サークル「DGらいおん」さんの同人音声作品。
パッと見たときに、やはりこのジト目のメガネっ娘に惹かれました。

正直クール目の声の子なんだろうと思っていたのですが
実際はかなりあまーい声のキャラクターです。

DLsiteの作品ページには
これ以外にも女の子のイメージCGが掲載されていまして
そこにはジト目でないノーマルな女の子の画像もあります。
それを見るとこの声の方が合ってるのかなって思いました。

作品は5個のパートに分かれています。
私は効果音ありの方を聴きました。



1、本を読みながら面倒くさそうに、手こきで性処理サービス(約15分)
ある日、主人公(先輩)が本の貸し出しをすると
「ポイントが貯まったのでサービスを受けますか?」とのこと。

受けると言うと、別の場所へ連れていかれて
手コキのサービスをしてくれます。
手コキは最初片手で→本を読みながら片手で→両手でフィニッシュという流れ。

先輩のモノを触ったときのセリフから
彼女がこのサービスをするのは、先輩が初めてなのでしょう。
「めんどくさい」と言い、ため息をつきながらも
最後まできちんとお世話してくれるのは
彼女なりのやさしさなのかもしれません。

やや淡々とした口調ながらも
「ペニス」や「射精」といった淫語を随所に散りばた言葉攻めと手コキで
先輩を絶頂へと導いてくれます。



2、オナニーを観察、実況されながら罵倒されたい!(約13分)
先の体験が忘れられなくて
女の子にオナニーの実況をお願いする先輩。
渋々ながらも結構細かいところまで実況してくれます。

しばらくすると物足りなく感じたのか
それとも本当にめんどくさくなったのか
「余計な事考えないで、さっさと精液絞り出してください」と先輩に催促。
女の子の顔にペニスを近づけ
かけているメガネに擦り付けながらフィニッシュします。

結果精液が彼女の顔にもかかってしまいますが
あまり怒らずに彼女は部屋を出ていきます。



3、オナホで溜まった精液を搾精してもらいたい!(約16分)
上のお話から1か月後、先輩にオナホールで奉仕してあげようという内容。

事前にメールで彼女から1か月オナ禁の命令を受けていたそうで
今回はそのご褒美になります。

ローション&彼女の唾液を塗りたくったオナホに挿入し
ゆっくり目のストロークと軽めの言葉攻めでまずは一発。

その後間を置かず今度は激しめのペースでもう一発。
2発目は射精後の敏感な状況下ということもあってか
彼女も1発目よりきつめの口調で先輩を攻め上げます。



4、オナホ素股で性処理させてもらいたい!(約12分)
女の子が官能小説のレイプシーンを疑似体験したいから手伝って欲しいとのこと。
そこで彼女の太ももにオナホを挟み、後背位で先輩が挿入します。

官能小説を実際に読み上げてくれるので
今までよりもエロいセリフや喘ぎ声も登場します。

彼女は途中で飽きてしまいもういいと言うのですが
結局消化不良な先輩に最後まで付き合ってあげます。
今までの中では一番甘めの口調で攻めてくれます。



5、ソフトクリームを舐めるだけ(約6分)
名前の通り、先輩からもらったソフトクリームを女の子が舐めます。
ですがこれ、明らかに別のモノを想像させる舐め方です

ちゅぱ音やら「濃くておいしいミルク」やら
そちらを想像させるように作ったのでしょう。
ノーマルな方はこのパートが一番興奮するかもしれません。



やや訓練されたM属性向けの作品
2人の肉体的な接触があるのは最初のパートだけで
先輩は基本女の子に触れることすら許されません。

女の子は先輩に対して面と向かってため息をつきながら
「気持ち悪い」「最低」といった言葉を浴びせますが
先輩はそんなところにすら快感を感じ、やがて絶頂を迎えます。

そしてそんなどうしようもない先輩を
本当の意味で嫌っているわけではない彼女の一面も窺えます。
本当に嫌っているなら
一緒に帰ったり、食べかけのアイスをあげたりしませんから。

彼女のため息には、先輩に対するちょっとした残念感が含まれているのだと思います。



ため息ばかりなのになぜか明るい空気
声の担当は月宮怜さん。

彼女の声と演技のおかげで
一見暗めの雰囲気になりそうなストーリーにも関わらず
どこかほのぼのとした温かさを感じる作品に仕上がっています。


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります