癒やしのサキュバス!

サークル「音撫屋」さんの同人音声作品。

音撫屋さんの10作目に当たる本作品は「癒魔(いやしま)」が登場する人外モノです。
癒魔は名前の通り様々な方法で癒しを提供してくれるサキュバス。
サークルさんが得意とされている耳かきと
今回は大量のちゅぱ音で聴き手の心身の疲れを吸い取ってくれます。

前作「おやすみボイス4 静流編」に比べて耳かきのノイズが大幅に減っていたり
ストーリー面に立場逆転の要素を盛り込んだりと
耳かき音声としての正当なパワーアップに加えて
キャラクターの個性も感じる興味深い作品と言えます。



疲れを食料としている珍しいサキュバ ス
癒魔に耳かきやエッチな事をしてもらうお話。

「よう 起きたようだな 体は起こすな 疲れているんだろう?」
癒魔は態度は鷹揚だけど可愛い声の女の子。
人間の精気を吸い取るサキュバスとは逆に疲労感を食べる悪魔で
日々の疲れが蓄積した主人公を見つけると早速癒しに取り掛かります。

癒魔はキャラとしてはロリババアに近い感じでしょうか。
物腰は大人びているんだけど、声が可愛いから素直にそう思えない。
そんなギャップが魅力となっています。

「では お前の耳を いただくとしよう」
最初のサービスは耳かきで、時間は20分ほど。
事前に入念に両耳を舐めて耳垢を取りやすくします。
ちなみに、膝枕ではなく仰向けに寝かせて行います。

「人間の耳かき棒でも綿棒でもない サキュバスならではの道具」
耳かきは専用の道具ではなく癒魔の尻尾を使って行います。
「サス ソリ ススリ」と滑らかさを感じる効果音が使われており
一定方向にただリズミカルに動くのではなくて
時折方向を変えながら全体を大きく撫でたり小刻みにこすったりと
変化に富んだ様々な音を聞かせてくれます。

質感の違いを出したかったのか、よく聞く耳かき音とはややタイプが違いますが
力強さはありますから十分すぎるほど耳に伝わってきます。
実際どんな音かは体験版でご確認ください。
また、耳に息を吹きかける際も「ぼぼぼぼー」と耳を叩く音が心地良いです。

「耳のふちに生えている産毛を 根元から刈り取ってやろう」
耳かきの後に耳毛剃りのシーンがあるのは珍しいですね。
「ジョリ ゾリ」と金属でこすっているようなやや尖った音が耳に伝わってきます。
床屋で顔を剃られる際の音のように、若干ざらついているのがリアルさを感じます。

ここ最近の耳かき音声の氾濫っぷりを考慮してか、やや変化を加えた耳かきです。
尻尾で行うのはそもそもサキュバス自体が架空の存在だから問題を感じませんし
やってる事も耳かきを大きく逸脱しているわけではありませんから
十分有りなプレイだと私は考えています。
耳舐めを意識的に多くしているのもポイントです。



癒魔を癒 してあげよう
エッチシーンは4パート47分間。
プレイはキス、全身舐め、耳舐め、フェラ、SEXとなります。
SEXの際に音量を抑えたリアル目なピストン音が鳴ります。

「ここはとても疲れがたまりやすい場所だからな たっぷりと癒しを与えてやろう」
今度は主人公の体全体を癒してあげるために
肩や腰など疲労の蓄積しやすい部位を唇と舌でマッサージしてくれます。

先ほどの耳かきパートでもそうなのですが
本作品はちゅぱ音を思う存分聴けるのが最大の特徴です。
全編合計でおよそ40分間と、とんでもないボリュームになっています。

特にシーン4と4-2は本当に耳舐めだけを楽しんでもらうために
セリフが冒頭に少しあるだけでそれ以外は全てちゅぱ音という
まさにちゅぱ音づくしの内容です。

もちろん聴きどころはちゅぱ音だけではありません。
最後のSEXシーンではちゅぱ音の量をほどほどにして
癒魔が快楽に乱れる様子を聴くことができます。

「くそう 人間に負けるわけには はぁ はうっ」
色々と彼女に癒されたおかげか、ここでは元気を取り戻した主人公が
積極的に責めることで逆に彼女を癒してあげることになります。
いわゆる立場逆転ってやつですね。

「き 気持ちいい すごい お前のチンポ すごい」
Sが責められるのに弱いように、彼女も癒されるのに慣れていません。
人間から受ける初めての癒しの攻撃に戸惑いながら、彼女は可愛い喘ぎ声を上げます。
普段が落ち着き払っているからこそ、その乱れっぷりがたまりません。

順当に癒魔がスッキリさせて終わりかな?と思いきや
最後にちょっとしたドラマを入れてストーリーに変化を与えています。
絶頂回数はフェラとSEXの2回です。



ちゅぱ音中心だが、それ以外にも光る部分がある作品
元々ファンから「ちゅぱ音いっぱい聞かせてくれー」と要望があったそうで
それに応えるようにちゅぱ音が大量に盛り込まれています。

基本的にはサークルさんの作風である癒しを前面に押し出した無難な作りですが
キャラやプレイにちょっとしたスパイスも入っています。
ファンはもちろん満足するでしょうし
一つの耳かき音声としてもきちんとした個性を持ってると言えます。

耳舐めトラックは片方ずつ聴くもよし、おまけの両耳バージョンを聴くもよしと
色々と聴き手に配慮した作りです。
個人的にはやはり両耳でしょうか。
左右から不規則に舐められたり息を吹きかけられるのは気持ちいいですから。

音撫屋さんらしい安心して聴ける作品と言えます。
お値段も時間に対して十分安いですし
耳かき音声にマンネリを感じている方にはちょっとした刺激になるでしょう。
ちゅぱ音大量、淫語と喘ぎ声はそれなりです。

体験版は3分ほどをダイジェストで聴けます。

CV:鹿乃仔さん
総時間 1:15:59


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります