クールなメイドさんとエッチな勉強会

サークル「R&W」さんの同人音声作品。
同サークルさんの作品は「お風呂の神様!? 結衣のご奉仕!」以来
およそ3か月ぶりの紹介となります。

筆やオナホといった、音声作品ではマイナーな
道具を使ったプレイが聴けるということで選んでみました。

それ以外にも、登場するメイドが処女という設定のおかげで
手馴れた、というよりはぎこちない感じの
なかなか初々しいエッチが楽しめるのも特徴的です。



とても仲の良い主従
坊ちゃまがメイドさんに、エッチの手ほどきを受けるお話。

「ああ 坊ちゃま お帰りなさいませ」
メイドさんはクールと呼ぶにふさわしい、落ち着いた声の女性。
小さい頃から坊ちゃまに様々な事を教えており
その一環として、今回は「女」を教育することになります。

本作品は、年上のメイドが少年に性教育をするということで
言ってしまえば、割とありふれたお話と思われるかもしれません。
ただ他のメイドモノと比べると
その関係は主従というよりは、むしろ姉弟に近い形でやりとりが行われます。

確かにメイドさんはタイトルの通り、基本的にはクールに振る舞います。
「それはあれですか? 私の胸の触り心地にご満足頂けなかったと?」
でも、このように所々で意地悪な事を言って反応を見たり
「それにしても坊ちゃま 触り方が とっても…エッチですよ」
坊ちゃまをからかってみたりと
声とは裏腹に、とても人間味あふれるキャラになっています。



エッチの時は女の子として
エッチシーンは合計でおよそ48分。
プレイは乳揉み、手コキ、筆プレイ、オナホプレイ、キス、SEX
やや珍しいラインナップです。

プレイ時には手コキなど、くちゃ音の発生するポイントで
立体的かつリアルな効果音が流れます。
ただし、射精音だけはありません。

「女性というものについて 私が手とり足とり 坊ちゃまに叩き込んでしまおうかなと」
「エッチな勉強会」の名の通り、メイドさんが教えるという形で
坊ちゃまが様々なプレイを経験することになります。

冒頭でも触れたとおり、本作品のメイドさんは処女です。
一応メイドさんが教えるという形が採られてはいますが
彼女自身も実戦経験がないため
この勉強会を通じて「男」を学んでいくことになります。

このへんはなかなか珍しいですね。

最初の3パートは、勉強会とい名を借りて
メイドさんが坊ちゃまを、色々な方法で責めてくれます。
その中でも一番特徴的なのは、やはり筆でのプレイでしょう。

「ほーら おつゆと唾で べとべとの筆の完成です」
メイドさんは、まだおちんちんの感じる所をよくわかっていません。
そのため、なんだか楽しそうな様子で
探っているかのように、おちんちんを撫でまわします。

ここだけはちょっとメイドさんが苛めているような雰囲気になるので
Mの方ならかなり楽しめるでしょう。
唾液音や水音も適度に流れますので、十分興奮できます。

そして最後のパートですが
ここだけは立場が完全に逆転し
坊ちゃまがメイドさんを責めることになります。


「私のおっぱいが 坊ちゃまの おもちゃにされています」
もはや主従という立場は完全に消え去り
普通の1人の女性として、メイドさんは坊ちゃまの「男」を受け入れます。
普段のクールなキャラとはまったく違う、可愛いメイドさんがたまりません。

このように、様々なタイプのプレイが楽しめるようになっており
エッチのクオリティはかなり高い方と言えます。



とてもバランスの良い作品
坊ちゃまとメイドさんのやり取りは、割とコミカルで楽しめますし
エッチにもかなり力が入れられています。

内容的には若干M寄りではありますが
雰囲気が終始あまあまであるため
ノーマルな方が聴いても問題はありません。
総合的に見て、オールマイティな作品と言えるでしょう。

エッチについては、最後のパートはキスシーンがやや長いので
キスが好きな方にも、割とお薦めできます。

やっぱり割とメジャーなジャンルであるからか
サークルさんが聴き手を飽きさせないために
色々と工夫されて違いを出している様子が、私には感じられました。

CV:野上菜月さん
総時間 1:01:59


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります