同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2015年01月

   ● Cocktail


眠れないあなたのために…

サークル「みじんこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人っぽい落ち着いた声のお姉さんが
様々なお話をしながら聴き手を眠りに導きます。
シチュやキャラを大事にする一般的な安眠系音声とは異なり
お話の内容やセリフの言い回しに催眠に関する知識や技術を織り交ぜながら
効果的に眠りたくなる精神状態へと持って行ってくれるのが特徴です。

無音だと寝付けない人のために耳に障らない程度の心地よいノイズを流すなど
彼女の様々な心遣いが自然なリラックスを感じさせてくれるでしょう。



テーマに即したお話で徐々に眠りの世界へ
お姉さんのお話を聞きながら眠りにつくお話。

「眠れないんですか? 今日も 私の力が必要ですか?」
お姉さんは挿し絵の女の子のイメージとはまるで違う、穏やかで落ち着いた声の女性。
うまく寝付けない主人公のために定期的に寝かしつけてあげている彼女は
今日も彼に夢に関する様々なお話をしてあげます。

今回彼女がするお話は「どうやったら明晰夢を見ることができるか」です。
といっても一番の目的は安眠ですからそこまで難しい話はしません。
頭をからっぽにしながらなんとなく耳を傾けてみるのがいいでしょう。
彼女も全編にわたって長めに間を設けながらゆったりとした調子で語り掛けてくれます。

ちなみにエッチな表現が一部登場するため18禁扱いになっていますが
彼女と肉体的に交わるとか、指示に合わせてオナニーするといったことはありません。
エッチなイメージをちょっぴり挟んで幸福感を得させようとしてきます。

「力を抜けば抜くほど 体は温かくなります 不思議ですね」
本格的なお話をする前に、お姉さんは眠りにつきやすいよう脱力を促してきます。
「力を抜く」「体が温かくなってくる」といったセリフを聴いていると
この作品が何やら催眠音声のような気がしてくるかもしれません。

サークルさん自身が催眠に詳しいことを利用して
彼女は作中で無意識に関するお話やそれへの働きかけを何度も行ってきます。
厳密な意味での催眠音声とは違うのですが
催眠に関する知識や技術を有効活用して効果的に安眠状態へと導いてくれます。
これが他の安眠音声との決定的な違いです。



不思議な心地よさを感じるノイズに包まれながら
「私の声を聴き続ける 無意識が 私の声を聴き続けていると あなたは深い眠りにつくのが難しくなるの」
心身を軽くリラックスさせたところでお姉さんは明晰夢の話を始めます。
彼女によると明晰夢を見るためには比較的眠りが浅い状態であることと
「その夢を見たい」と願うことが大事だそうです。

彼女が列挙してくれる具体的な願望の中からどれか一つを選んで
これから眠りにつく際の夢としてちょっぴり念じてみると効果があるかもしれません。
また軽く触る程度ですが彼女とエッチする様子をイメージさせてもくれます。

「このノイズが あなたを気持ちのいい 快適な眠りへと誘ってくれる」
そうやって寝る準備が十分に整ったら
最後は「ごー」という野外にいると自然に聞こえてくるような音を聴きながら
ゆっくりと眠りにつきます。

ノイズと聞くと耳障りな音に思えるかもしれませんが
本作品で鳴らされるこの音は環境音に近い雰囲気を持っており
ボリュームも控えめですのでそこまで気になるほどではありません。

「生きている 安心する 誰かがいる 安心する 守られている 安心する 沢山の癒しが そこにはある」
また彼女は母親の胎内にいた時に聞こえる心音を例に挙げながら
「ノイズは生きていく上で必要不可欠な心安らぐ音である」と教えてくれます。
例えばプールや海で潜ったときに聞こえる水の弾ける音のように
生きている以上ノイズは常に発生し、我々を包み込んでいます。

そういった当たり前な音に身を委ね、安心させる。
邪魔と思われる要素を逆に利用したちょっぴり珍しいアプローチがされています。



理詰めで寝かせてくれる作品
他のサークルさんではまず見られない独特な安眠誘導が魅力の作品です。

多くの安眠音声が女性に一緒の布団で添い寝をされながら
他愛もない話をしたり寝息を立ててリラックスを促すシチュ重視なのに対して
本作品は敢えてそういったものをあまり使わず、夢に関するお話をしながら
無意識的に自分が眠っている・安心している感覚を呼び起こして寝かせてくれます。
つまり「眠らせる」のではなく「眠りたくなってもらう」んです。

例えば今回お話のメインとなっている明晰夢も
結局のところ寝ないと見ることができません。
つまり明晰夢を見るイメージをする時点で無意識的に眠った時の感覚が生まれてるんです。
だからこの作品を聴いているとなんだかえらく眠たくなってきます。

他のシーンについても彼女は具体的なイメージを数多く挙げながら
聴き手自身が好きなように選び、感じ取れるように働きかけてくれます。
このフリーダムな雰囲気が自然なリラックスと眠気を呼び起こしてくれます。
そして一番最後に10分程度ある寝息とノイズだけが聞こえるシーンで
眠たくなる感覚が一気に強くなるに違いありません。
私も聴いている間は眠くて眠くて仕方ありませんでした。

かなり多くの方がその効果を実感できると思われる異色の安眠系作品です。
ほとんどエロくないので抜きにはまったく向きませんが
純粋に寝たい、もしくはいつもと違った安眠音声を聴きたい人には強くお薦めします。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 本編…35:37 おまけのフリートーク…15:31


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

Man's Dreamさんで配布されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、バーを舞台にお姉さんと一緒にお酒を飲みながら
少しずつ催眠状態を深め幸せな気分に浸ります。

お酒を飲むだけですのでエッチな事をするシーンは無いのですが
そのおかげでほぼ全編が催眠のみに費やされており
リズミカルに入る重厚かつ的確な彼女の暗示を聴いているうちに
まるで実際にお酒を飲んでいるかのような心地よい気分が湧きあがってきます。



人を幸せにする魔法のお酒
バーでお姉さんとお酒を飲むお話。

「ねぇ 隣 座ってもいいかな?」
お姉さんは艶っぽくて落ち着いた声の女性。
バーの常連としてカウンターで一人酒を飲む主人公の隣に座り
自分やこのバーのことを親しげに語り始めます。

一番最初のパート(約7分)では、2人が出会い雑談をしながら
この店秘伝のカクテル「スウィートドリーム」を飲むに至る経緯が語られています。
ドラマ性を重視した作風のため、作中で「催眠」という単語は一切出てきませんし
よくある催眠音声のように「これから催眠を始めます」なんてことも言いません。
ですが彼女の言葉を聴いているとなんだか妙にリラックスしてきます。

「もちろん 飲み過ぎるのはよくないけど 程よく飲んだら 体がぽかぽか あったまって 舌がじんわり 甘さを感じて 頭がくらくら 夢心地 心がとろとろ 素直な自分になれる」
それは彼女が自分でお酒を飲んだ時の感覚を
まるで聴き手自身のことのように語り掛けてくるからです。

私はそこまでお酒を飲むわけではないので軽く落ち着く程度だったのですが
お酒をよく飲む人ならこれだけでもほろよい気分になるかもしれませんね。
聴き手の心を掴み、作品の世界に浸らせるのにも効果的な演出と言えます。

その後に始まる本格的な催眠は3パート27分30秒間。
まずはお酒を飲まずにその色・質感・匂いを確認します。

「水面の揺れを 見ているだけで ふわーって 顔がグラスの中に 吸い込まれてしまいそう」
「呼吸をするたびに 心地よい甘さが 君の頭にまで 染み込んでいく」

カシスを含んだ透明感のある赤い液体を眺めていると
比較的早い段階から意識がぼんやりし、ふわふわとした心地よさを感じるでしょう。
彼女が違和感のないように催眠が深まる暗示を並行して入れてくれるからです。

「とろとろ とろとろ あまーい快感で 口が 舌が 意識が とろけていく」
そしていよいよお酒を一口ずつゆっくりと飲んでいきます。
事前にスウィートドリームのイメージをしっかりしているおかげで
飲んだ瞬間に唾液が一気に湧いてきたり、口の中に甘さを感じる人もいるでしょう。
お酒が喉を通り、体に吸収されるのと同時に体が温かくなるかもしれません。

頭はとろとろ、体はぽかぽか。
まるで実際にお酒を飲んだ時のような心地よさが味わえます。
そしてこれは催眠に入った時に得られる感覚と似ています。



お酒の世界で愛を語らいながら
お次は彼女と2人でお酒の中の世界へと移動し
そこで催眠を深めながら素直な心を手に入れます。

「素直で 素直で 心が幸せ 今の君は素直 そう 素直だから 私の言葉も ちゃんと聞き入れられる」
ここでは彼女の声がバックでうっすらと反響するようになったり
お酒を一口飲むたびに交わす乾杯の音を何度も鳴らす、といったように
エフェクトを効果的に使いながら催眠を深めてくれるのがポイント。
セリフと効果音の絶妙なコンビネーションによる心地よい音の連鎖が
心を浮かび上がらせ、幸せな気分にさせてくれます。

「好きって言われると とっても気持ちいいと 好きって言うと とっても嬉しいよ」
そして最後の最後にストレートな愛の言葉を投げかけて心を温めます。
単に彼女に「好き」と言われるだけでも十分いい気分になれるのですが
自分でも呟いてみると、その瞬間に全身がぶわっと熱くなるのを感じるでしょう。

好きな人と2人きりで愛を語らいながらのんびりお酒を飲む。
お酒が好きな人ならこれほどリフレッシュできる環境はないのではないでしょうか。

このように、全編に渡ってお酒を絡めた非常に個性的な催眠が繰り広げられます。



心を蕩かす作品
珍しいテーマのみならず催眠音声としても非常に優れている作品です。

バーで実際にお酒を飲む雰囲気を出しながら
そのシーンに適した暗示をダイレクトに入れて確実に催眠を深めてくれます。
テーマ性の強い作品だと催眠の進め方や暗示の表現に歪が生まれがちなのですが
本作品はそれらを完璧にクリアし、お酒と催眠を見事なまでに融合させています。
この親和性の高さが作者さんの技術力の高さを何よりも物語っています。

そして全編を通じて暗示のボリュームが半端なく多いです。
意識がぼやける、体が温かくなる、素直になる、幸せを感じる、といった内容の暗示を
手を変え品を変えながら何度も何度も入念に入れてくれます。

総時間40分程度の比較的短い作品なのですが
1時間クラスのハイレベルな作品を聴いた時に負けないレベルの
頭の中がどろどろになる心地よい気分が満喫できました。
この質・量いずれも優れた催眠によって、多くの人が同様の感覚を味わえると思います。

「気持ちいいことなら 何も気にしないで 受け入れる 嫌な事なら 全部聞き流したり 立ち向かうことができる」
個人的には最後に催眠を解除するシーンで
聴き終わった後にいい気分で生活できる後催眠暗示を入れてくれるのが最も印象的でした。
この作品はお酒を飲んだ時のような気分を味わわせるのがテーマなのですが
それに留まらず、聴き手に活力を与えるよう働きかけてもくれます。
催眠という技術を正しく使っている点においても優れた作品と言えるでしょう。

良いところや面白いところがいくつもあって何度も唸らされました。
物語=催眠の流れからセリフの表現や間といった細かい部分までが練り込まれています。
お酒がよほど嫌いでもなければ無料ですので是非とも聴いてみてください。

CV:東雲 沙紗さん
総時間 40:33

Man's Dream
http://mansdream.blog89.fc2.com/blog-date-201002-3.html


妹のアナルペットになってメスイきさせられまくる話

サークル「LuvC'd」さんの同人音声作品。

同サークルさんの処女作にあたるこちらの作品は
とある事件をきっかけに妹のペットとなったお兄ちゃんが
アナル開発をされて女の快感に目覚める様子を描いています。

全編を通じてほぼアナルのみを責め上げる奇抜なエッチ
体だけでなく心までも段階的に女性へと変えていくアプローチなど
他の作品では滅多にお目にかかれない要素を数多く備えているのが特徴です。



おちんちんでは絶対に味わえない魅惑の快感
実の妹「いろは」のペットになってアナルを開発されるお話。

「いるー? 入るよ」
いろはは可愛いけどちょっぴり気が強そうな声の女の子。
最近自分の部屋で下着が無くなったり変な匂いがしているのを
証拠の写真を見せながらお兄ちゃんに問い詰めるところから物語は始まります。

本作品は大きく3つのパートに分かれており
彼が彼女のペットになり、初めてアナル責めされるシーン
アナルをおまんこ代わりにされて彼女に激しく突かれるシーン
デートの最中に電車の中で2人一緒に気持ちよくなるシーン、といったように
実際に彼のアナルを開発する形で段階的にプレイをハードにしていきます。

責め方や責める部位などをしっかり考えながらプレイを組み立ててますので
アナル開発をしていない人でも聴いていてそんなに違和感が無いですし
興味のある人は「なるほど」と色々感心するのではないでしょうか。
テーマの珍しさに目が行きがちですが、中身もびっくりするほど本格的です。

「今からお兄ちゃんは いろはのアナルペットになるの」
また、いろはは弱みを握ったついでに彼をアナルペットにするわけですが
主従の関係になった後も普段通り甘い声で語り掛けます。
プレイの最中に意地悪や痛い思いをさせるシーンもほとんどなく
ちょっぴり変わった嗜好を持つ兄妹の愛情表現あたりに留まっています。

ハードなプレイから想像できないほど柔らかい雰囲気を持っているところも
本作品の大きな特徴と言えるでしょう。



体も心も開発していくスタイル
エッチシーンは3パート61分ほど。
プレイはアナル舐め、指挿入、ペニバン挿入、双頭ディルドー挿入、スパンキングです。
すべてのプレイでリアルな効果音が流れます。

「まずはこれで お兄ちゃんのおちんちんを射精できないように縛っちゃおうね」
お兄ちゃんに自分の言うことを聞くよう説得するのに成功したいろはは
彼が射精できないように貞操帯をつけさせた後
指を使って未開発のアナルをゆっくり揉みほぐし始めます。

エッチは男性の快楽を捨て女性のそれを得るのをテーマに
彼女が彼を終始一方的に責め続けます。
プレイ内容からわかるようにおちんちんへの責めは一切行われません。
アナルの気持ちよさで一緒に射精するシーンも一応あるのですが
完全にアナルでの快感に的を絞ったプレイが行われています。

一番最初のパートは四つん這いになってお尻を高く上げさせ
アナルを軽く舐めて濡らしてから指をゆっくりと挿入します。
「きゅぷ にゅり」という感じの独特な効果音がプレイをリアルに感じさせるでしょう。

「ゆっくり深呼吸して 深呼吸しながら お尻に集中するの …そう いいね どんどん力抜けてきてる」
そして挿入した後は刺激を与えながら気持ちよくなれるようアドバイスしてくれます。
実際に指を挿入するのは衛生上色々まずいと思うのでお薦めしませんが
やられたらどうなるか、どう感じるかを聴き手の視点に立って綿密に描いています。
これが本作品のプレイが本格的だと言った一番の理由です。

「あんっ あぁっ あ~っ はぁ きもちいいよぉ お尻の穴 妹なんかに 犯されて おちんちんの裏 気持ちよくなってる」
全編でプレイの最中に復唱を求められるシーンがあるのもポイント。
催眠音声でよく見られるのですが、自分で自分に暗示を入れることで
気分をより盛り上げる効果がある程度見込めます。
聴きながら実践するのが難しいプレイなだけに、心への責めに結構力を入れています。

続く2番目のパートはその2週間後。
アナルの快感にすっかり慣れたお兄ちゃんをさらに気持ちよくするために
今度は挿し絵にあるペニバンを使ってガンガン突き上げます。

「ついさっきまで処女だったのに もうおちんちんの魅力にメロメロだなんて とんだ淫乱まんこさんなんだから」
「メスに目覚めると 普通に生活してる時でも ふとした瞬間におちんちんの快楽を思い出して おまんこがウズウズしちゃうの」

ここではアナルを敢えておまんこと言い、この行為をSEXに見立てることで
彼に女の子としての心を刻み付けようとしてくるのがいいですね。
アナル開発をきっかけに、彼女が彼を女性へ変えていこうとしているのがわかります。

パート終盤に行われる連続絶頂もまさに女性でしか味わえない快感です。
心と体の両方を女性に対するように責め上げる。
いろはは順を追いながらお兄ちゃんを完全なメスペットへと作り変えていきます。

そうやってすべてが完成した後、最後の仕上げとして
電車に乗りながらの濃厚なアナル責めとアナルSEXが繰り広げられます。

「子宮キス好きぃ お兄ちゃんとレズセックスしながら子宮キスっ」
たまたま乗り合わせていた唯一の乗客にプレイを見せつけたり
双頭ディルドーを使って2人が同時に快感に悶えるなど
プレイのハードさ、変態度のどちらも最高クラス。
そのスリルを孕んだ背徳的なシチュにはMな人ほど興奮するでしょう。
エロ可愛い喘ぎ声を漏らすいろはの乱れっぷりもそれを大きく掻き立ててくれます。

このように、ステップしながらアナル開発の様子を描いたエッチが繰り広げられます。



新しい快感に目覚めさせてくれる作品
ほとんどの男性が味わったことのない快楽に敢えてスポットを当てた意欲作です。

わかりやすいおちんちんでの快楽を敢えて完全に切り捨て
ほぼすべてのプレイをアナルを絡めたものに統一しています。
アナルを責めるプレイが登場する作品自体はそこそこありますが
どうしても脇役的な位置に留まらざるを得ない場合がほとんどです。
作品としてのユニーク度は極めて高く、非常に新鮮な気持ちで聴くことができました。

さらにプレイの進め方やレベルの上げ方も練りに練られています。
お兄ちゃんを段階的に開発していくからきちんとついていけますし
プレイ自体もどこをどう責めているかがわかりやすいです。
どちらかと言うとプレイの様子よりも得られる快感の描写に力が入れられており
彼が受けている感覚を主観的にイメージしやすくしているところも好印象です。

「ともかく このおまんこはいろは専用 他の誰にも触らせちゃダメ」
ご主人様役のいろはが時折見せる女の子らしさもたまりません。
彼女はちょっぴり歪んだ嗜好を持っていますが純粋に彼のことを愛しています。
だからアナル開発をするときも決して無茶な注文はしませんし
アナルで感じているお兄ちゃんを軽蔑することも一切ありません。
彼女に対して嫌な感情を抱く人はほとんどいないはずです。

ただここまであまあまだと人によっては物足りなく感じるかもしれません。
お兄ちゃんが終始従順で協力的なのもその理由なのですが
焦らしたり罵声をぶつけるシーンがもう少しあった方がM心をくすぐると思います。
アブノーマルなプレイに対して雰囲気がノーマル過ぎるかなと。

エッチはどこを切ってもアナルな筋の通ったプレイが魅力です。
思いっきり人を選ぶ反面、ハマる人はとことんハマります。
おそらく自作と思われる効果音も質感がリアルで驚きました。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

処女作とは思えないほど完成度の高い作品です。
アナル開発に興味のある人、珍しいスタイルの作品を求めている人にお薦めします。

CV:霜月優さん
総時間 1:12:04


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパが良いので+1してあります。


まくらさんのおひざ ~ ふかふか膝枕 と やさしい明りの灯る夜 ~

サークル「ひげばこ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

声優の藍沢夏癒さんが最近立ち上げられた個人サークル「ひげばこ」さん。
その第一作目は女の子の姿をした枕が耳かきと添い寝で疲れを吹き飛ばしてくれます。

枕らしさを感じるふわふわとした声の柔らかい彼女が
不慣れながらも一生懸命サービスに努める姿はとても健気で温かく
様々な効果音も手伝って自然にホッとするような空間が形成されています。



勉強熱心な枕の女の子
女の子の姿になった枕「まくらさん」に癒してもらうお話。

「あっ おかえりなさいあるじー」
まくらさんはふわふわとした可愛い声の女の子。
仕事帰りでお疲れな主人公を癒すために
頭を撫でたりハーブティーを淹れたりします。

彼女は元々彼が家で使い続けてきた枕らしく
毎日ずっと使い続けてくれた甲斐あって、女の子の姿になる事ができました。
(枕モード、女の子モードどちらも自由に変身できるそうです。)

「ハーブティーを飲むと 気持ちが楽になって リラックスできるそうですよ 乾燥肌にも効果があるとかって 本も書いてありました」
そんな事情もあって彼女はやや世間知らずなところがあり
癒しの技術を磨くべく本やネットで日々情報収集や勉強に勤しんでいます。

元々持ってるほのぼのとした声や態度に加えて
こういう頑張り屋さんなところがあるのが彼女の個性です。
単なる擬人化に留まっていないところがいいですね。
もちろん絵本が大好きなど子供っぽい一面も持ち合わせています。

最初に行う耳かきは24分30秒間。
右→左耳の順にまずは乾いた綿棒、次いでローションで濡らした綿棒でお掃除し
梵天で細かい汚れを取り除いてから数回息を吹きかけるシンプルなものです。
彼女が耳かきをするのは今回初めてですから十分なサービスだと思います。

綿棒は乾いてる時は「じゅりりっ すーすー」と若干ざらつきのある乾いた音
湿らせた時は「じりっ ぱちぱち」という湿り気を帯びた音が使われており
耳の入り口では耳の穴の上部あたりを小さく円を描くように動き
奥ではそれに手前へかき出すような前後への動きが加わります。

効果音は別サークルさんの素材を使われているとのことでかなりリアルです。
しかし私が聴いた限りでは入り口と奥の音質の差があまり感じられませんでした。
奥を掃除する場合はもう少し重く力強い音にした方がいいと思います。
動きについては非常に耳かきらしさが出ています。

「どう? くすぐったくはない? …よかった」
「(梵天って)見た目より渋い名前ですよね…」

最中のまくらさんは「うんしょ よいしょ」と可愛い掛け声をあげることが多いのですが
きちんと癒せているかを確認したり、素朴な疑問を投げかけるなど
主人公を思いやりながら彼女らしいセリフを短めに発します。

最近の耳かき音声は耳かき中にほとんどしゃべらないのが主流なのですが
それだと折角の彼女のキャラが活きないだろうと思ってか
後半の左耳を掃除するシーンでは邪魔にならないレベルで話しかけてくれます。
この効果音とセリフのバランスが絶妙で
音だけを聴き続けているよりもずっと心が温かくなるのが感じられます。

他にも耳かきを始める前に2人が手を繋いで温め合うなど
まくらさんらしさを取り入れた温もりのある癒しのサービスを行ってくれます。
キャラとサービスの両方が立っている耳かきと言えるでしょう。



ちょっぴりイチャイチャしてから眠りの世界へ
耳かきが終わった後はいよいよ就寝…なのですが
その前にまくらさんが悪戯の耳舐めをしてくれます。

「人間は 不思議なことに癒されるんですね」
全年齢向け作品ですのでエロさは意識的に控えめにしているものの
序盤から割と速いペースでしゃぶりついたり、吸ったり、啜ったりと
舐め方を小まめに切り替えながら時間いっぱい徹底的にやってくれます。
約7分とボリュームは少なめですが密度は結構濃いです。

そして最後の最後で彼女に後ろから抱かれながら眠りに落ちます。
彼女が背中を叩く様子を表す「とん とん」という声だけが聞こえるひと時は
とても静かで落ち着いた雰囲気に満ちています。
終盤になると一気に眠そうになる彼女の声と寝息につられて
あくびが出たり眠たくなる人がきっといるでしょう。



可愛いキャラにほっこりする作品
王道的なサービスで安定したクオリティを持たせつつ
まくらさんのほんわかとしたキャラで個性を打ち出している作品です。

前者は耳かき、耳舐め、添い寝と定番の癒しのサービスを取り揃え
それらを効果音やちゅぱ音を駆使しながら手堅く行っています。
中でも最も時間の長い耳かきは処女作とは思えないほどにレベルが高く
耳にもたらされる心地よい感覚が心と体を大いに癒してくれました。

「姿は違えど まくらさんは まくらなので いつものように ぎゅーぎゅー もふもふしててください」
しかしそれ以上にまくらさんのキャラが強烈な癒しのパワーを持っています。
彼女は枕ですから主人公に安らぎを与えることを第一に考え
そのために今の自分にできることを考えながら一生懸命行います。

声やセリフが可愛い、ほのぼのしているのももちろんあるのですが
サービスの最中に垣間見える小さな心遣いが最も印象的でした。
癒しのキャラと癒しのサービスが合わさってより大きな癒しを生み出しています。

2つの要素がうまい具合にバランスよく並び立っている作品です。
専門店形式よりも家庭的な癒しのサービスを求める人にお薦めします。

CV:藍沢夏癒さん
総時間 53:08


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

TS method ~女の子体験~

サークル「TSらぼ」さんの催眠音声作品。

同サークルさんの処女作にあたるこちらの作品は
お姉さんの催眠によって女の子の姿を取り戻し、その後彼女とあまあまなエッチをします。
「取り戻す」と書いたように女体化のアプローチが独特なのが特徴で
一度深い催眠状態に入って幼児退行し、子供の頃から自分が女性であったことを自覚します。

エッチは10分程度の短い時間で段階的に気持ちを高めてから連続絶頂を目指します。
男性にできないタイプのオーガズムを行うところも女体化音声ならではと言えるでしょう。



女体化ではなく女性だったことを思い出させる催眠
お姉さんの催眠で女の子になりレズプレイをするお話。

「仰向けに寝て 軽く目を閉じてください」
お姉さんは穏やかな声の女性。
挨拶等事前のやり取りは一切行わず
主人公が潜在的に抱いている「女の子になりたい」願望を叶えてあげます。

催眠はおよそ29分間。
最初に軽く腹筋に力を入れたり深呼吸をしてから
体をいくつものパーツに分けて特に手足を重点的に脱力します。

「右手から力がだんだん抜けていく 右手から 蒸発するように力が抜ける」
「右足からだんだんと 力が抜けていく 走った後 足を投げ出した時のようにだらーんと力が抜ける」

手は指の一本一本まで意識を向け
足も太もも、膝、ふくらはぎ、かかと、つま先とさらに細かく分けながら
わかりやすいメタファー(暗喩)を織り交ぜて何度も「力が抜ける」と言ってきます。
単に「意識を向けてください」と言われるよりもずっとやりやすく感じるのではないでしょうか。

「あなたの体からは 力が抜けて 全身が心地よーく 脱力しています」
脱力が完了した時点で聴き手にリラックスを自覚させるセリフを投げかけてくるのもいいですね。
彼女が一方的に引っ張っていくのではなく、聴き手に協力を促すことによって
自分自身で催眠に入っていきやすい環境も整えています。

「扉の中へと入っていくと そこは静かで 落ち着いた空間が広がっています」
ある程度リラックスできた後は目の前に階段をイメージし
そこを下りて廊下の先にある扉へカウントを交えながら向かいます。
催眠状態を深めながら別の世界に行って心をリフレッシュするわけです。

この後から彼女がカウントをするシーンが増えてきますから
そのリズミカルに聞こえてくる声によっても心安らぐものを感じるでしょう。
また光や色に焦点を当てた幻想的なイメージも登場します。
しかし意識がぼやける、眠くなるといった催眠特有の感覚は得にくいかもしれません。

一番最後に行われる女体化は10分間。
自分の楽しかったこと、悲しかったことなど過去の思い出を光に変えて体内から飛び出させ
心と体の中を空っぽにして幼稚園の頃から改めて自分の人生を思い出します。

「初めての小学校 赤いランドセルをしょって 嬉しいけれど 緊張もしている」
「小学校高学年 胸が膨らんでくる 中学校 制服を着て 少しお姉さんになった気分」

赤いランドセル、胸の膨らみ、初潮など女性の成長していく様を
まるで主人公自身のことのように描きながら、自分が元から女性だったことを自覚させます。
うまく催眠に入っていれば自然に自分の女性像が浮かんでくるかもしれません。
そうやって彼女は女性になることへの違和感を根本から取り除いてくれます。

ある程度リラックスしてからイメージを絡めて深化
その後女体化を行う比較的オーソドックスな催眠です。

古典催眠における王道的な技法を繋ぎ合わせながら進めていく手堅い作りをしており
合間合間に聴き手に今の状態を確認させながら少しずつ催眠を深めていきます。
催眠音声に慣れていない人でも取り組みやすいと感じるでしょうね。
脱力を促すシーンまでは非常に洗練されていると思います。

しかしその後、階段のイメージを使って深化するシーン以降は
催眠法を型どおり進めることにこだわるあまり、肝心の暗示がかなり薄くなっています。
大切なのはカウントを数えたり聴き手に言った通りのイメージをさせることではなく
その前後や合間に暗示を入れて聴き手を的確に催眠状態へと導くことだと思います。
残念ながら私はごくごく浅い催眠状態止まりでした。

女体化については体をパーツごとに変えたり瞬間的に変身する作品が多いだけに
こういうアプローチはかなり個性的と言えます。
ですが本作品の女体化は記憶操作に類するもので
これを行う場合、一般的にはかなり深い催眠状態へと導く必要があります。
本作品の催眠の深さだと十分な女体化を体験するには難しいかもしれません。



触られる気持ちよさ、触る気持ちよさ
エッチシーンは11分ほど。
プレイは乳揉み、乳首責め、クリ責め、ディルドー責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなた とっても可愛いよ 女の子の快楽も いっぱい いーっぱい味わわせてあげるね」
30分近くに及ぶ催眠によって主人公を女の子の姿へと変えたお姉さんは
彼女に女性の快感を教えるためおっぱいやおまんこを愛撫し始めます。

エッチは主におっぱいをいじって感度を高めた後
双頭ディルドーを使って2人一緒に気持ちよくなります。
終始お姉さんが責めるスタイルなのですが雰囲気はとてもとても甘く
女性として女性に愛される喜びを味わうことができます。

「乳首がビリビリして 何倍も気持ちいい ほら あなたも触って」
前戯にあたる乳揉みと乳首責めのシーンではカウントの後にまず彼女が刺激を与え
その後彼女に促されながら自分自身でもおっぱいを触ります。
おっぱいに触れた時の感覚を「気持ちいい」を意識的に織り交ぜながら伝えてくるため
催眠の入り具合によっては胸のあたりに気持ちいい熱さが湧いてくるでしょう。

「今まで溜まった快感が 一気に膨らむ イクっ! イクっ!」
「でもね すごいのはここからだよ ほらっ ほらっ」

メインとなる双頭ディルドープレイは事前に軽く感度を上昇させてからゆっくりと挿入し
そのまま2連続の絶頂を目指します。

元々の時間が短いためややハードルの高いプレイにも思えるのですが
後になるほど股間が熱くなったり何かが弾けるといった
心と体が熱くなる感覚が味わいやすいと思います。

このように、女性同士のあまあまラブラブなエッチが繰り広げられます。



もう一歩な作品
催眠音声ではあまり見られないタイプの女体化に果敢に挑戦した意欲作です。

事前に聴き手に女の子になりたい願望を植え付け
十分にリラックスさせてから落とすしっかりした催眠の流れを持っており
処女作とは思えないほど形になっている作品だと思います。

最大のポイントである女体化についても
「あなたは女の子になりました」といったあからさまな表現をせず
聴き手に違和感を持たせないようあたかも最初から女性だったかのように
さらりと進めているのが見事です。

催眠は先ほど述べたように深化部分だけが残念でなりません。
ここをしっかり乗り切っていれば、その後の女体化もきっとうまく機能していたでしょう。
しかしこの後に出た「妹ちゃんは好きすぎてお姉ちゃんを快楽責めしちゃうんだからね」では
きっちり落としてくれる作品に仕上がっています。
ですから私はこの作品特有の問題点と捉えています。

エッチは時間がとても短いのですが熱さの変化は感じやすいです。
お姉さんの熱のこもった「気持ちいい」が心を熱くしてくれたのでしょう。
ある程度の催眠状態に入っていれば感じ取れると思います。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

総合的に見て非常に惜しい作品と判断しました。
被暗示性に自信のある方、もしくは女体化音声を聴き慣れている方にのみお薦めします。

CV:森野めぐむさん
総時間 42:42


オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

風俗嬢のお姉さんに喘ぎ声でイジメられる包茎マゾな僕~包茎イジメ風俗店で搾取される~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、包茎でドMなお客を相手に
色っぽい声のお姉さんが至近距離で淫語や吐息を叩き込みます。

「包茎くちゃい」など赤ちゃん言葉を使った独特の罵声
声を左右に小まめに移動させながら段階的に熱っぽくする吐息など
シンプルなプレイの中に様々な個性を取り入れて聴き手に興奮を与えます。



包茎男子のオナニーを赤ちゃん言葉でサポート
風俗嬢のお姉さんに耳元で囁かれながらオナニーするお話。

「ん~? なんだかこの辺りからくちゃい匂いがしまちゅよ?」
お姉さんは甘く色っぽい声の女性。
包茎マゾな男性をターゲットにした風俗店にやってきたお客へのサービスとして
至近距離で囁きながらその臭いおちんちんを優しく貶します。

本作品は合計3人の男性に対して彼女自身は物理的な接触をほとんど行わず
彼らが気持ちよく射精できるように声や吐息を使って興奮を高めてあげます。
バイノーラル録音、かつ耳元で囁いたり熱い吐息を漏らすシーンが非常に多いため
彼女が本当に近くにいるような感覚が味わえます。

「今日は 菜月お姉ちゃんが包茎坊やの包茎チンチンイジメてあげまちゅから ちゃんと謝りながら シコシコぴゅーするんでちゅよ?」
プレイ中はお姉さんが常に赤ちゃん言葉で語り掛けてくるのも大きな特徴です。
お客のニーズに応えて彼女は主に包茎の臭さを強調した罵声を叩きつけてくるのですが
その声や赤ちゃん言葉のおかげで意外に甘く温かい雰囲気に包まれています。
軽く貶されてちょっぴり恥ずかしい気持ちを抱きながらオナニーする感じですね。
属性的にはややM~ドMくらいでしょうか。

しかし彼女が母親のような優しさを見せているのはあくまでお金のため。
心の底ではこういうプレイに溺れるオタク共を見下しています。
プレイのインターバルに見せる彼女の素顔に多くの人が驚くでしょう。
そしてM度が高い人ほどゾクゾクするものを感じるかもしれません。



シンプルながらも変化に富んだプレイ
エッチシーンは27分30秒ほど。
プレイは淫語や吐息をかけられながらのオナニーと疑似フェラです。
エッチな効果音はありません。

「いい子でちゅね~ シコシコがんばりまちょうね~」
お客の粗末なおちんちんを甘い声で貶した後
お姉さんは彼にオナニーする指示を与え、自分はそれを見ながら耳元で囁きます。

