inside of silence -静寂の中、キミを想う-

サークル「欲望の塔」さんの同人音声作品。
前作から実に2年ぶりとなる、同サークルさんの最新作になります。

欲望の塔さんはこのところゲームやノベルを発売されており
「音声作品はもう作らないのかな?」と思っていただけに、今回の発売は嬉しく思います。
シチュにこだわっているところが結構好きだったサークルさんなもので。

今作のテーマは「寝取られ+逆寝取られ」
所謂NTRってやつです。
ゲームでは寝取りとセットで一つのジャンルとして確立されていますが
音声作品ではそれほど作品数は多くありません。

主人公が挿し絵の女の子にどのような形で寝取られるのか
その状況を短時間ながらも綿密に描いているのが売りです。

※寝取られは彼女が他の人に性的に奪われてしまうこと。
逆寝取られは性別が逆転して、男性が奪われる側に回ります。



欲しいものはすべて手に入れる
生徒会長の白鳥静香に寝取られるお話。

「ごきげんよう なかなかいい眺めですね」
静香は丁寧な物腰のお嬢様。
主人公のことが大好きな彼女は
自分のテリトリーである生徒会室で主人公を拘束し
様々な手段を使って彼を自分のものにしようとします。

作品のタイトルが「静寂の中」となっているように
物語は比較的物静かな雰囲気の中で進められていきます。
静香のキャラは終始お嬢様のままで、激昂したりすることもありません。

「告白したのはあなたから 今日から数えて34日ほど前ですね」
しかし、興味の対象への執着心は恐ろしいほどに強く
主人公自身のキスやSEXの経験などはもちろん
付き合っている彼女に関する情報までをきちんと仕入れ、研究しています。
完全にストーカーレベルですね、これは。

本作品の聴きどころは当然
「静香がどのような形で主人公を堕とすか」
ここになります。

彼女は圧倒的に立場が有利であることに加えて、堕とせることを確信しているのでしょう。
決して焦ることなく、むしろ逆に主人公を焦らすのを楽しむかのように
ゆっくりと落ち着いて準備を整えていきます。



大切なものを目の前で奪われる絶望感
エッチシーンは4パート合計で26分ほど。
プレイは薬の塗布、キス、SEXとなります。

薬を塗る際や挿入、ピストンなど音が鳴りそうなシーンで効果音が流れます。
音質はリアルな方ですが、音単体の時間が短いため
何度もループさせているように聞こえるのがちょっと残念。

「あなたのために 特別な薬を用意させていただきました」
言葉による説得をあっさり拒絶された静香は
実力行使の手始めとして、特別な媚薬を使って心を揺さぶろうとしてきます。

内容が逆寝取り、かつ強引にいかないタイプなため
状況説明や2人のやり取りを中心にプレイは進められていきます。

「あなたの正面にあるディスプレイ この画面を御覧なさい」
一番のポイントは、主人公の彼女である高野ユキが登場することでしょう。
2人はまだ付き合い始めたばかりですから、お互いを強く想っています。
だからこそ、その絆が崩れたときの心へのダメージは計り知れません。

「天井に向かって反り返っているペニスから 彼女への思いを
ゆっくりと搾り取ってあげますわ」

順序としてはユキが寝取られた後、絶望した主人公も寝取られることになります。

大詰めのSEXシーンでは、完全に気力を失った彼への最後の仕上げとして
騎乗位の形で静香がおちんちんを飲み込みます。
その際に彼女が発する勝ち誇ったような笑い声がたまりません。
そして最後の最後、彼女の膣内に精液を放った時に
背徳感が一気に押し寄せてくるのを感じることでしょう。

このように、静香に大切なものを一つずつ奪われてしまう
ブラックな要素のやや強いエッチを聴くことができます。



NTRモノとしては入門用な作品
ストーリーのとてもしっかりした作品です。

静香のものになることを強硬に拒んでいた主人公が
少しずつ突き崩され、やがて堕ちていく。
その流れが非常にわかりやすく、そして興味深く描かれています。

敢えて入門用とした理由は、ユキの扱いが意外にソフトだったから。
NTRにあまり触れていない方ならこの内容でも十分ですけど
慣れている方が聴いたらおそらく物足りなく感じるでしょう。

エッチは薬を塗りたくりながら心を責めるシーンがメインですから
やはり雰囲気を楽しむ感じになります。
合間に乳首やおちんちんに軽く触れるシーンを挟むことで
主人公を焦らしに焦らしているところがとてもいいですね。

価格も35分で300円ならかなり安いですし
ブラックな作品に抵抗のない方なら、買って損をすることはまずないでしょう。

CV:長月あいりさん
総時間 36:28


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります