すくりぷてっどこねくしょんさんで配布されている無料の催眠音声作品。

「今年最後の無料作品は何にしようか?」
そう考えていたときに思い出したのがこの作品。
今年リリースされた中では名作と名高いこちらで〆させていただきます。

本作品はお姉さんが声の力で聴き手に幸せな感覚を呼び起こしてくれます。
何度も何度も暗示をかけることで声のイメージを刷り込み
こちらが何もしなくても自然に幸せになるような環境を作り上げていくのがポイント。
どちらかというとエロよりは心身のリフレッシュを重視した作りですから
日々の生活で精神的に参っている方などが聴くと特に効果的でしょう。



声を追いかけてくのは幸せ
お姉さんに催眠の力で幸せにしてもらうお話。

「ようこそ ここは あなたと私だけの世界」
お姉さんは柔らかで温かい声の女性。
主人公の体を休め、明日への活力を得るために心地よく眠らせようと
部屋の温度や湿度など、催眠にかかれる環境を整えるところから説明してくれます。

「あなたは私の声を 言葉を 繰り返していくの」
本作品を聴いて幸せになれるかどうか、それは彼女の声に対する心構え次第です。
声を従順に受け入れることができれば、きっと心地よい気分を味わえます。
こちらがあれこれ考えなくてもきちんと彼女が誘導してくれますし
指示の内容も極めてソフトなものばかりですから
聴き手は素直に従う姿勢さえ身に着けておけば大丈夫。

催眠導入は32分ほど。
まずは深呼吸と脱力をしながら、お姉さんの声に耳を傾けていきます。

「なーんにもしなくていい ただ言葉に身を任せるだけ」
本作品一番の特徴は、ほぼすべてが暗示のみで構成されていること。
彼女の言う通りこちらは何もする必要がありません。
その声を聞いていれば勝手に体が重たくなるし、考えるのが面倒になります。
彼女は聴き手を幸せにするために存在するから、嫌がることは絶対にしません。
だから安心して声にすべてを預けることができます。

リアルで信頼できる人が近くにいると、心が落ち着くのを感じる方が多いと思います。
作中で彼女にそんな姿勢で臨むことができれば、自然と心に幸せが生まれるでしょう。

「気持ちいいという感覚だけが あなたを支配していきます」
お姉さんは途中で光や闇を使ったイメージを織り交ぜながら
聴き手の心を少しずつぼんやりさせていきます。
話を聞いていると頭の中が放り出されるような感覚を味わうかもしれません。
ちょっとびっくりするかもしれませんが、それは幸せになるための準備。
彼女の声を追いながらそれを体になじませ、染み込ませていきましょう。

すくりぷさんが得意とする暗示を繋げて流れを作り上げる催眠です。
言いたいことは「彼女の声を聞いていると幸せ」なのでしょうが
ただ順番に進めていくのではなくて、時折一旦戻るように以前の暗示を重ねてくるなど
普段の作品よりもずっと入念に行っているように思えました。

カウントを一切使わないのはこだわりなのでしょう。
暗示のみの催眠というと他には「腕輪2~射精管理~」が挙げられますが
実際やり遂げているのはすくりぷさんしかいませんし
今後もこの手の作品を作り上げていくのではないでしょうか。



心も体も白に侵されていく
エッチシーンはおよそ27分。
プレイは声に導かれての絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「脳の中に ゆっくり ゆっくりと 白い液が流れていく」
その声によって聴き手の心を幸せにしたお姉さんは
今度は体の方も幸せにするために、暗示を使って感度を上げていきます。

エッチシーンも非常に催眠色の強い内容になっています。
彼女の指示する体の部位に言われた通りの感覚を感じ取りましょう。
深い催眠状態に入っていれば体が勝手に反応することもあります。

「白い 白い ただ真っ白」
ここでの彼女の暗示は白を意識させているのが特徴です。
頭が真っ白になり、それが徐々に体全体へと広がっていく。
白はすべてがリセットされた状態だし、精液の色でもあります。
粘性の高い白い液体が体中を巡ることをイメージさせることで
全身を精液漬けにされたような、いやらしい感覚を増幅させていきます。

「体中 幸せになっていく もっともっと幸せになっていく」
そして最後は心身に幸せを感じながら、彼女の合図で絶頂を迎えます。
でもひっきりなしに連続でイカせるようなタイプではなく
適度にスッキリさせてリフレッシュしてもらうのを目的にしているように感じました。
「幸せな状態をできるだけ長く感じてもらいたい」
そんなお姉さんの思いやりが感じられるプレイです。

最後の最後くらいはカウントするだろうと思っていたらここでも無しで
結局作中では1回もカウントを挟むことなく終わっています。
ちょっとドライでの絶頂シーンがパワー不足な気もしますが
このへんも結局は慣れかもしれません。



一つの完成された作品
まるで一つの物語を聴いているような暗示の数々が印象的でした。

このサークルさんだからできるような作りも特徴的です。
腕輪2の時も衝撃を受けたのですが、今回も色々と驚かせていただきました。
多くの作品を作り続けてきたからこそできることなのでしょう。

催眠は具体的な暗示と、やや抽象的に感じる暗示を適度に織り交ぜてあります。
世の中には具体的な暗示の方がかかりやすい人もいれば
抽象的な方が向いている人もいます。
そういう意味ではどちらのタイプにも配慮したバランスの良い暗示ではないかなと。

エッチは頭で生まれた気持ち良い感覚を体の方へも浸透させる流れです。
人によっては体がピリピリしたり、ビクンビクンしたりするでしょう。
ただドライの中でもやや特殊なタイプとも思えるので
催眠経験の浅い方にはちょっとハードルが高いかもしれません。
淫語とちゅぱ音わずか、喘ぎ声はありません。

今まで聴いてきた作品と似ているように見えるのに、そのどれとも違う作品です。
非常に新鮮味に溢れていて私個人もいい刺激をもらいました。
来年も催眠音声の老舗として、益々のご活躍を期待しております。

今年中に聴いておいて本当に良かったと思えた作品です。

CV:彩音まりかさん
総時間 1:08:06

すくりぷてっどこねくしょん
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-date-200712.html
(下から3番目「はぴねすひゅぷの(cv彩音まりか)」が本作品です)

追記
久々に記事にするのにかなり苦労した作品。
ここまで苦戦したのは「安眠快楽」以来で、とにかく言葉にできなかった。
でもこういう絶望感を与えてくれる作品は己を成長させるからありがたい。

ぶっちゃけ今回のレビューはあまり自信がありません。
だから皆さん自身で是非確認してみてください。