エッチは最初の2人が至近距離で淫語を囁きながらオナニーを見守るプレイ
最後の1人だけはエッチなちゅぱ音を鳴らして射精へと追い込みます。
相手が全員包茎なこともあり、その皮被りっぷりや臭さを指摘するシーンが非常に多く
リアルで包茎な人ほど心を軽く凹ませながら興奮できると思います。

もちろん彼女は何も考えずにそれだけを繰り返すわけではありません。
1人あたりおよそ10分の時間の中、1分ごとに声の位置を左右に切り替えながら
段階的に吐息を荒く熱っぽいものへと変えていってくれます。


「包茎マゾちんちん とっても可愛いでちゅねー なでなでしてあげたいくらいに ピクンピクンしてて くちゃい匂いぷんぷんさせて お姉さん興奮してきちゃう」
特にプレイの中盤に差し掛かるとセリフの合間に息を吹きかけたり
意識的に下品なちゅぱ音を鳴らして別方向の刺激を与えてきます。
淫語・吐息・ちゅぱ音・耳に伝わる熱や風圧といった様々な要素が
彼女の近さとその興奮っぷりをリアルに伝えてくれるでしょう。

「お口でチンカスびっしりのチンチン きれいにしてあげるね~」
最後の3人目はとある人物を相手にフェラテクを披露します。
その声とは正反対の「ずびりゅるるぅぅ ぶびっ」という下品極まりないちゅぱ音が
短時間のうちに股間に強烈な刺激を与えてくれるに違いありません。
聴いたことのある人ならわかると思うのですが、野上さんのちゅぱ音はかなりキます。
個人的にはここが一番抜きやすいシーンかなと。

このように、エッチな要素を様々に絡めた比較的濃厚なエッチが繰り広げられます。



優しく貶してくれる作品
赤ちゃん言葉、包茎にターゲットを絞った淫語、ささやき&吐息など
短時間ながらも様々な抜きの個性を持っている作品です。

おちんちんのみすぼらしさや臭さを敢えて赤ちゃん言葉で包むことで
比較的浅く心を抉ってくる罵声のスタイルが非常に面白いです。
罵声の内容も汚さや臭さを強調しながら、時折可愛いとも言ってくる。
「どうしようもなくダメな子ほど放っておけない」みたいな
彼女のそこはかとない愛情を感じます。

「あーあ だっさい 包茎男子って本当に劣等種だよね」
「こーんな子供だましの風俗に大金つぎ込んで 自分でシコってイって終わりとか 惨め~」

そんな風に聴き手を思わせておいて、インターバルで一気に叩き落とす展開も秀逸。
彼女はお金が欲しいから相手をしているだけであって
彼らに対して良い方向の感情は一切抱いていません。
プレイ中があまあまだからこそ、その腹の内のどす黒さが際立っています。
このへんがドMの方でも楽しめると判断した理由です。

エッチはどのシーンも温もりが感じられるほどに声が近いです。
プレイ自体は見られながらオナニーするだけと比較的ソフトなのですが
声の臨場感がその様子をイメージしやすくしてくれています。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

心を上手に責めて気持ちを高めてくれる作品です。
優しく罵声をぶつけられたい人、見られることに快感を覚える人には特にお薦めします。

CV:野上菜月さん
総時間 30:15


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年2月1日まで半額の300円で販売されています。
その場合の点数は8点です。


妹催眠2-Little Sister Hypnosis-

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

今からおよそ2年前に発売された「妹催眠」の続編にあたる本作品は
お兄ちゃんに密かな恋心を抱く妹が、幸せたっぷりなあまあまの催眠をかけてくれます。

声を聴いてるだけでも活力が湧いてくる妹のキャラ
体を十分にほぐしてから心を段階的に落してくれる綿密な催眠
王道的なプレイとアブノーマルなものを併せ持つ個性的なエッチなど
作品に込められている様々な要素が絶大な幸福感を与えてくれます。

今回はサークルさんが初回に推奨されているエフェクト無しVerでのレビューとなります。



催眠でお兄ちゃんをモノにしちゃおう
妹に催眠をかけられて気持ちよくなるお話。

「こんな時間にどうしたの? お兄ちゃん」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
自分の部屋へ突然やってきたお兄ちゃんに
最近勉強している催眠術の実験台になるようお願いします。

本作品は彼に密かな想いを抱く彼女がその願望を叶えるために
自分のことを好きになる催眠をかける、というのが大まかな内容です。
2とあるように続編的な位置づけなのですが、聴いてなくもまったく問題ありません。
以前彼女が彼に催眠をかけたことがある背景があるのみです。

またEs_Labさんと言えば「朝倉催眠診療所」シリーズに見られるように
割と変態的なシチュやプレイを好まれるサークルさんなのですが
今回はそういった要素もほぼなくストレートに愛してくれますので
属性を問わずに楽しめるとっつきやすさを持っています。

「催眠術の勉強して お兄ちゃんを私のものにっ! な~んて夢にも思ってないから安心して」
そして何より本作品の一番の特徴は妹そのものにあります。
明るい声、人懐っこい口調、純真な性格など様々な魅力を持っており
それらが催眠にとって大切な信頼関係の構築を大いに助けています。

最初のやり取りを聴いただけでも心が和んだりホッとするでしょうね。
堅苦しさを感じず自然に催眠に入りやすい環境を整えてくれます。



妹に密着されながら催眠の世界へ
催眠は3パート27分30秒ほど。
最初はベッドに座った状態で簡単なストレッチを行います。

「お腹ちょっとぷるぷるした …うっ 運動不足じゃないからねっ」
それぞれの運動を2セットずつゆっくりと行っていく最中
妹はお兄ちゃんの背中に抱き着き
右の耳元で語り掛けながら自分も一緒に行います。
おかげでやらされている感じがなく楽しい気分で取り組めるでしょう。
ストレッチ自体も自然なリラックスをするのに大いに役立ちます。

「ほら 手の温かさが 腕に広がっていくね」
ストレッチの最後にその成果を確認するシーンがあるのですが
特にお腹のあたりにもやもやとした温かさが感じられました。
実際に体を動かすわけですから、被暗示性に関係なく多くの人が実感できると思います。

十分にリラックスできた後は目を瞑り
暗闇の中にロウソクの炎が揺らめいているのをイメージします。

「目の前に近づいた炎を見ていると 眉間のあたりから 温かさがじんわりと広がって すごくリラックスしてくる」
「その炎を見てると 眉間がじんわり温かくなって なんだか頭がぼーっとしてくる」

短めのカウントに合わせて炎を消す→再び灯す、を何度も繰り返す中
彼女が段階的に暗示の内容をシフトさせていくのがいいですね。
先ほどのストレッチで得られた温かさをそのまま利用し
さらにロウソクの炎と意識をリンクさせながら催眠を確実に深めてくれます。
私は3回目くらいで一気に頭が重たくなったり意識がぐらぐらと揺れる感じがしました。

そして最後はこの後行うエッチを存分に楽しむために
彼女の声を聞くと幸せになる暗示に耳を傾けます。

「お兄ちゃんの心から 寂しさがすーっと消えていき 幸せな気持ちがじんわり溢れてくる」
途中で彼女が定めるキーワードを聴いていると
胸のあたりにお湯が湧き出てきたような温かさを感じるでしょう。
それは彼女の言葉に無意識がうまく反応しているからです。
彼女に心を操られているのが実感しやすいシーンと言えます。

体の脱力、心の脱力、深化を順を追って行うシンプルながらも奥深い催眠です。

パートごとにやることを明確に定め、それぞれを本当に丁寧に行ってくれます。
過去作でもそうでしたが事前のストレッチをしっかり行うからリラックスしやすいですし
その後の誘導や深化も誰にでもわかるイメージを使って徐々に催眠を深めます。
中盤以降は体がまったく動かせなくなるほどの強烈な催眠の感覚が得られました。
今まで聴いてきた作品の中でもかなり強力な部類に属すると言えます。

そして常に耳元から聞こえる妹の声もとてもリアルで温もりが伝わってきます。
サークルさんが肉親同士にある心の近さ、一体感に力を入れながら
催眠を組み立てられているように思えます。
その甲斐もあって催眠中はずっと幸せな気分に浸ることができました。

技巧面を見るとサークルさんの中では比較的シンプルな内容です。
しかし感覚やイメージの絡め方が絶妙でまったく隙がありません。
シンプルだからこそ細かいところまで練りに練られています。
そのあまりに洗練された作りに何度も唸りました。

まとめると初心者にも取り組みやすくがっつり入れるハイレベルな催眠です。



自分の太ももを足に見立てながら
エッチシーンは2パート33分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニー、疑似足コキです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「これから私と気持ちいいこと いっぱいしようね お兄ちゃん」
お兄ちゃんを深い深い催眠状態に導くことに成功した妹は
日頃抱いていた願望を叶えるためにエッチなご奉仕を始めます。

プレイは最初のパートが耳舐め+乳首オナニーでのドライ絶頂
次が疑似足コキによるウェット(ノーハンドの射精)となります。
ウェットを目指す作品自体はそこそこあるのですが
本作品のプレイはガチに射精させようとしてくる本格的なものです。

「ほら 耳が性感帯になったみたいに 舐められるたび 体がビクビクしちゃう」
最初に登場するドライパートはバイノーラルの特徴を活かして
妹が左右個別、あるいは同時に舐めながら暗示を使って気持ちを高めます。
本作品のエッチは耳舐めのボリュームが半端なく多く
調べたところ30分近くも断続的に耳を舐め続けてくれます。
エッチの総時間が33分ですからほとんど舐めてるってことですね。

ちゅぱ音も最初はゆっくりだけど水分高め、後になるほどハイペースといったように
全体的にかなりエッチな雰囲気の音で統一されています。
ある程度固めて舐めてから同じくらいのボリュームの暗示を入れてきますので
催眠状態をしっかりと維持しながらエッチな気分を高めることができます。

「いいよ 乳首いじって気持ちよくなってるお兄ちゃん とっても素敵」
また妹は耳を舐められ乳首オナニーまでしている情けないお兄ちゃんを
貶すどころかむしろ励まし、更には自分も喘ぎ声を漏らして興奮を促します。
このあまあまラブラブっぷりによる幸福感も
ドライを目指すにあたってきっといい方向に作用するでしょう。

続く2番目のパートはとある方法を使って自分のおちんちんを刺激しながら
それを妹の足に見立てて射精感を高めていきます。
具体的な方法は敢えて伏せますが、特殊な道具を使うわけではありません。

「いいよ イキたかったらイってもいいし まだ我慢できるなら我慢してもいいよ でもね 射精だけは絶対できない」
ここではやや特殊な射精方法なのを踏まえて
妹がかなり焦らしながらプレイを進めてくれます。
足で踏まれながら可愛い声で「変態」と言われるシチュや
終盤に行われるカウントを使った寸止めはちょっぴり辛いかもしれません。

ですが彼女自身は今までと同じくとっても優しい声で接してくれます。
射精をするためにはある程度の刺激が必要になりますから
そのためにわざと意地悪をしている、といったところでしょうか。
今まで通り幸せを感じながら股間に熱が蓄積されていくでしょう。
射精の瞬間も可愛いイキ声でばっちりサポートしてくれます。

このように、王道的なプレイとイレギュラーなプレイを織り交ぜたエッチが繰り広げられます。



隅から隅まであまあまな作品
絶大なレベルの幸福感を長時間に渡って味わえる名作です。

作品全体を包み込む妹のあまあまなキャラと
温かさや幸せな気持ちを増幅させる催眠が心をとてつもなく温めてくれます。
そしてエッチも密着感を大事にしながら一緒に気持ちよくなります。
すべてのシーンを2人で協力しながら行うスタンスが自然な信頼関係を生み出し
その結果彼女に言われた通り幸せな気分に浸れるのです。
サークルさんがテーマとされているイチャラブっぷりが物語の至る所に滲み出ています。

聴いている最中はもちろん、この記事を書いている今も
胸のあたりが冬とは思えないほどぽかぽかと温かく感じます。
「あぁ この作品を聴いてよかった」と心の底から思いました。
聴き手にそう思わせるための雰囲気作りがずば抜けて優れています。

「お兄ちゃんは 私のこと好き? 私は お兄ちゃんのこと大好きだよ」
そのすべての源はやはり妹にあります。
彼女の気さくな態度、飾らない性格が自然に心を解きほぐし
催眠にとって大事な要素となるリラックス感を生み出します。

催眠は技術を使ってそれこそ理詰めで誘導する部分もあるのですが
それが上手くいくための下地作りも非常に大事です。
個性を持たせながら全編に渡りそれをさらりとやってのけているところも
本作品を名作と呼ぶにふさわしい理由と言えます。

…何やら「雰囲気がいいよ」みたいなことばかり言ってしまっていますが
技術面も相当に優れています。
私は作品を聴き終えた段階で疑問点や問題点を一度洗い出すのですが
本作品には特に指摘するところがありません。
催眠への入りやすさもかなりのものです。

さらにエッチの後半を始めるにあたって一度再深化してくれます。
元々かなりの深さに入れるのであまりかけ直す必要を感じないのですが
できるだけ多くの人がプレイを満喫できるようにと
サークルさんがきっちり催眠状態を維持できる環境を整えてくれています。
まさに痒いところに手が届く催眠を施してくれます。

エッチは後半のプレイが1回目だとさすがに射精は難しそうなのですが
数回やればイケるだろうと思えるくらいに股間が熱く盛り上がりました。
ここ最近の作品のように特殊なアイテムを用意する必要もありませんし
違ったスタイルのオナニーとして十分有りじゃないかなと。
他の催眠音声と比べてかなりエロ要素が濃いのもポイントです。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

総合的に見て、様々な部分が優れているパーフェクトな作品と判断しました。
妹に優しく愛されるシチュですからどんな属性の人でも大丈夫。
心が渇いている人、荒んでいる人が聴けばきっと力が湧いてくるでしょう。

CV:いちるさん
総時間 1:13:05


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

ヤンデレな実のお姉ちゃんが僕に甘く囁いてくる

サークル「タロイモ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、弟を病的なまでに愛しているお姉ちゃんが
3つのプレイをしながら彼の心を自分色に塗り替えていきます。

ヤンデレらしい過度な独占欲や嫉妬心を持っている彼女なのですが
その声が明るく柔らかいことや、弟がそこまで抵抗をしないこともあって
ヤバさよりも甘く優しい雰囲気を強く感じるのが特徴です。



弟はお姉ちゃんだけのもの
姉の千日 紅(せんにち こう)に拘束されながらエッチな責めを受けるお話。

「あ 目が覚めたみたいだね 弟くん おはよ」
紅は明るく可愛い声のお姉さん。
寝ている弟を裸にし、身動きできないように拘束してから
最近彼が他の女の子に人気なことを優しく問い詰めます。

本作品は大きく3つのパートに分かれており
完全拘束、手だけ解放、完全開放と段階的に自由を与えながら
その都度弟の状態を考慮したプレイを行います。

ヤンデレは女性側が強引にモノにしていくようなシチュをイメージしがちですが
本作品は血の繋がった姉弟なこともあり、そこまで凄惨なシーンは登場しません。
彼女の溺愛っぷりをヤンデレを絡めながら表現している感じです。

「君をもうお姉ちゃん無しじゃ生きていけないようにしちゃおうって思ったの そうすれば他の女の子とか関係ないし 君も面倒なことが無くなるでしょ?」
しかし弟に対する紅の愛はまさしくヤンデレそのもの。
ほのぼのとした声質のためヤバさは控えめに感じるものの
その言葉の端々から弟のすべてを独占したい想いが強烈に伝わってきます。

全編を通じて耳元で囁きかけながらプレイを行っているところも
彼を手放したくない彼女の気持ちの現れとも言えます。
おかげで彼女に密着されながら責められる気分がとても味わいやすくなっています。



弟になりきりやすいあまあまなエッチ
エッチシーンは3パート37分30秒ほど。
プレイは手コキ、耳舐め、乳首責め、オナニー、授乳です。
手コキ、オナニー、射精の際にリアルな効果音が流れます。

「それじゃあこれから 君のことをたーっぷり愛して愛して いじめちゃうよ」
弟に事情を説明し、自分の虜にすると宣言した紅は
その手始めとして彼の耳を舐めながら手でおちんちんを刺激します。

エッチは終始彼女にリードされる形で行われます。
最初は正統派のヤンデレっぽいプレイから始まり
拘束を解いていくに従ってだんだんとノーマルに近いあまあまなものへと変わります。
聴いた限りだとややMあたりの人が一番楽しめるでしょうね。

「感じてる? お姉ちゃんのあったかくて柔らかいお手々が 君に触れてるの」
一番最初の耳舐め+手コキパートはゆっくりとしたペースで手コキを行い
その後しばらくすると耳舐めが加わります。
他の2パートにも言えることなのですが、紅はプレイの様子を詳細に描きながら
得られる感覚まで聴き手にきちんと伝えてきます。


これによって自分自身が弟になった気分でプレイを楽しむことができるわけです。
聴き手視点と言いますか、プレイの臨場感を出すための効果的な表現です。

「ん ぁ あぁっ…… 乳首 気持ちいいよぉっ ひぃ あっ お姉ちゃんの指が僕の乳首をなでるたびに 頭がぴりぴりするぅ」
そのアプローチが最も光っているのが2番目の乳首責めパート。
弟にオナニーをさせ、自分は指で乳首を責めながら
彼が抱いているであろう気持ちや感覚を実況し始めます。

