同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2015年06月



お隣の人妻お姉さんが優しく教えてくれるエッチなエッチな性教育~最高に気持ち良い筆おろしとこっそり旦那に内緒のおまけ編~

サークル「ristorante」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、年下の男の子をいただくのが大好きな人妻が
隣に住む少年を優しく優しくリードしながらエッチの手ほどきをします。

おねショタの醍醐味とも言える女性に甘やかされる幸福感と
エロボイスとしての実用性のバランスがよく取れており
彼女はこちらが最高の射精を迎えられるように気遣うセリフをかける一方で
プレイをする際は野獣のような激しい責めを行います。
甘やかしながらたっぷり搾精
人妻のお姉さんに筆おろししてもらうお話。

「あらあら 大丈夫よ そんなに恥ずかしがらないでこっちにおいで」
お姉さんは明るくて優しい声の女性。
お隣に住む主人公の少年を近くに呼び寄せて頭を撫でると
おちんちんが勃起しているのを確認し、その処理を手伝ってあげます。

本作品はサークルさんが過去に出された
お隣の人妻お姉さんが優しく教えてくれるエッチなエッチな性教育」の続編的な内容で
女性をまったく知らない彼に彼女が少しずつエッチの素晴らしさを教えていきます。

「お姉さんのおっぱいを見て おちんちんおっきくしてくれたのよね? ありがと お姉さん嬉しいわ」
筆おろしがテーマなので当然女性側がリードするわけですが
本作品は他のおねショタ系作品よりもさらに雰囲気が甘く
彼女はこちらが傷つかないよう優しい言葉をかけたり、すべてを受け入れ甘やかしながらプレイを進めます。
彼女自身の声ともマッチしており、本当に幸せな気分に浸りながら聴くことができます。

しかし、彼女はあくまで年下とのエッチを楽しむために彼に近づいたわけですから
プレイそのものまでまったりしているわけではありません。
どのシーンも序盤からかなり速いペースでおちんちんに刺激を与えます。

「むしゃぶりつく」と表現するのが妥当なくらいパワフルな責めばかりですから
純粋な抜きを目的として聴く場合にも十分に役立ってくれます。
むしろ彼女のキャラが優しいからこそ、その大きなギャップにグッとくるのではないでしょうか。
あまあまな雰囲気でありながらがっつり抜けるところが本作品の大きな魅力です。
甘やかしながら射精させてくれる濃厚なエッチ
エッチシーンは4パート29分30秒ほど(おまけパートも合わせると7パート39分間)
プレイは本編がフェラ、皮むき、授乳手コキ、手マン、SEX(騎乗位)、耳舐め、お風呂でのパイズリ
おまけがSEX(騎乗位?)、オナホコキ、オナニーです。
手コキ、手マン、SEX、パイズリ、オナホコキ、オナニーの際にリアルな効果音が鳴ります。

「それじゃあお姉さんが 大人しか知らないこと 教えてあげちゃうわね」
少年の了承を得てから怖がらないようゆっくりズボンとパンツを下ろすと
お姉さんは彼の包茎おちんちんを咥えこみ、舌を使って皮を剥き始めます。

エッチは本編が物語のメインとなる筆おろしの様子
おまけはその後日談として3つのシチュで短時間のエッチをします。
当サイトは基本的にどの作品もおまけは聴いてのお楽しみとしてますので
今回は本編部分に的を絞って紹介していきます。

プレイは筆おろしらしく段階的にハードになっていくシステム。
メインのプレイをフェラ、授乳手コキ、SEX、パイズリとパートごとに一つずつ定め
それらを行いながら彼女が優しい言葉をかけたり、ちゅぱ音や喘ぎ声を意識的に多く鳴らしてくれます。
前置きやインターバルがほとんど無いエロ重視の構成です。

一番最初のパートは彼のおちんちんを大人にする皮むきを絡めたフェラ。
咥えた直後に激しい舐め音を鳴らして1回射精へと追い込み
落ち着いたところで皮を剥いてからそのまま責めてもう一度口の中に射精させます。

「ううん 謝らなくていいのよ 男の子は こうやっておちんちんが気持ちよくなると とっても気持ちよくなって 真っ白なお汁が出ちゃうの」
「君の気持ちいいの ぜーんぶ受け止めてあげるから 君が 一番気持ちよくなってるときに出してね」

責めが激しいことや連続射精をさせる展開からハードなプレイに思えるでしょうが
最中に投げかけられる彼女の言葉はこちらを気遣うものばかり。
初めての快感に1分くらいで射精してしまった彼に嫌な顔をするどころか逆に励ましたり
2回戦についても好きなタイミングで好きなだけ射精していいと言います。

この徹底した甘やかしっぷりが聴いてて実に心地よく、心にゆとりを持ちながらオナニーに勤しむことができます。
皮むきやお掃除フェラといったプレイにも筆おろしらしさが出ています。

お姉さんの甘やかしっぷりが最も発揮されているのが次に登場する授乳手コキパート。
名前の通り少年に膝枕をしながら自分のおっぱいを揉んだり吸わせ
彼女は彼のおちんちんをパワフルな音を鳴らしながら責め上げます。

「どう? おっきくて柔らかいでしょ? 君の好きに触っていいけど 女の子のことは 優しく扱わないとダメよ」
「お姉さんも君におっぱい舐められるの とっても気持ちよかったよ」

おっぱいを好きにさせる一方で他の女の子にはもっと優しくするよう諭したり
事後に気持ちよくしてくれたことへのお礼を言う彼女の姿がとてもとても甘く
そのすべてを受け入れてくれる姿勢に心が満たされます。

プレイをしながら彼が立派な男になれるようにと簡単な教育を施しているのがいいですね。
そしておっぱいをいじられたり乳首を舐められた際には素直に喘ぎ声を漏らしてくれます。
授乳手コキ自体が女性に甘やかされるプレイの代表みたいなものですし
この手のシチュが好きな人は特に満足できるのではないでしょうか。

そして3番目のパートでいよいよ筆おろしが始まります。
ここではプレイを2回に分けて最初は性教育らしさを、2回戦は人妻との背徳的なエッチを演出しています。

「よく見ててね 君のおちんちんが 初めて女の子の大事なところに入っていくの」
事前におまんこの位置や感触を直接手で確かめさせてから
結合部を見せつけるようにゆっくりと挿入するシーンが特に印象的でした。
挿入する瞬間にも「にゅるん」という専用の効果音が鳴りますし
前後の彼女の息遣いの差もはっきりしていて挿入した感じがよく出ています。

「ああっ おっきいおちんちん ゆっくりなのに ほんとに気持ちいい」
対する2回戦はゴムを切らしてしまったため人妻のおまんこに生で挿入するシチュ
直接味わうおちんちんの感触に先ほど以上の艶かしい声を漏らす彼女の姿
そしてフィニッシュと様々な部分が1回戦よりパワーアップしています。
ここまであまり意味を感じなかった「人妻」という要素を使って心を盛り上げてくるところが光っています。

このように、あまあまなんだけどエロさもしっかりと持ち合わせているエッチが楽しめます。
いい気分で抜ける作品
おねショタ、筆おろし、抜きのいずれにおいても高いレベルを持っている作品です。

お姉さんは女性をまったく知らない少年が近い将来エッチに困らないようにと
リードをしながら適度に自分の体も触らせ、責め方のコツをこっそりレクチャーします。
単なるおねショタ作品には留まらない聴き手を思いやるセリフが随所に登場し
それが彼女との一体感や安らぎを感じさせてくれます。
この2つの要素がうまい具合に融合して作品全体にとても温かな空気を生み出しています。

そしてエッチでは雰囲気とはまるで違う、貪るような声や音を鳴らしています。
一見不釣合いなこの取り合わせも彼女の「年下好きな人妻」という属性のおかげで
むしろ彼女らしさを出すスパイスとして有効に機能しています。
純粋な抜きのパワーを底上げするのにも役立っていたりと色々考えながら作られています。

私は前作に9点をつけていることからもわかるようにこのシリーズがかなり好きで
今作もどういったシチュやプレイで興奮させてくれるのかを楽しみにしながら聴いていました。
本編のボリュームが減っていることだけが残念ではありますが
テーマ・お姉さんのキャラ・プレイといった特徴はきちんと継承されており
前作が気に入っている人はおそらく同じ気持ちで楽しめると思います。

エッチはプレイを彩る効果音の扱いにもかなり気を配られています。
手コキ・パイズリ・オナホコキの音がきちんと別のものになってますし
射精が近づいたところでペースを上げ、射精後は緩やかな刺激を与えています。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

ソフトになりがちなおねショタをできるだけエロく描いた作品です。
女性に甘えたい人、抜きボイスを求めている人に特にお薦めします。

CV:西浦のどかさん
総時間 本編…39:25 おまけ…14:21

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
価格に対し本編の時間が短いため-1してあります。

東方入眠抄7 〜小傘ちゃんと雨の音に包まれて〜

サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、東方シリーズの愛されキャラ「多々良小傘」が
今の季節にぴったりな催眠で安眠へと導きます。

彼女のトレードマーク「傘」にちなんだ雨音を使った催眠が最大の特徴で
その柔らかく落ち着いた水音が自然なリラックスを与えてくれます。
それ以外にも一部でヘミシンクを鳴らすなど
「音」に着目した様々な癒しのギミックが散りばめられています。
愉快な妖怪からの優しい贈り物
多々良小傘の催眠を聴きながら眠りにつくお話。

「うらめしやー うっ うーらーめーしーやー」
小傘は素朴で明るい声の女の子。
眠れなくて散歩をしていた主人公を驚かしにやってくると
彼の事情を聞いてそのお手伝いをしてあげることにします。

東方シリーズを知らない人のために説明しますと
彼女は捨てられた傘から変化した妖怪で
普段は人々を驚かしてそのエネルギーを糧に生きています。
今回は癒しによる彼のリラックス気分をいただくために催眠をかけます。

特徴はオッドアイ(左右の色が違う目)と大きな傘。
特に後者は梅雨時につきものの雨と非常にマッチしていることもあり
催眠の中盤あたりから雨を降らして癒しを与えるシーンが登場します。
いわゆる音モノの色が強い作品と思ってください。
眠れないあなたに癒しの雨を
催眠はほぼ全編にあたる41分間。
まずは体をパーツごとに力を入れてから脱力したり、深呼吸して軽くリラックスします。

「どう? ちょっと疲れるかもしれないけど 気持ちいいでしょ?」
両手両足、お腹、首と顔などに一気に力を入れ、彼女の合図で力を抜くと
体の緊張が一気にほぐれて心地よさを感じるでしょう。
深呼吸も軽く我慢をさせてから息を吸わせる変則的なもので
落差が大きい分、事後のリラックス感がより鮮明に実感できます。
他の催眠音声でも見かける割とメジャーな手法です。

「青い髪の少女 右目は青く 左目は赤い もう君は その特徴的な瞳から 目をそらせない」
「落ちる 落ちる 眠りに落ちていく すーっと体が落ちていく」

お次は彼女の特徴的な目を見つめながら
カウントに合わせて軽い催眠状態へと入ります。
カウントが後になるに連れてペースが遅く、声が柔らかくなるのがいいですね。
その後にピアノBGMを流してリラックスを促すシーンなんかも用意されています。

催眠が始まってからおよそ15分後
いよいよ本作品の目玉である雨の音がバックで流れ始めます。

雨音は強すぎず弱すぎずといった丁度良い具合の雨量で
例えるなら小さめの川の水が流れる音に近いです。
おそらくアスファルトではなく土に降る雨を録音されたのでしょう。
雨が地面に落ちたときの音がリアルで聴くものに比べて柔らかく感じます。

「私の熱 感じるかな? 冷えた体に 温もりが気持ちいいでしょ?」
もちろん最中の小傘は黙っているわけではありません。
雨に濡れて体が冷えないように自分の傘で守ってあげます。
直接的に暗示を入れるのではなく
雰囲気でなんとなくそう感じさせる自然なアプローチがされています。

「雨の音 変わってきたの わかる?」
雨が降り始めてしばらくすると
「シュワーッ」という雨の道路を車が通り過ぎたときに鳴るような細い雨音へと変わります。
おそらくこれが作品説明文に書いてあるヘミシンクだと思われます。

ヘミシンクは左右から異なる周波数の音を聴かせることで特殊な脳波を発生させ
意識を特別な状態に誘導する技法。
長く聴いているほど、その差にあたる周波数へと脳波を徐々に変えてくれるそうです。
簡単に言えば聴いてるだけで癒しが得られる音です。
エロトランスさんの「まどろみ世界」あたりが有名ですね。

本作ではおよそ6分と短めの時間になっていますが
その何ともいえない不思議な音の数々が
現実世界から一時的に遠ざかったような気分にさせてくれます。
音を中心とした作品は雑音が聞こえなくなるので没入感が得やすいです。

「すーっと落ちていく感覚 眠りに落ちていく」
そして最後は先ほどよりも弱くなった雨音と彼女のカウントを聞きながら眠りにつきます。
柔らかい声と柔らかい音で形成された空間は安らぎに満ちており
ここまで聞いてきた諸々の音や音楽の効果も手伝って
まどろむような心地よい感覚を抱きながら眠れるでしょう。

このように、彼女のキャラを活かした独特な催眠が繰り広げられています。
音で癒してくれる作品
暗示に代表される「声」よりも効果音やBGMといった「音」を中心に据え
それらを上手に使って少しずつ眠気を膨らませている作品です。

小傘は初対面の主人公に人懐っこい態度で接しながら
彼が安眠できる準備としてまずはしっかりとリラックスさせ
それから最大の特徴である雨音をたっぷり聞かせます。

雨・風・波などの環境音は人間の本能に根付いた癒しの音ですから
催眠音声の経験に関係なく、多くの人が安らぐに違いありません。
ヘミシンクも雨音と混ぜて鳴らしているから違和感がないですし
作品の世界にどっぷりと浸かりながら音を楽しむことができます。

過去作「東方入眠抄4 ~解等苦~」と同様に
キャラや世界観を大事にしながら催眠を組み立てています。

しかし効果音や音を重視した結果、催眠の要とも言える暗示がやや少なくなっています。
ですから癒しや眠気は大いに感じるのですが
強い脱力感、全身がピリピリ痺れる感覚といった催眠特有の感覚は得にくいと思います。
本作の催眠の目的が安眠にあるので当たり前といえばその通りなんですけど
それらの要素を楽しみたくて催眠音声を聴いている人はご注意ください。
催眠そのものを否定するのではなくて、そういう作品ですよということです。

従来の催眠音声とは一線を画している独特な作品です。
小傘や東方ファンだけでなく癒されたい、変わった催眠音声が聴きたい人にもお薦めします。

おまけは作中で流れたアレンジBGM2種です

CV:不明
総時間 本編…44:13 おまけ…7:26


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はありません

追記
ふしぎラボ -Mystiska Lab-さんの
ルミナスタジオによる シャボン玉に包まれるリラクゼーション」に近い作風です。

オナホコレクター 貴方で試させて下さい

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、オナホ収集という変わった趣味を持つ女の子が
3種類のオナホを実際に使って何度も射精させてくれます。

プレイの全てをオナホコキ一本に絞り込み
さらにはオナホごとに心身の責め方を変化させるなど
音声作品ではレアなプレイをたっぷり楽しめるところが一番の魅力です。



貴方を使ってオナホをテスト
女の子に3種類のオナホで責められるお話。

「ようこそいらっしゃいました 私のコレクションルームへ」
女の子は明るく穏やかな声の女の子。
自分で集めたオナホが陳列されている特別室へ主人公を案内すると
おちんちんをオナホでしごかせてほしいとお願いします。

今回使用するオナホは「ゆるふわ系」「きつきゅ~系」「特製」の3種類。
ゆるふわ系はまったり優しく、きつきゅ~系は狭く激しく
そして特製は本物のSEXをしているかのような極上の快楽が味わえます。
実際の見た目や質感についての画像が添付されていますから
音声を聴く前に目を通しておくとよりイメージしやすくなるでしょう。

パートごとの違いはもちろんオナホだけではありません。
女の子はオナホのタイプに合わせた別々の責め方をしてくれます。
物理・精神いずれもスタイルをガラリと変えてきますので
同じオナホコキでもそれぞれを違った感覚で楽しむことができます。

「柔らかくてもっちりとした弾力が自慢の逸品です 内部の緩やかなひだがペニスを撫で回して とろけるような快楽を感じられます」
女の子はオナホを心底愛しているのが伝わってくるほどに
自分が持つオナホの凄さをとても嬉しそうに、そして誇らしげに語ります。
プレイの準備をしながらいくつかの質問を投げかけ
その返答から使用するオナホをチョイスするなど
まさにオナホソムリエと呼ぶにふさわしいほどのこだわりを持っています。

大人しいキャラなので雰囲気は結構あまあまなのですが
プレイの際は一部でかなりハードにしごいたり、ちょっぴり意地悪をしながら
オナホの良さを心と体にしっかりと刻み付けようとしてきます。
Mな主人公の属性を利用した言葉責めなどもしてくれますから
オナホ好きだけでなく羞恥プレイが好きな人も結構楽しめると思います。



ゆるく、きつく、リアルに
エッチシーンは4パート42分ほど。
プレイはオナホコキです。
オナホを扱うすべてのシーンでリアルな効果音が鳴ります。

「早速このオナホールに咥えてもらいましょうね」
全裸になった主人公の包茎おちんちんをじっくり観察し、適度に興奮を高めた後
女の子はオナホにローションを馴染ませゆっくりと挿入します。

エッチは終始彼女にオナホコキをしてもらうスタイルです。
キスをしたり体に触れるといったソフトなプレイすら他に一切ありません。
女性に一番大事なところを刺激され、その痴態を観察される快感を存分に味わえます。

一番最初の下準備パートは名前の通りなので置いておくとして
プレイのメインとなるのはその後に続く3つのパート。
ゆるふわ、きつきゅ~、特製の3つのオナホを1つずつ使いながら責めていきます。

「暖かいシリコンに迎え入れられるとき、柔らかなひだでねっとり愛撫されたんですから当たり前です ずるるるって引き込まれるのたまらないですよね」
ゆるふわ系はもっちりとした質感と比較的弱い刺激が売りのオナホ。
女の子はその醍醐味を存分に味わわせるために
わざとゆっくり動かしながら得られる快感を聴き手視点でリアルに教えてくれます。

効果音だけでも責めの様子をある程度把握できるのですが
この緻密でわかりやすい描写がさらにイメージしやすい環境を整えてくれます。
肉体的な刺激の弱さを精神的な刺激で補う感じですね。

「じゃあ、高速ピストン開始です」
しかし後半に入るとまったりムードから一転し
女の子は激しい音を鳴らしながらハイペースでおちんちんを責め上げます。
前後の落差が大きい分、股間が一気に熱くなる感じがするでしょう。

この直前にあるオナホから空気を抜くシーンでも効果音が鳴るのがいいですね。
「ききゅーっ」と締め付けるような音がこの後行われる責めの激しさを予感させます。

2番目のきつきゅ~系パートは名前の通りハードな責めが中心。
硬めの材質、逆さ弁で亀頭に強い刺激を与える独特な構造を活かし
序盤からかなり速いペースでしごいて2回連続の射精へと追い込みます。

「射精の瞬間 全部私に観察されちゃいますよ? 鈴口から精液がとぷとぷって出るところ オナホールを白く濁らせちゃうのまでじっくりと」
ここではオナホが透明なのを利用して
オナホの中でおちんちんが責められている状況を事細かに実況するのがポイント。
外側だけでなく内部までじっくり見られていることを強烈に意識させ
こちらを羞恥心に悶えさせようとしてきます。
ゆるふわ系に比べるとこの要素があるぶんM性が強いと言えます。

最後に登場する特製オナホは世界に一つだけのオリジナル。
女の子自身のおまんこをそのまま形作ったものです。
しかも彼女のおまんこは数百人に一人しかいないと言われている名器。
男の弱点を的確に突くその構造が主人公を悦ばせ、苦しめます。

「この状態だと私と正常位でSEXしてるときと同じ快楽が味わえますからね SEXっていうより レイプ でしょうか?」
このパートでは使用するオナホがオナホだけに
彼女と実際にエッチをしているように思わせるセリフが数多く登場します。
しかも普通のSEXではなく彼女に襲われ、搾り取られるシチュですから
M度が高い人にはたまらない興奮が得られるでしょう。
彼女もそれに応えるかのようにちょっぴりハードな言葉責めをしてくれます。

このように、オナホごとに別々の責めを繰り出す個性的なエッチが楽しめます。



オナホの魅力に溢れた作品
オナホを使った多彩でエロいプレイがたまらない作品です。

オナホごとに明確な特徴を持たせ、それを踏まえた心身両面への責めを行ってくれます。
責めの強弱やペースを切り替えるのだろうと思っていたら
雰囲気や気持ちを盛り上げる言葉責めにまでこだわっていて非常に驚きました。

効果音もプレイに合わせて鳴らす/止めるをきっちりしてますし
実際にオナホを用意してしごいてみたら相当に楽しめるし抜けるはずです。
手でやられる場合はローションを用意しておくといいかもしれません。

ただオナホごとの効果音の違いは私にはあまり実感できませんでした。
微妙に違う感じもするけどそこまで大きな差はありません。
ですからある程度は皆さんの想像力で補うことになるでしょう。
音質自体はリアルですし、ピストンだけでなく抜き差しにもきちんと音が入ります。

「貴方も楽しめましたよね? そうなら 私も嬉しいです」
今回お相手を務める女の子は
風変わりな趣味を持っているとは思えないほど割と普通な女性です。
プレイをする理由も自分におちんちんがついていないからであって
主人公をいじめたいわけではありません。
プレイ中に言葉責めをするのもそうしたほうが興奮できるからです。

プレイのハードさに反して雰囲気は至って大衆向けですし
興味があるなら割と誰でも聴けるのではないかなと。
くちゅ音多め、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

マイナーなプレイに敢えてスポットを当て、成立させている意欲作です。
先ほども書きましたがオナホ好きや羞恥プレイ好きな人に特にお薦めします。

CV:七凪るとろさん
総時間 49:02


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【無料】雨の音に抱かれて

サークル「黒月堂」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するこちらの作品は、とある雨の日を舞台に
恋人に近い関係のお姉さんが添い寝しながら眠りへと導きます。

全編を通じて常に流れ続ける雨の音、ゆっくりと静かに紡がれる彼女の声
そしてちょっぴりセンチメンタルな印象を受けるセリフなど
作品を構成するすべての要素が落ち着きを感じるもので統一されており
その独特な空間がリラックスしやすい雰囲気を生み出しています。



恋人未満な女性と過ごす雨のひと時
お姉さんにベッドで添い寝をされながらのんびり過ごすお話。

「あぁ すごい雨 ねぇ 君は 雨の音は嫌い?」
お姉さんはしっとりとした穏やかな声の女性。
ベッドで主人公の右手に寄り添いながら
外で降りしきる雨の音に耳を傾けるよう語りかけてきます。

本作品のテーマはタイトルにもなっている通り「雨の日」。
それにちなんで音声の開始から終了まで常に雨の音がバックで流れ続けます。

「しとしと」ではなく「ざーざー」とかなり強めに降ってる感じの音なのですが
元々の質感が柔らかいのもあって聴き続けていてもそれほど気にはなりません。
むしろ強いからこそ耳に心地よい微弱な刺激が感じられます。
音自体のクオリティも高く、ボリュームも声を邪魔しないレベルに調節されていて
物語の静かな雰囲気を演出する重要な役目を果たしています。

「だって 雨の歌は綺麗だけど どこか寂しい 切なくなる」
もちろん作品の主役とも言えるお姉さんの声も癒し特化。
一般的な音声作品よりも意識的に語句を区切って十分な間を取りながら
彼女は物語に適した詩的な表現を交えたセリフで語りかけてきます。

こういうことをするのだから恋人同士なのだろうと思いきや
作中でのやり取りを聴く限りそこまでの関係にはなっていないようです。
敢えて2人に距離を設けてちょっぴり物悲しい雰囲気を出したかったのかもしれません。

かなせさんと言えば明るく元気な女性を演じられる作品が多く
それらとはまったく正反対のキャラが余計に静けさを感じさせてくれます。
効果音・セリフ・演技などあらゆる要素が安眠にマッチしているのが一番の特徴です。



雨と声で構成された心休まる空間
物語は彼女が至近距離から語りかける形で進みます。
バイノーラル録音の効果で声の近さだけでなく
声が生み出す風圧までも微かに感じられるでしょう。

「ねぇ そばにいてね 一人ぼっちにしたら嫌だよ?」
しばらく雨の音に耳を傾けた後、彼女は切なそうな仕草を見せながら
こちらに甘えたりすがり付くセリフを言ってきます。

安眠系の作品ではお姉さんが包み込むような大らかな態度で
「大丈夫だよ」と言いながら頭を撫でてくれるシーンをよく見かけるのですが
本作品はそのまったく逆、女性に頼られるシチュで温もりを演出しています。
彼女の素直で可愛い姿に多くの人が癒しを感じるでしょうね。

「君は 雨みたいな人だね 私に興味なさそうで 何も訊かないけど でも 優しい」
また作品の舞台にちなんだ雨に関する描写も登場します。
雨の日はいつもに比べて静かだとか、幻想的な雰囲気を感じる人もいるはずです。
その様子を彼女は声と言葉を使って感じさせてくれます。

彼女のセリフを聴く限り、おそらく雨がやんだら2人は離れ離れになってしまうのでしょう。
だからこそ彼女が一緒にいられるこのひと時を貴重に思っているのが伝わってきます。
癒されるんだけどそこはかとない物悲しさもある。
雨というものが持つ温かさと冷たさの両方が音声という形で見事に表現されています。



短時間ながらも密度の高い作品
雨の音やお姉さんのキャラとセリフを上手に使って癒しを与えている作品です。

環境音の代表格とも言える雨の音が常に流れ続けるだけあって
これだけでも十分に心が落ち着いたり安らぐのを感じます。
そして雨の持つイメージが作品全体に静かな印象を与えています。

もう一つの柱とも言えるお姉さんも敢えて弱いところを見せながら
男性が本能的に持っている「女性を守りたい」という気持ちを適度に刺激します。
別に無茶な注文はしてこないのであざとさもありませんし
女性と一緒にいる雰囲気を出す丁度いいあたりで留まっています。
テーマを踏まえたかなせさんの落ち着いた演技もこれを上手に助けています。

「雨・・・ やっぱ雨は 寂しいね だから今日はずっと一緒にいようね 雨の音に抱かれながら」
聴いていて思ったのが、ストレートに癒すのではなく
寂しさをほんのり配合しているところがすごく面白いなと。
これが物語にドラマ性と個性を与えています。
聴き終えてからちょっとしんみりする人もいるでしょうね。

聴き手を眠らせる明確なシーンが無いため安眠特化ではないのですが
寝る直前に聴くと安眠効果が期待できる心休まる作品です。
短時間かつ無料ですので気になった方はどうぞお気軽にお試しください。

CV:かなせさん
総時間 10:52

【無料】雨の音に抱かれて
こちらからダウンロードできます


怪しい団体のマインドセッション催眠

サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある怪しい団体に潜入取材を試みたライターが
その構成員たちの催眠によって操られてしまう様子を彼の立場になって楽しみます。

前作「サキュバスのエナジードレイン催眠」で好評だったアンビエントテクノに加えて
胡散臭さを匂わせるストーリー、数字に関する印象操作とそれを活用したエッチなど
催眠音声としての個性やクオリティがパワーアップしています。
怪しさ満載の団体を取材するつもりが…
フリーライターが謎の団体員の催眠とエッチによって破滅するお話。

「それではまず 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動をしましょう」
案内役のお姉さん(たぶん挿し絵左)はお淑やかで穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意や身の周りの環境などを確認した後
立った状態でちょっとした運動をするよう呼びかけます。

本編を始める前に本作品ではおよそ10分間の準備運動を行います。
内容は肩幅で立ち、左右の手を前後にブラブラさせるだけと至って簡単。
これによって肩や首の筋肉をほぐし、催眠により入りやすくするための環境を整えます。

また最中はバックで「ぶくぶく ぱしゃぱしゃ」と水が湧き上がって弾ける効果音が鳴り続けます。
他にも本編ではヒーリングCDにあるような癒しを感じる音楽がシーンに応じて変化しながら流れるなど
音や音楽を交えながら催眠を進めていく珍しい展開がとられています。
運動・音楽共に誰にでも通用するリフレッシュの手段ですし、かなりの癒し効果が見込める作品と言えます。

本編はフリーライターがたまたま新聞で見かけた広告に興味を持ち
自分の素性や目的を告げず電話で見学を申し込んだところから始まります。
一般的な催眠音声のようにいきなり催眠誘導をするのではなく
キャラやシチュといった背景部分を説明しながら進めるボイスドラマ性も持ち合わせています。

「数字があなたを幸せにする 奇跡の数字 6と0のスピリチュアルパワー 神聖惑星団体」
今回彼が取材を試みるのはこの団体。
数ある数字の中でこの2つを異常なほどに崇拝しているようです。
団体名やキャッチコピーを見た瞬間、妙な胡散臭さを感じた人もいるのではないでしょうか。
これから行う催眠は聴き手の疑念を解き、数字の力をわからせる方向で進められています。

催眠はおよそ28分30秒間。
ライターの最寄り駅で待ち合わせ、彼女の車に乗り込んだ後
例の音楽を聴きながらまずはカウントに合わせて全身の力を入れる/抜くを繰り返したり
窓の外に映る景色をイメージしながら体をパーツごとに脱力していきます。

「リラックスしてきたでしょう? 全身の筋肉がほぐれて 体が少し軽くなったような気がするかもしれません」
事前に長めの準備運動をしてきただけあって、この時点でもう体にうまく力が入らないかもしれません。
最中の彼女の暗示もややぼかした柔らかい表現で統一されており
音楽の効果も手伝ってリラックス状態にあるのが実感しやすいです。

「体に伝わってくる車の揺れや 音がとても心地いい そして 実際に体が揺れるのが気持ちいい」
続く脱力では現在の状況を利用し、車の揺れを感じさせながら行うところが印象的でした。
外の景色を実況する際も「うとうと」「ぼんやり」「ぼーっと」「眠い」などリラックスを促す単語を数多く散りばめており
言葉とイメージの両方から効果的に聴き手の力を奪っていきます。
私の場合は特に左足に強烈な重さを感じました。

そして準備が整ったところで最初の深化シーンへと突入します。
ここでは団体が崇めている数字の一つ「0」を持ち出し
その素晴らしさや力をわかりやすく説明しながらカウントを数える変わった手法が楽しめます。

「0という数字には 何かと掛け合わせるとき すべてを飲み込み 真っ白な空白にする力があるのです」
「ほら 全身からふっと疲れが消える 意識がストンと落ちる 一気に落ちる 落ちる 落ちていく」

催眠音声においてカウントを数える形で深化するケースは非常に多いのですが
「数字が減るにつれて催眠が深まる」と暗示を入れるそれらに対し
本作品は0という数字そのものにイメージを持たせ、その効果によって深化を促しています。

暗示を受け入れやすい精神状態が整っていれば
0を聴いた瞬間、体の中心に電流が走ったような感覚がするかもしれません。
作品のテーマにふさわしい特定の数字をトリガーにした催眠が繰り広げられています。

その後は団体の本拠地へと到着し、軽く催眠を解除してからとある部屋へと移動すると
より上位の構成員と思しき別のお姉さん(挿し絵右)が登場し
彼女がもう一つの数字「6」に関する説明をしながら催眠状態を更に深めていきます。

「あなたは今まで考えたこともないでしょうが 私たちの世界は 6という数字に支配されているのです」
「あなたは 6という数字を感じるたびに 浮遊感も感じることができるようになりました」
DNAや宇宙の構成など具体例を挙げながら6の重要性を語る彼女の言葉は自信に満ち溢れており
ただの数字にしか思えなかった6に対して、ちょっぴり違った印象を抱くようになるかもしれません。
案内役のお姉さんもそれを助けるように6をトリガーに反応を促す暗示を入れてきます。

2人が同時に、あるいは交互に語りかけてくる双子システムも耳に心地よく
頭の中がより一層ぼやける不思議な感覚が広がっていくのを感じるでしょう。

団体の活動拠点へと移動する風景を描きながら0と6の印象操作をしていく個性的な催眠です。
事前の準備運動に長めの時間を割いていることやBGMのおかげでリラックスがとてもしやすく
その後に登場する脱力や深化の暗示を受け入れやすい環境ができています。
肝心の数字も歴史や物質の構造といった事実を先に説明してから進めているため
「なるほど」と納得できるぶん、イメージを掴みやすくなっています。

中でも終盤に登場する「6をどうやって特別な数字に思い込ませるか」が一番の聴きどころです。
0は元々特別な数字ですし、催眠音声では決め手に使われることが多いのでなんとなくわかるのですが
6というある意味中途半端な数字の素晴らしさを尤もらしく語る姿が面白く
催眠がある程度の深さまで入っていれば、この後のエッチでその効果を思う存分実感できます。
結構挑戦的なんだけど印象操作の進め方が非常に上手です。

「右側には オープンカフェで新聞を読みながら うとうとしている人もいます 日も昇ってきて 温かいから眠くなるのも仕方ないですよね」
個人的に印象的だったのが序盤に登場する暗示の表現方法です。
上のセリフは窓の外に映る人々を実況するシーンで登場するものなのですが
他人の描写をする形で聴き手自身にもその感覚を伝えようとしています。

いわゆる現代催眠に登場するテクニックで過去の作品にはあまり見られなかったアプローチです。
以前の良い部分はきちんと押さえ、なおかつ新しい要素を取り入れていく。
サークルさんの製作に対する意欲や向上心の強さが垣間見えます。

まとめますと、王道的な部分をしっかり押さえつつ個性も持たせているレベルの高い催眠です。
暗示の質・ボリューム・表現方法・使い方もしっかりしてますし
催眠特有の脳がとろけるような心地よさを多くの人が感じるでしょう。
数字に心を揺さぶられる心地よさ
エッチシーンは23分ほど。
プレイはカウントに合わせての連続絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「6の存在を感じるたび あなたの体に快感が流れ込んでいき 蓄積されていくのです」
「あなたの体には 逃げ場のない快感が溜まっていきます そして最後には無の数字で あなたに蓄積した快感を 一気に開放してあげます」
言葉と音楽を駆使してライターを深い催眠状態へと誘導した2人は
その効果を確かめるためにカウントを使って彼を何度も絶頂へと追い込みます。

エッチは案内役のお姉さんが左、もう一人のお姉さんが右に陣取り
左右から別々に語りかけながら彼の心身を操作します。
前半の連続絶頂シーンは数字だけでイキ狂わせる珍しいプレイ。
100カウントを左右で数え上げる/数え下ろすと逆の形で刻んだり
6の倍数をカウントしながら徐々に感度を高め、ある程度溜まったところで0を数えて発散させます。

「送り出された快感は 60秒ごとに回り溶かしていく」
「頭の中にできた快感は ぐるぐると渦を巻き 強くなっていくでしょう?」
最中に繰り出される暗示も双子システムを利用しながら
6カウントごとに入れていくテーマを強く意識した内容です。
これだけ6を前面に押し出されると特別な数字に思わざるを得ません。
6を聴くたびに体がビクンと反応するようになるかもしれませんね。

その後の6の倍数を数えるシーンでは
6と0を上手に使い分けながらおよそ5分間に渡って断続的に絶頂を促してくれます。
これが催眠パートで2つの数字にイメージを持たせた一番の理由です。
絶頂タイミングが不意を突く感じに不規則に設定されていますから
暗示が効いていれば突然体が熱くなったり快感がこみ上げる不思議な感覚が味わえるでしょう。
エッチな要素を若干の淫語だけに留めた催眠音声らしいプレイです。

後半のオナニーは彼女たちに寄り添われながらおちんちんをしごくノーマルなスタイル。
…なのですが、射精した場合のペナルティが設定されているおかげで
射精したい願望とそれを我慢しようとする理性の狭間で葛藤しながら気持ちよくなることができます。

「あなたは自分から堕ちていくの 我慢なんてできず 自分から私たちのモノになっていく」
「気持ちいいことをやめたくない 破壊的な気持ちよさ イっちゃったら破滅しちゃう でもイキたい」
やってはいけないことを犯すのは背徳的だからこそ刺激的です。
その心理を掻きたてるように、そして見られていることを意識させるように
2人は今まで以上に声を近づけながら悪魔の囁きを繰り返します。

怪しい団体に探りを入れるつもりが、いつの間にか屈服させられている。
そんな展開を催眠の技術を使って違和感なく主観的に楽しめるよう演出されています。

このように、タイプのまったく違った2種類の心を堕とすプレイが繰り広げられています。
聴き進めるほど引き込まれていく作品
変わったテーマ、BGMを織り交ぜた催眠誘導、数字を使ったエッチなど数々の魅力を兼ね備えている作品です。

団体関係者の2人は自分たちに興味を持ったライターを確実に取り込むために
その真意を最後まで隠しながら様々な技術を使って徐々に抵抗力を削いでいきます。
聴き始めた段階では胡散臭さしか感じなかった彼女たちに対し
最後のほうになると「声を聞いているのが幸せ」とかいい印象を抱くようになるかもしれません。
声質やキャラに悪意が微塵も感じられないからこそ、その誘惑を断ち切るのは至難の業です。
聴き手が自らそう望むよう心を誘導しているのだから尚更です。

BGMについても同じ曲をだらだらと流し続けるのではなく
シーンに応じて微妙に曲調を変えてきたり、後半に入るとバイノーラルビートらしき振動音まで加わります。
声だけの作品に比べて雑音が聞こえにくいから作品の世界に没頭しやすく
リラックス、集中力という催眠にとって非常に重要な要素の両方をカバーしています。
聴き終えた後はスッキリとした気分を感じるのではないでしょうか。

そしてエッチはどちらも暗示で心を操作するものなのですが
前半は催眠パートで育ててきた数字に対する印象で
後半はそれをまったく使わず性的快感の誘惑と戦わせる形でプレイを進めています。
ドライ慣れしている人は前半、そうでない人は後半の方が楽しみやすいと思います。

私個人は前半の方が催眠音声ならではって感じがして好きですね。
数字というエッチとはほとんど関係ない要素でイカされる快感は格別です。
序盤のリラックスなども踏まえると、サークルさんができるだけ多くの人が楽しめるように
催眠やエッチを組み立てているように思えます。
変態的なプレイも特に登場しませんし、幅広い属性の方が楽しめるところも魅力です。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

一風変わったテーマに挑戦していながら安定したクオリティも持っている総合力の高い作品です。
他のサークルさんには無い個性を数多く持っていますから
作品の内容に少しでも興味を持った方は是非ともお試しください。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:14:24

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

おててレッスン! ~とことん甘やかしてくれる妹に応援されちゃうオナサポ~

サークル「しらあえプロジェクト」さんの同人音声作品。

サークルさんの看板タイトル「おててレッスン! 」シリーズの7作目にあたる本作品は
お兄ちゃん思いの可愛い妹が応援しながらオナニーをサポートします。

最後の瞬間に最高の射精ができるように、彼女は入念な準備運動をしたり
わざと弱めの刺激を与えたりして少しずつ性感を高めていきます。
メインのオナニーも「シコシコ」の掛け声に合わせて長時間に渡り刺激を与え続けますから
性的快感をたっぷりと味わえますし、かなり強烈な射精感も味わえるでしょう。
お兄ちゃんに最高の射精をプレゼントするために
妹の指示に従いながらオナニーするお話。

「お兄ちゃん 今日も一日お疲れさま」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
頑張り屋さんのお兄ちゃんが疲れているのを見て心配そうに声をかけると
それを吹き飛ばすために気持ちのいいオナニーをプレゼントします。

「おててレッスン! 」シリーズは今からおよそ4年前に発売された第一作から一貫して
「シコシコ」などの掛け声を使ってオナニーの強さやペースを常にリードし続ける緻密なオナサポを行っています。
本作品もその例に漏れずプレイのやり方、進め方、最中のペースなど
何から何まで彼女が徹底的にサポートしてくれますから
プレイ中は頭の中を空っぽにしてオナニーに没頭することができます。

本作品ならではの要素はプレイ時間が非常に長いこと。
30分前後だった過去作に対し、今回はおよそ60分にも渡るオナニーを繰り広げています。
純粋におちんちんをしごく時間だけでも35分程度と長めに取られてますから
射精の瞬間だけでなく道中もかなりの性的快感が得られます。

「うん いいこいいこ うふふっ なんだかお兄ちゃんが私の子供になっちゃったみたい」
今回お相手を務める妹は年下なんだけどお兄ちゃんを甘やかすのが大好きなキャラ。
オナニーの指示をする合間にこちらを励ます言葉を何度もかけてきます。
オナサポなので彼女が密着したり直接何かをしてくれることはないのですが
温かい言葉の数々のおかげでいい気分に浸りながらオナニーすることができます。
ノーマルあたりの属性に合わせた誰でも楽しめる雰囲気が魅力です。

本格的なプレイを始める前に、まずは下準備としておよそ7分間深呼吸や脱力を行います。

「疲れも 緊張も ぜーんぶ出し切っちゃって リラックスしようね」
気持ちいい射精をするためには精神面の充実も必要不可欠。
そのために妹はリアルの嫌なことを一旦忘れ、プレイに没頭するよう呼びかけます。
急がば回れと言いますか、こういうアプローチをしてくるのは非常に珍しいですね。
体だけでなく心もケアしながらプレイを進めてくれるのはありがたいです。
軽く焦らしながら少しずつ射精へと上り詰めるエッチ
エッチシーンは58分30秒ほど。
プレイは乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「優しく 下から上に おちんちんを撫でて」
オナニーを行う心の準備が整ったのを確認した妹は
お兄ちゃんのズボンとシャツを脱がせてパンツの上からおちんちんを撫でるよう指示します。

エッチはオナサポの恒例として終始彼女の指示に従いながら行います。
1時間の中で射精シーンを最後の1回にまで絞り込み
おちんちんや乳首に少しずつ大きな刺激を与えながらとことんまで性感を蓄積させます。

序盤の11分間は乳首オナニーに特化しているシーン。
右手は優しく撫で回すソフトな刺激、左手は摘んで擦り合わせるややハードな刺激を
彼女の「すりすり」「もみもみ」「ぎゅー」といった擬声語に合わせて与えていきます。

「それじゃ 左手の親指と 人差し指で 軽く乳首をつまんでみようね そしたら 指を擦り合わせるようにして 乳首を転がしてみて」
「まーるく くるくる 乳首を優しく くるくる くるくる くるくる くるくる」

乳首オナニーをしたことのない人でも無理なくついていけるように
彼女は具体的ないじり方から指の動かし方まで親切丁寧に教えます。
ただ乳首は開発具合によって感度が随分と変わりますので、やっぱり経験者の方がずっと気持ちいいです。
未経験者はシャツ越しにいじった方が快感を得やすいと思います。

そしてようやくおちんちんを直接いじる許可が出るわけですが
ここでもまずは手のひらで全体を優しく撫でたり、竿を握るだけのソフトなプレイをしばらく行います。
焦らしプレイっぽく感じる人もいるでしょうが、最中の彼女のセリフが終始あまあまですし
刺激自体も控えめなのでちょっぴりもどかしさを感じる程度に留まっています。

本格的なオナニーはおよそ36分間。
おちんちんをしごくスピードを3段階用意し、お馴染みの「シコシコ」の掛け声を出しながら
3分程度の間隔で1段階ずつ速め、最高速度でしばらくしごいたら少し休憩し
また最初の速度に戻ってしごき始める動作を何度も繰り返します。

時間が長いこともあって全体的なスピードはかなり緩く
一番速い3段階目でも普段オナニーするスピードより少し遅いくらいです。
ですからよほど溜めこんでいる人でもなければ暴発することはそうそうないでしょう。
ここでもオナニーそのものを長時間楽しみ、心身をリフレッシュする意図が見られます。
きめ細かい指示を与えながら軽い寸止めをさせる感じです。

「さっきよりも おちんちん気持ちいいよね? まだ精液ぴゅっぴゅは我慢しようね 気持ちいいの いっぱい楽しもう」
「大丈夫かな? 少し辛くなってきた? 後でいっぱい精液ぴゅっぴゅできるから もう少し頑張って」

ですが事前に様々な準備をした後でオナニーするだけあって、遅い動きでも結構な快感が全身に広がっていきます。
そして後になるほど勃起力が上がるといいますか、スピードが遅くてもまったく萎えなくなるかもしれません。
掛け声の合間に投げかけられる妹の言葉も励ますものが多く
精神面でも充実したものを感じながら快感に浸ることができます。

「いっぱい頑張ったもんね いいよ お兄ちゃんがイっちゃうとこ 私が見ててあげる」
一番最後の射精シーンだけは妹がカウントを数えてタイミングを設定し
その間こちらは好きなペースでしごいて体勢を整えます。
約1時間射精を我慢してきただけあって射精感はかなり強く
やってよかったと思える十分な達成感もありました。

このように、長時間に渡る親切丁寧なオナサポが繰り広げられます。
万人向けのオナサポ作品
オナサポ未経験者から玄人まで誰でも楽しめるように幅広い設定がされている作品です。

過去作で好評だった全編にわたるきめ細かいサポートに加え
今回はエッチのボリュームを大幅に増やして実用度をパワーアップさせています。
オナサポ作品は数多くありますが、ここまで丁寧なリードをしてくれる作品はそうそうありません。
シチュもSでもMでもない誰にでも聴けるあたりにセッティングされていますし
プレイの内容もほぼノーマルでとっつきやすさがあります。

中でもメインのオナニーシーンにおけるペースの設定やそれを変化させるタイミングが絶妙です。
実際にやってみたら刺激に物足りなさを感じる頃にペースが一段階上がり
そろそろ射精するかもな、と思い始めたあたりでストップをかけてくれました。
私の個人的な体験なので皆さんに当てはまる保障はできないのですが
サークルさんがしごく回数やペースをかなり気にかけながらプレイを組み立てているように思えます。

しかしメインのオナニーシーンの時間の長さに対し、展開にあまり変化が無いという弱点も持っています。
先ほど説明したように、オナニーは同じくらいの間隔でペースを1段階ずつ上げる流れを
何度もループさせる形でプレイを進めているため、後になるほど聴いてて飽きを感じる可能性があります。

以前の作品では1分程度の短い間隔でオナニーのペースを変えていましたし
変化のペースを不規則にしたり、直前までやっていた乳首オナニーを合間に行ったりしていれば
もう少し違った印象を抱いたのかもしれません。
プレイ時間の長さを持て余しているように思えます。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

プレイに対するとっつきやすさが増した反面、作品としての個性がやや弱くなってしまっていることから
今回は以下の点数とさせていただきました。
オナサポボイスとしての完成度はかなり高いので、過去作を聴いたことがない人なら十分に楽しめると思います。

CV:思ちぽさん
総時間 1:12:49

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ディープシャングリラ

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、柔らかく温かい声の女の子の声に導かれながら
心地いい楽園へと行き、そこで催眠ならではの快感を楽しみます。

シャングリラ=理想郷をテーマとしているだけあって癒しをかなり重視した内容になっており
サークルさんらしいきめ細かな催眠と彼女の声を聴いているだけでも
心が落ち着くとか、リフレッシュするといった感覚が自然と湧いてきます。

エッチは最近ちょこちょこ登場している目を開けながら取り組むタイプ。
世界が溶けてしまったようなぼんやりとした視界の中で
言葉に合わせて体が勝手に熱を帯びたり痙攣する不思議な体験ができます。
催眠という名の理想郷を目指して
女の子に催眠をかけられてから連続絶頂を楽しむお話。

「今回の催眠のテーマは 楽園 あなたの意識を 幸せな楽園へ連れていきます」
女の子は穏やかで可愛い声の女の子。
作品のコンセプトや音声を聴く際の心構えを簡単に説明すると
主人公を楽園に導くための催眠を始めます。

本作品は催眠状態にいるときの心地よい感覚を楽園に例え
そこに到達するために順を追って少しずつ催眠を深めていきます。
楽園に行くわけですから当然聴き手には幸せな気分を味わってもらわなければなりません。
そのために彼女はかける言葉や口調をどれも優しいもので揃えています。
内容的にも雰囲気的にも多くの人が癒しを感じるでしょうね。

催眠はおよそ22分30秒間。
最初は自分の好きなペースで深呼吸をしながら彼女の声に耳を傾けます。

「最初はそんな感覚もないかもしれませんが 徐々に徐々に あなたの気づかないうちに 力が抜けていくと思います」
「その際 頭がぼーっとして ゆらゆら ふんわりとしてくるかもしれませんが 特に気にせずに その状態を楽しんでみましょう」

深呼吸をしているこちらに向けて催眠に関するちょっとした心構えを教えてくれるのですが
彼女はそれらのほとんどを「~かもしれません」「~することもできます」といった柔らかい表現で言ってきます。
かけられる言葉に堅苦しさが無いから彼女の言葉を受け入れやすく
その結果催眠になんとなく入りやすいと感じる環境が出来上がっています。

お次は最初は長めの、その先は短めのカウントを数えながら軽い催眠状態へと入ります。

「その風船は 徐々に軽くなって あなたの頭の中でふわふわと動き出す」
「上へ上がるたび あなたの意識は薄くなっていって 考えようと思っても 考えられなくなっていく」

最中に登場する自分の意識を真っ白な風船に例え、それが浮かび上がるのイメージするシーンでは
ぬるま湯にどっぷりと浸かっている時のような、もやもやとした心地よさが頭の中を覆っていくのを感じました。
暗示の内容も「軽い」「気持ちいい」「幸せ」など心が持ち上がる表現が多く
自分がいつもよりずっといい気分になっているのを実感し始めると思います。

そして最後はカウントに合わせて一旦催眠を解除し
直後に再び催眠に戻る動作を数回繰り返して催眠状態をさらに深めます。

「ほら もう目が離せない 瞬きの量が多くなって 瞼がおもーく おもーくなってきます」
「ふんわりとした幸せだけが あなたの体に入っていき あなたの考える 要らないものが すべて消えていく」

この先のエッチを想定してか、ここでは視線や瞼の重さに意識を向ける暗示が登場します。
回数を重ねるほどに視界が霞んだり瞼が重く感じるようになるでしょう。
そして目を瞑っているときにとても心が安らぐのを実感するはずです。
催眠を深めながら聴き手に催眠に入っていることを自覚させているアプローチが見事です。

聴いているだけで頭の中がぽわぽわしてくる癒しに満ちた催眠です。
現実から離れて楽園にいるような感覚を味わってもらうことを目的として設定し
カウントやイメージを絡めながら心にプラスに働く様々な暗示を入れて気持ちを操作しています。
展開は比較的大人しいのですが、かける言葉の一つ一つがとても優しく温かみがあり
その効果もあって後になるほど安心感や意識のぼやけが強くなっていきます。

「目を閉じて 催眠に入らないで 催眠に入って」
中でも催眠の終盤に登場するこちらのセリフを聴いた瞬間
頭と体の両方が一気にズーンと重くなる感覚が湧いてきました。
サークルさんの過去作と同じく催眠に入る/漂う心地よさを味わってもらうことに力を入れてますので
催眠そのものが好きな人は特に満足できると思います。
目を開けながらイク気持ちよさ
エッチシーンは13分ほど。
プレイは声による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ボーっとしながら目を開けると 催眠にさらに入った感覚ありますよね?」
催眠によって主人公を心地いい楽園へと招待した女の子は
更なる幸福を味わってもらおうと言葉を使って絶頂へと導きます。

エッチは物理的な刺激や一般的なプレイを一切行わず、暗示だけでドライオーガズムを目指します。
催眠音声では珍しく目を開けながらエッチを行っているのが特徴で
視界がうまく定まらない朦朧とした意識の中
声に合わせて妙に体が熱くなったり痙攣する面白い感覚が味わえます。

もう一つの特徴はエッチシーンなのにエッチな要素が一切登場しないこと。
彼女はプレイの最中ちゅぱ音や喘ぎ声はおろか淫語すら一言も発しません。
そんなまったくエロくない状況でなぜか興奮しイってしまう。
まさに催眠音声でしか味わえない、暗示だけで気持ちを操作する個性的なプレイが行われています。

プレイは最初に準備としてある程度感度を高めてから
短めのカウントを何度も刻んでその都度絶頂を促します。

「もっともっと 見つめれば見つめるほど その感覚は大きくなっていく」
「あなたに訪れる変化に反応して 体がビクンと跳ねる 体中がゾクゾクして あなたの体が エッチな気持よさを受け入れていく」

先ほど言った「見つめる」ことをトリガーにした感度上昇や的確な暗示の数々によって
私の場合は特に腕の裏や脇腹にジンジンとした熱が感じられました。
催眠パートではまったく無かった感覚なのでその変化がとてもよくわかります。

「体に異変が生じる 快感が生じる あなたは瞬きするたびにイってしまう体になっているから 私がこうやって話している間にも 何回もイってるかもね」
終盤の連続絶頂シーンでは「瞬きをするたびに絶頂する」という変わった暗示も登場します。
その都度体中がビクビク震えるほどにはさすがにならなかったのですが
時間が進むほど股間を中心にムズムズとした快感が走るのは感じられました。
手を使ってオナニーしているときよりふた回り弱いくらいの気持ちよさです。
ノーハンドでこれなら十分ではないでしょうか。

「今までで一番の気持ちよさがあなたを襲う! 体が痙攣して 白目剥いちゃうくらいの気持ちよさ」
そして一番最後に登場する、長めのカウントと同時に行う絶頂シーンでは
股間が熱く盛り上がって痙攣したり脳内が小さく弾けるような気持ちいい感覚が味わえました。
プレイ時間や準備の短さを考えるとそこまで強烈なドライは狙いにくいと思います。
作品のコンセプトが癒しですし、それを考慮して控えめにしたのかもしれません。

このように、幸せを感じさせながらイカせるプレイが繰り広げられます。
癒しメインの作品
全編にわたって感じられる女の子の優しさや温もりが心を温めてくれる作品です。

主人公に楽園にいる気分を十分満喫してもらえるように
女の子は常に優しく、真心を持って接しながら催眠やエッチを進めています。
耳かきなどの癒し系音声を聴けばわかるように、女性に優しくされるだけでも結構な癒しの効果があります。
ましてやこの作品は催眠音声ですから、聴き手が主観的にそう感じられるようセリフの表現が練られています。
これらの相乗効果によって得られる癒しのパワーはやはり強烈です。

催眠そのものについてもカウントを多用しているのを考慮して
その前後の暗示のボリュームや表現、入れ方に特に気を遣われているように感じます。
かれこれ6年近くも活動されているサークルさんなだけあって技術力も高く
彼女の言葉に受け入れやすさを感じながら十分な深さの催眠に入ることができるでしょう。

エッチは過去作に比べるとやや挑戦的な内容になっています。
ある程度ドライ慣れしている人なら一定以上の快感は得られると思います。
ただしエッチな要素や変態的なプレイが一切無いため
催眠音声にインパクトを求めている人には物足りなく感じるかもしれません。
良くも悪くも催眠を非常に重視したプレイが行われています。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもありません。

癒しを得ながら催眠特有の感覚が味わえる個性的な作品です。
心身をリフレッシュしたい人、変わったタイプのドライを体験したい人に特にお薦めします。

CV:三森愛乃さん
総時間 40:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

サークル「ftnr×kuroko.ぷろじぇくと」さんの無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

サークルさんの活動開始1周年を記念して製作されたこちらの作品は
声質の違う2人の姉妹が交互に、あるいは同時に語りかけながら催眠をかけてくれます。

催眠音声における最初の関門である「催眠に入る」ことをできるだけ多くの人がクリアできるように
事前の準備から最中にかけられる一つ一つの言葉に至るまで
すべての要素が親切丁寧に作られているのが特徴です。

催眠そのものについても比較的誰でも感覚が掴めるものを題材にし
それを2種類の違ったパターンで段階的に実感させながら進めています。
今回はサークルさんが初回用に推奨されているA-typeのレビューをお送りします。
2人の声に包まれながら少しずつ催眠の世界へ
姉と妹の2人から同時に催眠をかけられるお話。

姉「いらっしゃーい …って 何であんたが来たの?!」
姉は穏やかで落ち着いた声のお姉さん。
妹「いらっしゃーい …って 何でおにーちゃんが来たの?!」
妹は素朴で可愛い声の女の子。
2人が勤めている催眠のお店を探し当ててやってきた主人公にちょっぴり驚くと
そのご褒美として心地よい催眠をかけてあげます。

本作品は名作「双子のいいなり」に代表される双子システムが取り入れられており
物語の最初から最後まで2人が交互に、あるいは同時に語りかけながら催眠を行います。
2人の声の担当が別の人なので声質にはっきりとした違いがあり
音の微妙な差や左右に小まめに意識を揺さぶられる感覚が実に心地いいです。
慣れている人なら本格的な催眠が始まる前から頭がぼんやりしてくるのを感じるでしょう。

もう一つの大きな特徴は初心者を強く意識しながら催眠を進めていること。
姉妹は主人公が催眠状態そのものの心地よさを存分に味わえるようにと
最中に鼻が痒くなったら掻いてもいい、催眠が解けそうになったら深呼吸をしてここまでのことを思い出す、など
催眠を開始する前の段階から簡単な心構えを説明してくれます。

こうやって書くと勉強みたいな堅苦しいものに思えるかもしれませんが
実際は催眠を進めながら砕けた口調でちょこちょこ説明する場合が多いです。
催眠誘導の方法そのものを初心者向けにセッティングしている感じです。

また今回紹介するA-type以外にB-typeが用意されているパートもあり
A-typeを聴いてもあまり実感できなかった場合はそちらに差し替える案内がされています。
本当に誰でも催眠を楽しめることを目指した親切設計が魅力です。
聴き手の潜在能力を引き出していく極めて丁寧な催眠
催眠はほぼ全編にあたる8パート76分間。
一番最初の予備暗示パートは本格的な催眠を始める前の準備運動として
自分の心にある無意識を手でこね回すイメージをします。

姉「モヤモヤとした無意識を               両手で       くにくにしてみて       」
妹「               散らばっている無意識を    手のひらで          捏ねてみて」
こんな風に声が被らないよう間をあけながら語りかけてくる姉妹の声を聞きながら
無意識を自分の好きな形で思い描き、パンを作るように動かしてみましょう。
姉妹も無意識の形状を軽い当たりをつける程度の曖昧な表現に留めています。

何のためにやっているかよくわからない行為に見えるでしょうが
これは催眠において重要となるイメージ力や集中力を高めるのが目的と思われます。
また無意識をこね終わった後にそれを姉妹に手渡すシーンがあり
それはこれから行う催眠を受け入れることの証と言えます。
催眠は平たく言うと聴き手の無意識に働きかける行為だからです。
こんな感じで姉妹は催眠を進めながら催眠に入りやすくなる環境を着々と整えていきます。

次のパートから始まる本格的な催眠の手始めは深呼吸。
事前に体の中に溜まっている疲労をこねくり回すイメージをしてから
それらが呼吸に合わせて血管を通って体外に吐き出されていくのを感じます。

姉「息を吸うことで血管の中を酸素が巡っていく 脈に合わせて 酸素が体中を進んでいく」
妹「息を吸うことで酸素が血管の中を巡っていく 理科の教科書で見たような球体が血管の中を進んでいく」
深呼吸も1回ごとにとてもわかりやすい表現を、息が苦しくならないよう間を考えながら言ってくれます。
また直前の疲労をこねくり回すイメージは前パートで行った無意識に対するものと酷似しており
聴き手が経験したものをそのまま活用するわかりやすいアプローチが取られています。
これが本作品を初心者向けと言う大きな理由の一つです。

姉「準備運動って言ったけど まぁ 催眠に慣れてる人はこれだけでも十分 トランス状態になっちゃってるかもね」
妹「ぼーっとしてる状態 そう 今みたいに ちょっとだけ 意識レベルが下がっている状態 これが トランス状態です 正確にはトランスの入り口なんだけどね」
初心者向けなところをもう一つ紹介しますと、姉妹は各パートの冒頭で必ず現在の精神状態を確認します。
こういうインターバル部分がないと自分を省みる機会がないため
聴いている最中に自分がどれくらい催眠に入れているかが認識しにくいものです。
催眠をかけるのは2人ですが催眠状態に入るのは聴き手自身です。
だから心身の感覚を自覚させる時間が適度に設けられています。

心身のリラックスができたところで姉妹はいよいよ暗示を使ってこちらの感覚を操作し始めます。
本作品で扱っている題材は重感と温感。
具体的に言うと体が重くなる感覚や体が温かくなる感覚を楽しみます。
催眠において多くの人が体験しやすい初心者向けの感覚ですね。

姉「関節に錘を付けられたみたいに             重い     沈んでいく   」
妹「                    腕全体が鉛のように   ぐーっと       重い」
いつも以上に重くゆっくりとした口調で左右から交互に聞こえてくる「重い」「沈む」といった暗示によって
体にうまく力が入らない、入れたくなくなる気分が徐々に広がっていくのを感じます。
利き手→反対の手→両足の順に生まれた感覚をコピーしていくだけですから
最初さえうまくいけば徐々に心地よい脱力感が広がっていくのを実感できるでしょう。

続く温感についてもお風呂に入るイメージを使ったごくごく簡単なものです。
特に手のひら、足の裏、お腹のあたりにじんわりとした温かさが感じられました。
姉妹が少し無言になってこの感覚を楽しむ時間が設けられていたりと
あらゆる部分が聴き手に催眠の感覚を掴んでもらうところへ集約しています。
一瞬で催眠状態へと戻る心地よさ
催眠状態特有の感覚をそれなりに味わったところで
最後の仕上げに姉妹は主人公を深い催眠状態へと導き始めます。

姉「更に沈んでいく       そう 奥深くまで         着実に      沈んでいく」
妹「          奥深くまで          止まることなく     緩やかに沈んでいく」
湖や海といった大きな水の中に沈んでいくイメージをしながら2人の暗示に耳を傾けていると
ここまであった重さ、温かさ、心地よさ以外に
頭の中が地面へと吸い寄せられるような不思議な感覚がするかもしれません。
「すーっと落ちる」「ずーんと沈む」と表現される、催眠が深まった時に味わえる感覚です。
姉妹も深化をしながら現在の心と体の状態を確認するセリフを投げかけてくれます。

本作品の深化はこれだけではありません。
一度深い催眠状態に誘導した後わざと一旦覚醒させ
それからとあるキーワードやカウントを使って一気に催眠に入る感覚を味わわせます。
姉妹が作中でも言っている通り、これらを往復することで催眠がより深くなるからです。

ここまで来ると音声を聴く前に比べて催眠に随分慣れているでしょうから
キーワードを聴いた瞬間、体の中心に軽い電流が走るのを感じたり
カウントに合わせて全身が布団に吸い込まれていく感じがする人もいるでしょう。
そして直後に行う再度の脱力シーンで先ほど以上の脱力感や無気力感を感じるはずです。
姉妹は催眠の入り具合によって得られる感覚の違いも教えてくれるわけです。

姉「私が喋る度       私が誘導する度          意識が左右に振られる             」
妹「       私が喋る度          私が誘導する度              意識がぐらぐらしてくる」
それ以外にも2人の声に妙な心地よさを感じるでしょう。
2人を信頼し、様々な技術を受けながら徐々に催眠を深めていった結果
その声だけで自分の心がドロドロに溶かされていく思いがしました。
でもそれは決して嫌な気分じゃなく、むしろとても幸せなものです。
この感覚も催眠音声における醍醐味の一つと言えるでしょう。

このように、とことんまで初心者を意識した極めて丁寧な催眠が繰り広げられています。
超初心者向けの作品
催眠音声初心者から数百本聴いている玄人まで誰でも楽しめる作品です。

催眠音声をまったく聴いたことのない人でも無理なくついていけるように
姉妹は催眠の最初から最後まで常に聴き手に気を配りながら
できるだけ平易なイメージや技術を使って催眠状態を深めます。
この手の作品と言えばListenable pharmacyさんの「Powerful Drug」や「Tablet Case」が有名ですが
「初心者向け」という点で本作品はこれらに勝ると私は考えています。

その理由はイメージとアプローチが極めて初心者向けだからです。

まずイメージはお風呂や湖といった誰にでも想像できるもので統一し
水面の色、周りにいる動物たち、風の強さなど周りの環境までイメージするよう働きかけています。
湖ひとつを取っても地域や季節によって様々な違いがあるわけで
それらをより鮮明にしていったほうが入った感覚や沈んでいく感覚がイメージしやすくなります。
お風呂や湖そのものではなく空間全体を視野に入れているところが新鮮に思えました。

もう一つのアプローチは感覚の吊り上げ方と伝播のさせ方が絶妙です。
具体的な例を挙げると、重感のパートで脱力感を湧き上がらせる際に
姉妹は右手、左手と特定せずわざと利き手が重くなると言っています。
これは利き手の方が普段からよく使っているぶん感覚の変化が掴みやすいからです。
催眠とは直接的に関係の無い、人間が持つ習慣を考慮しながら催眠を組み立てています。

そして反対側の手を脱力する時も利き手の感覚をそのままトレースさせています。
一度得られた感覚を移動させるのは新規に別の感覚を得るよりもずっと簡単です。
「経験」という無意識にある素材をそのまま活用しているからやりやすく感じるのです。
重感と温感はかなりの人が実感できるのではないでしょうか。

姉「ぐるぐる     なんてしないよ  頭の中      真っ白     じゃないよね」
妹「     ぐるぐるなんてしないよ       頭の中は     真っ白じゃないよね」
双子システム特有の左右から繰り出される暗示も一切隙が無く
表現や間が練りに練られたセリフによってとても幸せな気分が味わえます。
姉と妹で暗示の性質が微妙に違うから聴いてて面白味があり
催眠音声としての個性や魅力も十分以上に持っています。

聴いた限りですとA-typeだけでも十分入りやすくなっていますので
よほど被暗示性が低かったり相性の悪い人でもなければB-typeを聴くことにはならないと思います。
ここまで丁寧な作りをしているのに更なる保険を用意しているところも素晴らしいです。

全年齢なのを差し引いてもすべての人に一度は聴いてみて欲しいと言える作品です。
夏にはエロ有りの続編を予定されているようですし
サークルさんの今後のご活躍にも大いに期待したいです。

CV:姉…ftnrさん 妹…kuroko.さん
総時間 A-type…1:27:24 B-type…1:29:37 NG集…4:39 音声の合計時間…2:12:25

ftnr×kuroko.ぷろじぇくと
http://futakuro.x.fc2.com/

射精応援~おち○ぽちゃん、おっきしてください♪~

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は甘い声、柔らかい物腰、大きなおっぱいを持つお姉さんが
仕事で疲れた主人公を徹底的に甘やかしなら射精へと導きます。

ぎゅっと抱きしめたり「頑張れ 頑張れ♪」と励ます言葉を何度もかけるなど
どのパートも応援しながらエッチを行っているのが特徴で
すべてを許し、受け入れてくれる彼女の態度に心がとろけるような癒しを感じます。

プレイについてもこちらを常に気遣いながらゆっくりと丁寧な責めをしてくれますから
心身に疲れを感じている人でも無理なくスッキリ抜けるでしょう。
疲れた心をエッチでリフレッシュ
夏美に甘やかされながら射精するお話。

「毎日のお仕事 お疲れ様です 夏美と申します」
夏美は甘く優しい声のお姉さん。
辛い仕事で様々なストレスを抱えている主人公をスッキリさせるために
自分の体を使って徹底的に甘やかしながら抜いてあげます。

本作品のエッチは全部で5つのパートに分かれており
手コキ、フェラ、太ももコキ、パイズリ、SEXとメインのプレイをひとつに搾りながら
少しずつ刺激を強める形で射精へと導きます。

総時間の8割近くがエッチシーンなのもそうですが
各パートの時間がいずれも15分程度と丁度いいくらいに設定されていたり
射精回数も1回ずつに留めてあるなど、実用性をかなり重視した作りになっています。

「うふふ おちんぽちゃん ちゃーんとおっきできたら たくさんご褒美あげますから 頑張れ頑張れー 頑張って おっきしてくださいー」
そして本作品最大の特徴は何とも言っても夏美の甘やかしっぷりです。
主人公が肉体だけでなく精神も満たされながら射精できるようにと
彼女はプレイをしながら何度も何度もこちらを励ますセリフを投げかけます。

甘く柔らかい彼女の声が生み出すそれらの言葉を聴いているだけでも
胸のあたりがなんとなく温かくなる思いがするでしょう。
他にもおちんちんのことを「おちんぽちゃん」と呼んだり、プレイの節目節目で抱きしめたり頭を撫でるなど
彼女はまるで自分の子供に対するように優しく優しく接してくれます。

「右だけじゃなくて 左のおっぱいもちゅぱちゅぱしたいんですか? わがままな赤ちゃん いいですよ」
そしてプレイの最中、彼女はこちらの要求をすべて受け入れてくれます。
おっぱいが吸いたいと言ったら喜んで差し出しますし
好きなタイミングで好きなところに射精していいよと言い、精液も全部受け止めてくれます。

気持ちを充実させながら抜かせてくれるところが本作品の大きな魅力です。
すべてを忘れて本当にいい気分に浸りながら気持ちよくなることができるでしょう。
癒しとエロのバランスが高い水準で取られています。
リアルな効果音を駆使したあまあまラブラブなエッチ
エッチシーンは5パート62分ほど。
プレイはハグ、授乳手コキ、フェラ、太ももコキ、亀頭責め、パイズリ、SEX(対面座位)、キスです。
手コキ、太ももコキ、亀頭責め、パイズリ、SEX、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「柔らかいままのおちんぽちゃんを 手で包んで なでなで なでなで うふふ 大丈夫ですよ 私のおっぱい たくさんちゅぱちゅぱしてください」
主人公を安心させるためにぎゅっと抱きしめた後
夏美は自分のおっぱいを吸わせながら彼のおちんちんを手でしごきはじめます。

エッチはどのパートも彼女がご奉仕する形で進みます。
一番最初のパートは授乳手コキがメイン。
疲れで萎んだ状態のおちんちんを元気にさせようと
彼が大好きなおっぱいを好きに舐めさせながらゆっくりと刺激を与えます。

「もう少しですよー  ほら おちんぽちゃん 頑張れ 頑張れ♪」
「おっぱい舐められるの 気持ちいいです なんだか 赤ちゃんにおっぱいあげてるみたい おっきな赤ちゃんですね」

作品の特徴である励ますセリフをかけながら
自分のおっぱいにむしゃぶりつく彼を優しく見守る彼女の姿はとても温かく
男性なら誰でも持っている女性に甘えたい願望を嫌と言うほど満たします。

最中に鳴る手コキ音も「にちゃ にちゃ」と緩やで水分が高く
体に過度な負担をかけないよう少しずつ射精感を高めてくれているのが伝わってきます。
本作品はコキ系のプレイが多いだけあって全体的に効果音にもこだわっており
音によっても2人の間に漂う甘い雰囲気をわかりやすく演出しています。

「あなたが眠るまで このままぎゅーってしててあげます おっぱいに包まれたまま 眠っちゃってください」
射精した後のケアをしっかり行ってくれるのもポイント。
彼女は射精で疲れた彼の体と賢者モードに入った心の両方を潤すために
精液を口でしっかりと処理した後、抱きしめながら眠らせてくれます。
プレイ以外のシーンもしっかりしているからこそ、いい気分で聴き終えることができるわけです。
まさに至れり尽くせりのサービスですね。

効果音のクオリティの高さが感じられるのは4番目のパイズリパート。
ここでは自慢のおっぱいでおちんちんを挟み込んでから
まずは乳首で亀頭を刺激して勃起させ、それからパイズリで射精させるまでを
それぞれに別々の効果音を使ってリアルに描いています。

「他にも こういう動きはどうですか? 左右のおっぱいを 同時ではなく こうやって 交互に上下させて こすり合わせて」
メインのパイズリも最初は「ぱすん ぷしゅ」と軽く空気が抜ける音の混じった水音だったのが
後半に入ると左右交互に動かすタイプに切り替わり
「ぱちゅん ぴちゅ」と先ほどよりも水分高めの軽快な音を鳴らすようになります。

パイズリは音声作品だとマイナーなプレイにあたるため
効果音を入れなかったり非現実的なペースで鳴らす場合をよく見かけるのですが
本作品の場合は音質・鳴らす速度いずれも生々しくレベルの高いほうと言えます。
他にもフィニッシュが近づくと彼女が口を開けて精液を受け止めようとするシーンがあるなど
プレイをできるだけリアルに伝えようとするサークルさんの心遣いが感じられます。

最も抜きに適しているのは一番最後のSEXパート。
仕事のピンチを無事乗り越えてすっかり機嫌が良くなった彼へのご褒美として
彼女がおまんこを使って彼のおちんちんをスッキリさせてあげます。

「おまんこの気持ちいいところ カリカリってひっかいてきて おちんぽちゃんすごいっ おちんぽちゃんすごいです」
「好きっ 好きぃっ おちんぽちゃんっ おちんぽちゃん好きっ おちんぽちゃん大好きっ あなたのこと 好きっ おちんぽちゃん好きっ」

今までとは違って2人が一緒に気持ちよくなるプレイですから
彼女も荒い吐息や喘ぎ声をたっぷりと漏らしてくれます。
合間に登場するセリフも聴いてるこっちが恥ずかしくなるほど愛に溢れたものばかり。
大好きな人を無事癒すことができて彼女自身も幸せを感じているのが伝わってきます。

ピストン音、喘ぎ声、キスによるちゅぱ音、淫語のバランスが取れていますし
癒し方や励まし方も他とは違ってエロの濃度が最も高く感じました。

このように、女性に甘やかされながら気持ちよくなるあまあまなエッチが繰り広げられます。
心を満たしながら抜ける作品
癒し・抜きいずれの用途にも使える珍しい作品です。

夏美は嫌なことがあって落ち込んでいる主人公をなんとか立ち直らせようと
自分の体のあらゆる部分を使いながら心を尽くしてもてなします。
肉体的な快楽を追求することが多い音声作品の中で
ここまで聴き手の心に配慮したセリフや演出が取り入れられているのはとても貴重に思えます。
この彼女の優しさに触れて多くの人が心洗われる思いをするでしょう。

本作品における癒しの原動力は「すべてを受け入れる姿勢」と「密着感」です。

「別に 洗ってないことなんて 気にしませんよ あなたが一日頑張ったことの証しですし それに このおちんぽちゃんの味 大好きなんです」
前者は例えば2番目のフェラパートでおちんちんを咥える際に
お風呂に入っていない汗まみれのそれを彼女が愛おしそうに見つめ、舐めます。
人によっては逆に申し訳ないと思うかもしれませんが、彼女はその気持ちすらも包み込んでくれます。
これが作品のテーマとなっている甘やかしや応援と絶妙にマッチしています。

後者は彼女が責め続ける展開でありながら
彼におっぱいを吸わせてあげたり抱きしめるなど、できるだけ体を寄せ合いながらプレイをしています。
寂しい、疲れたと思っている人ほど人肌が恋しくなるものです。
だからこそ彼女はその欲求を満たしながら快楽を提供しています。

ラストのSEXシーンで騎乗位ではなく対面座位にしているのも
この密着感を出すのに最も適しているからだと私は考えています。
プレイは一見するとシンプルなんだけど、細かな設定がかなり練られています。

対するエッチは効果音や淫語のクオリティとボリュームの多さが魅力です。
私は以前サークルさんのとある作品で「効果音があればもっと良くなる」と指摘したことがあり
今回は効果音を特に気にかけながら聴いていました。
その結果、音質・動かし方・鳴らすペースいずれもしっかりしていて非常に満足しています。

特にパイズリと太ももコキが素晴らしいですね。
部位の形状や大きさを考えてストロークを適切なものに変えています。
それ以外の音もリアルでプレイの質を高めるのに役立っています。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かですです。

応援しながら抜かせてくれる珍しいシチュだけでなく、プレイそのものもしっかりしている良作です。
色々あって落ち込んでる人、女性に甘えたい人、いい気分に浸りながら抜きたい人に特にお薦めします。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 1:24:05

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

催眠的な彼女6月号

サークル「スマイル戦機」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、母性漂うあまあまな雰囲気の彼女が
幼児退行の催眠を使って聴き手に癒しを与えます。

本当の子供に語りかけるような彼女の優しい声や言葉
バックで流れ続ける水の揺れる音や弾ける音、など
赤ちゃんになる気分を味わわせるための様々な演出がされており
聴いてる最中はリアルを忘れてとても幸せな気分に浸ることができます。



彼女の赤ちゃんになって甘えよう
彼女に幼児退行の催眠をかけてもらうお話。

「今日も一日おつかれさま」
彼女は甘く優しい声の女の子。
家に帰ってきてすぐさまベッドに寝転ぶ主人公を心配そうに見ると
日頃の頑張りを労う様々な温かい言葉を投げかけます。

本作品のテーマは催眠音声で最近注目を浴びつつある「幼児化」
現実世界のあれこれから一時的に離れ
彼女に甘やかされながら心身をリフレッシュします。

著しく癒しに傾倒した作りのため、エッチな要素は少ないものの
赤ちゃんでしか体験できないシチュがたっぷり用意されていますから
赤ちゃん気分を味わう分には問題なく楽しめると言えます。
簡単に言うと雰囲気作りが上手です。

今から4年近く前に出たにも関わらずバイノーラル録音が施されているのもポイント。
催眠の序盤から彼女はこちらの耳元へと近づき
時折位置を切り替えながら息遣いまで聞かせてくれます。
テーマがテーマですから彼女との一体感・密着感はとても重要です。
それを感じさせるための演出にもこだわりながら作られています。

催眠はおよそ25分間。
最初は布団の温かさを感じながら深呼吸や上半身の脱力を行います。

「指先の力を抜いて ゆーっくり 閉じて 開いて ほーら もう君の手は ふわーり ふわーり」
「ほら 体がかるーく かるーくなっていく」

彼女はそれらを行いながらしきりに体に軽さを感じさせようとします。
一般的な催眠音声だと脱力の際に重さを感じさせることが多いため
このシーンで逆に体が重たくなる人がいるかもしれません。

ですがそれはそれで脱力できていることを表しているわけですし
あまり気にせずそのまま聴き進めていくのがいいでしょう。
肝心なのはリラックスできているかどうかです。

「ゆらーり ゆらーり 波に揺られて 穏やかな 波に揺られて」
お次は更なる脱力として風・波など自然のイメージを交えながら
それらに揺られて心地よさを感じます。
このあたりから水の揺れる音や弾ける音がバックで流れ始め
実際にそれらに漂っている雰囲気を感覚的にも伝えてくれます。

環境音は人間なら誰にでも通用する癒しの音ですし
多くの人が自然に帰ったような安らぎを感じるでしょう。

「いま君が 赤ちゃんになったみたいに 自分では何もできない 何もできない 君」
また彼女は脱力を行いながら、今回のテーマである幼児退行にも触れ始めます。
赤ちゃんはお母さんにお世話してもらわないと何もできない存在です。
そして今の聴き手は体の自由を奪われた何もできない存在。
感覚のリンクによって遠まわしに幼児化を自覚させるわけです。

「君は今 私の中にいる 私のお腹の中で 私の鼓動を聞いている」
「ゆらり ゆらり あったかい羊水の中 私の胎盤は 君と繋がっている」

そして最後はこの後行うプレイの準備として
彼女のお腹の中にいる気分を膨らませていきます。
先ほどの波に漂う感覚を羊水に置き換え、彼女の鼓動も感じさせるなど
お話のつなぎ目に違和感がなく自然にイメージすることができます。

幼児化に向けて少しずつイメージをシフトさせていくスマートな催眠です。
いきなり赤ちゃんに関する描写を持ち出すようなことはせず
まずは十分にリラックスさせ、その心地よい感覚に浸らせながら
やや遠まわしに赤ちゃんならではのイメージを徐々に植えつけていきます。
中でも波間に漂う感覚を羊水に切り替えてくるアプローチは見事と言えます。

しかし、催眠音声にとって最も大事な技術が不足しているため
本作品を聴いて赤ちゃんになることはおろか
催眠状態に入る可能性すら皆無と私は考えています。

まず催眠を進めるにあたって確たる技術が使われていません。
深呼吸で呼吸に合わせて声をかけているところまでは良かったのですが
脱力では分割弛緩法と漸進的弛緩法の一部を抜粋したようなことをやられていますし
その後のイメージを絡めての深化シーンもカウントを普通に数えているだけです。
おかげで脱力に特化した催眠なのに、私はまったく体が重くも軽くもなりませんでした。

「私の声だけを…きく そのことにだけ 全神経を注いで 私の言うとおりに 体の力を抜いて欲しいの」
それ以上に致命的なのが暗示の表現方法とボリュームです。
彼女は暗示を入れる際、「~して」とお願いするような言い回しを何度も使用しています。
暗示を入れるべきところで指示を与えてしまっているわけです。
さらにイメージの描写に力を入れるあまり、感覚を操作する暗示が極端に少ないです。

催眠では術者が言ったことを聴き手が主観的に感じられるかが結構重要になります。
だから多くの催眠音声では「体が重くなる」と聴き手視点で語られているのです。
客観視点で表現していては暗示のパワーは当然弱くなります。
本作品のように暗示を散発的に入れているのなら尚更です。

まとめると、雰囲気作りや流れは良いのだけど技術が残念な催眠です。
彼女の声のおかげで癒しを感じたり眠気を催す人はいても
催眠特有の感覚は得にくいと思います。



彼女のお腹の中で過ごす心地よさ
続く2番目のパートは赤ちゃん気分を純粋に満喫するシーン。
彼女のお腹の中に漂いながら様々な愛の言葉を聞いて心を浄化します。

「君を守れることが ママは嬉しい こうやって 愛情を伝えられること とっても幸せ」
「ねーんねーんー ころーりーよー おこーろーりーよー」

引き続き環境音が流れる中、彼女は聴き手が羊水に漂っていること
その存在を自分も感じ、幸せに思っていることを伝えながら
「守ってあげるからね」と優しい言葉をかけたり子守唄を謳ってあげます。

ここでも彼女に抱かれているイメージの描写が中心となっているため
催眠音声特有の体や心を操作される感覚は味わいにくいのですが
雰囲気はしっかりしているので一定以上の癒しは得られます。
そして最後に彼女のいきむ声と共に再び外の世界に送り出されます。

エッチシーンはおよそ8分間。
プレイはキス、SEX(正常位?)です。
エッチな効果音、セルフ共にありません。

「ほら 見て? 君は ママのここから出てきたんだよ?」
赤ちゃんとして無事生まれてきた主人公に優しい言葉をかけると
彼女は自分のおまんこを見せつけながら、再びここに戻ってくるよう誘います。

エッチはここまでの流れを踏まえて彼女がリードしながら行います。
時間的にも内容的にも淡白に感じるかもしれませんが
様々な経緯を経た末に結ばれるだけあって強烈な愛を感じます。
彼女に愛されていることに幸せを感じながら抜くエッチですね。

「さぁ ママのここへ戻りまちょうね?」
また彼女は今までとは違い、赤ちゃん言葉でこちらに語りかけてきます。
最初に交わされるキスは優しくしゃぶるような粘性の高い舐め音を鳴らし
その後のSEXも切ない喘ぎ声を漏らす濃度の高いプレイが行われており
ここだけを聴いても1発抜けるくらいの十分なパワーを秘めています。

ちなみに本作品のエッチはドライ・セルフ・ウェットいずれにも該当しません。
彼女がイキ声を上げた直後に終了しています。
ここも催眠音声よりはエッチなボイスドラマに近い作りです。

このように、テーマに沿った癒しに溢れたエッチが繰り広げられています。



癒しは大いに感じるのだが
催眠っぽいことをしているエッチなボイスドラマです。

聴き手が赤ちゃんになった気分を十分味わえるように
彼女は終始優しい物腰で声を近くに寄せながら
赤ちゃんにちなんだ様々な要素をイメージとして描写し
それと並行して甘やかす言葉や励ます言葉を何度も何度もかけてくれます。

彼女の声が後になるほど母性を感じる丸みを帯びたものへと変化し
それが生み出す温かい空間に、すべてを忘れさせてくれるほどの癒しを感じました。
お話の展開やエッチの内容も作品の趣旨に沿ったもので統一されていますし
癒し系のボイスドラマとして見るならかなりの完成度を誇っていると言えます。

ですが催眠音声は催眠の技術を使って聴き手を誘導するものですから
本作品のようにイメージや雰囲気がしっかりしているだけでなく
主観的にそう感じさせるための効果的なアプローチが必要不可欠です。
残念ながらその最も大切な要素が本作品には不足しています。
この時点で催眠音声と呼ぶのは正直厳しいです。

エッチは暗示で聴き手の感度を上げたりすることはないのですが
声や音を意図的にエロくしているのでオカズとしてなら普通に使えます。
自分からおまんこの中まで見せつけておねだりするシーンが特にグッときました。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

以上のことから今回は大変厳しい点数とさせていただきました。
しっかりとした技術を用いていれば名作になっていた可能性もあるだけに残念です。

CV:まきいづみさん
総時間 1:17:24


オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は4点。
コスパがやや悪いので-1してあります。
幼児プレイを扱った癒し系の同人音声として見るなら5点です。

↑このページのトップヘ