同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

2014年09月

   ● 癒後輩-樹理


M紳士のオナサポ支援の館・魔汚館 軽度の寸止め責め

サークル「吟遊夜会」さんの同人音声作品。

ドM向けとして有名な「魔汚館」シリーズの第1作目にあたるこちらは
Sっ気のあるメイドがきめ細かい指示でオナニーをサポートしてくれます。

「軽度の寸止め責め」とあるから楽なのだろうと侮ってはいけません。
彼女はおちんちんに十分な刺激を与えた後に何度も寸止めを行うことで
聴き手に軽めの地獄を見せようとしてきます。



メイドに見下されながらオナニーを楽しむ館にて
魔汚館のメイド「美奈(みな)」と「沙希(さき)」にオナサポをしてもらうお話。

「本日は竜鳴館の分館 M紳士のオナサポ支援の館 魔汚館においでいただき ありがとうございます」
沙希は丁寧な言葉遣いの落ち着いた女の子。
見下されながらオナニーを楽しみたいドMな主人公に対して
まずはここで行われるプレイの内容やルールの説明をしてあげます。

魔汚館シリーズをご存じない方に向けて簡単な説明をしますと
ここでは初級・中級・上級・熟練・ドマゾの5つのコースが用意されており
コース別に担当のメイドが透明の壁に仕切られた部屋で1対1のサービスを行います。
つまり彼女たちへのお触りは無くて、指示や罵声で射精へと導いてもらうわけです。
現在上級編まで出てますので興味のある方はご確認ください。

今回のプレイは初級編。
沙希は見習いで正式なオナサポをまだ行えない身分のため
部屋に案内するところまでを担当し、その後のプレイは美奈へとバトンタッチします。
ですが後になって沙希がオナサポをしてくれる即抜きパートも追加され
現在は1作品で2通りのオナサポが楽しめるようになっています。



2段階の濃厚な責め
エッチシーンは本編(美奈)が15分30秒、即抜き(沙希)が5分の合計20分30秒ほど。
プレイは指示を受けながらのオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「お客様 お待たせしました M初心者コース担当の 美奈と申します」
美奈は沙希に比べてトーンの低い声の女性。
部屋に来た主人公に早速衣服を脱いでベッドに仰向けになるよう指示します。

エッチは前述のとおり彼女たちに個別に指示を受けながらオナニーをします。
時間だけを見ると物足りなく感じるかもしれませんが
どちらのパートも開始1分にはおちんちんを握りしめるくらいプレイに傾倒した作りですから
短時間ながらも射精するのに十分な肉体的刺激が得られます。

メインとなる本編の前半は美奈の「シコシコ」に合わせておちんちんをしごきます。
事前にきちんと説明を行い、少し練習をしてから本番に移る親切設計です。
「シコシコ」のスピードはゆっくり、ややゆっくり、標準、速めの4段階。
それを5~8回言うごとに小まめに切り替えて少しずつ射精感を高めてくれます。

相当にきめ細かいオナサポと言えるでしょう。

「本来なら 誰かに仕える立場にあるメイドから 見下されながらおちんぽしごいて アンアン醜い鳴き声を出しながら 快感を感じているなんて ほんと軽蔑いたします」
もちろん心への刺激も忘れてはいけません。
美奈は「シコシコ」の合間に見下した様子でこちらのM心をくすぐるセリフをぶつけてきます。
初心者向けのプレイを謳っていますが雰囲気は結構きつめと思ってください。
最低でもややMくらいあるのが望ましいです。

対する後半のプレイはカウント形式。
10カウントから始まって数が小さくなるほどにスピードを上げながら
彼女が0を言うまでひたすら耐え続けます。

「そうですよ 最初にコース 選びましたよね? M初心者 軽度のす・ん・ど・め・責・め ってね」
ここでの寸止めも軽度と呼ぶには抵抗を感じるほどに容赦がなく
彼女は直前まで数えて仕切り直す行為を何度も何度も繰り返します。
「そろそろ射精させてあげますね」と言いながら寸止めを決めてくるのもポイント。
おちんちんへの刺激だけでも射精してしまいそうになるプレイなだけに
いかに気を抜かずに続けられるかがカギになるでしょう。

どちらも濃厚なプレイで、ある程度精液を溜めた状態で臨んだら暴発する可能性が高いです。
ただシコシコはゆっくり→ややゆっくり→ゆっくり、といった感じで1段階ずつペースを変えながら
時間を追うごとに少しずつ上げていき、徐々に射精感を高めていくような流れになっています。
だから気を張ってさえいれば完遂は十分に可能でしょう。
カウントのシーンも本当にやばかったらペースを下げてもいいと言ってくれています。

「ではそのまま ティッシュ越しにマゾチンポシコシコする ティッシュコキで気持ちよくなってください」
一方の即抜きは本編のショートバージョン。
ある程度シコシコで興奮度を上げてからカウントを1回だけ刻んで射精します。
事前にオカズを眺めて少しは気持ちを高めておかないとちょっときついかもしれません。

しかしシコシコのシーンでは、ゆっくり→標準→ややゆっくり→速め→ゆっくりと
緩急をかなりつけてこちらが一気に射精したくなるようきちんと導いてくれています。
時間の関係でそれなりに早漏な方でないと満足な射精はできないかもしれませんが
聴き手が射精できる環境を整えようとしてくれていることだけは間違いないです。

このように、オナサポに的を絞った濃厚なプレイが繰り広げられます。



実用性重視の作品
オナサポのみを行うシンプルにまとまった作品です。

事前の会話パートでプレイの内容や部屋の作りなど必要最低限のことだけを説明し
その後は時間のほぼすべてをプレイそのものにあてています。
プレイの内容が一言ごとにおちんちんをしごくなど変化に富んだものですから
15分程度の時間でも聴き終えた時にはそこそこ疲労感を覚えているはずです。
そして無事彼女の指示に従って射精を迎えられれば、ちょっとした達成感も得られるでしょう。
比較的ハードなプレイ、きめ細かい命令とどちらもMに適した要素と言えます。

「なんでわざわざ 私がマゾ豚様がシコってるのを見て 話しかけてあげないといけないんですか?」
「今頃美奈お姉様は ご主人様からご寵愛を受けているのかな…」
2人のメイドについては美奈がSらしいガチガチに縛るプレイ
沙希はプレイ中に無関心な様子を見せる放置系プレイとそれぞれに個性があります。
どちらも同じ声優さんがやられてますので演技の差を楽しむのもいいでしょう。

プレイは中級や上級と聴き比べた感じだと確かにソフト目です。
しかしそれでも一般的なオナサポ作品よりもずっとハードに感じます。
雰囲気が初級にしてはきつめなのが一番の要因です。
だからややM~ドMの方に適している作品ではないかなと。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

魔汚館シリーズの中では比較的誰でも取り組める作品です。
とりあえず試してみたい方はここから始めるのがいいですし
プレイ的に物足りないと感じた方はより上位のものから聴いてみるのがいいでしょう。

本作品には単品での販売以外にもう1作品を同梱したパックもあります。
別々に買った時に比べて500円ほどお得ですので
興味を持った方はセットをお求めになるのをお薦めします。
M紳士のオナサポ支援の館・魔汚館 初級2作まとめパック

CV:紗藤ましろさん
総時間 本編…21:21 即抜き…8:41


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
コスパはセット時の500円で計算して±0にしています。


黒子ごっこさんで配布されている無料の催眠音声作品。

こちらはおむつを穿いてお漏らしをするちょっと変わったプレイが楽しめる作品です。
作品を進めていく途中で放尿するシーンがあることから
リアルおむつを用意するのが望ましいです。

催眠はとある催眠法を入念に行っていくシンプルなスタイルなのですが
それを何のために行うかという動機づけを事前にはっきりとさせて
お姉さんの声を違和感なく受け入れられる環境を作り上げています。

この先一部で汚い表現が登場しますので
食事中や食事を控えている方はその後に読むのをお薦めします。



大脳の呪縛から本当の自分を解放しよう
お姉さんの赤ちゃんになってお漏らしするお話。

「どうしましたか? 何だか お疲れのようですね」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
仕事でお疲れな主人公を労わりながら、彼が本当の意味でリフレッシュできるように
催眠の技術を使って心を解放しようと試みます。

催眠はおよそ19分間。
まずは軽く深呼吸を行ってから自分の頭の中を物理的にイメージします。

「頭の一番中心部を イメージしてください そこには あなたに本当の意識が 眠っています」
お姉さんは彼の感情が脳の一番奥に眠っていること
そして周りを覆っている大脳こそがその活動を抑制していると説きます。
だから暗示を使って大脳のコントロールを停止させる、といったように
本格的な催眠を行うにあたっての理由や目的を明示したうえで進めてくれます。

催眠音声を聴き始めた時に「なんでどの作品も最初に深呼吸や脱力を行うのだろう?」と
疑問に思った人もいるのではないでしょうか?
簡単に言うと暗示を受け入れやすい精神状態にするためなのですが
本作品では視覚的にわかりやすいイメージを使って別の方向からそれを教えてくれます。
彼女の声に対する抵抗力を削ぐかなり有効なアプローチと言えるでしょう。

「右足の力が抜ける すーっと 抜ける 抜ける 抜ける」
そして準備が整ったところで手、足、腰など体をいくつかのパーツに分けて脱力します。
「抜ける」や「気持ちいい」を何度も繰り返して強く印象付けるだけでなく
例えば「抜ける」だったら消え入るような弱々しい声で言ってくるなど
雰囲気によっても脱力を促してくるきめ細かい脱力です。

演者のkuroko.さんが催眠音声の台本を書けるほど催眠に詳しい方なだけあって
一語一語考えながらきめ細かい演技をされています。
私は手足がぽかぽか、じんじんする感覚を強烈に味わうことができました。

「赤ちゃんは いいよね?楽しいよね? 自分では何もしなくていい 全部 お母さんがやってくれる」
そうして感情だけの存在になったところで自分が赤ん坊になったことや
彼女がママであることを教え込んでいきます。
赤ちゃんはママがいないと何もできない、だからママの言うことに従うのは当たり前。
この後のプレイにふさわしい人間関係を作り、暗示を受け入れやすい状況にもしています。
ここでも聴き手に対して違和感を抱かせないことに力を入れているように感じられました。

古典催眠でも特によく使われている分割弛緩法を中心としたシンプルな催眠です。
しかしその前後の会話や暗示によって作品の雰囲気づくりを行ったり
催眠を施しやすい環境を整えたりと細かい工夫が随所に見られます。

暗示の入れ方やカウントの刻み方、セリフの間もしっかりとしてますし
多くの人が聴いていて取り組みやすいと感じることでしょう。
そういった要素が催眠により入りやすい空気を作り上げています。
暗示を幾重にも重ねてくるおかげで、後になるほど言われた通りの感覚を強く実感できました。

催眠誘導の部分だけを見れば初心者が聴いてもまったく問題ないと言えます。



赤ちゃんからおむつ変態へ
エッチシーンも19分ほど。
プレイはおむつ装着、お漏らし、手の匂い嗅ぎ、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「パンツだと 大変な事になるよね おむつ履かないといけないよね」
催眠を使って主人公の心を赤ちゃんへと変えたお姉さんは
彼のママとしておむつを穿いたりおしっこの練習をするよう指示します。

エッチはすべておむつを絡めた幼児プレイを行います。
そんなわけで基本的にはおむつ必須です。
イメージでも楽しめないことはないのですが、漏らしたおしっこを利用したプレイもあることから
作品の醍醐味を十全には味わえないことを了承したうえでお聴きください。

「ここはトイレ トイレだから あなたはいつでも おしっこすることができます」
プレイで最も特徴的なのはタイトルにもなっているお漏らし。
ベッドに仰向けに寝た状態で自分がトイレに行く様子をイメージし
彼女の「チーーーー」の声に合わせて実際に放尿します。

イメージの対照が自宅のトイレとしてあるところがいいですね。
仮想的なトイレよりもずっとイメージしやすいのもありますが
自分にとって世界で最も安心できる場所の一つを敢えて指定することで
緊張の解れたお漏らししやすい状況を作り上げています。
そして股間に生まれる生温かい感触に解放感とちょっとした背徳感を味わうでしょう。

「全身が おしっこにまみれたような 甘美な感覚で あなたの頭は真っ白になる 手が止まらない おむつを擦る手が止まらない」
漏れ出たおしっこをその後のプレイに繋げているところもポイント。
おむつ越しにおちんちんを摩りながら、もう片方の手でじぶんのおしっこの匂いを堪能します。
さすがにこれは抵抗があるので無理にやる必要はないとも思うのですが
一時的に変態的な自分を解放し、満足させるのにはもってこいではないでしょうか。

ちなみにオナニーは最後の最後までおむつ越しに行います。
お漏らしした後のプレイですから当たり前なのですけど、生で行う時より刺激が弱くなるため
1、2日溜めてから行ったほうがすんなり射精できると思います。

このように、おむつやおしっこを最大限に活用した変態的なプレイが繰り広げられます。



いつもと違った自分になれる作品
きっちりお漏らしできる環境へと持って行ってくれる安定感のある催眠音声です。

普段の精神状態だと絶対にできないプレイであることを考えて
かなり深い催眠に導いてからセリフの表現に気を付けて慎重に進めています。
結局のところお漏らしできるかどうかは聴き手の願望の強さに左右されるのですが
漏らさせる音声としてかなり有効と言えます。

具体的には全編を穏やかで柔らかい雰囲気にすることで緊張を緩和し
そのうえで体が脱力する暗示を入れて筋肉も解きほぐしています。
さらに赤ちゃんであることを自覚させて漏らすことへの抵抗を薄めていたりと
あらゆる行動が「お漏らしさせる」ことを目標に行われています。
プレイはぶっ飛んでるけど作りはかなりガチな作品と思ってください。

催眠はメインである脱力の完成度が高く、体が一気に重くなる感覚が味わえます。
最後に行う脳の脱力も時間を長めに取って1カウントごとに暗示を入れてくれますし
頭の方もぼんやり、ぽわぽわした感覚が広がっていくでしょう。
洗練されている脱力という印象です。

エッチはおむつ必須、かつお漏らしとかなりハードルの高いプレイです。
しかし疑似プレイとは違った複雑な快感が味わえます。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

プレイだけでなく催眠も魅力的な作品です。
最近発売された「OMRS.」と似たコンセプトを持っていますし
興味をもった方は聴き比べてみるのもいいのでしょう。

おまけは読む速度を20%ほど上げたバージョンとNG集です。

CV:kuroko.さん
総時間 本編…49:57 早ver…48:48 NG集…2:43

黒子ごっこ
http://kur0k0kk0.blog.fc2.com/blog-entry-48.html


耳掻きマッサージ専門店「大和撫子」倍濃~ばいのうらる~

サークル「JON」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

有料耳かき音声の草分け的存在である「大和撫子」シリーズ。
今まで出た5作品すべてが大好評と非常に人気の高いシリーズなのですが
今回は初のバイノーラル録音作品になります。
「綾乃さんの声をもっと近くで感じたい」と思っていた人も多いでしょうし
まさにファンにはたまらない一品と言えるでしょう。

肝心の内容についても正当なパワーアップを遂げており
温もりに溢れたリアルで臨場感たっぷりな音声を楽しむことができます。



綾乃さんの息遣いを感じるサービス
耳掻きマッサージ専門店「大和撫子」の耳小町、綾乃さんに耳かきをしてもらうお話。

「こんにちは 耳掻きマッサージ専門店 大和撫子へようこそ」
綾乃さんは素朴で穏やかな声の女性。
遠くからこのお店目当てでやってきたお客に対して軽く挨拶をすると
温かい声でお話しながら彼が上着を脱ぐのを手伝ってあげます。

本作品は簡単に言えばシリーズ1作目にあたる
耳掻きマッサージ専門店・大和撫子~睡眠誘導&セクシャルリラクゼーション~」の
バイノーラル録音バージョンになります。

しかし共通点と呼べるものはサービス開始前に行うやり取りくらいで
その後の細かい内容や耳かき音はまったくの別物ですから
ほぼ別の作品と思ってもらって構いません。
そもそもあちらは18禁、こちらは全年齢な時点で構成には大きな違いが生まれます。
旧作を経験済みの方でも新鮮な気持ちで楽しむことができるでしょう。

バイノーラルになったことによる大きな変化の一つは
綾乃さんの声に位置や距離の違いを感じられるようになったことです。

「では どちらのお耳からになさいますか? こっち? それとも こっち?」
耳かきを始めるにあたって彼女に膝枕をしてもらい
どちらの耳からお掃除するかのリクエストを訊かれるシーンがあるのですが
その際、彼女の声の近さに多くの人がきっと驚くでしょう。
位置についても頭より少し上から聞こえてくる声が膝枕らしさを演出しています。

元々癒し系だった彼女の声に温かさが感じられるようになりました。
録音環境の変化によって声だけでなく雰囲気もかなりパワーアップしたと断言できます。



柔らかく多彩な耳かき音
メインのサービスとなる耳かきはおよそ41分間。

最初に指で両耳をマッサージして血行を良くしてから
洗浄液に浸した綿棒を使って左→右の順にお掃除&息吹き
両耳が終わった後、最後にローションを塗り込みます。
使用する器具はシンプルですが、サービス自体はきめ細かく専門店らしさがあります。

耳の指圧は「すいーっ すっ」と滑らかで弾力のある音
綿棒は「ズズッ ズッザッ」と軽くてざらつきのある音
ローションは「くちゅくちゅ ぎゅっぎゅ」と水分の控えめなくちゅ音が使われており
それぞれが実際のサービスさながらに数秒単位でペース・強さ・動きを変化させます。

「お外の方も お掃除していきますね」「今度は少し 奥の方も」
特に最も長時間に渡って行う耳かきはサービスがとても丁寧で
最初に穴の浅い部分を掃除してから外側に移り
最後に耳の奥へと戻る、といったように位置を変えながら3段階に分けて行います。

またそこまで大げさなレベルではありませんが
外側だとややクリアで軽い音質、奥だと重さや力強さを感じる音質といったように
音についてもきちんと差が設けられています。
外から奥に移った時がその違いを一番実感しやすいのではないでしょうか。

動きについても下から上へ楕円を描くようにゆっくり大きく動かしていたかと思えば
しばらくすると左右に小刻みに動くようになったりと本当に多彩な動きをします。
実際に耳かきをされているのをそのまま録音したかのような耳かき音が楽しめます。

耳の穴の中と外側で綿棒の動く範囲に大きな違いがあるのもポイント。
耳の中は奥から手前にかき出したりする前後の動きを中心に
外側は表面を満遍なくお掃除するために上下を意識しながら動かしています。
レベルの高い耳かき音声をずっと作られているサークルさんならではですね。

「いえいえ (耳垢が多くて迷惑なんて)そんなことはないです お掃除し甲斐があって 嬉しいです」
耳かき中の綾乃さんはというと、基本的にはあまりしゃべらず
「よいしょ」などの掛け声を小さく漏らすことが多いです。
しかし、合間に耳かきを楽しんでいる様子が感じられるセリフを発して和ませてもくれます。

シリーズお馴染みの「こーら」と優しく叱ってくれるシーンもありますから
全作聴いているようなファンでもきっと満足していただけるでしょう。

このように、リアルでバリエーション豊富な音を中心とした耳かきが繰り広げられます。



心の芯までほぐれる作品
綾乃さんの声や耳かき音などすべての要素が柔らかく
その雰囲気に大きな癒しを感じる作品です。

綾乃さんの声やキャラ、耳かき音の動かし方といった元々の長所はそのままに
録音環境を変化させることで作品のレベルをストレートに進化させています。
バイノーラルになったからといって意識的に声をスライドさせるような作品もあるのですが
本作品はあくまでサービス中に効果的と思われるシーンでのみ声を動かしています。
純粋にリアリティを追及している正統派の耳かき音声です。

実は今からおよそ1か月前に発売された
耳掻きマッサージ専門店「大和撫子」技術指導音声「耳掻之作法」快楽十三手
を聴いたときに、「JONさんもそろそろやばいかなぁ」と正直思ってました。
動きについては素晴らしいのですが、バイノーラルが当たり前のようになったこのご時世では
従来の音質だとどうしても厳しいものがあると言わざるを得ないのです。

それが今作バイノーラル化したことで完全復活と言いますか
耳かき音声サークルのパイオニアとしての地位が再び不動のものになったように思えます。
レビュアーではなく1ファンとして「あぁよかった」と心の底からホッとしました。

耳かきについては前作で一部「やりすぎかな?」と思える動きをするシーンもあったのですが
今作ではそういったところもなく、耳かきというサービスをリアルに演出されています。
耳かき音声が好きな方はもちろん
音フェチ系作品が好きな方にも気に入っていただけると思います。

「こうやって 耳のツボを刺激することによって 新陳代謝を促して 耳垢が取れやすくなるんですよ」
綾乃さんは耳かきの最中だと確かに話さなくなるのですが
その前後、耳の指圧やマッサージ中は結構話しかけてきます。
だから彼女が無口なのではなく話す/話さないのメリハリがあると思ってください。
その声が放つ強烈な癒しのオーラも健在です。

安心・安定のクオリティを持った耳かき音声です。
今回はお試しとのことで価格もたったの300円。
どこを見ても文句なしな満点の作品です。

おまけは秋葉さんのNG集です。

CV:秋葉よいこさん
総時間 本編…44:08 おまけ…3:07


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

エロエロ系ねっとり催眠 サキュバスの☆童貞さんいらっしゃい♪☆

サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

こちらは女性を知りたい男の子の願望をサキュバスが叶えてあげる作品です。
今回登場するサキュバスは優しいお姉さんタイプ。
頭を撫でて軽く甘やかしながらゆっくりと性感を高めていき
温かく包み込むようなエッチで気持ちよく射精させてくれます。

催眠は一般的な作品に比べると体を動かすシーンが多く
疲れが自然な脱力を生み出し深い催眠へと落ちる手助けをしてくれます。



童貞君にエッチな夢を
サキュバスに催眠を使った筆おろしをしてもらうお話。

「うふふっ こんばんは ご機嫌いかが? 今日も素敵な夜よね」
サキュバスは甘く優しい声の女性。
オナニーに励んでいる主人公の前に颯爽と現れた彼女は
彼に最高のエッチが体験できる夢を見せてあげます。

催眠はおよそ30分間。
最初は両手のひらを首筋に持っていき頸動脈を軽く押さえた状態で
合図に合わせて呼吸をしたり首を持ち上げたりします。

「はい 息を吐きながら 首を起こしていく ぐんぐん起こしていく」
あまり見かけない手法ですが、1回1回を時間をかけてゆっくり行ってくれますので
少なくとも何をすればいいかわからないとかついていけない人はいないはずです。
息を吸い続ける/吐き続ける時間がやや長く息苦しさを感じる場合は
無理をせず息継ぎをしながらできる範囲で取り組みましょう。

「はい (首を)右に倒して 息を吐きながら右に 両目も右をぐーっと見て」
一旦休憩を挟んでリラックスした後、今度は人を探すかのように
首を左右に振りながら同時に目も動かします。
やる事自体は至って単純なのですが、複数の動作を同時に行うことから
軽く混乱して頭がくらくらしてくるかもしれません。
そうやってだんだんと彼女の声に対する心の抵抗力を奪っていくわけです。

こんな感じで催眠時に割と頻繁に体を動かすのが本作品の特徴の一つです。
基本的には寝る前とか後に用事が無い時に聴く作品ですね。
サークルさんの他の作品も運動系を使用していますし、これが作風なのかもしれません。

「私の言うことを聞けば聞くほど ふかーい催眠状態に入っていきます」
そして最後にようやく彼女のいる夢の中へと到着し
彼女と抱き合ったりおっぱいを握りしめながら、カウントと暗示で催眠を更に深くします。
ここでも力一杯に手を握りしめてから脱力させたり
寒さと暑さ、痛さとくすぐったさなど正反対の感覚を暗示で刷り込んできますので
おそらく終盤に差し掛かるころには心身に程よい疲労を感じていると思います。
それが自然なリラックス状態へと繋がり、結果彼女の声を受け入れやすくなります。

古典系の催眠法に簡単なアレンジを加えて繋ぎ合わせたやや珍しい催眠です。
何かを開始する際に短いカウントを刻みながら進めるのですが
その前後の暗示がとても丁寧で取り組みやすさを感じました。
頭と体に変化が現れているのを少しずつ実感することになるでしょう。

これもサークルさんの作風なのですが、やることの種類が多彩で聴いてて飽きが来ません。
今回紹介できた内容は全体の半分程度で、これ以外にも様々なシーンが登場します。
飽きっぽい人に向いている内容かなと。
しかしその弊害として個々の工程の説明にそれなりの時間が割かれており
肝心の暗示のボリュームがやや不足しているようにも思えます。

また冒頭の頸動脈に手を押し当てるシーンについて、私はやるのをあまりお薦めしません。
一応サキュバスが作中で強く押さえないように念を押していますが
どの作品でも動脈を押さえる系統の指示には基本従わないのが賢明です。
別にこれを無視したところで他にいくらでも催眠に入るチャンスはありますし
人によっては気分が悪くなる可能性のある行為をわざわざする必要はないでしょう。
それ以外のシーンについては指示に従っても問題ありません。



初めて味わう女性の気持ちよさ
エッチシーンは2パート40分ほど。
プレイはキス、乳舐め、手コキ、パイズリ、フェラ、SEX(騎乗位)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありませんが射精表現はあります。

「これから あなたのおちんちんを 私がたーっぷり 気持ちよくしてあ・げ・る」
催眠を使って主人公を夢の世界へと導いたサキュバスは
早速唇を重ねて女性の柔らかさや温かさを彼に教えてあげます。

エッチは童貞の主人公を終始サキュバスがリードします。
サキュバスから連想できるような激しいタイプのエッチではなく
おねショタっぽさの漂うあまあまラブラブな雰囲気の中で行われます。

「唇を重ねているだけで ドキドキが止まりません 心臓が脈打つたびに 気持ちいい感覚が 手足の指先にまで伝わっていくわ」
最初のパートは体の感度を上げるために比較的ソフトなプレイをしながら
催眠音声らしくその都度得られる感覚を暗示として刷り込んできます。
おかげで彼女との交わりが手に取るようにわかり
催眠の効果もあってそれを自分が行っているかのような感覚が味わいやすいです。

「舌がびりびりするほど酸っぱい味と ちょっとしょっぱいおしっこの味が混じって すごーくエッチな味がするの」
また暗示の内容が主人公の心と体が気持ちよくなる系統のものだけでなく
彼女の体の味や匂いといったややマイナーな部類の感覚にも触れています。
催眠のかかり具合によってはそれらをある程度実感できるかもしれません。
私の場合は最中におまんこに近い系統の匂いを感じることができました。

筆おろしらしさを出すためにステップアップする形でプレイが進むところもポイント。
唇→おっぱい→おまんこと1つずつ披露するやや焦らすような展開が
聴き手に期待感と興奮ともどかしさを与えます。
意地悪をされないタイプの焦らしプレイとして秀逸に感じました。

「女の子のおまんこってすごいでしょ? 動かしてるだけでこんなに気持ちいいのに この中で出しちゃったらどうなるかしら?」
後のパートはプレイをSEX一本に絞り、その様子を綿密に描きながら
女性と交わる気持ちよさや幸福感を味わわせてくれます。
お互いの性器だけでなく抱き合って胸も擦り合わせる恋人さながらのプレイに
心や股間が熱くなるのをきっと感じるでしょう。
そうやって心を十分に満たした後、カウントに合わせて2人同時に絶頂を迎えます。

このように、恋人同士さながらのエッチを割と主観的に味わうことができます。



心と体に熱さがみなぎる作品
男性にとっては一生の思い出になる女性との初体験の感覚を
催眠を使ってより臨場感たっぷりに楽しませてくれる作品です。

思いやりのある温かい催眠で優しさをしっかりと無意識に覚え込ませ
その後の至れり尽くせりなエッチで存分に気持ちよくする
サキュバスらしい男の心理を的確に突いたきめ細かいリードが光ります。

催眠の内容も一部を除けば基本に忠実で安定していますし
終盤に差し掛かる頃には頭と体に何とも言えない重さを感じることになるでしょう。
エッチもプレイの客観描写と暗示を中心に構成されていて
催眠に入った状態をある程度維持したまま心を操られる気分が楽しめます。
サキュバスのキャラと内容が噛みあっていて完成度は比較的高いです。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもごく僅かです。

・・・と、ここまで読んだところでこの作品の説明文を読んだ人の中には
一点腑に落ちない部分があるのではないでしょうか?
そう、「今作は完全にセルフのみで仕上げてみました。」という売り文句がそれに該当します。

結論から言うと本作品の絶頂タイプはセルフではなくウェットになります。
セルフは自分でおちんちんをしごくこと
つまり催眠状態で指示に従ってオナニーすることにあたるわけで
今回のように一切いじらないままSEXで果てるものだとセルフとは言えません。
この点だけご注意ください。

CV:霜月優さん
総時間 1:20:53


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~カウントダウン寸止め編~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

本作品は可愛い声の妹がオナホコキで気持ちよくしてくれます。
言葉責めに力を入れていた「お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~ワンコイン搾精編~」とは違い
今回はカウントを使って何度も何度も寸止めをさせてきますから
射精したいのにできない苦しさともどかしさの両方を味わうことになるでしょう。



オナホ奴隷にカウントのご褒美
妹にカウントを使った寸止めオナホコキをされるお話。

「うふふ いらっしゃい お兄ちゃん なぁに そんなに息を荒くして」
妹は甲高くて可愛い声の女の子。
彼女の調教によってもう普通のオナニーでは満足できなくなったお兄ちゃんに対して
ちょっと変わったオナホコキのご褒美をあげます。

本作品は簡単お手軽に快感を得るのを目的としており
総時間10分に対してたったの100円と非常にとっつきやすくなっています。
しかしロープライスだからといって侮ってはいけません。
妹によるオナホコキ、多彩なくちゅ音など十分な個性や品質も兼ね備えています。
この段階で言うのもなんですが、確実に価格以上の満足感が得られる作品です。

「あたしの言葉だけでこんなになっちゃったんだ この へ・ん・た・い」
妹はお兄ちゃんのご主人様にあたるわけですが
彼に対してきつく当たることはほぼ無く、軽く詰るような言葉責めをしてきます。
「奴隷」「変態」といった単語を言う際も年齢相応の穏やかな口調ですし
プレイスタイルやセリフの割にかなりあまあまな雰囲気を持っています。
プレイに興味があるならノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。



きめ細かいカウントで射精直前状態をしっかり維持
エッチシーンはおよそ8分間。
プレイはオナホコキと耳舐めです。
オナホコキの際にリアルなくちゅ音が鳴ります。

「おちんぽにあてがって ゆーっくり入れてあげる」
優しい罵声でお兄ちゃんを軽く勃起させた妹は
早速ズボンとパンツを脱がせておちんちんにオナホをゆっくりと被せます。

エッチは最初から最後までオナホを使った珍しいプレイが楽しめます。
つまりオナホのくちゅ音が作品の要となるわけですが
過去作同様かなり気合の入ったエロくて多彩なくちゅ音を鳴り響かせます。

もう少し具体的に言うと、挿入前にローションをなじませるためかオナホを揉みほぐす音
挿入直後の耳舐めをしながら比較的ゆっくり動かすシーンの音
この後説明するカウントしている最中の音など
あらゆるシーンでくちゅ音の質やペースを変えながら進めています。

以前の作品でも使い分けていたのですが今回は更にパワーアップしています。
どんなものかは実際に体験版を聴いていただくとして
100円とは思えないほどのハイクオリティな音と言い切れます。

「そろそろカウントダウンして欲しい? もう限界ってお顔してるね」
もう一つの柱であるカウントも容赦がありません。
妹はおよそ6分間に渡って何度もカウントを刻みながら
絶対に0を言わないことでこちらを射精寸前の状態へと追い込み続けます。

ここでのポイントは総カウント数が徐々に減っていくこと。
序盤は割と大きい数字ですから、ある程度セーブしながらしごくこともできますが
後になるほどいつでも射精できるように一定以上興奮を高めておく必要があります。
しかし妹は焦らしに焦らしてなかなか射精を許可してくれません。
その結果、暴発寸前の非常に厳しい状態を味わい続けることになります。

「ほら おちんぽ気持ちいいね イク イクイク イっちゃうよ」
そして最後の最後で迎えた射精の瞬間、いつもより大きな快感を得ることができました。
短時間ながらも濃厚なプレイが繰り広げられるだけあって
私と同じ感想を抱く人がきっとそれなりにいると思います。

寸止めの回数も過度に体に負担がかかるほどのレベルではありませんし
比較的簡単に一段階上の射精感が得られるでしょう。

このように、タイトル通りの個性的なプレイが繰り広げられます。



コスパに優れた作品
抜き目当てで聴く分にはかなりレベルの高い作品です。

事前のやり取りを最小限に留めてサクッとエッチを開始してくれる流れや
その後のプレイの組み立て方、特にカウントの総数や数え方が練りに練られており
時間内できっちり射精できるように導いてくれます。
妹とかオナホに興味のない方でも抜けるでしょうね。

何より驚いたのがくちゅ音をカウントを刻む回数ごとにペースを変えていることです。
1回目はノーマルにゆっくりとしごいていたのが
2回目はカウントを言うタイミングに合わせて1、2回ずつしごきます。

ストップした時はくちゅ音もきっちり止みますし
後半でセリフを言っている最中に微かに鳴らして
妹がほんのり刺激を与えているのがわかるシーンもあります。
こういったきめ細かい音の鳴らし方にとても感心しました。

「ふふ 頑張っておちんぽを限界まで気持ちよくしようね」
妹については終始主導権を握ってくるご主人様的なキャラなのですが
あくまでドMなお兄ちゃんを気持ちよくさせるためにやっている感じで
彼女自身は至って無邪気な可愛い女の子に思えます。

彼女にキスをしたりおっぱいやおまんこをいじることもありませんし
ほのぼのとした雰囲気のちょっぴり変わった愛情表現程度に留まっています。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

低コストかつハイクオリティな良作です。
時間もプレイもパワーアップした続編が後日出るらしいですし
そちらについても大いに期待できそうです。

CV:みる☆くるみさん
総時間 10:14


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

癒後輩-樹理

サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

毎回様々なテーマの癒し系作品を製作されている同サークルさんの今回の作品は
優しい後輩が耳かきとパンツを使った珍しいエッチをしてくれます。

普段は後輩らしくちょっぴり甘えん坊な仕草を見せる彼女なのですが
先輩が甘えたがりな性格をしているおかげで2人きりの時は一気に立場が逆転し
まるで母親のように彼の全てを受け入れながら愛のあるサービスを行います。
年下に甘えるちょっと変わったシチュが別方向からの癒しを与えてくれるでしょう。



いつも頼り甲斐のある先輩が見せる別の顔
後輩であり恋人でもある樹里(じゅり)に癒されるお話。

「せーんぱい ふふ こんにちは」
樹理ははきはきと話す可愛い声の女の子。
事前に先輩の家で一緒にゲームをする約束をしていた彼女は
彼にそのことを確認するついでにお泊まりさせてもらえるようお願いします。

「その私達は つ、付き合っているわけですし ね?いいでしょ?」
樹里は後輩という立場もあって常に先輩に丁寧な言葉遣いをし
今回のお願いについても強引に進めず、モジモジしながら提案するような初々しいキャラです。
樹里役のことねさんが年上系のキャラを数多く演じられていることもあって
ファンならそのギャップに萌え死にそうになるほどの愛らしさを感じるのではないでしょうか。
思いやりのある大人しい女の子といった印象を受けました。

また本作品は環境音にも力が入れられており
学校ではガヤ音や鳥の声、先輩の家ではコオロギの鳴き声が聞こえてきます。
ボリュームを声に対して小さくしてサポート的な役割に留めてありますから
あまりうるさく感じず初秋らしい静かな雰囲気に浸ることができるでしょう。

最初のサービスである耳かきは36分30秒と長時間。
右→左の順にまずは指でマッサージして血行を良くし
その後耳かき棒のみを使って浅い部分と奥の方をお掃除
最後の仕上げに数回息を吹きかける比較的シンプルなものです。

マッサージは「スシュー ジッ」と乾いた滑らかな音
耳かき棒は「ゾッ ゾッ ズリッ」とやや尖った重みのある音が使われており
前者はペースや強さを時折変えながら主に左右にスライド
後者はかき出したり左右に小刻みに往復させてこびりついた汚れを取る動きをします。
マッサージについてはかなりリアルと言えるでしょう。

耳かき棒は耳の構造を考えてそこまであちこち動き回らずに
ごりごりっと壁を擦るシーンが多いことから耳にゾクッとする感覚が伝わりやすいです。
かなり力強い動かし方ですので「ちょっとやりすぎかな?」と思うかもしれませんが
先輩にしばらく耳掃除を怠ってかなり溜まっている、という設定がされていますので
入念なタイプの耳かきとしてまず妥当だと思います。

「角度を変えて 今度は耳穴の上の方から」
音については奥を掃除するシーンの前半と後半で音質がガラリと変わります。
特に後半は角度をつけているのがわかるように引っ掛かりを多く、強くすることで
耳により強い刺激を与えてくれます。

ただ実際の耳かき音に比べるとやや硬く思えることと
耳の奥を掃除する際の音がクリアだったのが少々残念です。
手前と奥で音を使い分けているのはわかるのですが、もう少し籠っている方がリアルかなと。

「先輩って耳が敏感ですもんね これも私だけが知ってる先輩の弱点」
また耳かき中の樹里は「かき かき」「ほじ ほじ」といった擬音語を発する程度なのですが
耳の手前から奥のお掃除へと移行する時などに手を止めてちょっとした会話をしてくれます。
おかげで耳かきでは効果音と環境音を集中的に楽しめますし
合間に入る2人の仲の良い会話によって温かい雰囲気を感じることもできます。

両者のバランスがとれており、かつメリハリのある耳かきが繰り広げられます。
効果音、やり取りのどちらが好きな方でも楽しめるところがいいですね。



ひたすらパンツ、パンツ、パンツ
エッチシーンは21分ほど。
プレイはキス、パンツの匂い嗅ぎ、乳首責め、パンツコキ、耳舐めです。
パンツコキの際にリアルな効果音が鳴ります。

「じゃーん これ 何だかわかりますか?」
耳かきの後、頭を撫でたり甘い言葉をかけて労ってくれる先輩に目を瞑らせた樹里は
すかさずパンツを脱いでクロッチの部分を鼻先に当て、女性特有の匂いを嗅がせます。

エッチは冒頭のキスシーン以外は必ずパンツを使用するパンツ尽くしのプレイです。
パンツコキを取り入れている作品自体はありますが
メインに据えているものはちょっと他に聞いたことがありません。
フェチズムに溢れた、好きな人には堪らないプレイを楽しむことができます。

今回樹里が敢えて使い込んだパンツを使用しているのもポイント。
脱ぎたてなこともあっておしっこの匂いにクローズアップしたセリフが割と多く
パンツフェチのみならず匂いフェチにも対応したプレイが繰り広げられます。

「こんな変態さんでみっともない姿の先輩を見れるのは私だけ 先輩 大好き」
ちなみに樹里がいきなりパンツの匂いを嗅がせてくるのは
先輩にそういう趣味があるからであって、彼女が変態だからではありません。
好きな人のちょっと変わった趣味を受け入れ、応援してくれる献身的な女性に描かれています。

最も注目するプレイはもちろんパンツコキ。
クロッチの部分を亀頭にあてがい、12分もの間ペースを適度に変えながらしごき続けます。
「ぱつん ぱつん」というリズミカルな水音交じりの効果音を中心に
耳を舐めてくちゅ音を絡めたり、言葉責めで興奮を煽ったりと
複合的な責めによって少しずつ確実に射精へと追い込んでくれます。

「黄ばんだクロッチに 先輩の我慢汁が染み込んじゃってます うふふっ これで先輩の体液が 私のおしっこと混ざっちゃいました」
「使い込んで黄ばんだ樹理のおまんこ布に 先輩の精液出して 先輩の匂いが染み込んじゃうくらい いっぱいぴゅっ ぴゅって射精して」

言葉責めについては貶したり見下したりするようなM向けのものではなく
状況を下品な言葉を織り交ぜながら描いていくストレートなものです。
先ほどまで彼女のおまんこが接していた部分を自分の精液で汚す。
疑似SEX的な側面を匂わせてゾクゾクさせてくるフェチを意識した表現が見事です。

このように、とことんまでパンツにこだわった珍しいプレイが行われます。



パンツ好きに捧げる作品
どこを切ってもパンツなエッチシーンが強烈な個性を放っている作品です。

音声作品では比較的難しいプレイに果敢に挑戦し
私が聴いた限りではかなりのクオリティを維持した状態で表現されています。
布っぽい音と控えめな水音のバランスが良くエロさもありますし
それ以外の要素も掛け合わせて十分に抜けるプレイに仕上がっています。
これが一番の驚きでした。

それ以外の部分についてはあまり変態っぽさを出さずに
耳かき、添い寝、爪切りとサークルさんが得意とされている癒しの要素で固めています。
時間配分的にはこちらの方が圧倒的に長いので、これ目当てで聴くのもいいでしょう。
それぞれに過去作での経験を活かした安定感のあるサービスが楽しめます。

個人的には今回敢えて得意な綿棒を捨てて
耳かき棒一本で勝負してきたところが興味深いです。
聴いていてところどころ気になる部分もあるのですが
それでも一般的な耳かき音声と十分に渡り合えるくらいの品質を持っています。
以前の作品でもあった角度をつけての耳かきが耳に面白い刺激を与えてくれました。

「二人で同時に寝て 同じ夢 見たいな」
樹里は最近ではあまり見かけない非常にピュアな性格をしています。
変わった性癖を持っている先輩を決して軽蔑することなく
むしろ後押しするように自ら進んで様々なサービスをしてくれます。

良くも悪くも強烈な個性を持ったキャラを担当されることの多いことねさんが
こういうキャラを演じられているのが逆に新鮮に感じられました。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

ちょっぴり変わった要素を持った耳かき音声です。
価格が700円と時間に対してかなり割安ですから
耳かき、エッチどちら目当てで聴くにしても十分元は取れると言えます。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:32:20


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
エッチがやや人を選ぶと判断してその分低めにさせていただきました。
品質の良し悪しではなく好みの問題ですので
適性のある方が聴く分にはきっと点数以上に満足できます。


-催眠音声-DreamShop for Men

サークル「Tuberose kiss」さんの催眠音声作品。

こちらは催眠の技術を使って夢を売っているお店を舞台に
お姉さんが3種類のエッチでドライオーガズムを味わわせてくれる作品です。

Tuberose kissさんのお名前を初めて耳にする方が多いと思いますが
女性向けで過去6作品をリリースされている実力・実績のあるサークルさんであって
決してにわかではありません。
作中でも誘導や深化、そしてエッチに至るまで洗練された催眠を繰り広げており
催眠特有の感覚や性的な感覚を嫌と言うほど味わわせてくれます。

今回は彩音まりかさん演じるノーマルバージョンでのレビューをお送りします。
(他には三森愛乃さん演じる敬語バージョンがあります)



好きな夢を見せてくれる不思議なお店
とあるお店でお姉さんにエッチな夢を見せてもらうお話。

「いらっしゃい ここは催眠を使って夢を売るお店」
お姉さんは穏やかで落ち着いた声の女性。
来店した主人公に今回見たい夢のリクエストを訊いてから
ウォーターベッドに寝かせて催眠を始めます。

催眠導入・深化はおよそ14分間。
まずは仰向けの状態で足を軽く開き、彼女の指示に従いながらストレッチをします。

「両腕を天井に突き出すように上げて 手のひらをバイバイするように ぶらぶらー」
手足はもちろん腹筋にも多少負荷がかかることから
日頃運動不足の方だと少し疲れるかもしれません。
でも終わった直後にちゃんと深呼吸をさせてくれるから大丈夫。
そして程よい疲労感の中、自分がさっきよりもずっとリラックスしているのを実感するでしょう。

「自分の腕が自分のもので無いような 不思議な感覚に包まれて どんどん力が抜ける 感覚がなくなっていく」
お次は全身を両手、両足、お尻、腹などいくつかのパーツに分けて脱力を行います。
よくある1カ所ごとに入念に暗示を入れていくタイプとは違って
全身を一通り撫でるように2度行うところがちょっと珍しいですね。
おかげで1回目と2回目の脱力具合を比較する機会が生まれ
後になるほど自分が脱力していることを実感できます。

特に2回目は1回目に比べて明らかにお姉さんの声のペースが緩やかになり
暗示以外の部分によっても心を落ち着けさせてくれます。
私の場合はここで手や足の先といった末端から胴体→頭と
体の中枢に向けてぴりぴり、じんじんとした感覚が伝わっていきました。

「引き込まれるように落ちていく どんどん落ちて 君の意識も落ちて 落ちるスピードは加速度を増して 意識は深いところへ沈んで」
そして最後は夢の世界へと移動し、物理的に落下するイメージを使って催眠を深めます。
非常にスピード感のあるお姉さんの暗示を聴いていると
最上階からエレベーターで一気に降下した時のような感覚がするかもしれません。
事前の準備がしっかりしているのでこの「落ちる」感覚は比較的味わいやすいと思います。

作品説明文にもある通り、漸進的弛緩法と分割弛緩法を使った比較的シンプルな催眠です。
最初の運動と深呼吸に5分もの時間を割いてしっかりリラックスさせてから
「力が抜ける」「意識が沈む」といった催眠に入るイメージに近い暗示を何度もぶつけて
少しずつ確実にその状態へと導いてくれます。

正直1回目の脱力を聴いた段階ではきちんとできるか不安だったのですが
2回目でぐぐっと一気に体が重くなってびっくりしました。
1回目の時点で過去に体験した脱力感を反芻していたのだと思います。
かなり強烈な感覚でしたし、あまり催眠に慣れていない方でも味わえるのではないかなと。
短時間ですが時間以上の十分な威力を持っている催眠と言えます。



3つのシチュでドライを促す
エッチシーンは60分ほど。
プレイは触手による全身愛撫/おちんちんとアナルへの同時責め
お姉さんとのキス/全身舐め/乳首責め/亀頭責め/SEX(騎乗位)
女体化してから電車内での痴漢(受け)
です。

触手プレイ、亀頭責め、SEXシーンでややリアルなくちゅ音が鳴ります。(無しも選択可)
セルフはありません。

「雨とは違う、別のもの 水のように透明だけど そこに確かに存在する クラゲのような 触手」
夢の世界に落ちてとある森にたどり着いた主人公は
そこで無数の触手を持った生物と出会い、全身を犯され始めます。

エッチは森の中で触手に全身を責められる「森」
お姉さんと恋人同士になって愛のあるエッチをする「Lovers」
事前に女体化してから彼女に指で責められる「電車」と
シチュのまったく違った3種類のプレイを楽しみます。

それぞれの内容が完全に独立しているため順番や選択は完全に聴き手の自由。
時間的な余裕のない時は1つだけを選んで聴けばいいし
がっつり楽しみたい時はすべてを通しで聴くこともできます。
詳しい繋げ方などは付属のテキストにきちんと書いてありますので
皆さんのスタイルに合わせて作品をお楽しみください。

「森」はぬるぬるとした液体のような質感の触手に手足を絡めとられ
全身に媚薬効果のある分泌液を塗りたくられるかなり個性的なプレイ。
お姉さんはその状況をわかりやすく教えながら、暗示を使って段階的に感度を上げてくれます。
プレイが進むほど彼女の声がより艶めかしいものに変化するのも手伝って
全身が徐々に熱くなっていくのがよくわかるでしょう。

「そんな簡単に触ってもらえると思う? まだまだ お・あ・ず・け」
しかし触手はわざと股間をスルーして足を刺激し始めるなど
おちんちんへの責めをなかなか始めてくれません。
聴いている最中はもどかしい気分でいっぱいになる人が続出するはずです。
とことん焦らしてドライへの準備をじっくり整えてくれるのが本作品の特徴です。

「細い触手がぬるっと君のお尻の中に入る 充分にほぐれているから痛みは感じない 敏感な入口を刺激されてむしろ気持ちがいい」
そうやって焦らしに焦らしたからこそ
本プレイであるおちんちんとアナルの同時責めは激しい熱と快感が味わえます。
特にお尻は開発している人が少ないだけに
お尻に触手が侵入した所でカーッと熱くなるのを実感しやすいです。

最後の絶頂を迎えるシーンでも
おちんちんやアナルが熱くなったりビクビクしっぱなしだったのをよく覚えています。
溜めに溜めてから一気に放出するスタンスこそが
ここまでの快感を与えてくれた一番の要因だと私は考えています。

「今夜の君は私だけのもの 夢の中だけの 恋人 2人で 甘い夢を見よう?」
続く「Lovers」は先ほどの変態チックなプレイから一転して
お姉さんにぎゅっと抱きしめられたり全身をキスされて幸せを感じます。
時間が30分と一番長く属性もほぼノーマルと最も聴きやすいシチュです。
こちらも暗示やカウントを絡めて段階的に感度を上昇させ
十分な体勢が整ってから一つになるドライを意識したプレイが繰り広げられます。

しかしここは彼女が支配する夢の世界。
当然のことながらすんなりと絶頂させてはくれません。
彼女はテーマに即したちょっぴり変わった方法でこちらの快感を蓄積していきます。

「ほら 私が指を鳴らすと君の中の快感はそのままで 時間だけが少し巻き戻るの」
具体的には感度を維持したままプレイをある程度巻き戻し
同様のプレイを再度行う
といったものです。

他の催眠音声では聴いたことのない演出であるのと
純粋に暗示を重ね掛けすることからそれなりの効果が見込めると思います。
繰り返すシーンもそこまで長くはありませんし、1回だけですから
聴いていて飽きることもまず無いでしょう。

「右に 左に 揺れて 揺れて 気持ちが良くて どんどん頭がぼーっとする」
そして最後の「電車」は一度男性の状態で満員電車に乗り込み
電車のイメージを交えながら意識をさらにぼかし
そこから一気に女性に変身するような女体化を行います。

ボーナスパートということで総時間が12分とかなり短いのもあるのでしょうが
かなりざっくりした女体化に思えます。
多少強引に感じる部分もあるため女体化音声経験者向きかなと。
プレイについてもお尻を撫でてからクリトリスを責められる比較的ソフトなものです。

このように、聴き手にドライオーガズムをさせることを意識した珍しいプレイが繰り広げられます。



作りはシンプルだが重厚な作品
ドライオーガズムをかなり狙いやすい作品です。

3つのプレイすべてがドライを終着点としているのに加えて
「森」と「Lovers」が性感を高めることに力を入れながらプレイを進めています。
ある程度感度を上げてからカウントや暗示で追い込むのはドライ系の王道パターンなのですが
それらに比べて感度の上昇部分の時間と暗示のボリュームがとんでもなく多いです。
要は準備がしっかりしているから狙いやすいですよ、ということです。

中でも「森」パートがずば抜けて優れています。
プレイの奇抜さに目がいきがちなのですが、表現が的確かつ重厚な暗示が素晴らしいです。
もう少しわかりやすく言うと、お姉さんはほぼすべてのセリフを聴き手視点で表現しています。
だから自分が実際に作品の世界にいるかのような感覚が自然に湧いてきて
触手の責めを主観的に捉えることができ、その結果気持ちよくなれるのです。

重厚感についても表現を変えながら何度も感度上昇の暗示を入れたり
一転して時間を巻き戻しながら再度同じ暗示を入れたりしてきますから
一般的な作品に比べて体が性的に熱くなる感覚が実感しやすいです。

ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~」というドライ系の名作があるのですが
それも本作品のようにとことんまで焦らして最後の最後で絶頂を促してきます。
時間の関係であの作品ほど長々と焦らすわけではないのですが
その時に味わったドライの感覚に近いものを今回体験することができました。

催眠はエッチの長さを考えてかなりコンパクトにまとめてあります。
しかし心を落ち着かせるべき時はのんびり、落とすところは畳みかけるようにと
主に声のスピードを意識したお姉さんの演技が素晴らしく
一気に催眠の世界に引きずり込むような力強さがあります。
催眠に入る感覚は十分に楽しめるでしょう。
エッチのインターバルで再度深化を行ったりとアフターケアもバッチリです。

エッチはM、ノーマル、ややMとやや幅広いプレイが楽しめます。
触手と言うと滅茶苦茶にされて何度もイかされるようなイメージがありますが
本作品ではスタイルの関係で最後に一回大きな絶頂を迎えます。
元々が女性向け作品だった関係で表現も比較的柔らかく
触手に嬲られるのではなく優しく愛撫されているようなプレイと表現するのが妥当です。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

気になった点を強いて挙げるなら、ドライに追い込む際にカウントを刻んだり
絶頂のタイミングで2、3追い込み暗示を入れるといった合図が欲しかったところです。

総合的に見てドライ系の良作と判断しました。
実力のあるサークルさんだというのは存じてましたが
正直ここまで気持ちよくしてくれるとは思いませんでした。
近々別の作品も発売されるそうですし、そちらについても大いに期待できそうです。

おまけは三森さんによる安眠誘導-関西弁ver-です。

CV:彩音まりかさん、三森愛乃さん
総時間 彩音さんver…1:39:12 三森さんver…2:08:26 おまけ…22:29


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
体験版の中には全編の台本もあります。
作品についてもっと詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。


【田舎耳かき】道草屋 芹-ご連泊【ソルフェジオ音源】

サークル「桃色CODE」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

毎回様々な新要素を登場させて我々を驚かせてくれる「道草屋」シリーズ。
今回は連泊形式にすることで作品を大きく2つのシーンに分け
それぞれにまったく異なる雰囲気を持たせながら
夏が終わり秋が始まるこの時期をアットホームに表現しています。

過去作で好評だったリアルな効果音や環境音も健在。
それらに加えて今回はソルフェジオ周波数という特殊な音も投入し
従来よりも強力な癒しを与えてくれます。



いつもの耳かきにちょっと変わったエッセンスを
道草屋の店員「芹(せり)」から二日間に及ぶ癒しのサービスを受けるお話。

「はいはいはいはいはい すみません お部屋に不備が無いか 急に不安になりまして…」
芹はおっとりした穏やかな声の女性。
連泊の予約を取って来店した主人公をちょっぴり慌ただしそうに出迎えた彼女は
本当に連泊で合っているのかを再度確認しながらお部屋へと案内します。

本作品は過去作「【田舎耳かき】道草屋 すずしろ-縁側 【あまがみ】」と同様に
サービスを二日間に分け、一日目はマッサージや耳かきを中心とした王道的な癒しを
二日目は怪談や三味線での弾き語りによって別方向から心を解きほぐしてくれます。

過去作同様全編で鈴虫やセミの鳴く声が控えめなボリュームで常に鳴り続けますから
音声作品の弱点ともいえるセリフの無い時間にも意味が生まれ
実際に田舎に行ったかのような落ち着いた気分が味わえます。

また一日目に限り今回新要素としてソルフェジオ周波数が使われています。
調べたところ精神面にプラスの効果を与える音として讃美歌にも使われており
具体的には罪・トラウマ・恐怖からの解放やDNAの修復を行ってくれるそうです。
ネットで実際に聴いた感じだと音叉の音にかなり似ていました。

「まずはしっかり お汗を拭かせていただきますね」
一日目のサービスの最初は汗拭きと肩たたき。
背中や腕を布で拭ってから拳を使ってとんとんと叩き、その後寝かせて胸や首を拭きます。

汗拭きは「ソリ スー」と軽い乾いた音が使われており
拭く部位に応じて小まめに音の位置を変えながらゆっくりと動きます。
背中や腕を拭いている時は音が控えめに感じたのですが
右耳→顎→左耳とスライドするように首を拭うときはとても近くてリアルでした。

肩たたきについてもやや重みのある音が左右交互に鳴り響き
耳の後ろあたりを軽く叩かれているような感覚が味わえます。

「二の腕は 胸の柔らかさと同じ あれ嘘なんですよー」
またサービスとはまったく関係の無い話題を持ちかける芹のセリフにも癒しを感じます。
挿し絵を見るとクールで近づきがたい印象を受けるかもしれませんが
「二の腕と胸の柔らかさは明らかに違う」と力説するなど
実際はのほほんとした天然っぽいキャラをしています。

この後の耳かきでも「ビールはヱビスが好きだけどスーパードライも捨てがたい」と言いますし
あまり店員っぽさを感じさせないところが彼女の魅力の一つと言えます。
効果音の邪魔をしないように意識的に間を開けながら話しかけてくれるところもいいですね。

「外周から 失礼いたしますね」
メインのサービスとなる耳かきはおよそ31分間。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に軽く拭いてから耳かき棒で外側を中心にお掃除
その後綿棒に切り替えて細かい汚れを取り、最後に1回長めの息吹きをします。

耳拭きは「ぞわ ずり」と乾いたざらついた音
耳かき棒は「ポリ ショリ」と乾いた軽い音
綿棒は「ジュリッ ズリュッ」とややざらついた音が使われています。

音についてはどれも十分にリアルと言えるのですが
耳かき棒と綿棒は同じところを何度もほじくるような動きをしているため
耳全体を綺麗にされているという感覚はちょっと味わいにくいかもしれません。
しかし耳拭きは優しく撫でるようにゆっくりと前後に動かしていてとてもリアルです。

また芹に膝枕をされているのがよくわかるように
最中は耳かきをされていない側で時折布の擦れる音がするのもポイント。
細かい部分にもきちんと音を鳴らすことでサービスをよりリアルに演出しています。



ちょっぴり怖くて楽しいひと時
二日目は夕暮れ時に部屋へとやってきた芹が
怪談・耳舐め・三味線での弾き語りの3つのサービスを行ってくれます。
怪談はそういうコンセプトの作品があるのですが、三味線はちょっと聞いたことがありません。

「見知らぬ細い道 見知った細い道 散歩中なんかに なぜだか妙に 細い道が気になることが ございませんか?」
怪談は「戸を叩く音」と「はんぶん」の2つのお話。
どちらも道草屋にちなんで田舎の宿を舞台としており
思い切り怖がらせるのではなく、ちょっぴりゾッとさせるくらいの比較的ソフトなものです。

それでも「はんぶん」は登場する妖怪がアレな見た目をしていますので
イメージしてしまうと聴いた後の寝つきが悪くなるかもしれません。
芹の演技にかなり力が入っていてスリルは十分に味わえます。
詳しい内容については聴いてのお楽しみ、ということで。

「至れり尽くせり もう一つ よっ 三味線」
もう一つの新要素である三味線も披露する唄は2種類。
実際に演奏されて録られたのでしょう、非常にクリアでリアルな音色が楽しめます。
しかし三味線のボリュームが芹の声より大きい関係で
私には彼女の唄の歌詞をうまく聴き取ることができませんでした。
良いお声で唄われていただけに非常に残念です。


2014/9/20追記
三味線のボリュームを落とした音量調整版が追加されたため解決済みです。



無難な癒し系作品
サークルさんの売りである高品質な効果音や環境音で安定感を持たせながら
ちょっぴり変わった要素を加えて個性を生み出している作品です。

過去作で何度も言っていますが足音や着替えをする際の布の擦れる音
廊下を歩く際に床がきしむ音など、本当に細かい部分にまで効果音を用意し
さらにバックで昼はセミ、夜は鈴虫の声を鳴らして道草屋の雰囲気を出しています。

音声作品だと無音の時間が長いほど物足りなく感じるものなのですが
本作品ではそれすら演出として利用しながら物語を進めています。
桃色CODEさんはこういった音の使い方がずば抜けて優れているサークルさんです。

「右耳からー …こっち 左ですねー」
そしてメインキャラである芹にもきちんと個性を持たせ
彼女ならではのセリフで和やかな雰囲気を作り上げています。
しっかりしてそうに見えていてどこか抜けているところに魅力を感じました。
店員さんより近所のお姉さんに近い親しみの持てる女性と言えます。

一方新要素については詰めが甘いように思えます。
怪談はともかく三味線はかなり期待していただけに…うーん。
後日ボリュームを調節したバージョンが出てくれるといいのですが。


2014/9/20追記
音量が調節されたおかげで作品の風情に適した個性的な要素となりました。
時間も6分程度と短めで物語の脇を固める良い役割を果たしていると思います。

ソルフェジオ周波数の効果を実感できるかは人それぞれでしょう。
環境音が鳴り続けるおかげで音がカムフラージュされており
少なくともこの音が気になることはありません。
「鳴らしてるよ」と言われないとおそらく気づかないのではないでしょうか。
ヘミシンクのように音を前面に押し出して癒しを与えるタイプではないことにご注意ください。

いくつか首を捻る部分があったことから今回は以下の点数とさせていただきました。
過去に満点を2本出している関係で少し評価が辛くなっているのかもしれません。
ですが桃色CODEさんなら次回作以降できっと改善してくれると私は信じています。


2014/9/20追記
肌寒くなりつつあるこの時期を多彩な音で表現している作品です。

CV:雁庵うずめさん、餅よもぎさん
総時間 1:43:28(一日目…54:55 二日目…48:33)


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパで+1してあります。

あと作品説明文には特に書いてませんがバイノーラル録音と思われます。

2014/9/20追記
気になっていた部分が改善されたことを受けて点数を1点プラスし9点に変更しました。


ささやき庵 双葉 陸

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

音声作品として非常に有名なささやき庵シリーズの中で
一番最初に、そして現時点で7作品と最も多く登場しているのが双葉です。
(添い寝屋本舗や外伝も合わせると全部10作品)
彼女からこのシリーズを聴き始めた人もそれなりにいるのではないでしょうか。

本作品はその6番目にあたり、満月の夜を舞台に濃厚なエッチを繰り広げます。
過去に5回もサービスを行っているだけあって主人公との仲はとても良く
まるで彼女が恋人にでもなったかのような甘く幸せなひと時を送ることができます。



特別な日に特別な場所で
ささやき庵の小町「双葉」にエッチなサービスをしてもらうお話。

「いらっしゃいませ ささやき庵へようこそ ご指名ありがとうございます」
双葉は明るく清らかな声の女の子。
およそ半年ぶりにお店を訪れた主人公を暖かく出迎えながら
本日のサービスを行う部屋をいつもと違った場所にしようと提案します。

今回の物語のテーマは「満月の夜」
いつもはささやき庵の中にある専用の部屋でプレイを行うのですが
それでは満月を見ることができないということで、挿絵のような天窓のある部屋へ移動します。
ちなみにこの月の間はささやき庵の姉妹店「添い寝屋本舗」にあるそうです。

実際に2人で移動しながら会話をするシーンもあったりと
かなりボイスドラマ色の強い内容になっています。
そしてその際、彼女の声の距離や位置が目まぐるしく切り替わり
彼女がまるで本当に近くにいるかのような臨場感が味わえます。
体験版を聴いていただけばわかるように、バイノーラル録音なのでとんでもなくリアルです。

「月を見ていると なんだか 引き込まれそうな 錯覚を覚えます」
お部屋に移動した後、双葉に添い寝されながらするお話も月に関するものばかり。
2人で持ち寄った月にちなんだ和菓子を食べながら
ささやき庵の元となったお店「紅月庵」のことや
よくウサギの影に似ているといわれる月の模様についての物語をしてくれます。

内容的に聴いてるとちょっぴりホロリとくるかもしれません。
タイトルにもなっているささやき声も相まって、2人だけの落ち着いた空間が形成されています。
ちなみにささやき声は全編でおよそ46分もの間楽しめます。



満月は女を淫らに変える
エッチシーンは3パート43分間。
プレイは双葉への乳揉み、乳首責め、全身舐め、クンニ
主人公への全身舐め、フェラ、SEX(騎乗位)、キス
です。
エッチな効果音はありません。

「今日は 特別な夜です あなたの望み 叶えてあげます」
物語を通じて自分のすべてを捧げることを主人公に打ち明けた双葉は
最初に自分の体を隅々まで好きなように舐めさせてあげます。

エッチは最初のパートが主人公、2・3番目は双葉が責める攻守逆転型です。
お店形式の場合、女性側が終始責めるタイプの作品が多い中で
ささやき庵シリーズだけは必ず女性が責められて乱れるシーンが入っています。

「ほら 双葉のおまんこ よく見てください 目で犯してください」
といってもお店のサービスですから双葉も完全なマグロになるわけではありません。
自分からパンツを下しておまんこを開き、中を見せつけながら舐めてくれるように懇願します。
声質や普段の様子とは打って変わった淫靡な態度に多くの人が興奮を覚えるでしょう。
控え目ながらも徐々に熱さを増す彼女の息遣いもたまりません。

「おちんちん ぺろぺろしてほしいですか? でも だーめ」
そして攻守が逆転すると彼女はわざと焦らすことで興奮を煽ってきます。
唇、頬、おでこ、顎と比較的敏感でない部分を軽く舐めていくソフトなプレイなのですが
ゆっくり、ねっとりしたちゅぱ音がそれを覆すほどのエロのパワーを持っています。
中でも耳舐めが実際に舐められていると錯覚するほどの近さを感じました。

その後のSEXシーンももちろん外せません。
夢の中で行うイメージ的なプレイではなく2人が実際に繋がります。

ささやき庵では本番行為が禁止となっていますから
どういう経緯でこうなったかというのも一つの聴きどころですね。

「出してっ 双葉のおまんこの中に 精子ください いっぱい出して」
彼女自身もこの時を相当に待ちわびていたのでしょう。
挿入した瞬間とても幸せそうな吐息を漏らして喜びを露わにします。
またピストン開始後に一定の間隔で近づいたり遠ざかったりする
熱く切ない喘ぎ声もプレイの様子をリアルに演出しています。
効果音があればもっと抜けるシーンになっていただけに、それだけが残念でなりません。

このように、心の通った恋人同士のような甘く濃厚なエッチが繰り広げられます。



お店のサービスから一歩踏み出している作品
専門店につきものの2人の距離感を敢えて取っ払い
雰囲気をより親密に、プレイをより深く感じさせてくれている作品です。

最初に会った瞬間、久々の再開を心から喜ぶ双葉の様子や
その後の移動からエッチ開始に至るまでの何気ない会話から
2人の関係が単なるお客と店員ではないことが強烈に伝わってきます。

エッチについても彼女は彼がどうしたら喜ぶか、どこが弱いかを知り尽くしており
彼の男を立てながら満足できるようなサービスをたっぷりと行ってくれます。
専門店なのに愛のあるエッチを楽しむことができる作品です。

実は作品を聴き終えた直後、私はこのスタンスに結構批判的でした。
「専門店なのだからお客と店員の立場は守るべき」というのが理由です。
ですが、こうやって記事を書きながら色々考えているうちに
「こういう作品もありなのかな?」とも思うようになっています。

というのも、2人は今回で通算6回も肌を合わせているわけですから
情というか、親しみが湧いてくるのは当たり前だと思うのです。
例えば初めてのサービスでいきなりこういう関係になったらそれはおかしいですけど
何度も通ってくれてるのに余所余所しいというのも逆におかしいですよね?

