同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2021年09月





サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第81回目は体にある特徴を持ってる明るい悪魔が
人間の男性と催眠を交えたアブノーマルなエッチを楽しみます。

彼女の極太おちんちんに口やアナルを責められるドM向けのプレイが魅力で
無理矢理感が出ないように催眠は深呼吸を中心にしっかりリラックスと深化をさせ
エッチも比較的ゆっくりペースで進めながら喘ぎ声を漏らしたり効果音を鳴らしてエロさを出します。
おちんちんを入れる側から入れられる側に
悪魔に催眠をかけられ口とアナルを掘られるお話。

「おーい 聞こえてるー? はじめまして お兄ちゃん」
悪魔は明るくて可愛い声の女の子。
主人公に自己紹介してからここに来た理由を教えると
通常よりもずっと激しくてアブノーマルなエッチをすると言います。

本作品は男性の体のまま女性寄りの快感を味わわせることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って癒しの催眠をかけたり独特なエッチをします。
催眠30分、エッチ24分と両者のバランスをほぼ同じにしたうえで
それぞれを正反対のスタイルで行い刺激的なひと時をプレゼントします。

「今日は 人間のお兄ちゃんの体で いっぱい気持ちいいことさせてもらいに来ちゃったんだよ ふふっ」
彼女は普段魔界に住んでますが時折こちらの世界にやって来て
彼のような人間の男を弄ぶことにハマってます。
また彼を「お兄ちゃん」と呼んだり砕けた態度で接するフレンドリーな性格をしてます。
痛みや苦しみを与えることは特にしませんから雰囲気も終始穏やかです。

しかしエッチの内容はぶっ飛んでます。
挿し絵中央の隠れてる部分には馬並みの巨大なおちんちんが生えており
それを使って彼の上下の穴を順番に責め立てます。
そのまま中出しを決めるシーンもあったりと、Mな人が喜ぶ要素が充実してます。

催眠が割と強力ですから、眠気や頭の中がとろける感覚を抱きながらエッチを聴くことになるでしょう。
エッチが変わってるからこそ催眠をとても丁寧に進めることを心がけてます。
催眠音声では珍しくエッチな音が色々鳴りますし、興奮しながら楽しく聴けるように作られてます。
深呼吸をたっぷりする癒し系の催眠
催眠は3パート30分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら簡単なイメージをします。

「深呼吸を続けていれば 自然と体の力は抜けていくから 意識は頭に向けようね」
まだ序盤なので暗示はそこまで入れない代わりに
呼吸の合図を出しながらちょっとしたコツを教えて集中力を高めます。
この後アブノーマルなエッチをするとは思えないほど温かい空気が漂ってました。
本作品の催眠はほぼずっと自分のペースで深呼吸を続けるので癒しのパワーが強いです。

2番目のパートは心と体の脱力。
自分がベッドごと大きなビンに入ってる様子をイメージし
そこに漂う甘い匂いの気体を吸うイメージをしながら深呼吸を続けます。

「呼吸を続けていると 手足の痺れがどんどん広がっていく それ以外の感覚は どんどんなくなっていく」
「脳みそがふわーっとして気持ちよくなってしまうと お兄ちゃんは今以上に ものすごい睡魔に襲われてしまう」

そしてここからは呼吸を起点に手足が脱力したり痺れる暗示を小まめに入れます。
麻酔ガスを流し込まれてる様子をイメージするのがわかりやすいんじゃないでしょうか。
パートの序盤から中盤は体、終盤は頭とターゲットを変えて催眠状態をさらに深めます。
深呼吸の効果も相まって意識のぼやけや眠気を感じる人が結構いると思います。

最後のパートはタイトルにもなってる契約をするシーン。
彼女が言ったセリフを復唱する形で主従関係を明確にします。

「私はただ 一時の快楽を貪るために 悪魔にこの体をすべて差し出すことを約束します」
復唱はテーマ性を出す意味合いもあるでしょうけど
自己暗示を入れることで重要な暗示が効きやすくする意図もあります。
一時的に彼女に服従する類のセリフばかりでそこまでヤバいものではありません。
Mな人ならすんなり受け入れられる程度に留めてエッチに向けた準備を整えます。

深呼吸を厚めにやりながらパートごとに目的をもってリードする手堅い催眠です。
聴き手の心身をふにゃふにゃにしたうえで悪魔に従えるようにすることを目的に
深呼吸から入って深呼吸+心身の脱力、本題の契約と一直線に進めます。

時間が丁度良くてやることがシンプル、しかも誰でもできる内容と大衆性が高いです。
イメージも他のものに例えてわかりやすくする工夫がされてます。
手足の痺れもそれなりにあって深く入れてるのを実感できました。
眠らせる暗示を少し入れてくることから、疲れてる人が聴いたら途中で寝落ちするかもしれません。
痛みを与えずに蹂躙するエッチ
エッチシーンは2パート24分間。
プレイはアナルマッサージ、フェラ、精飲、アナルSEX、オナニーです。

フェラ、アナルSEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
催眠パートの最後に服を脱ぐ指示が出ます。

「悪魔にはね みーんなチンポが生えてるの それも 馬級のマグナムサイズチンポがね」
催眠を使って主人公を無防備な状態にした悪魔は
自慢のおちんちんを間近で見せつけてから彼の口へ挿入します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「ヒプデビ4(約10分)」は上の口を攻略するプレイ。
彼女が軽くオナニーしておちんちんをフル勃起にしてから
顔面騎乗を経由し口にねじ込み出し入れします。

「あぁっ うっ んっ あっ 口(くち)マンコ気持ちいいっ 口マンコいいっ」
一見するとヤバそうな内容ですが実際に聴いてみるとそれほどでもありません。
というのもプレイ中は彼女の心情や喘ぎ声をメインに据えて
彼が何を思い、感じてるかにはほとんど触れないからです。
簡単に言うと催眠音声よりも同人音声に近い描写がされてます。

気持ちよくなる暗示とかはほとんど入れませんから私は少し脱線してる印象を受けました。
ですが、この手のプレイを生々しく語ると抵抗を感じる人が出る可能性があるので
わざとこういう表現方法にしたと見ることもできます。

結局のところサークルさんじゃないとわからないことですから好みの問題だと思います。
催眠音声の割にエロく仕上がってるのも良い点じゃないかなと。

次の「ヒプデビ5(約14分)」はアナルSEXが中心。
正常位の体勢で彼女が挿入し、彼は自分のおちんちんをしごいて2人同時の射精を目指します。

「その気持ちいいむずむずとした感覚が アナルにもやってくる とってももどかしい感覚」
本作品の総仕上げにあたるプレイということで
始める前はおちんちんやアナルの感度が上がる暗示をそれなりに入れます。
アナルのことを「ケツマンコ」と呼ぶなど、女性に近い視点で楽しめるように語り掛けてました。

そしてアナルSEX開始後は、前のパートと同じく彼女の喘ぎ声や気持ちよさそうな表情が中心になります。
ピストン音がやや泡立ってて激しく責められてる感じが出てました。
絶頂シーンはカウントに合わせて彼女が大きめのイキ声を上げてくれます。

このように、同人音声っぽい部分もある程度持たせてエロさを出すドM向けのエッチが繰り広げられてます。
明るいアブノーマル作品
癖のあるプレイをできるだけ聴きやすく、受け入れやすく調整した作品です。

悪魔は弱くてMっ気もある主人公の体を使って性欲発散しようと
まずは総時間のおよそ半分をかけて癒し系の丁寧な催眠をかけます。
そしてエッチは上下の口を順番に攻略しながら喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。

明るくてフレンドリーな悪魔と催眠を交えたエッチな契約を結ぶシチュ
深呼吸の時間を長めに取ったうえで心身をしっかり脱力する堅実な催眠
アブノーマルなプレイをできるだけ柔らかく、エロく表現するふたなりエッチ。
おちんちんを挿入することがほとんどな男性に逆の立場を味わわせてスッキリさせます。

「よーし 決めたよ 私の考えた 一番気持ちよくなれるルートで お兄ちゃんの体を攻略してあげるね」
中でも催眠はどのパートもリードがしっかりしてますし
彼女なりに親しみを込めて接してるのがわかります。
物語の序盤で「人間は非常にちっぽけな存在」と言ってましたから
やろうと思えばもっと過酷なこともできたはずです。
それを敢えてやらず2人とも楽しめる方針を取るところに彼女の優しさが見られます。

エッチは暗示が弱いところが多少引っ掛かりましたが
前項に赤字で書いた部分があるため一概に悪いとは言えません。
内容を理解して聴く分には楽しめると思います。
絶頂形式が射精ならエロいほうが抜きやすくなりますからね。
ちなみに精飲は自分のを実際に飲むのではなく、彼女に注がれる描写があります。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて前回から2点プラスさせていただきました。

CV:ゆづき ひな。さん
総時間 1:03:16

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
63分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2か月ぶりの講座更新です。
今回はアブノーマルな作品を数多く制作されてるモルモットストリップさんを紹介します。
変態四天王の中でも異彩を放つ存在
モルモットストリップさんは催眠音声で2010年~11年に活躍し
その後同人音声側に転向した珍しい経歴を持つサークルさんです。
これまで紹介してきた方々とほぼ同期なわけですが、扱う題材がことごとく変態向けなのが大きな特徴です。

例えば処女作にあたる「搾精催眠 -快楽の地獄-」はガチで3連続射精するハードなものですし
その次に出たこちらの作品はまさに度肝を抜くプレイを体験できます。

ザーメンミルク催眠


販売数はサークルさんの中で4番目とやや上位あたりの位置づけですが(それでも5200本売れてます)
インパクトの強さや変態度の高さでは別次元のものを持ってます。
たぶん「モルストさんの作品と言えば?」という質問に対し、ザーミルと答える人は多いと思います。
現在でも類似作品はごく僅かで発売から11年経っても変わらぬ輝きを放ってます。

ヒプノメディカル


催眠音声の中で一番最後に出たこちらも特徴を色濃く受け継いでます。
催眠パートは体が痺れる暗示を入れて麻酔されてる気分をリアルに表現し
エッチはアナル舐め、床オナニー、射精後のお掃除などM心をくすぐるものがいくつも出てきます。

テーマやエッチの奇抜さに注目しがちですが、催眠の技術についても高いレベルを持ってます。
恍惚感や陶酔感といった心の快感も得られるように丁寧なリードを心がけてます。
ちなみにここで言う変態四天王はキャンドルマンさん、モルモットストリップさん
Es_Labさん、Hypnotic_Yanhさんのことを示します。

現在のサークルさんは2016年に「極悪メイドの最凶搾精遊戯I」を出されてから休止に入ってましたが
今年復活を宣言し、現在新作を制作中とのことです(たぶん同人音声)。
同人側でも良いものを作れる方ですから、今後も無理のないペースで続けてくださることを願ってます。

次回はモルストさんに負けないくらいド変態な作品を作ってるサークルさんを紹介します。




サークル「あおぎり高校」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、半年前から同棲を始めて今は恋人になってる男女が
平日の朝夜や休日に自宅でたっぷりイチャイチャします。

仕事を頑張りすぎてる彼の耳を舐めて癒しを与えたり
お風呂や映画鑑賞を一緒にしながらやや踏み込んだスキンシップをするなど
2人の仲の良さを出しつつリアルで多彩な耳舐めを多くやるのが特徴です。

R-15ではギリギリのラインでエッチな描写もそれなりに入れてますから
一部のシーンで興奮したり勃起する人がいると思います。
家出少女から恋人に
家出娘と自宅でのんびり過ごすお話。

家出娘は明るくて穏やかな声の女の子。
ある日の朝、主人公より先に起きて彼の顔を優しくつつくと
反応がないのでさらに左耳を舐めて起こそうとします。

本作品は2021年の5月に発売された人気作
独占欲が強すぎる彼女にイジラレまくる耳舐め調教」の続編。
路頭に迷ってた彼女を保護して同棲生活を始めてからおよそ半年が経ち
2人が現在どんな生活を送ってるかを約100分に渡ってお届けします。

前作の時点では友達あたりのやや親しい関係に留まってましたが
今作は物語の冒頭で恋人になってることを明言します。
そのため今まで以上に甘えてきたり踏み込んだサービスをします。

朝起きて仕事に行こうとする彼を耳舐めで軽く引き留めたり
彼が折れて有休を取った時はたっぷり耳舐めして愛情を注ぐなど
言葉と行為の両方から彼が好きなことをストレートに示します。
彼に捨てられたら後がないのもあるでしょうけど、好きだから居ついてるのは間違いないです。
タイトルから連想されるヤンデレ感はまったくなく一途な女性に描かれてます。

また前作で好評だった耳舐めをパワーアップさせてます。
量はそこまで大きく変わりませんが舐め方に明らかな違いが見られます。
具体的には前作がほぼ1種類の耳舐めを続けてたのに対し
今作は外側をコリコリした音を鳴らして舐める、唇で挟んでハムハムする
耳の内側や穴の入り口を重点的に責めるなど幅広くなってます。


サークルさんが質感、位置、距離、深さ、動きなどにこだわってる印象を受けました。
セリフを挟みながら舐めることが多くASMR成分は低めです。
また水分や下品さといったエロく感じる部分は割と抑えられてます。

そこまで込み入ったストーリーや背景はないので前作未視聴でも楽しめるでしょうけど
前作から成長してる部分がそれなりにあることを考えれば、通しで聴いたほうがやっぱりいいと思います。
サークルさんもそう思われてるのか、本作品の発売に合わせて前作の割引を開始してます。
甘えたり甘やかす恋人らしいやり取り
最初の3パート51分間は平日朝の出来事。
「#1.耳舐めモーニングルーティンそのいち(約15分)」は物語の背景説明を交えた耳舐め
「#2.耳舐めモーニングルーティンそのに(約9分)」は耳舐めと厚めのキス
「#3.耳舐めモーニングルーティンそのさん(約27分)」はそれらにエッチな悪戯も加えて誘惑します。

彼は会社員、彼女はニートなので彼が頑張らないと生活できません。
そんな事情を理解したうえで彼が頑張り過ぎないよう優しい言葉をかけて場を和ませます。
#1は2人が恋人になってることを会話の中でさり気なく説明したり
以前温泉旅行に出かけた時のことを話して仲の良さをアピールします。

耳舐めは左右を適度に切り替えながらバランスよく外側を舐めてました。
前項で説明した音の幅広さが出てくるのは#3以降になります。
彼女の性格や耳舐めを盛り込んだうえで雰囲気作りをする掴みにあたるパートです。

#3は普段よりも強めに食い下がって彼に休むよう働きかけます。
耳舐めは通常の舐め、甘噛み、耳奥舐めを組み合わせて変化を持たせ
「たまには自分に構って欲しい」と素直に伝えて意地悪してるわけじゃないことを教えます。

実際のところ最近の彼はこれまで以上に仕事に打ち込んでるようですから
働き過ぎて心身を壊すことを心配したのだと思います。
わがままに振舞ってるように見えてちゃんと恋人のことを気遣える優しい女性です。
時間が30分近くあるおかげでセリフと耳舐めが上手く共存できてます。

続く2パート33分間は前作で好評だった要素を中心に据えてるシーン。
「#4.彼女とイチャラブお風呂ルーティン(約12分)」はお互い裸になって一緒に湯船へ浸かり
「#5.彼女と耳舐めロードショー(約21分)」は恋愛映画を観ながらそこでやってることを実践します。

両方に言える大きな特徴は聴き手にエッチだと思わせる描写を積極的に盛り込んでること。
#4は彼女が後ろに陣取りおっぱいが当たってることをやんわり意識させます。
そしてキスや耳舐めをしてる時は熱っぽい吐息を漏らして興奮してることを伝えます。
淫語を言ったり露骨にエロい表現を使うことはないですけど
聴き手がそうだとイメージできる十分な材料を揃えてます。

#5は本作品の中で最もエロいパート。
映画を観て気持ちが高ぶったのか、彼の体を服越しにまさぐったり
キスや耳舐め以外の新たなプレイを投入して性欲発散も手伝います。
具体的に何をするのか、どういう風に進めるのかはさすがに伏せるとして
前作に引き続き「よくこれR-15で審査通ったなぁ」と感心しました。

同居人から恋人に関係が変わったのなら当然そういうこともするはずですから
R-15の枠組みを超えない範囲でギリギリの線を突いてイチャラブ感を出します。
音霊さんのファンに向けたサービスの意味合いもあるでしょうし、本作品の大きな武器だと思います。

このように、シーンごとにやることを変えて恋人らしさを演出する甘い物語が繰り広げられてます。
ストーリーと品質が共に前進してる作品
「前作の正統進化」と呼ぶのがしっくりくるノーマル向け作品です。

家出娘は同居人から恋人になった主人公と幸せな時間を過ごすために
平日の朝は一緒のベッドで会話や耳舐めして癒しと元気を与えます。
そして夜はお風呂へ入ったり映画を観ながら朝よりも踏み込んだご奉仕をします。

一途で優しい女の子が自分を救ってくれた男性に精一杯の愛情を注ぐシチュ
何気ない会話と耳舐めやキスを組み合わせた恋人らしいサービス
耳舐めのバリエーションを増やしたり、一部でエッチなことにも挑戦する攻めた作り。
R-15なんだけどそこに大人しく留まらず、R-18を目指そうとする気概を持った作品に仕上がってます。

中でも3番目は前作で良かった部分はそのまま伸ばし
イマイチだった部分を改善してるのが素晴らしいです。
私は前作のレビューで耳舐めが単調なことと、マスター音量が小さいことを指摘しました。
今作はその両方が見直されてて純粋に質が上がってます。
元々質は高いほうですから細かい部分さえ調整すればほぼ完璧な出来栄えになります。

個人的にはもう1作くらい続きを聴いてみたいです。
2人の関係が順調に進展してるので、この先どういう生活を送るか気になります。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
耳舐めが好きな人、R-15流のエロスに触れてみたい人には特におすすめします。

CV:音霊魂子さん
総時間 1:44:26

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月22日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。
前作も10月22日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間の男性が乳牛のように飼われてる牧場で
クールなお姉さんが色んなオス牛とエッチして精液を搾ります。

牧場に来たばかりの相手は手コキでスタンダードに責める
良質な精液を大量に出せる相手にはおまんこを預けて種付けさせるなど
相手の嗜好に合わせて色んなプレイをするのが特徴です。
声や口調が事務的なだけで内容は割と穏やかですから、ややMあたりの人に最も向いてます。
オス牛に合わせたクールな搾精
搾精士の白井ルナが7つのシチュでエッチするお話。

「皆さん、こんにちは 本日は、当高瀬第三牧場にお越し下さり、誠にありがとうございます」
ルナは丁寧語で話す落ち着いた声のお姉さん。
牧場への就職を検討してる女子大生たちに挨拶すると
ここで飼ってるオス牛や仕事の内容を丁寧に説明します。

本作品は2013年から続いてるサークルさんの看板シリーズ第5弾。
生物学上は人間と一緒だけど知能が低く性欲旺盛なオス牛たちが
およそ130分に渡って彼女に責められ何度も射精します。
パートごとに相手が代わるためプレイの内容も大きく変わり
甘めのものからM向けのものまで幅広く取り揃えてます。

