前回は催眠音声を聴いている最中の心構えを書きました。
今回は一度聴いた後のお話になります。



4 同じ作品を何度も聴いてみよう
前編で「催眠にうまくかかるには熟練度が必要」と書きましたが
この熟練度を稼ぐにあたって
別に数多くの作品を聴かなければいけないわけではありません。
同じ作品を何度も繰り返し聴くことでも確実に蓄積されていきます。

もちろん、色々な作品を聴くことでも経験は得られますが
無料の作品だと品質にばらつきがありますし
有料の作品だと経済面での負担が増加してしまいます。

個人的に同人音声は安くお手軽に体験できるのが利点だと思うので
最初はいくつかの作品を手に入れたら
それを回しながら2、3回は聴いてみることをお薦めします。

次に聴くまでに空ける期間は人それぞれですが
私は1~2週間くらいが丁度いいと思います。



作品の流れを知っていれば、その流れにも乗りやすい
催眠にうまくかかるには、作品の流れを掴むことが大事です。
再度聴いた場合は、次にどういった展開が待ち構えているかがわかりますから
その流れに乗るのが初回に比べると簡単になります。
「事前に心の準備ができる」これは結構大きな利点だと思います。

もちろん、初めて聴いた時の驚きは良いものですが
ラピュタのバルスみたいに
来る、とわかっていて身構えるのもこれはこれで楽しめます。
特に一気に落ちる系統の作品などは、この効果が非常に大きいと言えるでしょう。


以上、思ったより長くなってしまいましたが
自分なりに注意した方が良いと思う部分をピックアップさせていただきました。
「催眠音声って何?」などの本当に根本的な部分については
他のサイトで数多く取り上げられているため、ここでは敢えて触れません。

次回は本当の初心者さんをターゲットに
「催眠音声の一作品目として、具体的にどれを聴けば良いか」について
きちんと理由などを添えて説明していきます。