同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2017年09月

   ● 珈琲店 喫茶綴


催眠音声-TSアリス~ワンダーランド~

サークル「帽子屋」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫が
物語の主人公になりきる催眠をかけてから恥ずかしいエッチをプレゼントします。

時計を持ったウサギを追って穴に飛び込む様子に技術を組み込んだ催眠
観衆の視線、キーワード、特定の音をトリガーに性感を高めるエッチなど
原作の世界観や登場人物を活用した独特なサービスが味わえます。

今回は両性向けのレビューをお送りします。
アリスになって不思議の国へ
チェシャ猫にエッチな女体化催眠をかけられるお話。

「やぁ こんなところで寝転がって お昼寝かい?」
チェシャ猫はトーンの低い穏やかな声の女性。
川の近くの木陰で寝転んでる主人公に声をかけて自己紹介すると
今いる場所の様子を彼の視点で語り始めます。

本作品はアリスになりきって不思議の国を満喫することを目的に
彼女が80分近くをかけて女体化の催眠を施したり変わったエッチを提供します。
製品版には男性向け、女性向け、両性向けの3バージョンが入っており
全体の流れは一緒で細かな描写がそれぞれの内容に合わせて変更されてます。

「君はこれから アリスになる 僕が君を アリスと呼ぶからそうなる、というわけではなく 君が君自身の意思でアリスになるんだ」
最大の特徴は何と言っても原作を強く反映させたサービスをすること。
序盤から彼のことを「アリス」と読んだり、物語をそのままなぞる形で催眠状態を深めるなど
テーマを活用した独自性の強い誘導で作品世界に引き込みます。

時計を持ったウサギ、トランプの兵士、ハートの女王などお馴染みのキャラが登場しますから
不思議の国のアリスをまったく知らない人でもなければ簡単にイメージできます。
一部で時計の音を使ったギミックも用意されてますから音モノが好きな人にも向いてます。
現実世界から一時的に離れてリフレッシュできる癒し重視の作品です。

催眠は3パート40分間。
チェシャ猫のことや今いる場所の様子を簡単に話してから
近くを通り過ぎたウサギが持つ時計の音を頼りに歩いてついていきます。

「きらきらまばゆい 黄金の昼下がり 木漏れ日がぽつぽつと肌を照らし 優しい風が時折頬を撫でる」
温かい日差し、心地いい草の感触、近くを流れる川の音など
自然に関するイメージにリラックス系の暗示を込めてまずは癒しを与えます。
本作品は物語調の内容になってるので深呼吸や脱力をさせるシーンはありません。
チェシャ猫との会話を聴いてるだけで催眠に入れるように誘導してくれます。

「音のするほうに意識を向けて ウサギの後をついていく 右へ 左へ」
ウサギを追いかけるシーンは時計の音が重要な役割を果たします。
左右にゆっくり揺れる「カチカチ」というリズミカルな音を聴いてると
なんだか頭の中が揺さぶられてるような感覚がするかもしれません。
チェシャ猫も声を左右に振り分けて意識の力を弱めようとします。

2番目の「深化-どこか落ち着く穴の中」は不思議の国へ向かうシーン。
事前にエプロンドレスに着替えてからパラシュートの要領でチェシャ猫と穴の中を探検します。

「あたりの音が遠ざかり 外の明るさは徐々に薄れ ゆっくり ゆっくりと 穴の底へと下りていく」
「夜の空を詰め込んだボトルシップに 歌う双子のお人形 月と宇宙船の模型に 手足の生えたトランプ」

「落ちる」ではなく「下りる」と暗示を入れてるのがいいですね。
すとーんと一気に催眠状態を深めず、驚かせないようゆっくり物語の世界へ案内します。
最中に登場するキャラたちの描写も不思議の国に近づいてることを感じさせてくれます。
パート終盤にきっちり落とすシーンがありますし、催眠に不慣れな人でも心地いい感覚が味わいやすいのではないかなと。

最後の「アリス化パート-理想のアリス」は本題の女体化。
穴を下りる途中で見つけた薬を飲んで挿し絵に描かれてる可愛い女の子に変身します。
ちなみに両性向けではここだけ男性向けと女性向けの2パターンが用意されてます。

「全身の肌は 透き通るような白さになり 柔らかく とても敏感に 体毛も徐々に薄くなり すべすべの肌へと変わっていく」
体型、肌、髪、瞳の色、そして性器。
男女の違いが出やすい部分を中心に細かく実況してイメージを膨らませていきます。
前の2パートで心の準備を進めた後に女体化する流れですから
いきなり女体化させるタイプの作品よりも受け入れやすいと思います。
パート終盤にはエッチをより楽しめる暗示も入れるなど作りが丁寧です。

不思議の国のアリスに関するイメージに技術を盛り込んだストーリー性のある催眠です。
聴き手を主人公のアリスになりきらせることを目的に
序盤は作品世界にいる雰囲気作り、リラックス、チェシャ猫の声に対する集中力の向上
中盤は穴をゆっくり下りる様子を描きながらの深化
終盤は薬の力を借りての女体化とパートごとに明確な目標を定めてそれぞれをゆっくり行います。

原作に登場する素材を使って誘導するので統一感がありますし
肝心の女体化も唐突に始めるのではなくそれ以前から伏線を張ってじっくり進めます。
この内容ならサークルさんが女体化ではなく「アリス化」とおっしゃられてるのも頷けます。
モチーフのある女性に変身する展開は多くの人がやりやすく感じるのではないでしょうか。

まとめると、テーマ性があり技術的にも優れてる癒しのパワーが強い催眠です。
3つの要素で盛り上げるエッチ
エッチシーンは29分間。
プレイは露出、言葉による絶頂、耳舐め、時計の音による寸止めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「扉を開けると そこは大きなステージの上 ステージの前には女王様と 見渡す限りの トランプの兵隊たち」
催眠を使って主人公を身も心もアリスに変えたチェシャ猫は
穴の底にある扉から女王様やトランプ兵たちが待つショーの会場へと案内します。

エッチは物理的な刺激をほとんど与えずシチュ、言葉、音で絶頂へと追い込む催眠ならではのものです。
最初の11分間はシチュで興奮を盛り上げるプレイ。
身につけていたエプロンドレスが突然透明になり
さらにチェシャ猫に促されるまま脚を開いて大勢の観客に大事な部分を見てもらいます。

「恥ずかしくて顔が熱くなって 胸がドキドキしてしまう ドキドキと興奮してしまう」
「爪の音で理性が壊れる 気持ちいい 気持ちいい 腰をガクガクさせながらイってしまう」

人々に裸体やおまんこを見られる、見せつける快感を言葉でくすぐり
時折カウントを交えた感度上昇の暗示を入れてドライできる環境を整えます。
途中でチェシャ猫が「乳首を尻尾で撫でる」とも言うのですが
実際にしてるかどうかは曖昧ですしほぼ心への刺激だけでイかせる流れです。

それを最も助けてるのがキーワード。
作中に何度も登場したとある言葉に暗示を込めてから何度も言って快感をぐんぐん上げます。
何かは敢えて伏せますが、これを選んだのは面白いし効果的だと思います。

1回目の絶頂を迎えた後はプレイスタイルが大きく変わります。
チェシャ猫が左右の耳を片方ずつねっとり舐め始め
少し経つと催眠パートにも登場した時計の音を使って今度は絶頂をギリギリまで我慢させます。

「時計の針が回った分だけ 気持ちよさも溜まっていく みんなの視線で 時計の音で 耳舐めで どんどん快感が蓄積される」
簡単に言えば音を使ったドライ系の寸止めですね。
先ほどまで心地よさを感じていた音に対し、ここでは別の感覚を抱くことになるでしょう。
チェシャ猫も多めに焦らして絶頂したい欲求を上手に膨らませます。
1回目より溜めが長くなってることもあり、私の場合はこちらのほうが強い絶頂感を味わえました。

このように、体にはほとんど触れず心だけを責める変わったエッチが繰り広げられてます。
メルヘンチックな催眠
高めの没入感を得ながら気持ちよくなれるマイルドな作品です。

不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫が主人公をアリスに見立て
一緒にウサギを追いかけたり穴に飛び込んで別の世界へ案内します。
そして到着後は露出や音モノ系のエッチでドライオーガズムへと導きます。

物語の流れに従いスムーズにリラックスや深化を促す催眠。
裸を見られるシチュ、特定の言葉、時計の音を組み合わせて気持ちよくするエッチ。
テーマを大事にしつつできるだけ多くの人が楽しめるように考えてサービスを進めます。

本作品のキーはやはりアリス化にあると私は思います。
自分が理想とする女性などの曖昧なビジョンではなく、原作の主人公になりきらせることを目指してリードしてくれます。
そこに至るまでのアプローチも工夫されてますし、心の面でもアリスに同化しやすくなってます。
エッチで体に触れるプレイが特にないのはこの部分を重視したからかもしれません。

催眠は技術とストーリーの親和性が高く大変優れてます。
特に深化パートの進め方や言葉選びが柔らかくてゆっくり催眠に入れます。

「普段思っていてもできないことを できるようにするための場所なんだよ」
エッチは前項で話した通り心を盛り上げる要素が充実してます。
ですがキーワードや音責めを重視するあまり観客に痴態を見られる快感が弱くなってるように感じました。
露出は現実世界だとリスクの高いプレイですし、チェシャ猫がステージをこんな風に言ってたことも考えれば
むしろ露出をもっと押し出していったほうがお話もスッキリまとまったと思います。

絶頂シーンは2回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

しっかりした世界観を持つなりきりやすい作品です。

CV:男性向け…かの仔さん 両性向け…あ、きのこさん 女性向け…nitさん
総時間 男性向け…1:20:01 両性向け…1:26:44 女性向け…1:11:31

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

あまみみ-耳かき・耳舐めされながら囁きエッチ-

サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は落ち着いてるけどスイッチが入ると積極的になる家庭教師のお姉さんが
教え子の男子と二人きりでエッチな勉強をします。

「あまみみ」のタイトル通り甘い雰囲気で耳をたっぷり責めてくれるのが特徴で
エッチシーンの4分の3近くもの時間を耳舐めに割き
最初は唇で優しく包み込むように、しばらくしたら舌を激しく動かすなど
聴き手を飽きさせないよう変化をつけてエッチな音を鳴らします。
教え子の耳を優しく綺麗に
家庭教師のお姉さんと耳かきやエッチをするお話。

「あら? どうしたの? ぼんやりしちゃって」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
テストで悪い点数を取りボーっとしてる主人公に声をかけると
次のテストに向けて自分の家でみっちり勉強を教えます。

本作品は才能はあるのにやる気がないせいで良い成績を出せないでいる彼のために
彼女が80分近くの時間をかけて癒しとエッチなサービスをします。
二人がそういった行為に至るまでの過程は必要最低限の内容に抑え
ちゅぱ音や色っぽい吐息などの抜き要素をたっぷり詰め込んでる実用性重視の作りです。

「あなたって 耳かきだけじゃなくて 耳を舐められるのも好きなの?」
中でも耳舐めは全パート合わせて42分30秒とかなりのボリュームがあるのに加えて
序盤は癒し寄り、中盤以降はエロ寄りとタイプを切り替えてゆっくり射精に導きます。
バイノーラル録音ではありませんが、最中はセリフをほとんど挟まないおかげで舌や唇の細かな動きを楽しみやすいです。
聴いてて単調に感じないように工夫しながら責め続けます。

これらを行う彼女のキャラも本作品の魅力のひとつです。
最初の時点では年上らしくクールに振舞ってたのが
彼の甘える姿を見続けるにつれてより踏み込んだサービスを積極的にするようになります。

「私も あなたにお勉強教える機会が作れて嬉しいわ」
「激しいっ 好きっ 好きっ 好きぃ」

落ち込んでる彼を励まそうと軽い気持ちでお世話してるうちに自然とのめり込んでいく感じです。
物語の序盤と終盤でかなり違う顔を見せてくれますから
その大きなギャップにエロさや可愛さを感じる人がそれなりにいると思います。
時間に対するセリフの量は少ないものの、合間に漏れる吐息の質感で彼女の心情をリアルに描いてます。

変化をつけた大ボリュームの耳舐めとお姉さんのキャラ。
エッチな音をたっぷり鳴らしつつパートナーの近さも感じさせてくれる穏やかで抜きやすい作品です。
二つの要素を組み合わせた甘いエッチ
エッチシーンは2パート57分間。
プレイは耳舐め、手コキ、太ももコキ、SEX(騎乗位)、乳首責め、キスです。
手コキ、太ももコキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ちょっと恥ずかしいから あなたは目を閉じていてね」
後日自宅で彼の勉強を見たり耳かきをしてあげたお姉さんは
まだ膝枕されていたいと言う彼の体を起こし、目を瞑らせてから耳を優しく舐め始めます。

エッチはどちらのパートも彼女がリードします。
最初の「癒しの耳かき・耳舐め・手コキ&太ももコキ」は耳のケアに特化したパート(約37分)。
右耳→左耳の順に耳をはむはむするところから始まり、舌を使った舐め、内側への責めと
後になるほど激しさとエロさを増す形でほぼずっと舐め続けます。
事前にやる耳かきは時間が7分程度と短いため今回は説明を省略させていただきます。

耳舐めが始まった時点では彼女もエッチする気がそれほどないのか
水分控えめなちゅぱ音を速めのペースで鳴らして癒そうとします。
はむはむする耳舐めだけでも両耳合わせて9分近くあり、プレイごとの音の違いを楽しみやすくなってます。

「私の柔らかい胸が 体に当たってるのわかる?」
彼女の態度が目に見えて変わるのは耳舐め開始から17分後。
唇と舌を使って彼の耳を十分綺麗にしたところで、いよいよエッチな耳舐めへと方向転換します。
自分からおっぱいを積極的に押しつけ、「じゅびっ きゅぷっ」というパワフルな音をハイペースで鳴らす姿は
冒頭のクールだった彼女よりもずっと熱っぽくて色っぽいです。

そして何よりここからは彼女が吐息を漏らす頻度が上がります。
耳を舐めてる彼女自身も興奮してるのが自然と伝わってくるので、同じ耳舐めでも先ほどとは違った印象を抱くでしょう。
セリフはあまり使わずちゅぱ音と吐息を組み合わせて抜ける雰囲気を作ります。

それ以外のプレイについては手コキが12分、太ももコキは4分と短めです。
耳舐めと同時に行うスタイルで射精が近づくほど効果音のペースを上げます。
割とリアルな音ですが両者の質感に違いがほとんどないのは残念です。

続く「囁き耳舐め甘々エッチ」のメインはSEX(約20分)。
1回射精してもまだまだ元気なおちんちんを満足させようと今度はおまんこでじっくり刺激します。

「ずぷずぷずぷーって あなたのおちんちん 私のおまんこの中に入っちゃったね」
ここでは耳舐めの時間が大幅に減る代わりに彼女のセリフや態度が存在感を増します。
自ら指でおまんこを開いてすっかり濡れてることをアピールしたり
腰をグラインドさせておちんちんの感触を味わう姿は教師よりも恋人に近く
お互いがお互いを責め合うので吐息や喘ぎ声のボリュームも多めです。

エッチを始める前は「興味がある」程度の存在だった彼に対し
自分から「好き」と何度も言うあたりに彼女の心情変化がよく現れてます。
パート中盤以降は彼が下から腰を突き上げて彼女を乱れさせるシーンもありますし
教師と生徒だった二人が男女の仲へと前進したことがエッチな音を通じてわかります。

このように、年上の魅力を出しつつギャップも取り入れた音重視のエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音が豊富な年上作品
女性が生み出すエッチな声や音を多めに聴ける作品です。

お姉さんはテストで落ち込んでる主人公が次に良い成績を残せるように
勉強を教えるのはもちろん、体を張った心のケアもしてあげます。

質量共に十分なレベルを持ってるちゅぱ音、その合間に漏れる自然な吐息
そしてお世話してるうちにどんどん彼にのめり込んでいく彼女の姿。
状況説明や心情描写のセリフは必要最低限に抑え、音や反応で彼女とエッチしてる雰囲気を出します。

「なんだか恋人を持ったというより 子供を持ったって感じよね」
中でも彼女は普段とエッチのキャラがかなり違って面白いです。
普段が落ち着いてるからこそ、エッチでブレーキが効かなくなったりおねだりする様子が余計可愛らしく思えます。
気持ちよかったらはっきりわかる形で乱れますし、年上だからと見栄を張らず彼と素直に愛し合います。
エッチな声や音の分量がこれだけ多いのに彼女の魅力も出てるところが素晴らしいです。

エッチは耳舐め好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
囁き声を積極的に取り入れてることも考えれば是非バイノーラルにして欲しかったです。

プレイ時間に対する射精シーンが少ないのも気になりました。
完全ノーマル向け、しかもエッチな音がたっぷり鳴るタイプの作品なら
あまり我慢させず適度に抜き場を設けたほうが良いと思います。
この構成なら「癒しの耳かき・耳舐め・手コキ&太ももコキ」パートにもう1回プラスするのがいいでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

年上の女性が優しく対等に愛してくれる作品です。

CV:神楽琴美さん
総時間 1:18:58

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

眠れない添い寝 お布団の中で悪戯される音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかな声とちょっぴり意地悪な性格を持つ女の子が
男性と添い寝しながらエッチな悪戯をして安眠を妨害します。

乳首やおちんちんといった性感帯を避けつつ全身をソフトに愛撫したり
乳首責めや手コキのペースを意識して緩め、さらに射精が近くなったらすぐさまストップするなど
焦らしに大変力を入れたややM~M向けのエッチが行われています。

心身をバランスよく責めてじっくり性感を高めてくれますから
最後の射精シーンで普段よりも充実した快感が味わえるでしょう。
裸の女性と一緒の布団で
女の子に添い寝してもらうお話。

「こんばんは 今日はよろしくね」
女の子はややのんびり話す優しい声の女の子。
眠れない添い寝の注文をした主人公に挨拶すると
これから行うサービスの内容を大まかに説明します。

本作品はデリヘルなどの出張サービスっぽい設定で
彼女が70分近くに渡って眠りにつこうとする彼をエッチな手段で妨害します。
B-bishopさんと言えば長時間のオナサポなどハードな作風で有名なサークルさんです。
しかし今回はそういったプレイをほとんど入れず、とことん焦らして射精への欲求を存分に膨らませます。

長めのプレイ時間に対して射精シーンを1回まで絞り込み
それに向けて女性の体で誘惑したり、羞恥を与える言葉責めをするなど
心身にできるだけ負担をかけないようソフトな刺激をじっくり与え続けます。
途中で暴発することはないでしょうが、弱すぎる責めに多くの人がもどかしさを感じるはずです。

「私のおっぱいの感触とか あそこの感触に 意識向けちゃダメ」
これらを行う彼女のキャラもポイント。
眠くなりそうなまったりした口調で話しつつ自分から服を脱いで彼の体に密着し
プレイ開始から音声終了までずっと添い寝しながら吐息やちゅぱ音で性感を少しずつ高めます。
耳舐め+乳首責め、乳首舐め+手コキなど複数個所を同時に責めるシーンが割と多いです。

全編バイノーラル録音ということで声の位置が非常に近く
耳元で話しかけられると微かな風圧が感じられるほどに質感もリアルです。
他にも布団に入ると彼女の声がこもるなど、添い寝されてる気分を味わわせる工夫がいくつも見られます。
肉体面の刺激の弱さを他の部分できっちりカバーしてるので興奮を維持しやすいです。

女性の体を味わわせつつたっぷり焦らす責めと露骨な意地悪さを感じさせない彼女のキャラ。
囁きや添い寝といった癒し系の要素をM向けにアレンジした独特な作品です。
緩く弱く責め続けるもどかしいエッチ
エッチシーンは66分間。
プレイはハグ、体の愛撫、耳舐め、乳首責め、玉揉み、手コキ、キスです。
愛撫、手コキの際に効果音が鳴ります。

「お兄さんの腕を 私の谷間に挟むように… それで お兄さんの脚は 私の太ももで挟み込むようにして」
主人公と一緒に裸になり布団に入った女の子は
彼におやすみの挨拶をしてからその体を抱き枕に見立てておっぱいやおまんこを押しつけます。

エッチは無抵抗な彼を彼女が責め続けます。
最初の12分間はハグとソフトな全身愛撫。
裸体をぴったり密着させて安眠しにくい状況を作ってから
首筋、胸、お腹、太ももの付け根などを指でゆっくり撫でます。

「でも 乳輪くらいなら大丈夫かな 乳首に当たらないように気をつけながら…」
彼女のような可愛い女の子と裸で抱き合ったら男性なら当然興奮するでしょう。
それなのに愛撫で乳首やおちんちんをわざとスルーされたら発散のしようがありません。
一見するとソフトなプレイを裸同士、完全女性上位といった他の要素で焦らしに上手く発展させてます。

彼女の焦らしはまだまだ続きます。
一通り愛撫した後も耳舐め、乳首を指で弾く、玉揉みなど射精に直結しないプレイをひたすら続けます。
エッチ開始からおちんちんをいじり始めるまでおよそ30分かけると言えば
その過酷さがなんとなくわかっていただけるはずです。
私が聴いた時もこのシーンはおちんちんをいじりたくて堪りませんでした。

「あーあ ビクビクしっぱなしだね とっても恥ずかしい抱き枕さん」
もちろん心への責めも充実してます。
彼女と裸で抱き合い続けてるシチュ自体がまずエロいですし
「変態」などのきつい言葉を使わず、彼女に見られてることを意識させて羞恥を煽ります。
また彼がおちんちんをいじって欲しいと思ってることを理解したうえでちょっとしたトラップを張ったりもします。
女性に弄ばれる快感をくすぐる比較的ソフトな言葉責めです。

後半の36分間はこれまでの部位におちんちんを加えた複合責め。
「こしゅっ」という音量控えめの滑らかな水音を2秒1コキくらいのゆっくりペースで鳴らし
それと同時に耳舐め、乳首舐め、キスをして射精したい気分を強化します。
そして彼が射精の兆候を見せたら早めに寸止めして性感をさらに蓄積させます。

「お手手がぬちゅぬちゅになっちゃってる どれだけ我慢のエッチなお汁 垂らしてたんだろうね はーずかしい ふふっ」
プレイだけを見ると容赦がないようにも思えるのですが
彼女の声と言葉が常に柔らかいおかげで雰囲気は至ってマイルドです。
手コキのペースが非常に遅く、それに合わせてしごいても射精になかなか届かないのもあります。
寸止めの回数も少なめですし体に負担があまりかからないタイプの焦らしプレイです。

しかしもどかしさや射精への欲求はさらに膨らむことになるでしょう。
おちんちんへの純粋な刺激が弱いことや、最中に2種類のエッチな音が同時に鳴り続けるのが主な要因です。
またシーン後半に差し掛かると彼女が擬似SEXに見立てて喘ぎ声を上げてくれます。
おちんちんが途中で萎えやすいプレイだからこそ勃起と興奮を維持できる材料を多く用意してます。

「ほーら しこしこ もう寸止めしたりしないから いっぱい気持ちよくなってね」
終盤に彼女が優しさを見せてくれるところが非常に印象的でした。
ここまで徹底した焦らしを続けてたら心がもやもやするでしょうから
スッキリした気分で射精できるように最後は言葉と態度の両方できっちり甘やかしてくれます。

このように、心を盛り上げつつ体をソフトに刺激するテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
焦らし特化の名作
M性がそれほど強くない人でも聴ける焦らし系作品です。

女の子は自分を呼んでくれた主人公がぐっすり眠れるように
まずは裸で体を温めたり弱い刺激を与えて性欲を一発で解消できる環境を整えます。
そして十分に熟したおちんちんをゆっくりいじり、我慢の限界に達したところで優しく射精に導きます。

全編を通じて緩いペースと弱い力で責め続ける焦らしにこだわった作り
勃起や興奮を最後まで維持させる心への責め、そして彼女の適度な意地悪さ。
男性をいじめるのではなく満足させることを目指したM向けのプレイを行います。

B-bishopさんが現在扱ってるのは主にオナサポやハードな寸止めで
癒し系の素材を用いた作品はほとんど製作されてません。
新しい分野への挑戦ということで聴く前は多少の不安もあったのですが
囁きや添い寝を活用しつつ個性も出てる素晴らしい作品に仕上がってます。

「いい夢 見られるといいね おやすみなさい」
少し前に挙げた3つの要素のバランスがとにかく絶妙です。
従来の射精に追い込み寸止めするのを繰り返すハードな焦らしから方向転換し
それによって懸念されるエロの弱さをシチュ、イメージ、言葉責めで補い
さらに彼女の声や言葉の柔らかさ、声のリアルさで添い寝されてる雰囲気を出してます。
添い寝は一人じゃ決してできませんから彼女の存在を身近に感じられるかどうかは極めて重要です。

一言で言えば焦らしプレイなんですけど、色んな要素が複雑に絡み合ってこのプレイを作り上げてます。
高い実力を誇るサークルさんだからこそ作れた作品です。

エッチは余程の早漏でもなければ最後まで耐えられるレベルに調整してます。
刺激が弱いといってもエッチの半分はおちんちんをいじってくれるので物足りない感じはまったくしません。
射精への持って行き方も上手く、満たされた気分で絶頂を迎えられます。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

敢えて優しく責める新しいタイプの焦らし系作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは4本目の満点とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:16:31

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

fulacocoさんで配布されてる無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、爽やかな声と雰囲気を持つお姉さんが
リラクゼーションや快楽を求めるのとは違うタイプの催眠を施します。

テレビなどで見かけるショー催眠をテーマにした誘導が行われており
左右の腕で別の感覚がする、固まってうまく動かせないといった不思議な感覚が短時間で味わえます。
催眠の感覚を手軽に体験
お姉さんにいくつかの暗示を入れてもらうお話。

「あなたは、催眠術と聞いて、何を思い浮かべますかー?」
お姉さんは素朴で穏やかな声の女性。
音声を聴いてる方たちに催眠術に対する印象を尋ねてから
催眠に入りやすくなるための簡単な準備運動を始めます。

本作品は現在ftnr×kuroko.ぷろじぇくとで活躍中のkuroko.さんが書かれた台本を権平なな子さんが音声化されたもので
催眠音声ではあまり扱われることのないショー催眠をテーマに
彼女が20分程度の時間をかけてリラックスさせたりそれにちなんだ暗示を入れます。

ちなみに権平さんは以前ソラナカさんというお名前で活動されてましたが
同人活動復帰に伴い名義を変更されたそうです。
声の強弱、スピード、間の取り方がしっかりした安定感のある演技をされてます。

タイトルが「軽トランス」となってるように催眠深度が比較的浅くても入る暗示を中心に誘導を進めます。
具体的には腕が重くなる、硬直するといった運動支配の暗示です。
被暗示性のテストもしてくれますから自分にはどんな暗示が入りやすいかを知るきっかけになるかもしれません。

催眠はほぼ全編にあたる21分間。
ストレッチや独特な深呼吸で心身をリラックスさせた後
まずはとある食べ物を口に含むイメージを語ったり、左右の手に正反対の感覚が生まれる暗示を入れます。

「まだ口に運んでもいないのに、如何にも○○○○っていう匂い。鼻に刺激的っていうか、ちょっと目にもウルウル来てしまいそう」
「最近見ることが無くなった、この黄色いタウンページ3年分を。よっこいしょーっとっ ふー。」

彼女が食べ物の見た目、色、匂い、食感、味を細かく実況してくれるおかげで
多くの人が口の中に何らかの変化を感じると思います。
その次の暗示も本を乗せる時にとても重そうな表情を見せて感覚を上手に伝えます。

ショー催眠は他人に見せることを目的に行うものですから
暗示の前後に聴き手の興味を引く、あるいはイメージ力を膨らませるセリフを挟んで進めます。
こういう細かな演出が暗示の入りやすさに良い影響を与えてます。

次にするのはカタレプシーの誘発。
それぞれに違ったイメージを織り交ぜながら腕が固くなる、離れなくなる暗示を入れます。

「腕のジンジンしてるのを感じる度に、かたーく、固くなっていく。腕が脈打つのを感じることが出来る。その度に動かせなくなっていく」
詳しく説明すると暗示の成功率が下がってしまうので内容は伏せますが
ここではちょっとしたギミックを織り交ぜて感覚を一気に膨らませます。
私の場合は固まる暗示のほうががっちり入りました。

このように、観客に見せる/魅せることを意識した珍しい催眠が繰り広げられてます。
変わった趣向の作品
短時間ながらも面白味に溢れる作品です。

お姉さんは主人公にショー催眠の感覚をできるだけ味わわせようと
軽い準備を挟んでから運動支配を中心にした暗示を順序良く入れます。
癒す、眠らせる、感度を上げるといった催眠音声ではよくある暗示を敢えて避け
浅めでも成功しやすいものを選んで催眠にかかる面白さを教えます。

「催眠術、かかってみたいですか? …んー、聞こえないなー。ちゃんと声に出して言ってみて? 催眠術、かかってみたいですかー?」
そして何より彼女のリードが上手です。
催眠に対する興味を引き、誰にでもできるイメージを選び
カウントや指パッチンを織り交ぜながらリズミカルに暗示を入れます。
後半にはちょっとした変化もつけてきますし、聴き手を楽しませようとする創意工夫が見られます。

催眠はイメージや暗示を選んでるだけあってどれも入りやすいです。
「自分は今まで催眠にかかったことがない」と思ってる人もあっさりかかって驚くのではないでしょうか。
暗示ごとに終了したらすぐさま解除してくれるところも親切でとても良いです。

