同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2017年11月

   ● メスイキ催眠


アナ掘り艶女医さんの――前立腺コリコリによる強制メスイキ搾精治療♪

サークル「ピンクリボルバー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけどスイッチが入るとSになる女医さんが
性の悩みを抱える男性にとってもエッチな治療を施します。

医療行為にできるだけ近づけてアナルや前立腺を責め続けるのが特徴で
ホットタオルで毛穴を広げてからの剃毛、ローションまみれのゴム手袋を使ったアナル拡張
前立腺周辺の優しいマッサージなど、未開発者を見据えて一歩ずつ丁寧にプレイを進めます。
アブノーマルなプレイばかりなので基本はM向けですが、彼女の優しい態度に多少の癒しも感じるでしょう。
オナニーのしすぎで前立腺が…
女医さんからエッチな治療を受けるお話。

「次の方 お入りください こんにちは 初めまして」
女医さんは上品で落ち着いた声のお姉さん。
とある事情で病院を訪れた主人公に症状を尋ねると
まずは色んな質問をしてどのように治療すればいいか探ります。

本作品は精液の残り汁が前立腺のあたりに溜まってしまい
射精してもおちんちんがムズムズしっぱなしな彼を救うために、彼女が90分近くに渡って様々なプレイをします。
本来の目的が治療にあるため風俗店のような露骨なサービスはせず
症状を確認したり彼の不安を取り除きながら改善に向けてゆっくり丁寧に進めます。

「お尻 ケツマンコを ご自身でいじられることはありますか?」
最大の特徴はアナルやその先にある前立腺への責めに特化してること。
治療開始後はほぼずっとちんぐり返しの体勢を取り、消毒も兼ねた剃毛から始まって
アナル拡張、前立腺周辺のマッサージ、特別な器具を使った搾精など
性的に気持ちよくするよりも彼の苦しみを取り除くことを重視してひたすら刺激を与えます。
彼女がおちんちんに触れることは一切ありません。

アナルを扱ったプレイはM向けの作品で部分的に登場することがあるものの
最初から最後までそれだけに徹するのは本当にレアです。
人を選ぶところがあるのは否定しませんが、好きな人ならとことんハマる可能性も持ってます。

「これから行わせていただく治療は 浅い箇所とはいえ 内蔵をいじらせていただく類のものですから 万が一があってはいけませんので」
これらを行う女医さんのキャラも大きなポイント。
恥ずかしい悩みを抱えてる彼を一切見下すことなくむしろ親身になって治療に取り組みます。
サークルさんが医療行為らしさを強く意識されてるようで言葉責めと呼べるセリフはほとんどなく
初めての治療に戸惑う彼を労る、思いやるシーンが数多くあります。

プレイは明らかにM向けですが彼女のおかげで雰囲気は驚くほど甘く
優しい態度や慎重なリードにむしろ癒しを感じる人がいると思います。
そして普段が甘いからこそ終盤の搾精パートは余計ハードに感じるでしょう。
本来の目的から逸脱しない範囲で多少の意地悪さも見せてくれます。

アナルと前立腺をひたすら責める奇抜なエッチと女医らしい彼女のキャラ。
医療系シチュをできるだけ活用した穏やかで臨場感の高い作品です。
未開発者でも聴ける親切なエッチ
エッチシーンは5パート90分間。
プレイはちんぐり返し、剃毛、ゴム手袋越しのアナル拡張、前立腺マッサージ、エネマグラ責めです。
剃毛、アナル拡張、前立腺マッサージ、エネマグラ責め、射精の際に効果音が鳴ります。

「では最初に 毛穴を開いて剃りやすくするために ホットタオルをかけさせていただきますね」
これから行う治療の流れを説明し、主人公にちんぐり返しの体勢を取ってもらった女医さんは
彼の顔に跨りまずはアナル周辺にホットタオルをかけます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート36分間は前立腺を無理なくいじるための準備。
sc02はホットタオルで毛穴を開いてからの剃毛、03はゴム手袋越しの指挿入と
パートごとに内容を大きく変えてどちらも慎重に行います。

「消毒も兼ねて 若干のアルコール成分も入ってますので ちょっぴりひんやりしますけど 我慢してくださいね」
「うーん やっぱり剃毛したばかりなだけはあって つやつやのすべすべで 触り心地も気持ちいいですね」

彼女は泌尿器科医なだけあって患者の視点に立った治療を常に心がけてます。
剃毛をなぜやるかきちんと説明し、実際にやる時は優しい言葉をかけて彼の心をほぐします。
そして無事終わった後はアナル周辺を隅々まで確認し満足そうな表情を浮かべます。
普通なら汚いと感じる場所を愛おしそうに眺める姿が印象的でした。

最中に鳴る効果音も全体的にレベルが高いです。
ホットタオルをかけて毛穴が開くのを待ってるシーンは時計の音や救急車のサイレン
剃毛では若干泡立った水音が緩いペースで流れます。
同じプレイでも彼女の指や器具の動かし方に合わせて質感がきちんと変わるので
今どんな風に治療されてるかがイメージしやすいです。

「はーい ゆーっくりと息を吸ってー 吐いてー お尻から力を抜いていきましょう」
続くsc03はアナルに直接触れるシーンということで先ほど以上に注意を払って進めます。
指の腹の部分にイボがついたゴム手袋にローションをたっぷり塗り込み
アナルにも垂らしてから後になるほど深くなるように指を出し入れします。
緊張で力む彼に深呼吸させてやりやすくするなど、心と体の両方に気を配りながら責めてくれます。
どちらのパートもプレイ自体はソフトですが、聴き手を作品の世界に引き込む重要な役割を果たしてます。

本格的な治療が始まるのはその次から。
sc04は指をより深く挿入して前立腺周辺のマッサージをし
05は特製のエネマグラを使って14回連続の射精に追い込みます。

「一時の快楽に任せて せっかくの仕込みを台無しにするなんてとんでもない」
そしてここからは彼女のSな部分が徐々に現れ始めます。
気持ちいい部分を優しく責められておちんちんをしごいて欲しそうな彼の願いを敢えて跳ね除け
前立腺そのものにもできるだけ弱い刺激を与えてとことん焦らします。

彼女を優しいと捉えるか、それとも意地悪に感じるかは人それぞれでしょうね。
彼がいるのは風俗店ではなく病院ですから治療を優先するのは当たり前です。
でも性欲を発散したがってる患者を生殺しにするのも望ましいこととは言えません。
事務的感は特にありませんがもどかしい思いをするプレイなのは事実です。

05はこれまでとは打って変わって相当にハードなプレイ。
彼女が独自に開発した多機能エネマグラをアナルの奥深くまで挿入し
軽く捻る、振動を与える、電流を流すといった色んな刺激で精液を一滴残らず搾り出します。

「ちょっぴり機械的な振動を与えるだけで こんなにどぴゅってしまうなんて 堪え性のないマゾチンポですね」
アナルバイブとは違うのでそれほど大きく動かすことはないものの
控えめな水音や責め方に合った効果音を鳴らしてプレイの様子をわかりやすく教えます。
このパートだけは彼女が多少の言葉責めをしてくれるのが良いですね。
自分の最も敏感な部分を相手に預け、情けない姿を見せるシチュでもM心をくすぐってくれます。

本作品のエッチで射精があるのはこのパートだけです。
他が焦らし系のプレイばかりなのも相まってギャップが非常に大きくなってます。
これまでを生ぬるいと感じてた人もここでその認識が甘かったと思い知らされることになるでしょう。

このように、悪い部分を順を追って治療しながら気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
アナル尽くしの作品
大変珍しいプレイをかなりの完成度で表現してる個性の強い作品です。

女医さんは人には言えないタイプの悩みを抱えてる主人公を心身共にスッキリさせようと
治療の工程を細かく分け、ひとつひとつを丁寧にやりながら優しい言葉をかけます。
そしてすべての準備が整った後は激しいプレイで患部に溜まった膿を徹底的に取り除きます。

最初から最後まで必ずアナルが絡んでくる珍しい作り
医療行為にできるだけ近づけたサービスとその進め方、そして基本は優しく時々意地悪な彼女のキャラ。
作品が持つ色んな要素を違和感なく組み合わせてエッチを作り上げてます。

「たっぷり焦らさせて いっぱい責められて…と来たら 最後はやっぱり癒しで〆ませんとね」
明らかにM向けなのにすごく聴きやすいところがこの作品の大きな魅力だと思います。
アナル特化のプレイと言うと調教っぽい展開になることが多いのに
彼女は彼に最後まで最大限の敬意を払ってデリケートな部分を刺激します。
激しいところもありますけど直後にきちんと癒やしてくれるので全体の雰囲気は穏やかです。

私もさすがに誰でも聴けるとは思ってません。
でもこの手のエッチに少しでも興味を持ったのなら聴いてみる価値はあると言えます。
ニッチだからといって聴き手を置いてけぼりにせず、むしろ色んなところで手を差し伸べてくれます。

エッチはプレイそのものよりもシチュで抜かせる色合いが強いです。
綺麗な女性におちんちんとアナルを凝視される、未開発のアナルを掘られる
一番弱い部分を執拗に責められて精液を垂れ流すなど、Mが喜びそうな素材がいくつもあります。

射精シーンは14回(連続)。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

癖のあるプレイをできるだけ聴きやすく仕上げた作品です。

CV:木野原さやかさん
総時間 2:01:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
121分で800円とコスパが良いので+1してあります。

メスイキ催眠

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで主人公のことが大好きなお姉さんが
メスイキをテーマにしたアブノーマルなエッチで普段と違う快感を与えます。

イメージを中心に据えてサービスを進めるのが特徴で
催眠は彼女の部屋や外にある森でリラックスとイメージ力の向上を促し
エッチは彼女に見られる快感や性感帯を責められる快感で連続絶頂へと追い込みます。
イメージの力で女性の快感を
イリアに催眠をかけられ乳首とアナルを開発されるお話。

「ふふっ また来ちゃったんだね」
イリアは可愛くて穏やかな声のお姉さん。
自分の屋敷へメスイキしにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
音声を聴く際の心構えを軽く説明してから催眠を始めます。

本作品は聴き手にメスイキ(女性のオーガズム)を味わってもらうことを目的に
彼女が1時間30分近くの時間をかけて催眠や独特なエッチを提供します。

メスイキをテーマにした作品と言うとEs_Labさんの「MSIK.」が有名ですが
催眠を通じて身も心も女性になりきらせてからエッチするあちらとは違い
こちらは女体化誘導を一切せず男女に共通する性感帯のみを責め続けてイかせます。
女性にまつわる要素がほぼないのでメスイキではなく男性の隠れた性感帯を開発する作品と呼ぶのが妥当です。

全編を通じて言える大きな特徴はイメージを活用してお話を進めること。
催眠は彼女と出会いエッチするまでの様子にリラックスできるイメージを盛り込み
エッチも効果音を一切鳴らさず実況系のセリフと感覚操作の暗示だけで気持ちよくします。
イメージの内容も自然物やディルドーといった現実世界に存在するものばかりで比較的簡単です。

催眠はおよそ26分間。
仰向けに横になりまずはイリアと一緒にいる部屋の様子をイメージします。

「それは私の部屋の天井 真っ白な天井 そこにはシャンデリアがひとつあって 優しい光を灯している」
屋敷に住んでるだけあって一般の家庭よりも豪華に感じるものが多く
特にシャンデリアは10個の電球とそこにぶら下がったガラス玉で形作られた特徴的な見た目をしています。
最初からイメージを絡めてくるところも本作品らしいですね。

「私の言葉に誘導されて 催眠状態に入るのかもしれないし 気づいたときにはいつもと違う感覚に陥ってるかもしれない」
また彼女は多くのシーンで「~かもしれない」「~することができる」と婉曲な言葉遣いをしたり
複数の選択肢を設けて聴き手にどちらか選んでもらいます。
これは前者が許容暗示、後者はダブルバインドという催眠音声では割とよく使われる技術です。
指示的な暗示が少ないので実際に聴いてみると柔らかい印象を受けるでしょう。

作品の世界にある程度入りこんだ後はさらなるリラックス。
彼女の声に合わせて深呼吸したり場所を屋敷の外にある森に移して自然を感じます。

「地面は堅い? それとも柔らかい? それは土の感触? それとも砂利の感触かな?」
「私のことが嫌いじゃないなら 好きって私に言ってほしいな」

青々とした木々、それらの中に住む鳥のさえずり、近くを流れる川、そして地面など
自分たちの周りにあるものを順番に語りながら彼にある程度の選択肢を与えてイメージ力を膨らませます。
その後にはお互いの気持ちを確認し合うなど、催眠後に始まるエッチを見据えて親密度も高めていきます。

そして最後は再び部屋に戻り天井に吊るされてるシャンデリアの電球が消えていく様子を眺めます。
ひとつずつ消しながらその都度深化の暗示を入れるカウント方式です。
本当に最後の最後にちょっとだけ深化させる流れのため催眠に入ってる感覚は薄いでしょうが
周りの様子をいつもより鮮明にイメージできてる感じがする人もいると思います。

彼女とエッチする気分に浸らせることを強く意識したイメージ重視の催眠です。
聴き手をイリアの部屋に招待しその言葉を素直に受け入れられるようにすることを目的に
部屋のイメージから入って深呼吸、森のイメージ、シャンデリアを使った深化と
作品世界に存在する色んなものを通じてリラックスやイメージ力を強化します。

彼女が「体が重くなる」などの決めつけるセリフをほとんど言ってこないので
古典催眠が苦手な人にはやりやすく感じるでしょう。
イメージについても作品独自のものはシャンデリアくらいで大衆性の高いものばかりです。

しかし、許容暗示やダブルバインドをあまりに多く使いすぎてるおかげで
作品全体の口調が単調になってしまい催眠にもあまり深く入れなくなってるという弱点もあります。
催眠の参考書に書いてある例文に近い言い回しばかりを使うと話し言葉として不自然さが出てしまいます。
技術を使いこなそうとして逆に振り回されてるように映りました。

もうひとつ、催眠の流れそのものにも不自然さが見られます。
具体的には最初彼女の部屋にいたのに一旦森へ出てまた部屋に戻ることです。
例えばこれが気晴らしに散歩へ出かけるとか背景があるならわかるのですが
実際は唐突にイメージさせるのを繰り返すだけです。

これならいっそ二人が出会う場所を屋敷の門にして
そこから森を通って彼女の部屋に移動する流れにしたほうが良かったと思います。
イメージが大事な作品でそれらの繋ぎ目を歪にすると聴き手に疑念を与えてしまいます。
技術や素材を作品に合わせて違和感なくアレンジできてこその催眠音声ではないでしょうか。

以上のことから柔軟性に欠ける催眠と私は考えてます。
乳首とアナルを集中攻撃
エッチシーンは46分間。
プレイはストリップ、乳首オナニー、アナル責め、乳首責め、アナルSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフはあり/なしどちらとも取れる指示を出してきます。
エッチの開始直後に服を脱ぐ指示が出ます(脱がなくてもOK)。

「それじゃあ エッチな事をしていきましょうか」
催眠を使って主人公の心を従順にしたイリアは
自分の目の前で服を少しずつ脱いで裸になる指示を出します。

エッチは終始彼女に責められ続けます。
序盤の12分間は本番に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
ズボン→パンツ→上着の順に脱ぐ様子を彼女に観察され、さらに乳首を言われた通りにいじって体を敏感にします。
作中におちんちんをいじるシーンは一切ありません。

「限界まで引っ張っていくと 滑るようにすっと指が抜ける 指が離れた瞬間から快感が弾ける」
乳首を指で摘んで上に引っ張り離すのを数回繰り返したり、爪の先で引っ掻いてより強い刺激を与えるなど
聴き手がやりやすいようにどのプレイも実況のセリフと気持ちよくなる暗示をバランス良く投げかけます。
実況がしっかりしてますから少なくとも何をやってるかわからないことはないでしょう。

「あなたにとって催眠状態とは体を動かさないことかもしれないから そういう場合は頭の中でイメージするだけでいいよ」
ちなみに本作品のエッチは乳首を実際にいじるかどうかを聴き手の判断に委ねてます。
催眠の最後で脱力する暗示を入れるので、うまく動かない人はイメージでプレイを追い
そうでない人は手を動かして直接いじるといった具合です。
乳首は開発済みならかなり気持ちよくなれますし、私はいじったほうが楽しめると思います。

アナルに関するプレイが登場するのはその次から。
最初はディルドーである程度馴染ませ、それからペニスバンドを装着した彼女がピストンします。

「微かに力が残っている状態で ディルドーがゆっくり引き抜かれていく 異物感が消えていく その開放感でも力が抜けていく」
主人公はおそらくアナル未開発なのでしょう。
痛い思いをさせないように彼女もゆっくり出し入れします。
最初は異物感を多めに伝えてたのが、しばらくすると快感を味わわせる暗示に切り替わるのがいいですね。
彼がアナルの快感に慣れていく様子を言葉でリアルに表現しています。

しかし優しく責め続けてたらイけないだろうということで終盤だけは一気に激しくなります。
およそ4分間に4回連続の絶頂シーンを設け、1回ごとに軽めの暗示を入れて後押しします。
私は催眠にほとんど入れなかったのでオーガズムを味わえませんでしたが
プレイの進め方が丁寧でイメージしやすいです。

このように、おちんちん以外の性感帯をひたすら責めるアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
イメージが要の作品
人間が持つイメージ力を駆使してエッチを擬似体験させる作品です。

イリアは大好きな主人公が幸せなひと時を過ごせるように
最初の時点から親しみを込めて語りかけ、サービス中も彼をできるだけ縛りつけずに進めます。
そしてエッチに入ると乳首やアナルといった男女に共通する部位だけを開発します。

最初から最後まで何らかのイメージを絡める作り
許容暗示やダブルバインドを多用し聴き手にある程度の自由を与える緩いリード
細かい実況を交えて中盤まではゆっくりと、終盤だけはハードに責めるエッチ。
心を通い合わせた男女が変わったエッチに取り組む様子をサークルさんなりのやり方で表現しています。

「発情していくと 体が熱くなって より一層私を求めるようになる 私に犯してほしい そう思うようになるの」
アナルSEXはM性が強めのプレイと思うのではないでしょうか。
ですが彼女は一種の愛情表現としてこのエッチをするので雰囲気はかなり甘いです。
プレイ中にこちらがそうされたくなる言葉をかけてくれるのもあります。
アブノーマルなプレイをできるだけノーマルな側に寄せて行ってるのが印象的でした。

催眠は先ほども書いたように改善点がいくつも見られます。
一番引っかかったのは作品に合わせた技術の扱い方ですね。
以前聴いた「ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐」でも大手サークルさんの作品を真似て失敗してますし
もう少し簡単なところから始めて少しずつレベルを上げていったほうがいいんじゃないかなと。
悪い言い方になりますが、この誘導は今のサークルさんの実力では荷が重いと思います。

「あなたの精神状態は 既に受け身になっている 女の子と同じ状態 男性的な思考よりも 女性的な思考が大きくなっている状態です」
エッチはどうしても納得できないところがふたつありました。
ひとつめはタイトルにもなってるメスイキが全然絡んでないことです。
彼女は作中で「受け身になる=女性になる」と言ってます。
ですが現実世界にも受け身な男性は数多くいるわけで、これをもって女性になったと断言するのは無理があります。
ストレートに女性がエッチで味わってる快感を伝える流れにしたほうがしっくりくるでしょう。

「(乳首を)限界まで引っ張ってから すっと指を滑らせる 気持ちいい快感が弾ける そういうイメージをする」
「ほら あなたが気持ちいい方法で乳首をいじってみて もちろん 私に乳首をいじられてると想像しながら」

ふたつめはセルフの有無を曖昧にしてることです。
一見すると自由に選択できてお得に思えますが、これによって彼女のセリフがかなりブレてます。
実際にいじるのとイメージで処理するのではアプローチの方向性が随分異なりますし
両方を中途半端に混在させるくらいならどちらかに絞ったほうがプレイの質も上がったと思います。
シーンによって指示の内容が大きく変わったら聴き手を混乱させてしまいますしね。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

テーマやエッチの内容は面白いのですが完成度にかなり難のある作品です。

CV:縁側こよりさん
総時間 1:27:15

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は3点。
87分で700円とコスパが良いので+1してあります。

2017年12月3日まで20%OFFの560円で販売されてます。

搾精催眠 -快楽の地獄-

サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第26回目は穏やかでSっ気の強いお姉さんが
ド変態な男性に忘れられないオナニーをプレゼントします。

ほぼノンストップで3回連続の射精を目指すハードな展開に加えて
羞恥を感じる言葉を復唱したり、唾液や精液をおちんちんにまぶしてオナニーするなど
ドMな人以外は途中で投げ出してしまうレベルの非常に個性的なエッチを行います。
その土台となる催眠もしっかりしてますから、最中は一種の陶酔感に浸りながら気持ちよくなれるでしょう。

音声を聴く前にティッシュペーパーをご用意ください。
搾精地獄を実体験
お姉さんに催眠をかけられ精液を搾り取られるお話。

「いらっしゃい 今この音声を聴いているということは 私にザーメン搾ってもらいに来たんですね」
お姉さんは甘く色気のある声の女性。
音声を聴く際の注意事項を丁寧に説明すると
気持ちいい射精を迎えたい主人公に催眠をかける前に2つの約束をします。

本作品は連続射精による快感と苦しみを存分に味わってもらうことを目的に
彼女が比較的短時間で催眠を施してから変態要素の強いプレイを行います。
モルモットストリップさんと言えばドM向けの非常に変わった作風で有名なサークルさんです。
処女作にあたるこちらもその例に漏れず、発売から7年以上経った今でも新鮮さを感じるプレイがいくつも登場します。

最初から言ってしまいますと生半可なMでは到底完遂できません。
連続射精による体への負担に加えて心の強さも試されます。
特に1回射精した後の命令は普通の精神状態だと気後れするものばかりです。

しかしそういったメンタル面を催眠の技術によって上手にカバーしてます。
催眠は至ってマイルドですから多くの人が意識のぼやけや心地よさを感じるでしょう。
そしてその状態でエッチに臨んだ時、彼女の命令に従うことで幸福感が得られます。
彼女も「~してください」と丁寧な口調で指示を出しますし、難しいプレイをやりやすくする工夫が随所に見られます。

催眠はおよそ11分間。
ベッドに仰向けに寝たまま自分の好きなペースで呼吸を続け
彼女の言葉に耳を傾けながら感覚の変化を意識します。
それから天井の一点を見つめカウントに合わせて目を閉じます。

「無理に深呼吸したりする必要はありません 催眠に入るためには すべてにおいてリラックスすることが大切です」
「いつもと違った感覚になっていれば 催眠状態に入る準備ができたことになります」

色んな命令を出してプレイをコントロールするエッチとは違い
催眠中はできるだけ柔らかい言葉をかけて自然なリラックスを促します。
呼吸に意識を向けさせるシーンが多いので後になるほど気分が楽になった感じがするでしょう。
そしてそれこそが催眠に入りつつある兆候だと教えてくれます。

「力が抜ける」などのストレートな暗示を入れるのではなく
聴き手が楽になれる言葉をかけて彼女に従いやすい環境を整えます。
古典催眠の技術もそれなりに使いますがセリフの内容や表現のほうがずっと特徴的です。

お次は再度呼吸を続けながら頭の中を空っぽにし
短いカウントで目を覚ます→長めのカウントで催眠状態に戻るのを繰り返してさらに催眠を深めます。

「何も考えなくても大丈夫 私の命令に従っていればいい 私の命令に従えば従うほど あなたの催眠状態はさらに深くなり どんどん気持ちよくなっていく」
普段以上に穏やかな声でお姉さんは自分に寄りかかってくれればもっと気持ちよくなれると言います。
本作品のエッチは癖のあるプレイが多いので、それをどれだけ無理なく受け入れられるかが重要になります。
だから催眠の段階で命令を受けたり従うこと自体に快感を覚える暗示を入れるわけです。
命令と催眠を連動させれば当然催眠状態も維持しやすくなりますから非常に有効なアプローチと言えます。

呼吸を多めにさせながら柔らかい言葉をかけて深化に導く独特な催眠です。
聴き手の心をお姉さんの命令に素直に従えるようにすることを目的に
好きなペースでの呼吸から入って凝視法、沈黙法っぽいアプローチ、揺さぶりなど
古典系の技術を交えながら目的に沿った暗示を入れて少しずつ意識の力を弱めます。

これからハードで変態的なエッチをするとは思えないほど雰囲気が温かく
彼女のセリフもこちらが受け入れやすいと感じるもので統一されていて癒やされます。
オナニーが主体なのを踏まえて脱力を敢えてほとんどしないのも良いです。

私が聴いた時は目を閉じたあたりから意識のぼやけを感じ始め
最後のカウントに合わせて半覚醒状態と催眠状態を往復するシーンでは心地いい感覚が味わえました。
時間の非常に短い催眠ですが、ある程度慣れてる人なら実時間以上の深さに入れる品質を持ってます。
地獄の先にある快感を目指して
エッチシーンは31分30秒間。
プレイは復唱、ティッシュの移動、パンツを投げる、手に唾を吐く、オナニー、精液をおちんちんに塗りたくる、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤にパンツを脱ぐ指示が出ます。

「今から気持ちのいい命令をたっぷりしてあげます 覚悟してくださいね」
催眠を使って主人公を自分の虜にしたお姉さんは
彼に奴隷の宣誓をさせてからオナニーをより楽しめる準備を整えます。

エッチは彼女に言われた通りに体を動かします。
最初の13分間は気持ちを盛り上げ1回目の射精を目指すシーン。
彼女が言った言葉を復唱した後ティッシュやパンツを命令通りに処理したり
自分の唾液まみれになった手でおちんちんをしごきます。

「私の催眠にティッシュペーパーは必要ありません ふふっ」
「ちょっと想像してみてください これでもし誰か部屋に入ってきたらどうなりますか?」

彼女は彼がこのプレイを途中で投げ出すことを絶対に許しません。
だからそれを防ぐために精液を受け止めるティッシュを手の届かない場所に置かせ
そのうえで今の自分を他人に見られたらどうなるかを軽くイメージさせて興奮を煽ります。

メインのプレイは確かにオナニーなのですが心への責めも結構充実してます。
痴態を誰かに見られる快感や自分で自分を汚す快感を上手にくすぐってくれますから
暗示の効果も相まってM性が高い人ほど陶酔感を覚えるでしょう。

本当の地獄が始まるのは1回射精した後から。
お腹にぶちまけた精液を手ですくい、それをおちんちんに塗りたくってオナニーを続行します。

「私は 自分のザーメンをおちんちんに塗りつけてオナニーする 最低の変態野郎です」
男性は生理的に射精を迎えると性欲が著しく減衰しますから
その状況でこういうプレイをするには相当な覚悟が要ります。
おちんちんのほうも射精したばかりで敏感ですし、痛みと快感の両方を同時に味わうことになるでしょう。
射精後に精液を絡めたプレイをするのがモルストさんの大きな特徴です。

さすがに3回全部射精するのは無理だとしても2回戦までは頑張ってみることをおすすめします。
1回射精して終わりだと本作品の醍醐味をほとんど味わえません。
自分が吐き出した体液を使ってもう一度同じものを出すプレイは音声作品でも極めて稀です。
精飲はしないのでサークルさんの中ではやりやすいほうと言えます。

このように、心と体の両方に強めの刺激を与える奇抜なエッチが繰り広げられてます。
自分に酔える作品
脳内に快楽物質をたっぷり分泌しながら射精できる異色の作品です。

お姉さんは主人公に今後もずっと記憶に残るオナニーをプレゼントしようと
催眠を通じて命令に従う気持ちよさを教え込み、それから命令を軸に据えた変態度の高いエッチをします。

搾精催眠の名の通り連続射精で精液を一滴残らず搾り取るハードな展開
そして一人でも多くの聴き手が完遂できるように配慮した心への責め。
難度の高いプレイだからこそ心のケアを大事にしながらお話を進めます。

「今のあなたならその苦しさの中に 今まで味わったことのない快感を味わうことができるんじゃないですか?」
彼女はエッチシーンの至るところで聴き手をやる気にさせようと働きかけます。
ティッシュを遠くにやるのも、パンツを放り投げさせるのも、唾液まみれの手でオナニーさせるのも
結局は普段よりも刺激的なオナニーを体験してほしいからです。
オナニー中も見られてることを適度に意識させ、2回戦以降は苦しみの先に別の快感があることを教えてくれます。

素の精神状態だとやり遂げるのが厳しいプレイですからこういった細かなサポートがすごく効きます。
変態的なプレイをやらせて終わりではないのでドM向けの中ではまろやかに感じました。
体を動かすシーンだけ目を開けさせ、それが終わったらすぐ閉じるところも安全に配慮していて素晴らしいです。

エッチを下から支える催眠も処女作とは思えないほど優れてます。
時間の短さを考えて何をすべきかしっかり見据え、それ以外の部分を躊躇なく削ぎ落とし
リラックスと深化をほぼ同時に行いながら目的地を目指します。
「従いたくなる」と暗示を入れるのではなく、従うこと自体に快感を覚えさせるアプローチが秀逸です。

射精シーンは3回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

人を選ぶ部分があるものの、それさえクリアできれば今でも十分楽しめる作品です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 49:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

看病してもらった件

サークル「AaronPoint」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、優しくて世話好きな彼女が
風邪で寝込んでる恋人をたっぷり癒やして快復を応援します。

サービスはもちろん、それ以外の細かな動作にもリアルな音を鳴らすASMR系の作りが特徴で
体温計で熱を計る、リンゴを剥いて食べさせる、団扇で体を扇ぐといった家庭的なお世話をしながら
気遣う言葉をかけたり何気ない会話をして彼女と一緒にいる気分に浸らせます。
バックで流れ続ける時計の音にも静けさと癒しを感じるでしょう。
恋人が心と体に元気を注入
彼女に看病してもらうお話。

「起きてる? どう? 少しは良くなった?」
彼女は穏やかな声のお姉さん。
風邪を引いて寝込んでる主人公の家にやって来ると
優しい言葉をかけてからリンゴを剥いて食べさせてあげます。

本作品は恋人に看病される気分をリアルに体験させることを目的に
彼女がおよそ50分に渡っていくつかの家庭的なサービスをします。
合鍵を渡してるほどの仲ということで最初の段階から砕けた口調で語りかけ
お世話も恋人らしいやり取りを交わしながらゆっくりのんびり進めます。

そして物語の大部分を多種多様な音を使って表現します。
例えば一番最初の彼女がやって来るシーンではインターホンを鳴らし
ドアの鍵を開けて中に入り、料理の材料が入ってるビニール袋を手に下げて歩き
近くにあるテーブルの上に鍵を置くまでセリフを一切挟まずに行います。

病人相手なので恋人同士でも騒ぐことはほとんどなく
セリフの分量を少なめにし、さらに間を長く取って安らげる空間を作り上げてます。
音自体の品質が非常に高く位置取りや距離感もバッチリですからその場の様子をイメージしやすいです。
音声の開始から終了まで時計の音が流れ続けるのも相まってとても静かに感じるでしょう。

これらの音についてはもうひとつ特徴があります。
サークルさんが販売ページの説明文で「自分の中から聞こえる効果音を意識した」とおっしゃられてる通り
彼女が体や器具を動かすことで生まれる音に加えて
主人公が物を食べたり飲んだりする音を積極的に盛り込んでます。

看病されてる雰囲気をよりリアルにするには聴き手に没入感を与えるのが一番です。
その効果的な手段として主人公視点の音をある程度入れてるのだと思います。
といっても彼は基本寝てますからそこまで色々鳴るわけではありません。
音の位置が非常に近く、一部のシーンでは微かな振動も伝わってきます。

「えっ? あーんは恥ずかしいよ もう 今日だからね」
看病する彼女は声も態度も終始優しい女性。
高熱を出して動けずにいる彼を気遣ってリクエストを受けた時はできるだけそれに応えてあげます。
重い怪我や病気とは違うので過度に心配することはせず安心感を与える方向でお世話を続けます。
逢坂成美さんの声と演技も彼女のイメージに合ってて実に良いです。

効果音がしっかりしてるおかげで説明的なセリフを言う必要がなくなり
何気ない会話に専念できてるのも大きいです。
音重視の作品でありながら彼女の存在感も十分に出せてます。
音と言葉が生み出す癒しのひと時
一番最初の「大丈夫?」パートでするのは体温の確認とリンゴの差し入れ。
前者は「ピッ」という電子音、後者は皮を剥いてから切って食べまでの音で癒しを与えます。

「そのままと すりおろしリンゴと どっちがいい?」
皮を剥く時は若干引っかかりのある音だったのが
それを終えると小気味よい音をやや間を開けて鳴らすようになり
食べる時も「かしゅっ」というみずみずしい音でリンゴの質感を伝えます。
直後に2種類の薬を水で流し込むシーンもあったりと本作品の持ち味が早速発揮されてます。

最も長いサービスはその次に登場する耳かき(約19分)。
彼の体に負担をかけないようベッドに寝かせたまま左耳→右耳の順に
綿棒と梵天でお掃除してから2回ほど仕上げの息吹きをします。

綿棒は「ぷしゅっ」という若干パチパチした滑らかな音、梵天は綿棒よりも広くふわふわした音が使われており
前者は耳の壁全体をゆっくりなぞるように、後者はややペースを上げて軽快に掻き出します。
無料動画を数多く投稿されてるだけあって音、動きいずれもレベルが高く
耳の中全体に適度な刺激とこそばゆい感覚が味わえます。

前のパート以上に音重視の作りになってますから
疲れた時や寝る前に聴くとそのまま寝てしまいそうになるくらい癒されるでしょう。
器具を交換する細かな動作にも専用の音を入れるなどリアリティをとことん追求してます。

その後のパートは音のバリエーションが魅力。
「食欲でてきた?」はおかゆを作って食べさせる、「背中とんとん」は背中のマッサージ
「歯ブラシ」は歯磨きをいずれも4分程度の時間をかけてテンポよくこなします。
そして最後は彼女に見守られながら眠りにつきます。

「いいのいいの 私がやりたいの 私のわがままも聞いてよ」
お世話する場所や方向性がまるで違うのでそれぞれに別の良さがあります。
私個人は歯磨きが最も印象的でした。
歯ブラシの若干ザラザラした質感や左右にスライドさせる動き、ストロークの長さ、リズムが絶妙で
奥歯を手入れする時は音が若干こもり動きが小刻みになるなど本当に細かい部分まで気を遣ってます。
彼女との温かい会話も乾いた心を潤してくれるでしょう。

このように、音とセリフを巧みに組み合わせた臨場感の高いサービスが繰り広げられてます。
高品質なASMR作品
恋人に看病してもらってる様子をそのまま切り取ったような作品です。

彼女は風邪を引いて高熱を出してる主人公を少しでも苦しみから開放しようと
優しい言葉をかけつつ彼が望むことを受け入れる姿勢であれこれお世話します。
そしてその多くを言葉ではなく効果音を駆使して表現します。

音の質・量・位置・距離感・タイミングにとことんこだわった作り
主人公とできるだけ同じ視点で聴けるように配慮した演出、そして彼女の心に染み入る言葉と気遣いの数々。
タイトルから連想されるシチュをできるだけリアルに、そして癒される形で提供します。

「手 あったかい 子供の頃 具合が悪いといっつもお母さんが 私の手をこうやって 握ってくれてたっけな」
音が最大の魅力と言える作品ですがセリフとのバランスやメリハリも考えられてます。
「今は~してるからね」みたいなやり取りをできるだけ削ぎ落とし
病気の時に言われたら嬉しいと感じるものをサービスの妨げにならないタイミングで投げかけます。
看病は自分ひとりじゃ成り立たない行為ですからセリフもやはり重要です。

サービスは家でできてテーマに沿ったものをなるたけ多く揃えてます。
専門店に比べると派手さはないものの、品質面は非の打ち所がないほど優れてます。
奇抜さで勝負する作品が多い有料の中でこういうストレートなものを出すのは
サークルさんがそれだけ自分の音に自信を持たれてるからだと思います。

以上を踏まえて条件付きではありますがサークルさん初の満点とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 50:10

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
50分で500円なら割安なので+1してあります。

【催眠音声】女の子に催眠術で好きにされ手ェ

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて甘えん坊な彼女が
恋人にあたる男性とイチャイチャしながらエッチな催眠をかけます。

現実世界の会話にできるだけ近づけたゆるーいセリフで話したり
体への刺激はできるだけ控え、音とイメージを組み合わせてイかせるなど
仲の良い女性に優しく弄ばれる雰囲気を大事にした甘く独特なサービスを行います。
彼女とベッドでイチャイチャ
彼女に添い寝で催眠をかけられるお話。

「んーーーー!! 今日やることおしまーーい!」
彼女は甘く可愛い声の女の子。
やることを終えて主人公に膝枕してもらうと
雑談しながら軽くイタズラして彼の反応を楽しみます。

本作品は同棲中の恋人と一緒に過ごすあまあまなシチュで
彼女が80分近くに渡り催眠をかけたり特殊なエッチをします。
サークルさんが催眠を利用して気持ちよくなることを目的にされてるだけあって
フェラやSEXといったストレートなプレイは行わず、好きな女性とイチャイチャする雰囲気で幸福感を与えます。

「よく考えるとさ 膝枕っていうけどこれ太ももだよね まぁ細かいこと言ってもしょうがないよね」
最大の魅力は彼女のセリフと話し方。
恋人同士らしい砕けた口調で他愛もない会話を続けたり、自分から彼に体を預けるシーンが度々登場します。
彼女役をやられてるそらまめ。さんの演技も非常にナチュラル。
現実世界で行われるやり取りに近く、聴いてるだけで肩の力が自然と抜けてきます。

それを最もわかりやすく実感できるのが冒頭の会話シーン(約11分)。
用事を終えてお疲れ気味な彼女が彼の太ももに頭を乗せて軽くくすぐったり
ベッドに横になって話をしながら見つめ合って甘えます。

「こうやっておでこもお鼻もくっつけてー どう? きもちいい? 私はずーっとこうしてたいよ」
彼女は彼のことを心から信頼してるのでしょう。
スキンシップを自分から積極的に取り、彼の反応を見て「可愛い」とからかいます。
そして自分の思ってることを素直に伝えて愛情を示します。

催眠の技術と言える要素はほとんどありませんが
聴き手を作品の世界に引き込みリラックスさせる効果は十分に果たしてます。
サークルさんが敬愛されてる「リアルヒプノ」と同じくすべての要素がとにかく緩いです。
雰囲気のいいシンプルな催眠
催眠はおよそ18分間。
会話の最中、先日行った催眠の話題が出たのをきっかけに彼女が再度彼に催眠を施すことになります。

「足に意識向けて そのまま安らかに? 安らかって死んじゃいそうだからダメだね リラックスするようにさ」
前半シーンでするのは主に体のリラックス。
お馴染みの深呼吸や足、お尻、背中、肩、腕の脱力をして深い催眠に入る準備を整えます。
技術自体は他の催眠音声でも見かけるシンプルなものですが
彼女が軽いギャグや比喩を挟みながら暗示を入れてくれるおかげで和やかな空気が漂ってます。

脱力感を少しずつ全身に伝播させる流れになってますから
一番最初にやる足が最も強く変化を実感できるでしょう。
私の場合はぐったりしたのに加えてピリピリした感覚もありました。
催眠開始後は囁き声で語りかけてくれますし、本作品の持ち味である「緩さ」がきちんと反映されてます。

体が終わった次は心の脱力。
頭の中を洗濯機でかき回されるイメージや落下するイメージで意識の力をさらに弱めます。

「ぐーるぐる 頭の中が ぐーるぐる かき回されて 綺麗になっていく」
「ここちよく 霧に包まれながら なおも落ちていく 真っ白に 深い深い催眠状態に 落ちていく」

洗濯機のイメージでは「ぐーるぐる」を多めに挟み
その後は「深い」「落ちる」「真っ白」といった暗示を状況に応じて使い分けるなど
先ほどの脱力シーンと同じく色んな方向からアプローチをかけて心地いい気分を膨らませます。
冒頭の会話シーンから聴いてれば多くの人が十分リラックスできてるでしょうから
ここで言葉に合わせて頭の中にもやがかかるとか、温かいものが広がっていく感覚がすると思います。

最初に作り上げた雰囲気を維持しつつ施すオーソドックスな催眠です。
聴き手の心身を脱力させ、彼女の言うことに反応できるようにすることを目的に
最初は純粋なリラックス、次はイメージを用いた心のリラックス&深化と堅実に誘導します。
リラックスを大変重視してるので脱力感、意識のぼやけ、眠気などの変化が強めに味わえます。

「私はねこうやって腕の力が抜けるみたいに言われた時って なんか肩から指先の方に力が移動していく感じ」
この催眠のキーはアプローチの多彩さだと私は思います。
催眠音声で脱力と言うと「力が抜ける」と言うのがメジャーですが
本作品はそれに底なし沼に飲み込まれていくイメージや彼女が以前味わった脱力感を加えてます。

暗示の種類がひとつだと効く人とそうでない人の差が大きく出てしまいます。
それをできるだけ避けるためにこのようにしたのではないかなと。
ネタが多ければ聴いてて純粋に飽きにくいのもあります。
やることはふたつに絞り、その中で幅広く働きかける効果的な誘導です。
じっくり溜めて一気に放出
エッチシーンは42分間。
プレイはハグ、耳舐め、言葉による絶頂、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ません。

「今日はー 私から気持ちいいのを送り込んで 気持ちよくなってもらおうかなって思うの」
催眠を使って主人公を気持ちいい感覚で包み込んだ彼女は
引き続き体を密着させながら特殊な手段でエッチな快感を送り込みます。

エッチは終始彼女に責められる形で進みます。
前半の19分間は気持ちいい絶頂に向けて性感を蓄積するシーン。
彼女が彼に優しく抱きつき、体が触れ合ってる部分から快感物質を注入したり
左右の耳を実際に舐めて全身の感度を高めます。

「性感帯を内側から犯される感じ それも私がまた耳から送り込めば送り込むほど 快感は増えて刺激もどんどん強くなって行く」
二人の関係なら普通にエッチするのも可能なのですが
今回は彼の感じてる姿を見たいということで敢えてソフトなプレイにしてます。
しかし感度を上げる暗示が非常に多く、後になるほど敏感な部分がムズムズしてきます。

一般的なプレイとして最も充実してるのは耳舐め。
エッチの最中15分程度断続的に行い、比較的上品な音をリアルな質感で鳴らします。
バイノーラル録音特有の微かな振動がこそばゆく彼女との近さも感じられます。
耳舐め開始から少し経つと彼女が指を鳴らして感度を上げようとしますし
暗示と音を組み合わせてゆっくりじっくり敏感な体に変えてくれます。

続く後半は絶頂をメインに据えたご褒美シーン。
カウントを数えながら小まめに追加の暗示を入れて1回目の絶頂に追い込んだ後
休憩をほとんど挟まずこれまでとほぼ同じやり方でさらなる絶頂を味わわせます。

「膨れて 膨れて 膨れて 暴れまわって 耐えられなさそうになる」
1回目の絶頂から2回目までがおよそ9分、そこから3回目までが10分と
1回ごとの間隔を長めに取って心身にあまり負担をかけずに気持ちよくします。
ドM向け作品などで行う連続絶頂よりもずっと緩い責めですね。
2回目の絶頂直前に出てくる上のセリフに合わせてエネルギーがぐんぐん盛り上がるのを感じました。

絶頂後も継続して感度の上がる暗示を入れたり音を鳴らすので
1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と後になるほど快感が強くなると思います。
そういった変化を実感させてくれるところもこのエッチの魅力です。
3回目だけ乳首オナニーを加えてるのもそうなる理由のひとつです。

このように、体よりも心への責めに力を入れたほぼノーマルなプレイが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
好きな人と二人きりでまったり過ごす様子をそのまま音声化した作品です。

思いやりが強くて甘えるのも上手な彼女が、催眠を使って恋人を普段と違う方法で喜ばせます。
よそよそしさをまったく感じない和やかなやり取りと砕けたセリフ
十分にリラックスさせてからびっくりさせないように落とす優しい催眠
そして完全女性上位でありながら意地悪さを徹底的に取り除いた恋人らしいエッチ。
二人の関係を考慮して作品を構成するすべての要素が緩く温かく調整されてます。

「かーわいーいなー もっと可愛いとこ見たい」
彼女は単に他の人には見せない彼の顔を見たいからこういうことをします。
悪意ではなく好意に基づいてますから突き放したり苦しめることは一切ありません。
その証拠に最中は言葉と行為で大事に想ってることを度々伝えてくれます。
そんな彼女の姿に感化されて幸福感を覚える人がきっといるでしょう。

エッチはサークルさん的には激しめとおっしゃられてますが、それでも催眠音声の中ではソフトな部類に属します。
長めの時間をフルに使い言葉と音の両方から感度を少しずつ上げる流れが優れており
聴いた後にあまり疲れを感じることなく日常生活へと戻れます。
純粋なエロさが控えめですしドライに慣れてる人のほうが楽しめると思います。

絶頂シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

隅から隅まであまあまな満たされる作品です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:24:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
85分で700円とコスパがいいので+1してあります。

お耳の感度が少しずつ上がっちゃうエレベーター

サークル「みじんこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でエッチ大好きなエレベーターガールが
旅行中にビルを訪れた男性に2種類の特別なサービスをします。

耳への責めに大変力を入れてる焦らし系のエッチが行われており
前半はターゲットを耳に絞ってねっとりと、後半はそれにおちんちんを加えて緩めにと多少スタイルを変えながら
耳元至近距離で男心をくすぐるセリフを囁いたり、感度が上がるアプローチをかけてじわじわと射精へ追い込みます。
効果音や環境音を組み合わせてその場の雰囲気をリアルに表現してる点も魅力です。
密室で色っぽいお姉さんと
エレベーターガールに耳責めされるお話。

「いらっしゃいませ、ご利用ありがとうございます」
エレベーターガールはおっとりした声のお姉さん。
社員旅行の最中、謎の高層ビルにあるエレベーターへ乗り込んだ主人公に説明すると
動き出すまでの時間潰しに耳元でエッチな噂話を囁きます。

本作品は田舎の温泉施設横にそびえ立つビルのエレベーターを舞台に
彼女が45分近くに渡って誘惑したりエッチなサービスをします。

タイトルからなんとなく連想できると思うのですが耳への責めに大変力を入れてまして
最中は左右を切り替えながら指で撫でる、息を吹きかける、舌や唇で舐めるといった色んな責めを繰り出します。
ちなみにこのエレベーターは乗ると展望台がある最上階まで一度も止まらずに上り続けるそうです。

「うふふ、とっても可愛らしい♪ 食べちゃいたいくらい、ね?」
エレベーターガールはいかにも大人といった感じの色っぽくて落ち着きのある女性。
耳を責められるたびに体をビクつかせる主人公を嬉しそうに眺めつつ
もっと気持ちよくして欲しそうにすると優しい言葉をかけてなだめます。

彼女が多少いたずら好きな性格なのを踏まえて速く激しく責めるシーンは最後の方まで取っておき
序盤から中盤にかけては緩く弱く責めて焦らす方向で進めます。
純粋なエロと年上の女性に弄ばれてる気分を両方同時に味わわせる雰囲気重視のエッチですね。
もどかしく感じるところもあるでしょうが男心をくすぐるセリフが多くてゾクゾクします。

そういった部分を根本から支えてるのが効果音と環境音。
音声開始1秒の時点でショッピングセンターにいるようなガヤ音が流れ始め
エレベーターのドアが開く音、閉じてから動き出すまでの微かな稼働音、ゆっくり上っていく音など
実際に乗ってる感覚で聴けるように様々な音がタイミングよく鳴ります。

彼女が囁き声で話すシーンが多いのでエレベーター関連の音は音量を多少抑えてあります。
サークルさんが苦労されたとおっしゃられてるだけあって音質も良く、作品全体の臨場感を高めるのに役立ってます。

一番最初のトラック1は二人が出会いエッチするまでのいきさつを描いた導入パート。
賑やかな環境音が流れる中、彼女が噂話を通じて彼の気を引こうとします。

「とある田舎町にぽつんとそびえ立つ 謎の高層ビル そこにあるエレベーターでは 夜な夜な性的なサービスが行われてるとか」
普通に考えれば田舎町に高層ビルを建てても採算が取れず閉鎖するはずです。
でもこうして繁盛してるということは何が秘密がある。
彼女はそれを敢えて伝聞形式で話してどうすればエッチに参加できるかを教えます。

他にも乗客がいる状況なので露骨にエッチな事はしないものの
声がとても近くて臨場感も高く、彼女に耳元で囁かれてる感覚が強く味わえます。
言葉だけで彼の期待を煽るところも焦らし好きな彼女の性格に合ってて良いです。
雰囲気重視のエッチをするからこそ、まずは聴き手を作品の世界に引き込むことから始めます。
音と言葉で興奮させる生々しいエッチ
エッチシーンは2パート44分30秒間。
プレイは耳の愛撫、息吹き、耳舐め、キス、おちんちんの愛撫、手袋コキです。
耳の愛撫、おちんちんの愛撫、手コキの際に効果音が鳴ります。

「あら……お客様、髪に葉っぱがついてますよ? うふふ、そのまま動かないでくださいね……」
二人きりになれる時間帯を選んで再び乗り込んだ主人公を嬉しそうに迎えると
エレベーターガールはゴミを取るついでに彼の耳を優しく撫でてあげます。

エッチはどちらも彼女が一方的に責め続けます。
前半にあたるトラック2は焦らし成分の強いプレイ(約22分30秒)。
耳の愛撫から始まり息吹き、唇や舌による舐めを左右交互に続けながら
彼の反応をねっとり観察して心のほうもくすぐります。

「うふふ、いいんですよ、興奮しちゃって……エッチな気分になって……いーっぱいドキドキしちゃって、いいんですよ……?」
「わたくしのおっぱい、好きにしたいですか……? うふふ、『今は』ダメですよ……」

彼女自身もこうなる瞬間を待ちわびてたのでしょう。
彼の耳を存分に味わおうとゆっくりペースで舐めつつ囁き声で彼が心を開放できるように誘導します。
しかし彼がより踏み込んだプレイをしようとした時はお預けしてもどかしい気分を与えます。
断る時に敢えて「今はダメ」と言うのがいいですね。
単に突き放すのではなくちゃんと希望を与えて焦らしプレイを前向きに楽しめるようにしてくれます。

「わたくしの声と……えっちな音だけを聞いて……ふふ、もっと耳に気持ちを集中させて……」
エッチの最中に深呼吸を挟んだり声に対する集中力を高めるのもポイント。
そうすることで聴き手がより主人公と同じ視点で音声を聴ける環境を整えます。
このパートは本当に耳だけを責めるので射精シーンがありません。
だからこそ耳責めをより生々しくするためにこういうアプローチを挟んでるのだと思います。

耳舐めについてはセリフを小まめに挟みながらシーンごとに異なるちゅぱ音を鳴らします。
耳舐めだけをがっつり聴きたい人には不向きでしょうけど
舌の細かな動きまで音でしっかり表現されていて品質はとても高いです。
例えば耳の外側を舐める時と穴を舌先でほじる時で音の近さが微妙に変化します。

後半のトラック3はさらに後のお話。
今度は深夜にエレベーターを利用しに来た彼に彼女がお待ちかねの射精をプレゼントします。

「はぁぁ……男の人の、大事なトコ……うふふ、とってもたくましくて……とっ、ても……えっちな形……♪」
前半と同じく耳を責めながら手袋越しにおちんちんをいじるスタイルを取っており
体への刺激は引き続き控えめにする代わりに物欲しそうな吐息や言葉を漏らして興奮を煽ります。
大人の女性らしい上品な色っぽさとでも言えばいいのでしょうか。
M向け作品のような意地悪はまったくなく彼女自身も逸る気持ちを抑えてるように見て取れます。

「にかーい…… れりゅっ、んふ……ちぅ、ちゅ、はむ……んっ……おい、ひ……♪ お客様のお耳、とっても柔らかくて、心地よくて…… わたくしだけのモノとして、独占したいくらい……♪」
最大のポイントは終盤の射精シーン。
1階2階とカウントを数える要領で最上階を目指し、その都度耳を舐めたりエッチな言葉を多めに投げかけます。
これが作品説明文にある「催眠音声慣れしている方だと、かなり早めに一気に感度が上げられるかも…?」の正体です。

しかし最中のセリフがプレイの実況や彼女の心情に終始してまして
催眠音声の時のようにカウントにつられて気持ちが盛り上がる可能性は低いと思います。
催眠暗示が主体だったらまた違ったかのもしれませんね。
手袋コキ開始から射精まで13分くらいありますから射精は十分可能です。

このように、意地悪さを感じさせずに焦らし続ける独特なエッチが繰り広げられてます。
優しく焦らす作品
主人公とほぼ同じ視点でエッチを楽しめる大変リアルな作品です。

エレベーターガールは社員旅行で偶然ビルを訪れた主人公に目をつけると
いきなりいただこうとせずまずは自分がやってることを遠回しに伝えて相手の気持ちを確認します。
そしてやる気があるとわかった後はほぼ完全に主導権を握って耳をたっぷり味わいます。

唇、舌、息、言葉を組み合わせて耳をとことん刺激するテーマに沿ったエッチ
射精シーンを1回に絞り込み、それに向けて心身をじっくり温める焦らし系の責め
そしてリアリティを追求した声と効果音と環境音。
耳責めというひとつのプレイをストーリー性を持たせながらゆっくりじっくり行います。

声や音の位置取りや距離感が抜群に優れてます。
バイノーラル録音は声のリアルさがとかく注目されがちですが
そこに的確な演技が加わることで品質が格段にアップします。
声をサポートする効果音や環境音との親和性も高く没入感が得やすいです。

「これ以上のことは、エレベーターを降りてから……ね♪」
完全女性上位なのにM性をほとんど感じさせないところも印象的でした。
彼の耳をねっとり味わいつつやる気が持続する言葉をかけてくれるのが大きいです。
二人きりになってるとはいえエレベーターではそこまで大胆なことはできませんから
これくらいに留めておいたほうがお話もスッキリ収まります。

エッチは大人の女性とするシチュにこだわりを持って作られてます。
若い男女がする獣のような交わりを避け、スローSEXのように感度を高めることを重視してます。
最後のカウントを数えるシーンはあまりうまくいってないと書きましたが
全体を見れば感度が少しずつ上がっていくプレイをしてると思います。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

流行のプレイをサークルさんなりにアレンジした大人の雰囲気漂う作品です。

CV:まさきふぁんさん
総時間 1:02:15

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
62分で1100円だとやや割高なので-1してあります。

痴女っ子に寸止め射精管理されちゃう「快楽地獄の二丁目」

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてSっ気の非常に強い女の子が
何らかの事情で知り合った男性に過酷なオナサポをプレゼントします。

10から1までカウントを数え、少なくなるほどオナニーのペースを上げさせたり
射精を我慢できなくなったら任意で手を止め、彼女のキーワードを聞いたら再開するなど
独自のルールに従いながらおちんちんをたっぷりしごかせます。
かなり意地悪なアプローチを仕掛けてきますから、それに耐えられるドMな人にのみおすすめします。
ドMなあなたに地獄の苦しみを
痴女っ子の指示に従ってオナニーするお話。

「ねぇお兄ちゃん お兄ちゃんは今日もオナニーするの?」
痴女っ子はおっとりした明るい声の女の子。
これからオナニーしようとしてる主人公に声をかけると
自分が普段他の男子にしてるエッチなゲームを提案します。

本作品は普通のオナニーでは満足できないM男に地獄の苦しみを与えることを目的に
彼女がおよそ1時間に渡ってエッチな命令を出し続けます。
彼のことをお兄ちゃんと呼んでますが血の繋がりはないらしく二人の関係は不明です。

オナサポのルールは大きくふたつ。
ひとつめはカウントに合わせてオナニーのペースや強さを切り替える
ふたつめは聴き手が特定のタイミングでオナニーをストップできるです。

「私が言う数字が聞こえたら お兄ちゃんは その数字に設定したスピードでシコシコシコってするんだよ」
前者は彼女が10から1までの数字を宣言し、数が少なくなるほど射精に近づくよう自分を追い込みます。
シコシコボイスでリズムを取ったりはしないのでしごき方はほぼ聴き手任せです。
またストレートに数え下ろすシーンは少なく、5→1→5みたいに数字を飛ばして落差のある刺激を与えようとします。
休憩時間もほとんどありませんから肉体面の責めは相当にハードです。

「あのね 0って言う前に射精しそうになったら手の動き止めて チンポを支えるだけにするの」
後者は早漏な人でもこのオナサポを楽しめるようにする救済措置。
射精がどうしても我慢できなくなったら聴き手側の判断でオナニーを止めることができます。
そして彼女が「ヘンタイ」と言ったら再開し、例え射精寸前でも最低1回はしごく必要があります。
完全に楽をさせるのではなくあくまで緊急回避の手段です。

一見すると優しく思えるでしょうが、これは裏を返せば何度も寸止めを繰り返すことを意味します。
一部のシーンではヘンタイを何度も言って半ば強制的にしごかせますし
射精寸前の状態をできるだけ長く維持させるための手段として用いてます。
ギブアップできないルールのせいでむしろもどかしく感じるのではないでしょうか。

こういったルールは最初に7分くらいの時間を割いて彼女が丁寧に教えてくれます。
他にも作品独自の珍しいプレイが登場するなど、一般的なオナサポに独自性を加えたサービスが楽しめます。
絶対に射精させない過酷なエッチ
エッチシーンは6パート59分間。
プレイはオナニー、耳舐め、パンツを穿く、フェラ、擬似SEXです。
擬似SEXの際に効果音が鳴ります。

「じゃあ 練習も兼ねて勃起させていくね」
主人公の同意を取りつけないままオナサポの開始を宣言し、ルールを説明した痴女っ子は
手始めにズボンだけを脱がせパンツの上からおちんちんをゆっくりいじらせます。

エッチは終始彼女に言われた通り手を動かします。
最初の2パートは準備運動と呼ぶのがピッタリな焦らし重視のプレイ(約18分)。
「勃起準備パート」はルール確認も兼ねてゆっくりペースでしごき
「耳舐め焦らしパート」はペースを若干上げて耳舐めを加えます。

「10はかなりゆっくりだよ しーーーこ しーーーこって ゆっくり動かすの」
「お兄ちゃんのチンポ パンツの中でどうなっちゃってるのかなー ヘンタイ」

まだ始まったばかりということでそれほど厳しい責めはしてこないものの
彼女は早速決められたルールに則って彼の射精をコントロールします。
この後のパートも含めて本作品のエッチは言葉責めを少なめにして
その代わりカウント、命令、キーワードをタイミングよく言うことに力を入れてます。

直に触れないので気持ちいいよりもどかしい感覚のほうが強いでしょうね。
パンツを脱ぐ指示は耳舐め焦らしパートの終盤あたりにようやく出ます。
耳舐めはカウントを変えるごとに左右を切り替え少しずつ鳴らすだけですし
直接的なエロ要素が少なめで雰囲気が淡白に感じました。

本格的な地獄を味わうのはその次から(約12分)。
「地獄か天国かパート」は5以下のカウントを中心にほぼノンストップでしごかせ
「シンクロSEXパート」は打って変わって彼女との擬似SEXをイメージしながらオナニーに取り組みます。

「休憩しても すぐにヘンタイって言われるからシコシコ再開 ヘ・ン・タ・イ」
地獄か天国かパートはタイトルに関連してるだけあってかなりハードです。
具体的には彼女のセリフに毎回ヘンタイが入り休憩がほとんどできなくなってます。
個人的には言いすぎだと思うのですが、前の2パートが焦らし系だったからわざと落差をつけたのかもしれません。
カウントの平均が低いのも相まって最初の山場と言えます。

「後ろから 私の中に だめぇ」
シンクロSEXパートは今までと違い純粋なエロさで押してきます。
彼女とバックでSEXしてる様子を実況しながらたっぷり喘ぐというもので
効果音も相まって本作品の中では最も抜きやすく仕上がってます。

効果音できちんとペースを取ってくれるのが大きいんですよね。
10はゆっくり、1に近づくほど速く力強くしごくというルールは確かにわかりやすいのですが
そのペースを彼女がほとんど取ってくれないので実際にどれくらいでしごけばいいか悩みます。
このパートはその問題が解消されてるし喘ぎ声も多めで心の興奮を盛り上げやすいです。

終盤の2パートはM性の強いプレイが中心(約29分)。
「虜パート」は最も速い1カウントをひたすら維持する肉体への刺激が最も強いプレイ
「地獄の二丁目パート」は彼女の母親も参加する風変わりなプレイが登場します。

「罰の1に耐えられたから ご褒美の1だよ 嬉しいでしょ?」
この2パートは作品独自の要素が多くなっており
例えば虜パートは数字を使った遊びを取り入れて射精寸前の苦しみを味わわせます。
一部でわがままな命令も出してきますし彼女の意地悪さが引き立ってるなと。
また地獄の二丁目パートでは中盤にこのオナサポを根本から覆す要素が加わります。

どちらにも言えるのが聴き手に寛容さが求められるということです。
短気な人だと理不尽に思えて萎える可能性があることをご了承ください。
最終目的の射精が迫った大事なシーンでやる気を削ぐアプローチをするのは避けたほうがいいと思います。

このように、ストレートなエロ要素を極力避けつつ体を徹底的に責めるプレイが繰り広げられてます。
複雑なオナサポ作品
ルールだけでなくエッチ開始後の責め方も他にないものを持ってる作品です。

痴女っ子は毎日のようにオナニーを続けてるMな主人公を使って遊ぼうと
オナニーはもちろん、射精の自由も完全に取り上げたうえで色んなプレイを繰り出します。
カウントに合わせてしごき最後まで寸止めを繰り返すハードなプレイ、最中に彼女が度々行う意地悪なアプローチ。
余程のM性がなければ途中で逃げ出すレベルの過酷なオナサポを行います。

このプレイを過酷と呼ぶ理由は純粋にオナニーが激しいのもありますが
それ以上に心を盛り上げられる要素があまりないからです。
数字の宣言やキーワードを言ってオナニーを管理することを目指してるので
ちゅぱ音や喘ぎ声といった一般的なエロ要素や言葉責めの量が少なくなってます。
ヘンタイはよく言いますけど本作品ではキーワード化されてるので言葉責めとは別物です。

良い射精を迎えるには物理的な刺激に加えて心が満たされてる必要があります。
今日あった嫌なことを思い浮かべながらオナニーしても気持ちよくなれませんよね?
終盤の2パートに登場する数字遊びや母親との電話も含めて心への責めを捻りすぎてる印象を受けました。

もうひとつ、カウントでオナニーを制御するルールも今のままではあまり機能してません。
10からストレートに1まで数え下ろす流れならまだなんとかなったのでしょうが
カウントを飛び飛びに数えることが多いのでペースや強さの設定が本当に難しいです。

072LABOさんは前作「早漏遺伝子滅亡計画1」でセリフとシコシコボイスを別に言うオナサポをされてました。
それを本作にも流用すれば今よりもずっとやりやすいものに仕上がったと思います。
あるいは5段階あたりにまとめていれば細かな調整を気にする必要がなくなったかもしれません。

「気持ちいい、抜ける」よりも「難しい、複雑だ」のイメージが強いプレイと私は考えてます。
淫語とちゅぱ音そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

オナニー自体はがっつりやるので気持ちいいのは間違いないですが、心に多少のしこりも感じる作品です。

CV:御上みみさん
総時間 1:16:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

imitation~男の娘アイドルがバレるまで~

サークル「ftnr×kuroko.ぷろじぇくと」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、アイドルグループの一員として活躍してる男の娘が
イベントに参加しファンに曲を披露しながら何度も絶頂します。

控え室で緊張をほぐし練習する様子に技術を絡めた大変珍しい催眠
実際に歌を流し、その中にある特定の言葉をトリガーに快感を与えるエッチなど
聴き手がアイドルになりきって楽しむことを第一に考えたリードをします。

もしお持ちならタイムローターを使用するとより楽しめるでしょう。
アイドルの正体は男の娘
アイドルグループ「imitation」のメンバーになってフェスに出演するお話。

「あー、緊張する! 何回やってもなれないね、ライブ前って!」
花音はややトーンの低い穏やかな声のお姉さん。
「お疲れ様! Imitationの皆!」
深琴は甘く優しい声のお姉さん。
ライブイベントの出番を直前に控えそわそわしてる主人公と花音の控え室に
彼女たちの先輩にあたる深琴がやって来て挨拶するところから物語が始まります。

本作品は現実世界でも行われてるフェスに出演するアイドルの一員になりきり
彼女たちと控え室でおしゃべりしたりステージに上がってファンにサービスします。
世間では女性グループとなってますが主人公の性別は元々男性ですから女体化誘導はありません。
男なのに女の子の格好をする快感や大勢に見守られながら絶頂する快感を楽しみます。

キミは男の子だったけど 今は、アイドルとして可愛くないといけない
ftnr×kuroko.ぷろじぇくとさんと言えば双子催眠で有名なサークルさんです。
本作品もその例に漏れず二人が連携を取ってリズミカルに語りかけながらお話を進めます。
総時間が解除も合わせて37分と短いことを踏まえて変則的なスタイルを取っており
催眠、エッチいずれも既存の催眠音声ではなかなかお目にかかれないアプローチが登場します。

詳しくはこの後説明しますが相当に思い切ったことをされてます。
人によって合う/合わないがはっきり分かれるんじゃないかなと。
初心者よりも中上級者のほうが上手くいきやすいと思います。

催眠はおよそ22分間。
まずは本番に向けて緊張をほぐし気合を入れるために
彼女たちと円陣を組む要領で手を繋ぎその熱を感じます。
ストーリー形式で進めますから「これから催眠を始めます」とかは一切言いません。

私の方、右手は温かい 深琴先輩の手は温かい ポカポカ ポカポカ
私の方、左手は冷たい 花音ちゃんの手は冷たい ひんやり そう、ひんやり
深琴の温かい手と花音の冷たい手。
左右で正反対の感覚を同時に伝えて催眠に入れる環境を整えます。
まだ始まったばかりですが暗示の入れ方が上手いので多少は違いを感じるのではないでしょうか。
少し後にはアイドルとしての心構えを身につけるなど、主人公と同じ視点に少しずつ近づけていきます。

お次はスカートなのに男物のパンツを穿いてたらまずいということで女物のそれに着替え
それから深呼吸や変わったイメージをして心身を完全にリラックスさせます。
実際に女物のパンツを用意する必要はありません。

(二人)身体の力を スッと 抜いて そう、倒れるんだよね?  前に倒れるかもしれないし 後ろに倒れるかもしれない
倒れる瞬間 視界 耳の聞こえ方 意識の軸 身体の感覚 全部狂っちゃうよね?
ここで行われるイメージは自分の体が立ったまま倒れていくというもの。
それに合わせて暗示を入れることで催眠の世界へ一気に引き込んでくれます。
立位後倒法という技術を作品に合わせてアレンジしてるのだと思います。
本作品以外でこれを使ってる催眠音声を私は聞いたことがありません。

ちなみにこのシーン、実際にやると危険なので必ずイメージの中でのみ行ってください。
サークルさんもその旨を音声の一番最初におっしゃられてます。
また主人公が倒れる時は彼女たちがちゃんと受け止めてくれます。

本番に出る心の準備をした後にするのは練習。
これから演奏する曲をバックで流しながらその時の様子をイメージします。
音楽は体験版でちょっとだけ流れますけどクオリティが高いです。

「頑張れ」って言われれば、「頑張ろう」って気持ちになる 私達アイドルにとってファンの声は絶対 ファンの希望に応えないといけない
こうやって「頑張って」って言われて 感度が上がったら楽しいと思わない?
アイドルはファンが応援してくれてこそ初めて成り立つ職業ですから、可能な限りその期待に応えるのが望ましいです。
そんな心構えを身につけつつ曲中でファンが行う掛け声に暗示を込めてエッチで気持ちよくなれる準備を整えます。

先に言ってしまうと本作品のエッチは歌に込められた特定の言葉を通じて感覚を操作します。
「頑張って」以外にもうひとつありまして、どちらもエッチな事とは直接的な結びつきがありません。
曲や歌を聴いてるだけなのになぜか妙に気持ちいい。
そんな体験をさせるために催眠の最後でこういうアプローチを仕掛けてくるわけです。

アイドルが控え室で出番を待ってる様子に技術を絡めた大変個性的な催眠です。
聴き手を男の娘アイドルにし、本番で歌に反応できる体にすることを目的に
温感操作から入って特別な下着の準備、深呼吸や立位後倒法、メインの暗示と
聴いてるだけで自然と催眠が深まり敏感な心と体になるよう巧みに誘導します。

会話に近いセリフの表現を心がけて催眠っぽさをある程度ぼかし
技術やイメージも催眠音声ではマイナーだったり作品独自のものを使用してます。
体が倒れるイメージをするシーンでは平衡感覚を失ったような感じがしましたし
その後の歌を流すシーンでは掛け声が心に響くように思えました。
癖のある誘導をサークルさんの技術力の高さで見事にまとめ上げてます。
歌と振動で気持ちいい絶頂へ
エッチシーンは10分30秒間。
プレイは曲を流しながらのローター責めです。

ローター責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

花音「謝罪として、みなさんのコールで彼に謝罪の意として 此処で絶頂してもらいます」
ステージに上がり大勢のファンに向けて挨拶した花音は
彼らをさらに喜ばせようと曲を演奏しながら主人公を少しずつ絶頂へと追い込みます。

エッチは彼女たちがパンツに仕込んだローターの刺激と先ほど説明した言葉で責め続けます。
基本的な流れは練習中に流れた曲を再度流し続け、歌が入らない間奏中に二人が語りかけます。
催眠が終わった時点ですべて仕込んでありますから後はそれを実践するだけです。

回数をこなして 皆の応援が聞こえる度 そう、皆の声がきっかけになって 身体がムズムズ してるんでしょ? 暑くなってる?
私が聴いた時は曲が流れてる最中ずっと股間がムズムズしてました。
二人も余裕がある時に追加の暗示を入れてくれますし、ドライ慣れしてる人なら結構気持ちよくなれると思います。
絶頂はもうひとつの掛け声がトリガーになってましてカウントに比べるとタイミングが曖昧です。
ですが明らかに追い込んでるシーンや実際のコンサートと同じくアンコールがあります。

このように、コンサートで流れる曲でイかせる非常に変わったエッチが繰り広げられてます。
創意工夫に溢れる作品
テーマだけでなく内容も飛び抜けた個性を持ってる作品です。

ファンたちに性別を偽って活動を続けてきたアイドルが
今回参加したフェスをきっかけに男の娘アイドルとして新しく生まれ変わります。

アイドルが出演する流れをそのまま追っていくテーマ性の強い展開
催眠、エッチいずれも他の作品ではまずやらないことに挑戦し十分な成功を収めてること。
サークルさんが持つ実力を駆使して難しい素材を上手く料理してます。

ftnr×kuroko.ぷろじぇくとさんは最大の武器である双子も含めて変わったことをよくやられるサークルさんです。
しかしこの作品はその中でも際立って奇抜な作りをしています。
私も聴く前は「短い作品だし手堅く攻めてくるんだろう」と思ってたのでとても驚きました。
それでいてちゃんとした催眠音声になってるところが素晴らしいです。

催眠は立位後倒法を採用してるのが最も印象的でした。
催眠音声は一人で取り組むものなので、こういうリスキーな技術を使うことはほとんどありません。
そこをイメージの形で敢えてやってみたのが面白いなと。
聴き手が実際にやらないようきちんと保険をかけてますし頭が割とクラクラしてきます。
イメージのさせ方や暗示の入れ方が上手なんでしょうね。

エッチは催眠に負けず劣らず大胆なことをされてます。
掛け声が持つ本来の意味とは違う意味に錯覚させるアプローチで感覚を操作します。
ドライ系ですがタイムローターを使用した場合は体の快感もそれなりに得られると思います。

絶頂シーンは最低でも2回(連続絶頂)。
ローター音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

珍しいことをする作品が好きな人には強くおすすめしたい作品です。

CV:花音…ftnrさん 深琴…kuroko.さん
総時間 37:34

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
歌を歌ってるのはお二人とは別の方だそうです。

【KU100バイノーラル】姉ヌキ~しずお姉ちゃんの場合~【セール中★】

サークル「メヤスバコ-MeyasuBako-」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘やかし上手な従姉妹のお姉ちゃんが
引きこもり中の弟と色んなエッチをして更生を手伝います。

肉親らしい親しげな態度で優しく優しく射精に導く定番のシチュに加えて
エッチの後半に入ると今度は彼女が責められて喘ぎ声を多めに漏らすなど
二人の関係や音質の良さを活かした甘く激しいエッチが楽しめます。
引きこもりの弟に効くお薬は
従姉妹の鳴海しずとエッチするお話。

「や、久しぶり」
しずお姉ちゃんは穏やかで整った声の女性。
入浴中の主人公の風呂場に突然やって来て声をかけると
慌てる彼にその経緯を説明し洗いっこしようと言います。

本作品は彼の両親が旅行に行ってる間、代わりに面倒を見ることになった彼女が
5パート40分近くに渡ってあまあまラブラブなエッチをします。
二人は以前一緒にお風呂に入ってたことがあるほどに仲が良く
彼女も久しぶりに会った彼に対して昔と同じく親しげに接します。

