同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2020年11月





サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、東方シリーズに登場するキャラ「小野塚小町」が
不眠に悩んでる人間を独自のやり方で癒したり寝かしつけます。

ほぼ全編で川の音を流しながら催眠をかけるのが特徴で
序盤は船に揺られる心地よさを与えながら川の音にも暗示を込めてリラックスさせ
中盤以降は深呼吸、カウント、分割弛緩法といった技術と組み合わせて
聴き手が自分から眠りたくなるよう導きます。
死神と過ごす穏やかなひと時
小野塚小町に安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「おや? お前さん こんなところで何してるんだい?」
小町は江戸っ子っぽいしゃべり方をする穏やかな声のお姉さん。
生きたまま賽の河原へ迷い込んできた主人公に声をかけると
軽くジョークをかましてからそうなった理由を尋ねます。

本作品は三途の川の船頭として多くの死者をあの世に送ってる彼女が
不眠の影響で偶然やって来た彼をおよそ45分に渡って寝かしつけます。
彼女の船に乗ってから催眠を始めるためほぼ全編で川の流れる音が鳴り
それによる純粋な癒しと催眠の技術を組み合わせてゆっくりじっくり眠気を膨らませます。


大きな川らしく「さらさら」ではなく「じゃばじゃば」みたいなやや激しい音になってますが
質感が優しく清涼感もあるので聞き続けてるとほとんど気になりません。
音を楽しみやすくするためにわざと無言の時間を適度に用意してます。

「私ら船頭は 仕事もサボりも 船の上だからね よく眠れるのは 私のお墨付きってわけさ」
彼女については「世話好きな江戸っ子」と呼ぶのがしっくりくる女性です。
変わった理由で三途の川へやって来た彼に気さくに語り掛け
催眠を通じて不安を取り除いて眠りやすい環境を整えます。
また世界観に合うよう英語やカタカナを使わずにセリフを組み立ててます。

普段死人ばかりを相手にしてるからでしょうけど
彼と一緒に過ごすこの時間を幸せに感じてるように映りました。
途中から腕枕もするなど近所のお姉さんっぽく振る舞います。
多彩なアプローチが光る催眠
催眠はおよそ40分間。
前半の3パート20分間(「04 舟の上にて」から「06 触れ合い」まで)は
川の音を流しながら船に揺られる感覚や彼女の近さを実感させて癒しと安心感を与えます。

「うとうと ゆらゆら 君の心が すーっと楽になっていくよ」
「こういうのは あんまりよくないよ これきりにするんだよ?」

小町は原作でもサボり癖のあるキャラなので
彼を船に乗せて遊覧に出かけられることをむしろ喜びます。
「ゆらゆら」などの擬声語を多めに入れてセリフにリズムを取りながら
心地よさや眠気を感じる暗示を入れて上手に心をほぐします。
さらにもうここへは来ないよう言い含めて優しさを示します。

被暗示性の高い人なら「04 舟の上にて」だけでもたぶん眠くなるでしょう。
川の音にも癒しのパワーがあって彼女と一緒にいる気分に浸りやすいです。
キャラに合った手段で眠らせる東方入眠抄シリーズの特徴が今作でもきちんと出てます。

「05 生きる」と「06 触れ合い」は催眠色が多少強くなります。
前者は深呼吸、後者はカウントとお馴染みの要素を盛り込み
川の音そのものにも暗示を込めて体の中にある悪いものを洗い流します。

「水の中に お前さんの心が溶けていく 心が じわーっと広がっていく その感覚が 気持ちいい」
ただ流し続けるよりも催眠と絡めていったほうが効果的に癒せますから
本作品らしい理に適ったアプローチと言えます。
同時に彼女に腕枕されてるイメージを挟んだりと
ストレートに眠らせるのではなく、色んな方向から働きかけて少しずつ眠りやすい状況を作ります。

後半の2パート20分間は安眠に向けてさらに前進します。
「07 死神」は両腕、両足、胸を彼女が個別に擦って脱力感を与え
「08 心」は「落ちる」などの深化させる暗示や彼女の寝息を流して彼を寝かしつけます。

「私が腕を撫でると すーっと力が抜けていく」
「落ちる 落ちる 意識が落ちていく 心地よい眠りへと 落ちていく」

ピアノBGMを流したり川の音だけが流れる時間を挟んでるところはやや独特ですが
どちらも状況に合った技法や暗示を使って堅実に癒すことを心がけてました。
このへんまで来ると意識のぼやけや体の脱力を実感できるでしょうから
そのままぼーっとしてれば自然に眠れると思います。
時間に対するセリフの量を少なめにしてるのも目的を見据えてて良いです。

このように音、セリフ、音楽、催眠の技術を組み合わせたバランスの良い催眠が繰り広げられてます。
心地いい作品
聞いてるだけで勝手に眠くなる癒しのパワーが強い作品です。

小町は不眠のせいで三途の川に迷い込んできた主人公を現世へ送り返そうと
船に乗せて2人きりになれる場所まで移動し、川の音を聞きながら会話したり催眠をかけます。
そしてパートごとに使う技術やアプローチを変えてより多くの人が眠れるようにリードします。

気さくで面倒見のいいお姉さんが催眠で寝かしつけるノーマル向けのシチュ
全編で川の音を流したり一部でピアノBGMを流す音を重視した作り
技術自体はシンプルにして彼女のキャラやシチュに合わせて行使する手堅い催眠。
キャラの個性や世界観をしっかり作ったうえで眠れるように仕上げてます。

中でも川の音は三途の川にいる雰囲気作りと純粋な癒しを提供する重要な役割を果たします。
音に暗示を込めるシーンがありますし、多少は音モノとしての側面も持ってます。
催眠音声なのでもちろん技術が一番大事なのですが
東方入眠抄シリーズの場合はボイスドラマ成分がそれなりにあるので
技術以外の部分をどう上手く使ってるかもポイントだと思います。

レビューを書く必要がなかったらそのまま寝てたくらい安眠効果が高いです。
シリーズの他作品と同じく解除音声が入ってませんから
視聴後に何かしたり出かける用事がある場合は無料作品でいいので必ず解除音声を聴いてください。

おまけは「三年四組、小町せんせー」とBGM2曲です。

CV:伊菜さん
総時間 1:06:34(本編…45:48 おまけ…20:46)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
66分で440円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「あまがみドロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、耳舐めの技術を教える変わった専門学校を舞台に
そこへ入学した女の子が先生の授業を受けながら立派な耳舐めストを目指します。

彼女の経験や技術によって耳舐めの音や責め方が変わるのが特徴で
最初は淫語を言うことすら恥ずかしそうな様子で控えめに舐めてたのが
卒業試験を迎える頃には色んな言葉責めをするようになり
耳舐めも外側、内側、奥を満遍なく舐めて心身をバランスよく盛り上げます。
耳舐めを通じて描く成長の記録
私立耳舐め学園の生徒「まい」や教師の「さゆり」に耳をたっぷり舐められるお話。

「さて そろそろ授業を始めましょうか」
さゆりは明るくてお淑やかな声のお姉さん。
「は、はい よろしくお願いします」
まいは可愛くて大人しそうな声の女の子。
実戦演習をするはずなのにもう主人公がいるのでまいがその理由を尋ねると
さゆりがそれに答えてから耳舐め学園と耳舐めに関するお話をします。

本作品はASMRの耳舐め配信のスペシャリストを育成する学校で
まいがさゆりの指導を受けながらおよそ140分に渡ってエッチな訓練をします。
ここではバイノーラルマイクじゃなく生身の男性に耳舐めする教育方針を取っており
耳舐めモデルに選ばれた彼を相手に色んな責めを繰り出します。

サークルさんの過去作「咥えたら離さない 耳舐め大好きゆいちゃん!」と同じ世界の話ですが
ストーリーの繋がりは特にないので未視聴でも問題ありません。
ただしごく一部であちらのヒロインに関する話が出てきますから、視聴してる人はニヤリとすると思います。

最大の魅力はもちろん耳舐め。
エッチシーンのほとんど(およそ100分)で左右の耳を個別に、あるいは同時に舐め続けます。
授業形式でエッチを進めるため、さゆりはまいより一歩下がった位置に立ち
実演を交えて耳舐めのやり方や男性を興奮させる手段を教えます。

さゆり「ただ作業的に舐めてもダメなの 耳舐めをする時は こっちの感情もスイッチを入れて 楽しんでやらないとね」
まいと主人公はほぼ他人同士ですが、さゆりは恋人に近い雰囲気でやるように教えます。
耳舐め特化の作品にしては珍しく言葉責めを多めに挟んでくるので
ちゅぱ音を鳴らし続けるタイプの作品よりも気持ちを高めやすくなってます。
様々な淫語を言う、軽く見下す、赤ちゃん言葉を話すなどバリエーションが豊富です。

耳舐めの質感や動きについてもかなりレベルが高いです。
全体を見れば外側を舐めるシーンが多いですけど
物語の後半に入ると内側や穴の入り口を責める割合が増えてきます。
さゆりはコリコリしたやや力強い音、まいは水分高めのねっとりした音とキャラごとの違いも見られます。

まい「うわぁすごい さゆり先生の舌 とってもねっとりしてる」
まい「じゃあ お願いしてみて? 右耳も舐めてくださいって ほーらぁ」

エッチを重ねるにつれてまいが成長していくのも大きなポイント。
序盤はさゆりの耳舐めをドキドキした表情で眺めてたのが
終盤に差し掛かるとスムーズに耳舐めしながら軽く意地悪するややSな態度を取ります。
耳舐め自体もどんどんエロく激しくなっていきますから
音声を聴き始めた直後と視聴後で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。

演技力で持ち味を出すあたりは声優さんの個人サークルらしいなと。
初々しい女の子が男を責める快感に目覚めていく展開もギャップがあって面白いです。
「触手舐め」という独自の舐め方も登場するなどキャラ作りにも力を入れてます。
質量共に優れた耳舐め
エッチシーンは4パート111分間。
プレイは耳舐め、淫語責め、おちんちんに息を吹きかける、キス、オナニーです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

さゆり「それじゃあ早速だけど 私がモデル君の耳を舐めてるところ 見ててね」
説明を一通り終えて主人公の右手に密着したさゆりは
ひとまずまいに手本を見せて耳舐めの流れややり方を大まかに教えます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート47分間はまいの初々しさや不得手さを前面に押し出してるプレイ。
「2時限目 先生とモデル君と耳舐め基礎練習♪(約15分)」はさゆりにリードされながら
「3時限目 2人きりの耳舐め&隠語練習♪私の耳舐め…気持ちいいですか?(約32分)」は
次の日に彼と一対一で耳舐めのトレーニングをします。

まい「やっぱり 恥ずかしい でも私だって…」
彼女はSEXどころかキスすらしたことのない処女。
だからさゆりの耳舐めを見て驚いたり恥ずかしそうな仕草を見せます。
実際に左耳を舐める時もゆっくりペースで控えめなちゅぱ音を鳴らします。

さゆりが引き立ててくれることを加味しても実力差は歴然でした。
さゆりは流れるような舌さばきで微弱な刺激を送ってくるのに対し
まいは途切れ途切れに唇ではむはむするような音を鳴らします。
2人の違いを耳舐めで表現することで後半の成長ぶりをわかりやすくしてます。

まい「お、お、おちんちん わぁ 言えました」
3時限目は耳舐めに加えて言葉責めの練習もします。
おちんちん、オナニー、手コキといった淫語を恥ずかしそうな仕草で順に言い
それができた後は左右の耳を順に舐めてそちらも慣らします。
エッチの知識や経験が乏しいことを自覚したうえで頑張る姿が愛らしいです。

耳舐めも多少ではありますが成長の跡が見られます。
2時限目ではやらなかった息吹きを追加して耳にゾクゾク感を与え
その後はゆっくりペースで外側→内側→穴と一歩ずつ前進します。
奥を責める時は声の位置がさらに近づいて、音も低く鈍いものへと変わります。
また終盤には「密閉耳舐め」という舌先で穴を塞ぐプレイも登場します。

後半の2パート64分間は成長したまいを拝めるシーン。
「5時限目 耳舐め卒業試験~耳奧舐めから触手舐めまで!!まいの全力耳舐め♪(約40分)」は耳舐めストの称号を得るための試験を行い
「6時限目 さゆり先生とまいの本気の練習相手…耐えれるかな?♪(約24分)」は
再びさゆりが加わって2人で耳舐めの腕をさらに磨きます。

まい「もっと奥の奥まで いーっぱい舐めてあげる まだ精液出すのは 我慢してね」
まい「もっともっと ダメな子になっちゃいまちょうねー」

前回から1週間経った後なので彼女の態度や責めっぷりも随分違います。
恥ずかしがらずに淫語をどんどん言ったり、ややMな人が喜ぶ言葉責めをするなど
耳舐めしながら心を盛り上げるアプローチも積極的にします。
おちんちんの匂いを嗅ぐシーンもあったりしてプレイの幅が広くなってます。

耳舐めももちろん全体的にグレードアップしてます。
ペースはそれほど変わりませんが、吐息を交えてスムーズに責めるのでエロさが増してるし
舐め、吸い、啜りを組み合わせて後になるほど激しい音を鳴らします。
特にパート終盤ではピストンっぽい動きをする独特な耳舐めが登場します。
彼女がこのエッチを楽しんでるのも伝わってきて女性としても成長したように感じました。

6時限目は耳舐め特化だったこれまでと違いオナニーが加わります。
引き続き2人がおちんちんに触れることはないですけど、中盤から許可が出て効果音も鳴り始めます。
両耳舐め主体なおかげで耳舐めの密度も高いですし、本作品の中で最も抜きやすいパートと言えます。

このように、前半と後半で内容が大きく変わるちゅぱ音まみれのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の耳舐め作品
耳舐め作品で弱くなりがちな部分を補強してある総合力の高い作品です。

まいは自分が普段よく観てる耳舐め配信をする側になろうと
さゆりの授業やテキストを参考にしながらまずは男性との接し方や責め方を学びます。
そして十分慣れた後は言葉責めと耳舐めの両方に自分らしさを持たせて伸び伸びとエッチします。

男をまったく知らない女の子の耳舐め練習に協力する魅力的なシチュ
パートによって位置、距離、質感、動き、深さを変えていく耳舐め特化の凝ったエッチ
前半はまいの初々しさを、後半は成長した姿をお届けするキャラを活かした作り。
最大の武器である耳舐めをきっちり押さえたうえで他の要素にも手を伸ばしてます。

中でも3番目は同じ耳舐めでも前半と後半で内容がガラリと変わって驚きました。
耳舐め自体もそうなのですが、それに付随するプレイも強化してるのが素晴らしいです。
具体的には言葉責めの方向性、吐息の量、意地悪度の高低です。

最初から最後まで耳舐めをする時点でやれることがそれなりに制限されますから
キャラの成長具合を描いたり、教師と一緒に責めるスタイルにするのは良い工夫と言えます。
耳舐めの時に鳴るちゅぱ音も結構細かく変えてあってリアルです。

またおちんちんに触れられないルールを定めたうえで抜けるように仕上げてます。
耳舐め好きな人が一番楽しめるのは間違いないですけど
言葉責めも結構してくるのでちゅぱ音以外のエロさが高めでした。
事務的感がまったくなく恋人同士に近いエッチが楽しめます。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、吐息多め、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは4本目の満点とさせていただきました。

CV:まい…陽向葵ゅかさん さゆり…天知遥さん
総時間 2:28:34(本編…2:22:22 フリートーク…6:12)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月12日まで20%OFFの1144円で販売されてます。
前作も12月13日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「やみいち」さんの同人音声作品。
浮気、寝取られ、インモラルな作品を扱う一之瀬りとさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、甘え上手でエッチも大好きなJKが
姉の彼氏をストレートな色仕掛けで自分の虜にします。

暗さや重さをあまり出さずに逆寝取られするのが特徴で
姉が近くにいる時はこっそりと、いない時は大胆にリードしながら
欲求不満な彼が望むことをガンガンやって心をガッチリ掴みます。
罪悪感や背徳感を与える要素も多少はありますが、それよりもエロさを重視してるので
逆寝取られに興味があるけどなかなか手を出せなかった人も気軽に聴けると思います。
健気な姉と淫乱な妹
恋人の妹にあたる橋本真菜香とこっそりエッチするお話。

「ふぅ 結構集中しちゃったね 今日は課題 このくらいにしとこっか」
姉の奈々未は明るくて穏やかな声のお姉さん。
「ただいまー あれ? お客さん?」
真菜香は丁寧語で話す甘い声の女の子。
自宅で主人公と一緒に大学の課題をこなしてると、丁度真菜香が帰ってきたので彼に紹介します。

本作品は姉が持ってるものを何でも欲しがる性格をしてる彼女が
主に自宅でおよそ130分に渡るエッチをして彼を寝取ります。
彼と奈々未はおよそ1年前から付き合い始めてエッチも結構な回数やってますが
奈々未の提案で大学の試験が終わるまでエッチしない約束をしました。
そんなわけで欲求不満な彼を真菜香が女の武器でストレートに堕とします。

真菜香「近いですか? だって あたしからも文字読みやすいほうがいいかと思って」
勉強を教えてもらうのを口実に体を近づけて反応を見たり
彼の心情を把握したらすぐさま耳舐めして興奮させるなど
姉の恋人が相手でもためらったりせず最初からガンガン押す姿勢を取ります。

彼の容姿が好みで体の相性もいいのもあるのでしょうけど
やはり姉の彼氏を手に入れることに執着してるのだと思います。
奈々未とは今まで一度もしてない生ハメ&中出しを最初から許すなど
彼が望むものをどんどん与えて自分から離れられなくします。

エッチについてはサークルさんが「抜きどころ満載!」とおっしゃられてるだけあって質量ともに充実してます。
全編のおよそ80%をエッチシーンに割き、各パートをじっくり描いて無理なく射精へ追い込みます。
奈々未が近くにいる状況でイチャイチャすることが多いので
至近距離から囁いたり声を押し殺しながら喘ぐ控えめな責め方と乱れ方をしてました。

また物語の中盤に敢えて奈々未とエッチするシーンを挟んで姉妹の違いをわかりやすく表現します。
奈々未は責めるのがそこまで上手くはないけど献身的
真菜香は体への責めはもちろん、心のケアもできるドスケベキャラに描かれてます。
何も知らない奈々未が一途に愛してくれる姿に多少の背徳感が湧いてくるでしょう。

ちなみに寝取られ特有の暗さや重さはそれほどありません。
真菜香の誘惑が非常にまっすぐなので快楽堕ちっぽい展開になってますし
奈々未の扱いもそこまで酷くならない形で終わりを迎えます。
純粋なエロさを追求しながら寝取られのスリルを与える感じに組み立てられてるので
この手のシチュがよほど苦手な人でもない限り聴けるし抜けると思います。
近さとエロさの高いエッチ
エッチシーンは5パート108分間。
プレイは真菜香との耳舐め/手コキ/素股/玉舐め/手マン/フェラ/SEX(騎乗位、対面座位、正常位、バック)/乳首舐め/乳揉み/足コキ、奈々未とのキス/手コキ/フェラ/SEX(正常位、騎乗位)/耳舐めです。
手コキ、素股、手マン、SEX、足コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

真菜香「ねぇ お姉ちゃんがさせてくれないから 溜まってるんですよね? だったらぁ 見えないところでぇ こんなふうにされちゃうのとかも 興奮したりしますかぁ?」
奈々未が夕食を作ってる間に主人公から勉強を教えてもらってた真菜香は
彼の反応が敏感なのを見て溜まってると判断し、耳とおちんちんをゆっくり責め始めます。

エッチはお互いに責め合いながら進めます。
最初の2パート35分は主人公と真菜香が秘密の関係を結ぶシーン。
「01 カノジョの妹に興奮、しちゃう?(約8分)」は耳舐め+手コキと素股
「02 彼女が寝てる横で彼女の妹と背徳声殺しセックス(約27分)」は
色んな前戯を挟んでから3種類の体位でSEXします。

真菜香「最近してないから 溜まってるんですよねー? いいですよ あたしで都合よく性欲処理 しちゃっても」
彼女はこの時点から彼を寝取る気でいるので積極的に誘惑します。
01パートは耳元至近距離から粘っこいちゅぱ音を鳴らしつつ
おちんちんにおまんこを擦りつけて我慢できない状況へ追い込みます。
溜まってる時にこんなセリフを言われて心が揺れない男性はなかなかいないでしょう。
無理矢理犯したりせず、色んな飴を与えて彼が自分の意志で奈々未を裏切るように誘導します。

もしここで彼が拒絶してたら逆寝取られは成立しなかったはずですから
誘惑してきた真菜香1人の責任とは言い難いです。
これも暗さや重さを薄めるための演出のひとつだと私は考えてます。

02パートは奈々未が疲れて寝入った後なのでプレイも大胆になります。
手コキ→手マン→フェラと交互に責めてお互いの心と体を温め
SEXも騎乗位→対面座位→正常位と繋いでJKの体を存分に味わいます。
時間に余裕がある状況を活かしてどのプレイもゆっくりペースで責めてました。
さらに囁き声で話したりSEX中は吐息メインの喘ぎ方にしてこっそりやってる雰囲気を作ります。

真菜香「ほら 深いとこも 先っぽでぐりぐりさせて? お姉ちゃんのおまんこと 比べてみて?」
これらをする際に時折奈々未と比べさせようとするのが良いですね。
恋人を裏切ってることを印象付けて罪悪感を与えます。
あまり頻繁にやると抜きにくくなるので控えめにしてました。
JKに中出しする快感をくすぐったりと心への責めにも割と力を入れてます。

中盤の2パート49分間は姉妹の対比が光るシーン。
「03 彼女が居ない隙に浮気セックスざんまい(約27分)」は真菜香と
「04 彼女と罪悪感ラブラブセックス(約22分)」は奈々未とSEXメインのエッチをします。

真菜香「オナホ使うみたいに もっと乱暴でいいから もっとSEXしてるって感じが 子宮に欲しい あっ あぁっ そうっ それぇ あぁっ 気持ちいい」
ここはどちらも他人に邪魔されない環境でするため
特に真菜香は普段よりも大胆な責め方と乱れ方をします。
前戯は乳首舐めや足コキといったアブノーマルなプレイに挑戦するし
パート後半から始まるSEXも普通に喘ぎ声を漏らして彼の興奮を煽ります。

体位をバックに設定し「ぱすんっ」という弾力のある音をリズミカルに鳴らすあたりも
彼がすっかり彼女の体に溺れてるのがわかります。
最後はきっちり中出しを決めるなど、言葉よりも行為で彼の寝取られ具合を表現してます。

奈々未「ううん 別に無理してないよ その…大好きな人のためなら してあげたいなって」
そして真菜香と激しく愛し合った直後だからこそ(作中ではたぶん別の日)
04パートを聴いた時にそれなりの後ろめたさを感じます。
試験が終わり彼とエッチできるようになったことを素直に喜ぶ姿や
愛の言葉を言いながら一生懸命ご奉仕する姿が愛らしいです。

奈々未自身は料理上手のとてもいい女性なので
しばらくエッチできない状況じゃなければまず寝取られることもなかったはずです。
真菜香との違いが引き立つようにちゅぱ音や喘ぎ声を上品なものにしてました。
このパートは純粋なエロさよりもシチュを楽しむ意味合いが強いです。

最後の「05 彼女が料理中に隠れてセックス(約24分)」は最もスリルのあるプレイ。
01パートと同じく奈々未の料理中に今度はSEXを始め
さらに真菜香が自分から奈々未に話しかけて見つかる確率を上げます。

具体的な内容は伏せますけど、逆寝取られがテーマの作品としてはやや意外な結末を迎えます。
本作品の視聴者は一之瀬さん自身のファンや姉妹サークル「いちのや」のユーザーが中心になるので
後味をあまり悪くしないためにこういう締めくくり方にしたのではないかなと。
いちのやさんはあまあまでハッピーエンドな作品が多いですから
あまりにガチな逆寝取られにすると属性が離れすぎてて敬遠される可能性があります。

このように、キャラの個性を出しつつじっくり色仕掛けするやや背徳的なエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視の逆寝取られ作品
エロさや臨場感の高さを大事にしたエッチが味わえる割と聴きやすい作品です。

真菜香は現在姉と付き合ってる主人公を自分のモノにしようと
夕食前や奈々未が寝た後など彼がフリーな時間にストレートな誘惑をします。
そして彼が十分その気になった後は生ハメや中出しを味わわせながら
彼が責める機会を多めに設けて多少の罪悪感や背徳感も与えます。

恋人の妹に逆寝取られされるシチュ、奈々未にバレないようこっそりエッチする展開
真菜香と奈々未を比べるシーンを用意して罪悪感を煽る演出
リアルな声と音を組み合わせた抜きやすいエッチ。
他の女性に寝取られることよりもプレイそのものを厚く描く方針で仕上げてます。

中でも4番目は陰険さがあまりなくて雰囲気が結構明るいです。
真菜香が体を拘束してきたり、自分とエッチした事実を弱みにすることはありません。
耳やおちんちんをいじって純粋に気持ちよくしながら
姉よりも自分のほうが彼を満足させられることをアピールして心を引き寄せます。

逆寝取られがテーマなのでさすがにそれをまったく感じさせないわけではないですけど
通常の寝取られ作品よりもドロドロした要素が薄めであっさりしてました。
罪悪感や背徳感を煽るアプローチよりも純粋に興奮させるほうにずっと力を入れてるのが大きいです。

エッチはサークルさんがAVを参考に制作されたからか
ひとつのプレイを掘り下げるのではなく、色んなプレイを組み合わせて責めるスタイルにしてます。
SEXだけを見ても4種類の体位がありますし
ピストン音の質感やペースを小まめに変えてあってなかなか凝ってます。
さらに奈々未が近くにいる時といない時で喘ぎ方や音の鳴らし方も変えてます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
年下の女性に誘惑されるシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:橋本真菜香…一之瀬りとさん 橋本奈々未…陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:37

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月22日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



クイズ072-間違えたら寸止め。正解したら即射精できる新感覚オナニー(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「11.「第四問:あなたはSかMか?」」以降の様子を中心に紹介します。
射精に向けたさらなる追い込み
後編のエッチシーンは7パート59分間。
プレイはオナニー、SEXのおねだり、女の子のオナニー、嘲笑、喘ぎ声を流す、SEX(バック、騎乗位?)です。
エッチな効果音はありません。

77子「第四問 あなたはSかMかどっち?」
第一問~三問をすべて不正解した主人公に対し
77子はいよいよ彼の本質を問うクイズを出します。

エッチは前編と同じく終始彼女たちが責め続けます。
最初の6パート46分間は引き続きクイズに答えて射精か寸止めをするシーン。
四問目はSかMか?、五問目は1+1=?、と誰にでも答えられる問題を出します。

「お兄さん このおまんこに 勃起したチンポ 入れてもいいよ?」
四問目はアンケートっぽい内容ですけど、これまでの流れを考えれば正解は自然とわかります。
Mの側は女性に弄ばれる快感をセリフでストレートに煽り
Sの側は目の前でおまんこを見せつけてSEXをおねだりします。
オナニーを披露したり、亀頭だけおまんこに入れさせてくれたりとサービスがなかなか手厚いです。

シコシコボイスは1秒1コキのペースで流れ続けますから
暴発させるよりも彼の心を傾かせる意味合いが強いプレイと言えます。
クイズも終盤に差し掛かってるので、純粋なエロさを上げて後々抜きやすくしてるのでしょう。

回答パートも選択肢の内容をそのまま反映させてます。
片方は女の子がオナニーしてる音声を流しながら少しだけオナニーさせ
もう片方はカウントを数えるのに合わせておちんちんをしごき続けます。
後者は両側から嘲笑する声が流れ続けてこれまでのプレイと随分違います。

第五問は正解がわかりきってるので完全に聴き手の意志を確かめるシーンです。
正解してサクッと射精するか、それとも不正解を重ねて最終パートに進むか。
選択の結果によって射精の快感や視聴後の後味に大きな差が生まれます。
回答パートは疑似SEXを意識したオナニーになってて女の子が喘ぎ声を漏らしてくれました。

最後の「17.3P射精パート(約13分)」は全問不正解だった場合のみ聴けるパート。
簡単な問題を間違え続けた彼へのお仕置きに女の子たちがおまんこで責め続けます。

クイズのシステム上お仕置きと銘打ってますが
プレイが全部SEXなこと、きちんと射精させてくれることを考えれば
むしろご褒美と呼んだほうがしっくりくる内容です。
ちなみにピストンの様子は効果音ではなくシコシコボイスで表現します。

「いっぱい いっぱい…あっ 感じちゃえよ 変態」
「こんなピクピクしてるよわよわチンポ いっぱいいじめてあげるから」

前半と後半でパートナーが交代する流れになっており
前半は艶めかしい喘ぎ声を多めに漏らして射精を応援してくれます。
そして後半は(たぶん)騎乗位で責めながら軽く見下す言葉責めもします。
エロさだけを見れば前半のほうが上ですけど、本作品はM向けだから後半を最後のプレイに据えたのでしょう。
フィニッシュは中出しさせてくれたりと、これまでの頑張りを彼女たちなりのやり方で労ってくれます。

実際に聴いた感想ですが、パートによってプレイの内容が大幅に変わるのが面白かったです。
クイズ自体は本当に簡単なものばかりですぐさま正解がわかります。
だからシコシコボイスを流したり言葉責めしながら聴き手にどっちを選ぶか決めてもらいます。
プレイもややS~Mまで属性が広くてサークルさんの引き出しの多さを感じます。

全問不正解を選んだ場合は射精を我慢するのが結構きついです。
時間が長いこと、プレイが多彩なので快感に慣れにくいこと
パートを跨ぐ時以外の休憩時間が短めに設定されてるのが影響してます。
セリフとシコシコボイスを分離してるので言葉責め、ちゅぱ音、喘ぎ声もそれなりに入ってます。

このように、クイズの選択肢によって違うオナニーをする個性的なエッチが繰り広げられてます。
色んなオナニーが楽しめる作品
パートごとに異なるルールを定めて射精や寸止めするシステムが魅力の作品です。

春、涼、77子はクイズ072-に挑戦する主人公にオナニーを楽しんでもらおうと
全部で5つの問題を用意し、そのすべてに正解と不正解の選択肢を用意します。
そして無事正解した場合は射精して終わり、不正解の場合は寸止めを挟んでから次の問題へ進む、と
クリア難度やおちんちんへの負荷をある程度調整できるルールを設定します。

3人の女性がクイズ形式のオナサポをする珍しいシチュ
クイズの内容は簡単にしてその分オナニーを充実させる抜きやすい作り
選択肢の結果によってまったく違うプレイが出てくる変化に富んだエッチ。
問題に答えることを主眼に置いてる通常のクイズとは違い
オナニーをより面白く充実したものにする素材としてクイズを取り入れてます。


中でも2番目はバランスを間違うと一気に抜きにくくなる部分なので
小学生でもわかるくらいのレベルに下げてオナニーに専念しやすくしてます。
そして答えが簡単にわかるからこそ、自分の意志で不正解を選ぶ面白さも生まれてます。
クイズの選択肢に合ったプレイを繰り出すことも含めて
本作品を特徴づけるのに最も役立ってる要素と言えます。

あとは不正解を選ぶほうが得と感じさせてくれるのも良いなと。
最初はオナニーだけだったのが全問不正解すると彼女たちとのSEXまで発展します。
せっかくわざと間違えたのにその結果がしょぼかったら萎えますから
正解よりも手厚いプレイをすることで「選んでよかった」と思えるようにしてます。
ちなみに一部の正解パートは射精のさせ方がものすごく淡白です。

後編の射精シーンは3回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:春…沢野ぽぷらさん 涼…分倍河原シホさん 77子…藤村莉央さん
総時間 2:55:49

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「Delivery Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、違った属性を持つエッチ大好きな女の子たちが
長時間に渡る独特なオナサポで色んな快感を与えます。

クイズの選択肢によってプレイ内容が変わるのが最大の特徴で
正解した場合は射精、不正解なら寸止めして次に進むとふたつのルートを用意し
問題の内容に関連性のあるプレイを繰り出して悶えさせたり気持ちよくします。
パートによってオナニーの内容が随分違いますから、マンネリ感をあまり抱かずにできるでしょう。

総時間が175分もあるため前編(1~10)、後編(11~17)の2回に分けてお送りします。
クイズの結果でプレイが変わるオナサポ
77子、春、涼の出すクイズに答えながらオナニーするお話。

「ようこそ クイズ072-へ 司会は私 77子がお送りいたします」
77子は明るくて可憐な声の女の子。
クイズ072-のルールを手短に説明すると
各部屋にいる女の子たちの役割やオナニーのやり方について教えます。

本作品はクイズを楽しみながらオナニーすることを目的に
彼女たちがおよそ180分に渡って多種多様なプレイを提供します。
77子は司会なのでクイズの出題と正解を教える役に専念し
春(挿し絵左)と涼(挿し絵右)が左右に密着しながら誘惑したりオナニーの指示を出します。

77子「クイズの最中には 各部屋の中にいるお姉さんからのヒントをもらったり 誘惑をされたりします」
最大の特徴はもちろんクイズ。
各問題にAとBの選択肢を設け、そのどちらを選んだかによってプレイが分岐します。
正解を選んだ場合は射精パートに進みそこでオナニー終了
不正解の場合はオナニーしながら寸止めを繰り返して次のクイズに進みます。

今回紹介する前編(約108分)はオープニングから第三問まで
後編(約67分)は第四~五問&射精パートとクイズの数はそれほど多くありません。
ひとつひとつをじっくりこなして暴発を誘ったり射精へ追い込む丁寧なリードをしてくれます。
クイズ自体も18歳以上なら確実に答えられるだろうと言えるくらい簡単です。
つまり聴き手が射精のタイミングを自由に決められるようになってるわけです。

「そろそろ限界だから射精したいな」と思ったら正解すればいいし
「もうちょっとこの感覚を楽しみたいな」と思うドMな人はわざと不正解するといいでしょう。
最短で23分、最長で120分近くとエッチの時間もかなりの幅があります。

プレイについてはシコシコボイスに合わせてしごく王道のオナニーや
宣言された数字の数だけしごくノルマ式オナニー
赤ちゃん言葉で話しながら授乳手コキする幼児プレイ色の強いものなど多種多様です。
セリフとシコシコボイスを同時に流すシステムになってるおかげで
耳舐め+オナニーや乳首舐め+オナニーといった複合責めも積極的にやります。

基本的に出題パートは春と涼が2人で責め
回答パートはそれぞれに対応する女性キャラが一対一でお世話します。
結構過酷なプレイをするパートもありますから属性はM向けかなと。
言葉責めはそれほどやらず、体をがっつり責めて射精を我慢しにくい状況に追い込みます。

クイズに答えながらオナニーする展開と多種多様かつ濃厚な責め。
珍しい要素を盛り込みつつきっちり抜けるように仕上げたやり応えのある作品です。
射精するか、我慢するか
前編のエッチシーンは9パート93分間。
プレイはクイズに答える、オナニー、耳舐め、授乳手コキ、キス、パイズリ、乳首オナニーです。
手コキ、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「第一問 江戸幕府の初代将軍は?」
クイズ072-に関する説明を一通り終えた77子は
早速第一問として歴史に関する有名な問題を出します。

エッチは春や涼に言われた通りオナニーします。
最初の3パート30分間は本作品のエッチに慣れることも見据えた割かしソフトなプレイ。
「2.「第一問:江戸幕府を開いたのは?」」はゆっくりオナニーしながらどちらが正解かを考え
「3.「第一問:Aを選んだ人へ」」「4.「第一問:Bを選んだ人へ」」で
それぞれの結果に合ったプレイを楽しみ射精or寸止めをします。

ちなみに今回のレビューは普段よりもネタバレ度を下げてお送りします。
具体的には77子以外のセリフを春と涼のどちらがしゃべってるかや
AとBの選択肢と正解、どちらのプレイがそれぞれにあたるかなどを伏せてます。
クイズの性質上これは仕方ないことなのでご了承ください。

出題パートは春と涼のエロさや色仕掛けテクニックが光る場所。
左右に密着し自分が担当する選択肢に関することを言ってそちらを選ばせようとします。
そして体は1秒1コキのペースでシコシコボイスを流しながら両耳を舐めまくります。

「射精したいか 寸止めしたいか あとはお兄さんが 決めるだけ」
オナサポ作品でクイズに寄せると抜きにくくなるので
そのへんは軽く触れる程度にしてオナニーを時間いっぱいできるようにしてました。
このまま射精するか、それとも寸止めを挟んで次に進むか自由に選べる緩さを持たせてあります。

3~4は冒頭に正解を教えてからそれぞれに合ったプレイに移ります。
片方はシコシコボイスを流さずカウントに合わせて追い込む
もう片方は緩めのシコシコボイスに合わせてやるといずれも王道の責め方です。
どちらかと言えば前者のほうがきつく感じました。
カウントを何度も数えるのではなく、1回に絞ってパート終了が近づくほどハードにしごかせます。

プレイに幅広さが出てくるのは次のシーンから。
第二問は1~100までの数字を足すといくつになるか(約38分)
第三問は男の子がもっとも感じるのはどっちか(約25分)と簡単なクイズを出して
それぞれに合った落差の大きいプレイを繰り出します。

「そろそろ チンポが射精しちゃいそうだから お兄さんには 救済措置を与えまーす」
この中で最もハードなのは第二問の回答パートに出てくるノルマ式オナニー。
合計で4桁クラスの回数しごく目標を掲げて数字をどんどん宣言します。
数がとんでもなく多いので全力でしごき続けてもまず追いつけません。
だからパート中盤に女の子がとある救済措置を出します。
こっちは主に心を責めることを意図してて両者のバランスを取ってます。

「おっぱいが大好きな変態ちゃん もっともーっと甘えん坊なおちんちんにしてくだちゃいね」
逆に最も甘いのは第二問のもうひとつを選んだ場合に聴くパート。
女の子がママになりきって赤ちゃん言葉を言ったり授乳手コキします。
シコシコボイスを一切流さないのでオナサポ成分は低くなってますが
代わりに手コキ音を鳴らしてある程度オナニーできるようにしてます。

他のパートがほとんどM向けだから余計甘さが引き立ってました。
終盤にはパイズリまでしたりと至れり尽くせりなご奉仕が味わえます。

第三問はおちんちんに加えて乳首オナニーが登場します。
「つね つね」という掛け声をゆっくりペースで流し
別の位置からシコシコボイスも流して両方を同時に刺激します。
掛け声の内容から乳首を指でつまんで潰す感じにいじるのでしょう。
これまでよりも快感が強くなるので射精の我慢がより難しくなります。

前編部分をまとめると、抜きやすさをとても意識してるように感じました。
クイズは歴史や算数といったエロと無関係なものが中心になっており
AとBどちらを選ぶかは好きに決めさせて、春と涼はストレートに誘惑するのを頑張ります。
そして回答パートはクイズの内容に沿ったプレイを繰り出して個性を出します。
各問題に射精ルートが用意されてるので暴発する可能性も低めです。

あとは全体的にリードが丁寧です。
シコシコボイスを流す時間を多めに取ってあるし
それ以外もカウントやノルマ式といった別の手段でオナニーをきちんと制御します。
第三問では乳首オナニーを加えて変化をつけるなど
長時間作品の利点を活かして色んなプレイを楽しませてくれます。

前編の射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
クイズ072-間違えたら寸止め。正解したら即射精できる新感覚オナニー(後編)

CV:春…沢野ぽぷらさん 涼…分倍河原シホさん 77子…藤村莉央さん
総時間 2:55:49


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「電撃G's magazine」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、元お隣さんで今は近くの学校に通ってる女の子が
仕事を頑張りすぎてる男性を健全なサービスで癒します。

音よりも会話を重視し、さらにセリフごとの間を長く取ってのんびり進めるのが特徴で
昔のことや彼女の気持ちなどシーンごとに異なる話題を取り上げながら
疲れや眠気を感じてても無理なく聴けるように語りかけて内側から癒しと温もりを与えます。
アニメやゲームで活躍中の日高里菜さんが声を担当されてるのも魅力です。
幼馴染と過ごす穏やかなひと時
見雪静音(みゆき しずね)がマッサージ、耳かき、添い寝をするお話。

「お邪魔します 鍵 開けっぱなしだった 不用心」
静音は可愛くて素朴な声の女の子。
主人公の家にやって来て彼が疲れてることを心配すると
2人の関係を軽く話してから額に手を当てて熱がないか確認します。

本作品は昔から隣同士でずっと仲良くしてきた彼女が
仕事のせいで疲れを感じてる彼をおよそ90分に渡ってあれこれお世話します。
現在彼は1人暮らしをしてますが、その場所が彼女の通ってる高校から近く
学校帰りや休日を利用してたっぷりイチャイチャします。

「私 手が冷たいってよく言われるし 他のところも 撫でてあげようか?」
そして彼女は手で体に触れたり撫でるといったタッチヒーリングをよく使います。
疲れてる時は誰かに甘えたいとか、人肌が恋しいと思うことがあるので
家で1人な彼をリフレッシュさせるにはこれがいいと判断したのでしょう。
全年齢向けなのでエッチな描写は一切ありませんけど
ほっぺを手で挟んだり自分から抱き着いて添い寝するといった割と大胆なことをします。

また全編を通じて音よりも会話の量を大幅に増やし
セリフを細かく区切って間を長く取りながら話しかけて落ち着ける空間を作ります。

実際に聴いてみると会話メインなのに無音の時間が通常よりも多くなってます。
忙しい人ほど心の余裕がなくなりますから、こうやって頭を空っぽにしやすい環境を整えます。

現在の全年齢向け作品はASMRが主流になってるので
それとほぼ真逆の路線を歩んでるのは意外でした。
でも日高さんのような有名声優を起用してる作品なら声メインにしたほうが持ち味が出ると思います。

「実はね 私 ちょっと調べてきた 疲れてる人を どうやったら癒せるかなって」
ヒロインを務める静音は面倒見がよく物静かな女の子。
彼が疲労で顔色が悪いことを素直に心配し、自分に何ができるか考えて実践します。
公式設定では彼に恋愛感情を抱いてることになってますが
それよりも妹のような距離感で接してました。
最中の会話も何気ないものが多く、時間がゆっくり流れていくのを感じます。
健気で温かいサービス
前半の4パート54分間はタッチヒーリングを主軸に据えたサービス。
01は頬に手で触れる、02は耳を片方ずつ撫でる、03は両耳と頭を撫でる
04は耳かきと主に首から上をお世話しながら色んなことを話して場を和ませます。

「あの時の私 入るのにノックもしなかったね 今にして思えば 本当のお兄さんみたいに思ってたから…かな」
「頭撫でたり 耳触ったり 本当に 昔のお返しだね」

01と02はまだ序盤なので2人の関係や仲の良さを表現することに力を入れてます。
昔からの付き合いなこと、その時は一緒のベッドで寝てたこと
そして彼に頭を撫でてもらったことなどをぽつりぽつりと話し
今回のサービスが彼を心配する気持ちや恩返ししたい思いによるものだと聴き手に教えます。

素朴さや自然さが出るよう一気に語らず多少分散させてました。
兄のように近しい男性を自分なりのやり方で癒そうとする姿が健気で愛らしいです。
また耳を撫でる時は「すしゅー」という滑らかな摩擦音が鳴ります。
量は少なめなので音よりも会話を楽しむシーンだと思います。

「なんか シャンプーしてるみたい 痒いところは ございませんかー?」
03と04は01~02よりも少し後のお話。
どうやれば効果的に癒せるか調べてきた彼女が前回よりもやや大胆なお世話をします。
ベッドの横から彼に触れるスタイルから膝枕に変更し
自分が今学校でやってることを話したり耳と頭を撫でて心身をバランスよく癒します。
上のようなセリフが出てくるなど、彼女もだんだん彼をお世話するのに慣れてきたのがわかります。

04の耳かきは約9分と短いものの、効果音の割合が他より高くなってます。
右耳→左耳の順に綿棒のみを使って掃除し、どちらも仕上げに2回息を吹きかけます。
綿棒は「すしゅっ」という滑らかな音が使われておりゆっくりペースで鳴らしてました。

個人的に面白いなと思ったのが「05 静音といっしょに森林浴にいこう?(約13分)」。
今度は日曜の朝に主人公の家を訪れた静音が近くの公園へ森林浴に誘います。

「ちょっと 肩 借りるね 外なのに くっついちゃった」
このパートだけは鳥の声や木々のざわめきといった環境音が入っており
声だけだった他のパートと聴いた時の印象が随分違います。
他にも移動中は落ち葉を踏みしめてるような足音が鳴ってました。
野外なのでタッチヒーリングは避けてお話しながら体を預ける程度に留めてます。

終盤の2パート18分間は安眠を見据えたサービス。
家に戻ってから06は添い寝、07は彼女の寝息や寝言を聞いて眠りにつきます。

「こうして抱きしめてると 体だけじゃなくて 心もあったかくなる」
これまでよりも声の距離がさらに近づき
ハグしながら雑談する素朴で温かみのあるひと時が味わえます。
後になるほど彼女が眠そうになるのも印象的でした。
彼を癒せたことによる満足感と多少の疲れで気持ちが緩んだのでしょう。
サービスを通じて彼だけでなく彼女も癒しを感じてるのが伝わってきます。

このように、彼女の属性や2人の関係を色濃く反映させた穏やかな物語が繰り広げられてます。
一体感が味わえる作品
年下の幼馴染が親身に癒してくれる王道のイチャラブ系作品です。

静音は休日も返上して仕事に励んでる主人公を少しでもリフレッシュさせようと
放課後や休日を利用して彼の家に出かけてタッチヒーリング、耳かき、添い寝をします。
そしてその最中に色んなことを話して心もぽかぽかにします。

小さい頃から仲良くしてる女の子が健全な手段であれこれお世話するノーマル向けのシチュ
音よりも会話を増やし、何気ない話題をゆっくりのんびり語るゆとりを持たせた作り
有名声優さんらしい自然で安定感のある声と演技。
音に頼らず声や言葉で癒すことを意識しながら作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんがおっしゃられてる
「静音との時間は、とにかくゆっくりのんびり過ぎていきます」をそのまま具現化してて良いです。
会話量が多くなるとどうしても思考力が働いて眠りにくくなるので
間を長く取ったり他愛もない話題を多く入れて上手くカバーしてます。
彼女の物静かなキャラとも合ってるし統一感があるなと。

「一緒に寝たら 同じ夢 見るかもね そうだったら 私はすごく 嬉しいかな」
会話も彼を労わるセリフと彼女の内面をバランスよく混ぜてあって質が高いです。
本作品でするのは専門店のサービスではありませんから
彼と一緒にいられて嬉しいとか、癒せて幸せといった気持ちも入れたほうが臨場感が出ます。
タッチヒーリングが多いことも含めて一体感が味わえるように作られてます。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
ボーナストラックは「静音のこと聞いてほしいかな」です。

CV:日高里菜さん
総時間 1:34:02(本編…1:25:01 ボーナストラック…9:01)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月2日まで20%OFFの1144円で販売されてます。

現在の催眠音声には様々な固有ジャンルが存在しますが
その中でも女体化は人気が高く、歴史が長く、作品数も多いです。
今回はその女体化をほぼ専門に制作されてるKUKURIさんを紹介します。
女体化をひたすら追求するサークル
KUKURIさんは現在活動されてるサークルさんの中でも最古参にあたり
現時点で有料作品が36本とかなりの数にのぼります。
無料もそれなりに出てますし、販売が終了した作品もあるので実際はもっと多いです。

それらのほとんどに当てはまるのが女体化をテーマにしてること。
活動初期は「痴漢レッスン」や「露出レッスン」といったストレートな内容だったのが
ある程度経つとファンタジー世界に入り込んで触手に犯されるとか
敵対する勢力に捕らえられて連続絶頂させられるといったより仮想的でハードなものへと発展します。

アニマ2~女体化体験~


古い時期の名作といえば「アニマ2」です。
男性の中にある女性要素を増幅させることをテーマに掲げ
十分な時間をかけて催眠誘導と女体化をじっくり行います。
エッチもSIDE AとBの2種類を用意し、それぞれで異なる属性のプレイをしてイかせます。

この作品が発売された2010年は女体化の手法が今ほど確立されてなかった時代ですから
その状況でここまでのものを作るというのはなかなかできないことです。
今でもダウンロード数が最も多いですし、KUKURIさんを語るうえで外せない一品と言えます。

MATERIAL DOLL IN TO THE DEEP


中期の作品ですと私はこちらが気に入ってます(2014年7月発売)。
男性の体から女性に直接変えるのではなく
生体ドールの中に心だけを移し替える独特な女体化が行われてます。
エッチも3つのレッスンを通じて少しずつ女性の体と快感に慣れていきます。

KUKURIさんは昔も今も催眠のかけ方が丁寧で
凝視法(天井を見つめさせながら瞼が重くなる暗示を入れる)や
作品のイメージに合ったやり方で深化させることを得意としてます。
女体化は普段とは違う自分になりきる必要があるので、当然催眠もより深いほうが楽しめます。
イメージを使うのも物語の世界へ入り込みやすくする意図が見られます。

EUPHORIA~悦楽の車両~


ここ数年はEUPHORIAというシリーズ作品を手掛けられてます。
これはわかりやすく言うとネットゲームの世界に入り込んでエッチするような内容で
催眠をかけてから自分がなりたい女性像(アバター)をイメージし
プログラムによってまったく違うキャラになりきってエッチを楽しみます。
満員電車で痴漢に遭う、年下の男の子にエッチの手ほどきをするなど作品によって内容が随分変わります。

現在のKUKURIさんは今年6月に「触手の飼い方~卵・餌篇~」という斬新な作品を発売されてます。
技術と発想力を兼ね備えてるサークルさんなので
今後も無理のない範囲で面白い作品を世に送り出してくださることを期待してます。

次回は音モノや催眠アニメを切り開いたドM向けのサークルさんを紹介します。



サークル「スタジオりふれぼ」さんの同人音声作品。
今年10月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、世話好きでエッチも大好きなメイドが
仕事熱心なご主人様を色んなプレイで気持ちよく癒します。

優しい言葉をかけながら耳やおちんちんをじっくり舐めたり
SEXシーンでは生ハメ&中出しを許してエロ可愛い喘ぎ声を漏らすなど
メイドらしさを出しつつ丁寧にご奉仕するのが特徴です。
仕事の後はメイドとイチャイチャ
清瀬めぐみと4種類のエッチをするお話。

「失礼いたします ご主人様 ご奉仕にまいりました」
めぐみは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声のお姉さん。
主人公の部屋にやって来て早速肩もみを始めると
頑張りすぎてる彼に労わる言葉をかけて心もほぐします。

本作品はメイドのイメージにぴったりの献身的な彼女が
頑張り屋な彼をおよそ120分に渡るご奉仕でリフレッシュさせます。
主従の間柄ですがそれよりも恋人に近い距離感になっており
優しい言葉をかけながらあれこれお世話して気分よく射精させます。

「キス したいですか? はい いいですよ 私もキス したいです」
物語の冒頭に彼のことが大好きと言って自分の気持ちをアピールし
エッチ開始後は彼が望むことをガンガンやって心身両面を幸せにします。
女性上位のスタイルですが言葉責めは特にしないのでM性はまったくありません。
焦らす時もゆっくり責めるあたりに留めて意地悪さを薄めます。

またタイトルを見ればわかるように本作品は子作りをテーマのひとつに掲げてます。
エッチの約半分をSEXシーンに割き、どちらも生ハメ&中出しを決めるなかなか踏み込んだ内容です。
ピストンも結構激しくてエロ可愛い喘ぎ声をたっぷり漏らしてくれます。
SEXに限って言えば彼よりも彼女のほうが楽しんでるように映りました。

もうひとつ、これは個人的な感想ですがプレイ中に鳴る効果音のレベルが高いです。
具体的には質感が良い、セリフや喘ぎ声に合わせて鳴らす
同じプレイでも状況に応じて水分が変わるといったところです。
2作目の段階でここまでやれるなら十分だと思います。

世話好きなメイドがとことん尽くしてくれる甘い展開と声や音にこだわったエッチ。
メイドの特徴を押さえたうえで抜きやすさにも配慮してるノーマル向けの作品です。
一体感を大事にしたエッチ
エッチシーンは4パート88分間。
プレイはキス、フェラ、SEX(騎乗位、立ちバック)、耳舐め、手コキです。
SEX、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それではズボン 失礼いたしますね あぁ もうこんなに大きくなって 見ている私もドキドキしてしまいます」
肩もみの後にキスして主人公を興奮させためぐみは
すっかり大きくなったおちんちんをうっとりした表情で眺めます。

エッチは一部を除き彼女が責めるスタイルで行います。
前半の2パート48分間は彼女の魅力を出しつつ比較的ゆっくり愛し合うシーン。
「TR02_フェラたっぷり・高速バキューム♪(約23分)」はフェラ
「TR03_騎乗位セックス・ささやき♪(約25分)」は耳舐めとキスを交えた騎乗位SEXで合計3回射精します。

エッチに入るまでが割とスムーズだったのを見ると、たぶん2人は普段からよくエッチしてるのでしょう。
シャワーを浴びてないおちんちんに嫌な顔ひとつせずしゃぶりつき
亀頭舐め、バキュームフェラ、ピストンフェラと色んな責めを繰り出します。

時間に余裕がある状況を活かしてどのパートもメインのプレイを濃く表現してました。
射精時はそのまま口で受け止め飲み干すなど、プレイを通じて彼に尽くす姿勢が伝わってきます。
欲を言うならフェラを始める前にチン嗅ぎを挟んで欲しかったです。

「繋がりながらキスするの すごく気持ちいいです」
TR03は子作りに直結するプレイなだけあって心の距離も縮めます。
騎乗位で挿入してから4分くらい緩めのピストンを続け
休憩がてら耳舐めとキスを挟んでから激しい責めに変わります。
彼女視点のセリフが非常に多いおかげで何を思い、感じてるかがわかりやすいです。

彼女が感じやすい体質だからでしょうけど
本作品のSEXは2パートとも彼女のほうが絶頂回数が多いです。
「あんあん」みたいな可愛い感じの声を積極的に漏らしてくれるので
甘さとエロさを兼ね備えたプレイに仕上がってます。
彼にご奉仕するつもりが逆に楽しんでる展開も微笑ましいなと。

後半の2パート40分間は翌日のお話。
「TR04_手コキ・洗脳ささやきボイス♪(約21分)」は焦らし気味の耳舐め手コキでじっくり追い込み
「TR05_立ちバック・高速ピストン♪(約19分)」は立ちバックでお互いに責め合い再度種付けします。

TR04は音の扱い方が耳を惹くパート。
開始直後はさらさらした緩い摩擦音だったのが徐々に水気を帯び始め
終盤に差し掛かると粘っこい音に変わってペースも一気に上がります。
カウパーの分泌具合を音で表現してるのでしょうね。
「しーこ しーこ」の掛け声に合わせて音を鳴らしたりと音に対するこだわりを感じます。

「イキすぎて バカになりゅぅ」
「出てましゅ 出てます ご主人様の 熱くて濃い精液」

最後のTR05は逆に激しさを前面に押し出した内容。
前半は彼が、後半は彼女が責める形で行い
最中は彼女がアヘ声交じりの喘ぎ声をたっぷり漏らして気持ちいいことをアピールします。

TR03の騎乗位SEXが割と大人しかったので余計エロく感じました。
彼が射精するまでに何度もイクため喘ぎ声が好きな人ほどオナニーがはかどります。
めぐみ役の柚木つばめさんも熱のこもった演技をされてて一番の抜きどころと言えます。

このように、子作りを意識しながら恋人に近い距離感でイチャイチャする甘いエッチが繰り広げられてます。
癒されながら抜ける作品
優しくて面倒見のいいメイドが色々お世話してくれる大衆性の高い作品です。

めぐみは主人公から仕事の疲れをスムーズに取り除こうと
メイドらしく礼儀正しい態度で接しながら耳やおちんちんを丁寧に刺激します。
そしてエッチの約半分をSEXシーンに割いて子作りにも励みます。

お淑やかでエッチに積極的なメイドがご主人様を気持ち良くするノーマル向けのシチュ
事務的感や堅苦しさを排除し、恋人を労わるような姿勢で親身にお世話する甘いリード
時間、内容いずれもSEXに最も力を入れてるテーマに沿ったエッチ。
主従と恋人のいいところを組み合わせたような作品に仕上がってます。

中でも3番目は騎乗位がゆっくり責めるイチャラブ路線
立ちバックは野性味を持たせたガチエロ路線と方向性に大きな違いを持たせてます。
乱れ方も変えてありますし、本作品の鍵となるプレイなだけあってきちんと作られてます。
あとは最初のフェラもちゅぱ音を上手に使い分けてて抜きやすいです。
私個人は声優さんの演技が光ってる作品と見てます。

「脚を開いて スカートをめくって ゆっくりと腰を下ろして…んっ」
気になったのはセリフの表現方法。
上のように細かな行為に至るまで実況してて聴いた時の印象がやや硬いです。
音声は声と音で表現する媒体ですから、声優さんがしゃべった時に違和感が出なくなる言い回しにしたり
ある程度は声や音に任せたほうが品質は上がると思います。
本作品の場合は音の扱い方が上手なので、それとの折り合いがついてたらより良い作品になったでしょう。

射精シーンは5回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:57:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月10日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第67回目は穏やかな物腰のダークエルフが
現実世界とは別の場所へ連れて行き屈辱的なエッチをプレゼントします。

エッチの開始直後に恥ずかしいポーズを取らせて羞恥心を煽ったり
彼女の唾液を性感帯に吐きかけて体の熱を高めるなど
Mな人が喜ぶ要素をいくつも盛り込んだ変態向けのプレイを行います。

事前に目隠し(アイマスクやタオル)を用意しておくとより楽しめます。
ダークエルフとする不思議なエッチ
ダークエルフに催眠をかけられ2種類の絶頂をするお話。

「こんにちは それとも こんばんはですか?」
ダークエルフは丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や環境を丁寧に説明すると
惨めな格好をしてる主人公を軽く見下します。

本作品は普段よりも恥ずかしくて屈辱的なエッチを味わわせることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりM度の高いエッチをします。
催眠は2人が現実世界から別の場所に移動する様子を絡めたシンプルな誘導を行い
エッチは長めの時間を取って心身両面をバランスよく盛り上げます。

「すごいですねぇ 私の唾と あなたのおちんぽ汁が混ざり合って すごくドロドロになってますよ」
モルモットストリップさんと言えばド変態向けの作品をよく制作されてるサークルさんです。
今作もその例に漏れず恥ずかしいポーズを取らせる、彼女の唾液を吐きかける
情けない言葉を言いながら絶頂するといったM向けの要素が充実してます。

他人に見られたら色々とヤバいですから視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

時間、内容いずれもエッチ重視で属性の合う人ならきっとハマるでしょう。
暗示やイメージで気持ちよくすることが多い通常の催眠音声とは違い
言葉責めや羞恥を煽るアプローチといった同人音声向けの責め方と組み合わせてます。

ダークエルフが相手するのに普通に催眠をかけるだけでは個性が出ませんから
敢えて催眠の割合をやや下げてこういうハイブリッド型にしたのだと思います。
声は上品に、責め方は下品にとギャップを持たせてあってゾクゾクします。
ストレートに落とす催眠
催眠はおよそ17分間。
目隠しをしてからまずは2分くらい深呼吸を続けて気持ちを落ち着けます。
そして自分が今いる空間が下へ移動する様子をイメージしながら
ダークエルフの言葉に耳を傾けて催眠状態を深めます。

ちなみに本作品は座って聴くことを想定してます。
寝て聴くのも一応可能ですが、エッチでポーズを取る時にやりにくく感じるかもしれません。

「空間が 一番下に到着した時 あなたは完全に催眠状態に入ることができ さらに あなたは気持ちのいい世界の 住民になれます」
彼女によるとこの催眠を受ければ気持ちいい場所に移動できるそうです。
だから空間のイメージをさせながら下がれば催眠状態も深くなると告げます。
わかりにくい人はエレベーターに乗ってる様子をイメージするといいでしょう。
後になるほど意識のぼやけが強くなって気持ちよかったです。

「どんどん体の力が抜けていきます 体も どんどん温かくなっていきます 体が温かくなると 今度は考えるための力が抜けていきます」
深化と並行して脱力も入念に行うのが良いですね。
催眠が深まれば体の力が抜ける、力が抜ければ温かくなるといった具合に
それぞれを関連付けて心地いい感覚が強くなるよう導きます。
そして別世界に到着した後は復唱形式でそれを受け入れさせて心の準備を整えます。

深化と脱力をほぼ同時に行う変わったスタイルの催眠です。
聴き手を今よりも気持ちいい世界へ案内することを目的に
軽い深呼吸から入ってイメージを交えた深化&脱力、そして入国のための宣誓と
物語に沿った形でリラックスと催眠状態を高めます。

エッチが売りの作品ですけど催眠のレベルも高くてスムーズに入れます。
私が聴いた時も最初は意識のぼやけ、次に脱力感が湧いてきました。
変態向けの要素は特にないので落ち着いた気分で聴けます。
心を解き放ってくれるエッチ
エッチシーンは36分間。
プレイは恥ずかしいポーズを取る、おちんちんに唾をかける、フェラ、潮吹き、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
最初から全裸の状態で聴きます。

「あなたにはもっと 屈辱的なポーズをしてもらいます」
催眠を使って主人公を気持ちいい世界に招待したダークエルフは
現実世界だとなかなかできないポーズを取らせて羞恥心を煽ります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の26分間は感度上昇から1回目の絶頂に持っていくシーン。
両脚を開き、両腕を上げて頭の上に置き、舌を出して服従のポーズを取り
彼女がおちんちんや乳首に唾を吐きかけて心身の熱を上げます。

「大したおちんちんでもないのに なんでそんなに自慢げに 見せつけているんですか?」
彼女の唾液には強烈な媚薬成分が含まれてるらしく
カウントを刻みながら暗示を入れてその感覚を上手に伝えます。
さらに通常の言葉責めや痴態を見られる快感をくすぐって普通に興奮させます。
恥ずかしいポーズを取ることに快感を覚えさせるなど、アプローチの内容が結構多彩です。

また彼女が唾を吐きかける時は「ぺっ」というちゅぱ音を実際に鳴らします。
声のイメージとは違う音にしてて下品さが引き立ってました。
このシーンはおちんちんに指一本触れないので主に心がゾクゾクすると思います。

絶頂は長めのカウントに合わせて潮吹きを迎えます。
実際にそうなるのは難しいでしょうから、目指すならドライのほうが妥当かなと。
5カウント毎に長めのセリフを挟んで丁寧に追い込んでました。

続く10分間は体のほうも気持ちよくするシーン。
軽い深呼吸で息を整えてからおちんちんを握って好きなペースでしごきます。

「ザーメン噴射する時は ちゃんと 〇〇って なさけなーく報告してからお願いしますね」
絶頂形式が変わっても彼女の責めっぷりは変わりません。
おちんちんに唾を吐きかけながら情けないセリフを言わせてマゾ射精に導きます。
本作品のエッチは主に絶頂シーンで復唱する指示が出ますから
可能なら声に出して言ってみるとより興奮が高まるでしょう。

