サークル「フルトラ」さんの催眠音声作品。
最近注目されているサークルさんで、先日2作品目を出されました。

でも「ふたりがけ催眠 ドライトレーニング編」はレビューできないだろうなぁ。
色々な事に挑戦してはいるものの、やっぱりアナニーはハードル高いです。
(6/2追記 6/1にレビューを掲載済みです)

先日記事を書いた
「双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~」に似た作品ですので
比較に丁度いいかなと思って選びました。
今回はスタンダードな「導入」→「エロ導入」
→「セルフパート」→「解除」でのレビューとなります。



導入部分はしっかりとした作り
イラストのイメージとは結構違って
やや大人びた凛々しい声の双子が出てきます。
双子モノによくある
左右から語り掛けられるシステムが採られています。

導入は3分頃から始まって、最初は5分ほど深呼吸をします。
「呼吸をするのは 気持ちいいね」
イメージすることを指示しつつ脱力を促します。
これも5分くらい。

それぞれに長めの時間が割かれており
かなり丁寧に作られています。

〆は100カウントアップをしながら
「堕ちる」イメージを増幅させるよう双子に囁かれます。



割とハードに罵られます
エロ導入パートは双子に全身をキスされます。
前パートである程度催眠状態に入っていれば
キスされた箇所に、ゾクッとした感覚を味わえるようになるでしょう。
このあたりから双子が意地悪な側面を見せ始めます。

セルフパートは名前の通り
自分でチンコを握って扱くよう指示されます。
「その手で あなたのアレ 握りなさい!」
強めの語気で命令してくれるので、ややM向けではあります。

また、このパートはとにかく焦らしに焦らされます。
やきもきする方もいるかもしれませんが
従った方がより気持ちよく射精できるでしょう。

「変態! 変態! 変態!」
「気持ちいいって言いなさい!」

その合間に2人に様々な罵声を浴びせられます。
催眠にかかってるからなのか、なぜかこの罵声が耳に心地よい。
最後は10カウントダウンをして終了。
射精の許可が下ります。



初心者向けではあるが
催眠オナニーを始めて3作品目以降に聴いてほしい作品です。

「俺は自他共に認めるMだ」という方なら1作品目でもいいですが
軽く責められるシチュですので
ノーマルな方は、少し慣れてから聴いた方がいいと思うのです。

あとは矢継ぎ早に指示を受ける箇所があるため
経験が無いと催眠が解けてしまうかな?、と。
催眠自体はかかりやすい作品と言えます。

あと、本作品は「Synergism Duet」や「Side Effect」といった
「双子」シリーズとは別系統の作品になりますのでご注意ください。

CV:紗藤ましろさん
総時間 44:00(バリエーションが色々ありますので、あくまで目安です)


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

2016年3月20日追記
再レビューを公開しました。
http://doonroom.blog.jp/archives/55260658.html