同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2018年06月



Succubus Hypnosis Vol.01 -Wサキュバスの射畜催眠-

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第33回目はほぼ正反対の属性を持つ2人のサキュバスが
左右に寄り添い交互に、あるいは同時に話しながら男性の精液を搾り取ります。

催眠音声で人気の双子形式にサキュバスらしさを組み込んだサービスが行われており
催眠は軽い運動によって生まれた平衡感覚の乱れをイメージと技術で徐々に強化し
エッチは直接相手する役とそれをサポートする役に分かれてちょっぴり意地悪に気持ちよくします。

今回はDL版のレビューをお送りします。
Wサキュバスの巧みな誘惑
サキュバスのアリアとミリアの射精家畜になるお話。

「ふふふっ こんばんは」
アリア色っぽくて落ち着いた声のお姉さん。
「はっはーい こんばんは もしかしたらこんにちわかもしれないかな?」
ミリアはやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
主人公に自己紹介しここに来た目的を話すと
催眠を始める前に周りの環境、姿勢、心構えを確認します。

本作品は元々ひとつの存在だったのが何らかの理由で分離した彼女たちが
M性癖を持つ男性に左右から色んなことを話しかけて心と体を上手に盛り上げます。
催眠者が2人いる状況を活かして双子形式を全編で採用し
どのシーンも役割分担しながら連携の取れた責めを繰り出します。

双子は今でこそ色んなサークルさんが挑戦されてますが
この作品が発売された2013年当時は本家以外ほとんどありませんでした。
それから5年ほど経った今でも十分楽しめる品質を持ってます。

また冒頭で書いた通り本作品にはDL版とC84版の2パターンが存在します。
前者は後者に追加ダウンロードデータをミックスしたもので、実質正当進化版と呼べるものです。
時間も1.5倍ほどまで長くなってますし最初からDL版を聴くのがいいでしょう。

催眠は5パート22分間。
2分程度深呼吸を続けてから体育座りの姿勢で首を2回ほど回し
さらにベッドに倒れ込んで螺旋階段を下りるイメージをします。

アリア「頭を前に垂らしても 世界が回っておるみたいに 体がゆっくり揺れてるじゃろう?」
ミリア「ゆっくり ゆっくり揺れてる ね? どんどん揺れが大きくなる」
アリアは古風な話し方をする年上、ミリアは活発な年下とほぼ正反対の性質を持った2人が
左右からリズミカルに暗示を投げかけて効果的に意識の力を弱めます。
この催眠は平衡感覚を失った時の視界がぐらつく気分を重視しており
最初は実際に頭を動かして、次は動かさずにイメージと暗示を組み合わせて効果的に伝えます。

気持ち悪く感じるのではなくふわふわした感覚がするでしょう。
サキュバスから連想されるハードさや無慈悲さは微塵もなく穏やかな空気が漂ってます。

催眠を十分深めた次にするのはエッチの準備。
カウントに合わせて半覚醒する→特定のワードで催眠に戻るを繰り返してさらに安定させ
それと並行して彼女たちの言うことを素直に受け入れられる心と体を育てます。

アリア「ほれ 体からすーっと力が抜けて 人形に戻っていく」
ミリア「意識がぼんやりして ミリアたちの操り人形に戻っていくよ」
彼女たちもそれを彼にわかりやすく伝えようと人形に例えて進めます。
この時点では体が動かないだけでしょうけど
直後に始まるエッチでそうなったことを思い知ることになります。

目標に向かって一直線に進むユニークな催眠です。
聴き手を彼女たちの操り人形に変えることを目的に、まずは深呼吸や簡単なストレッチで緊張をほぐし
それからカウントを交えた螺旋階段のイメージ、揺さぶりながらの人形化と
パートごとにやることを定めて2人が違った動きやアプローチをします。

催眠音声ではあまり見かけない誘導法で面白味がありますし
手を変え品を変えて段階的に深化させる流れも秀逸です。
エッチに入っても催眠状態を安定化させる気配りを適度にしてくれますから、途中で解ける人はあまりいないと思います。
エッチな声と言葉に操られて
エッチシーンは2パート39分30秒間。
プレイはおまんこの匂いを嗅ぐ、オナニー、クンニ、疑似SEX、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中に服を脱ぐ指示は出ないので最初から裸になっておいたほうがいいです。

ミリア「意識はふわふわ 体は気だるく なんだかとても心地良い でもそれは当たり前のことなんだよ? だって君はもう ミリアたちのお人形さんなんだから」
重厚な催眠で主人公をすっかり骨抜きにしたアリアとミリアは
ひとまず彼の左腕を操って人形になってることをわかりやすく教えます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半のパートでするのは顔面騎乗とオナニー(約19分30秒)。
最初に腕浮揚の暗示を入れて催眠の入り具合を確認してから
あるものを彼女のお尻やおまんこと思い込ませてオナニーのオカズにします。

ミリア「これから ミリアの言葉通り ゆっくり体が動いちゃう」
彼女たちが催眠パートで人形化を最終目的にしたのはこれをスムーズにやるためです。
うまく催眠に入れていれば言葉に合わせて腕が引っ張られる感覚がするでしょう。
そうならなかったとしても指示に従い続けることで人形気分が徐々に膨らみます。
催眠音声のエッチらしく技術で気持ちよくすることをそれなりに意識したプレイをします。

しかしそれだけだと今度はサキュバスらしさを出すことができません。
だからオナニー開始後はミリアが彼を直接相手し、アリアがそれをサポートする姿勢で責めます。

ミリア「あっ んっ ほらっ もっと唾液絡めてぺとぺろして」
アリア「悔しいのう もうちょっとでイけるとこだったのにのう」
具体的にはミリアは普通に喘ぎ声を漏らし、アリアは運動支配の暗示や射精を封じる暗示でオナニーを制御します。
連続射精しない代わりに焦らしや寸止めを適度にするやや意地悪な内容です。
催眠音声のエッチに不足しがちな純粋なエロさを上手く補ってます。

後半パートは前半と違うスタイルでのオナニー(約20分)。
再度深化させて催眠状態を立て直してから自分の手をミリアのおまんこに見立ててしごきます。

ミリア「んんっ ほらぁ もっと激しくしていいよ ミリアのおまんこ もっと激しくかき回して」
アリア「肉壷の快感が全身に広がって 出し入れするたびに気持ちよくなる」
気分が出るように甘く切ない声を漏らしながら擬似SEXをリードするミリア
キスをちょこちょこ挟みつつその快感を言葉で伝えるアリア。
催眠者が1人の場合だと決してできない連携の取れたプレイが楽しめます。

このパートはローションを使ったほうがずっと気持ちよくなれるでしょうね。
純粋にやりやすいしおまんこの感覚により近づけることができます。
2パートを両方ともセルフからの射精に定めてるのもタイトルの「射畜催眠」に合ってて良いです。

このように、2人がかりで心身をバランスよく盛り上げる高度なエッチが繰り広げられてます。
エロさの高い作品
技術が高いだけでなく実用性にも配慮してる充実した作品です。

アリアとミリアは主人公を楽しませつつ精液を効率よく搾り取ろうと
最初から最後まで穏やかな物腰で接しながら連携の取れたエッチな催眠を施します。
そして催眠は人形化、エッチは役割分担を軸に据えて快感と没入感を高めます。

2人のサキュバスが協力してリードする双子形式、運動やイメージで平衡感覚を失わせる特殊な催眠
顔面騎乗や寸止めなどM向けのプレイをメインに据えたエッチ。
サキュバスモノによくある過酷さや無慈悲さを極力取り除いた取り組みやすいサービスに仕上げてます。

アリア「むふふっ まだイったらダメじゃぞ? まだ最後まで言っておらんからの」
ミリア「おちんちんパンパンで おまんこきつきつだよぉ」
2人の声を担当してる東十条 真里亜さんの演技も大きな魅力です。
年齢や性格が大きく違うキャラの持ち味をどちらも上手く引き出されてます。
私は前回のレビューを書いた後に教えてもらったのですが
アダルトゲームのほうで長く活躍されてる大変有名な声優さんだそうです。

エッチは敢えて喘ぎ声を多めに盛り込んでるのがポイントです。
双子形式の場合暗示でイかせることが多いので、こういうハイブリッドなプレイは面白いと思います。
それでいて催眠が脇役になってないのはアリアをそちら側の担当にしてるからです。

射精シーンは2回。
淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上のことから前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:東十条 真里亜さん
総時間 1:13:50(選択するオプションにより多少前後します)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月11日まで20%OFFの960円で販売されてます。

アドリブシリーズ第一弾「リアル」

サークル「みじんこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声優として数多くの作品に出演されてる誠樹ふぁんさんが
友達あるいは恋人に近い距離感で相互オナニーを楽しみます。

普通の会話っぽい口調で話しかけたり、過剰な声を上げずにゆっくり自分を慰めるなど
実演形式のオナニーにできるだけ近づけたリアルな演技をするのが最大の特徴です。
演技っぽさを極力ぼかしたオナニーを
ふぁんさんのオナニーを眺めながらオナニーするお話。

「いつも私の声を聴いて オナニーしてくれて ありがとうございます」
ふぁんさんは甘く落ち着いた声のお姉さん。
音声を聴いてる人々に挨拶し作品のコンセプトを説明すると
ちょっぴり恥ずかしそうな表情でオナニーに関する話を始めます。

本作品は現実世界で恋人同士がするのに近いエッチを提供しようと
彼女がおよそ20分に渡ってオナニーしながら簡単な指示を出します。
タイトルを見ていただければわかるように台本を敢えて用意せず
その場の雰囲気や勢いに任せた演技をすることでリアリティを出してます。

「いや 結構男の人の エッチな声っていうか なんて言うんだろ 耐えててたまーになんか出ちゃう声とか 好きなんですよね」
その最もわかりやすい例が彼女のセリフ。
砕けた語尾を使ったりやや間延びした言い方をするシーンが多く
オナニーを見られてるのが恥ずかしいのか時折微笑も漏らします。

オナニー自体も息遣いや喘ぎ方が本物のそれにとても近く
演技だと知ってなかったら実演してるんじゃないかと思えるほど色んなところが生々しいです。
全体的にオーバーな描写を控えてるのもあります。

「最初は演技でいいんで 私にオナニーしてるってことがちゃんと伝わるように 声出してください」
プレイについてはお互いに声を出しながらオナニーすることを大事にしてます。
男性はオナニー中にあまり声を出さないでしょうが
積極的に出すことで気持ちが高揚し彼女の存在も身近に感じられます。
そして彼女もプレイ中に自分の気持ちを漏らしてイメージ力を膨らませてくれます。

見られる快感や見せつける快感を多少煽ってくるところもありますが
言葉責めをほとんどしないのでM性はまったくありません。
お互いをオカズにして一緒の絶頂を目指すあまあまラブラブなシチュです。
少しずつ高みを目指すオナニー
エッチシーンはほぼ全編にあたる19分間。
プレイは相互オナニー、キスです。
エッチな効果音はありません。

「エッチな声聴いてると ほんとに興奮して濡れる ふふっ 結構濡れやすいほうなんですよね」
簡単な説明を終えた後、主人公にズボンとパンツを脱ぎオナニーする指示を出したふぁんさんは
直後に自分も下を脱いで軽く濡れたおまんこに指をゆっくり挿入します。

エッチは彼女がオナニーしてる姿をイメージして楽しみます。
前半の9分間は雰囲気作りをしながら心身を温めるシーン。
聴き手はできるだけ声を出して自由にオナニーし、彼女はひとまず膣だけを指で優しく慰めます。

「うっ はぁ もう普通に すんなり入って 物足りない感じ」
まだ始まったばかりということで「んっ」「はぁ」など控えめな喘ぎ声を漏らし
その合間にオナニーの様子や自分の興奮具合を伝えて臨場感を出します。
彼が漏らす声の良さを遠回しに褒めてくれるのもいいですね。
彼女に見られてることを意識できればそれだけ相互オナニーらしくなります。

後半は絶頂に向けてやや激しく責めるシーン。
もう片方の手で同時にクリトリスをいじり始め、小動物のような可愛くて切ない声を漏らし続けます。

「やばい 想像してたら ほんとにやらしい気分 気持ちいい」
「精液出して 中 奥に 子宮に出して 中出しして」

話すよりも感じるほうを優先したくなったのか、前半に比べてセリフの量が減り
小刻みなリズムでひたすら喘ぐ抜きを意識したプレイです。
射精直前になるとSEXしてるイメージを投げかけて効果的に気持ちを盛り上げるなど
オナニー自体はできるだけ縛らずにオカズを提供する方向で進めます。

プレイ時間が短いため時間内に抜けるかどうかは微妙なところですが
演技が優れてるおかげで一緒にオナニーしてる気分は強めに味わえました。

このように、相互オナニーを自然に描いたリアルなエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
純粋な抜きよりもふぁんさんと過ごしてる気分を大事にしてる作品です。

ふぁんさんは主人公に気持ちよく射精してもらい、ついでに自分自身も楽しもうと
彼の声や痴態をオカズに自然体のオナニーを披露します。
そしてセリフや息遣いを実際のオナニーに限りなく近づけて実演さながらのプレイに仕上げます。

色んな部分がナチュラルな演技、お互いの体には一切触れずオナニーを見せ合う変わったシチュ。
アドリブの長所を活かした没入感の得やすいエッチが楽しめます。

オナニー中に適度な恥じらいがあるのがとても印象的でした。
おそらく2人はかなり親しい関係に設定されてると思うのですが
それでも女性にとってオナニーを見られるのは相当に恥ずかしいはずです。
この微妙な心情を上手く演技されてるのも素晴らしいなと。

一般的な同人音声だと大っぴらに見せつけることが多いですし
それと逆の路線を歩むのは非現実感が薄れる=リアル志向へ繋がります。
ただ割と大人しいオナニーをしてることを考えれば
実際に抜けるようにするにはもう5~10分はプレイ時間が欲しいです。

射精シーンは1回。
喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音ごく僅かです。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 21:04

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はありません

追記
2018年7月11日まで20%OFFの480円で販売されてます。

ヒーリングサロンシエルーすっきりコースー

サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、ちょっぴり抜けてるけど腕は確かな店員さんが
お店を再び訪れた男性の頭部や耳を入念にマッサージします。

会話よりも音で癒すことを意識した音フェチ系の作りになっており
サービスはもちろん、細かな動作に至るまで専用の効果音を用意し
さらに序盤から中盤は波の音、終盤は雨音を流して癒しと爽快感を与えます。
暑い季節を乗り切るために
ヒーリングサロン シエルの店員「朝霧代菜」からサービスを受けるお話。

「あぁっ ほんとだー いらっしゃいませー また来てくれたんですね」
代菜は甘く可愛い声の女の子。
店長に呼ばれて再び来店したお客に挨拶すると
コースの概要をいくつか説明してその中から選んでもらいます。

本作品は2018年4月に発売された「ヒーリングサロンシエル」の続編。
前作でセラピストとしての第一歩を踏み出した彼女が
彼の指名を受けて暑い季節に効果的なサービスをします。
お話は完全に独立してますから2人が顔見知りなことさえ知ってれば今作からでも大丈夫です。

「こちらのすっきりコースというのは ヘッドマッサージやシャンプーとか 名前の通りにリフレッシュするものが多めになってます」
今回彼が選んだのはすっきりコース。
日本特有のじめじめした暑さによる疲れや汚れを吹き飛ばそうと
オイルや炭酸水を使った頭皮マッサージ、シャンプーといった爽快感を与えるサービスをメインに行います。
そしてすっきりできた後はオーソドックスな耳かきで締めくくります。

前作に引き続きあらゆる動作をリアルな効果音で表現しますから
それらを聴いてるだけでも相当な癒しが得られるでしょう。
総時間が長いので彼女との会話もそれなりにありますが、やはり音のほうが存在感は大きいです。

前作との違いは特徴のある効果音を多めに取り入れてることです。
例えば炭酸水はシュワシュワパチパチした音が頭部全体で断続的に鳴りますし
その次のシャンプーもやや力を入れて小刻みに擦りつつ小気味よい泡音を鳴らします。
最後の耳かきもお掃除とマッサージを兼ねてるので一般的なそれとは動きにやや違いが見られます。

水に関する環境音がバックで流れ続けるのもポイント。
耳かきの手前までは部屋に備え付けられてるスピーカーから波の音を
耳かき中は外で降り始めた雨音を聴かせて別方向の癒しを与えます。
そしてこれは現実世界の雑音を遮断し作品世界に没頭しやすくする役割も果たします。

「疲れが溜まりやすい時期なので さっき話したすっきりコースがおすすめです 新しいことを勉強したとか そういうのじゃないですよ」
代菜については良い意味で店員らしくない女性です。
プロらしい流れるような手つきでお世話しながらつい本音を漏らしたり好きなゲームの話をします。
まだ新人なのですが十分な研修を受けてるようで不安なところは一切ありません。
サービスを始める前後に少し手間取る程度で最中はどれも丁寧に行います。
涼を感じる音に包まれて
諸々の準備を終えた直後に始まる最初のサービスはヘッドマッサージ(約25分)。
椅子に座ったお客の服が濡れないようタオルとケープを身につけてまずブラシをかけ
それから中盤までは専用のオイルを使って頭皮をゆっくりマッサージし、残りは炭酸水をかけて汚れを落とします。

ブラッシングは「ささー」と若干ごわごわした摩擦音
オイルマッサージは「じゅるー」というやや荒い音、炭酸水は泡が爽やかに弾ける音といったように
早速本作品の長所である多彩かつリアルな音が色々登場します。
タオルとケープをかける音や椅子を倒す音まで入ってるのには驚きました。
動きについても丁度いい長さ、ペース、力加減で頭全体を小まめに移動するリアリティを追求したものです。

「私は(髪が)結構絡まっちゃうんですよ お手入れしないとすぐもふもふになっちゃいます」
最中の代菜は今何をしてるかをその都度説明しつつ
健康知識を披露したり自分自身のことをさり気なく話します。
専門店だとお客との距離感を大事にする作品が多いのですが
本作品の場合はそれよりも近づけて彼女に親しみを感じられるようにセリフを組み立ててます。

代菜役の和鳴るせさんはナチュラルな話し方に定評のある声優さんですから
それが活きるようにゆるーい雰囲気でしっかりしたサービスを行います。

続く「シャンプー・ハンドマッサージ」は頭部全体の調子を整えるサービス(約34分)。
シャンプーやトリートメントをかけて髪に潤いを与え
トリートメント中の空いた時間を使って手もマッサージします。

「たくさん出ちゃったから よーく泡を立てて…」
「ヘッドマッサージって お店じゃないとなかなか体験できませんよね 珍しい体験だからこそ 1回1回を素敵な思い出にして欲しいなって思います」

ポンプを押しすぎたせいでシャンプーを多く出してしまうお茶目な姿を見せる一方で
彼の体だけでなく心も気遣うプロらしいところも見せてくれます。
シャンプーは頭皮マッサージよりもやや力を入れて擦っており、音を通じて微弱な振動が頭全体に伝わってきます。
またハンドマッサージはスクラブを混ぜることで音の違いを出してます。

音フェチ作品は時間が長くなればなるほど単調になりがちです。
だから同じマッサージでも音の位置、質感、動きを変えることでその問題を解消します。
音をただ垂れ流すのではなく、実際の施術を強く意識した目的のある鳴らし方をしてます。

最後の耳かきはおよそ28分間。
倒した椅子に座ったまま右耳→左耳の順に耳かき棒と綿棒でお手入れし
合間にほんの少しだけ息を吹きかけます。

耳かき棒は「ぞすぞす くしゅっ」という乾いた平べったい音
梵天は「ぷしゅっ」という広く柔らかい音が使われており
前者は奥から手前へ掻き出したり奥と手前を往復させて壁を優しく擦る
後者は素早く何度も掻き出したり軸を回転させるように動きます。

彼の耳が意外に綺麗だったことから本作品の耳かきは掃除とマッサージを並行して行います。
通常の耳かきより若干刺激が強くゾワゾワする人がいるでしょう。
その一方で耳かき棒は穴の手前と奥の2パターンが存在し
奥に移ると音がざらついたものに代わり動きもゆっくりになる繊細な演出もされてます。

「雨といえば 降り始めの土の匂いもなんだか好きで 濡れた道路から ちょっと湿った空気と一緒にふわーっとくるあの匂い」
環境音が波の音から雨音に切り替わるのも魅力です。
結構強めに降ってるようですが室内にいるのでうるさく感じるほどではなく
これまでよりもしっとりした雰囲気を醸し出してます。
またこれを受けて代菜も雨に関する話題を適度に投げかけます。

専門店にしては内容が大人しいかなぁとも思うのですが
前の2パートが個性的だったからここでバランスを取ったのかもしれません。
クオリティは非常に高いので耳かき音声を数多く聴いてる人でも満足できでしょう。

このように、多種多様な音を違和感なく組み合わせた涼やかなサービスが繰り広げられてます。
ほっこりする音フェチ作品
音に対する並々ならぬこだわりを感じる作品です。

代菜は自分に再び会いに来てくれたお客を満足させ、ついでに自身のスキルアップもしようと
最初から親しげな態度で接しながら慣れた手つきで色んなお世話をします。
そしてその様子を言葉よりも音で表現し作品世界へスムーズに引き込みます。

サービスだけでなく細かな動作にまで専用の音を用意した作り
そのすべてが現実さながらのクオリティを持つレベルの高さ、これらを行う代菜のゆるーいキャラ。
専門店形式で家庭的な雰囲気を持たせた音フェチ系の物語が楽しめます。

中でも効果音と環境音はまだ有料2作目なのに大手の癒し系サークルさんに並ぶ
あるいは凌駕するほどのものを作り上げてます。
内容もタイトルのすっきりコースにちなんだものが豊富で爽やかな印象を受けました。
最終パートに他の店員が登場するシーンがありますし、今後もきっと面白いものを聴かせてくれるでしょう。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:朝霧代菜…和鳴るせさん 黒瀬ひな…小山ハルさん(最後のパートのみ登場) 店長…いたちゆーとさん(最初と最後のパートのみ登場)
総時間 1:49:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
109分で300円とコスパが非常にいいので+1してあります。

生体ラブドール催眠 ~ドールに入ったあなたがメスイキ、陥落するまで~

サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、人間とドールのハイブリッドである生体ラブドールのテストに協力する形で
女性になりきる感覚や激しく責められる快感を疑似体験します。

作品のテーマに沿って少しずつ女体化や絶頂を目指す手堅いリードが魅力で
温泉に入ったり車で輸送されるイメージを通じて催眠や女体化を定着させ
その後は男性あるいはふたなり女性に激しく責められるシチュを通じて女の悦びを教えます。

今回は対ふたなり女性版を聴いてのレビューをお送りします。
女性の快感をよりリアルに味わうために
生体ドールのTSセブンに催眠をかけられふたなりレーサーとエッチするお話。

「いらっしゃいませ、ご予約頂いていたM様ですね ようこそお越しくださいました」
TSセブンは明るくてお淑やかな声の女性。
とある条件を満たせばドールを格安で買えることを聞きつけやって来た主人公を迎えると
これから行うテストの内容を説明します。

本作品は現実世界よりも本物の人間に近いドールが作られてる世界で
彼女がおよそ90分に渡るテスト形式のエッチな催眠を施します。
TS heavenさんと言えばこれまで出してる全作品が女体化モノという専門のサークルさんです。
今作も1人でも多くの聴き手が女性になりきれるようじっくり時間をかけて誘導します。

「テストプレイの内容は、売約済みのドールの中に入り、性的刺激に対してドールがどのように反応すべきかを見るものです」
今回行うテストの目的は快楽堕ちの過程を検証すること。
容姿は人間そっくりでも歩くことができない生体ドールに意識だけを移し
レーサーとして活躍してるふたなり女性の相手をさせることでリアルに体験させます。
アスリートなだけあってエッチの責めっぷりは全体的にハードです。

また製品版にはふたなり女性と男性の2パターンがありまして、一部のセリフがそれぞれに合ったものへ変えられてます。
お話の流れは一緒ですから好きなほうをお選びください。

催眠はおよそ39分間。
最初の「ドールに入るための準備」は名前の通り精神を生体ドールへ移す準備を整えます。

「なんとなーく、光がゆらゆらと揺れているのがわかりますか? まぶたを通して入ってくる光が時折、ふわーっと明るくなったかと思うと、スーッと、暗くなっていく」
全身に軽く力を入れて抜く運動から始まり、室内に焚かれたアロマキャンドルの炎をイメージする
幼馴染の女の子の家でかくれんぼしながら深呼吸するなど
手を変え品を変えて少しずつ心身をリラックスさせます。
有料作品はまだ2作目ですが無料で鍛錬を積んできただけあって技術のレベルは高いです。

催眠、エッチいずれもイメージを重視して組み立ててるのがいいですね。
今回するエッチは現実世界だと体験できないタイプのものですから
聴き手が主人公になりきるにはイメージ力を膨らませるのが最も有効です。
できるだけわかりやすいものにしてくれてますし、イメージが苦手な人でもなければ勝手に浮かんでくると思います。

次の「ドールへ転送される」はいよいよ本題の女体化に取り掛かります。
お風呂のような形をした専用の装置に全身を浸し
その心地よさを感じながら体を溶かして心だけの存在に生まれ変わります。
そしてドールへの転送が完了した後は新しい体に精神を馴染ませていきます。

「心地いい温度に、頭がぼーっとしてきます ぼんやりしながら、心は落ち着き、頭の中がスッキリしてくる」
「体中の骨と筋肉が解けて、全身がふにゃーっとなる 腕も脚も力が入らない、体中の力が抜けて全身動けない」

「体を溶かす」と聞くとヤバそうな印象を受ける人もいるでしょうが
実際は脱力を厚めに行い体の感覚をなくす方向で進めます。
催眠は聴き手に恐怖心を与えたらすく解けてしまうので、抵抗を感じそうなシーンほど繊細な言葉遣いを心がけてます。
深化と女体化を並行して進めるなかなか高度なアプローチです。

そして最後の「女の快感に負けそうになる」はいよいよパートナーにあたるレーサーの家へ移動します。
前述の通り生体ドールは自力で動けませんから車で輸送してもらいます。

「カタン カタン スーーッと、落ちる」
「一皮むけば、女の本能むき出しで、最初のテストプレイから腰を突き出して肉棒を求め、凄かったみたいです 3回目なんてレースの後だったから、潮をふきながら何回イッたと思いますか?」

移動中は車の揺れがもたらす心地よさを通じて催眠状態をさらに安定させ
到着後はレーサーが持ってる他のドールとのエッチを軽く語って期待を煽るなど
間もなく始まるエッチに向けて万全の体勢を整えます。
このへんまで来ると頭が妙にボーっとするとか、体の感覚がなくなってる人が結構いるでしょう。

ストーリー形式で催眠誘導や女体化をする個性的かつ効果的な催眠です。
聴き手を生体ドールになりきらせ、レーサーの家まで連れて行くことを目的に
イメージを組み合わせたリラックス、お風呂のイメージを使った深化と女体化、そしてエッチの準備と
各パートに明確な目標を定めそれぞれを手堅く成し遂げようとします。

イメージ重視なところが多少人を選びますが、やり方自体はとても丁寧で受け入れやすいです。
女体化についてはエッチでも引き続き働きかけてくれますから
この時点でピンと来なくても後々変化を実感できると思います。
欲望を剥き出しにした荒々しいエッチ
エッチシーンは4パート34分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首責め、SEX、バイブ責め、イラマチオ、クンニ、アナル責めです。

乳首舐め、キス、クンニの際にちゅぱ音が
SEX、バイブ責め、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「彼女、あなたを本格的に調教するみたいね もう一人のドールを別の部屋に置きにいったみたい」
生体ドールになった主人公の体に劣情を催したふたなりレーサーは
他のドールを別の部屋に置いてから彼に激しいキスをします。

エッチは引き続きTSセブンがプレイの様子やその快感を実況します。
一番最初の「メスの快感に打ちのめされる」のテーマは処女喪失(約6分)。
キスや乳揉みで気分を高めたレーサーが彼のおまんこに逞しいおちんちんをねじ込みます。

「ほら、彼女の指があなたの乳首をきゅーってつまんだよ あぁ、凄い、感じる、気持ちいい 乳首から快感が全身に広がって股間が疼くよね?」
「どんどん、入ってくる メリメリとあそこを押し広げられ、奥まで深く、深く入ってくるね 入り口も奥もきつい 奥の奥まで太い肉棒を感じる これが入れられるってことよ」

プレイ実況と感覚支配の暗示をバランスよく配置し
挿入時はメリメリという効果音も交えて主観視点でリアルに体験させようとします。
暗示で雁字搦めにするというよりはイメージさせつつ要所で気持ちよくする感じですね。
催眠パートでイメージ力を膨らませてきた状況を活かしたリードをしてくれます。

レーサーが本領を発揮するのはその後から。
「メスの快感に打ちのめされる」は拘束してからのバイブ責め
「ハイテンションSEX」はイラマチオとクンニを経由してのガチSEX
「3人に犯される」他のふたなり女性を加えての3箇所同時責め、といったように
お話が進めば進むほどより過激なプレイを繰り出します。

「息をするのも苦しい? でも、なんだか嬉しいよね? ゆっくりと抜き差しされ、喉の奥を突かれる度に股間が疼き始める 背中とアソコがピクピク痙攣しはじめる」
「半狂乱になっても貫かれるって、どんな感じかしら? やめてほしいのに、気持ち良くてやめて欲しくない 心と体で求めるものが違うってことよね?」

キスとクンニではむしゃぶりつくような力強いちゅぱ音を鳴らし
SEXは後になるほどペースを上げて連続絶頂に追い込む荒々しさを前面に押し出した責めです。
しかしそんな中でTSセブンは誰かに体を激しく求められる快感と幸福感を教えます。
一方的に苦しめ痛めつけるのではなく、それに見合ったご褒美もきちんと与えてくれます。
ちなみに絶頂はどれもカウントを数えてから追い込み暗示を叩き込みます。

どのパートも絶頂シーンに強めの追い込みをかけてくれるおかげで
それに釣られて股間がムズムズしたり何かがこみ上げてくる感覚を何度も味わえました。
この内容ならM性の強い人のほうが楽しめるでしょうね。
プレイを通じて女性になったことを強く実感させてくれますし、催眠は解けにくい部類だと思います。

このように、女性の立場で責められる快感を追求した比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
堅実な女体化作品
違和感をできるだけなくして女体化や絶頂へ導く作品です。

TSセブンは主人公を楽しませながら必要なデータを収集しようと
まずは催眠を通じて意識だけの存在に変え、それを今回使用するドールへ移し定着させます。
そしてレーサーの家に到着した後は彼女に任せて女の悦びを存分に教えます。

体を直接変えたり生まれ変わるのではなくテーマに沿った形でなりきらせる女体化
それを下から支えるイメージ重視のアプローチ、激しいプレイを柔らかい表現で実況するエッチ。
独特な世界観にすんなり引き込み気持ちよくする流れのあるサービスが楽しめます。

中でも女体化は作品の肝になる要素ということで
事前のリラックスを入念に行い、そこでイメージ力を多少膨らませてから持っていきます。
さらに女体化パートで一気にやって終わりじゃなく作品全体を通じて強化しようとします。
押し付けがましい表現も特にないので受け入れやすく感じるでしょう。

エッチは穏やかな催眠とは打って変わって激しさを強調してます。
でも彼はドールになってるのですからむしろモノ扱いされる方が自然ではないでしょうか。
人間相手にやったら壊れてしまうからこそドールに欲望を思い切り叩きつけてるのだと思います。

絶頂シーンは9回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:31:45

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

乳首だけで感じる快感♪乳首オナニー完全指示音声

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性漂うちょっぴり意地悪なお姉さんが
乳首で感じるのが好きな男性にきめ細かなオナサポをします。

最初から最後までずっと胸や乳首だけをいじり続けるのが最大の特徴で
序盤から中盤にかけては強めに焦らして性感を高め
それ以降は擦る、引っかく、摘むなど色んな刺激を与えて気持ちいい射精へ追い込みます。
乳首大好きなお姉さんに従って
お姉さんの指示に合わせて乳首オナニーするお話。

「今日はどうしたの? ち・く・び いじりたいの?」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
乳首オナニーがしたくてやって来た主人公を温かく迎えると
色んな指示を出してもっと気持ちよくなるお手伝いをします。

本作品は男性の隠れた性感帯「乳首」の快感を満喫することを目的に
彼女がおよそ60分に渡るややM向けのオナサポをします。
作中では彼を開発済みに設定してますが、これから始めるあるいは開発中の人でも楽しめるように
どこをどういじるかやそのリズムを細かく指示する完全サポートスタイルを取ってます。

「そうそう フェザータッチで焦らすみたいに くーるくる くーるくる」
こんな風にいじり方に応じた擬声語を小まめに言ってくれるので目安がわかりやすく
その通りに続けるだけで一定以上の快感が得られるように作られてます。
全裸になって彼女におちんちんを見られる描写があるものの実際にいじるシーンは一切ありません。
最初から最後までひたすら乳首とその周辺をいじり続ける非常に尖ったプレイが楽しめます。

「乳首さんには触れないけど 乳輪だけでも恥ずかしいお顔になっちゃうんだよね ふふっ」
これらをリードするお姉さんは母親っぽい性格の女性。
乳首のことを「乳首さん」と呼んだり、時折微笑を交える穏やかな態度で接します。
今回こういうエッチをするのも彼が乳首ジャンキーだからであって悪意があるからではありません。
その証拠に絶頂間近の終盤には大胆なサービスをします。

胸や乳首を徹底的にいじる展開と彼女のあまあまなキャラ。
プレイとキャラの両方でやりやすさを意識したタイトル通りの作品です。
責め方を大きく切り替えてくるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる57分間。
プレイは自分の乳を揉む、乳首オナニー、お姉さんの乳首オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「お姉さんの指示に合わせてもらうって言ったでしょう? だったら格好も お姉さんが決めちゃって構わないよね」
これからするオナサポの概要を説明し主人公に納得してもらったお姉さんは
早速シャツ一枚の格好にさせて既に勃起してるおちんちんを軽く観察します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
序盤の19分間は期待と興奮を高めるのが目的のプレイ。
シャツの上から自分の乳房を揉み、少し後には乳輪の外側→内側と徐々に乳首へ近づきます。
片手/両手の指示は特に出ませんからどちらでもいいのでしょう。

「それにしても いやらしい手つき 自分のおっぱいの周りを 指先でくりくりーって すっごく変態さんだね」
男性向けで自分の乳房を揉むというのは珍しいですね。
実際にやったところ取り立てて気持ち良いとは思いませんでしたが
「これからエッチするんだ」と心のスイッチを入れる役割は果たしてます。
彼女も彼の様子を見ながら軽めの言葉責めをしてそれを後押しします。

乳輪いじりは「くるくる」「さわさわ」「すりすり」とシーンに応じて掛け声を切り替え
満足できない快感を与え続ける焦らし重視のプレイです。
本作品では序盤から中盤はとことん焦らし、それ以降は強めの刺激を与える落差を持たせたオナサポをします。
そのため乳首をいじり始めるまでは多くの人が物足りなく感じるでしょう。

本格的な乳首オナニーが始まるのはその後から。
シャツも脱いで全裸になり指の腹や爪を使って色んないじり方を試します。

「優しく乳首引っ張るみたいにしながら くーりくり くりくりくりくり」
乳首に指の腹をくっつけて維持するところから始まり
そのまま円を描くように撫でる、指を立てて軽く引っかく、2本の指で挟み込んでこねるなど
器具を使わない範囲で考えられる色んなタイプのプレイが登場します。

先ほどと同じく焦らす方向で進めるものの、乳房や乳輪に比べればずっと気持ちいいです。
じんわりとした甘い快感やピリッとした鋭い快感が断続的に襲ってきます。
時間に余裕がある状況を利用して乳首オナニーの醍醐味をゆっくりじっくり教えてくれます。

先ほど話した「強めの刺激」が始まるのはプレイ開始からおよそ36分後。
これまでやってきた乳首オナニーをおさらいする感じでひとつひとつ順番に行い
さらに個々のペースや力強さを上げて絶頂できる準備を整えます。
そして最後は完全フリースタイルになり彼女と一緒にこのプレイを楽しみます。

「それじゃあお姉さんも 今から君が絶頂へと向かうの 手伝ってあげるね」
お互いの体に触れることはありませんが熱っぽい吐息と艶めかしい声がとてもエロいです。
オナサポは性質上どうしても純粋なエロさが不足する傾向があるので
ここだけは細かい指示を捨ててそれを強化する方針を取ったのだと思います。

ちなみにフィニッシュはドライではなくノーハンド射精をします。
乳首オナニーが充実してるとはいえさすがに物理的な刺激なしに射精するのは難しいでしょう。
事後の消化不良を防ぎたいならラストはおちんちんも一緒にしごくのが無難です。

このように、しっかり溜めてから一気に吐き出す緩急をつけたプレイが繰り広げられてます。
乳首尽くしの作品
乳首オナニーを幅広く網羅した個性の強い作品です。

お姉さんは乳首の魅力にとりつかれてる主人公により満足してもらおうと
近所のお姉さんのような甘い声と態度でちょっぴり意地悪なオナサポをします。
そしていじり方、ペース、強さを指示しながら全体に流れを持たせて絶頂まで持っていきます。

胸や乳首を徹底的にいじり続ける特化型の作り
指示に従うだけで気持ちよくなれることを目指した完全サポートスタイル
ソフトなものからハードなものまで取り揃えた幅広いプレイ。
被首オナニーを広く深く掘り下げた取り組みやすいサービスに仕上がってます。

「君のイク時の気持ちよさそうな顔 とっても可愛かったよ」
M性が割と低いのも魅力のひとつです。
乳首オナニーやオナサポ自体はM向けですが、彼女の優しさである程度中和してます。
終盤で2人同時の絶頂を目指す流れにもその部分がよく表れてます。

エッチはノーハンド射精する点以外はよくまとまってます。
時間に対する刺激が弱めなのを考えると、どちらかと言えば未開発者向けじゃないかなと。
私は開発済みなのでもうちょっとハード路線であってほしかったです。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

乳首オナニーに興味があるけどやり方がわからない人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 1:02:30

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

あさもひるもよるも~メイドサキュバスにたっぷり絞られる1日~

サークル「もちぱんMaaBooo!!!」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、異なる性格を持つ3人のサキュバスが
メイドになりきって男性にご奉仕したり精液を美味しくいただきます。

M性を極力薄めた実用性重視のエッチをするのが特徴で
前半は3つのペアに分かれて左右の耳をたっぷり舐め
後半は3人同時に唇、乳首、おちんちんを責めて連続射精へ追い込みます。
サキュバスたちの濃密なご奉仕
あさひ、まひる、よるかの3人に責められるお話。

「おかえりなさいませ ご主人様 あれー? あなたは初めてご帰宅のご主人様かな?」
まひるは甘く澄んだ声の女の子。
あさひ、よるかと一緒にメイド姿で主人公を迎えると
お店のメニューやサービスのシステムを簡単に説明します。

本作品はサキュバスであることを隠したままメイド喫茶で働いてる彼女たちが
飲み物で服が濡れてしまった彼を介抱しながらおよそ90分に渡るエッチなご奉仕をします。
最初の3パートはあさひ&まひる、まひる&よるか、よるか&あさひと2人ずつで相手をし
最後のパートだけは勢揃いして方向性の異なる責めを繰り出します。

常に複数の女性が同時に相手するシステムのおかげで
ちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな音の量と密度が高く、オナニーのオカズとしてかなりの実用性を誇ります。
一部で連続射精があるものの全体的に責めるペースや強さは緩くハードに感じるほどではありません。
精液欲しさに無理矢理搾り出そうとせずしっかり気持ちよくすることを心がけてます。

あさひ「オムライスかパンケーキには メイドが仕上げにお絵かきをさせていただきます …ふぅ 言えた」
よるか「ご主人様 お腹空いてそう」
まひる「マジ? よるかそういうのわかるの超すごいね」
もうひとつのポイントは彼女たちのキャラ。
ドジっ子で初々しいあさひ、気さくで積極的なまひる、テンションは低いけど気配り上手なよるか、と
それぞれに異なる個性を持たせ掛け合いや連携を意識してエッチを進めます。

全員が同じくらいの存在感を出せるように組み立ててありますから
気に入った子があまり活躍せずがっかりする可能性は低いです。
例えばあさひはエッチの経験や知識に乏しいので他の2人が上手くできるようサポートします。
彼のおちんちんを取り合って喧嘩することもないですし、和やかな雰囲気でがっつり搾り取ってくれます。
メイドとサキュバスの特徴を組み合わせたエッチ
エッチシーンは4パート82分間。
プレイは耳舐め、両耳舐め、手コキ、フェラ、亀頭責め、乳首舐め、キス、SEX(騎乗位、正常位)、乳揉みです。
手コキ、亀頭責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

あさひ「ご主人様 私とんでもないことを あぁぁぁぁ」
まひる「ちょっとあさひ落ち着いて とりあえずちょっとお洋服脱いでくれる?」
あさひが飲み物をこぼし主人公の服を濡らしてしまったのを見て
まひるはすぐさま彼をバックヤードへ案内し服を脱いでもらいます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート50分間は選択式。
彼女たちの誰にお世話してもらいたいかを聴き手が決め、それと一致する音声を選びます。

プレイの流れは3人のうち2人が左右に寄り添って両耳舐めを始め
しばらくすると片方がおちんちんに手を伸ばし後になるほど激しくしごきます。
最中はほぼずっと鳴ると言っていいほどちゅぱ音の量が多く
マンネリ感が出ないようパートごとに細かな違いを持たせて彼女たちの魅力を引き立ててます。

まひる「ねぇ ご主人君さ もしかしてなんだけど ここ 大きくなってない?」
あさひ「これがご主人様の す、すごいです」
例えば「03.あさひ×まひる」はエッチの経験に大きな差があることを踏まえて
まずはまひるが耳舐めの手本を見せ、その後あさひが加わり両耳舐めへと変化します。
ちゅぱ音もまひるは唇でしゃぶる、あさひは舌でコリコリすると舐め方が被らないよう工夫してます。

彼の射精を見て軽く驚くあさひの姿も印象的でした。
サキュバスのイメージから敢えてずらすことで最終パートとのギャップを大きくしています。

それに対し「04.まひる×よるか」では2人ともスムーズに耳舐めを始め
パート中盤頃からペースが上がり、終盤は2人で一緒におちんちんを握って射精を促します。
あさひがいる時に比べて慣れた印象を抱くでしょう。
射精を各パート1回に抑えてることも含めて彼にとことん尽くすメイドらしいエッチをします。

最後の「サキュバス3姉妹の非日常_メイドサキュバスにたっぷり絞られる1日」は
サキュバスらしさを追求したパート(約32分)。
精液を吸収しサキュバスの力をある程度取り戻した3人が
代わる代わるおちんちんを責めて3回連続の射精へ追い込みます。

あさひ「自分からはまだ恥ずかしいので 言ってくださいませんか? 私とキスがしたい、と」
よるか「ねぇご主人様 あさ姉のおまんこから出る愛液と ご主人様のおちんぽから出る我慢汁が ぐちゅぐちゅエッチな泡が立ってる」
サキュバスの本性を表した後も彼女たちのメイド心はなくなりません。
あさひはこれまでと同じく初々しい仕草と反応を見せてくれますし
他の2人も巧みな責めとエッチな言葉で彼の興奮を上手に煽ります。
各射精シーンの間隔が8~10分あるのも心身に過度な負担をかけないための思いやりなのでしょう。

パートの前半と後半でメインのエロ要素がガラリと変わるのもいいですね。
前半は乳首舐め、よるかのフェラ、キスとこれまでに引き続きちゅぱ音を鳴らすプレイで固め
後半はまひるの騎乗位→あさひの正常位+騎乗位と繋いで喘ぎ声を積極的に漏らします。

あさひ「したい…です 早く私もご主人様のおちんぽを飲み込みたいって おまんこ疼いちゃってます」
中でもあさひは清楚な声で大胆なことを言って男心をくすぐります。
エッチの事はよくわからないけど彼を気持ちよくしたいし気持ちよくなりたい。
サキュバスらしくなかった彼女が最もサキュバスらしく振る舞うところにグッときました。
連続射精からイメージされる過酷さをキャラやシチュで和らげてます。

このように、それぞれの個性を出しつつ抜ける音をたっぷり鳴らす甘めのエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
複数の女性が協力して一心不乱に責め続けるストレートな作品です。

あさひ、まひる、よるかはメイド喫茶を訪れた主人公に満足してもらい
さらに自分たちもエネルギーを補給しようと最初から体を積極的に密着させ
耳、乳首、おちんちんといった性感帯を手分けして複数同時に舐めまくります。
そしてある程度満足した後はより踏み込んだプレイで精液を効果的に搾り取ります。

2~3人の女性が同時にご奉仕する密度の高いシチュ
バイノーラル録音ならではのリアルな音をふんだんに鳴らす作り
3人の性格に違いを持たせ、それぞれに活躍の場を設ける展開。
音重視だけどキャラもある程度立てたエッチが楽しめます。

このところバイノーラル録音の作品がかなり増えてる影響で
本作品のようにちゅぱ音をがっつり鳴らす作品自体はさほど珍しくなくなりました。
しかし異なる声優さんが組み合わせを変えて同じプレイに取り組むものはまだまだ少ないです。

担当する声優さんが全員一緒だと演技が似通ってマンネリ感がどうしても出てしまいます。
そこを解消するために色んな工夫をされてるところが素晴らしいです。
最終パートもちゅぱ音でゴリ押しせず後半は喘ぎ声特化に方向転換してます。

エッチは耳舐め好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
SEXは終盤の20分のみですからやはりメインはちゅぱ音です。
おまけで合計55分の耳舐め音声も入ってますし、耳舐め好きにはかなりおすすめします。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

おまけはフリートーク、NG集、ループ用耳舐めです。

CV:あさひ…天知遥さん まひる…藍沢夏癒さん よるか…そらまめ。さん
総時間 2:49:47(本編…1:33:39 おまけ…1:16:08)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
170分で1000円とコスパがいいので+1してあります。

【バイノーラル・催眠】催眠悪戯姉妹【耳舐め・キス】

サークル「さくらむすび」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、どちらも主人公のことが大好きな姉妹が
左右に寄り添いながら催眠を交えたエッチなご奉仕をします。

耳、唇、乳首を2人がかりでひたすら舐めるちゅぱ音特化のエッチが魅力で
催眠は数分ごとに軽い暗示を入れる程度に留める代わりに
耳元至近距離から生々しい音と熱っぽい吐息をたっぷり漏らして温もりと興奮を与えます。
秘めた想いを言葉に乗せて
妹の小夜と姉の涼子に耳をとことん舐められるお話。

「えー、つーことで。今からお兄ちゃんに催眠をかけていこうと思います」
小夜は砕けた話し方をする明るい声の女の子。
「あーっ 2人して何をしてるんですか?」
涼子はのんびり話す穏やかな声のお姉さん。
小夜が友達から借りた本で勉強した催眠を主人公にかけようとしてたところ
その途中に涼子が現れそのまま2人がかりでご奉仕します。

本作品は彼のことを家族とは別の意味で愛してる姉妹が
最初から体を寄せて左右交互に話しかけたり性感帯を責めます。
基本的には小夜が右、涼子は左に陣取りある程度話したらその役を入れ替える流れで
女性が2人いる状況を利用し特にエッチで密度の高いサービスをしてくれます。

「2人の女性が左右から語りかける」と聞いて双子催眠をイメージする人がいると思います。
しかし残念ながら本作品のそれは本家を始めとする双子とまったくの別物です。
詳しい理由はこの後説明しますが、ガチな双子を期待して聴くと肩透かしを食らうでしょう。

全編を通じて言える大きな特徴は囁き声がとにかく多いこと。
催眠の序盤からエッチ終了までのおよそ60分間ほぼずっと囁き続けます。
バイノーラル録音なだけあって声の位置がとても近く、エッチの中盤からはそれに熱っぽい吐息が加わります。
プレイ自体は割とソフトにして雰囲気で興奮させるタイプです。

催眠はおよそ25分間。
事前に催眠に関する小話をして緊張を解きほぐしてから
仰向けに横になって目を瞑り深呼吸や脱力をします。

小夜「右手の先から 力がどんどん抜けていく 手のひら 手首 二の腕」
涼子「ほーら 言う通りになっていますよね あなたは今 動けない」
催眠開始前に比べて声の感じが穏やかになり、ゆったりしたペースで全身を個別に脱力していきます。
そして合間に体が動かせなく暗示を入れて感覚を強化します。
主人公が緊張してることを踏まえてリラックスに力を入れた催眠を心がけてます。

流れだけを見ると良さげに思えるのですが、最中の暗示が極端に少なく
脱力感を聴き手に伝えるにはパワー不足というのが正直なところです。
また話すペースや間が1人の時とほぼ同じで催眠者が2人いる状況を活かせてません。
セリフの割り振りも一文ずつ交互に入れ替えるだけで効果的とは言えない状況です。

1人でできる催眠をただ2つに分けただけでは双子催眠にはなりません。
それぞれが催眠者として個別の役割や目的を持って行動し、それでいてひとつの催眠になって初めて成立します。
これが先ほど「本家の双子とはまったくの別物」と言った大きな理由です。

雰囲気が穏やかなので意識が多少ぼやける感覚はしましたが
催眠音声でよく味わう脱力感や落ちる感覚は特にありませんでした。
さくらむすびさんは催眠音声初挑戦のはずですから、他のサークルさん以上に手厚く誘導するのが望ましいです。
大手さんのように「このサークルさんなら催眠に入れるだろう」と思い込ませられないハンデをどこかで補う必要があります。
そういったところも含めて物足りなく感じました。

涼子「動けないけど呼吸はできます 色んなことをされるけど ゾクゾクすることはできます」
せめて脱力終了後にきっちり深化させてくれたらまた違ったのでしょうが…。
実際は左右から息を吹きかけてゾクゾクさせるエッチの準備と思しきことをやってます。

軽くリラックスさせてからエッチに向けて期待を高めるシンプルな催眠です。
聴き手の体を動けなくしつつ心身の感度を上げることを目的に
深呼吸と分割弛緩法で前者を、その後の息吹きや追加の暗示で後者を推し進めます。

姉妹が体を密着させ囁きながら誘導するスタイルは良いと思います。
しかし催眠者が2人いる以上はそれを活かした催眠を施してほしいです。
声を適度に振り分けてるところを見るとおそらく双子を意識されてるのでしょう。
だからこそ大変手厳しい意見をさせていただきました。
口をふんだんに使ったエッチ
エッチシーンは41分間。
プレイは耳舐め、両耳舐め、キス、乳首舐め、オナニー、お掃除フェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は出ないので最初から脱いでおいたほうがいいでしょう。

小夜「だったらお姉ちゃん 耳を舐め舐めしてあげて?」
催眠を使って主人公を抵抗できない状況に持っていった姉妹は
そのまま彼の耳を個別に、あるいは同時に舐めてもっともっと気持ちよくします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の25分間は射精しやすい環境を整えるのが目的のプレイ。
2人が左右の耳を交互に舐め、しばらくすると左右同時に変化し
さらにキスや乳首舐めも挟んで自分たちの気持ちをストレートに伝えます。

プレイ構成を見ていただければわかるように本作品のエッチはオナニー以外全部口を使います。
最中はほぼずっとちゅぱ音が鳴り続けますから好きな人ほど楽しめるでしょう。
女性が2人いる状況を上手く活用したエロさと密度の高い責めです。

涼子「動けない しゃべれない でも感覚は鋭くなって 体のあちこちがジーンとして 頭がとろけるほどの快感を感じていますよね」
催眠に関しては数分おきに体が動かせないことを念押す程度なのでほぼおまけかなと。
同人音声をメインに制作されてるサークルさんだとこうなることが多いです。
催眠に入ってるかどうかで快感に差が出ることはおそらくないでしょう。

続く16分間は聴き手自身も加わって気持ちいい絶頂を目指します。
射精のタイミング以外はほぼ自由なオナニーをし
彼女たちは引き続き左右の耳をゆっくりねっとり舐め続けます。

小夜「ずっと我慢したからね もう我慢しなくて気持ちいいのを体全体で感じちゃっていいんだよ」
ここまで我慢してきた彼の頑張りに報いようと2人も最高のタイミングで射精の許可を出します。
カウントを数えながらひたすら耳を舐め続け、その合間に熱っぽい吐息を漏らすテーマに沿った追い込みです。
純粋なエロ要素が充実してますから普通に射精できるでしょう。

このように、女性の口が生み出す音をたっぷり浴びせかけるストレートなエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きなら
催眠抜きで考えるなら使い勝手の良い作品です。

小夜と涼子は大好きな主人公に楽しい時間を送ってもらおうと
物語の最初に早速体を密着させ耳元至近距離から囁きながら催眠をかけます。
そしてエッチに入ると今度は口で直接刺激して射精したい気分を膨らませます。

質量共にこだわった囁き声、最初から最後までひたすら舐め続けるエッチ。
パートナーが1人では決してできないエロ重視のサービスが楽しめます。

同人音声として捉えるなら割とまとまってる作品だと思います。
バイノーラル録音の長所が活きるふたつの要素を組み合わせて組み立ててるのが大きいです。
耳舐め好きな人が同人と同じ感覚で聴く分にはそれなりにおすすめします。

その一方で催眠音声として見た場合は色々厳しいです。
作品の根幹にあたる双子が破綻してるので、部分的に手を加えたとしても改善は見込めません。
催眠は無難に1人で進めてエッチから2人体勢にしたほうが上手くまとまったと思います。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:歩サラさん
総時間 1:15:05

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月15日まで20%OFFの800円で販売されてます。

【思い出す音】道草屋-稲3 どろたんぼ。他【静かめ耳かき】

サークル「桃色CODE」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、態度はのほほんとしてるけどやることはしっかりやる店員が
お店の中や近くの神社で初夏の1日をお客と一緒に過ごします。

前半は他の店員との掛け合いでのどかさや賑やかさを出し
後半はセリフをあまり挟まず一対一でまったりお世話する、といったように
シーンごとにスタイルを変えながらリアルな音をたっぷり鳴らして癒しと没入感を与えます。
緩やかな時の流れを感じながら
道草屋の店員「稲」と「すずな」があれこれお世話するお話。

「旦那様 神社にお散歩ですか?」
すずなは素朴で可愛い声の女の子。
ある日の昼頃、散歩へ出かけたお客と神社で偶然出会い声をかけると
お参りの後で近くの池にいる鯉の餌やりに誘います。

本作品は道草屋の店員の中で一際マイペースな彼女が
夏を間近に控えた時期のお昼から夜にかけておよそ2時間に渡る癒しのサービスをします。
昼間は神社での餌やり、夕方は田んぼでの草笛、夜は自室での甘噛み&耳かきと
時間の流れに合わせてやることを大きく切り替える雰囲気重視の作りです。

「旦那さん? これはだらしないところを…」
今回の主役を張る稲はとことんのんびりしてる女の子。
彼が来てものほほんとした声と態度で迎え、ふと思いついたことをいきなり始める風変わりな性格をしてます。
ある意味店員らしくないキャラなのですが道草屋の舞台となる田舎にマッチしており
聴いてる最中は普段よりも時間が緩やかに流れていく気分がします。

最中に流れる効果音と環境音もそれに大きく貢献してます。
水の流れる音、参拝時に鈴を鳴らす音、ラムネを開けたり飲んだりする音、鯉に餌をやる音など
自然や季節にまつわるものをタイミングよく鳴らしてリアルな空間を作り上げてます。


今回は総時間の約半分が野外での活動ということで、道草屋の中で過ごす時よりも音の種類が豊富です。
中でも生物はウグイス、カエル、鯉、カラス、ネズミと幅広く取り揃えており
それらを組み合わせることで彼らがいる場所や時の移りゆく様子を表現します。
もちろんサービスに関する音も定番のものから他では聴けないものまで多種多様です。
前半は賑やかに、後半はしめやかに
一番最初の「つちとお昼寝」は神社でのお話(約39分)。
すずなと2人でここに来ていた稲がお客と出会い、鯉に餌をやりながらまったり寛ぎます。

稲「枕が欲しい」
すずな「ダメです」
店員が2人、しかもお店の外ということで他愛もないやり取りをするシーンが多く
ずぼらな稲としっかり者なすずなの性格の差がよく出てます。
それでいてお客に対して自分から積極的にお世話するプロらしいところも見せてくれます。

お話の流れは参拝から入って稲に膝枕されながらラムネを飲む
寝転びながら彼女がスコップで土いじりする音を聴く、と個性的なものを取り揃えてます。
すべての行為に専用の効果音が用意されてますからそれらだけでも相当に癒されるでしょう。

すずな「ラムネは思い切って乗るくらい押さえるのがコツです」
稲「ドヤ顔」
全編を通じてセリフごとの間を長めに取ってあるのがいいですね。
無理に聴こうとしなくても効果音を楽しみやすく、まったり感の強化にも繋がってます。
それでいてキャラの存在感が薄くなってないのは個々の会話が自然で面白いからです。
道草屋シリーズの売りである総合力の高さが最初のシーンで早速発揮されてます。

続く「どろたんぼ」は道草屋へ帰る途中の出来事(約26分)。
昼寝を終え先に戻ろうとしてたお客に2人が後から合流し
稲の家が所有する目の前の田んぼに踏み入れたり、その場で作った草笛を吹いて遊びます。

すずな「田んぼの泥って 乾くとすごいさらさらですよね」
稲「毎年混ぜてるから」
稲は実家の農業を手伝ってるだけあって田んぼの知識に詳しく
珍しい体験にはしゃぐすずなに色んなことを教えます。
環境音も田んぼに住んでるカエルの声が二重三重に鳴り響いてかなり賑やかです。

お客と一緒に泥遊びするだけなのでお店のサービスとはやや違うのですが
初夏の1日を田舎で過ごす雰囲気がリアルに表現されていてとても和みました。
すずなの歌に合わせて稲が「ぴぷー」という高い草笛の音を鳴らすなど
道草屋にしかできない素朴な手段で彼を上手にもてなします。

最後の「ぐだぐだ耳かき」は夕飯を終え寝る直前にするサービス(約59分)。
これまでと違い1人で部屋を訪れた稲が添い寝しながら耳拭き、甘噛み、耳かきをします。
耳に息を吹きかけるシーンはありません。

「すぐ耳かきもなんですしねぇ このねぇ 寝る前のごろごろ 幸せですよねー」
お店に戻った後も彼女の態度は引き続きのんびり。
今日を楽しく過ごせたことに満足しつつ慣れた手つきでお世話します。
かなり眠そう声と口調で話しかけてきますから、それに釣られて眠気を催す人が結構いるでしょうね。
添い寝スタイルでの耳かきも彼女の性格に合ってます。

この耳かきを聴いて眠く感じるもうひとつの理由はセリフよりも音のほうがずっと優勢だから。
耳拭きは「くしゅっ ぞすぞす」というやや湿り気を帯びた音
甘噛みは18禁との違いを出すために水分とペースをかなり落とした癒し系の音
耳かき棒は「じじっ」という細めで乾燥した音、綿棒は「ぽしゅっ」という広くてぱちぱちした音をたっぷり鳴らします。
そしてこれらが後になるほど緩やかなペースに変わります。

眠そうな状態できびきび耳かきしたら不自然ですし、彼女の心情が音や動きにしっかり反映されてます。
バックで流れ続けるカエルの声も田んぼの時よりずっと控えめで耳に心地いいです。
すべての要素をまったり、のんびりしたものに揃えることで安眠できる環境を整えます。

このように、都会での慌ただしい生活とほぼ正反対の穏やかなサービスが繰り広げられてます。
すべてがゆるーい作品
聴けば聴くほど心が安らいでいく癒し効果の高い作品です。

稲は遠路はるばる道草屋へやって来たお客に楽しいひと時を送ってもらおうと
普段通りののんびりした態度で接しながら田舎ならではの遊びをすずなと一緒に提供します。
そして店に戻ってからは王道の耳かきをまったり続けてぐっすり眠らせます。

気が抜けてるようでしっかりしてる彼女のキャラ
すずなとの掛け合いによって魅力を引き出すお昼から夕方にかけてのシーン
多くを語らず音と雰囲気でさらに癒す夜の耳かき。
彼女たちが1日を楽しく過ごす様子を彼の視点で何気なく、そしてリアルに描きます。

「昼間ねぇ 餌やったじゃないですか? ふやけたパンって 美味しいんですかねぇ」
この作品を一言で言うなら「すべての要素が緩い」です。
まずは稲が終始のほほんとしてますし、作中でやることも専門性の低いものが主体です。
色んな環境音が鳴るのも作品全体に柔らかさを与えてます。

稲は過去作でも安眠を意識した作風でしたし
そこに季節感を持たせたり、たびらこ以外の店員を絡めることでさらなる個性を生み出してます。
最近の道草屋は今までなかった店員の組み合わせに挑戦していて新鮮さを感じます。

サービスについては昼から夕方にかけてのシーンに面白い音が登場します。
何をしてるか説明されなくても簡単にイメージできるものばかりで高い没入感が得られました。
耳かきも音フェチ成分が強くてよく話す普段の道草屋との違いが出てます。

忙しい日々を送っていて心に余裕のない人ほどよく効く作品です。

CV:稲…真宮ひいろさん すずな…藤堂れんげさん
総時間 2:06:06(お昼…39:44 夕方…26:29 夜…59:53)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

おねえちゃんとエッチな効果音収録

サークル「さーべるたいにゃー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて押しに弱い近所のお姉ちゃんが
大好きな主人公にお願いされてエッチな効果音の収録に協力します。

キャラとシチュを上手に組み合わせた甘さの強いエッチをするのが特徴で
初めての経験に戸惑いつつなんだかんだで彼の要求を全部受け入れ
プレイ中は録音の邪魔にならないよう声を必死に抑える愛らしい姿を見せてくれます。
時間に対するプレイの種類を多めに用意し、それぞれで専用の効果音を鳴らすのもポイントです。
幼馴染のエッチなお願い
彩崎ひな子とエッチして色んな音を録るお話。

「ああっ ごめんね お部屋ジロジロ見ちゃって」
ひな子は明るくて穏やかな声のお姉さん。
久しぶりに入った主人公の部屋を不思議そうに眺めると
ゲームに使うエッチな効果音を録らせて欲しいと言われて戸惑います。

本作品はご近所さんとして小さい頃から彼の面倒を見てる彼女が
ゲーム制作に協力する形でおよそ70分に渡るあまあまなエッチをします。
本編の前半は彼が彼女を責め、後半はその仕返しをする流れになっており
最中はメジャーなものからマイナーなものまで様々な音が登場します。

そして手マンは水分高めの音を小刻みに、SEXはパンパンと肉が軽くぶつかりあう音
手コキは比較的滑らかな粘着質の音を上下にゆっくり、といった具合に
どんなプレイをしてるかが音だけでだいたい分かるようにはっきり違いを持たせてます。
特に後半はセリフが一気に減って音だけが流れるようになるので音フェチ成分が強めです。

「君に見られながら脱ぐっていうのもそうだけど マイクに近寄られながらっていうのも なんだかすごく恥ずかしいね」
これらの音を生み出す彼女のキャラも個性的。
彼から予想外のお願いをされて直後は拒絶する姿勢を見せるものの
「断られたらデリヘル嬢に頼む」と言われると控えめな様子で了承します。
そして服を脱ぐ時、大事な部分を見られる時、体を責められる時にはとても恥ずかしそうな仕草をします。

近所のお姉ちゃんというと音声作品ではエッチが上手いキャラが多いのですが
彼女の場合は奥手で初々しい女性に描かれてます。
効果音をスムーズに録れるようプレイ中に声を極力我慢するのがいいですね。
大好きな彼のために勇気を振り絞って尽くす姿は健気で愛らしいです。
すべては良い効果音を録るため
本編のエッチシーンは3パート48分間。
プレイは脱衣、体の愛撫、乳揉み、手マン、スパンキング、アナル責め、フェラ、SEX(バック)、手コキ、耳舐めです。
フェラと耳舐めを除くすべてのプレイで効果音が鳴ります。

「恥ずかしいから あんまり見ないでね じゃあ…脱ぐね」
主人公に土下座でお願いされ協力を決意したひな子は
早速彼に指示されてその場で服を脱ぎ始めます。

エッチはシーンによって責め手を変えながら進めます。
前半の2パート28分間は当初の予定通り効果音を収録するシーン。
Tr2は体の愛撫と手マン、Tr3はアナル責めやSEXとプレイを切り替え彼女をひたすら責め続けます。

「すごく ぬるぬるしてる それに このローション だんだん温かくなってきて 君の手つきも なんだか…んっ」
最初はとても恥ずかしそうな仕草を見せていた彼女も
全身やおっぱいを撫でられて気持ちよくなってきたらしく徐々に熱っぽい吐息を漏らし始めます。
声が入ると録音失敗になるルールがあるためそこまで大きく乱れることはありませんが
バイノーラル録音のおかげで声の感じから彼女の興奮具合がなんとなく伝わってきます。

「そう…だよね エッチな効果音 必要なんだもんね」
続くTr3は若干アブノーマルなプレイが中心。
四つん這いになった彼女のお尻を弱い力でぺしぺし叩き
そのまま指をアナルに挿入してくにゅくにゅとゆっくりこねる音を鳴らします。
ここまでされても彼にすべてを委ねようとする彼女の姿がとても印象的でした。
頼まれたから仕方なくやるのではなく、年上としての責任感を持って最後まで付き合おうとします。

山場のSEXシーンが約5分と短いのは残念ですが
効果音の質感、徐々に上がっていくペース、それに合わせて乱れる彼女の息遣いがどれもリアルでエロいです。
最後もきっちり中出しを決めますし、お姉ちゃんを蹂躙するややS向けのプレイに仕上げてます。

それに対して最後のTr4はややM向けのプレイ(約20分)。
これまで好き放題されてきたことへのお返しに、今度は彼女が耳舐め手コキとフェラで再度の射精へ追い込みます。

「じゃあ 最後はお口でしてあげる お口に涎いっぱい溜めて ぬるぬるにして じゅぽじゅぽーってエッチな音たくさん出るように お姉ちゃんも頑張るから」
所謂お仕置きにあたるのですが彼女は引き続きしっかり録音に協力します。
マイクを近づけながら耳元至近距離でコリコリした音をたっぷり鳴らし
パート後半に入ると声の印象よりもずっと下品なフェラを披露します。

2種類のエッチな音だけが鳴る時間を長め取ってあり、ある意味最も本作品らしいプレイが楽しめます。
中でも耳舐めは舌を小刻みに動かしたり唇で挟み込むたびに微弱な振動が感じられてゾワゾワしました。
彼をいじめるのではなく甘やかす方向で思い知らせるあたりが彼女らしいなと。

このように、年上を責める快感と責められる快感を組み合わせた音重視のエッチが繰り広げられてます。
変わったタイプの音フェチ作品
キャラを引き立てながら色んな音を鳴らす和やかな作品です。

ひな子はゲーム制作に打ち込んでる主人公の期待に応えようと
恥ずかしそうな仕草で彼の指示や責めを受け入れ喘ぎ声をひたすら堪えます。
そしてある程度収録できた後は自分の気持ちに従って逆に彼を気持ちよくします。

恥じらう姿が可愛らしい彼女の初心なキャラ
最中に鳴る幅広くてリアルな効果音、前半と後半で大きく切り替わるプレイスタイル。
男女がする一般的なエッチとは目的を多少変えて描いてます。

「すごいとろけた顔してる 気持ちよかった? うん なら良かった ふぅ」
単純に割合だけを見ると音のほうが優勢です。
でも彼女が見せる色んな表情が新鮮で音よりも大きな存在感があります。
音系=キャラが薄いというイメージを覆してるのも本作品の面白いところではないかなと。
「可愛い」とか「萌える」と感じる人が結構いると思います。

エッチはテーマになってる音へのこだわりが強いです。
同系統のプレイでも明確な差があって実況のセリフ無しでもだいたいイメージできます。
前半を聴いてた時は「もうちょっと固めて聴きたいなぁ」と思ってたのですが
後半に入るとその部分が解消されていてバランスが取れてます。

絶頂シーンは主人公、ひな子共に2回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

年上の女性が見せる弱さにグッとくる人には特におすすめします。
おまけは「効果音の匠、ひな姉の朝は早い。」です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:14:01(本編…53:59 おまけ…20:02)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ふたなり人妻の逆レイプでメスイキしちゃう~催眠セックス体験コース~

サークル「女の子至上主義」さんの催眠?音声作品。

今回紹介するサークルさんの音声処女作は、まだ研修生だけど腕に自信のある催眠術師が
催眠を使って人妻とのちょっぴり激しいエッチを疑似体験させます。

催眠誘導を特にしないまま女体化誘導を始めたり
エッチシーンで彼女だけでなく人妻もしゃべるなど
催眠音声よりもボイスドラマに近い流れでサービスを進めます。
人妻との甘美なひと時
ゆめなに催眠をかけられてからうたなとエッチするお話。

「はーい こんにちは 催眠SEXの世界へようこそ」
ゆめなは明るくてしっとりした声のお姉さん。
仰向けに横になってる主人公に挨拶すると
自分の経歴を教えてから今回のコースに合ったエッチな催眠をかけます。

本作品は催眠の学校を出たばかりでまだ研修中の彼女が
本来は別のコースを希望してた彼に35分程度の変わったサービスをします。
ふたなり人妻によるレズ逆レイプという珍しいシチュを設定し
それに向けて催眠よりもエッチを重視する形で進めます。

最初から言ってしまいますと本作品を聴いて催眠にかかれる可能性は極めて低いです。
主人公になりきって楽しむのではなく、彼らがエッチしてる様子を横から楽しむことになるでしょう。
催眠初挑戦だからなのでしょうけど悪い意味で型破りなことをされてます。

催眠はおよそ6分間。
仰向けに横になって目を瞑りゆめなの話に耳を傾けます。
ちなみに催眠開始後は彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「爽やかな風 綺麗なお花畑 可愛い動物たち ママの言葉とあなたの感情がリンクしたみたいに あなたは楽しんだり 喜んだり 安らいだりします」
「5年生になったら 少しおっぱいが大きくなったね 中学生になったら 初めての生理を体験して 股の間が重たくなったよ」

お話の内容は緑豊かな場所で母親に本を読んでもらってる女の子が
成長して体と心が変化していく様子を数年ごとに実況します。
男性から女性に変えるのではなく最初から女性だったと思わせるアプローチです。
そして大きくなった彼女の友達の母親がこれからエッチするうたなとなってます。

女体化をテーマにした催眠音声でこういう誘導をする事自体はさほど珍しくありません。
性別を直接変えるよりも女性の人生を辿っていったほうが受け入れやすく感じる場合があります。
しかしこれをやるにあたって必要な準備が一切されてません。
深呼吸や脱力をして心身を十分にリラックスさせたり、カウントを数えて深化させるといった行為が省略されてます。

簡単に言うと催眠誘導せずに女体化させようとしてるわけです。
もしかしたら会話調の誘導をする現代催眠型かなとも思ったのですが
確認したところ技術的にそう受け取れる描写は見られませんでした。
これが先ほど「催眠にかかれる可能性は極めて低い」と言った一番の理由です。
同性に処女を奪われる快感
エッチシーンは2パート20分30秒間。
プレイは服を脱がせる、SEX(正常位?)、ビンタ(4回)、キスです。

ビンタの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

うたな「今帰り道 私も今から帰るところなの 一緒に帰る?」
ゆめな「うたなさんに誘ってもらえたよ 嬉しいね」
ゆめなの催眠で心と体を立派な女の子に変えた主人公は
学校の帰り道にうたなと出会い、彼女の家に誘われてエッチを初体験します。

エッチはゆめなが実況役、うたなは直接責める役と分担して進めます。
最初の「前戯」は雰囲気作りを重視したパート(約3分30秒)。
うたなの自室に移動した2人が服を脱がせあいながらお互いの肌を観察します。

う「それなら あなたの初めて もらっちゃおうかな 脱がせてあげるね」
主人公は友達を通じてうたなと既に仲良くなっており
元々エッチな事に強い興味を抱いてた背景もあってあっさり受け入れます。
うたなも年下の同性が初体験を気持ちよく終えられるようまずは優しくリードします。

ゆ「するっと脱がされて おっぱい見られちゃった 恥ずかしいね 顔が熱いね でもちょっと嬉しいよね」
そしてゆめなは天の声として今何をしてるか、主人公が何を感じてるかきめ細かく語ります。
聴き手視点の言い回しを心がけてるのでなんとなくイメージしやすく感じるでしょう。
この部分に関しては割かしよくできてると思います。

また声の位置を左右へ適度に振り分ける演出もされてます。
サークルさんは「双子催眠的な手法」とおっしゃられてますが、聴いた限りでは技術的にまったくの別物でした。

コース名の「逆レイプ」らしさが出てくるのは次のセックスパート(約17分)。
横になった主人公のおまんこにうたながおちんちんを挿入し、後になるほど激しく突いて2人同時の絶頂を目指します。

ゆ「ずぶずぶーって 太い何かの先端が まんこの中に入ってきたね 思ってたよりも硬かったね」
う「ほーら気持ちいいでしょ? エッチな悪い子にはお仕置きよ もっと奥まで突き上げてあげる」
そしてここでもゆめなはおちんちんの感触やそこから得られる快感を伝え
うたなは感じてる彼の様子を観察しながら徐々にSっ気を露わにします。
彼女の旦那はSなためエッチで受けに回ることが多く、相手を責めることに強い興味を抱いてました。
それが今回実現したから普段よりも意地悪な態度で接するようになります。

といっても女性同士なのでM向けと言うほどハードな事はやりません。
プレイ中に頬へ数回ビンタをする程度で後はピストンするだけです。
ゆめなの実況がポジティブな表現を心がけてる点もそう感じる理由のひとつです。

催眠に入れなかったのが一番大きいのでしょうが
イメージはできるけど気持ちよくなれないまま聴き終えることになりました。
こういう言い回しは催眠に入ってこそ初めて効果を発揮するものですから
その前提部分が崩れてしまっていては楽しみたくても楽しめないというのが正直なところです。

このように、レズプレイを多少過激にアレンジした風変わりなエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
ふたなり女性との初エッチをボイスドラマに近いタッチで描いた作品です。

ゆめなは人妻に逆レイプされる快感を主人公にたっぷり味わってもらおうと
催眠の要となる誘導部分を敢えて省略し、最初から女体化に関するイメージを投げかけます。
そして完了後はパートナーの人妻にもしゃべってもらいながらプレイの様子を細かく実況します。

レズでありながらおちんちんで貫かれる快感を追求した異色のエッチ
そのイメージを助ける聴き手視点の実況。
時間、内容共に催眠よりもエッチを重視したサービスを行います。

ゆ「まんこの中が擦れてる 太いのが抜けてホッとしたら また奥までぐっと入ってくる」
ゆ「うたなさんにパンパンされるたびに あなたは女の子の喜びを感じてる」

催眠に対して痛烈に批判しましたがエッチのセリフは光るものを感じました。
どういうところを実況すればイメージ力が膨らむかを考え
言い回しも聴き手が主観的に捉えられるように心がけてます。
私がこの作品を同人音声にカテゴライズしなかったのはこの部分があったからです。

催眠誘導をちゃんとやるようになればもっともっと良い作品が生まれる可能性を秘めてます。
活動を始めたばかりのサークルさんですし今後変わっていくことを期待したいです。

絶頂シーンは1回。
淫語・効果音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:口谷亜夜さん
総時間 37:28

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は3点。
37分で200円とコスパがいいので+1してあります。

2018年7月9日まで15%OFFの170円で販売されてます。

↑このページのトップヘ