「大丈夫だって お姉ちゃんと君の仲だし 私は見られたって困らないから」
しかし彼は何らかの理由でこのところ家に引きこもっており
彼女が積極的にアプローチをかけてもなかなか乗り気になってくれません。
そういった事情を踏まえて彼の気持ちを解きほぐす言葉をかけながらエッチを進めます。
また序盤から中盤にかけては従姉妹同士、それ以降は恋人同士になるのでやり取りやプレイの内容が大きく変化します。

年上モノなので基本的には彼女がリードするのですが
エッチの経験がそれほどないらしく色んなところで初々しい仕草や反応を見せます。
一部のシーンでは立場が逆転しますし、お姉ちゃんの中では割と変わったキャラです。

それ以外の特徴は声のリアルさ。
バイノーラル+ハイレゾなだけあってクリアで臨場感のある声を楽しむことができます。
お姉ちゃん役の分倍河原シホさんはバイノーラル作品がそれほど多くありませんから
彼女のファンならそれだけで聴いてみる価値があると言えます。
親密度に応じて変化するエッチ
エッチシーンは5パート39分30秒間。
プレイは乳首責め、耳舐め、手コキ、フェラ、パイズリ、キス、SEX(騎乗位、正常位、バック)です。
乳首責め、手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ほら お待ちかねのち・く・び いっぱい洗ってあげる」
お風呂場で全裸のまま事情を説明し主人公を納得させたお姉ちゃんは
彼の背中を素手で洗った後今度は前のほうも綺麗にし始めます。

最初の2パート16分間は久しぶりに出会った二人が昔の関係を取り戻すシーン。
Take2はお風呂場で乳首責めと手コキ(それと少しだけ耳舐め)、Take3は彼の部屋でフェラとパイズリをします。

「ねぇ どっちがいい? 一人でオナニーするのと お姉ちゃんに手コキしてもらうの」
彼が引きこもってることを知っても彼女の態度は昔とまったく変わりません。
裸同士のお付き合いを恥ずかしがってる彼に自分から体を密着させ
気持ちを確認しながら性感帯を複数同時に責め続けます。

最中のセリフが多い関係で耳舐めやフェラのボリュームは少なめなのですが
上品さが漂う声とはまるで違う下品なちゅぱ音を鳴らしてくれます。
サークルさんが「ちょっぴりエッチ過ぎるかも!?」とおっしゃられてる通り
この後のパートもくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声が2種類以上同時に鳴るシーンが多いです。

「お姉ちゃんたち どんどんいけないことを重ねちゃってるね ふふっ」
続くTake3でも自分から大胆に仕掛ける一方で彼の気持ちを尊重し
素直になってくれたらきちんとご褒美をあげてその頑張りに応えます。

この時点では彼の引きこもりを更生するためにエッチしてますが
彼女の言葉や態度にお情けでそうしてる様子はまったく見られません。
中盤に発生する大きな変換点に向けて彼女の想いがプレイに込められています。

その変換点にあたるのが3番目のTake4(約6分)。
お姉ちゃんが自分の気持ちをはっきり打ち明けてからいよいよSEXを始めます。

「お姉ちゃんが優しくリードしてあげるから 君はそのまま体を委ねて」
「あぁっ! すごい これがSEXなので こんなに気持ちいいなんて お姉ちゃん知らなかった」

最初はお姉ちゃんらしくリードしようと思ってたのが
おちんちんの感触に思わず激しく喘いでしまう姿がとても可愛いです。
このパートからは最後のTake6まではメインのプレイがすべてSEXになってまして
最中は彼女が喘いだりイキ声を上げるシーンが何度も登場します。

もちろんパートによって体位や背景が大きく変化します。
例えば初SEXを終えた後に始まるTake5は主人公が責めて彼女を絶頂へと追い込み
その直後に今度は彼女が騎乗位でやり返すという連続射精&絶頂スタイルになってます。

「ちょっと お姉ちゃんイったばかりだから ダメェ」
Take4以上に彼女が乱れる姿が聴けるので立場逆転が好きな人ほど楽しめるでしょう。
本来の年上モノからやや脱線してますが、彼が引きこもりから脱出する自信をつけさせると考えれば
このプレイはテーマに相応しいと言うことができます。

最後のTake6も生中出しからの種付けを目的にしてますし
単に気持ちよくするのではなく、彼の心を元気づける意味合いも持ったSEXです。
このように、言葉よりも態度や行動で愛情を示す肉親らしいエッチが繰り広げられてます。
若干捻りを加えた年上作品
お姉ちゃんよりも恋人同士の雰囲気を漂わせてエッチする作品です。

お姉ちゃんは昔仲良くしていた従兄弟に自分の気持ちを伝えようと
最初の時点からすべてを隠さずに接し、エッチの際も彼にご奉仕する姿勢で刺激を与えます。
そして無事恋人同士になった後は主におまんこを使って一緒に気持ちよくなります。

彼の心のケアをしながらエッチを進める背景を活かしたスタイル
そしてエッチな音を複数同時に鳴らし何度も絶頂を迎える抜きを意識した作り。
お姉ちゃんがひたすら責める一般的な年上モノとは違い、彼女が乱れる姿も多めに用意したエッチをします。

「あぁ 気持ちいい 気持ちいいねSEX 本当に幸せ」
彼女は最初から最後まで本当に素直な女性です。
お互いに成長しても彼に対してすべてを曝け出せるし
SEXが始まった後は快感に身を任せて思う存分喘ぎ声を漏らします。
それでいて彼が疲れたら代わりに自分が動くなどきちんと優しさも見せてくれます。

自分で全部やるタイプではなく相手の自由を尊重する女性です。
この適度な緩さが引きこもりの彼には丁度良かったのではないでしょうか。
ハッピーエンドで締めくくられてますし雰囲気は隅々まで本当にあまあまです。

エッチはTake3までは割と大人しかったのですが、恋人同士になったTake4から一気に盛り返してます。
時間に対する喘ぎ声のボリュームが多いのでこのへんを好きな人が最も楽しめるでしょう。
欲を言うなら体位ごとに声の位置や距離を大きく変えてほしかったですね。
せっかくいい機材を使ってるのに声をあまり動かさないのはもったいないです。

絶頂シーンは主人公6回、お姉ちゃん5回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

自由奔放なお姉ちゃんと深く愛し合う作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 59:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年11月30日まで20%OFFの800円で販売されてます。

夢の中へ~癒しの耳かき~

サークル「甘耳-kanmi-」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、夢の中に住んでるほっこりした女の子が
うまく寝つけない主人公にコンパクトなサービスをして安眠できる環境を整えます。

耳かきはセリフをほとんど交えず器具ごとに異なる音をゆっくり鳴らし
その後の添い寝は冷えた心を温める言葉をたくさん投げかける、といったように
サービスによって主役を大きく切り替えて別方向から癒します。
夢の中で安らかな眠りを
女の子にあれこれ癒してもらうお話。

「こんばんは 聞こえますか?」
女の子は素朴で穏やかな声の女の子。
主人公の夢の中にある癒しの空間に現れて彼に声をかけると
ここがどこかや自分が何者かを話してから安眠のお手伝いをします。

本作品は仕事や勉強などからくる不安やストレスで眠りが浅くなってる人向けに
彼女がおよそ30分(おまけも合わせると50分)に渡ってそれに適したサービスをします。
耳かき、添い寝しながらのお話、羊を数える、寝息など家庭寄りのものが多く
彼女のぽかぽかした声や口調も相まって落ち着ける雰囲気が終始漂ってます。

作品全体を通じて言える大きな特徴はメリハリをつけてお世話すること。
耳かきは使用する器具やお世話のやり方を言う以外はほぼ話さずに音だけを鳴らし
それが終わった後に行う添い寝は逆に色んなことを話して彼女と一緒にいる気分を出します。

聴いた限りでは声、効果音いずれもバイノーラル録音ではないので
臨場感の面では大手サークルさんに届かないものの
器具の動かし方や力加減はしっかりしており安心して聴くことができます。
まだ始まったばかりのサークルさんですし今後より活躍しそうな可能性を十分に秘めてます。

軽いやり取りの後から始まるメインのサービスは耳かき(約18分)。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に耳マッサージ、綿棒での耳かき、手ぬぐいを使った耳拭きと続きます。
耳に息を吹きかけるシーンはありません。

耳マッサージは「さすさす」と滑らかな摩擦音、綿棒は「じりっ ぷしゅっ」と柔らかく若干パチパチした音
耳拭きは綿棒よりも面積が広く湿り気を帯びた音、と内容に応じて効果音の質感や動きが大きく変化します。

「だんだんだんだん 上に 上に ゆっくりとマッサージしていきますね」
綿棒と耳拭きは耳の中と外の両方を綺麗にするのですが
その際に同じ器具でも音の聞こえ方がきちんと変わるので違いを楽しみやすいです。
女の子も必要最低限のことだけ話してあとは黙々と手を動かします。
実際に聴いてみるとすごく静かなひと時に感じるでしょう。

本編で登場するもうひとつのサービスは添い寝(約9分)。
耳かきで耳と心の汚れを落とした彼を用意した布団に寝かせ
彼女は左手に寄り添って心温まる言葉を投げかけます。

「不思議ですね あなたといると とても心地が良い あとどこか懐かしさも感じます」
「よしよし よしよし よしよし」

「素敵」「愛してる」といった好意を伝える言葉に加えて、彼女自身も彼といることに安心感した表情を見せます。
パート中盤に入ると赤ちゃんをあやすように「よしよし」を多く言うようになりますし
ここで寝かせるというよりはこの後ぐっすり眠れるようにお世話します。

このように、頭を空っぽにしながら聴ける落ち着いたサービスが繰り広げられてます。
シンプルで温かい作品
実家で寛いでるような雰囲気が漂ってる作品です。

主人公の夢の中で彼のことをずっと見守ってきた女の子が
何らかの事情で眠れずにいるのを改善しようと体を密着させながらあれこれお世話します。

無駄な演出をせず彼女と二人きりで過ごす様子をありのまま音声化した素朴な作り
耳かきは音フェチ、添い寝は会話と癒しのポイントを大きく切り替える流れ。
有料作品だからといって飾ることなくすべてをストレートに表現します。

本編だけだと癒しと安眠が半々くらいなのですが、おまけも合わせると後者の色がずっと濃くなります。
通しで聴かなくてもそれほど問題ない作りになってますし
寝る前に好きなパートをちょろっと聴くだけでも眠りやすくなると思います。
非エロ、エロいずれも長時間化の傾向にある今の状況を考えれば手軽さは大きな武器と言えます。

処女作として見る分には十分な癒しのパワーを持ってる作品です。
おまけは「羊を数えます」「背中をとんとん、寝息」です。

CV:青葉ゆめさん
総時間 51:03(本編…30:05 おまけ…20:58)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
51分で300円とコスパが良いので+1してあります。

↑このページのトップヘ