サークル「みじんこ」さんの催眠音声作品。

メトロノームを使った催眠というのが
前々から気になっていた作品です。
聴いてみるとメトロノームを使う割には
音モノではなくイメージの増幅に特化した内容でした。

みじんこさんのレビューはもう5作目。
一応サークルをできるだけ被せないように書いているつもりですが
作品数の多いサークルさんの紹介が多くなるのは仕方ないかなぁと。

どちらかというと、属性とか特徴を被せないように
という方に注意して選んでます。



集中力をつけるお勉強
誠樹ふぁんさん演じる女教師が
集中力の無い生徒に対して、個別トレーニングをしてあげるお話。

先生は礼儀正しくややお堅い感じの声で
いつものふぁんさんの声とはまるで違います。
ふぁんさん好きな方には体験版だけでも聴いてみてほしいですね。

導入は2分頃から始まりまずは深呼吸。
通常のものに加えて、限界まで息を吸って
ゆっくりと吐く大きな深呼吸も行います。
リラックスをすればするほど集中しやすくなる。
先生という設定のため、会話は講義っぽい形で進められていきます。

「集中したいこと以外を 頭の中から締め出す」
先生の声以外の音、例えば生活音や自動車の音などを
極力意識しないようにしていきます。

これができたかできなかったかで
本作品に対する感想は大きく変わるでしょう。

それくらい大切なことであり
先生は何度も同様の内容を言い聞かせてきます。



雑念を払いイメージ力を高めよう
いよいよ本作品の顔である
メトロノームによるトレーニングが始まります。
ゆっくりと目を閉じ、瞼の裏に光点をイメージ。
それをメトロノームの音に合わせて動かしていきます。

「カチッ カチッ」と正確に時を刻むメトロノームの音を聴くと
きっと心が落ち着くことでしょう。

それに慣れた後はカウントダウンをしながら
メトロノームに合わせて数を数えます。
先生の言うように、実際口に出してカウントした方がずっとやりやすいでしょう。

最初は10、最後は100と数は増えていきます。
その間先生はカウントせず、聴き手の集中力を削ぐためお話を始めます。
先生の声をできるだけ気にしないようにして
自分の数を刻んでいくことが大事。

結局は慣れですから、うまくいかなくても気にする必要はありません。

トレーニングの後はちょっとエッチな授業です。
目をつぶり、先生の指が触れている箇所が熱くむず痒くなることをイメージ。
体の上の方から始まって、最後は亀頭をなでなでしてくれます。

5カウントダウンで絶頂の指示。
内容的にやや曖昧ではありますが
おそらくドライの指示だと思われます。

そしてラストは先生とのSEXシーン。
プレイというよりは
プレイしていることをイメージさせるような内容になっています。



集中力を高めるのにいい作品
催眠オナニーをするにあたってどうしても気になる
周りの音や雑念を振り払う練習をするにはもってこいな作品でしょう。

作品の特性上、敢えて集中を妨げるように作られている部分があるため
初心者では催眠状態には入りにくいと思います。
私個人はメトロノームのパートで、体がずーんと重くなったりはしましたが。

ただ本作品で教えてくれる集中のノウハウは
別の催眠音声作品でもきっと役立ちます。


エッチシーンは非常に淡泊で、喘ぎ声や効果音はほぼありません。
興奮できるかどうかはその前にいかにイメージ力を高め
実際のプレイを思い描けるか次第でしょう。
前半の先生にゆっくり焦らされるように
亀頭をいじられるというシチュはいいですね。

それにしてもふぁんさんの女教師版アヘ声、聴いてみたかったなぁ…

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 1:06:22


オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

2018年7月21日追記
再レビューをアップしました
http://doonroom.blog.jp/archives/76893525.html
追記
今回厳しい点数をつけた理由は
作品の長所を生かし切れていないどころか
むしろ潰してしまっていると感じたから。

もっとメトロノームを主軸に据えてスマートな作りにした方が
いい作品になったんじゃないかと思う。