このように、恋人相手ではまずできないアブノーマル路線のエッチが繰り広げられてます。
穏やかで変態度の高い作品
個性的でバランスも取れてるエッチが魅力の作品です。

ダークエルフは現実世界ではなかなか味わえない体験を主人公にさせようと
まずは催眠を通じて別世界に移動し、変態プレイをしても許される状況を作ります。
そしてエッチは痴態を見られる快感、唾を吐きかけられる屈辱感と体の疼き
潮吹きと射精による純粋な快感といった色んな要素を組み合わせてもてなします。

声と責めっぷりにギャップのあるダークエルフが独特なエッチをするM~ドM向けのシチュ
物語の流れに合わせて技術を行使するシンプルで無駄のない催眠
Mな人が喜ぶことをガンガンやって心身を盛り上げるサークルさんらしいエッチ。
発売から9年以上経った今でも十分個性的と言える作品に仕上がってます。

中でもエッチは催眠パートの倍以上の時間を割き
イメージ、暗示、通常の責めを駆使した複合責めを行います。
唾液に含まれる媚薬で気持ち良くするところは催眠音声らしいですし
恥ずかしいポーズ、言葉責め、情けないセリフの復唱は同人音声に近いと言えます。

1回目の潮吹きは難度が高いですけど2回目の射精は普通に可能です。
精神的に盛り上がった状態でオナニーを始めるのが大きいです。
非現実的なプレイをしますから視聴後は気分がスッキリするでしょう。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回から1点だけプラスさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:04:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はお淑やかだけど性格は割と意地悪な女性が
ゲーム形式の変わったオナサポで敗北射精に追い込みます。

集めたアイテムの数によってクリア難度が変わるのが最大の特徴で
4つある試練すべてに異なるルールを定め
それを無事乗り切れたかどうかで終盤にするオナニーの回数や時間が上下します。
クリアの鍵は3つのアイテム
シズカの指示に従ってオナニーし射精を我慢するお話。

「ようこそいらっしゃいました あなた様が本日の挑戦者様ですね」
シズカは丁寧語で話す整った声の女性。
主人公に挨拶し、今回するオナサポのルールを説明すると
通常のオナサポとの違いや固有アイテム「耳舐めガード」の使い方を教えます。

本作品はゲーム感覚でオナニーを楽しんでもらうことを目的に
彼女がおよそ110分に渡って5種類のオナサポをします。
途中で暴発したら負け、最後まで耐え抜いたら勝ちなところは他の作品と一緒ですが
各試練をクリアすることで耳舐めガードが進呈され、その数によって最終試練の難度が大幅に変わります。

耳舐めガードは彼女が耳舐めしてる間だけオナニーを休める効果があり
最終試練の後半に出てくるプレイを乗り越えるのにとても役立ちます(最大3個)。
前半もアイテムの個数によってオナニーの回数が軽減されるので重要度は高いです。
そして道中ではこれを獲得するために彼女が用意した3つの試練に挑みます。

「試練は全部で4つございますが このゲームでは最終試練と呼ばれる試練を攻略できればクリアとなります 残り3つの試練は 挑戦するかしないかは あなた様次第」
彼女自身が言ってるように最終試練以外は別に飛ばしても構いません。
でも聴かなかった場合は難度がかなり上がるので、結局は聴いたほうが楽にクリアできます。
短くてハードなオナニーをするか、長めでそれよりも緩いオナニーをするか選べるのは面白いなと。
各試練で異なるルールを設定するなどゲームから連想される「面白さ」を意識して作られてます。

オナサポについてはシコシコボイスやカウントでオナニーを制御しながら
彼女が喘ぎ声を漏らしたり耳舐めやフェラによるちゅぱ音を鳴らして興奮を誘います。
体への責めを重点的に行うので言葉責めは少ないです。
彼女のキャラもそれほどきつくないのでややM~Mがメインターゲットになります。
心を上手に揺さぶってくるエッチ
エッチシーンは7パート87分間。
プレイは耳舐め、オナニー、シズカのオナニー、フェラ、SEX(正常位?)、キス、乳首オナニー(3分くらい)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それでは 耳舐め射精我慢の試練 スタートです」
オナニーゲームの概要や大まかなルールを説明したところで
シズカは最初の試練となる耳舐め射精我慢に取り掛かります。

エッチはごく一部を除いて彼女に言われた通りオナニーします。
最初の3パート45分間は耳舐めガードを獲得するために頑張るシーン。
「2_耳舐め射精我慢試練(約19分)」は耳舐め+オナニー
「3_誘惑克服試練(約16分)」は彼女の喘ぎ声を聞きながらするオナニー
「4_高速しこしこ耐久試練(約10分)」はシコシコボイスを使った王道のオナニーをします。

「ねぇ だから今から ちょっとの間だけ 本気でしごきませんか?」
耳舐め射精我慢試練はまだ序盤なので体への刺激は結構ソフト。
とある変わったルールを定めたうえで後になるほど激しくしごくよう誘導します。
そして合間にコリコリしたちゅぱ音を鳴らして心のほうも温めます。

実はこの試練、人によって難度が随分変わります。
そのカギとなるのが「一度しごいてしまうとその速度を緩めることはできない」というルールです。
これによってオナニーするorしない、する場合の速度設定といった選択肢が生まれます。
やることは比較的シンプルにしてルールで個性を出してるあたりが本作品らしいなと。

「これっ やっぱ気持ちよすぎっ はぁ はぁ はぁ はぁ」
続く誘惑克服試練は純粋なエロさが一気に上がります。
オナニー自体は聴き手が自分で定めた速度でしごき続けるだけにして(速くても遅くてもOK)
時間いっぱい彼女が気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
パート前半は普通のオナニー、後半は男性とSEXしてるイメージに変えて乱れ方を激しくしてました。

性的に興奮させるだけでなく、彼がもっと速くしごきたくなるオカズを提供して心を突き崩すわけです。
この試練はオナニーのペースを途中で変えた場合も敗北になります。

高速しこしこ耐久試練はオナサポを聴いたことのある人なら定番のプレイ。
シコシコボイスを短い間隔で変化させ、それに合わせてオナニーします。
時間は10分と短いですが平均ペースが速めなことと
ふたつの試練を乗り越えた後に始まることから最初の山場と言えます。
バックでシコシコボイスを流しながら彼女はフェラするなかなか濃いプレイです。

終盤の2パート29分間は天国と地獄を味わうシーン。
「6_最終試練(約20分)」は前半と後半で2種類のオナニーを繰り出し
「7_クリア音声(約9分)」はそれを乗り越えたご褒美に彼女とSEXします。

「そろそろいい仕留め頃になってきましたし お遊びはおしまいにして あなたには本当に敗北 してもらいますね」
本作品の最重要パートなだけあって彼女も本気で彼を負けさせようとします。
前半はカウントを数える間に指定した回数だけしごくノルマ式オナニー
後半はシコシコボイスを流しながら耳舐めするお馴染みのオナニーをこなします。

アイテムを1つも持ってない状態なら結構厳しい部類に属します。
でも全部持ってたらたぶん楽勝ではないかなと。
私も3つの試練をクリアしてから聴いたのでビックリするほど簡単にいけました。
もう少し歯ごたえを持たせたほうが達成感が大きくなって良かったかもしれません。

最後のクリア音声はこれまでから一変してややS向けの内容になります。
彼が彼女を責めるスタイルに変わり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らすエロさの高い内容です。
オナニーに関する指示は一切出ませんから射精のタイミングでこちらも出すことになります。
道中で色々意地悪してきたからでしょうけど彼女も優しくしてくれました。

このように、色んな手段で負け射精へ追い込む多彩なオナサポが繰り広げられてます。
ルールが独創的な作品
4つの試練、3つのアイテム、ルート選択など固有の要素をいくつも持ってる個性的な作品です。

シズカは主人公に普段よりもやり応えのあるオナニーを提供しようと
試練を乗り越える展開にしたりクリアしやすくなるアイテムを用意してゲーム性を持たせます。
そして道中や最後の試練で異なるルールを設けて誘惑したり揺さぶりをかけます。

お淑やかな女性とゲーム感覚のオナニーをするややM~M向けのシチュ
持ってるアイテムの個数によってクリア難度が随分変わる柔軟性を持たせた作り
オナニーのやり方やそれ以外のプレイをパートによって切り替える幅広いリード。
一本道で責めるのではなく、聴き手にある程度の選択肢を与える形で組み立ててます。

中でも2番目はどちらを選んでも同じくらいの厳しさに調整されてて良いです。
いきなり最終試練に進む場合は過酷だけど時間が短い
3つの試練をクリアしてから挑む場合は蓄積ダメージを受ける、と別のきつさがあります。

あと本レビューでは敢えて伏せてますがウルトラハードモードになる選択肢も用意されてます。
物足りないと感じた人はそれに挑戦するといいでしょう。
説明を省いた「5_最終試練前に聞く音声(約10分)」がその分岐点になります。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

変わったルールのオナサポを楽しみたい人には特におすすめします。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:50:22

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