エルフの女王 イオニアの3つの姉ショタ搾精

サークル「ほんにゃらインダストリー」さんの同人音声作品。
主にファンタジー色の強いエロ重視の作品を作られているサークルさんです。

本作品はエッチで多少わがままなエルフの女王様が
まだ女を知らない少年達をおいしくいただきます。
普段は女王らしくおしとやかなキャラですが、性格故に暴走することもあり
その際の一心不乱に己の欲求を満たそうとする姿が股間を刺激してくれます。

ジャンルは典型的なおねショタものながらも
若干ブラックな要素を含んだやや珍しいタイプです。
あまあまな部分を残しながらも、精液は一滴残らず搾り取る。
ソフトな雰囲気の中でかなりハードなプレイがたっぷりと味わえる面白い作品です。



女王様は疲れますの
エルフの女王様イオニアと少年がエッチするお話。

「こんばんは 今回儀式を迎える坊やは あなたね」
イオニアは清楚だが色っぽさを感じる声の女性。
女王という立場上色々と気疲れすることが多い彼女は
ストレス発散のため何かと理由をつけて童貞のおちんちんを漁っています。

「若い子のエキスを全部吸い取るまで うふふ 獲物は逃がしませんわぁ」
彼女は端的に言うとエッチが大好きなショタコンです。
女王様ですから逆らえる人は王国の中にほぼ誰もいません。
つまり色々とやりたい放題なわけで
その圧倒的な権力を使って少年達を思いのままに貪ります。

一般的なおねショタに比べると姉がぐいぐい引っ張っていくような流れで
少年に権利がない分あまあま度については劣りますが
女性が積極的に責めるおかげで、エロ度はかなり上がっていると言えます。

本作品は大きく3つのお話で構成されており
それぞれ相手を務める少年は別の人物になります。
あまあまな雰囲気での筆おろしから始まって、少年を使っての性欲処理
最後は搾精拷問と幅広い聴き手に対応しているのがいいところ。

前2つはSEXシーンのみ別ファイルに切り離されているなど
こちらの抜き場を探す手間を考慮した心遣いが感じられます。



甘い女王様のエッチと下品なメスのエッチ
エッチシーンは3パート合計で88分とかなりの長時間。
プレイはキス、乳揉み、フェラ、乳首責め、手コキ、SEX、イオニアのオナニー
顔面騎乗、スパンキング、性器具よる搾精と寸止め
とかなり豊富です。
手コキ、顔面騎乗、ピストンなどでリアルめのくちゃ音が鳴ります。

「これから坊やは私と 夢のような体験をするんだから 緊張しないでいいわよ」
基本的にはイオニアが童貞の少年をリードする形で進められます。
少年が責めにまわるシーンはほぼありません。

本作品最大の特徴は、エッチにおけるイオニアの2面性にあります。

「たっぷりおっぱいを吸わせながら 優しく筆おろしして差し上げますね」
最初は女王様にふさわしい優しい声で少年を導いていた彼女が
「儀式という名目で男を呼んで 見知らぬ坊やの童貞を食べる
このスリルたまらないわぁ」

興奮が高まってくると淫乱なメスに豹変し、欲望をさらけ出します。
普段の様子が清らかだからこそ、この時とのギャップがたまりません。

ただ、プレイそのものは最初から割とエロを前面に出してあって
フェラをすると「きゅぎゅるぅぅ」と締め付けるような唾音で弱点を的確に刺激したり
やや苦しそうな声を上げながら「ぶぶっ ぶぼっ」と激しくピストンしたりと
ノーマルモードでも十分に抜けるほどの破壊力を持っています。
つまり最初の方のプレイがソフトというわけではありません。

「んぎもぢいいぃぃ オナニーさいこうぅ」
エロモードに入ると彼女はややアヘった声で悦びを露わにします。
こうなると少年が気持ちいいかなどは完全にお構いなしで
繋がったままノンストップで何度も何度も精液を絞り続けます。

最後の一滴まで搾り取って気絶させるくらいにハードなプレイですから
最近の作品に物足りなさを感じている方も十分に満足できるでしょう。

「自分がどんな罪を犯したか それを悔いながらイキ果てるのです」
前2パートとは対照的にブラックなイメージの強い最終パートは
王国の反乱分子を拷問する形で精液を絞り続けます。

拷問ですから一切の容赦はありません。
それこそ精根尽き果てて干からびるまで射精させられますから
ハードなプレイが好きな方はここが一番興奮できるでしょう。
かなりドM向けな内容と言えます。

射精回数は最低でも15回。
SEXシーンで挿れたまま連続中出しをするため多めになっています。
フェラや手コキでもきちんと時間をかけて射精させていますし
抜きどころとなるシーンは多いのではないかなと。



ストレートに抜かせてくれる作品
それなりに抜ける作品という印象を受けました。

ド淫乱なイオニアが己の快楽を満たすためにひたすら男を求めます。
目の前で平然とオナニーをしてイク姿を見せつけたり
おまんこを顔の上に乗せて刺激を楽しんだりと
彼女はその底なしの性欲で数多くの痴態を聴き手に見せてくれます。

イオニア役の大山チロルさんの演技も安定感があっていいですね。
表の顔と裏の顔、このあたりの演技分けがしっかりとされています。
特にイク直前の喘ぎ声や息遣いにかなりのエロスを感じました。

エッチはもっと色々と書けるくらいに優れています。
イオニアの口調、セリフ、淫語の使い方やタイミングなど
それらすべてに聴き手を楽しませたいとする意図が見られます。

なんというか、ただエッチとして決められたプレイを進めていくのではなくて
抜き場となる絶頂シーンで「抜かせよう」とするパワーを感じました。
言葉にするのがちょっと難しいのだけど、そういう雰囲気があります。
淫語大量、喘ぎ声とちゅぱ音は多めです。

注意点としてはシナリオ3に金的シーンがあります。
手のひらでひっぱたく感じで、踏んだり握りつぶしたりはしません。
少年が失神することもないし比較的ソフトな部類でしょう。

CV:大山チロルさん
総時間 1:44:24


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の評価は8点。
コスパで+1してあります。

大山チロルさんの声を久しぶりに聴いた気がします。
今はほとんどゲームに出られているみたいですし
もうちょっとこちらでも活躍していただければなぁと。