世界観が一緒なだけで毎回キャラが交代してますから過去作未視聴でも大丈夫です。
当サイトではすべてのレビューを掲載してます。
搾精士さん♀のミルキングパーラー
搾精士さん♀のミルキングパーラー2
搾精士さん♀のミルキングパーラー3
搾精士さん♀のミルキングパーラー4

「ふふ、だらしない喘ぎ声出てますね。情けない、喘ぎ声。んっんっ、シコシコ、シコシコ」
彼女はタイトル通り事務的な性格。
好意や愛情といったものを一切込めず、相手の嗜好に合ったプレイで効率よく搾ります。
一部で彼らを軽く見下す言葉責めもしたりと割り切った態度で相手することが多いです。

しかし責め方自体はそれほどハードではありません。
オス牛たちが軒並みMだから自然とそういう展開になってます。
ショタには優しくするし、種付けSEXもするので根っからのSではないかなと。
声や口調はクールだけど性格は割と穏やかな女性です。

エッチについては手コキ、フェラ、パイズリ、SEXなど定番のプレイを一通り押さえてます。
相手によってセリフの方向性も変えるなど守備範囲が広い印象を受けました。
この世界の精液は現実世界の牛乳とほぼ同じ位置づけになってるので
より良質なものを多く搾れるように考えながら責めてくれます。
事務的だけど優しさもあるエッチ
エッチシーンは7パート106分間。
プレイはキス、手コキ、玉揉み、耳舐め、フェラ、放尿、オナホコキ(疑似SEX)、淫語責め、パイズリ、SEX(後背位、正常位)、手袋コキ、乳首責めです。
手コキ、玉揉み、放尿、オナホコキ、パイズリ、SEX、手袋コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「では…搾精を始めていきましょうか 竿の先端を握って…んっ…んっ 小さく回して…んっ、んっ」
女子大生たちへの牧場説明を終えた後
ルナは1人目のオス牛のデータを確認し、まずは手コキでおちんちんの具合をみます。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
最初の3パート45分間は搾精士の日常風景。
「01.事務的 耳舐め手淫搾精(約14分)」は耳舐め手コキ
「02.口腔搾精によるオスミルク品質検査(約13分)」はフェラと玉舐め
「03.擬牝台&オナホ搾精器による当て牛業務(約18分)」はオナホコキで1回ずつ射精します。

「玉タンクから…ミルクが上がって来てます。牛ちんぽは、この手をメスの膣と勘違いして、射精するんです」
彼女はこの道のプロですからどうすればオス牛たちが喜ぶか心得てます。
01パートは牧場に来たばかりの相手なので無難なプレイを選択し
滑らかな水音をリズミカルに鳴らしながら実況を小まめに挟んで興奮を促します。
「牛ちんぽ」「玉タンク」などやや下品な淫語を言うのもそれを狙ってるのでしょう。
クールな声で男が喜ぶツボを的確にとらえた責め方をします。

02パートはオス牛のおちんちんや健康具合をチェックするのが目的。
舌で味を、鼻で匂いを確認しながら舐めたり咥え込んで無理なく射精へ追い込みます。
プレイ自体は割と普通のフェラですからシチュや彼女の様子が聴きどころになります。
射精後には彼のおしっこを飲むシーンがあったりと、彼女の仕事熱心な性格がよく表れてます。

「メスまんこの感触をじっくり確かめるような,ずっしりピストン。私のおまんこの中でも想像しながら、オナホ搾精器を感じて下さい」
03パートは疑似SEXを強く意識したプレイ。
オス牛専用のおもちゃを使って彼に腰をガンガン振らせます。
彼女が本物のおまんこを見せつけてイメージ力を膨らませたり
「おちんぽ」「おまんこ」といった淫語を連呼するシーンがあって内容が手厚いです。

パートごとに責め方が目まぐるしく変わるのでそれぞれに違った良さが生まれてます。
体への責めはもちろん、言葉責めにも幅広さがあります。
飲尿は2分くらいで終わりますから余程苦手な人でもない限り大丈夫でしょう。
サークルさんの作品には毎回出てくる要素なので中の人の趣味なのだと思います。

続く4パート61分間は先ほどよりも内容を尖らせてエロさを上げます。
「04.ショタ牛への精通パイズリ搾精(約14分)」は精通前のオス牛にパイズリ
「05.嘘愛情たっぷりオホ声生搾り(約13分)」は優れたオス牛との種付けSEX
「06.オス牛社会復帰 ヘコヘコおまんこ練習(約16分)」は社会復帰したいオス牛とのSEXバトル
「07.就活女子への公開手搾り(約18分)」は女子大生たちに見守られながら手袋コキ&顔射をします。

「少し驚きましたか? これは「勃起」と言い、オスとしてごく自然な事。本来はメスと交尾をする為の準備をしているのです」
この中で最も優しいのは04パート。
相手がエッチなことを何も知らない少年なので普段以上に丁寧なリードをします。
キスで気持ちを盛り上げてから簡単な性教育を行い
大きなおっぱいで挟み込んだ後はゆっくり目にしごいて幸せな射精に導きます。

ショタオス牛の精液はこの世界だと貴重品らしいですから
その価値に見合った接し方をして搾精が気持ちいいことだと教えます。
精液を効率よく搾り取るためにやってるのでしょうが、相手に対する思いやりが見られるのも事実です。

「しかし、本当に細く可愛いちんぽですね。私のおまんこ特段緩くは無いですが、流石にこの細さのちんぽでは余ってしまいます」
逆に最もM度が高いのは06パート。
オス牛を辞めて人間社会に戻りたいと思ってる男性とどちらが先にイクか勝負します。
おちんちんの小ささや早漏具合を貶す言葉責めをよくするおかげで
他のパートに比べて彼女に見下されてる気分が強めに味わえます。

この牧場がオス牛にとって恵まれた環境なのは事実ですから
敢えて厳しく接して彼に思い留まらせようとしたのかもしれません。
正常位SEXを選んだのも女性には勝てないことを教えたかったのでしょう。

「女の子達が、順番にあなたの我慢汁、舐めていますよ? 指先につけた我慢汁をれろれろと味わっています。彼女達の指先は、唾液と我慢汁で光っていますね」
最後の07パートはS、M両方の属性を持ってる風変わりなプレイ。
手袋をはめた彼女におちんちんをしごかれる様子を若い女性たちに見てもらいます。
見られてることを意識させて興奮を煽ったり
我慢汁や精液を彼女たちに味わわせて征服欲をくすぐるなど
露出の快感と女性を汚す快感を組み合わせて今まで以上に充実した射精へ持っていきます。


見知らぬ男の精液を女性たちが進んで舐めるのは現実世界だとあり得ないことです。
でもこの世界なら搾りたての精液が魅力的な飲み物へと変わります。
シリーズの持ち味を活かしてエロさと変態性を出してる最後を飾るに相応しいプレイです。

このように、人間同士がするプレイに独自要素を盛り込んだ幅広いエッチが繰り広げられてます。
クールで甘めの作品
柔軟性の高いエッチが楽しめるマイルドな事務的作品です。

ルナは牧場で飼われてるオス牛たちから精液をスムーズに搾り取ろうと
相手の嗜好に合った手段でおちんちんを責め、さらに耳舐めや言葉責めといったオプションも加えます。
そしてパートごとに彼らの特徴を大きく変えて多種多様なエッチをお届けします。

声や口調はクールだけど性格はそれほどきつくないお姉さんが、M男たちをエッチに手懐けるシチュ
事務的感を出しつつ効率のいい手段で射精へ持っていく割り切りったエッチ
オス牛によって責め方が大きく変わる変化に富んだ作り。
シリーズ5作目ということで世界観に基づいたアブノーマルなプレイがいくつも登場します。

「ぷはぁ…ん、美味しい♪ ん…射精量も多く、粘り気の強い濃厚ミルクです。喉越しも最高。量、濃さ、共に申し分はありません」
なんだかんだで彼女がエッチを楽しんでるのも良いですね。
搾りたての精液を美味しそうに味わったり、濡れ濡れのおまんこを見せつけるシーンがあります。
こういう仕事は好きじゃないとなかなか続けられないでしょうから
搾精という行為の中に何らかの魅力を見出してるのだと思います。
両者の間で折り合いをつけてるのが一般的な事務的プレイとの大きな違いです。

エッチはどのパートも15分前後で揃えて1回ずつ丁寧に追い込みます。
特化型ではありませんから人によって好きなパートが違うんじゃないかなと。
私は07パートが深みのあるプレイになってて一番好きです。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:10:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月21日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「ユリイカ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、何らかの理由で主人公の性奴隷になってる女の子が
催眠を交えたエッチなサービスで女性を征服したり汚す喜びを与えます。

エッチの様子を語りながら催眠をかける独特な構造になっており
彼女にイラマチオするシーンでは足の力が抜ける暗示やイメージ力が膨らむ暗示を入れ
その後はドライ連続絶頂→ぶっかけをテーマにしたオナニーと繋いで幅広い快感を与えます。
S向けですけど彼女が積極的にご奉仕するので暗さや重さを感じずに聴けます。
女の子を好き放題する快感
女の子に催眠をかけられSEXやオナニーするお話。

「ご主人様 ご主人様? 横になっていらっしゃるの?」
女の子は丁寧語で話す可憐な声の女の子。
主人公にどんなプレイをしたいか尋ねると
察するように言われて自分なりに予測し提案します。

本作品は彼の性奴隷として身も心も捧げてる従順な彼女が
およそ55分に渡るエッチな催眠で男の欲望を満たします。
彼は若い女性を犯したり精液で汚すことに興奮を覚えるそうで
受け身になることが多い催眠音声では珍しく彼が責めるスタイルを取ります。

「あの日も ご主人様は 私の後頭部を掴み 私の唇に おちんちんの先をあてがいました」
髪を掴んで口におちんちんをねじ込む、おまんこを好きに責めて精液を注ぎ込む
彼女の全身に精液をぶっかけてマーキングするなどS向けの要素が充実してます。
普通の女性なら高確率で嫌がりそうなプレイですが、彼女はこれらをむしろ喜んで受け入れます。
凌辱色が薄いおかげで視聴後の後味もスッキリしてました。

もうひとつの特徴はエッチしながら催眠をかけること。
催眠をかけてからエッチに進む一般的な催眠音声とは違い
両者をほぼ同時に行うことでエッチの時間と割合を上げてます。
総時間の73%がエッチシーンというのは催眠音声だとまずないことです。

サークルさんは「現代催眠を用いて作成しました」とおっしゃられてますが
最初から最後まで現代式ではなく、主に導入部分で取り入れてます。
エッチの中盤は暗示でガンガン追い込むスタンダードな責め方をしてますし
最後は同人音声のオナサポに近いやり方で射精へ持っていきます。

催眠深度を浅めに調整してるので、催眠独特の心地よさを楽しむのではなく
イメージ力を多少上げたり絶頂時の快感を押し上げるのに催眠を活用してます。
私が聴いた時も意識のぼやけはほどほどで、集中力が高まってる感覚のほうが強かったです。
愛を込めて尽くすエッチ
エッチシーンは4パート40分間。
プレイはイラマチオ、SEX(体位不明)、カウント/言葉による絶頂、オナニー、ぶっかけです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「私は ある日のことを思い出します 右足から 力が すっと抜けていきます」
今日するサービスを決めてから自分が性奴隷になってることを告白すると
女の子は自分がイラマチオされてるイメージを語りながらリラックスする暗示を入れます。

エッチは彼が彼女を責めてる様子を丁寧に語ります。
前半の2パート21分間は催眠を軽くかけたり没入させる準備にあたるシーン。
「第3章 あの日も、ご主人様にイラマチオで、お口、使われちゃったの(約13分)」は
セーラー服を着た女の子にイラマチオする様子を実況し
「第4章 えぇ?リアル女性器をオナホ代わり?私は、それでいいです。(約8分)」は
彼女のおまんこをオナホ代わりにして乱暴に出し入れします。

「左足から 力が さらに 抜けていきます すーっ」
「もちろん 私はご主人様の気持ちよさそうな顔を見るのが好きですので 苦しくても 心は嬉しさでいっぱいでした」

第3章は始まったばかりなので暗示を入れながらプレイを進めます。
主に左右の足が脱力する暗示を入れて体の緊張をほぐし
さらに彼女がイラマチオを受け入れてることを示して穏やかな空気を作ります。
ちゅぱ音は鳴らさず実況メインで進めますからイメージ力が鍵になります。
彼が喜ぶことを進んでやるあたりに彼女の健気な性格がよく出てます。

「柔らかい膣口が おちんちんを優しく 咥え込む」
第4章はよりストレートに働きかけてきます。
SEXした時の表情、乳首の色、おまんこの形などを事前にイメージさせてから
挿入した時の感触を聴き手視点で語って臨場感を出します。
途中で深呼吸を絡めてきたり、終盤には普段よりもずっとハイペースで畳みかけるように暗示を入れるなど
純粋なエロ要素に頼らず言葉を駆使してSEXしてる感覚に浸らせます。

結構イメージ重視の作りになってますから、頭の中にプレイの情景が自然と浮かんでくるかもしれません。
S向けのプレイをしてるのに全然無理矢理感がないのも2人の仲の良さが感じられます。
彼女も案外こういう扱い方をされるのが好きなのかもしれません。

後半の2パート19分間は絶頂シーン。
「第5章 いっちゃうのは、止まらないよ?(約6分)」はドライ
「第6章 私、ご主人様専用のセーラー服ぶっかけ人形(約13分)」はセルフからの射精を行います。

「激しいのけぞり 真っ白くなる 何も見えない くらくら 激しい動悸 イクイクイク イクイクイクイク イっちゃう!」
前者は催眠音声における王道と言っていい内容。
前半はカウント、後半はある言葉を起点に何度も絶頂させます。
ここだけで最低でも6回は絶頂指示が出ますから
連続絶頂やマルチプルオーガズム(イキながらイク)を体験する人もいるでしょう。
彼女もそうなるように語気を強めて追い込んでくれます。

「そうやってすると 私の顔全体が 精子パックみたいになっちゃうよ」
それに対して後者はシチュを楽しむことを意識したプレイ。
長めのカウントを数えながら彼女の全身に満遍なく精液をぶっかけていきます。
1カウントごとにその様子を実況する形になってまして、感度を上げたり絶頂させる暗示は特に入れてきません。
女の子を自分の体液で汚す快感をオカズに抜く感じになってます。

個人的には第6章ももう少し催眠に寄せた作りにして良かったように思えます。
ぶっかけ自体はテーマに合ってるので、その表現方法を工夫してみてはどうかなと。
「私が精液まみれになるほど満足感やゾクゾク感が湧いてくる」みたいに。

このように、催眠をかける部分を削いでそのぶんエッチを強化してる変わったサービスが繰り広げられてます。
マイルドなS向け作品
既存の催眠音声とは明らかに違う路線を歩んでる中上級者向けの作品です。

女の子は若い女性を好き放題したがってる主人公の願いを叶えようと
イラマチオ、SEXからの中出し、ぶっかけといったS寄りのプレイを順に提供します。
そして催眠とエッチの序盤を同時に進めたり、2種類の絶頂形式を順にやって個性を出します。

ご主人様のためなら何でもする健気な女の子が色んなエッチでもてなすS向けのシチュ
催眠誘導するパートを敢えてなくし、エッチしながら暗示を入れてイメージ力を膨らませる独特な作り
女の子をおちんちんや精液で汚すプレイを中心に据えた催眠音声では珍しいエッチ。
催眠、エッチいずれも他にはないものを取り入れて作品を組み立ててます。

中でもエッチは時間を多く割けたおかげで内容が充実してます。
同人音声のようにちゅぱ音や喘ぎ声を漏らすことは一切せず
彼女や彼の視点でプレイの様子を実況しながら気持ちよくなる暗示を入れます。
絶頂もドライは催眠重視、ウェットはオナサポ寄りと方向性を大きく変えてます。

催眠が結構弱いのでそのへんが人を選びそうですけど
およそ4年8か月ぶりに新作を出されたということは、今後も制作を続けて磨き上げていくのだと思います。
まだ粗削りなところもありますからどう進化していくかが楽しみです。

絶頂シーンはドライ6回以上、射精1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

受け身になるより女性を責めるほうが好きな人におすすめします。

CV:蒼紗さん
総時間 54:46

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

FANZAの体験版はこちら
FANZAの体験版はこちら

追記
2021年9月30日まで20%OFFの1144円で販売されてます(DLsite、FANZA両方)。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のお姉さんが
マゾで弱い男性をエッチに教育してもっとダメにします。

2人の性格を反映させながら変態度の高いハードなプレイをするのが特徴で
片方は普段優しいけど時折厳しくする、もう片方は言葉と行為の両方から露骨に見下しながら
スパンキング、寸止め、露出オナニーといった刺激の強いことをやって破滅的な快感を味わわせます。
オナサポ成分が高めですから音声に合わせてやれば彼と同じ視点で楽しめるでしょう。
先生たちがするハードな躾
あやの先生(挿し絵左)、とーか先生(挿し絵右)と4種類のエッチをするお話。

「お待たせしましたー ふふっ 緊張してます?」
あやの先生は明るくて穏やかな声のお姉さん。
ショタマゾ幼稚園を訪れた主人公に挨拶し、すぐさまぎゅっと抱きしめると
頭を撫でながら優しい言葉をかけて安心させます。

本作品はマゾな男性を専門に受け入れてる変わった幼稚園で
それに興味を持った彼が彼女たちからおよそ90分間のエッチな教育を受けます。
お勉強、お遊戯、お仕置、お散歩とパートごとに異なるテーマを定め
それぞれの持ち味を活かした責めでM心を上手にくすぐります。

「えらいえらい なでなで なでなで へんたーい」
あやの先生は現役JKなので基本的には優しく接します。
キスや授乳手コキといったあまあまなプレイはやらない代わりに
頭を撫でる、ハグする、応援するなどお姉ちゃんらしさを感じるお世話をします。
しかし心の底ではマゾを見下してるので時々本音を漏らします。

とーか「なに喘いでるの? 気持ちわる 私 男の人の喘ぎ声って嫌いなのよね」
それに対してとーか先生はわかりやすいSキャラ。
彼と初めて会った時からあからさまに見下す態度を取り
プレイ中も甘やかし成分をほとんど持たせずいじめる方針で責め続けます。
声が穏やかなのでどぎつい感じはしませんけどセリフの内容は容赦ないです。

タイトルに「あまあま冷たく」が入ってるように、本作品は正反対の属性を合わせ持ってます。
しかし実際に聴いた感じだと後者のほうが明らかに強いです。

最低でもM、できればドMな人が向いてるんじゃないかなと。
意地悪な要素が充実してますから心の弱い人が聴いたらたぶん凹みます。

エッチについては後になるほど彼をダメにすることを目標に掲げて
手コキ、オナニー、オナホオナニーといったコキ系のプレイを重点的に行います。
4パート中3パートがオナニーですから、音声に合わせてシコるのが正しい使い方になります。
シコシコボイスやカウントといったお馴染みの要素はほとんど使わず
作品独自のルールとシチュを組み合わせて心身をバランスよく盛り上げます。

休憩時間がほとんどないことや、寸止めを繰り返し行うことから体への負担が結構かかります。
彼女たちのキャラを踏まえて言葉責めもパンチが効いてますし
全体的に刺激が強めでM度が高い人ほど興奮できます。
射精を限界まで我慢するエッチ
エッチシーンは4パート79分間。
プレイは皮むき、スパンキング、手コキ、精液を舐める、オナニー、恥ずかしいポーズ、動画撮影、オナホオナニー、女装、ローター責め、露出です。
皮むき、スパンキング、オナホオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

あやの「まあ幼稚園だし まずは私とエッチなお勉強 してみよっか」
主人公に幼稚園のコンセプトを説明し同意を得たあやの先生は
手始めに目の前で全裸にさせてからおちんちんの皮を剥きます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の2パート40分間は2人の性格を出しつつ上下関係を明確にするシーン。
「01. 1日目:お勉強の時間(約22分)」は手コキ、スパンキング、言葉責め
「02. 2日目:お遊戯の時間(約18分)」はオナニー、スパンキング、恥ずかしいポーズで1回ずつ射精します。

あやの「いい? お姉ちゃんがいいって言うまで 何があってもぴゅっぴゅしちゃダメだからね?」
とーか「へぇ あやのちゃんのこと好きなんだ キモ」
そして彼女たちは自分なりのやり方で彼の自由を奪います。
あやの先生は普段通りの優しい態度で射精を禁止したりお尻をリズミカルに叩きます。
そしてとーか先生はSっ気たっぷりな言葉責めを浴びせかけて心をゾクゾクさせます。
手コキは終始あやの先生がやるので役割分担がちゃんとできてます。

また本作品は2人がまったく違うセリフを同時に言うシーンがそれなりにあります。
人によっては煩わしく感じるかもしれませんが、これもキャラの違いを出すための演出なのかなと。
01パートは体への責めをシンプルにしたうえで言葉責めに力を入れてます。

とーか「ほら 10 10 10 1秒間に10回しごきなさい できなくてもやれよマゾ」
02パートはオナサポ成分が一気に上がります。
1秒間にとーか先生が指定した数字のぶんだけオナニーするルールを設け
それを小まめに切り替えて快感に大きな落差を作ります。

確認したところ数字は1~10の間で変えてました。
10を宣言されたら全力でしごいても間に合わないくらいのハイペースです。
中盤にはガニ股の姿勢である行為をする指示が出るなど、早速変態色の強いプレイが味わえます。
プレイ時間がそれほど長くないのでクリア不可能と言うほどではないですけど
射精の権利を取り上げた状況でギリギリまで追い込む展開は十分ハードと言えます。

後半の2パート39分間はより刺激的かつ破滅的なプレイが登場します。
「03. 3日目:お仕置の時間(約19分)」は先ほどと違うルールでオナホオナニーをやり
「04. 4日目:お散歩の時間(約20分)」は女装して街へ繰り出し女性店員の前でオナニーします。

あやの「今からは しごくスピードか オナホを握る強さのどちらか一方を指定するの」
03パートはお仕置きをテーマにしてるだけあって今までで最も過酷。
とーか先生が合図を出した時は直立したままハイペースでしごき
あやの先生の場合はガニ股になり力強くしごく
、と違う厳しさを与えて確実に追い込みます。
ここも当然手を止めることは許されず時間いっぱいオナニーを続けます。

速さと力強さのどちらか手抜きできる点は親切なように見えます。
でもこれは快感に慣れにくくすることにも繋がるので、結局は厳しいというのが実際にやった感想です。
シコシコボイスのように指示を出し続ける必要がないから言葉責めもガンガンやってきます。
オナホを使ったほうがより効果的ですけど手でも十分きついです。

とーか「はーい続けて もっと速く もっともっと全力でいじめ抜きなさい」
そして04パートは一気にシチュ重視の内容へと変わります。
女装したままアダルトショップでオナホを買うだけでもしんどいのに
その後は店員さんの目の前でオナニー&射精を決める過酷なミッションに挑みます。
現実世界でやったら確実に捕まる行為だからこそ、やった時の快感もより強く得られます。

やってることは前のパートと同じオナホオナニーですから
プレイそのものよりも周りの状況などのほうがウェイトは高いと思います。
ここまでのことをやらせる2人も相当なドSだなと。

このように、後になるほど心身両面の刺激が上がるぶっ飛んだエッチが繰り広げられてます。
個性の強いドM向け作品
幼稚園のイメージとはまるで違うエッチをする変態度の高い作品です。

あやの先生ととーか先生はショタマゾ幼稚園にやって来た主人公を立派なマゾに育てようと
まずは性格に合った言葉責めをしながら手コキやオナサポで射精をギリギリまで我慢させます。
そして最後は公共の場で初対面の女性にオナニーを見せつける刺激的なプレイを味わわせます。

普段の態度は正反対だけど、どちらも性格はドSなお姉さんがM男をエッチに躾けるシチュ
独特なルールでオナサポしながら言葉責めもガンガンやるバランスの取れたエッチ。
キャラとプレイの両方に明確な個性を持たせたインパクトのある作品に仕上げてます。

中でもエッチは既存のオナサポ作品であまり見かけないプレイが登場しますし
言葉責めもしっかりしててMな人なら刺さるものになってます。
好意や愛情を一切込めずにお世話するため厳しく感じる人もいるでしょうけど
それも含めて幼稚園のサービスと見るのが妥当じゃないかなと。
これだけ意地悪されてもめげずに来園するところを見ると、主人公もなんだかんだで喜んでるのだと思います。

あとはオナサポが割としっかりしてる印象を受けました。
しごく回数を宣言したり合図を出すといったすぐ終わるもので揃え
それを小まめに出してオナニーと快感に変化をつけます。
02パート以外は効果音も鳴りますからリードが疎かになってる感じはないです。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:あやの先生…遊佐ミコトさん とーか先生…恋鈴桃歌さん
店員さん/通行人…MOMOKA。さん 通行人…兎月りりむ。さん(この2人は04パートにのみ登場)
総時間 1:34:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月15日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「チームランドセル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、旅客船で嵐に遭遇し無人島へ流された男女が
サバイバル生活をしながらたっぷりイチャイチャします。

環境音や音楽を流しつつ2人が仲良くなっていく様子をエッチメインで描くバランスの取れた作りが魅力で
耳舐めやキスをしてる最中はセリフを一切挟まず音だけでその様子を表現し
共同生活を続けるにつれて彼女の心情と態度、プレイの内容が変化していきます。
音の品質が軒並み高いので癒しを感じながら没入できるでしょう。
2人だけの世界で送る幸せな日々
女の子と色んなエッチをして親睦を深めるお話。

「…の。あ、の… 生きて…ますか?」
女の子はのんびり話す素朴な声の女の子。
無人島で目覚めた主人公にこうなった経緯を話すと
彼に密着してから信頼の印としてキスします。

本作品は同じ船に乗ってたところを嵐に遭い、同じ島に漂着した2人が
サバイバル生活の合間にたっぷりエッチする様子をおよそ210分に渡ってお届けします。
流れ着いた直後、1日目、2日目、7日目と全体を4つのシーンに分け
会話を挟みつつ色んなプレイをして少しずつ仲良くなります。

「私はもしあなたが目を覚ましたら 全面的にあなたを信頼し、二人で生きると決心してました」
彼女はまだ学生くらいの年齢なはずですが
無人島で2人きりという絶望的な状況に置かれても意外と冷静に振舞います。
目覚めた彼に自分の気持ちをはっきり伝え、もし7日生き残ることができたらSEXすると宣言します。
そしてエッチの最中は奥手な性格とは正反対の積極的なリードをします。

船に乗ってた時に彼が助けようとしてくれた背景があるからでしょうけど
物語の開始時点からそれなりの信頼と愛情をもって接します。
お話が進むにつれて親密度がさらに高まり、それに合わせて踏み込んだプレイを解禁するなど
2人の心の距離が縮まっていく様子を言葉と行為の両方から表現します。


チームランドセルさんは全年齢向けの作品も結構作られてますが
今作は大部分がエッチシーンで構成されてます。
耳舐めやキスといったちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してますから
そういうのが好きな人ほど興奮できるでしょう。

それ以外の大きな特徴は会話と音のバランスが良いこと。
全編を通じて波の音や焚き火の音といった環境音を控えめな音量で流し
さらに要所で落ち着いた曲調のピアノBGMも取り入れて雰囲気を作ります。

総時間が長いためセリフも十分にありますけど、全体を見れば音のほうが量は多いです。
しばらくほぼ無言で耳舐めやキスを続け、その合間にしゃべる感じで進めてました。
大人しい音で揃えてるおかげで聴いてると落ち着いた印象を受けます。
癒しや没入感といった心の栄養を与えながら抜かせることを目指してます。

終末世界にありがちな悲壮感よりも、今の幸せを大事にする温かみのほうが強いです。
サバイバルも順調に進むので暗さや重さをあまり感じずに聴くことができます。
徐々に変化する2人の関係
エッチシーンは8パート156分間。
プレイはキス、耳/胸/乳首舐め、乳首責め、手コキ、太ももコキ、乳揉み、授乳、クンニ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、太ももコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「よかった、怪我や傷がなさそうで」
主人公に事情を話し、耳や胸を丁寧に舐めていった女の子は
彼の体に異常がないことがわかり安心した表情を見せます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で彼が責め返します。
最初の4パート90分間は2人が無人島に漂着した直後のお話。
「1.出会い(約35分)」はキス、耳舐め、胸舐め、乳首舐め
「2.初日キャンプファイアー 手コキ(約34分)」は耳舐めと手コキ
「3.初日太もも手コキ(約13分)」は耳舐めと2種類の太ももコキ
「4.初日フェラ(約8分)」はフェラで1回だけ射精します。

「大丈夫です。本当に… ただ…キスってこんなに気持ちいいんだなって…」
パートナーが男性、しかも漁師ということで彼女も元気が出たのでしょう。
優しい言葉をかけて心をケアしながらゆっくりじっくり体を舐めて綺麗にします。
初々しいところを見せて彼に尽くす姿勢が健気で愛らしいです。
この後のパートも含めて彼女の心情や反応を厚めに描いて一体感を出します。

またプレイ構成を見ればわかるように耳舐めをすることが多いです。
単体でやるシーンはあまりなく、他のプレイと組み合わせるスタイルにしてました。
ちゅぱ音もキャラに合わせて水分控えめの筋っぽい音をよく鳴らします。
本作品は時間に対する射精回数が少ないので、わざと控えめに責めてるのだと思います。

「そうですか…耳に息がかかるの お好きなんですね…。変態さんですか」
「男の子が怖いのに、性欲だけはいっちょ前だなんて… 男の子に触れてみたかった…。触れてほしかった…」

彼女の態度が少しずつほぐれていくのもポイント。
最初は男の体を確かめるように恐る恐る責めてたのが
2番目のパートに入ると手コキの最中にソフトな言葉責めもするようになります。
そして自分もスケベなことをはっきり伝えて彼が罪悪感を抱かないようにします。

彼女にとって本作品のエッチは彼に対する感謝の気持ちであり
男にまったく縁がなかった人生から脱却したいという願望を実現する場でもあります。

仕方なく相手する部分はまったくなく、むしろ自分を曝け出すように責めるので明るいです。
終盤の太ももコキとフェラはいずれも彼女のほうから提案します。
女の子に尽くされるシチュが好きな人ほど興奮したり満足感が得られるでしょう。

続く4パート66分間は彼女の想いやプレイの内容が一層濃くなります。
「7.2日目夜 約束のおっぱいいじり イチャイチャ(約30分)」は魚を釣ったご褒美に乳揉み、耳舐め、手コキをし
「8.7日目雨の授乳添い寝(約14分)」は雨音を聞きながら彼女のおっぱいに甘えます。
そして「9.本番前前戯(約6分)」はクンニ、「10.初めてのセックス(約16分)」は騎乗位SEXで身も心もひとつになります。

「胸、そう、ぐいぐいって…揉んで… あぁ…そう…気持ちぃい…好き…すきぃ…です」
7番目のパートは1日しか経ってませんが彼女に明らかな変化が見られます。
これまで一度も出てこなかった「好き」を何度も言ったり
おっぱいを揉む、見せるといった恥ずかしい行為も進んで受け入れるようになります。

彼が自分にとことん優しくしてくれることに感じ入ったのでしょう。
エッチを通じて無人島生活において重要な「絆」が生まれてることが感じられます。
2日目に射精シーンはないので彼女の変化が一番の聴きどころじゃないかなと。

「お兄さん、おちんちんおっきぃよぉおおお…おっきいよぉおお…最高だよぉ!!」
そして7日目に入るとそれがより鮮明になります。
口調が丁寧語から砕けたものへ変わり、今度はおまんこを使うプレイが中心になります。
クンニされて気持ちよさそうな声を上げる姿や
騎乗位で挿入し腰を激しく打ちつける姿がエロ可愛いです。

7日目は割とスピーディーに進みますから、オナニーのオカズにするならここが一番だと思います。
特にSEXはピストンのリズムや動きが小まめに変わってリアルだし
彼女の喘ぎ声を固めて聴けるようになってます。

このように、心の距離が近づくのに合わせて踏み込んだプレイをするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘く切ない作品
無人島という特殊な環境で男女の恋愛模様を描いたノーマル向け作品です。

女の子は偶然自分と同じ無人島に流れ着いた主人公と仲良くするために
最初から自分の気持ちをはっきり伝えてエッチしやすい環境を作ります。
そして開始後は親密度に合わせて舐め系→おっぱい→おまんこと徐々に前進し2人で一緒に楽しみます。

奥手だけどエッチに対して非常に積極的な女の子と無人島で愛し合う独特なシチュ
リアルな環境音や音楽をうるさくない程度に流したり
しゃべる時とそうでない時をある程度分けてセリフと音の両方を楽しめるようにするバランスの取れた作り
思ってることをストレートに伝えながら不得手なりに一生懸命尽くす彼女のピュアなキャラ。
音声を構成する様々な要素にこだわって作品を組み立ててます。

中でも3番目は喜怒哀楽をはっきり出してくるので心情がわかりやすいし
エッチを経験することで女性として成長する様子も描かれてます。
彼女は男に対して苦手意識を持ってましたから
それが解消されたのも甘さを感じる要因のひとつと言えます。

「甘く切ない」と評したのは切なさを感じる部分があるからです。
そしてこれが本作品にさらなる深みを与えてます。
エッチしておしまい、じゃなく聴き進めていくうちに物語の全貌がわかるようになってるのが素晴らしいです。

私はこの作品を通しで聴きました。
視聴前は途中でダレるんじゃないかと危惧してたのが
実際に聴き終えると「もうちょっと聴いていたいな」という気分になりました。
聴き手を没入させたり落ち着ける環境作りがしっかりできてたからだと思います。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:天知遥さん
総時間 3:32:27

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月16日まで25%OFFの1155円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格や声質は違うけどどちらもエッチ大好きなJKたちが
街中で偶然見かけた男性に援交を持ち掛け返り討ちに遭います。

生意気な彼女たちを極太おちんちんでわからせるややS向けのエッチが魅力で
物語の序盤は童貞な彼をからかったり軽く見下してたのが
中盤以降はおちんちんの魅力にすっかりハマって媚びるような態度でご奉仕します。
童貞をおもちゃに遊ぶはずが…
JKの南あかり(挿し絵左)、北村瑠衣(挿し絵右)と4種類のエッチをするお話。

「お兄さん ねぇ ちょとそこの お兄さんってば」
瑠衣はクールで落ち着いた声の女の子。
「もしもーし 聞こえてない? てか 自分が呼ばれてるってわかってないのか」
あかりは明るくて可愛い声の女の子。
街中で見かけた主人公に声をかけると、彼がなかなか気づかないので首筋を軽く撫でます。

本作品は冴えない男をいじめるのにハマってる彼女たちが
その中の1人にあたる彼をラブホへ連れ込みおよそ90分に渡るエッチをします。
2人で2万円という良心的な金額を提示したり、プレイ中は気さくな態度で話すなど
援交にありがちなさばさばした様子はあまりなく、彼女たちもこの時間を楽しむ感じにリードします。

あかり「あはははは ラブホ初めてなうえに童貞とか うける」
瑠衣「パンツから飛び出る時 ちんちんぶるんって揺れて すっごい迫力」
最大の特徴はわからせ展開。
物語の序盤はメスガキらしい生意気な態度で接してたのが
中盤以降は彼の逞しすぎるおちんちんに圧倒されてむしろ媚びるようになります。

そしてSEXに入ると喘ぎ声をガンガン漏らしたり、おちんちんを2人で取り合うベタ惚れっぷりを見せます。

4パート中3パートで彼女たちが低姿勢になるので属性はややSがメインターゲットになります。
彼のほうから責めるシーンはありませんから凌辱色は一切ないです。
「チンポには勝てなかったよ…」をそのまま音声化してるややコミカルな展開になってます。
フィニッシュはきっちり中出しを決めますし、普通なら手の届かないJKをモノにする満足感も味わえます。

ちなみに本作品のエッチはプレイそのものよりも彼女たちの心情や反応を重視してまして
どのパートも一般的な18禁作品よりゆっくりペースで進めます。

例えば主人公とあかりが初めてSEXする04パート(約15分)は
騎乗位の体勢になってから素股を経由し挿入を始めるまで6分かけ
さらに挿入が3分、ピストンから射精までが6分とバランス型になってます。

実際に聴くとややテンポが悪くなってるので、サクッと抜きたい人にはあまり向きません。
でも作品の売りであるわからせ展開の描写はしっかりしてます。
そんなわけで私はボイスドラマと認識して聴いたほうが楽しめるだろうと見てます。
良し悪しではなく力を入れてる部分が抜き系の作品とは違うという意味です。
おちんちんで蹂躙するエッチ
エッチシーンは2パート72分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、手コキ、フェラ、素股、SEX(騎乗位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

あかり「じゃ 私たち2人で お兄さん気持ちよくしたげますか」
よく利用してるラブホへ主人公を案内したあかりと瑠衣は
ひとまずキスや耳舐めをしておちんちんを元気にします。

エッチは経験豊富な2人が童貞な彼をリードします。
前半の2パート42分間は本作品の持ち味となる立場逆転がわかりやすく表現されてるシーン。
「02ダブル耳舐めで勃起我慢できるかな~?(約19分)」はキスと耳舐め
「03極太凶悪ちん●をダブルフェラ♪(約23分)」は手コキとフェラで1回目の射精に導きます。

瑠衣「お兄さんは 私たちのおもちゃになるんだから 遊ばれたいんだもんね 遊ばれて興奮する マゾの童貞さん」
02パートは2人がまだ彼のおちんちんを見てないのでメスガキムーブをかまします。
SEXどころかキスすらしたことがないことを知ると遠慮なく笑い飛ばし
エッチ開始後は小馬鹿にしたり見下す言葉責めを投げかけます。
どのパートもあかりが左、瑠衣は右に陣取って責めることも含めてエッチ慣れしてる印象を受けます。

彼女たちの魅力を出すためでしょうけど、ちゅぱ音よりもセリフのほうを多くしてました。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりする割とスタンダードなものです。
今後との落差を大きくするためにこういう構成にしたのかもしれませんね。

瑠衣「お兄さん このちんちんに限って言えば 欠点ないんじゃない?」
そして03パートは2人の態度が大きく変わる分岐点になります。
少し触っただけで明らかに巨大なことを察知し
ズボンとパンツを脱がせた後はうっとりするようなメスの顔を見せ始めます。
つい先ほどまで彼を貶してたのが急に褒め称えるなど思いっきり手のひらを返してきます。
普通の男性の2倍くらいあると言ってましたから圧倒されるのも頷けます。

フェラについては約8分とそこまで長くありませんけど
02パートに比べればちゅぱ音の量が増えてエロさが増してます。
片方が咥え込む、もう片方は竿を舐めると手分けして責める感じにしてました。
息遣いが明らかに熱っぽくなってて彼女たちも興奮してるのがわかります。

後半の2パート30分間はSEXシーン。
「04小悪魔生意気JKあかりのガチ喘ぎチ●負け即落ちセックス(約15分)」はあかり
「05クール清楚JK瑠衣のアヘ声淫乱セックス(約15分)」は瑠衣と騎乗位で生ハメ&中出しします。

あかり「てかこうしてみるとやっぱすごいね このチンポのサイズ 今からこれ入れちゃうのか やっぱドキドキする」
そしてここからは彼に対する言葉責めはほぼなくなり
代わりに彼女たちの心情や反応を描写することに力を入れます。
おちんちんを間近で見てドキドキする様子、まだ半分しか挿入できてないことに驚く様子
普段とはまるで違うエロ可愛い喘ぎ声を惜しみなく漏らす様子など
序盤で見せてた生意気な顔はすっかりなくなり、おちんちんに屈服する情けない姿を晒します。

それでいて彼女たちがまったく嫌がらないのが良いですね。
悔しさよりもおちんちんがくれる快楽のほうが遥かに勝ってるのだと思います。
実際のところ2人ともここで漏らす喘ぎ声はなかなか激しいです。

瑠衣「お兄さん 好き SEX好きぃ」
私はどちらかと言えば05パートのほうが抜きやすく感じました。
04パートとは違ってプレイ時間がまるまるSEXに割いてありますし
彼女たちの媚びっぷりもエスカレートして満足感も得られます。
普段クールな瑠衣がストレートな愛の言葉を投げかけるあたりはギャップがあってすごく良いなと。
喘ぎ声はアヘ声ではなく声を震わせる感じの乱れ方をしてました。

このように、彼女たちの変化する様子に光を当ててるわからせ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のボイスドラマ
メスガキJKたちが自分からおちんちんの虜になるややS向けの作品です。

あかりと瑠衣は街中で偶然見かけた主人公をおもちゃにして遊ぼうと
安めの金額で援交を持ち掛け、ラブホへ移動した後は軽めのプレイでからかいます。
しかし彼のおちんちんが並外れて逞しいことを知ると態度を一変させ
自分から媚びる姿勢でそれを取り合い、SEX中は激しく乱れて気持ちいいことをアピールします。

タイプの違う2人のJKが冴えない童貞を弄ぼうとして返り討ちに遭うシチュ
序盤は彼女たちの生意気さを前面に押し出しながらややM向けの言葉責めをし
中盤以降は心情描写や反応を厚めに描いて立場逆転を鮮明にする落差の大きいエッチ。
タイトル通りメスガキをわからせる爽快感がしっかり味わえるように作品を組み立ててます。

エッチがスローペースなせいで興奮をやや維持しにくいところもありますが
テーマ性はしっかり出てるし彼女たちの変化もわかりやすくなってます。
プレイよりもキャラを楽しむことに力を入れてる作品かなと。
ストレートに抜かせるタイプの作品とは違うので、そのへんを理解したうえでお聴きください。

射精シーンは3回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけは「凶悪ちん●の虜になった援交JKからのセックスお誘い」です。

CV:南あかり…一之瀬りとさん 北村 瑠衣…来夢ふらんさん
総時間 1:45:54(本編…1:37:26 おまけ…8:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります


追記
2021年10月5日まで20%OFFの1232円で販売されてます(DLsite)。



サークル「off ton ton」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、山の麓に建ってる小さなお店で
バニーガールたちが催眠を交えた独特なサービスをします。

左右に陣取り連携を取りながら催眠とエッチを進める双子形式が魅力で
片方は深呼吸の合図を出す、もう片方は呼吸音を漏らすと役割分担しながら誘導したり
多くのシーンで声を被せて深化や絶頂へスムーズに持っていきます。
純粋なエロ要素は皆無ですから女性でも普通に聴けるでしょう。
バニーガールがする気持ちいいおもてなし
バニーちゃんとウサミちゃんが協力してエッチな催眠をかけるお話。

「いらっしゃいませ ワンナイトバニーへようこそ」
バニーちゃんはややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
ワンナイトバニーを訪れた主人公に挨拶すると
彼が衣装をじろじろ見てるのに気づいて興味があるか尋ねます。

本作品は小さいながらも賑わってるバニーガールのお店を舞台に
彼女たちがおよそ30分に渡って催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
「テーブルやソファが並んでる」と冒頭で言ってましたから
個室でイチャイチャするのではなくキャバクラっぽい作りなのでしょう。
作中で彼女たちが脱ぐことはなく、体への刺激も必要最低限に抑えて技術で気持ちよくします。

バニー「右側に寄りかかってもいいし」
ウサミ「左側に寄りかかってもいい」
最大の魅力は双子形式。
バニーちゃんが右、ウサミちゃんが左に陣取って協力しながらサービスを進めます。
2人が手分けして違うことをやるシーンもあれば
同じセリフを同時に言ったり、その一部で正反対のことを言うなど割と変化に富んでます。

双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~」をはじめとする本家よりもしゃべるペースは遅く
文節単位で声を左右へ移動させて揺さぶりをかけてくることもほとんどありません。
その代わり声を重ねるシーンを増やして厚みを持たせます。
言い回しに気を配ってますから左右同時に話すスタイルでも聴きやすいです。

催眠の技術も深呼吸や脱力といったスタンダードな技法を手堅く行使します。
off ton tonさんはこれまで無料作品を4本制作しており、実際に聴いたところかなりの実力を持ってます。
ただ今回は有料1作目ということで普段よりも慎重に組み立ててる印象を受けました。
催眠音声はサークルさんの信用やブランド力も割と影響しますから
まずは「ちゃんと催眠かけられますよ」とアピールすることを目指したのかもしれません。

エッチについてはフェラやSEXといった一般的なプレイをやらず
責める部位をほぼ耳に絞り込んでイメージ、暗示、吐息を組み合わせて徐々に盛り上げます。
販売ページに「直接的な性表現はございません」と書いてある通り
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といったストレートなエロ要素は一切ありません。
でもその分しっかり誘導してくれるので、催眠に入れれば快感や絶頂感は普通に得られます。

30分くらいの作品で色々やっても中途半端になるだけですから
内容を尖らせてそれをきちんと行う割り切った作りになってます。
リラックス重視のコンパクトな催眠
催眠は2パート9分間。
座った状態で目を瞑り、まずは2人の声を聞きながらゆっくり深呼吸します。
さらに少し経つと深呼吸を継続したまま全身をパーツごとに脱力します。
この内容なら別に寝て聴いても大丈夫だと思います。

バニー「鼻から吸って お腹を膨らませるように すーっと吸う 口から息を吐いて お腹をへこませるように ふーっと吐く」
ウサミ「すーーー はーーーー」
そして彼女たちは早速双子の持ち味を活かしてリードします。
深呼吸の合図はバニーちゃんが担当し、ウサミちゃんは呼吸音を漏らしてリズムを取ります。
バニーちゃんの落ち着いた声や、間を取りながらゆっくりしゃべるところも心地いいです。
脱力は腕、肩、お腹、足、顔などを意識させて「力が抜ける」とそれぞれに暗示を入れます。

これらを約7分でこなすため、被暗示性が低い人にはやや厳しい気もしますが
双子のおかげで実時間以上の癒しが得られて心地いいです。
私が聴いた時も意識のぼやけをそれなりに感じました。

続く「03このお店は全て「××」「××××」!」はメインの暗示を入れるパート。
文字が伏せてあるのでさすがに書けませんけど
ここも双子ならではのアプローチをかけてきます。
バニーのお店らしいサービスも登場するなどテーマ性を持たせた内容になってます。

心身をリラックスさせてから暗示を入れる要所を押さえた催眠です。
聴き手の体を普段よりも敏感にすることを目的に
深呼吸から入って深呼吸+分割弛緩法、そして暗示とほぼ一直線に進めます。

通常だと9分間でこれらをこなすのは相当にきついです。
でも2人いれば時間に対する声や言葉の密度が高くなります。
繰り返し聴くことも想定してここまで切り詰めたのかなと。
有料作品の1本目として見るぶんには上手くまとめてると思います。
イメージと暗示でじっくり追い込むエッチ
エッチシーンは2パート13分間。
プレイは吐息を吹きかける、感度上昇、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

バニー「ほら ふーーー ぞくぞくとした気持ちよさが あなたの耳を通り」
ウサミ「あなたの中に入っていく」
催眠を使って主人公の感度を上げたバニーちゃんとウサミちゃんは
左右同時に息を吹きかけたり、さらなる暗示を入れてそれを強化します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の「04バニーのお耳でふーふーぞくぞく(約3分)」は絶頂に向けた準備。
耳元至近距離から気持ちよくなる暗示を入れて耳と心をぞくぞくさせます。

そしてここでは露骨なエロ要素を使えないハンデをイメージと暗示で補います。
「ぞくぞく」「ざぶー」といった擬声語を多めに盛り込み
さらに快感を波に例えて徐々に押し上げていく形でドライへ持っていきます。

淫語と言えるのは絶頂時の「イケ」だけなので性差を感じる描写は特にありません。
波のイメージなら多くの人ができるでしょうから取り組みやすいと言えます。

小さい波が ぞくぞく ぞくぞく ぞくぞく ぞくぞく たくさんたくさんやってくる
次の「05気持ちいい波にゆらゆらぞくぞく(約10分)」はお待ちかねの絶頂シーン。
これまでと違いひとつのセリフを2人が分担してリズミカルに語り掛けたり
「揺さぶられる」「溺れていく」など波に漂ってる雰囲気が出る言葉を選んで快感を高めます。
具体的にどこが気持ちよくなるかは言わないので、人によって違う部位が反応しそうです。
私の場合は脳よりも股間がムズムズしたりこみ上げてきました。

ちなみに絶頂シーンは2回連続で行います。
カウントは数えず言葉に合わせて迎えるシンプルなやつです。
焦らし、寸止め、言葉責めといった意地悪な要素はないので完全にノーマル向けです。

このように、イメージと暗示を組み合わせて快感を操作する催眠色の強いエッチが繰り広げられてます。
穏やかな双子作品
テーマ性を出しつつ手堅くまとめた安定感のある作品です。

バニーちゃんとウサミちゃんはワンナイトバニーを訪れた主人公に楽しんでもらおうと
左右に陣取り密着しながらまずは癒し重視の催眠でサクッと落とします。
そしてエッチは気持ちよくなる暗示、波のイメージ、擬声語を駆使して絶頂感を少しずつ押し上げます。

バニーガールのお店で2人の女性がエッチな催眠をかけるシチュ
催眠、エッチいずれも連携を取って進める双子形式
純粋なエロ要素を一切使わずに気持ちよくする催眠音声ならではのエッチ。
短いながらも明確な個性が出るように作品を組み立ててます。

中でも催眠は双子によって誘導時間を切り詰めたり
暗示を駆使して快感の波に飲まれる感覚を与えるといった重要な役割を果たします。
作者さんが女性だとエロエロなプレイをしても男性と感性がズレてしまうことがありますし
それならいっそこういうバリバリ催眠なやつにしたほうが安定すると思います。

サークルさんが双子作品を作るのは確かこれが初めてのはずです。
なので今後も経験を積んでいけばより良いものが生まれると見てます。

絶頂シーンは2回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

CV:麓さん
総時間 初回用…33:09 2回目以降用…28:35 おまけ…1:17

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「必殺!スーパー筋肉もりもりパンチ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声と態度は甘いけど性格はドスケベなお姉さんが
街中で偶然会った男性とホテルで熱い一夜を過ごします。

前半は彼女が、後半は彼が主導権を握る逆転シチュが魅力で
最初は年上らしく穏やかな態度で彼をねっとり責めてたのが
ある言葉をきっかけに反撃され、やがておちんちんに蹂躙される状況に喜びを感じるようになります。
淫乱お姉さんをおちんちんで撃退
OLのお姉さんとビジネスホテルでエッチするお話。

お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
酔いつぶれて寝てる主人公の右耳を早速舐め始めると
目覚めた彼にキスしてからこうなった経緯を教えます。

本作品はOLをしながら時折若い男を引っ掛けSEXしてる肉食系な彼女が
その1人にあたる彼とおよそ60分に渡ってエッチします。
彼は酔ってたせいでホテルへ着くまでの記憶がまったくなく
最初は突然の展開に戸惑いを見せながら彼女に責められっぱなしの状況になります。

慣れた様子でキスや耳舐めを小まめにやったり
ストレートにエッチしたいことを告げてやる気満々なことを教えるなど
近所のお姉さんっぽい甘さと淫乱さを兼ね備えたリードで彼を上手に突き崩します。
弱みを握る、お金を取るといった悪女なところもなく純粋にエッチを楽しむことを目的にしてます。

しかし彼も男ですからやられっぱなしで終わる気はありません。
物語の中盤から攻勢に転じ、彼女をガンガン喘がせて主導権をもぎ取ります。
彼女も踏ん張りますがおちんちんの強さに屈服し、むしろその状況を喜ぶようになります。
この立場逆転シチュこそが本作品一番の聴きどころです。

こういう展開の作品はメスガキをヒロインにすることが多いのですが
本作品は作者さんの好みなのか敢えて年上キャラを採用してます。
一部でやや強引なところがある以外は割とスムーズに逆転するので凌辱色は薄いです。
属性はややSな人が最も楽しめると思います。
わからされる快感とわからせる快感
エッチシーンは4パート51分間。
プレイは耳舐め、キス、ちん嗅ぎ、フェラ、玉舐め、イラマチオ、SEX(バック、騎乗位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

主人公に事情を説明してからエッチを持ち掛けたお姉さんは
彼の耳や唇をゆっくり舐めてまずはおちんちんを元気にします。

エッチは前半と後半で攻守を入れ替えながら進めます。
最初の2パート25分間は彼女が彼を弄ぶシーン。
「1.『あっ、やっぱり起きてたぁ♪』(約5分)」は耳舐めとキス
「2.『お姉さん、君のおちんぽにキスしてもいいかなあ……♪』(約20分)」は
キス、ちん嗅ぎ、フェラ、イラマチオと口を使ったプレイで責め続けます。

彼女は彼よりも経験豊富ですから巧みな責めで主導権を握ります。
最初のパートはおちんちんに一切触れない代わりに質感がリアルなちゅぱ音を小まめに鳴らし
さらに「おちんぽ」とやや下品な淫語も言って男心をくすぐります。
声や態度は普段と一緒ですが、言葉と行為の端々から大人の女性らしい妖艶さが漂ってます。

2番目のパートは彼女のドスケベさが光ります。
パンツ→直接の順に鼻を鳴らしておちんちんの匂いを堪能したり
フェラは声のイメージと随分違うパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。
本作品はシームレスに進めることを心がけてますから、ここは突然の展開に驚くのではないでしょうか。
「ずびびっ」みたいな音を鳴らしながらピストンとバキューム主体の責めで一気に追い込みます。

続く2パート26分間は彼のターン。
「3.『バックはダメなんだっ、てぇ……♪』(約12分)」はバック
「4.『今度はお姉さんがぁ、動いてあげるね♪』(約14分)」は騎乗位SEXで彼女をわからせます。

普段責めることが多い人ほど責められた時は脆さを見せます。
彼女もその例に漏れず、彼の突然の反撃に戸惑ったり軽く嫌がる仕草を見せます。
3番目のパートはキスを経由してからすぐさま生で挿入し
休憩を挟みながら彼女が3回絶頂するまでピストンを続けるなかなかハードな内容です。
ピストンは「ぱちゅん」という弾力のある水音をリズミカルに鳴らします。

言葉で嫌がる素振りを見せますけど、本気で怒ったり逃げようとすることはありません。
それどころか気持ちいいことを素直に認める可愛い姿を見せてくれます。
こうやって責められる展開も悪くないと思ったのかもしれませんね。

4番目のパートもこの路線を継続します。
体位は騎乗位で彼女が責めてるように見えるけど、彼が下から突き上げて思いっきり乱れさせます。
彼女がまったく嫌がらないところを見ると彼の希望を受け入れたのだと思います。
「好き」など愛の言葉を言ったり、パート終盤に2人一緒の絶頂を迎えるなど
攻守が入れ替わった後も甘さ、エロさ、一体感のあるプレイに仕上がってます。

どちらのパートも彼女の心情や乱れっぷりを厚く描いてるおかげで
同じSEXでも聴いた時の感触がそれぞれで違います。
3番目はややS向け、4番目はほぼノーマル向けの内容です。

このように、本作品の売りである立場逆転をわかりやすく表現した甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
明るいわからせ作品
淫乱なお姉さんとエッチに対戦しておちんちんでやっつけるややS向けの作品です。

お姉さんは街中で偶然見かけた主人公の体を存分に味わおうと
ビジホで耳、唇、おちんちんをねっとり責めて彼の心身をとろかせます。
しかし中盤以降は覚醒した彼にぐいぐい押され、最後はおちんちんで蹂躙されることを喜ぶようになります。

穏やかでエッチ大好きなお姉さんが年下の男性を誘惑し返り討ちに遭うシチュ
口を使ったプレイをやりながら焦らし気味に責める前半シーン
彼の荒々しい責めに最初は戸惑ってたのが徐々に快感へと変わる後半シーン。
年上の女性を負かしたうえで後味もスッキリするように作品を組み立ててます。

中でも3番目は割と突然始まりますから聴いてる側も驚きを感じます。
いきなり快楽堕ちするのではなく、最初は抵抗する姿勢を見せてたのが
だんだんとこの状況を受け入れるようになるあたりが自然で良いです。
これのおかげで後半シーンは彼女の喘ぎ声を固めて聴くことができます。

あとは総時間がそこまで長くないことを踏まえて前置きを短くしたり
キスを挟みながら会話するなどエッチ以外の要素をできるだけ削いだ作りになってます。
サークルさんが音声作品を作るのは今回が初めてですが
中の人が音声のヘビーユーザーなのでどうやったら聴き手が楽しめるか、抜けるかを考えて制作されてます。

射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:高梨はなみさん
総時間 1:06:40

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月2日まで15%OFFの748円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