腕輪2~射精管理~

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの催眠音声作品。
前作「腕輪~bracelet~」の続編と言うよりは類似作品に近い音声です。

本作品は一般的な射精管理系作品と決定的に違う部分を持っています。
それは本当に最後まで徹底的に射精をさせてくれないことです。

なんだかんだで「しょうがないわねぇ」といった感じで結局は出させてくれる
そんな甘い顔を今回のご主人様はしてくれません。
だから射精管理よりは射精禁止と言ったほうがわかりやすいと私は思ってます。



暗示のみで構成された極めてシンプルな催眠
お姉さんに心を操られ、徹底的に射精を管理されるお話。

「あやしいお姉さまに捕らえられて おちんちんを犯される」
お姉さんはあやしい雰囲気を漂わせる、落ち着いた声の女性。
2人の関係など諸々の背景は「夢の中の出来事」の一言で済ませておいて
早速彼女の言うことをイメージしていきます。
声質は前作とほぼ同じですね。

催眠はおよそ23分間。
まずは特に何かをするような指示は出されず、ただぼーっとするように言われます。

「声は 無理に聴こうと意識しなくても 自然に耳に入ってくるわね」
お姉さんはその声に意識を向ける必要すらないと言います。

何もしていない状態で声だけが流れてくると
どうしても声を意識してしまうものなのですが
なんというか、「聴くぞー」という風に身構えさえしなければいいと私は考えています。
「ああ、なんか聞こえてるねぇ」といったところでしょうか。

逆に「聴いてはいけない、意識してはいけない」と反発的な考えを起こす方が
むしろマイナスに働いてしまうでしょう。

「私の声はとても気持ちがいい 気持ちがいいから聞いてしまう」
声が聞こえている環境に慣れさせた後、徐々に主人公をその虜にしていきます。
実際お姉さんはやや囁くような柔らかい話し方をしますから
その音を聞いているだけで、心がほぐれていくのを感じるはずです。

やっぱりふぁんさんは催眠音声の演技がうまいですね。
声の強さとかが非常に催眠を意識しているように思われます。

「ただ 何も考えず私の言うがままにするだけ それが一番気持ちいい」
そしてとどめは声への隷属化です。
彼女の声は気持ちいい、気持ちいいからその声に従ってしまう。
そんな順を追っていくような形で、流れるような暗示を繰り返します。

このように、暗示だけで聴き手を催眠へと引きずり込んでいきます。
合間にカウントダウンをするなどの刺激が一切ありません。
かける暗示の内容も「声が気持ちいい」「気持ちいいから従いたくなる」これだけです。
暗示の種類を絞りに絞って、それを表現を変えながら重ねて何度も言う。
シンプルであるからこそ厚みが生まれ、非常に強力になるのです。



ずっとずっともどかしい感覚
エッチシーンは20分間。
プレイはおちんちんを握りしめるだけです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「そのおちんちん 私が管理してあげるわ」
催眠によって主人公の心を束縛したお姉さんは
彼のご主人様として、おちんちんの管理を始めます。

プレイは自分でおちんちんをぎゅっと握りしめ
まったく動かさずに手から伝わる僅かな快感を感じながら
ご主人様の罵声を浴びることになります。
本当に握るだけで、こすることすら一切許されません。

触るところまでは許す所がご主人様の意地悪さを感じますね。
微弱な快感を継続して与えていくことで
主人公をより強い快感が欲しくなる、とてももどかしい気分へと追い込んでいきます。

「皮の隙間にこびりついた白いカスが とっても臭いわね」
さらに追い打ちをかけるように、ご主人様は心の方も責め始めます。
横柄な態度を取り、見下すような声でおちんちんを貶してくれますから
M度が強ければ強いほどより興奮できるでしょう。

「おちんちんに溜まった性欲を一気に脳に吸い上げて お前の頭の中を
快感でいっぱいにしてあげる」

フィニッシュは射精をせずにドライっぽい形で迎えます。
ただ溜まった性欲を体中に分散させ、その感覚に浸る感じですから
射精やドライのような解き放つ形の快感とは方向性が違います。

これといって絶頂するように言われることもないため
初めて聴いた際は戸惑うかもしれません。



脳がとろとろになる感覚を味わえる作品
催眠が非常に洗練されている作品です。

余計な部分を削ぎに削いだ無駄のない作りにはため息が出てしまいます。
すくりぷさんは暗示の組み立てが得意なサークルさんですが
まさか本当に暗示だけで催眠をここまで見事に作り上げてしまうとは…
ずぶずぶと底なし沼に飲まれていくような感覚が味わいやすいです。

「Simple is best」
この言葉を体現したような催眠です。
聴いている間中、ただただ唸るばかりでした。
初心者が聴いても大丈夫でしょう。

エッチは方向性は面白いものの、やや消化不良な感もあります。
催眠にかかる気持ちよさはもちろん大事ですが
その先にある性的欲求もきちんと満足させて終わらせてほしかったです。
淫語それなり、ちゅぱ音少々、喘ぎ声無しです。

催眠は満点、エッチは私にはちょっとしっくりこなかった点を総合して
以下の点数とさせていただきました。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 45:20


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります