強気でかわいくてアニオタな風紀委員の耳かき

サークル「めがみそふと」さんの同人音声作品。

以前紹介をさせていただいた
強気でかわいくてアニオタな風紀委員」の続編にあたる作品で
タイトルの通り、耳かきをメインに扱っています。

「お前また耳かきかよ!」と怒られそうですが
最近まったく扱っていなかったおかげで、作品が結構増えてまして…
もう単品でコーナーを作れそうなほどに多いですよね、耳かき。

本作品は総時間が2時間を超えるほどの長編で
かつ、耳かきがその内の大部分を占めています。
シーンも2つあり、ややぎこちなかったり、洗練されていたりと
とにかく耳かきをたっぷり楽しめるのが特徴です。



大ボリュームの耳かきパート
恋人の風紀委員フー子に、耳かきやエッチな事をしてもらうお話。

「一秒でも早く 貴様に会いたかった だから放課後部まで走ってきた」
フー子はやや堅苦しい言葉を使う女の子。

性格は簡単に言うとアニメ好きなツンデレで
同じくアニメが好きな主人公と意気投合して最初友達になり
徐々にお互いを知ることで距離が縮まり、その結果結ばれました。
今回はその後のお話となっています。

続編ですから前作を聴いていた方が楽しめるのは当たり前ですが
聴いていなかったとしても、そこまで問題はありません。
ただ、本作品のフー子はもうデレ期に入ってしまっているので
ここから聴き始めた場合、あまりツンツンした要素は感じないかも。

またフー子はアニオタですから、当然作中にはアニメの話題が登場します。
今回は「僕は友達が少ない」と「惡の華」を知っていれば尚楽しめるでしょう。
もちろん、知らなかったとしても問題はありません。

本作品の売りはもちろん耳かきです。
その耳かきは大きく2つのパートに分かれており
前半20分、後半37分と実に1時間に及ぶ大ボリュームとなっています。
ここまで長い耳かき作品は、他に聞いたことがありません。

「耳かきだ これで貴様の耳掃除をしてやろう」
前半は恋人としての役目を果たそうとするフー子が
ふと部屋に耳かきがあったのを思い出し、主人公にしてあげることになります。

耳かき音は紙をなぞっているような、やや柔らかめの音です。
音自体はリアルっぽくはあるものの、音の位置が耳ではなく中央に近いため
どちらかというと、耳でなくて首筋をなぞられている感覚を受けます。
耳かき音声をそれなりに聴いている方だと、おそらく物足りなく感じるでしょう。

「ようこそ 私の耳かきコースへ 今日は日頃の疲れをゆっくり癒してやる」
後半はフー子が耳かきについて勉強をした後
耳かき専用の器具を使って行うことになります。
前半は前座で、こちらが耳かきでのメインパートとなります。

こちらは2種類の綿棒を使うなど、お店のサービスに近い形式で
耳かき音も力強い、まさに「彫りの深い音」であるため
耳にゾワゾワと、心地よい感覚を与えてくれるでしょう。
ただ音の位置は若干耳寄りになったものの、まだ中央に近い気がします。

正直なところ、前半を聴いた時は残念に思っていたのですが
後半は十分満足できる内容と言えます。
もしこれを演出としてわざとやっていたのならば、「お見事」と言いたいです。



軽く苛めるようなラブラブエッチ
エッチシーンは合計で27分30秒ほど。
プレイはキス、手コキ、フェラになります。
効果音は手コキシーンにのみ
ほどよい粘度の、ややリアルなくちゃ音が流れます。

「おちんちん むずむずして変なのか? お姉ちゃんに見せてみろ」
後日、ふとしたことで主人公が姉好きであることを知ったフー子は
ちょっと意地悪な感じのお姉ちゃんとして、エッチなご奉仕をしてあげます。

エッチのメインは、およそ15分間に及ぶフェラシーンになります。
ここでは立て続けに3連続で口の中に射精する、激しいフェラが楽しめます。

「姉として まだまだ軟弱おちんちんを 鍛えてやらねばならないようだな」
ここではいつもの対等な関係から打って変わって
フー子が上位になって一方的に責め上げるのがいいですね。
フェラ音もちゅぱちゅぱ舐めるようなソフトなものではなく
すすったり、吸い付いたりと大きな音をまき散らすいやらしいタイプです。

特に3回目のラストで行われるバキュームフェラは圧巻で
精根尽き果てるまで搾り取られるかのような
容赦のない責めが繰り広げられます。

本番が無いことだけが残念ではありますが
次回作に続くような流れも匂わせている事から
おそらくそちらで聴くことができるのでしょう。



耳かき音声としては成長途中な作品
めがみそふとさんの売りであるストーリーを中心に
今流行の耳かき、そしてエッチと美味しい所を色々備えている作品です。

主人公とフー子のややぎこちなく、初々しいやり取りは
恋人になったばかりの若者そのもので
きっと青春時代を思い出させてくれるでしょう。

愛する人のためだけに、耳かきの勉強をするフー子も健気で可愛いです。
シナリオ重視の方ならまず買って損はしません。

耳かきは長時間かつ段階を踏んで行われるなど練られており
耳かき音自体も、前半と後半できちんと別の音を使用するなど
サークルさんがかなり考えて作られている様子が窺えます。

ただ、音の位置取りが不完全であったりと
まだ改善の余地がある部分も見られます。

エッチは前作経験者から見ると、ちょっと違ったテイストで楽しめました。
手コキシーンで、射精音をセリフとして言ってくれるところもポイントです。
ややM向けのプレイではありますが、雰囲気は非常に甘いので
属性的にはノーマル向けでしょう。
ただあくまでメインは耳かきですから、そのへんはご注意ください。

CV:里村いのりさん
総時間 2:13:20


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
非常に個人的な好みを言わせていただくと
前作ではシーンの最後に必ずといっていいほど登場した
「~を忘れてる? …すまん」
このフー子のおっちょこちょいな一面を見せてくれるセリフが
今作では1回だけとなっていました。

お約束のセリフとして結構気に入ってたので
次回作の際にはもっと登場させていただければなと…