耳かき、その後は温泉でのサービスが
登場人物を変えずに描かれています。
耳かきは両方のシチュにあって、その他のエッチシーンなどが違う感じです。

耳かきは耳かき店が10分30秒、シロクマの湯が7分30秒の合わせて18分間。
専門店らしく耳かき棒、綿棒、梵天などを用途に応じて使い分ける丁寧なタイプです。

耳かき音は「ぞり ぞり」と尖った軽快な音
梵天は「さり ざり」と若干ざらつきのある音など効果音のレベルはかなり高く
特に耳かき棒は耳の外縁をなぞる時は「しゅりり」とやや滑らかになったり
奥の方をお掃除する際は「ごりっ」としたやや重たい、こもった音になるなど
同じ器具でも使う場所に応じて音を細かく変化させているのが特徴です。
全体的に見てとてもリアルと言えるでしょう。

「シェーバーによる処理なので 怪我はしませんよ」
今回は通常の耳かきに加えて耳の産毛を取るサービスがあるのもポイント。
電動カミソリのような「ウィーン」という音を軽く上下に動かしながら
それぞれ1分ほどをかけて綺麗にしてくれます。
実際聴いてみると耳が軽くくすぐったくなるような感覚を受けました。
こちらはシロクマの湯でのみ登場します。

「耳かきの事になると ついつい 熱く語ってしまうんです」
耳かき中はお姉さんが耳垢のタイプとか、おすすめの器具などを教えてくれます。
とにかく耳かきに対して色々と研究しているようで、そのひたむきな様子を聴いていると
「ああ、この人は本当に耳かきが好きなんだな」って思えて心がほっこりしました。
技術と知識があって心のケアもしてくれる、まさに理想的な耳かき店員と言えるでしょう。

…と、この他にもまだまだ書けるほど色々な部分が優れている耳かきです。

耳かき店パートは右を掃除する際はやや饒舌に、左は意識して寡黙にと
雰囲気を楽しみたい方と効果音を楽しみたい方の両方に対応されていますし
シロクマの湯パートでは「こり こりっ」とセリフに擬音語を織り交ぜて可愛さを演出するなど
同じ耳かきシーンでも微妙な変化を与えて聴き手を飽きさせないようにしています。
各工程のインターバルを短くして自然な流れを作り上げているのもいいですね。



喘ぎ声、ちゅぱ音、くちゃ音による複合的な責め
エッチシーンは耳かき店が18分30秒、シロクマの湯が9分で合計27分30秒ほど。
プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、SEX、パイズリです。
手コキやパイズリをするシーンでリアルなくちゃ音が流れます。

「これは 耳かきをする前の下準備ですからね」
耳かき店パートでは来店早々の主人公を半ば襲うような形で
耳の汚れを浮かせるために耳舐めでご奉仕してくれます。

エッチはどちらのパートも複数個所への同時責めにこだわっており
喘ぎ声、ちゅぱ音、効果音を複合的に聞かせることで聴き手を興奮させてくれます。

「立体音響だからこそできる リアルな3点責めをお楽しみください」
その中で最も破壊力があるのは、左右からの耳舐めとSEXによる3点責めでしょう。
これはヘッドホンを装着してちゅぱ音を聴きながら
お姉さんがサービスをしてくれるというもので
前作ではフェラだったのが今回はフェラ+SEXにパワーアップしています。

実際聴いてみると頭の中がいやらしい声と音で満たされていく感じで
なんというかとても不思議な感覚を受けます。
内緒のサービスなこともあって、隣の部屋に聞こえないように
お姉さんが声量を抑えたかすれた喘ぎ声を漏らすのがいいですね。

「寒すぎるといけないから 人肌で温めてあげますね」
一方シロクマの湯パートでは露天風呂での開放的なプレイが楽しめます。

このパート最大の特徴は温泉らしくお湯の流れる効果音が聞こえてくること。
終始流れ続ける「じょろ じょろ」と温泉にお湯が流れ込む音はもちろん
お姉さんがかけ湯をする際にも別途水音が鳴るなどとてつもなくリアル。
男女が裸でお風呂に入っているエッチなシーンなんですけど
その環境音を聴いているとなんだか心が和んでしまいます。

「せっかくの温泉だし いつもとは違うこと してみたくないですか?」
プレイの方はパイズリしながらのフェラがメインで
ここでもパイズリのくちゃ音とフェラのちゅぱ音の複合攻撃が聴き手に襲い掛かります。
人目をはばかる必要がないためお姉さんも普通に喘いでくれますし
主人公が若干反撃するシーンで乱れたりと、耳かき店よりはストレートなエッチです。
シチュ的に非常に珍しいのもポイントでしょう。

このように、ちゅぱ音を主体にしながらもリアルな効果音で見事に差別化ができています。
特に露天風呂でのエッチは音声作品で初登場ではないでしょうか。
効果音もリアルですし、事前にちょっとしたやり取りを挟んで誘ったりと
エッチの流れ自体にもメリハリがあってとても良かったです。



2013年における耳かき音声の集大成
エロよりは若干癒し寄りな名作です。

シロクマさんお得意の耳かきはもちろん
今回はエッチでも面白いシチュやプレイを取り入れていますし
エロ、非エロそれぞれのシーンにそこだけの要素をしっかりと散りばめています。
おかげで個々のシーンの密度が高く感じました。

耳かきは個々の時間が短めですが、2つ合わせれば十分な長さでしょう。
効果音の鳴らす間隔を縮めることによって音の連続性を生み出しています。
お姉さんの流れるような手際にリズムを感じました。

エッチは前作で好評だった3点責めはもちろん
それ以外でも粘液質のリアルな効果音を使ってエロさを演出しています。
バイノーラルならではの位置取りや距離感もバッチリ。
終盤はきっちりペースを上げて抜けるように追い込んでくれます。

今回もこの内容とボリュームで500円と価格も良心的。
文句なしの満点の作品です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間
シロクマ耳かき店へようこそ!2
本編…30:41 おまけ…21:02
シロクマの湯。
本編…20:44 おまけ…3:34
(内容が重複する「03 耳かき音少し大きめver」を除いた時間です)


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
おそろしくサラサラと記事が書けた作品。
私は毎回聴いた感じとその後の記事の進み具合で最終的な点数を決めています。
理由は聴いた後の余韻なども評価対象にしているからです。
それで、記事がすんなり書けるものはだいたい名作です。
この作品は書き始めの段階で何も考えなくても手が勝手に動いたので
割と早くに満点と決めました。

本編以外で個人的にグッときたのは「(おまけ)没耳舐め音」。
2分弱と短い時間両耳を舐められるだけの音声なのですが
伊ヶ崎さんの普段の耳舐めに比べて余裕の無いがっついた感じが印象的でした。