彼女の艶めかしい声とセリフにつられて興奮する人がきっといるでしょう。
心の奥を覗かれているような気恥ずかしさも味わえます。

「大好き お姉ちゃんは 弟くんのことが大好きなのです 大好きだから 君も お姉ちゃんだけを見てほしいな」
プレイの合間に紅が何度も何度も愛の言葉を投げかけてくるのもポイント。
他の女の子に取られたくない、自分だけのものにしたい
そんな彼女の独占欲の強さと重すぎるほどの愛の深さが感じられます。

しかし語調が切羽詰まっているようなヤバいタイプではないため
純粋なヤンデレ作品と比べるとややマイルドな印象です。
私個人はもうちょっとヤバそうな方がヤンデレにふさわしいとも思うのですが
多くの人が聴ける作風を目指すのならばこれくらいの方がいいのかもしれません。

「ボクの好きなところ ぜーんぶママが気持ち良くしてあげまちゅからねー なんにも考えないで 頭空っぽにして ママに甘えるんでちゅよ」
最も個性的なプレイが楽しめるのは一番最後の赤ちゃんプレイ。
紅が弟のママになり、彼に自分のおっぱいを飲ませながら手コキします。
この手のプレイに必要不可欠な赤ちゃん言葉もたっぷり登場しますから
女性に徹底的に甘やかされ、愛される気分がたっぷり味わえるでしょう。
ここだけはヤンデレっぽさが非常に薄いシーンとなっています。

このように、ヤンデレなんだけど甘さも十分に含んだエッチが繰り広げられます。



ソフトなヤンデレ作品
ヤンデレというブラックな要素を甘い声と甘いプレイでかなり薄めている作品です。

冒頭の拘束+危機感を募らせる言葉で状況をしっかり把握させ
その後は痛いとか意地悪な責めをあまりせずストレートに愛してくれます。
声を意識的に明るいものにしていますし
おそらく体験版を聴いてもそんなにヤバい感じはしないのではないでしょうか。
ちょっぴり不器用で行き過ぎたお姉ちゃんという印象を受けました。

そういう意味では世間一般的なヤンデレ作品からずれている部分があるため
純粋なヤンデレ好きからすると物足りなく感じるかもしれません。
ですがそれは裏を返せば比較的多くの人が聴けることでもあります。
サークルさんもそういう狙いでこのあたりのシチュにされたのでしょう。
やや刺激的な姉弟モノあたりに留まっています。

エッチは肉体的な責めを手に限定し
密着して囁かれ、一方的に責められるシチュで心を責めてきます。
拘束具合によってできるプレイが限られるのはわかるのですが
できればオナホなどの手以外で責めるプレイが一つくらいは欲しかったです。
射精シーンはパートごとに1回ずつです。
くちゅ音そこそこ、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

ヤンデレの入門的な位置づけにあたる作品です。
年上の女性に甘やかされる、独占されるシチュが好きな人や
ちょっぴりブラックな作品に挑戦してみたい人にお薦めします。

CV:分倍河原シホ(彩瀬ゆり)さん
総時間 45:48


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

お休み前のイチャラブボイス

サークル「Aボイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お休み前に優しい彼女が添い寝をしながら
手、口、おまんこを使って性欲を満たしてくれます。

恋人同士、かつ主人公のリフレッシュを目的としているだけあって
彼女は彼の全てを受け入れながら甘やかすようにプレイを進めます。
そんな温かい姿に幸せを感じながら射精を迎えることができれば
スッキリとした心地よい気分が得られるでしょう。



恋人を癒すために彼女ができること
彼女に3種類のエッチで癒してもらうお話。

「今日もお疲れ様 やっぱり疲れてるね 今日も大変だった?」
彼女は素朴で優しい声の女の子。
仕事でお疲れな様子の主人公を気遣って
添い寝しながらたっぷり甘えさせてあげます。

本作品は多く3つのパートに分かれており
それぞれ別の日に彼女が手コキ、フェラ、SEXのサービスをしてくれます。
平均20分の時間内に行うプレイをほぼ1種類に絞り
さらにどれも最後に1回ずつ射精をする比較的緩い作りになっていますから
作品のシチュ通り、寝る前に聴いてのんびり抜くのに適しています。

「甘えん坊さんだね うん 良いよ このままもうちょっとぎゅーってしてあげるね」
そして本作品の何よりの特徴は彼女の態度にあります。
彼女は彼が仕事などで相当に疲れているのを知っていることもあり
彼がおっぱいに顔を埋めたいと言えば喜んでさせてあげるし
その後のプレイもできるだけリクエストに応えてあげるなど
彼の全てを許容し、受け入れながらエッチを進めていきます。

そのおかげで物語の雰囲気はとってもあまあま。
ゆっくり、のんびり話しながら徹底的に甘やかしてくれる彼女の姿が
きっと多くの人の心を温めてくれるでしょう。
セリフの合間に漏れる彼女の微笑む仕草がとってもナチュラルなのもいいですね。
甘やかしてあげる側の彼女自身も、このひと時に幸せを感じているのが伝わってきます。



シチュとは少し違ったエッチな要素たっぷりのエッチ
エッチシーンは3パート47分間。
プレイは抱擁、キス、乳首責め、首筋舐め、耳舐め、手コキ、フェラ、玉揉み、SEX(騎乗位)です。
SEXの挿入時に微かに水温っぽいものが聞こえるのですが
それ以外は鳴りませんので効果音はほぼ無しです。

「じゃあ ズボン脱がすね ふふ 本当におっきくしちゃって もう キスしたいの? うん もちろん良いよ 甘えん坊さん」
甘えん坊な主人公をしばらくおっぱいで抱きしめていた彼女は
彼のおちんちんが勃起しているのを見てそちらのお世話もしてあげます。

エッチはメインのプレイを耳舐め+手コキ、フェラ、SEXの3つに絞り
それぞれをゆっくりと行いながら射精感を高めていきます。

冒頭に必ずおっぱいに抱き着いたり、キスをするなど
下準備的なプレイの時間をある程度設け
彼女と一緒にいる気分を聴き手にしっかり持たせながらメインのプレイに入ります。
がっつくタイプではなく心身の一体感を重視した幸福感が得やすいエッチです。

一番最初の手コキパートはしばらくキスをしたり乳首を責められてから
耳舐めと同時におちんちんを手で慰めてもらいます。
キスだけでも7分を費やすなどプレイはとてもゆっくり。
その後の耳舐めも耳を口の中でかき混ぜているようなちゅぱ音と
合間に漏れる彼女の熱い吐息が距離の近さを感じさせてくれます。
手コキパートなのですがちゅぱ音をメインに楽しむものと思ってください。

「もっと声出して 私しか聞いてないんだから 遠慮しないで…ね?」
「あなたの弱いところ ぜーんぶ判ってるから 恥ずかしがらないで 気持ちよくなって ね?」

そして彼女は聴き手がより気持ちよくなれるように
プレイをしながらセリフで自分を開放するよう優しく促します。

リアルで色々なものを抱えている人ほど
エッチになかなか没頭しにくいのではないでしょうか。
だからこそ、このひと時だけ彼女言う通りにしてみれば
いつもより爽快な射精感が得られるかもしれません。

「こんな風におっぱい吸われてかわいいかわいいしてたら 身体の奥 熱くなるよぉ」
「ぜんぜん動いてないからなのかな キスしてるだけでドキドキして 身体 熱くなってくる」

2番目のパートもお口を使ってたっぷりおちんちんを甘やかしてくれた彼女ですが
3番目のSEXパートに入ると態度がやや変わり、自分から彼を求めるようになります。
ここでは彼女がおっぱいを吸われて甘い声を漏らしたり
おちんちんに貫かれてエロ可愛い喘ぎ声を上げる様子が楽しめるわけです。

しかもここで行われるのは普通のSEXではありません。
繋がったまま一切ピストンせず、性器の自然な感触だけで気持ちよくなります。
普通のSEXよりエロさはやや控えめに感じるものの
割と多めに喘ぎ声を漏らしてくれますので抜けないほどソフトでもありません。
また繋がりながら行われるディープキスも
最初のパートよりずっと熱く、彼女の興奮具合が伝わってきます。

このように、恋人らしいゆるくてあまあまなエッチが繰り広げられます。



疲れている時にも無理なく楽しめる作品
彼女の慈愛に満ちた態度と精神的な充実感を重視したスローペースなエッチが
心と体をゆっくりと満たしてくれる作品です。

前者は作品全編にわたってかけられる優しい言葉の数々や
それを言う際ののんびりした声の感じが温かさに溢れています。
彼女は一部で自分からおねだりするシーンがあるものの
基本的には彼が何をしても受け入れるし、望めば喜んで言われた通りの奉仕をします。

しかも射精後の精液処理を自分が担当しながら
彼には「そのまま寝ていいよ」と言うほどまで甘やかします。
彼のことを心底愛していないとなかなかできることではありません。
諸々のやり取りを通じて2人の心の絆の強さも伝わってきます。

後者はプレイのバリエーションを絞ってじっくり取り組みながら
最初の2パートはちゅぱ音、3パート目は喘ぎ声を多めに配置することで
少しずつ確実に性的興奮を高めてくれます。
エッチのペースに反してこれらの要素を意図的に下品にしてありますから
射精シーンの手前で出したくなる人もそれなりにいるのではないでしょうか。

「根元 奥まで咥えて喉でおちんちん扱くから いっぱい出してね」
特に2番目のフェラパートはちゅぱ音がたっぷり聴けて最も抜きやすいです。
軽くキスするところから始まって、舐めたり咥えたりと徐々にハードにしながら
その都度ちゅぱ音をしっかり切り替えてエッチな雰囲気を高めていきます。

特に終盤、喉奥に咥えこんで「ぶぶっ じゅるびっ」という感じの音を鳴らすシーンが
なかなかに強烈で股間が熱くなりました。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこです。

幸せな気分に浸りながら抜かせてくれる作品です。
やや時間をかけて気持ちよく射精したい人や女性に甘えたい人にお薦めします。

おまけはデート後に行うエッチシーンです。

CV:五十嵐ナナコさん
総時間 本編…1:07:08 おまけ…11:53


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年2月1日まで半額の400円で販売されています。
その場合の点数は8点です。


とろふわ催眠♪お姉さんとHappy Life☆

サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、柔らかい物腰のお姉さんに導かれながら
催眠とエッチで心と体をリフレッシュします。

処女作なこともあってあまり無茶な冒険はせず
全体的にやることを絞り込み、それぞれを時間をかけてじっくりと行ってくれます。
エッチでドライとセルフの両方を味わえるのもポイント。
ドライに不慣れな方でも頭の中をとろとろにしながら一段上の射精が味わえます。



優しいお姉さんのちょっぴり意地悪な催眠
お姉さんの催眠とエッチで癒されるお話。

「こんばんは ようこそ 私の部屋に」
お姉さんは甘く可愛い声の女の子。
リアルに疲れ、癒しを求めてやってきた主人公に対して
あまあま、ふわふわ、とろとろな体験をさせてあげます。

催眠は2パート28分30秒ほど。
最初に2分ほど深呼吸を行って軽くリラックスした後
カウントに合わせて何度も目を閉じたり開いたりします。

「体も重たい とっても重たい 何もしたくない状態 全身が 重たくて 動かしたくない」
カウント0と同時に入る彼女の暗示を聴いていると
後になるほど目を開けるのが辛くなってくるのを実感するでしょう。
でも彼女はなかなか目を閉じたままにさせてはくれません。
そして一番最後のカウントを数え終えた時には
程よい疲労感と体を動かしたくない、何も考えたくない気持ちが全身を覆っています。

「足や腕は 動かさなくて良い 重たいまま そのままで 大丈夫 でも 瞼だけは 頑張って動かしましょう」
上のように書くと彼女が意地悪な女性に思えるかもしれません。
ですが彼女は聴き手に癒しを与えることを常に第一に考え
目を開閉させる時も励ますような言葉をかけながら行います。
ですから「もうちょっと頑張ってみよう」という気持ちになりやすいと思います。

2番目の深化パートは全身を大きく4つのパーツに分け
それぞれに体から水が流れ出ていくイメージを思い浮かべながら脱力します。

「今から君の顔の上に 真っ白いクリームを乗っけます それは甘くて ふわふわしていて 良い香りがする」
中でも一番最後に行う頭の脱力は、パートのおよそ半分もの時間を割き
真っ白なクリーム状の薬を使って水を取り除いてくれます。

ここまで段階的に心身をリラックスし、暗示を受け入れやすい状態になっているおかげで
その甘くてふわふわな質感をイメージしていると
頭の中がとろとろになったかのような心地よい感覚が湧きあがってくるでしょう。
催眠に入った時に得られる感覚を上手に例えていると言えます。

導入は瞼の開閉法、深化はイメージを絡めた分割弛緩法と沈黙法といったように
古典催眠の王道的な技法を中心に進めているオーソドックスな催眠です。
30分近くある時間の中でやることをおよそ3つにまで絞り込み
それぞれに簡単な説明やイメージのコツを交えながら本当に丁寧に行ってくれます。

一番最初の目を開閉する動作は神経の疲労を誘うことも目的としていますので
催眠に不慣れな方でも妙に眠くなる感じがすると思います。
その後の脱力についても水やクリームなどのイメージしやすいものを用意し
誰でも無理なくついてこれるように気を使ってくれています。

お姉さんの声が催眠開始後もはきはきしていてやや不適だったり
全体的に間を短く取っているのが残念ですが
暗示の入れ方や重ね方は上手ですから、催眠特有の感覚がそこそこ得られると思います。



自分自身がクリームになったかのような感覚
エッチシーンは2パートあり、合わせて15分30秒間。
プレイはお姉さんの指に体をかき混ぜられる、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「体全身をとろとろってとろかして ふわふわにしているクリーム 甘い快楽が 全身を包み込む 全身がまんべんなく刺激されて とっても気持ちが良いよね」
催眠を使って主人公を心地よい気分に浸らせたお姉さんは
今度はその感覚を少しずつエッチな気分に変えて絶頂を促します。

エッチはドライ→セルフの順に行われます。
特に注意書きもないですし、選択式ではなく両方同時に聴くのでしょう。
国屋敷さんの作品と同じスタイルですね。

最初のドライは先のイメージによって自分自身の体までクリーム状になったのを利用し
腕、足、腰、頭の順に指を直接突っ込み刺激を与えます。
イメージを上手に活用した実に催眠音声らしいプレイです。

「少し指先を動かされるだけで ほら ビクビクが強くなる 気持ち良い 気持ち良い」
その様子をリアルにイメージするとちょっぴりアレなのですが
お姉さんもそれを考えて気持ちよさに目を向けるようアプローチしてきます。
直接的な淫語を敢えて控えているところにも
サークルさんがそれらに頼らず技術だけでイカせようとする心意気が見られます。

ですが感度の上昇具合がやや淡白だったり
〆のカウントの数え方、その直後の追い込み暗示のパワーが弱いことから
性的快感よりはお風呂に浸かっている時のような心地よさの方が味わいやすいと思います。
処女作でドライをこなすのは難しいですし、そのためにセルフも用意したのかもしれません。

対するセルフパートは催眠的な要素を一気に薄め
普通のオナサポボイスのようなスタイルでオナニーを進めてくれます。
初心者はたぶんこちらの方がやりやすく感じるでしょう。

「お姉さん 見て下さいって 気持ち良くなっちゃってる自分を見て下さいって 言ってごらん? ふふ 可愛いよー 感じちゃってる顔 最高だよ?」
女性の目の前で全裸になり、オナニーするだけでも十分恥ずかしいのに
お姉さんはしきりに自分がその痴態を見ていることを意識させ、興奮を煽ります。
でも彼女は主人公を軽蔑することは一切ありません。
むしろもっと心を開放するように優しい言葉で応援します。

作品のテーマである癒しに即した、ちょっぴり恥ずかしいけど気持ちいいシチュです。
頭がぼんやりした中で迎える射精はいつもと違った気持ちよさがあるでしょう。

このように、催眠的な要素の濃い/薄いプレイが混在したエッチが繰り広げられます。



癒し一色な作品
優しいお姉さんの優しい催眠が心と体の両方をスッキリさせてくれます。

彼女の声や言葉、催眠の進め方、エッチの内容や雰囲気など
どれを取っても癒しを目的とした甘さを感じるものばかりです。
数多くの人が作品を聴いていて眠くなったり心地よくなるでしょう。
聴き手にそう感じさせるような安心できる雰囲気がしっかりと出来上がっています。

しかし催眠音声として見た場合、ここまでいくつか指摘しましたが
主に声の使い方や表現方法において疑問を感じる部分がいくつかあります。
これらを改善すれば今よりきっと良くなっていただけに残念でなりません。
現在の作品ではそういった部分もしっかり解消されていますから
サークルさんの作品全般ではなく本作品固有の問題と思ってください。

※この場合の「声の使い方」は声優さんの演技力が不足しているのではなく
サークルさんの演技指導の不足が原因と考えています。
声優さん個人を悪く言うつもりはまったくありません。

催眠は確実に落とすためにかなり手堅い技法で揃えています。
そのおかげもあって色々指摘している私自身も結構催眠に入れました。
皆さんも同等、あるいはそれ以上の感覚が味わえる可能性は十分にあります。

エッチはドライが厳しい反面セルフは楽しめます。
ですので無理にドライを聴かずそのままセルフに行くのもいいでしょう。
その方が催眠状態下での射精の気持ちよさを実感しやすいです。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上の理由から今回はやや低めの点数とさせていただきました。
催眠に入りながらオナニーを楽しみたい人や
純粋に癒しを求めている人にお薦めします。

CV:松永あづさん
総時間 57:25


オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年2月1日まで半額の600円で販売されています。
その場合の点数は6点です。

↑このページのトップヘ