立体音響!ご主人様の命令は絶対です!?

サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。
当サイトでは4作品目の紹介となります。

過去に紹介をさせていただいた作品は
いずれも主人公より年上の、いわゆるお姉さん系でした。

本作品は主人公より年下ということで
演者の伊ヶ崎綾香さんが、より若々しい感じの演技をされています。
「立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!」は年齢的には若いのでしょうけど
子供をあやすような接し方をするため、一応年上に分類しています)

もちろん、売りである音声のリアルさも健在で
特にプレイ中はセリフを極端に減らすことで
聴き手が「音」そのものを、十分に楽しめるように作られています。



純情さの残るメイドさん
メイドさんがちょっと意地悪なご主人様に
エッチな事をされてしまったり、逆にしてあげたりする作品。

メイドはちょっぴり幼さの残る可愛い声の女の子。
メイドとしての責務に非常に忠実で
ご主人様の命令は、基本的には絶対だと思っています。
その彼女がある日ご主人様に
ちょっと困った命令をされるところから物語は始まります。

メイドさんはとても健気な性格で
たとえご主人様がエッチな命令をしてきたとしても、従ってくれます。

ただ「はい、かしこまりました」と言って、すんなり服を脱ぐわけではなく
「確かに私はご主人様専属メイドで どんなご命令にも
従わなければいけないのですが…」

まずは気持ちの整理をするかのように、言葉を区切りながら確認します。

そして、どこかもじもじとしている様子で
ごく普通の女の子として、恥ずかしがります。


この仕草がとても可愛くて、魅力的で
物語の中に、ぐっと引きこまれていくものを感じます。



セリフは最低限に、ちゅぱ音を大いに堪能できるエッチ
前置きはほぼ無く、全編の49分間がエッチシーンになっています。

プレイの内容は下着披露、指マン、おもちゃを使ったプレイ
フェラ、パイズリフェラ、SEX、耳舐め
と多岐にわたっています。

「スカートをめくって ご主人様に 下着を…お見せしています」
ご主人様が若干意地悪な性格なおかげで
ウブなメイドさんに恥ずかしい思いをさせようと
上に書いたプレイ以外にも
ちょっと珍しいプレイを聴くことができます。

エッチでの特徴としては、特にちゅぱ音が発生する場面で
セリフを極端に減らし、音を集中して聴けるように作られています。

音声作品ではフェラシーンなどで、状況説明ということで
「先っぽを、こうやって…」など、舐める部位を女性が言うことがよくあります。
しかし、本作品ではストーリー上のやり取り以外は
そのようなセリフはあまり登場しません。

じゃあ、どういう状況なのかよくわからないのかというと、そうではなくて
声に遠近感を持たせたり、リアルな効果音を入れることによって
聴き手にきちんとわかるようになっています。

具体的には、フェラの時は中央のやや遠い位置から聞こえますが
耳舐めの時は一気に声が近づき
本当にすぐ側にいるかのような至近距離の音が
対象の側からのみ聞こえてきます。

メイドさんの演技も素晴らしく、極力キャラを崩さないようにと
エッチではやや抑えた、消え入るような切ない声を上げながら
ご主人様に一生懸命尽くします。


特に印象的だったのが、フェラの後に精液を飲むシーンで
大量に吐き出された精液を舌に乗せながら
「ほひゅひんさま いっぱいらしすぎです」
このように、うまく舌が回らないような様子で話してから、一気に飲み込みます。



音で語り掛けてくる作品
良い所を挙げたらきりがないほどに、様々な部分が優れている作品です。

その中で一番を決めるとすれば
シロクマさんということで、やはり「音」だと思います。

とにかく音にこだわっていて、効果音一つをとっても
他のサークルさんの作品と比べて、頭一つ抜けているものを感じます。

今回はさらにプレイ時のセリフを削ることによって
多くを語らず、必要なことは音で語るような作品になっています。

あくまでプレイ時が、という意味であって
ストーリーすらわからないほど
まったくしゃべらない、ということではありませんので
そのへんはご安心ください。

価格も300円と非常に安いですし
内容的にも万人向けで、誰にでも楽しめる作品です。
今回も満点とさせていただきました。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 49:01


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
満点の作品を見ていると、特に非催眠は
特定のサークルさんに集中する傾向が見え始めています。
もうステマと言われても反論できないかも。

でもやっぱり良いものは良いのです。
むしろ、周りに気をつかって
良いものを良いと言えない場にしてしまうほうが
ずっと罪なことだと思います。