同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2019年05月



毒舌後輩彼女に純愛性欲処理される音声

サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格はとっても温かい後輩が
最近付き合い始めた男性と色んなエッチをしてさらに親しくなります。

クールな声で毒舌を吐きながらひたすら尽くすのが特徴で
平常時は甘く、嫉妬してる時はややきつくと彼女の心情によってプレイのM度を変化させ
その中に愛を感じる仕草や行為を多く盛り込みいじめや意地悪とは違うことを伝えます。
毒舌彼女の甘いご奉仕
恋人の「哀(あい)」と5種類のエッチをするお話。

「お、先輩 こんにちは わざわざ待っててくれたんですね」
哀はクールでやや気が強そうな声の女の子。
ある日の放課後、委員会が終わるまで待っててくれた主人公に感謝すると
自分から手を差し出し恋人つなぎをしようと言います。

本作品はサークルさんの代表作「毒舌後輩に純愛性欲処理される音声」の続編。
前作を通じて先輩後輩から恋人の関係になった男女が
その3ヶ月後にどうなってるかをおよそ120分に渡って描きます。

一応単体でも楽しめるように作られてますが、このシリーズは彼女のキャラが大きな魅力なので
できれば前作の後に聴くことをおすすめします。
サークルさんも2019年6月13日まで20%OFFにして入りやすくしています。

「まあいいです せっかくなので先輩と一緒に帰ってあげます」
彼女は表面と内面に大きな落差のある女性。
体を冷やしてまで自分を待ち続けてくれた彼へ素っ気ない言葉をかけた直後に
手や唇をくっつけて温めようとする優しい態度を取ります。

この後のシーンでも彼のおちんちんを足で責めながらディープスするなど
甘さと厳しさを混在させて彼女らしさを出してます。
彼とはもう恋人同士なので前作に比べると毒舌は控えめになってますが
ノーマルな人にはややきつく感じる描写がそれなりにあります。

エッチについては前作で好評だった足コキに40分も費やす一方で
それ以外のパートにはキスを多めに交えてバランスを取ってます。
全体的に効果音の音量が小さいせいで聞き取りにくいのが気になるものの
耳舐め、キス、吐息といった女性特有の音は臨場感が高いです。
感情で大きく変わるエッチ
本編のエッチシーンは5パート92分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、オナホコキ、足で顔を踏まれる、オナニー、足コキ、乳首責め、SEX(対面座位)です。
手コキ、オナホコキ、オナニー、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 先輩の耳 こんなに赤くなってますよ」
哀の家に到着し主人公へお茶を出した後
彼女は彼の左側に寄り添い耳をゆっくり舐めて温めます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の2パート40分間は恋人らしさを前面に押し出したプレイ。
02は耳舐め&キス&手コキ、03はキスとオナホによる亀頭責めで1回ずつ射精させます。

「先輩って 相変わらず最低ですね」
そして彼女は早速毒舌っぷりを発揮します。
寒さを和らげるつもりで耳舐めしたのに勃起する彼を「最低」と言ったり
ズボンとパンツを脱がせてそれを見た時に呆れた表情を見せます。

しかし彼女は彼のことが好きですから本気で嫌ってるわけではありません。
その証拠に耳舐めは甘いちゅぱ音を丁寧に鳴らしますし
手コキを始めた後はじっと見つめ合ってキスを繰り返します。

販売ページに書かれてる通り、本作品は「ストーリー性」と「実用性」の両立を目指してます。
だから一見するとまったく噛み合ってないこれらを最中の会話できちんと整合させながら進めます。
彼女が何を思い、感じながらご奉仕してるかが綿密に描かれてるおかげで感情移入しやすいです。

「だから怒ってないですって 別に私の手より気持ちよさそうな顔をしていて ムカついたから意地悪してるとかじゃないです」
2番目のオナホコキパートは彼女がちょっぴり焼きもちを焼くのが良いですね。
自分の手よりも彼が気持ちよさそうな顔をするのを見てツンデレっぽいことを言います。
効果音も亀頭を集中攻撃してる感じが出るようストロークを短くしてありました。
まだ不慣れだけど彼のために頑張る姿が愛らしいです。

続く2パート40分間は逆に厳しさを引き立たせたプレイ。
後日、彼が別の女性と楽しそうに話してるのを見て嫉妬した彼女が
彼の気持ちを確かめながら2種類の足コキをして自分の魅力をアピールします。

「私が先輩の顔を踏みながら 先輩のオナニーを見てあげます」
「先輩のこと こんなに気持ちよくできるのは 世界中探しても 私だけです」

挿し絵にも描かれてる黒ニーソを穿いた足で彼の顔を踏みつけ
さらに04は前から、05は後ろから両足の裏でおちんちんを挟んでしごく個性的な責めです。
最中のセリフもきつめですが、独占欲を感じるものが結構あって彼女の気持ちがよくわかります。
私には彼の心をなんとかして引き寄せようとしてるように映りました。

最も甘いプレイが登場するのは最後の06パート(約12分)。
様々なやり取りを通じて無事誤解が解けた彼へのご褒美に
彼女が対面座位での中出しSEXをプレゼントします。

「先輩 好きです 好き」
これまでまったく言わなかった「好き」を何度も言ったり
彼が外へ射精できないように両足でガッチリ固定(だいしゅきホールド)するなど
言葉と行為の両方から自分の気持ちをストレートに伝えます。

前の2パートがM寄りだったからこそ余計甘く感じるでしょう。
優しく→厳しく→優しくと大きな波を持たせて終盤を上手く盛り上げてます。
ヤンデレと思えるほど重くもないですし、スッキリした気分で聴き終えられます。

このように、不器用な女性が頑張る様子を中心に据えたノーマル~ややM向けのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の純愛作品
前作の特徴を継承しつつ多少の変化もつけてる作品です。

哀は無事恋人になったもののなかなか進展しない主人公との関係を変えようと
自宅に招いてから体を密着させソフトに責めてやる気にさせます。
そして引き続きクールな声と態度で接しながら精一杯の愛情を込めて気持ちいい射精に導きます。

付き合い始めたばかりの若い男女が試行錯誤しながらより仲良くなる純愛ストーリー
タイトル通り毒舌を吐きながらひたすら尽くす恋人らしいエッチ
彼女の心情によってプレイのM度が大きく変わるキャラ重視の演出。
キャラ、ストーリー、エッチをバランスよく組み合わせて2人のその後を描いてます。

「先輩に喜んでもらえるなら エッチな体に生まれてきてよかったです」
聴き終わった直後の感想は「彼女が結構丸くなったなぁ」でした。
前作では素直な気持ちを漏らすことがほとんどなかったのに
今作は要所要所でそれを入れて成長したことを印象づけてます。

人によっては個性が弱くなったと感じるかもしれません。
でも付き合い始めた後も毒舌ばかりでは仲の良さが出せませんから
こうなるのはある意味自然じゃないかなと。
もうしばらくお話は続くようですし、そこで彼女がどうなるかにも期待してます。

エッチは全体的に大人しい印象を受けました。
手コキ、オナホコキ、足コキ、SEXと効果音を鳴らすプレイが充実してるのに
音量が控えめでこれらの違いがあまり出せてないのが大きな理由です。

セリフやちゅぱ音を楽しんでほしいからこうしたのかもしれませんけど
本作品の場合は足コキにかなりの時間を割いてますし
効果音の存在感をもっと大きくしたほうが抜きやすくなると思います。
フェラや耳舐めが主体の作品だったら今のままでもいいのでしょうが・・・うーん。

本編の射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

EXパートは「授(貧)乳手コキ」と「デートの支度」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:19:13(本編…1:58:16 EXパート…20:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

優しいえっちな催眠術

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで世話好きなお姉ちゃんが
催眠を交えたちょっぴりエッチなサービスで男性を寝かしつけます。

催眠、エッチいずれもカウントを数えながら進めるのが特徴で
前者は十分にリラックスさせてから段階的に深化を促し
後者は催眠で使用したイメージを起点に快感とエッチな熱を高めます。
甘えん坊な子を安らかな眠りへ
お姉ちゃんに催眠をかけられイかされるお話。

「あれ? 眠れないの?」
お姉ちゃんは甘く穏やかな声の女性。
ある日の夜、寝つけないでいる主人公に声をかけると
一緒の布団に入り寝かしつけてあげます。

本作品は年上の女性に優しくされながら気持ちよくなることを目的に
彼女が50分程度に渡ってそれに沿った催眠とエッチを提供します。
以前から催眠を重視するサークルさんの作風は今作でも受け継がれており
およそ3倍の時間をかけて心身をしっかり脱力させてから徐々に深めていきます。

タイトルに「えっちな」が入ってますけど純粋なエロさは正直低めです。
催眠特有の心地よさにどっぷり浸かりながら絶頂を目指すイメージ主体のプレイになってます。
絶頂も1回だけですし、どちらかと言えば催眠を楽しむ作品だと私は見ています。

催眠はおよそ32分間。
ベッドや布団で横になり、目を瞑ってから彼女の言葉に耳を傾けます。

「そうやって これからもお姉ちゃんと 一緒に数えていくと ゆっくりとリラックスしてきて すやすやと眠れるようになるわ」
彼を寝かしつけるためにこのサービスをする背景を踏まえて
彼女は序盤から眠気を催す言葉を適度に投げかけリラックスを後押しします。
みもりあいのさんのあまあまな声も相まって、夜に聴いたら寝落ちする人がいるんじゃないかなと。
私が聴いた時も早い段階から頭にもやがかかる感覚がしました。

全編を通じてカウントを数えながら暗示を入れるのもポイント。
3から10までの数字をシーンによって変えながら、その直後に言葉をかけてスムーズに脱力させます。
本作品ではカウントを頭の中で数えるよう言われますから
その通りにしたほうがより癒しを実感できるでしょう。
意識をそちらに向けさせて暗示を入れやすくするのを狙ってるのだと思います。

体の脱力をした次は心の脱力。
短めのカウントを何度も数えながら「ぼーっとする」「落ちる」「真っ白」などを小まめに入れ
さらに光の玉が体内に入り内側から癒される様子をイメージします。

「脳が何かを考えようとするたびに 光る玉があなたの思考を奪っていきます」
力や思考力が奪われれば当然こちらは空っぽになり
その分彼女の言葉を受け入れやすくなります。
ただひたすらカウントを数え続けるのではなく、他の要素も交えてより入りやすくしてるのが見事です。
終盤には催眠状態と半覚醒状態を何度も往復させるなどアプローチが本当に入念でした。

がっつり脱力してから段階的に深化させる手堅い催眠です。
聴き手の心身を空っぽにすることを目的に、まずはカウントを交えた分割弛緩法で体を脱力し
それから球体心像法とゆさぶり法を組み合わせた深化で少しずつ確実に催眠状態を強化します。

古典催眠の定番を繋げた誘導なのでやや個性に欠けるところもありますが
やり方はしっかりしていて催眠に入りやすいほうと言えます。
特に深化はより多くの人が実感できるよう手を変え品を変えて働きかけます。

催眠重視なサークルさんの持ち味がそのまま出ていて安定感があります。
ですが同じセリフを言い直したり、奇妙な間が入っていたりと編集面に多少の粗さが見られました。
特別な事情でもない限りこれらは取り除いたほうが集中して聴けると思います。
白い光を快感に変えて
エッチシーンは11分間。
プレイはイメージによる感度強化、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたは真っ白 私の言いなり」
催眠を使って主人公の心身を骨抜きにしたお姉ちゃんは
先ほど使った光の玉を全身に移動させてエッチな熱を与えます。

エッチは物理的な接触をせず言葉だけで感度を上げたりイかせます。
前半の6分間は感度強化に注力するプレイ。
光の玉を体の下から上へ移動させ、さらにカウントも数えてその感覚を伝えます。

「塊があなたの脳を快感で埋め尽くしていく ほら 気持ちいい気持ちいい 頭が真っ白」
淫語は「おちんちん」を数回言う程度に留め
それ以外は技術とイメージを使って気持ちよくする催眠重視の内容です。
性的にあまり興奮してないのに体が疼く不思議な感覚がしました。
特定の部位が妙に熱くなる人もいるんじゃないかなと。

残りの5分間はお待ちかねの絶頂シーン。
光の玉を分裂させてより広範囲を刺激できるようにし
小さいカウント→大きいカウントと繋げて一気に爆発させます。

「絶頂する 快感すべてがあなたの心を 体を真っ白にして あなたは絶頂する」
持って行き方が上手ですから、催眠音声をあまり聴いたことがない方でも
股間がムズムズするとか、体がピリピリするといった変化を実感できるかもしれません。
時間が短いせいで私はあまり気持ちよくなれなかったのですが
催眠状態を維持する心地よさはガッツリ味わえていいリフレッシュになりました。

このように、心身にできるだけ負担をかけずにイかせる優しいエッチが繰り広げられてます。
催眠好きなら
催眠状態に入る、浸る感覚が味わいやすい作品です。

お姉ちゃんは何らかの事情で寝つけずにいる主人公をスッキリさせようと
一緒の布団に入ってからまずは厚めの催眠をかけて悪いものを取り除きます。
そしてエッチは直接的な表現や行為を使わず光の玉で絶頂まで導きます。

あまあまなお姉ちゃんが癒し系の催眠をかけるノーマル向けのシチュ
カウントを多めに挟みながら脱力と深化を促す丁寧な催眠
光の玉を移動させて感覚をコントロールする独特なエッチ。
催眠の技術力が高いサークルさんならではのサービスが楽しめます。

中でも催眠は10年近く活動されてるだけあって質が高いです。
普段よりもカウントを意識して多く盛り込み
それに合わせて暗示を的確に入れるシンプルな誘導を心がけてます。
最近の有料作品は内容が結構ぶっ飛んでるのでやや大人しく感じるかもしれませんが
催眠音声は催眠に入れてなんぼですし、それをきっちりクリアしてる時点で十分優れてると言えます。

エッチはおちんちんを初めとする性感帯にこだわらず
脳や心といった中枢部も満遍なくカバーし全身でイかせようとします。
女性的な快感とでも言えばいいのでしょうか、気持ちいいと感じる範囲が広かったです。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠そのものを楽しみたい人には特におすすめします。

CV:みもりあいのさん
総時間 48:54

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はありません

【今だけ100円】お姉さんの爆乳パイズリに溺れて抜け出せなくなるお話~おねショタから貢ぎマゾまで~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに異なる魅力を持つ3人のお姉さんが
自慢のおっぱいを使って男性たちを骨抜きにします。

全編を通じてパイズリをメインに行うのが最大の特徴で
少年は甘やかす、上司は見下すと相手によって態度を変えながら
腰を振らせる、乳房を交互に動かす、乳圧を加えるなど変化をつけて射精へ追い込みます。
おっぱいに勝てない男たち
3人の女性が一対一でパイズリするお話。

「ほら、遠慮せずに君のおちんちん、お姉さんに見せてごらんなさい」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
早速主人公を近くに招きおちんちんを見せるよう言います。

本作品は男性なら誰でも好きなおっぱいに焦点を当てた短編集。
優しいお姉さん、悪いお姉ちゃん、会社の部下が男性をパイズリで骨抜きにします。
作品の個性がはっきり出るようどのパートもほぼこれに専念し
その中で責め方、ペース、強さを変化させて彼女たちに弄ばれる雰囲気を出します。

音声作品におけるパイズリは比較的マイナーなプレイにあたり
通常はひとつのパートだけやるとか、フェラなど他のプレイと組み合わせることが多いです。
妹すたーさんは過去に妹がオナホコキする作品をシリーズ化されてますし
今作もひとつのテーマをとことん掘り下げる方針で制作されたのでしょう。

言葉責めもガンガンやりますから単調さは特に感じません。
調教や貢ぎマゾも盛り込んでおりややMあたりの人が最も楽しめます。

ちなみに価格は5月末まで100円、6月から10月まで500円、それ以降は1000円になるそうです。
10月には3つのパートが追加されるらしいですが、それ以前に買っておけば別途お金を払う必要はありません。
おっぱいをふんだんに使ったエッチ
エッチシーンは4パート55分間。
プレイはパイズリ、乳揉みです。
パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「やわらかくてスベスベで……乳圧たっぷりのおっぱい♪ 君のおちんちんを~、むぎゅうぅぅぅ♪ってされたいの?」
自分のおっぱいにローションを塗ってぬめりを良くしたお姉さんは
主人公のおちんちんを包み込み、そのまましごいて気持ちよくします。

エッチはどのパートも女性側がリードします。
一番最初の「01.お姉さんにやさしく誘われるままに腰振りパイズリ」はスタンダードなプレイ(約14分)。
近所のお姉さんっぽい雰囲気の穏やかな女性が優しい言葉をかけながらパイズリします。

「ほら見てごらん、お姉さんの下乳♪ 両手でくぱぁってすると…… んふふ、ローションが糸を引いて、とってもエロいでしょう♪」
「お姉さんのパイズリの快感が、おちんちんと脳にこびりついてぇ♪……オナニーどころかセックスしても満足できなくなっちゃう……」

パート開始から30秒後にはもうエッチを始めるので2人の関係は不明ですが
ローションまみれになったおっぱいの中身を見せて興奮させたり
「きゅぷっ」という空気混じりの粘っこい水音をゆっくり鳴らして責める丁寧なご奉仕をします。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援してくれますし、甘めのシチュが好きな人に向いてるでしょう。

続く2パート29分間はおねショタ色の強い内容。
02は甘やかす態度で精通前の少年に射精の気持ちよさを教え
03はその直後にも追加でパイズリして連続射精へ追い込みます。
ちなみにこれらは途中まで同じ内容になってまして、1回目の射精を迎えた後から分岐します。

「これは射精じゃなくって、パ・イ・ズ・リって言うの♪ ボクはね……このパイズリで、初めてのお射精をするの」
彼女は悪いお姉ちゃんだそうですがそこまで意地悪なことはしません。
エッチをまったく知らない彼に射精やパイズリのことを優しく教え
プレイ開始後もわざとゆっくり動かして暴発を食い止めます。

不安がる彼を甘やかすシーンもあったりと
年上の女性から連想される優しさが凝縮されてて心も満たされます。
私個人は最初のパートよりも甘く感じました。

「こうやって…… 左右のおっぱいを交互に動かしてぇ♪……おちんちんをやさしくすり潰してあげちゃう♪」
ただし、03パートは調教ルートと銘打ってることもあり
射精を迎えた後に我慢できなくなった彼女が軽くいじめるシーンがあります。
甘やかしルートより強めのパイズリを追加でやるだけですから調教と言うほどハードではありません。
精通直後の少年なら連続射精も苦にならないでしょうし、性教育の続きあたりに留まってます。

本作品で最もM性が高いのは最後の「04.部下の爆乳にドハマりして破滅させられるドミネートパイズリ」(約12分)。
魅力的なおっぱいを持つ職場の部下がお金と引き換えにパイズリします。

「このまま動かさずに、乳圧だけで射精させてもいいですけど。あなたのようなパイズリ狂いのマゾには、しっかりとパイズリで躾けないといけませんね」
彼女は男にとっておっぱいがどれだけ魅力的かをよく理解しており
会って早々土下座してパイズリをお願いする彼を適度に見下しながら責めます。
普段と立場を逆転させて職場でエッチするシチュ、M向けの言葉責め
射精しそうになったところでわざと停止し、とある選択を迫る駆け引きなど
Mな人が喜ぶ色んな要素とパイズリを組み合わせて前の3パートとの違いを出してます。

貢ぎマゾも絡んできますが実際にお金を払う描写はありません。
女性に搾り取られる快感を味わわせるためのスパイスとして使われてます。

このように、パートによってキャラやシチュを大きく変えるパイズリ特化のエッチが繰り広げられてます。
パイズリ好きには堪らない作品
パイズリが好きな人ほど抜ける作品です。

3人のお姉さんは自分たちの相手を甘やかしたり調教しようと
最大の武器であるおっぱいを積極的に使っておちんちんを刺激します。
そしてこれと同時にシチュに合った言葉責めをして心も盛り上げます。

お姉さんがおっぱいだけを使って射精させるシンプルな構図
パイズリの様子をリアルな音で表現しつつ言葉責めするバランスの取れたエッチ
パートによってセリフや責め方が大きく変わる展開。
テーマを維持しつつ単調さが出ないよう工夫して作品を組み立ててます。

「だらしないイキ顔を部下に晒しながら、爆乳おっぱいの快感に溺れて下さい」
中でも3番目の要素は属性にある程度の幅を持たせてあるおかげで
同じパイズリでも随分違う印象を受けます。
おねショタと貢ぎマゾが混在してる作品はそうそうお目にかかれないでしょうね。
サークルさんなりのやり方で色んなタイプのパイズリを表現してます。

エッチはパイズリが好きかどうかで満足度が大きく変わります。
こだわった結果こうなったのでしょうけど、ひとつくらいはフェラを加えても良かったかもしれません。
10月の追加パートは素股や両耳責めがあるようですし、それ次第でプレイが幅広くなりそうです。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:04:45

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
10月になるまではコスパが良いので+1します。

あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、何らかの事情で異世界からやって来た女性の魔王さまが
偶然出会い自分を拾ってくれた男性とひたすらイチャイチャします。

多くのシーンで抱き着いて大きなおっぱいを押し付けたり
「すごい」「えらい」といった全肯定のセリフを投げかけながら気持ちよくするなど
女性に甘やかされる幸福感を大事にしたとても温かいサービスが楽しめます。
魔王さまによる濃厚な甘やかし
同居中の魔王さまがエッチに慰めるお話。

「おかえり、人間ー。今日も遅かったなー」
魔王さまは明るくて穏やかな声のお姉さん。
帰宅した主人公が辛そうな顔をしてるのでぎゅっと抱きしめると
彼と出会った頃のことを話しながら感謝の気持ちを伝えます。

本作品は異世界で魔物たちを束ねていた彼女が
現実世界で自分に優しくしてくれる彼と120分近くに渡ってイチャイチャします。
彼が仕事であまり良い思いをしてない状況を踏まえて
ぎゅっと抱きしめたまま優しい言葉をかけたり、エッチで気持ちよくしながらとことん甘やかします。

「んー。人間ってすごいなー。そんなに嫌なことされたのに……人間にそんなことした奴、なんで燃やさないんだー?」
魔王らしさを出すためなのでしょうけどセリフが結構独特でした。
彼を否定することは一切言わず、受け止めたうえで自分の意見を述べて元気づけます。
狡猾さや残忍さは特に見られず緩い口調で思ったことをはっきり言うカラッとした女性です。
ちなみに彼のことをいつも「人間」と呼びます。

各シーンの冒頭に9分程度の非エロパートを挟んでるのも良いですね。
いきなりエッチするのではなく、状況を説明しながら癒して彼女の魅力を引き立てます。
心が満たされた状態でエッチすれば当然より気持ちよくなれますから
甘やかしながら射精させる本作品のコンセプトにも合ってます。

エッチは魔法をかける、謎生物を使うといった人外系のプレイを避け
SEX、耳舐め、授乳手コキなど人間同士でやるものに揃えてあります。
防鯖潤滑剤さんと言えば淫語が得意なことで有名なサークルさんですが
今回はそれにこだわらず各要素のバランスに気をつけて組み立ててます。

甘やかしのセリフが充実してるパートもあれば
ちゅぱ音にかなり寄せてるパートもあって内容が幅広いです。
それでいて一貫したテーマ性を持ってるのが素晴らしいなと。
言葉や行為を通じて「彼を癒したい、満足させたい」という彼女の気持ちが伝わってきます。

包容力豊かな魔王さまが人間の男性を色んな手段で甘やかす。
以前の全肯定シリーズよりもキャラに焦点を当てた独特な癒し系作品です。
愛を込めて尽くすエッチ
エッチシーンは4パート67分間。
プレイはハグ、SEX(対面座位、正常位)、キス、授乳、手コキ、耳舐めです。
服を脱がす、SEX、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「余も服、脱がないとなー。あ、人間的には、全部脱がないほうがよかったりするかー? 半脱ぎだと、興奮するんだろー?」
抱きしめてる最中に主人公がもじもじするのを見た魔王さまは
彼の気持ちを察してすぐさま服を脱ぎ、大きな生おっぱいで再び抱きしめます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「余とえっちなこと、するぞー♪」でするのは対面座位のSEX(約14分)。
ハグから始まりおまんこを見せつけてから挿入、そしてキスと最初からイチャラブ感全開で進めます。

「ん……♪ すごいぞー♪ おちんちん、ずーっと固いままだ……♪ こんなにおちんちん固くできるなんて、人間は、すごいなー♪」
そして彼女は早速彼を全肯定して心のほうも満たします。
おちんちんを硬くしただけで褒め称え、キスを求められたら応じ
精液をおまんこで直に受け止め、その際にぴゅっぴゅのセリフで応援するなど至れり尽くせり。
時間はそれほど長くありませんがこのパートに彼女の魅力がぎっしり詰まってます。

好きな人にはとことん尽くすタイプですね。
魔王だからといって尊大に振舞わず、ありのままの自分を曝け出して甘えやすくします。

続く2パート32分間はプレイに個性を持たせたサービス。
「余が甘やかしながら気持ちよくしてやるぞー♪」は授乳手コキ
「余が耳舐め手コキしてやるぞー♪」は耳舐め手コキで1回ずつの射精に導きます。

「今の人間は、赤子なんだから♪ 母のおっぱいたくさん飲んで、おっきくならないとなー♪ おっぱいじょーず、おっぱいじょーず♪」
前者はおっぱい大好きな彼の欲望を満たそうと
この間だけ母親になりきって好きに吸わせてあげます。
赤ちゃん言葉は言いませんが幼児プレイ好きな人ほど楽しめるでしょう。
これらをする際に見せる彼女の嬉しそうな表情も印象的でした。

それに対して後者はセリフの量を一気に減らし 
耳元至近距離からちゅぱ音をいっぱい鳴らして興奮させます。
魔王さま役の天知遥さんは耳舐めが得意だからこういう作りにしたのでしょう。
手コキのペースを緩めに設定し、少しでも長く楽しませる配慮もされてます。

甘さが最も強いのは最後の「余の中で一緒に気持ちよくなろうなー♪」(約21分)。
別の日、普段よりも元気な様子で早く帰ってきた主人公をさらに元気づけようと
正常位でSEXしながら愛の言葉をガンガン投げかけます。

「誰かのこと好きになって……えっちして……気持ちよくなるって…… こんなに、幸せなことなんだな……♪」
疲れや寂しさを感じてる彼を慰める意味合いが強かったこれまでとは違い
ここでは彼女の心情や反応に焦点を当てて2人の一体感を出してます。
好きな人が元気なら当然彼女も幸せですから
それをストレートかつエッチに表現して物語の締めくくりを飾ります。

同じSEXでも最初のパートとはやや違う感じがするでしょう。
セリフの方向性を大きく変えて新鮮さを出しつつ盛り上げてます。

このように、心身をバランスよく責めて甘やかす充実したエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
満たされた気持ちで抜ける大変甘い作品です。

魔王さまは現実世界で右も左もわからない自分を拾ってくれた主人公のために
仕事から帰るたびにぎゅっと抱きしめ、気落ちしてたら話を聞いて力になります。
そしてエッチな気分を発散させたい時は優しい言葉をかけながらおちんちんを丁寧に刺激します。

良い意味で魔王っぽくない女性が同居中の男性を徹底的に甘やかすシチュ
タイトル通り彼を全肯定しながら気持ちよくする癒し一色のスタイル
セリフと抜き要素のバランスに配慮した深いエッチ。
単に抜かせるのではなく心のケアもできるように考えて作られてます。

「キスなんて文化、魔界にはなかったからなー♪ 人間と初めてしたとき、こんなに気持ちいーとは思わなかったんだよなー♪」
世間知らずだった彼女が今回のお話を通じて目覚める展開も良かったです。
魔王と言えば自分の考えを信じて疑わないイメージがありますから
それを彼に覆された事実を通じて信頼の強さを表現してます。
彼に快楽や幸福感を与える中で彼女も色んなものを彼から受け取ってます。

エッチはキスやSEXといった甘さの強いプレイを多めに入れつつ
授乳手コキや耳舐め手コキも押さえて幅広く甘やかします。
キャラ、セリフ、プレイ、雰囲気のすべてが癒しに統一されてるおかげで
ぬるま湯に浸かってるような心地よさを感じながら射精できました。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「余が何も聞かずに慰めてやるぞー」です。

CV:天知遥さん
総時間 1:59:55(本編…1:52:33 おまけ…7:22)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ドーテーテイマー

サークル「ベレス解部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、Sっ気が強いけど面倒見もいい女性テイマーが
野生のドーテーを捕まえエッチな手段で調教します。

最初は少しいじっただけで射精するほどよわよわだったのが
彼女の命令に従って勃起や射精を制御できるようになる、といったように
彼のおちんちんが成長していく様子を描いて調教らしさを表現します。
辛辣な言葉責めをしながら甘やかす彼女のキャラも魅力です。
弱いおちんちんをエッチで育成
テイマーのユキリヴァが野生のドーテーを手懐けるお話。

「野生っぽくないちんぽ。全然勃たないねぇ」
ユキリヴァは甘く可愛い声の女の子。
主人公のおちんちんを眺めながらその反応を楽しむと
指の間にそれを入れさせ腰を振らせます。

本作品はMな男性を調教するのが得意な彼女が
短小包茎な彼を90分近くに渡ってエッチにトレーニングします。
ドーテーと聞くと女性経験のない男性をイメージするでしょうけど
この世界におけるそれは人間と同じ見た目をしてて言語を話せない別の生き物だそうです。

「あのねぇ~。今までに見てきたちんぽの中でねぇ~……このちんぽが一番しょっぼいよ? オメデト~」
「うわ~ きったねぇ射精 お前のちんぽは弄り甲斐満点のダメちんぽだなぁ」

そんな背景があるため彼女は序盤から彼に辛辣な言葉責めを浴びせかけます。
おちんちんの小ささをストレートに貶し、刺激をちょっと与えるだけで射精しそうになるのを笑い
吐き出された精液を「汚い」と言って惨めな気持ちにさせます。

声がとても無邪気なのできつさはそれなりに和らいでますけど
セリフの表現だけを見れば数あるM向け作品の中でも上位に位置するほど手厳しいです。
ボリュームも多いですから言葉責めが好きな人ほど楽しめるでしょう。

しかし彼女はいじめるためだけに彼を捕まえたわけではありません。
おちんちんの能力を小まめに測定し、それに合ったプレイをして少しずつ鍛えます。
サイズ、SP、持久力、素早さ、器用さと固有のパラメータが用意されてまして
パートごとにどれを上げるか意識しながら心身をバランスよく責め立てます。

背景説明が特にされてないので聴き始めた直後はわからないことが色々あると思います。
でも進めていくうちに調教の意図や彼女の目的が明らかになります。
終盤には甘いプレイも登場しますし、ご主人様との絆を感じながら抜けるでしょう。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンは6パート80分間。
プレイはエア手コキ、手コキ、足コキ、パンツの匂いを嗅ぐ、キス、皮剥き、パンツコキ、唾を飲ませる、○○、素股です。
手コキ、足コキ、パンツコキ、○○、素股、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ふとももめっちゃ触ろうとしてくんじゃん。さくらんぼ並みの精液しか蓄えてないくせに。うっはぁ~。ドーテーくさ~い」
機械か何かで主人公のおちんちんを測定したユキリヴァは
その見た目や性能を確認しながら気持ちよくして主従の契りを結びます。

エッチはご主人様にあたる彼女が責め続けます。
最初の2パート21分30秒間はおちんちんの基礎体力をつけるプレイ。
「01 - テイム成功」は手コキ、「02 - 連続射精によるSP鍛錬」は足コキで鍛えます。
SPは簡単に言うと金玉に蓄えられる精液の総量を意味します(MPのおちんちん版)。

「どっからどこまでが亀頭なのか全然分かんないなぁ~w 皮かむってるしぃ~w」
そして彼女はおちんちんのみすぼらしさを早速貶します。
指で輪っかを作りそこをあっさり通過するのを見て「パスタみたい」と言い
少し狭めて手コキに移った後は手でそれを全部覆って小ささを強調します。
射精時の精液も少ないそうですし、この時点の彼は良いところがまったくないドーテーです。

序盤からきつめの言葉責めをするのは上下関係をはっきりさせるためでしょう。
彼のダメ具合を確認しつつ今後の育成をスムーズに進める準備を整えます。

「02 - 連続射精によるSP鍛錬」は名前の通りSPの強化が主な目的。
おちんちんを足で踏みつけながらしごき、射精するたびにホワイトポーションを飲ませてSPを回復します。
挿し絵の右上に描かれてるフラスコがそれではないかなと。

およそ12分30秒間で射精シーンが6回と非常に多く
その都度ポーションで強制勃起させる展開もなかなか過酷です。
足コキするシチュも相まって最もM度が高いパートと言えるでしょう。

「匂い嗅がせてあげるからそれで精液搾り出して?」
しかし彼女は前のパートに比べて甘い顔を見せ始めます。
彼が太ももとパンツ大好きなことを知ると自分から足を上げて見せつけ
パート中盤からは匂いを嗅がせたり、射精時にぶっかける許可を与えてやる気を出させます。
痛めつけるだけでは上手く調教できませんから多少の飴も与えるわけです。
こういう配慮ができるところに彼女の優しさを感じました。

続く2パート32分間はより本格的なトレーニング。
「03 - キスの麻酔で包茎治療」は包皮を剥いてから彼女のパンツでしごき
「04 - 我慢汁搾り」は手コキで持久力(射精のしにくさ)を一気に上げます。

「いいかぁ? ドーテーってだけでも相当キモいのにぃ、お前のブタチンはその中でも群を抜いた気持ち悪さだからな?」
言葉責めは今までと同じく本当に容赦がありません。
でも彼が皮剥きを怖がる姿を見て自分からキスをし
さらに10分近くもかけてゆっくり剥く手厚いリードをしてくれます。
これまでのエッチを通じて多少の愛情を抱いたのかもしれませんね。
後になるほどセリフと行為のギャップが大きくなるのも本作品の大きな魅力です。

「ちんぽ気持ちい……んゃん……んうぅ、やん……ちんぽさいこー」
「04 - 我慢汁搾り」は最後のトレーニングということで射精を強く禁止し
その代わり彼女の唾を飲ませたり、手コキで疑似SEXっぽく感じてる声を出してバランスを取ります。
彼女はご主人様ですからここまでのことをする必要はないはずです。
それでもしてあげるのはそれなりに信頼してるからではないかなと。
ストレートに甘やかすことはありませんが、そう読み取れる描写がいくつも出てきます。

一番最後の「06 - ペニスのサイズ制限解除」はこれまでと大きく異なるプレイ(約20分30秒)。
ずっと禁止してきた太ももへの接触を許して彼の頑張りに応えます。

「ちんぽはデカいくせにキスはEランクのままだ。くふっ」
最も大きな違いはとことん貶してきたおちんちんを褒め称えること。
どういう経緯でこうなったのかは伏せますが、ご褒美色を強くして気持ちいい射精に導きます。
キスがかなり多いので多くの人が甘さを感じるでしょう。
悪態をつきながら彼が望むことをやってあげる彼女の姿が堪らなく可愛いです。

このように、テーマの調教を大事にしながら2人の関係も描いたM向けのエッチが繰り広げられてます。
成長を感じる作品
男性のことを考えながら調教してくれる作品です。

ユキリヴァはとある事情で捕まえた主人公を立派なドーテーに鍛えようと
最初から辛辣な言葉責めをしてまずは主従関係を確立させます。
そして彼が従順になった後は色んなエッチをしながらパラメーターを上昇させます。

Sだけどお世話上手な女性テイマーがダメダメなドーテーを育成する珍しいシチュ
無邪気な声で繰り出される大量の言葉責め
後になるほど彼の望むものを与えるギャップのあるエッチ。
一般的な調教よりもトレーニング要素を強くして個性と実用性を上げてます。

「ちんぽ気持ちいのぉ? こんな気持ちいい所でちんぽ擦るの初めてだもんなぁ? なぁクソザコドーテー」
中でも3番目の要素は言葉責めがきついからこそ甘さがより引き立ってます。
捕まえた直後の彼は彼女にとってただの道具に過ぎません。
でも物語の終盤に差し掛かるとその認識が大幅に変わります。
ちゃんと伏線を張ったうえでそうなりますからボイスドラマとしても聴き応えがあります。

あとは終盤が純粋に面白いです。
これまでもやもやしてた部分が一気に解消されて気分良く射精できます。
童貞を作品独自の解釈で扱うところもユニークですし
シナリオ力が高いサークルさんの持ち味が今作でも十分発揮されてます。

エッチは言葉責めがパワフルなのに加えて各プレイに明確な目的があります。
例えば02は精液の総量や回復量を上げたいから連続射精させ
04は逆に我慢させて生過半な刺激ではびくともしない強さを身につけます。
パートの繋ぎ方も秀逸ですし、M性のある人ならかなり興奮できるでしょう。

射精シーンは10回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは4本目の満点とさせていただきました。

CV:思ちぽさん
総時間 1:31:04

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

空木霧江さんが公開されてる無料の催眠音声作品(全年齢向け、男女両用)。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
アイマスクを使った癒しの催眠をかけて安眠へ導きます。

寝る前でも無理なく聴けるコンパクトで洗練された催眠が行われており
最初のパートはアイマスクによる熱と脱力感を全身に広げて眠りやすい環境を作り
次のパートはカウントを使ったシンプルな深化で意識をさらにぼんやりさせます。

視聴する前にアイマスクを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
ふたつの温かさに包まれて
お姉さんに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「お疲れ様。あ、それって、目を温めてくれるアイマスクだよね?」
お姉さんはややトーンが低く穏やかな声の女性。
主人公がアイマスクを着けてるのを見て自分も使ってると言うと
彼がよりリラックスできるよう癒しの催眠をかけてあげます。

本作品はいつもより充実した眠りを提供することを目的に
彼女が20分程度をかけてそれに沿った催眠を施します。
タイトルを見ていただければわかるようにアイマスクを装着して聴くのを想定しており
最初のパートでそれを活かしたアプローチも登場します。
アイマスクがない場合はタオルを目にかけておくと雰囲気が出ると思います。

台本を制作されたゆいさん、お姉さん役を務める空木さんいずれも私は初めてだったのですが
テーマ性を持たせつつゆっくり丁寧にリードしていて品質が高いです。
寝る前にサクッと聴けるお手軽さも相まって洗練された作品に仕上がってます。

催眠はほぼ全編にあたる19分間。
横になって目を瞑り、まずはアイマスクの温かさを意識しながらゆっくり深呼吸します。

「最初よりも、アイマスクが温かくなってきている。目が温められてきていると、段々と目や目の周りが柔らかくなっていくみたい」
目元に布を装着してればそうでない時よりも温かいのは当然ですから
それを言葉で膨らませてより実感しやすくしています。
実際のところ目の周りを温めると筋肉が弛緩してすごく気持ちいいです。
本作品らしい効果的なリラックス法と言えるでしょう。

お次は目に生まれた温かさをその奥や頭に広げ
さらに左右の手足と背中を順に脱力して全身をふにゃふにゃにします。

「目から伝わってきた温かさで、頭の中もぽかぽか温かい感覚が広がってきている。そう、頭の中に温かさ広がってきているから、なんとなく意識もぼんやりしてくるね」
「すっかり腕も足も重くなっているし、その重さに引っ張られるみたいに、背中もすっかり重くなってきているね」

どちらも特定の感覚を徐々に伝播させてるのが良いですね。
このほうが個別に脱力するよりも感覚を掴みやすくなります。
こういう細かな配慮のおかげで私が聴いた時もかなり意識がぼんやりしました。

次の「落として起こして」は深化に注力したパート。
事前にしっかり説明してからカウントを数えて催眠状態と半覚醒状態を行き来します。

「心地よさに包まれて、あなたの意識はずーんと深いところへと沈んできた」
「数が大きくなって、あなたの意識がふわっと上に浮かんできた。意識が浮かんできているけれど、なんだかぼーっとしているね」

催眠音声でよく使われる「揺さぶり」という技法なのですが
半覚醒状態に戻す時も「なんだかぼーっとしてる」と言って催眠に戻しやすくしてます。
実際に聴いてみると少しずつ深いところに沈んでいく感覚がするでしょう。
一気にストンと落とさないところに彼女の優しさを感じました。

このように、技術を駆使して徐々に眠らせる癒しに満ちた催眠が繰り広げられてます。
コンパクトな安眠作品
安眠はもちろん、空き時間にリラックス目当てで聴くのにも役立つ作品です。

お姉さんは日々頑張ってる主人公が明日も元気に生活できるように
アイマスクを装着してる状況を活かしてまずは目の周辺に温かさを与えます。
そしてその後は癒しの感覚を全身に広げ、さらに催眠状態を深めて眠りやすくします。

お姉さんに寄り添われながら癒しの催眠を受ける穏やかなシチュ
頭部に温かさを、首より下には脱力感を与えるタイトルに沿った導入
カウントを数えながら正反対の感覚を短時間で与えて意識を揺さぶる深化。
古典催眠の技術を若干アレンジした質の高い催眠を行います。

20分程度の作品となるとなかなか個性を出しにくいものなのですが
アイマスクをきちんと癒しに繋げてあって大変癒やされました。
深化もカウントをいきなり数えるのではなく、前後最中の暗示を厚めにして落としやすくしています。
基本に忠実で安定感のある催眠でした。

女性向けもありますので興味を持った方は是非お試しください。

CV:空木 霧江さん
総時間 19:35

ダウンロードはこちらから
https://twitter.com/Nebel_Leere/status/1125425414044708865

女性向け(CV:望さん)はこちらです
http://yam-kaw.hatenablog.com/entry/2019/05/06/131343

ツキマトイ~座敷童と同棲おセックス~

サークル「ここどこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、座敷童を名乗るとっても一途な女の子が
大好きな男性に耳かきやエッチをしながら自分の想いを伝えます。

後になるほどヤンデレ成分が強くなるのが大きな特徴で
耳かきやエッチの前半は甘さやイチャラブ感を強く出し
後半に入ると手錠をはめる、騎乗位SEXで子作りするといった多少重い要素が出てきます。
あなたとずっと一緒にいたいの
座敷童が耳かきとエッチをするお話。

「あっ…え、あれ えっと あの…見られたからには仕方ない」
座敷童はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
帰宅した主人公に偶然見つかり自己紹介すると
途中だった料理を再開し彼に食べてもらいます。

本作品は半年ほど前から彼のことをずっと見守ってきた彼女が
およそ90分に渡るエッチ重視のサービスをして親密になろうとします。
妖怪相手のエッチですがそれっぽい要素はほとんどなく
耳舐め、フェラ、SEXといったプレイをしながら想いの強さを適度にアピールします。

「あっ ほら ご飯も用意してたんだよ あなたのことを思いながら作ってみたの」
彼女は最初から好感度マックスの状態。
帰宅した彼に和風料理を作って食べさせ、今後は色んなお世話をしたいと言います。
やや重さを感じる部分があるものの、1回目のSEXをするあたりまではイチャラブ感が強いです。

しかし彼女はヤンデレの気質もそれなりに持っており
彼が自分の思い通りにならなそうな時は大胆な行動に出ます。
手錠をはめて逃げられなくしたり、既成事実を作るために中出しを求めるなど
痛みや苦しみを与えない範囲で彼を縛りつけようとします。

ソフト路線のヤンデレプレイですから、余程苦手な人でもない限り聴けるのではないかなと。
タイトルの「ツキマトイ」をサークルさん独自のさじ加減でエッチに表現してます。
彼女がなぜここまでのことをするかは聴いてのお楽しみとさせてください。

本作品で唯一の非エロサービスは耳かき(約14分)。
食事をとって安心した彼を膝枕へ招き、左耳→右耳の順にお掃除します。
使ってる器具は明言されてませんが耳かき棒と思われます。

耳かき棒は「ずしゅ」という乾いてて硬さのある音が使われており
短めのストロークで耳の壁を優しく擦るように動かします。
音の質感、動き、力加減がどれもしっかりしていて心地よかったです。

「いつもね してあげたいって思ってたんだ」
最中の座敷童はあまり話さず吐息だけを漏らしますから静かに感じるでしょう。
いきなりヤンデレなところを見せたら彼が引くと判断したのか
まずは癒し重視で進めて心をガッチリ掴みます。
すべてを捧げ求めるエッチ
エッチシーンは4パート57分間。
プレイはキス、耳舐め、指を使った耳責め、手コキ、SEX(正常位、騎乗位)、体の拘束、フェラ、クンニです。
服を脱がす、耳責め、手コキ、SEX、体の拘束の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あなたも 私のこと大好きなのね こんな素敵なことってあるんだね」
耳かきさせてくれたことを主人公に感謝し嬉しそうな表情を見せた座敷童は
そのまま彼の両耳を口と指で刺激しエッチな気分にします。

エッチは一部を除いて彼女がリードします。
前半の2パート30分間はほぼ恋人同士と言えるイチャラブ系のプレイ。
「3:耳舐め・耳愛撫」はキスの後に3分程度の間隔で左右を切り替えながら両耳を責め
「4:甘い正常位セックス」は軽い手コキを挟んでから正常位で繋がります。

「柔らかい唇 夢みたい 私あなたとキスしてる」
彼女はこうなることをずっと夢見てたのでしょう。
彼の唇や耳の感触を確かめながら自分の気持ちを素直に漏らします。
耳かきと同じく時間に対する会話量は少なめですが
しっとりしたちゅぱ音や優しく撫でる感じの耳責め音に想いが込められてます。
バイノーラル録音のおかげで耳に微弱な振動が伝わってきました。

続く正常位SEXも挿入した後少し動かさないでキスする
恋人繋ぎのまま後になるほどピストンのペースを上げるなど
2人の関係が知り合いから恋人に変化したことを実感させる要素を盛り込み甘さを出してます。
今まで以上に熱い吐息やエロ可愛い喘ぎ声も距離の近さが感じられて良いです。

彼女のヤンデレな部分が出始めるのはその後から。
あることを告白してから「6:監禁顔面騎乗オナニー」では拘束からの69を行い
「7:子作り騎乗位セックス」は名前の通り妊娠覚悟で彼を気持ちよく追い込みます。

「大丈夫だよ 私たち 上手くやっていけるよ」
露骨に怖いところは見せないものの、今までよりも声がやや無機質になったり
彼よりも自分の願いを優先させようとするところにヤンデレっぽさが出てます。
「6:監禁顔面騎乗オナニー」はフェラの後にお互いの性器を舐め合うのでオナニーはやりません。
たぶん彼の口を使っておまんこを気持ちよくする行為を彼女のオナニーに見立てたのだと思います。

「ねぇ ちゃんと愛してるって言って?」
最後の騎乗位SEXは効果音や喘ぎ声メインで進める中に
執念を感じる言葉やちょっとしたイベントを挟んで多少の重さを出してます。
彼がそこまで強い抵抗をしなかったところを見ると観念したのでしょう。
ヤンデレの中ではマイルドな描写に留めて聴きやすくしています。

このように、一途な女性とお互いのすべてを与え合う純愛系のエッチが繰り広げられてます。
ソフトなヤンデレ作品
座敷童の性格をふたつの視点で描いてる作品です。

彼女はしばらく前から好きになり見守り続けてきた主人公をモノにしようと
恋人よりも妻っぽく振る舞いながらあれこれお世話してまずは心を引き寄せます。
そして十分仲良くなった後は中出しSEXで既成事実を作り離れられなくします。

ヤンデレなところもある座敷童が男性とイチャイチャするやや変わったシチュ
サービス中は効果音やエッチな音を主に鳴らし、その前後は会話を多めにするメリハリのある作り
物語の序盤から中盤にかけては甘く、終盤はやや重くご奉仕する展開。
彼女の特徴や魅力を軸に据えて作品を組み立ててます。

「おやすみ あなた 愛してる」
中でも3番目の要素は彼女の想いの強さや執念深さを如実に表してます。
サークルさんが色々と配慮されてるのか、表現や言い回しがかなり抑えられててヤバさはそれほど感じません。
でも彼のことを絶対に離さないという気持ちは強く感じられます。

おそらくこのレビューを読んだだけでは
本作品がなぜ途中からヤンデレ路線になるかがわかりにくいと思います。
そのへんは思いっきりネタバレになるので伏せさせていただきました。
音声を実際に聴けばちゃんとわかるようになってます。

エッチは彼女の幸せな気持ちを表現するためにセリフ以外のエロ要素を多めにしてます。
純粋なエロさが高めですから、ヤンデレによるスリルは弱めでも普通に抜けるでしょう。
SEXや69といったお互いに責め合うプレイが充実してるのが大きいです。

射精シーンは2回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 1:42:21(本編…1:31:08 前日譚…6:47 フリートーク…4:26)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

出張癒し専門店ターコイズ3本目ー姉襲来ー

サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、面倒見がよく甘えられるのに弱いスキュラのお姉ちゃんが
妹の代わりに常連客の家へ出張し色んな癒しのサービスをします。

彼女の持ち味である触手と手を織り交ぜて全身をくまなくマッサージしたり
それに合わせて効果音の範囲が広く、動きが複雑になるなど
過去2作の特徴を継承しつつお姉ちゃんらしさを持たせた和やかな物語が楽しめます。
スキュラのお姉ちゃん登場
ラーラの姉ラーネがマッサージや耳かきをするお話。

「こんにちはー えーと 出張癒し専門店 ターコイズから来ましたー ラーラです」
ラーネはのんびり話す可愛い声の女の子。
ラーラになりきって主人公の家を訪れすぐバレると
中に入ってから事情を説明しサービスを始めます。

本作品は「出張癒し専門店ターコイズ」「出張癒し専門店ターコイズ2本目」に続くシリーズ第3弾。
上半身は人間の女性、下半身は多数の触手を持つスキュラの彼女が
急用で訪問できなくなった妹の代わりに110分程度の健全なご奉仕をします。

サービス自体は歯磨き、体のマッサージ、耳かき、シャンプーとスタンダードなものが多いのですが
それを彼女ならではのやり方で表現し個性を出してます。
主人公がターコイズの常連客なことさえ知ってれば今作から聴いても大丈夫です。

「ほら 私の足が お客様の背中と触れ合いながら 行ったり…来たりして」
具体的には状況に応じて手と足を使い分けたり組み合わせてお世話します。
例えばマッサージは対象となる範囲が広いから触手のほうが向いてますし
耳かきは器具を使うので手のほうが細かな動きができて安定します。
これらを同時に使って異なる音を鳴らすなど、人間による癒しとの違いを明確にしてあります。

実際に聴いてみると効果音の範囲が広く感じるでしょうね。
彼の全身を触手で包み込むサービスもあったりして面白いです。
新しく聴く人はもちろん、過去作のファンも楽しませることを意識して制作されてます。

「では早速…の前に お洋服ってそのままでするんですか?」
これらを行うラーネのキャラも本作品の魅力のひとつです。
ラーラと同じくちょっぴり抜けた部分を持ってる一方で
終盤の耳マッサージや耳かきではお姉ちゃんらしいところも見せてくれます。

彼女は普段別の仕事をしてるらしく、ターコイズの店員として働くのは今回が初めてです。
それを踏まえてラーラから渡されたメモに目を通したり
予定してたサービスとは別のことをする素人っぽいところがあります。
しかし自分の仕事に近いことをやる場合は慣れた手つきで積極的にサービスします。

「専門店と家庭の要素を併せ持つ作品」とでも言えばいいのでしょうか。
定められたことをやり遂げるよりも彼を癒やすことを大事にしてます。
各サービスで鳴る効果音のレベルも高く、シリーズの最新作として順当な進化を遂げてます。
癒しの音が盛りだくさんのサービス
ラーネが主人公の誤解を解き、いつもどおり風呂場へ移動した後にする最初のサービスは歯磨き(約14分)。
オイルマッサージをしようとしたところで彼の喉が腫れてることに気づき
最初は歯ブラシ、次は触手で歯と口内を綺麗にします。

「大丈夫ですって 洗いましたし 炎症を抑える粘液を出してるので すぐ治っちゃいますよ」
そして彼女は早速スキュラの特性を活かした手段でお世話します。
歯ブラシは「ぽり じょり」という粗さのある摩擦音を小刻みに鳴らしてたのが
触手に変わると一気に弾力のある音へと変化します。
また彼が不安を抱かないよう適度に説明を挟んで心もケアします。

奥と手前で効果音の質感がちゃんと変わりますから
今どのへんを磨いてるかが音だけでなんとなくわかるでしょう。
現実世界では難しい要素を含んでるからこそ音の質や扱い方に大変力を入れてます。

続く3パート42分間はマッサージ。
全身をパーツごとに、全身を一気に、耳だけに的を絞ってとスタイルを切り替え
いずれも触手を積極的に使って癒しと彼女にお世話されてる感覚を与えます。

全身のマッサージは音の範囲がポイント。
手でやる時よりも広く複雑な音を鳴らして触手で撫でられてる様子を表現します。
この要素はターコイズシリーズ固有のものなので
初めて聴いた人は普段の癒し系作品とは違った印象を抱くでしょう。

「頭部からだんだんと 下へと包み込んでいく感じで」
特に「4.足で包んでマッサージ」は頭部全体を何かで覆われてるような不思議な感覚がします。
強いて例えるなら薄い皮でしょうか。
音が鳴り続けてる間は軽い圧迫感もあって非常にリアルです。
過去2作でも好評だったものをさらに発展させてひとつのサービスにしてます。

それに対して「5.足で耳のマッサージ」は深さや近さが魅力。
耳かきをする前の準備として耳の内外を片方ずつ→両方同時の順にマッサージし
最後のほうには鼓膜近くまで滑り込ませて微弱な刺激を送ります。

「ふふっ すごく愛らしい 足で吸い付きたくなっちゃう」
聴いた感じだと耳をローションつきの指で撫でられるのに近い音でした。
穴の奥へ進むほど低く鈍くなる繊細な音使いが光ります。
すっかりダメになってる彼を嬉しそうな表情を見守る姿も慈愛に満ちており
初対面の2人がサービスを通じてだんだん仲良くなってるのがわかります。

単体で最も長いのはその後から始まる耳かき(約25分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に綿棒と梵天を使ってお掃除し
最後に弱めの風圧で2回ほど息を吹きかけます。

綿棒は「ぞすぞす」という柔らかくて滑らかな音で耳の壁を擦る
梵天は「さすさず」というふんわりした音で回転させたり素早く掻き出す、といったように
器具の特徴を活かした自然な音と動きで癒しを与えます。
これまでとは違い触手を使わないので静かに感じるでしょう。
ネタ系の作品にならないようここできっちりバランスを取ってます。

「もっとぉって顔されると うーん 終わらなくなっちゃいます (嬉しそうに)お姉ちゃんを困らせないでください」
またこのパートからは彼が甘え、彼女が甘やかす構図が鮮明になります。
彼女はお姉ちゃんですから頼られるのに弱いのでしょう。
妹の代わりとして始めたのになんだかんだでハマっていく展開が面白いです。
ラーラとは違う魅力を持たせてキャラを引き立ててます。

このように、リアルかつ多彩な音を駆使した和やかなサービスが繰り広げられてます。
安心して聴ける作品
お姉ちゃんが優しい言葉をかけながら全身をケアする癒しのパワーが強い作品です。

ラーネは主人公から指名されたのに行けなくなったラーラの代わりを務めようと
予め手渡されたメモに沿ってサービスを進め、その中に触手を織り交ぜ幅広くお世話します。
そしてある程度経つとその面白さに気づき彼をもっと甘やかそうとします。

多数の触手を持つスキュラの姉が人間の男性を癒やす変わったシチュ
手と足を個別に、あるいは同時に扱う変化に富んだサービス。
そのほぼすべてを効果音で忠実に表現するASMR色の強い作り。
シリーズの良い部分を残しつつ新しいものを盛り込みパワーアップさせてます。

「足で体を洗って 手で髪の毛をーって感じで役割分担すれば 一緒にできますから」
中でも2番目の要素は癒し系作品が数多く出てる現在でも他に見られないものです。
実際に聴いてて騒がしく感じないのは音の調和に気を遣ってるからなのでしょう。
位置や距離の設定もバッチリですし、音に強いサークルさんの持ち味が遺憾なく発揮されてます。

およそ112分で価格が324円とコスパも文句なし。
以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:51:44

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

双子君による煽りとオネダリ

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、声質が若干異なるお兄さんたちが
左右に寄り添い協力しながらエッチな催眠をかけます。

2人が交互に、あるいは同時に語りかける双子形式が一番の魅力で
話すペースを緩くする代わりに多くのシーンで声を重ね
暗示の海にのまれる心地よさや指示に合わせて絶頂する気持ちよさを教えてくれます。
ちょっぴり意地悪な双子と
双子のお兄さんに催眠をかけられ何度も絶頂するお話。

左「こんにちは」
右「ようこそー いらっしゃーい」
双子はややトーンの違うどちらも穏やかな声のお兄さん。
催眠にかかりに来た主人公にその経験があるか尋ねると
その時やリラックスしてる時の感覚を具体的に語ります。

本作品は催眠の世界にどっぷり浸かりながら気持ちよくなることを目的に
彼らが50分程度に渡って独特な催眠とちょっぴり意地悪なエッチを提供します。
挿し絵を見ていただければわかるように最初から催眠者が2人登場し
連携を取りながらリードする双子スタイルをとってます。

双子は男性向けだと既に結構な数の作品がありますが
女性向けはほとんど見かけないと言っていいくらい希少な存在です。
催眠の技術力があるサークルさんが制作されてるだけあって
体の重さ、眠気、頭が真っ白になる感覚といった催眠ならではのものを味わいやすくなってます。

右「意識も ぼーんやり 体は ずーん」
左「おもたーい おもたーい ふわ ふわ ずーん」
この作品の双子は2人が異なるセリフを同時に言うシーンが多いのが大きな特徴です。
上のセリフのように同じ意味を持つ暗示を違う表現で言ったり
カウントを数える役と追い込み暗示を入れる役を分担するなど
全体的に作りが重厚で聴けば聴くほど頭がクラクラしてきます。

話すペースは1人で催眠をかける時とそれほど変わりません。
おかげでのんびりした空気を感じながら催眠状態を少しずつ深めることができます。

催眠は2パート10分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら彼らの言葉に耳を傾けます。

右「くたくたーってなった体から 力が抜けて だらーんて ゆっくりして おもーく重く 力が抜けて おもーく重く」
そして左のお兄さんは実際に呼吸を続けてリズムを取り
右はそれと並行して脱力の暗示を入れてスムーズにリラックスさせます。
2人の声を務める望さんのぼんやり、のんびりした声も心地よく
比較的早い段階から意識のぼやけと体の重さを感じました。

続く催眠深化パートも双子ならではの技法が登場します。
2人がキャッチボールする要領で交互に言葉を掛け合い
さらに回転するイメージを盛り込み意識の力をさらに弱めます。

「すとんと沈む 深くに ほら おいで」
後者は平衡感覚を失ったかのような揺れを感じて面白かったです。
時間はかなり短いですが暗示の密度が高いおかげで結構ガッツリ入れます。
この後も引き続き深化しながら進めますから、催眠初心者でも不思議な感覚が味わいやすいと思います。

リラックスさせてからサクッと落とすシンプルで重厚な催眠です。
彼らの言葉を素直に受け入れられる心と体にするのを目的に
深呼吸&脱力から入って言葉のキャッチボール、回転するイメージと
いずれも双子だからこそできるやり方で丁寧にリードします。

声を重ねることが多いので最初は戸惑うかもしれませんが
頑張って両方聞こうとせず聞き流す感じにしていれば自然と催眠に入れます。
同じセリフを同時に言って入りやすくするなど、連携が取れててレベルが高いです。
初めは優しく、次は意地悪に
エッチシーンは7パート31分間。
プレイは耳/おでこ/首へのキス、乳首オナニー、オナニー、手マンです。

手マンの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。

右「僕たち 近くに行ってもいい?」
催眠を使って主人公をとろとろにした双子は
先ほどよりも体を密着させ、耳や首筋にキスをしてエッチな気分を盛り上げます。

エッチは終始彼らがリードします。
最初の2パート8分間は本格的なプレイに向けた準備。
「4.快感誘導」は体を密着させながら体の熱が高まる暗示を入れ
「5.快感深化」は左右から耳にキスしながらそれをさらに強化します。

左「ちょっと ジンジンってしちゃって 素直なのは いい子」
右「ほっぺた かーって 肌の色が変わるの わかるよ」
そしてここでも引き続き2人が協力して彼女を気持ちよくします。
耳へのキスはほんの少しで暗示がメインですから催眠の延長とも受け取れる内容です。
淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素はできるだけ入れず、技術で興奮させることを心がけてます。

絶頂シーンが出てくるのはその後から。
「7.いたずら」は耳舐め、「9.いじめ 9:52」は仰向けでのオナニー
「10.おかわり」はうつ伏せに切り替えてのオナニーで合計5回迎えます。

右「入れたり 出したり 浅いところが 好き? 深いところは だーめ」
右「イクの 絶頂するの ダメ 絶対ダメ 手 止めないで しっかりいじめる」

オナニーの時に浅いところだけいじるよう指示を出し
さらにカウントを数えながら絶頂するのはダメと言って焦らすなど
彼らが多少ではありますが意地悪なところを見せて応援してくれます。

軽く焦らしたりごく一部で命令口調になる程度ですから
絶頂を後押しする触媒あたりの位置づけかなと。
販売ページのジャンルに「調教」「焦らし」がついてる通り多少のM性を持たせてあります。

このように、催眠にどっぷり浸からせたままイかせる催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
ややM向けの双子作品
全編を通じて行われる双子催眠が魅力の作品です。

双子は主人公に催眠特有の気持ちよさを味わわせようと
最初から左右交互に、あるいは同時に語りかけてスムーズに誘導します。
そしてエッチは露骨なエロを控える代わりに暗示を手厚く入れて感覚をコントロールします。

2人のお兄さんが協力して催眠をかける双子形式
多くのシーンで声を重ねる作り、若干意地悪に振る舞いながらオナニーさせるエッチ。
最大の売りである双子を軸にした催眠重視のサービスが楽しめます。

女性向けで双子をやる作品がそもそもレアですし
内容もサークルさんの実力が発揮されててレベルが高いです。
暗示の海に溺れるとでも言えばいいのでしょうか、催眠好きな人ほど向いてると思います。
エッチはセルフ系にして事前の準備と雰囲気作りに力を入れてます。

絶頂シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

おまけはフリートークと別バージョンの解除音声です。

CV:望さん
総時間 1:05:56(本編…53:22 おまけ…12:34)


体験版はこちらにあります

搾精士さん♀のミルキングパーラー4 ~双子姉妹の全肯定牧場~

サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて仕事熱心な双子の搾精士が
牧場で飼われてる色んな牛さんから精液をたっぷり搾り取ります。

耳が敏感な牛さんは両耳を舐めながら手でしごく
少年の牛さんはおっぱいを吸わせたままオナホで優しく搾るなど
相手の性癖に合った責めを繰り出す幸せいっぱいなエッチが楽しめます。
美味しいミルクを搾り出す秘訣は
双葉レイカとモモカが牛さんから搾精するお話。

モモカ「みなさんこんにちは♪」
レイカ「こんにちは~」
双子はやや声質の違うどちらも上品な声のお姉さん。
牧場へ見学に来た女子学生たちに挨拶すると
この牧場やここで飼われてるオス牛さんのことを嬉しそうに説明します。

本作品は2013年から続いてるサークルさんの人気シリーズ第4弾。
精液が現実世界の牛乳のように飲まれてる世界を舞台に
搾精士をしてる2人の働く様子をおよそ120分に渡ってお届けします。
ストーリー性が特にない作品ですから今作から聴いてもまったく問題ありません。

モモカ「ちなみに、この「桜山搾精牧場」では意地悪や罵ったりはせず、牛さんを甘やかし、褒めてあげる「優しい搾精」を取り入れています♪」
「搾精士」と聞くとM向けの作品に登場する手厳しいキャラをイメージするかもしれません。
しかし彼女たちは牛さんをまるで愛玩動物のように可愛がり
おちんちんを初めとする性感帯を丁寧に責めながら優しい言葉をかけて幸せな射精に導きます。

各パートの射精シーンも心身に過度な負担をかけないよう1回ずつに抑えてあります。

ちなみにこのシリーズにおける牛さんは人間の男性とほぼ同じ容姿や機能を持っており
知能が劣る代わりに精液を大量に吐き出せる長所を持ってます。
甘えん坊な子もいれば見られることに興奮を覚えるMな子もいて
彼女たちが相手の性癖に合ったプレイを提供しスムーズな搾精を行います。

レイカ「牛さん、いっぱいミルク出せたね~♪ とっても偉かったよ♪ 偉い偉い♪」
タイトルに「全肯定」がついてることからもわかるように
彼女たちは最初から最後まで牛さんにとことん尽くす姿勢を取ります。
勃起してないようならベロチューや淫語責めでそれを応援し
射精時はぴゅっぴゅのセリフを言ってから手放しで褒めるなど本当に至れり尽くせりです。

立場は彼女たちのほうが上なのでしょうけど
日頃精液を飲ませてくれる感謝の気持ちを込めてお世話します。
純粋なエロさもかなりのものですが、それと同じくらい幸福感や充実感が得られてスッキリできます。
リアルで疲れやストレスのある人ほど心が潤うのを感じるでしょう。

過去作を視聴してる方向けの大きな変化は複数人プレイになってることです。
どのパートもレイカが右、モモカは左に陣取り協力して牛さんを気持ちよくします。
レイカは多少がさつだけど責めっぷりは積極的、モモカはお淑やかで献身的と
2人の性格に違いを持たせて個性が引き立つようにしてます。
心身をバランスよく温めるエッチ
エッチシーンは6パート90分間。
プレイはベロチュー、手コキ、耳舐め、レイカ/モモカのオナニー、授乳、搾精器責め、淫語責め、フェラ、オナニー、おまんこの鑑賞、パンツを被る、SEX(対面座位、バック)です。
手コキ、搾精器責め、牛さんのオナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

レイカ「今日は、私たちの手を使って搾っていくからね♪」
ある日の朝、ぐっすり眠って性欲が回復した牛さんに近づいたレイカとモモカは
彼の弱点である耳を左右同時に舐めながら手でしごいて精液を吐き出させます。

エッチは常に彼女たちがリードします。
最初の2パート34分間は搾精士の日常風景。
1匹目は耳舐め手コキ、2匹目は甘やかしながらの搾精器責めと内容を変えて射精に導きます。

モモカ「ふふ、玉タンクもこりこり…こりこり…。んっんっ…んっんっ 今日も素敵なオスミルク出してくださいね~♪」
レイカ「牛さんちんぽ、搾精士の手にすごく甘えてくる♪ 牛ちんぽは甘えるのも上手だね~♪ 偉いね~♪」
彼女たちはプロですから牛さんがどうすれば喜ぶかも熟知してます。
2人いる状況を活かして耳舐め音を途切れさせないよう気をつけながら
彼を全肯定するセリフをガンガンぶつけて心身をバランスよく盛り上げます。

責めるペースは比較的緩いですがエッチなセリフと音の密度が高くて普通に抜けます。
とことん甘やかしてから射精に持っていくおかげで事後の余韻を長めに味わえました。
シリーズの過去3作が持つ魅力をそのまま受け継いだ複数人プレイが行われてます。

モモカ「じゃぁん、モモカお姉さんのおっぱいですよ~。ふふ、大きいでしょう? ほら、牛さんの好きなように甘えていいですからね~♪」
全編で甘さが最も強いのは2匹目。
相手が牧場にやって来たばかりのショタ牛さんということで
ぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、モモカがおっぱいを吸わせるといった甘やかし要素が充実してます。

中盤からは左右で「おまんこ」「まんこ」を連呼してエッチな気分にもさせてくれますし
心のケアに力を入れた繊細な搾精を楽しむことができます。
ここで使う搾精器は機械ではなくオナホに似た音が鳴ってました。

続く2パート28分間は業務からやや外れたサービス。
3匹目は早朝にレイカが抜け駆けで牛さんのおちんちんをしゃぶってたところへモモカが加わり
4匹目は夜遅くにうまく寝つけない牛さんをオナサポでスッキリさせます。

モモカ「私の、ん…モモカのお口まんこの中に出してくださいね♪」
レイカ「だぁめ…ん、れろれろ。私の口のほうが気持ちいいよ♪」
いずれも業務時間外のエッチということで彼女たちが欲望に素直な態度を見せます。
フェラの時はおちんちんを協力してしゃぶりながら精液を取り合い
オナサポも自分からパンツを脱ぎ、彼の顔とおちんちんに被せて喜ばせます。

搾精士はエッチが相当好きじゃないとできない職業ですから
彼女たちも精液を搾るルールを守る以外は楽しく取り組みます。
事務的感がまったくないので女性に大事にされてる気分に浸りながら抜けるでしょう。
最初の2パートよりも彼女たちのキャラに焦点を当ててます。

終盤の2パート28分間はいずれもSEXメイン。
5匹目はモモカが、6匹目はレイカが相手になりいずれも牛さんの精液をおまんこで受け止めます。

モモカ「牛さんの今日のお仕事は…んっ 私に子種ミルクを注いで頂くこと…♪ んっ…それ以外はぜぇんぶ、私たち搾精士の役目…なんです」
搾精士には精液を搾る以外に牛さんの子孫を残す重要な役割があります。
だから彼とSEXすることになっても嫌な顔ひとつせず、むしろ喜んで妊もうとします。
今までとは違い彼女たちも責められるおかげで熱っぽい吐息や喘ぎ声の割合が多く
女性に中出しを決める展開も相まって最も幸せな射精が味わえます。

5匹目はほぼノーマル、6匹目はややMと属性を若干変えてあるのがいいですね。
後者は搾精士を志してる女子学生たちが見守る中でのSEXということで
彼女たちに見られる、あるいは見せつける露出要素も交えて激しく愛し合います。
この牛さんは痴態を見られるのが好きだそうですからご褒美の意味合いが強いです。

このように、牛さんの性癖を的確に突く愛情たっぷりなエッチが繰り広げられてます。
とことん尽くしてくれる作品
家畜に過ぎない男性たちへ女性が愛情を注ぎ続ける大変甘い作品です。

レイカとモモカは牧場で飼われてる牛さんたちから良質な精液を搾ろうと
彼らの性癖をしっかり把握したうえでそれに沿った責めを繰り出します。
そしておちんちんや耳を責めつつ全肯定の言葉を投げかけて心も満たします。

優しくて世話好きな搾精士たちが牛さんにエッチなご奉仕をするシチュ
甘やかす点は統一したうえでパートごとにまったく異なるプレイをする幅広いエッチ
どのシーンも2人が協力して同時責めする抜きやすい作り。
実用性と癒しを両立させた総合力の高い作品に仕上がってます。

モモカ「溢れるくらいたくさん子種出してくたんですもんね♪ 種付けありがとうございます♪」
私は過去作を全部聴いてるので、今回もどんなことをするかは予想できてました。
それでも聴いた後は「あぁすごく良かった」と大満足しました。
彼女たちがこちらをとことん持ち上げてくれるのが大きいです。
キャラ、セリフ、プレイ、雰囲気のすべてが甘いおかげで心の芯から心地よくなれます。

エッチは人数が1人から2人に増えて色々パワーアップしました。
手コキ、オナホコキ、フェラ、オナニー、SEXとおちんちんへの責め方が多彩ですし
片方が責めてる時にもう片方が言葉責めする状況を活かしたサービスもしてくれます。
1パートあたりの時間が15分程度と短めなので、2パート単位でオナニーしたほうが抜きやすいと思います。

射精シーンは6回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。

CV:そらまめ。さん
総時間 2:02:55

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月24日まで10%OFFの972円で販売されてます。

↑このページのトップヘ