人間椅子催眠

サークル「ボイスワールド」さんの催眠音声作品。

本作品は人間の形をした椅子「人間椅子」にエッチな事をされる
なかなか珍しいシチュが楽しめます。
リアルの人間椅子はSMに使われる用語で
奴隷を四つん這いにして、ご主人様がその背中に座って楽しむそうです。
世の中には本当に色々な趣向がありますね…

作中ではこの人間椅子に抱きすくめられるような形で座ります。
椅子と言っても姿かたちは女性そのもの。
女性ならではの柔らかさ、温かさを感じながら心身の凝りをほぐしていきましょう。



女性に包まれる気持ちよさ
人間椅子とエッチな事をするお話。

「あなたは今 椅子あるいはベッドの上で 横たわっています」
ナレーターのお姉さんは淡々と話すかっこいい声の女性。
最初の7分ほどは彼女の進行によって
主人公がどういった形で人間椅子と出会うかが綴られています。
実際は出会うというか運ばれてくるわけですが。

「椅子専門の鍛冶職人 フェイカーさんに作られた 人間の姿をした椅子です」
人間椅子は言語を話せるし体温も持っているまさに人間そのものの椅子。
声はナレーターと同じで、主人公に早速座るようにと促してきます。

座る時の体勢は彼女が椅子に座っている姿勢になって
その上に主人公が座るような感じです。
人間椅子が空気椅子状態になるわけですが、椅子だから平気なのでしょう。

催眠はおよそ14分30秒。
まずは深呼吸をしながら人間椅子の柔らかさや温かさをイメージします。
お尻から伝わる太ももの感触や、背中に当たるおっぱいの弾力など
挿し絵のような肉感のある女性に、後ろから抱きしめられる感覚を思い浮かべましょう。

「いいですね 今から私が 体をゆっくりとほぐしていきます」
人間椅子は後ろから主人公の肩を揉み始めます。
「とんとん とんとん もみもみ」と擬音語を発しながら丹念に揉みほぐす声を聞きながら
電動マッサージチェアあたりに座っている感覚をイメージしてみてください。
イメージに浸れば浸るほど、体の凝りやストレスが少しずつ抜けていくはずです。

さて、心も体もリラックスしたし、催眠にかかる準備が整いました。
ですが、残念ながらここで催眠は終わってエッチに突入します。
催眠にとって肝心な暗示をかけてもらえないため、催眠効果はごくごくわずかでしょう。



背後から襲い掛かる快感
エッチシーンは18分30秒ほど。
プレイは登場順に皮むき、亀頭責め、耳舐め、オナニー、SEX(騎乗位)、手コキです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありとなしを選択できます。

本作品のエッチは最初の皮むき~オナニーが共通で
そこから騎乗位SEXと手コキのどちらか一方を聴き手が選択します。
時間は共通パートが11分、騎乗位が5分、手コキが2分30秒です。

「ご主人様 なんだかくねくねして とっても可愛いですよ」
勃起した主人公のおちんちんを慰めるために
人間椅子は後ろからそれに触り、一気に包皮を剥くと亀頭を刺激し始めます。

人間椅子に後ろから責められるシチュを利用して
ここでは見えない位置からの予測できない責めを意識させるように進めています。

「おちんちんシコシコされながら 耳をいっぱい舐められてるね」
特に耳を舐められるシーンは音が片方だけになりますから
右→左→右と適度に動く声にゾクゾクっとするかもしれません。

「そのビンビンになったあなたのペニスを 私のあそこに挿入します」
唯一の例外が騎乗位SEXで
ここだけは彼女を上に座らせて主人公が下から突き上げていきます。
人間椅子にも性感帯はあるらしく、甘く切ない喘ぎ声が興奮を盛り上げてくれます。

ちなみに、手コキシーンは主人公のオナニーに彼女が手を添える形ですから
プレイとしてはセルフに当たるでしょう。



催眠音声として見るには厳しい作品
前作「ヒプノスレーブ ~Mへの覚醒~」は割とまっとうな催眠だっただけに
今作の内容はただただ残念でなりません。

催眠はリラックスさせるところまでは良いと思うのですが…
以前別の作品でも書かせていただいたように、リラックスだけでは催眠にはなりません。
そこから術者が何らかの暗示をかけて、聴き手をそうなるように少しずつ誘導していく。
そこまでやってこそ初めて催眠音声として成り立つわけです。

このシチュだと例えば女性の柔らかさや温もりに包まれることで
心地よい気分に浸るように入念に誘導して、背後からの愛撫と耳舐めで感度を上昇。
そこから彼女に後ろから見られながらのオナニーに持っていったり
騎乗位や手コキでもうちょっと刺激を強くしてドライを狙うとか。
色々とやり方はあると思うのですが、とにかく流れが欲しいかなと。

エッチはフィニッシュを選択できるのがいいですね。
ドライとセルフを聴き手の気分で決めることができます。

人間椅子に半ば拘束されるような形になりますからややM向けですが
雰囲気はかなりあまあまで落ち着いて楽しめます。
個人的にSEX時のましろさんの喘ぎ声にはグッときました。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はごくわずかです。

総合的に見ると、催眠音声としてはうーん…な作品です。
人間椅子というテーマは素晴らしいと思います。

CV:紗藤ましろさん
総時間 導入…32:54 騎乗位編…10:58 手コキ編…8:09


オススメ度
■■□□□□□□□□ 2点


体験版はこちらにあります