催眠の感覚を気軽に、手軽に体験できる作品です。
無料ですから興味のある方は是非一度お試しください。

CV:権平なな子さん
総時間 22:57

fulacoco
http://blog.livedoor.jp/solanaca/archives/8951442.html

夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】

夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「Chapter7: お体をふきふきしましょうね♪」以降の様子を中心に紹介します。
過ぎ去りし時を振り返りながら
後編部分に登場する非エロのサービスは主にふたつ。
Chapter7は耳舐め手コキやフェラで汚れた体をお湯に浸したタオルで拭い(約20分)。
Chapter8は夏の夜の定番とも言える家庭用の花火を涼香と一緒に楽しみます(約14分)。

「(上着を)引っ張りましょうか? はい じゃあ万歳してください」
序盤のフットマッサージは足を重点的にお世話したので
今回は鎖骨、左右の腕、背中、腰、お尻などを丁寧にお掃除し最後のほうに足を拭く流れに変えてます。
「さすさす」と控えめな効果音を鳴らす合間にタオルを交換し、お湯につけて絞るシーンを入れるなど
今までと同じく色んな動作に音を鳴らしながらゆっくりのんびり進めます。

時間が夜、しかもエッチを終えた直後ということで
風鈴と体を拭く音だけが流れるひと時は普段以上に静かで落ち着いてます。
彼女もその余韻を妨げないようどこを拭くかや「ふきふき」と言う以外は会話をほとんどしません。
楽しかった一日が終わりつつあることも空気で感じさせてくれます。

彼女との会話が最も充実してるのはChapter8。
ヘビ花火、棒状の花火、線香花火を二人で交互に、あるいは同時に点火して色や音を楽しみます。

「あ、あれ? つかなかった もう一回」
「今日一日 楽しかった あなたが来てくれて すごく幸せな一日でした」

サービスの実況を中心に描いてた今までとは違い
ここでは彼女の様子や気持ちにも焦点を当てて人間味を持たせてます。
どっちが長く火をつけ続けられるか勝負するところも子供っぽくて可愛いです。

音のほうはヘビ花火が「しゅぼぼぼ」、棒の花火は「しゅぱぱぱぱ」、線香花火は「ぱちぱち」と
現実世界で使用した時とほぼ同じものが鳴ります。
特に線香花火の静かで儚い音はこの場の雰囲気や二人の心情に大変マッチしてると思います。
お世話する側からされる側へ
後編のエッチシーンは25分間。
プレイはキス、涼香への乳舐め、手マン、SEX(対面座位)、耳舐めです。
手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「そんな…浴衣をはだけさせて 胸が出てしまって 胸をちゅーって…んっ」
花火を楽しんだ後、勝負に勝った主人公にご褒美のキスをした涼香は
お返しに彼に熱いキスをされ、そのまま左右のおっぱいを激しく吸われます。

エッチは以前とは打って変わって彼がリードします。
最初の10分間は本番に向けての準備にあたるプレイ。
唇をぴったり重ねるディープキスから始まり、和服をはだけさせての乳首舐め
お互いに向き合う体勢での手マンと彼女の大事な部分を順番に味わいます。

「私と、したい? そう…ですか なんだか嬉しいです」
彼に体を求められたことが余程嬉しかったのでしょう。
縁側でのエッチに軽く戸惑うものの、それ以降はすべてを彼に委ねて素直に感じます。
彼女が責められるスタイルなので熱っぽい吐息や喘ぎ声を漏らすシーンが多く
耳舐め手コキやフェラとは違ったエロさがあります。

後半のSEXも対面座位で繋がってからは多くを語らず
耳舐め、吐息、ピストン音といったエッチな音だけでその様子を表現します。
耳舐めはこれまでかなりの時間やってますし、ここはむしろ入れずにセリフで盛り上げたほうが個性が出たかもしれません。
聴き手視点でおまんこの具合や感覚を伝えてイメージを膨らませるとかですね。
エッチな声や音は2種類重ねるくらいが丁度いいと思います。

このように、女性が乱れる姿で興奮させる艶っぽいエッチが繰り広げられてます。
風情のある作品
夏の日を二人でのんびり過ごす様子をそのまま切り取ったような作品です。

涼香は仕事や生活で疲れが溜まってる主人公を心の芯からスッキリさせようと
十分な時間を取って非エロ、エロいずれも充実したサービスを提供します。
夏らしさを感じるリアルで多彩な効果音と環境音、時間に余裕を持たせてゆったり進める作り。
作品付属のテキストでサークルさんがコンセプトに挙げられたふたつの要素を大事にした癒しのひと時が味わえます。

特に音は実際に出かけて録音されただけあってどれもかなりリアルです。
扇風機が首を振ってる様子まで音で表現してるのには驚きました。
サービスも家庭的なものを多くして堅苦しさを取り除いてます。

ですが、音と同じくらい大事な要素にあたるセリフについては色々と首を捻る部分があります。
多くのサービスで擬声語を多用してることや、エッチで淫語や言葉責めが弱いのがいい例です。

「はーい 蒸らして ふき ふき 蒸らして ふき ふき」
擬声語を使うこと自体を否定する気はありません。
でも本作品は音の品質が良いのでセリフを無理に挟まなくても何をしてるかがおおよそわかります。
そして体を拭く時など音が控えめなサービスでこれをやると、せっかくの音が声でかき消されてしまいます。
耳かきで奥のほうを掃除するシーンも似たような状況に陥ってます。

要は音の魅力を引き出せるように擬声語を使って欲しかったということです。
どのサービスも同じ表現方法だと聴いてて単調に感じるのもあります。
1時間程度の作品ならともかく、4時間近くもある作品でそれをやってしまうのはさすがにまずいかなと。

音に自信があるなら擬声語を無理に挟まずもっと任せて良かったと思います。
あるいは挟むものとそうでないものを用意すればまた違った面白さが生まれたのではないでしょうか。

後者も端的に言えばマンネリ化を防ぐための配慮にあたります。
音がリアルでも耳舐め手コキとフェラで60分近くちゅぱ音中心のプレイを続けるのは…うーん。
そこに上手くセリフを挟めばそれがアクセントになって興奮や勃起を維持しやすくなります。
男性の性的興奮は熱しやすく冷めやすいので時間が長くなるほど工夫する必要が出てきます。

後編の射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

一部で厳しいことも言いましたが雰囲気や音は大変素晴らしい作品です。
約4時間で1000円とコスパもいいですし、内容を理解したうえで聴くなら満足していただけるはずです。

CV:柚木桃香さん
総時間 3:55:31(本編…3:42:01 フリートーク…13:30)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパで+1してあります。

夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】

サークル「+Dream」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品で世話好きな旅館の店員さんが
偶然出会った男性に色んなサービスをして心身をリフレッシュさせます。

セミ、風鈴、扇風機など夏を感じるリアルな音がバックで流れ続けたり
どのパートも時間を長めに取ってゆっくりじっくり行うなど
「夏らしさ」と「落ち着ける時間」を大事にした癒し特化のサービスが味わえます。

総時間が4時間近くあるため前編(Chapter0~6)と後編(7~10)の2回に分けてお送りします。
疲れた人だけが来られる旅館で
夢幻の里の住人「涼香」と一日を過ごすお話。

「あら こんにちは 今日もお暑いですね」
涼香は上品で落ち着いた声のお姉さん。
とある夏の日、夢幻の里をふらりと訪れた主人公に声をかけると
里のことを簡単に教えてから旅館へ案内します。

本作品は現実世界に疲れを感じた人だけが訪れられる世界を舞台に
彼女が昼間から夜にかけて長時間に渡る様々なご奉仕をします。
どちらかと言うと癒しの色が強いのですが、エッチの時間も十分過ぎるほど取られており
そこでは彼の体にできるだけ負担をかけないようじっくり射精に導きます。

全編を通じて言える特徴はふたつ。
夏を感じる要素が多いこととできるだけのんびりお世話することです。

前者は音声開始直後から数種類のセミの声がバックで流れ
旅館に到着した後は風鈴の音が加わり、サービスのほうも水を使ったマッサージやかき氷を食べるなど
夏にまつわる様々なものを主に音で表現し癒しを与えます。
音声、効果音いずれもバイノーラル録音なだけあってクオリティが高く、後になるほど心がスッキリしてきます。

「ぽん ぽん ぽん ぽん ゆっくりお休みください」
マッサージは「もみもみ」、耳かきは「かりかり」などサービス中に擬声語を言うシーンが多いです。
それほど意味のないセリフだからこそ頭を空っぽにしたまま音声を聴けます。
声が生み出す音と効果音を組み合わせて癒す音フェチ成分の強い作品です。

後者はどのサービスも平均20分程度の時間を用意し
マッサージは足、耳かきは耳とお世話する部位も絞り込んでゆっくり手を動かします。
仕事などで慌しい日々を送ってる人ほど時間の流れが緩やかになった感じがするでしょう。
長時間作品の武器である「ゆとり」を多く持たせて落ち着ける雰囲気を作り上げてます。

「お気になさらず お代は必要ありません あなたを癒すことのできる時間が 私にとって一番幸せな時間です」
涼香については和服美人のイメージにぴったりなおっとりしたおおらかな女性です。
彼が夢幻の里に来た時点で疲れてるのはわかってますから、多くを語らず嬉しそうにお世話を続けます。
時折子供っぽさを感じる言葉や仕草を見せるのがいいですね。
旅館だからといって他人行儀に振舞わず、彼と同じ視点でこのひと時を楽しもうとします。
涼を感じる癒しのサービス
二人が出会い旅館に着いた後、最初にするのは縁側での休憩(約20分)。
彼女が入れた麦茶を飲んだりかき氷を食べて心と体の熱を冷まします。

氷をグラスに入れる音、麦茶を注ぐ音、喉を鳴らして美味しそうに飲む音など
行為のほぼすべてを音だけで表現する本作品らしいサービスです。
彼女がこれらの準備をしに行ってから戻ってくるまで3分30秒程度無言の時間があるのもポイント。
何もしない時間を敢えて挟むことでその場にいる気分に浸る余裕を聴き手に与えます。

「あっ 頭にキーンてきました でもこれがいいんですよね かき氷食べてるって感じで」
このパートで特徴的なのはやはりかき氷を食べるシーンでしょう。
ペンギンの形をしたかき氷機に氷を乗せ、「ざりざり」と引っかかりのある音を鳴らして粉状にします。
好きなシロップの味を教えたり、食べてる最中にお馴染みの感覚に襲われるなど
涼香も旅館の店員より友達に近い親しげな顔を見せてくれます。

本格的なサービスが始まるのはその次から。
Chapter2は冷たい水の入った桶に足を浸しながらのフットマッサージ(約25分)
軽い昼寝を挟んだ後、Chapter4は癒し系作品では定番の耳かきをします(約31分)。

フットマッサージは右足→左足の順に足裏を押すところから始まり
親指から小指にかけて一本ずつ丁寧に揉んだり、水をかけながら脹脛を指で挟んでぐりぐりするなど
ケアする範囲をある程度限定して時間いっぱい続けます。

「疲れよ疲れよ飛んでいけー なんて ふふっ」
そしてここでは「ぎゅっ ぎゅっ」「くり くり」「もみ もみ」といったセリフに合わせて水の揺れる音がします。
足の指の時はぴちゃぴちゃと控えめだったのが、足首や脹脛に移るとぱしゃぱしゃした音になるなど
お世話する部位の大きさや水面との距離に応じて水の質感が微妙に変化するところが印象的でした。
まだ到着したばかりなので世間話はあまりせず擬声語と効果音で癒す音重視の内容です。

続く耳かきも素朴で家庭的なサービス。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒でお掃除し、数回息吹きを挟んでから梵天で細かい汚れを落とします。

耳かき棒は「ずすっ」と乾いた平べったい音、梵天は「ぷすぷす」と広く柔らかい音が使われており
前者は穴の浅いほうだと耳の手前から奥へ押し出すように、深いところは短いストロークで優しく引っかくように
後者は軸を持ってゆっくり回したり奥から手前に掻き出すように動きます。

どちらも音の質感は良いのですが、耳かき棒でほぼ同じ場所を何度も擦るのが気になりました。
耳の中は筒状になってますから耳かきする時は上下左右に器具を動かすのが自然です。
下方向を集中的に掃除してる感じだったので、上や横にも位置を変えて進めればもっとリアルになったでしょう。
耳の奥を掃除するシーンの音量が声>効果音になってるのも残念です。

「実は私 照れるとすぐに耳が赤くなって ばれちゃうんです」
最中の涼香はフットマッサージと同じく「こり こり」「かり かり」といった擬声語を多めに言うものの
ところどころで簡単な雑談を交わすシーンがあります。
個人的には耳かきの様子は効果音に任せて、もっと雑談したり吐息を漏らしたほうが自然になったと思います。

この後のエッチもそうなのですが擬声語を使いすぎかなと。
音以外の部分にもう一工夫が欲しい耳かきと私は見ています。
ちゅぱ音たっぷりのエッチ
前編のエッチシーンは2パート53分30秒間。
プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、玉舐めです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「え? お耳を私の舌で綺麗にして欲しい?」
耳かきの途中で寝入った主人公を起こしてはいけないと思い、おしぼりで耳を拭かないでおいた涼香は
目覚めた彼にそれをしようとしたところ耳舐めをリクエストされて快く承諾します。

エッチはどちらも彼女がご奉仕する形で進みます。
最初のChapter5でするのは耳舐めと手コキ(約37分30秒)。
初めの10分間は左耳、次は右耳とまとまった時間ごとに左右を切り替えながら
全体を舐める、耳たぶを吸う、内側を舌で責める、キスするなど色んな舐めを繰り出します。

最初の20分間が耳舐め、残りの時間も耳舐め+手コキのスタイルなので
耳舐めのボリュームが非常に多く、舐め方も後になるほどエロく激しいものへと変化します。
落ち着いた声とは随分違うやや下品な音を積極的に鳴らしてくれるのも実に良いです。
時間が経って夜になったのか、ここからはセミの声がなくなりちゅぱ音だけを集中して聴けます。

ひたすら舐め続けるので言葉責めの類はほとんどしません。
エッチな音を浴びるほど楽しめるとてもシンプルなプレイです。

「熱いですね でもこの熱さが よりそそりますよね」
ただし、パート後半から始まる耳舐め手コキは音以外の要素でも心をくすぐってくれます。
彼のおちんちんを「立派で可愛らしい」と褒め称えたり、手コキ開始直後はわざとペースを遅くして少し焦らしたり
射精が近づくほど熱っぽい吐息を漏らすなど、彼のすべてを受け入れる姿勢で上手にサポートします。
体のとある部分に精液をぶっかけて欲しいとおねだりする姿にもグッときました。

もうひとつのChapter6はフェラがメイン(約16分)。
先ほどの射精で汚れたおちんちんを口で綺麗にしてから
復活したそれと金玉を指と口で丹念に愛撫します。

「私は気にしませんよ あなたのこのおちんちん 汚いなんて思いません」
こんなことを言われながらねっとりしたちゅぱ音を鳴らされたら多くの人が勃起するはずです。
フェラ開始後はどこをどう舐めるかを言うくらいに留め、カリや裏筋など敏感な部位を中心に
最初は舌で舐め、しばらくすると咥え込み全体を刺激する心のこもったプレイが味わえます。
口の中に吐き出された精液も喉を鳴らして飲み込んでくれますし、どうすれば相手が喜ぶかを第一に考えて行動します。

このように、エッチな音をたっぷり鳴らす温かいエッチが繰り広げられてます。

前編の射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
夢幻の里の癒し旅館―涼香―【ハイレゾ48kHz/24bit】(後編)

CV:柚木桃香さん
総時間 3:55:31(本編…3:42:01 フリートーク…13:30)


体験版はこちらにあります

妹催眠

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第24回目はお兄ちゃんのことが大好きな可愛い妹が
エッチな催眠を通じてその気持ちをストレートに伝えます。

催眠状態と半覚醒状態を何度も往復させて少しずつ深める催眠
暗示は必要最低限に抑え、その代わりちゅぱ音や喘ぎ声を多めに盛り込んだエッチなど
彼女のキャラを大事にしたシンプルであまあまなサービスが行われています。
お兄ちゃんと愛し合いたくて
妹に催眠をかけられエッチするお話。

「お兄ちゃん 起きてるー? 入るよー」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
お兄ちゃんの部屋に入り朝倉催眠診療所から電話があったことを告げると
そこの先生に教えてもらったことを彼に試します。

本作品は現在までに3本出てる妹催眠シリーズの第1作目。
血の繋がった実の兄を本気で愛してる彼女が今回の件をきっかけに願いを叶えます。
近親相姦にあたるのですが彼女のキャラがとんでもなく明るいことや
催眠をかけた後はストレートに想いを伝えることから雰囲気は意外と爽やかです。

「ねぇねぇ お兄ちゃんの横 くっついていい? …お兄ちゃん温かい」
小動物的な可愛さを持つ女性とでも言えばいいのでしょうか。
幼さの残る声や仕草の中に彼を思いやる気持ちが滲み出ています。
エッチの内容も変態プレイをよくやられてるサークルさんとは思えないほどノーマル。
年下の女性に大事にされる気分をストレートに味わわせてくれる甘さ満点な作品です。

催眠は20分30秒ほど。
お兄ちゃんの同意を得てから仰向けに寝かせ、まずは深呼吸したり軽く眠って心身を落ち着けます。

「こうやって一緒にいるだけで すごく落ち着く」
「お兄ちゃんの匂い なんだか眠くなってきちゃう」

そして催眠中は妹が彼に添い寝しながら今の気持ちを嬉しそうに語ります。
彼女の安らいだ表情につられて肩の力が抜けていくのを感じるでしょう。
聴き手に直接働きかけるのではなく、彼女の気持ちを通じて遠まわしに暗示を入れます。

ある程度リラックスできた後はいよいよ催眠状態を深めていきます。
最初は短いカウントに合わせて眠り、少ししたら起きるのを繰り返す形で
しばらく経つととあるキーワードに合わせて催眠状態と半覚醒状態を行ったり来たりします。

「ふわふわと心地いい 心地いいからまた眠りたくなっちゃう」
「ほら お兄ちゃんの心から寂しさが消え去り さっきよりももっと幸せな気持ちが溢れてくる」

彼女が「眠くなる」とそれなりに暗示を入れてくるため
疲れてる人が聴くとそのまま寝入ってしまうかもしれません。
他にも「気持ちいい」「幸せ」といった心にプラスに働く言葉をぼんやりした声でタイミングよく投げかけます。

私が聴いた時は脱力の暗示を特に入れられてないのに手足がかなり重くなり
その一方で頭だけが宙に浮いてるような感覚がしました。
やることを絞り込みゆっくりじっくり進めるので落ち着いた気持ちで取り組むことができます。
彼女の年齢や催眠の経験を踏まえてわざとシンプルな技法を選ばれたのだと思います。

妹のお兄ちゃんに対する想いを盛り込んだシンプルで柔らかい催眠です。
彼女のことを好きになってもらうことを目的に、最初は深呼吸や睡眠で純粋なリラックスを
その後は催眠状態と半覚醒状態を何度も往復させる「揺さぶり」で徐々に深化させます。

明らかに好きなんだけど伝えられずにもじもじする愛らしい姿や
彼と添い寝してる時に見せる幸せそうな表情など、彼女の存在を意識させるシーンが多いです。
そして終盤には聴き手を彼女と同じ気分にさせるあまあまなやり取りも登場します。
頭の中が心地よく感じたり胸のあたりに温かい感覚が沸いてくるでしょう。
心の繋がりを感じるラブラブなエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイはキス、首筋舐め、乳首舐め、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「うん いいよ キス…して?」
催眠を使ってお兄ちゃんを心地いい夢の中に案内した妹は
恋人になった彼に熱いキスをおねだりします。

エッチはほぼ対等な立場でゆっくり愛し合います。
前半の13分間はお互いの気持ちを高めることを目指したプレイ。
ソフトなキスから始まりハードなキス、首筋へのキス、乳首舐めと主に口でご奉仕します。

「キスするたびに 体全体がどんどん痺れて じんじんしてくるよ」
そして彼女は実際にちゅぱ音を鳴らしながら合間合間に気持ちよくなる暗示を入れます。
催眠音声ではそもそも聴き手と催眠者が直接エッチする作品自体が少なく
さらにエッチな声や音を鳴らすものとなるとかなりレアです。

二人がどんな風に愛し合ってるかが直感的に伝わってきますし
割と積極的に責めてくれるおかげで純粋なエロさもそれなりの水準を持ってます。
彼女が今までずっと我慢してきた背景も考えればこういうプレイのほうが合ってると思います。

続く後半はさらに踏み込んだプレイへと移ります。
すっかり勃起したおちんちんを手コキやフェラでさらに硬くしてから
彼女が上に跨る形で念願のSEXを果たします。

「おひんひん すごくおいひい」
「すごいっ 中で擦れて 奥も気持ちいいっ おちんちんが当たって 中でぐりぐりするのぉ」

そしてここからは感度を高める暗示の割合が減る代わりに
彼女が何を思いどう感じてるかのセリフが一気に増え、エロ可愛い喘ぎ声も適度に漏らします。
このシーンに限って言えば催眠音声よりも同人音声に近い作りです。
暗示で働きかけずプレイの様子をエッチな声や音を中心に描いてイメージを膨らませます。

ですが手コキ中はオナニーに近いむずむずした感覚が味わえましたし
最後の絶頂シーンでは下半身が多少痙攣して気持ちよかったです。
カウントを数えたり追い込み暗示を入れてこないのでドライ慣れしてる人向けのエッチかなと。
結構エロいのでドライできた人もそのままオナニーしたくなるかもしれません。

このように、彼女の思いや乱れっぷりをある程度盛り込んだハイブリッドなエッチが繰り広げられてます。
年下好きには堪らない作品
ピュアで一途な妹がひたすら愛してくれる純愛作品です。

妹は好きだけどなかなか想いを伝えられずにいるお兄ちゃんを振り向かせようと
診療所の先生に教わった催眠をかけてから自分の気持ちをぶつけるようにご奉仕します。

可愛い声、初々しい仕草、表裏のないセリフなど年下の魅力をいくつも兼ね備えた彼女のキャラ
複雑な技術をあまり使わず入りやすさを重視した催眠、そしてちゅぱ音や喘ぎ声を多めに盛り込んだエッチ。
年頃の女の子が催眠をかけて愛し合うシチュを大事にした思いやりのあるサービスが楽しめます。

「お兄ちゃんのこと 愛してる」
彼女は最初から最後まで自分の気持ちに正直であり続けます。
彼に告白できなかったのも実の兄だからではなく恥ずかしかったのだと思います。
その証拠に彼が十分な深さの催眠状態に入った後は「好き」などの言葉を何度も言います。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素もまったくなく女性に愛される幸福感が強めに味わえます。

エッチは催眠音声では珍しく舐め系のプレイが充実してます。
個人的にはもうちょっと水分高めの下品な音を鳴らして欲しい気もするのですが
妹の年齢を考えてわざと抑えた演技にしたのかもしれません。
明確な絶頂表現は最後にだけ用意し、途中から「イキたかったら好きなだけイってもいいよ」と言われます。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

聴けば聴くほど心がぽかぽかする作品です。
おまけは「クリスマスイヴがうざい妹のおかげで色々と台無しに-お兄ちゃんはフラグブレイカー-」です。

CV:いちるさん
総時間 1:01:12(本編…55:43 おまけ…5:29)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

珈琲店 喫茶綴

サークル「喫茶綴」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、完全予約制の変わった喫茶店を舞台に
女の子の店員が様々なコーヒーやケーキを振舞います。

コーヒー製作の一部始終をリアルな音で表現したり、その合間に彼女が新人らしい仕草や反応を見せるなど
音フェチ(ASMR)要素とキャラの両方を大事にした癒しのサービスが味わえます。
二人きりの喫茶店で
喫茶綴の店員「綴このか(つづり このか)」にコーヒーを淹れてもらうお話。

「いらっしゃいませ 喫茶綴へようこそ」
このかは柔らかくて落ち着いた声のお姉さん。
喫茶綴を訪れた主人公に水を出してから挨拶すると
本当に自分が担当でいいのか再度確認します。

本作品は完全予約制、しかも一度の来店で入れるのは一人というこだわりの喫茶店を舞台に
彼女がおよそ1時間に渡ってコーヒーを作ったり色んな会話をします。

音声作品はこのところ全年齢向けを中心に音フェチ系の作品が増えてますが
その多くは耳かきやマッサージといったお客を直接癒すサービスを行います。
しかし本作品ではそういったものを敢えて避け、コーヒー製作の途中で生まれる音を通じて癒しを与えます。
似たことをする作品は私の知る限り今のところ「道草屋 はこべら-移動珈琲店/よるの動物さん」のみです。

あまり聴かないタイプの音が中心になってますから新鮮な気持ちで音声を楽しめるでしょう。
声は通常録音ですが効果音はバイノーラル録音ということで質感もかなりリアルです。
また3杯作る中で使用する器具を一部変え、音の違いを楽しんでもらう試みもされてます。

「早速ですが ご注文はいかがなさいますか? …そうだった メニューを説明しないと」
もうひとつのポイントはこのかのキャラ。
お店に立ってお客の相手をするのは初めてなこともあり
サービスの最中に軽いミスをしたり慌てふためくシーンがいくつかあります。

知識や技術は十分あるのだけどメンタル面で多少不安な部分を見せる感じです。
落ち着いた声とはやや違う子供っぽい表情も彼女の魅力を引き立ててます。
音と会話が織り成す癒しのひと時
お店のシステムやメニューの説明を終えた後に始まる「珈琲の時間」は1杯目のコーヒー作り(約17分間)。
金属製の容器に水を入れて火をつけ、沸騰するまでの間にコーヒー豆の種類や分量を決め
手動のコーヒーミルで豆を挽き、お湯をポットに数回注いで温度を下げてから
粉状になったコーヒーをフィルターに置き、軽く蒸らした後にお湯を注ぎます。

水やお湯を注ぐ音はもちろん、コーヒー豆を瓶から取り出す時に蓋を回す音
豆を取り出す音やミルで挽く音などすべての動作を音でリアルに表現します。
今回はブレンドコーヒーということで豆を取り出す動作は3回あります。

「ハンドル越しにコーヒー豆の感触が伝わりますから コーヒー豆の状態を把握しやすいですし」
最も特徴的なのはやはり豆を挽く音でしょうね。
ざりざりと粗さのある小気味良い音が比較的ゆっくりペースで流れます。
そして音だけだとわかりにくい部分はこのかがセリフでフォローしてくれます。

「それでは コーヒーをちゅうしゅちゅ… んんっ コーヒーを淹れますので 今しばらくお待ちください」
最中に見せる彼女の仕草や表情もポイント。
初めての接客に緊張してる心を深呼吸で鎮めたり
一番最後のお湯を注ぐシーンはほとんど話さず微かな吐息だけを漏らします。
言いにくい言葉を噛むところも可愛いです。

簡単に言うと彼女の言動や心情を多めに交えながらコーヒーの音を楽しませるサービスです。
喫茶綴は一対一で接客しますから一般的な喫茶店に比べて店員さんの存在感が大きくなります。
音を垂れ流すだけではお店にいる雰囲気があまり出ませんし、その部分を彼女のセリフや反応で補完してます。
耳かきやマッサージとは違うタイプの音が多く、無言の時間も適度にあって静かな印象を受けました。

続く「おかわりはいかが?」は2杯目と3杯目のコーヒー作り(約31分)。
2杯目はチーズケーキに合うもの、3杯目は食後の口直しに向いたものと別のテーマを掲げ
このかが1杯目とほぼ同じ要領で丁寧に淹れます。

「コーヒーミルによる音の違いを 是非体感してください」
「いいコーヒーっていうのは 飲んだ人が幸せを感じてくれるコーヒーなんじゃないかな なんて考えています」

そしてここでも作品の長所である音とキャラの両方を工夫してます。
前者は別のコーヒーミルを使って先ほどよりも密度が低く平べったい感じの音を出し
後者は気持ちがほぐれてきたのかコーヒーの豆知識を語ったり、一部で店員らしからぬ砕けた態度に変化します。
1杯目に比べるとややキャラを重視してるように映りました。

このように、コーヒーの音とそれを作る女性の仕草で癒す変わったサービスが繰り広げられてます。
こだわりを感じる作品
音フェチ系でありながらある程度のキャラ萌え要素も含んでる不思議な作品です。

このかは喫茶綴に初めて来店した主人公が心安らぐひと時を送れるように
美味しいコーヒーとそれに関するトークをプレゼントします。

コーヒー製作に関する音をできるだけ多く取り入れたテーマに沿った作り
その前後最中に見せる彼女の初々しさや子供っぽさを感じる仕草。
喫茶店から連想される落ち着いた雰囲気に店員の存在感を加えて個性を生み出してます。

私は以前コーヒーを使った音フェチ作品を聴いたことがあったので
この作品も似た路線で攻めてくるのだろうと予想してました。
ですが実際は音と同じくらい彼女のキャラを大事にしてます。
一対一の喫茶店だから敢えてこういう作りにしたのでしょう。

「あなたが初めてだから とても緊張してるんです」
ただ個人的には彼女の反応がやりすぎかなぁと。
お店でこんなセリフを面と向かって言われたらお客も困惑するでしょう。
彼女があまりに慌てふためいてたらせっかくの落ち着いた空気が乱れてしまいますし
初々しさを出すシーンをもっと減らすか、不安や緊張に関するセリフをモノローグにしたほうが良いと思います。
思ったことをすべて口に出してるところが引っかかりました。

気になる部分が少しあるものの、コンセプトは個性的ですし表現力にも優れた作品です。
おまけは4つの音声です。

CV:かの仔さん
総時間 1:08:37(本編…58:54 おまけ…9:43)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
68分で500円とコスパがいいので+1してあります。

音声で手コキ 射精はゲームオーバー★快楽我慢ゲーム「早漏遺伝子滅亡計画1」〜優しいお姉さんからの攻撃に耐え、射精を我慢せよ〜

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある重大な使命を帯びて未来からやって来たお姉さんが
ゲーム形式のハードなオナサポでおちんちんの強さを確かめます。

ステージごとに異なる責めを繰り出すスタイル、後になるほどクリアが困難になる展開など
ゲームらしさを大事にしながら独自のルールを盛り込んだユニークなプレイが楽しめます。
初回での全面クリアは極めて困難ですが、繰り返し挑戦すれば難関を乗り越えることも十分可能です。
未来人の女性とオナニーで勝負
管理会社のアルバイト「みはね」の指示に従いオナニーするお話。

「こんばんは 私の名前はみはね この音声を聴いてるってことは お兄さん 私と戦いたいの?」
みはねは明るくてちょっぴり気が強そうな声のお姉さん。
Mな主人公に自分と戦う意思があるかを確認すると
これから行うオナサポの内容とルールを説明します。

本作品は早漏な男性たちの子種を全滅させるために未来からやって来た彼女が
50分近くに渡る変化に富んだオナサポで彼を射精へと追い込みます。
「快楽我慢ゲーム」の名の通りシューティングゲームを意識した構造になっており
一般的なオナサポとは違う変わったルールやシステムでエッチに面白味を与えてます。

オナサポ自体のルールは至ってシンプル。
彼女が繰り出す5つのステージを射精せずに乗り越えたら勝ち、途中で暴発したら負けです。
ですが4秒1コキ~1秒3コキのシコシコボイスでオナニーのペースを細かく指示したり
ステージごとにまったく違う方向で興奮を盛り上げるなど中身はかなり複雑です。

「ゲーム中 私の声の後ろでシコシコシコーって声が聞こえるから そのスピードに合わせて手を動かすの」
特にシコシコボイスはセリフと完全に別で流れるようになってますから
エッチな音や言葉を聴きながらオナニーに励むことができます。
ただ闇雲にシコシコ言い続けるのではなく、ステージによってペースや長さを変えて暴発を誘う凝ったものです。
このシステムを他に採用してるのは今のところB-bishopさんの「地獄級射精禁止オナニーサポート」シリーズのみです。

もうひとつ、本作品のエッチを最も特徴づけてる「ステイフィールド」というルールがあります。
これは射精をどうしても我慢できなくなった時の緊急回避に使用するもので
聴き手が「ステイフィールド」と宣言すれば即座にオナニーをストップできます。

これだけを聞くと無敵に思うでしょうが、使用できるのは全ステージ合わせて3回までですし
彼女がプレイ中に「ヘンタイ」と言えば解除されるため決して万能ではありません。
こちらがフィールドを使うことを見越した責めをするシーンもあります。
シューティングゲームにおけるボムをイメージすればわかりやすいと思います。

このステイフィールドを如何に上手く使うかが本作品をクリアするカギとなります。
中盤以降はシコシコボイスの平均ペース、長さいずれもかなりハードで休憩なしだと暴発必至です。
全編を通じてフィールドを使わずに休める時間が極端に短いのもあります。

途中で射精した場合はそのステージの最初から仕切り直せるルールがありますので
一回ですべてを乗り越えようとせず、やられながら道筋を見つけていくのがいいでしょう。
彼女がどのタイミングで「ヘンタイ」を言うか知ってればフィールドを使うタイミングを間違えずに済みます。
この「死んで覚える」流れも本作品が持つゲームらしさのひとつです。
後になるほど激しさを増すエッチ
エッチシーンは6パート49分30秒間。
プレイはオナニー、耳舐めオナニー、擬似フェラオナニー、日常会話オナニー、ループ攻撃オナニーです。
クリア後のプレイで3分ほど効果音が鳴ります。

「じゃあ 1面に進む前に練習するね」
ここに来た理由やオナサポのルールを一通り説明したみはねは
本番に入る前に少し時間を割いてオナニーの練習をします。

エッチは彼女のセリフやシコシコボイスに従いおちんちんをしごき続けます。
一番最初の「練習」は勃起も兼ねたウォーミングアップ(約5分)。
最低速度のシコシコボイスをバックで流しながらその通りにしごかせたり
途中でステイフィールドを発動させてゲームの流れを体で覚えてもらいます。

「そう 同時に手の動きを止めて休憩できるの」
本作品のエッチは独自の要素がいくつもあるのでこういうパートは非常にありがたいですね。
ゲームのチュートリアルに近い内容なのもテーマに合ってます。
ペースが遅く刺激も弱いですからここで射精する人はさすがにいないでしょう。

次から始まるゲームの序盤はエッチな音で興奮を盛り上げるプレイ(約10分30秒)。
ステージ1は耳舐め、ステージ2はフェラと別のちゅぱ音を鳴らしながらじっくりしごかせます。

「お口でじゅぽじゅぽいやらしい音を出しながら 張り裂けそうなチンポをしゃぶってるの ヘンタイさん」
まだ始まったばかりということで彼女もあまり強くは責めてきません。
エッチな音をできるだけ鳴らしつつこちらの様子を窺ったりイメージを膨らませるセリフを投げかけます。
シコシコボイスの平均ペースも緩めでまだ練習の延長に近いプレイです。
できることならフィールドを1個も使わずに乗り越えたいですね。

状況が大きく変わるのはステージ3(約11分30秒)。
心も体も十分に温まったところでみはねと恋人同士になったイメージをし
他愛もない会話を聴きながらシコシコボイスに耐え続けます。

「ねぇ イキそう? 出る? 出していいよ」
「えっと 気持ちいいですって10回言ってみて?」

ステージ1や2とここの大きな違いは心への責めにかなり力を入れてることです。
パートの中盤あたりからペースを小まめに上げ下げしておちんちんに異なる刺激を与えつつ
射精を許可するセリフを投げかけたり、射精に関連のあるセリフを何度も復唱させて心のほうも揺さぶります。

罵声や命令で無理やり射精させるのではなく、自分から射精したい心境へと追い込むタイプの言葉責めです。
口調や表現が柔らかいおかげで拒絶しにくく、このステージでフィールドを使う人が続出すると思います。
間違いなく最初の山場です。

最も過酷なプレイが登場するのはステージ4(約16分)。
ゲームの終わりが近づき焦り始めたみはねがシンプルかつ効果的な責めで敗北へと追い込みます。

「入り口はぷにぷにしてるおまんこ 開くとサーモンピンクなの 濡れてて少し光ってるの」
バックで速いシコシコとゆっくりなシコシコを交互に言いながら
彼女とSEXする様子を彼の視点で実況したり、とあるエッチな実験に協力させるなど
ステージ3と同じく心身両面を刺激する変化に富んだプレイが味わえます。

そして何よりシコシコボイスがとんでもなく多くて速いです。
1秒3コキくらいのペースが合計で3分30秒近くあり、他のシーンも平均ペースが速めです。
これまで30分以上しごき続けてきた状況も相まってクリアは非常に困難と言えます。
フィールドを3つ残してたとしても初回でこれを切り抜けるのはさすがに無理じゃないでしょうか。
私もここの終盤でギブアップしました。

そうやって様々な試練を乗り越えた後、ようやく最終ステージが現れます。
何をするのか、クリア後に何が待ち構えてるかは聴いてのお楽しみとさせてください。
ステージ5は時間が短いので4をクリアできれば最後までいけると思います。

このように、シコシコボイスと心への責めを組み合わせた歯応えのあるエッチが繰り広げられてます。
流れのある作品
聴き手をゲームのプレイヤーに見立ててオナサポする面白い作品です。

みはねは主人公のおちんちんを見極めるため、そして自分自身のために
特殊なルールを設けたハードなオナサポを仕掛けます。
セリフとシコシコボイスを分離させた作り、ステージごとに異なる方向から責める流れ、そしてステイフィールド。
従来のオナサポ作品の良い部分と独自の部分を融合させた新しいプレイで心と体を揺さぶります。

オナサポは高い人気を誇る一方で内容が結構煮詰まっており
新しいタイプの作品がこのところあまり出てこない状況が続いてます。
この作品も聴き始めた段階では地獄級射精禁止オナニーサポートの亜流と認識してました。

しかしステージ3以降はステイフィールドを発動させることを意識した責めをしています。
ひたすら激しくするのではなくて一時的に最高スピードへと持っていき
聴き手がフィールドを使用したところで「ヘンタイ」を宣言し、また弱いシコシコに戻るといった感じです。
駆け引きの要素が込められてるのでフィールドを使うタイミングによって難度が大きく変わります。

ステージ4についてもシコシコボイスの落差を大きく取ってフィールドを使うベストなタイミングをわかりにくくし
そのうえで理不尽に感じない程度の回数「ヘンタイ」を言います。
「ヘンタイ」を言う回数は特に上限が設けられてないのでルール上は彼女が圧倒的に有利です。
でもそれを無闇に振りかざしたら聴き手が萎えてしまいます。
こういった匙加減も本作品のエッチをゲームに仕立て上げてる重要なポイントです。

前項でも書きましたがステージ2までは楽勝です。
ステージ3と4の猛攻をいかに上手く耐え抜くかが全面クリアのカギになります。

唯一残念だったのがクリアした後に明確な射精シーンが用意されてないことです。
オナサポは結局のところ気持ちよく射精するためにやるわけですから
カウントなどできちんとタイミングを取って射精させてくれるのが望ましいです。
聴いた感じだとクリア後はいつでも射精OKっぽいですが今の終わり方では締まらないかなぁと。

射精シーンは1回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

聴き手にある程度の自由を与えた珍しいオナサポ作品です。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:03:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-

サークル「夢色パラダイス」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな女神が
自分の犯した罪を償おうと男性に気持ちいいご褒美をあげます。

乳首オナニーに特化したエッチが最大の魅力で
服の上から乳輪を撫でる、乳首をこねるなど様々な指示を出して丁寧にリードします。
女体化要素は薄めですから乳首系のオナサポボイスと捉えたほうがずっと楽しめます。
女神でも間違いはあるの
女神に女体化催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「聞こえますか? …聞こえますか?」
女神はおおらかで優しい声のお姉さん。
主人公の心に直接語りかけて自己紹介すると、彼を本来の姿に変えるための催眠をかけます。

本作品は男性では味わえないタイプの快感を疑似体験させることを目的に
心と体を女性になりきらせてから特殊なオナニーに取り組みます。
彼は元々女性に生まれる定めにありましたが、彼女の手違いにより男性の人生を歩むことになりました。
罪滅ぼしのためにするサービスなのでM性を感じる部分は一切なく終始優しくリードします。

「まずは 右の乳首の乳輪 その外側を優しく 指の先で触ってみてください」
そして彼女はエッチでいじる対象を乳首に絞り込み
撫でる、擦る、引っかく、摘む、弾くといった様々な刺激を与えて気持ちよくします。

乳首特化の催眠音声と言えば「ちちのひ」シリーズが有名ですが、それ以外はほとんどありません。
時間も30分近くと長めに取られており、聴き手が飽きないよう変化に富んだプレイ構成にしています。

ただし、本作品の乳首オナニーは同人音声のオナサポとほぼ同じ作りをしています。
暗示を入れて感度を上げるとか、女性になった気分を膨らませるといったアプローチは特にしません。
どこをどういじるかやそのペースを指示することだけ頑張ります。

催眠に入ってるかどうかで感度や快感に違いの出にくいプレイをしてるので
ドライオーガズムを初めとする催眠特有の快感が味わえる可能性は低いです。
女体化催眠音声ではなく催眠つきのオナサポ作品と思ってください。
信頼関係とリラックスを大事にした催眠
一番最初の「女神との出会い」はドラマパート(約11分)。
二人が出会い、女神と主人公の事情を説明してからサービスの内容を教えます。

「自分の体を慰めることは 恥ずかしいことではありません」
「しっかりとした手順を踏めば 女性と同じような快感を得ることができるのです 味わってみたいですよね?」

彼女は彼を男性にしてしまったことを申し訳なく思ってるようです。
だから彼がオナニー大好きでも嫌な顔ひとつせず、むしろそれが当然と言って受け入れ
初めての乳首オナニーに不安がると「自分の言う通りにすればできますよ」と励まします。

催眠の技術と呼べるものは特にありませんが、催眠者との信頼関係を構築するのに役立ってるシーンと言えます。
女神のイメージにぴったりなおおらかな声と態度に癒しを感じました。

その後に始まる催眠は2パート30分間。
「準備運動」は催眠に入りやすくなるための準備としてストレッチや腹式呼吸をします。
ちなみにこのパートは椅子やベッドに座った状態で行います。

「まずは右から 息を吸ってー はい 息を吐きながら数を数えます」
両腕を上に上げたまま体を左右に曲げたり、足の裏を合わせてから上半身を倒すなど
ストレッチのやり方や体を動かすタイミングを女神が丁寧に教えます。
力を抜いた瞬間に暗示を入れるとかはせず純粋なリラックスを心がけてます。
被暗示性の高低に関係ない運動ですから筋肉のほぐれや体の温かさを誰でも感じるでしょう。

本格的な催眠に取り掛かるのは次の「女体化催眠」パートから(約18分)。
仰向けに横になって目を瞑り、全身が水面に浮かんでるイメージをしながら再度深呼吸します。
さらに水の中に体を沈めたりそこにある階段を上って目の前に見える光へ進みます。

「呼吸を重ねるごとに あなたの体は どんどん軽くなっていきます」
そして彼女はその様子を語りながら体が軽くなる暗示を何度も入れます。
本作品の女体化は女性像をイメージするとか部分ごとに変えていくといったアプローチではなく
男性の時よりも体が軽くなったことを実感させて変化した気分を膨らませようとします。

かなり遠まわしな女体化なので女体化催眠を数多く聴いてる玄人でも厳しいと見ています。
私の場合も体が軽くなった感じはしたのですが、心と体が女性になった感覚はありませんでした。

「私が10数えると あなたの体から 完全に力が抜け落ちます そして数え終わった瞬間に あなたは女の子になっているのです」
一番最後にある女体化の総仕上げもカウントを数えた後に女性になったことを告げるだけです。
技術やイメージを使って女性気分に浸らせてこその女体化催眠ではないでしょうか。
催眠誘導自体は割としっかりしてるのですが、本題にあたる女体化がこの内容ではさすがに弱すぎます。

十分にリラックスさせてからほんの少し女体化させる癒しに寄った催眠です。
聴き手の心と体を女性にすることを目的に、信頼関係の構築から始まってリラックス運動へと繋ぎ
最後のパートで自然物のイメージやカウントを交えた深化と女体化を行います。

時間に対する暗示の量が少ない関係でそこまで深く入れるとは思いませんが
体の軽さや心地いい感覚はそれなりに実感できます。
ですが最終目的にあたる女体化をクリアできてるかと言われれば私は首を捻ります。

女体化誘導が淡白なのに加えて心を女性化するアプローチをまったく取ってないのが痛いです。
彼女は催眠中に「エッチで気持ちよくなるには心も女性にする必要がある」と明言しています。
しかし実際は体の軽さや柔らかさの変化を多少意識させるだけで終わります。

彼が元々女性に生まれるはずだった背景を考えると
深化後に退行の暗示を入れ、一度赤ちゃんに戻してから改めて女性の人生を歩ませるようにすれば
キャラを活かしつつ心と体の両方を女性に変えられたと思います。
女体化への道筋ができてるのにそれを形にできなかったのはもったいないなと。
ソフトなものからハードなものまで
エッチシーンは26分30秒間。
プレイは乳首オナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「私と一緒に 女の子の気持ちよさを 体験しましょうね」
催眠を使って主人公を女の子に変えた女神は
服の上から乳輪を優しく撫でさせて男性の体との違いを楽しませます。

エッチは終始彼女の指示に従って乳首をいじり続けます。
前半の13分間はソフトな乳首オナニー。
乳輪だけをなぞるところから始まり側面から乳首に近づける、少しペースを上げる
上から撫でる、指で押し込むなど少しずつ刺激が強くなるように進めます。
ちなみに本作品のエッチはすべてシャツなどの薄い上着を着たまま行います。

「いきなりでは刺激が強いですから ゆっくり優しく触ってくださいね」
乳首未開発の人でも楽しめるようにどこをどういじるかはもちろん
いじり方のコツまで教えてくれるとても親切なリードです。
彼女が隅から隅までやってくれるので頭を空っぽにしたまま快感に集中できます。

「普段その場所に指を触れたとしても 何も感じないと思います ですが今は違う それが女の子の刺激なのです」
また彼女はプレイの合間に乳首が普段よりも敏感になってることを意識させます。
開発済みの人なら男性でも乳首で気持ちよくなれることを十分に理解されてるでしょうから
リードも含めてそうでない人を対象にしたプレイなのだと思います。

実際にやってみた感じでは普段との違いは特にありませんでした。
催眠音声のエッチは技術を使って気持ちよくするのが醍醐味ですし、もっと積極的に暗示を入れて欲しかったです。

対する後半は刺激の強いプレイが中心。
爪を立てて乳首を引っかく、弾く、摘む、これら全部といった責めを駆使してドライに追い込みます。

「全身に電気が流れたみたいな 頭から足先まで ピリピリくるような感じでしょうか」
プレイがハードになっても彼女の優しさはいささかも変わりません。
指の使い方やいじるタイミングをきめ細かく指示し、声を出したくなったら好きにしていいと言います。
前半が弱めだったからこそ、最中は軽い電流が走るような快感が味わえました。
未開発の人にもこれが当てはまるかはわかりませんが、少なくともくすぐったいだけではないはずです。

このように、後になるほど刺激を強くしていくオナサポ色の強いプレイが繰り広げられてます。
乳首未開発者向けの作品
女性の快感ではなく乳首の快感を追求してる作品です。

女神は本来女性に生まれるはずだった主人公にその快感を味わわせようと
ストレッチを織り交ぜた癒し系の催眠と乳首特化のエッチをプレゼントします。
ひとつのプレイを色んな方向から楽しませる作り、彼女の慈愛に満ちたキャラと柔らかいリード。
女神らしさを出しつつ新しい快感に目覚めさせる方向でプレイを進めます。

「また 女の子になって 気持ちよくなりたい時は いつでも私を呼んでください」
KUKURIさんや風呂井戸ソフトさんの影響が強いからでしょうけど
女体化作品はどうしてもM寄りになる傾向が見られます。
しかし本作品は完全ノーマルと言っていいほどすべての要素があまあまです。
オナサポスタイルでも意地悪なことはまったくしませんし本当に誰でも聴けます。

ですがテーマの女体化催眠については残念ながら上手くいってないと見ています。
女性に関するイメージを使ったアプローチをほとんどしないこと
心の女性化を匂わせるシーンがまったくないことなどが挙げられます。
エッチも女性ならではと言える要素が特に見当たりません。

「その気持ちよさの先に 何かがあることに気づくと思います それがドライオーガズムです 女の子だけの気持ちよさなのです」
個人的に最も気になったのがサークルさんの乳首オナニーやドライに対する認識です。
前項でも軽く触れましたが女神はエッチで「乳首は男性だと気持ちよくない」と言ったり
終盤に上のようなセリフを投げかけます。

勘違いされると困るのではっきり言いますと、ドライオーガズムは女性だけの気持ちよさではありません。
まとめWikiにも書いてあるように射精しないで絶頂することを意味します。
女体化させずにドライへ持っていく催眠音声も数多くあります。
有料作品で間違ったことをおっしゃってるのはさすがにまずいです。

ネガティブな表現を使うのではなく「男性の時よりもずっと気持ちいい」みたいに
ポジティブな暗示を入れる流れで進めていれば違和感がなくなったのではないでしょうか。
催眠パートも含めて今のままでは女体化がむしろ足枷になってるように思えます。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回用…1:18:02 2回目以降用…59:18(前置きなどが簡略化されてます)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