一人でここまで続いている作品は他にありませんし
双葉に関してはこういう展開になるのもある意味自然なのかなと。
結局は人それぞれなんでしょうがこれが私の今の考えです。

エッチについては最初のパートが吐息中心、2番目と3番目がちゅぱ音中心となっており
後の2つのパートではバイノーラルを生かして小まめに音の距離や位置を変えてきます。

文字数の関係で紹介できなかったフェラに関しても
「ずいりゅっ ずびっ」といった他に比べてかなり下品な音を立てて一気に盛り上げてくれます。
舐めてる最中はセリフが一気に減りますし、かなり抜けるシーンではないかなと。
ただボイスドラマらしくやり取りにもある程度時間をかけていますので
抜きボイスと呼ぶにはちょっと疑問を感じます。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

専門店形式作品としても、ささやき庵シリーズとしてもやや特殊な要素を持った作品です。
小町が恋人になってくれる設定的に没入感がかなり得られますから
最近寂しい思いをしている人に特にお薦めします。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:18:46


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

2015年10月18日追記
過去の作品にも本番行為があるとのご指摘をいただいたのを受け、該当部分を訂正しました。
失礼致しました。

半自動オナサポソフト シコリーダー!

サークル「俺得本舗」さんの同人音声作品。

こちらは専用のアプリケーションを使って音声をランダムに聴きながら
自分の好きなスタイルでオナニーを楽しむオナサポツール的な作品です。
本編だけでも合計350もの細かく区切られた音声ファイルが存在し
ボタン一つでシーンに応じて的確に流しながら射精へと追い込んでくれます。

システム的にすべての音声を聴くのが非常に困難なため
今回は作品の概要や使い方、使い勝手に関する説明と
実際に聴いてみた時の体験レポートを中心にお送りします。



カスタマイズ性に優れた専用ソフト
秘密クラブで松浦香織と倉橋美咲にオナサポをしてもらうお話。

「あらあら またおちんちんシコシコしに来たの? いいよ お姉さんが気持ちよーくしてあげる」
香織(おそらく挿し絵左)は甘く優しい声のお姉さん。
「なにあんた またシコシコしに来たの? 好きだねぇ」
美咲はトーンの低いちょっぴり気の強そうな女性。

深夜の保育所で営業している秘密クラブへとやってきた主人公は
そこの経営者である香織とメンバーの美咲に声をかけられながらオナニーをします。
…というのが物語の背景なのですが、作中ではそういったことを2人は一切語らず
早速「シコシコ」の掛け声とこちらを興奮させるようなセリフの両方をぶつけてきます。

冒頭でも触れたように、本作品は音声単体で聴くタイプではなく
専用のアプリケーションソフトを起動し、それを操作する形で音声を楽しみます。
これ無しでは語れない作品ですので、まずはどういったものなのかについて説明します。

シコリーダー2

同梱されているEXEファイルを起動すると上の画面が表示されます。
(下半分の赤・青・緑の枠線は私が書き加えたもので本来はありません)

赤い枠線内は上部が寸止めでのオナサポを受ける時間
下部は左から順に寸止めモードの開始ボタン、ガチコキモードの開始ボタン
寸止めモード中に射精が近づいた際、すぐさまガチコキモードへ移行するボタン
射精する瞬間に押すボタン、終了ボタンです。

寸止めモードとガチコキモードの違いですが、まず寸止めモードで開始した場合
設定した時間いっぱいは射精を我慢しながらオナニーを行います。
そして時間が0分になった段階でガチコキモードへと移り
そこで彼女たちの声に促されながら射精をすることになります。
ちなみに自動で射精後のシーンに移行することはなく射精ボタンを押す必要があります。

「射精の直前にボタンをクリックするとかきついっしょ」と思う方がいるかもしれませんが
本作品ではキーボードのスペースキーを押しても射精へと移行しますので
切羽詰まった状態でマウスカーソルを合わせるといったことをする必要はありません。
このように聴き手がストレスなく使えるように考えて作られているのが特徴の一つです。
何度も使うことを前提とした作品なだけに、こういった配慮は非常にありがたいですね。

青い枠線内は作中で常に流れ続けるシコシコの掛け声を設定する部分。
上の数字がボリューム、左下がシコシコ及びプレイ開始時の担当設定
(デフォルトだと01が香織、02が美咲、03と04はブランク)
右下が声の鳴る位置になります。

作中ではこのシコシコとこの後説明する淫語ボイスが同時に流れます。
1キャラあたり30秒程度の音声が約30パターンとバリエーションが豊富で
ペースも小まめに変化しますからそれに合わせてしごくとより楽しめるでしょう。
ちなみにボリューム・声の担当・声の位置いずれも途中からの変更が可能です。

03と04については登場人物が2人なため、この2つは我々が声を用意する必要があります。
一応おまけで03にゆっくり魔理沙、04にゆっくり霊夢を入れることもできますが
あの声で抜けるかどうかは本当に人それぞれだと思います。

緑の枠線内はシコシコに並ぶもうひとつの柱である淫語ボイスの設定を行う部分。
名前の通り淫語を多めに織り交ぜたセリフでシコシコとは別の方向から射精を促します。
数字はボリューム、そのすぐ右にあるのが声を流すか否かのチェックボタン
下にあるのが声の位置と先ほどとほぼ同じです。
こちらも最中にボリューム・声の位置・人数を変更できます。

しかしシコシコと違ってこちらは複数人同時に声を流すことが可能です。
例えば中央にシコシコを置いて右を香織、左を美咲に設定すれば
2人の女性から声をかけられながらオナニーするシチュが生まれます。
セリフの内容を聴き取ることにこだわらなければ最高4人まで相手にできることになります。
シコシコだけを聴いて黙々としごきたい人は0人にするのもいいでしょう。
こんな感じでカスタマイズ性にかなりこだわった作りをしています。

あと音声には直接関係の無いことなのですが
上部の画像を好きなものに変更することができます。
自分の好きなキャラを視覚的なオカズにしながら聴けばきっとより興奮できるでしょう。



優しくされるのも意地悪されるのも聴き手の自由
ここからは実際にソフトを使ったらどんなものかについてレポートします。
今回は時間がデフォルトの10分コース、相手は香織と美咲をマンツーマンで合計2回
どちらも寸止めコースに設定して聴いてみました。

「きゃーん 素敵素敵 ボクちゃんシコシコの天才だよ 大天才だよ もっともーっと素敵なシコシコ私に見せて見せて」
香織は子供好きな保育士というキャラなため、主人公のことをボクちゃんと呼び
基本的にはこちらを甘やかし、励ますような声をかけてきます。
典型的なお姉ちゃんキャラといったところでしょうか。
幼児プレイ的な要素も含まれてますので、そういうのが好きな方なら尚楽しめます。

バックで流れるシコシコも序盤は割とゆっくりなものが多く
相当に溜まっている人でもなければ暴発する可能性は低いと思います。
しかし5分ほど経過した所で一転してペースが速くなるシーンもありました。
音声はランダムなのでたまたまそうなっただけのはずですが
気を抜くと暴発してしまいそうなヤバい状況に陥る人もいるでしょう。

「おちんちんさん よーしよーし よくがんばったね おちんちんさん ありがとうね よーし よーし」
ガチコキモード移行後も声のペースが速くなる分追い込まれる感じがありますが
先ほどと同じく応援し、射精後も優しく労ってくれる温かい雰囲気が漂い続けます。
終始あまあまでプレイ中も射精後も心満たされるものを感じました。

「んもぉ 豚みたいな声あげちゃってさぁ なっさけなーい」
「なーに そんなに射精したいのかい? ま 許してあげないけど」

対する美咲編は一転して見下すタイプのセリフをぶつけられます。
元ヤンだからか言葉遣いも「豚」「馬鹿」といったわかりやすい単語が多く
やる気なさそうに応援してきたりと随分違った雰囲気を持っています。
こちらは完全にM向けですね。

シコシコのペースも香織に比べると全体的に速く
割と早い段階から射精感がこみあげてきました。
プレイについても比較的ハードに思えます。

「出たー うーわ なにそれなっさけない射精 ぴるっぴるーって 出来損ないの水鉄砲みたい 射精ひとつまともにできなのかい」
そして射精後についても当然のごとく罵声を浴びせられます。
痴態を見られる恥ずかしさ、射精後のセリフに打ちひしがれる気分を味わいたい方は
迷わずこちらを選択することをお薦めします。

このように、2人の登場人物を活かした対照的なプレイを楽しむことができます。



細部にまで目が行き届いた作品
今まで聴いてきたこの手の作品の中でダントツに優れている最強のオナサポツールです。

音声作品でアプリケーションを使うタイプの場合
ボタンや選択肢を押すと音声が流れるあたりで留まっているものがほとんどです。
それが寸止めか即射精したいかを選択できるところから始まって
個々の音声の人数やボリュームを即座に自由に変更できたり
オカズ用の壁紙まで表示できる機能がついていたりと
様々な部分で痒いところに手が届きます。

音声をランダムで流す以外の部分にも力が入れられているところが素晴らしいです。
サークルさんの心遣いが至るところで感じられました。

肝心の音声についてもバリエーションがびっくりするほど豊富です。
「シコシコ」だけで30以上のバリエーションを用意している作品なんて聞いたことがありません。
他にも香織のバージョンだと寸止め中に流れるボイスが53パターン
ガチコキ時が41パターン、射精時は通常が10パターン、暴発時が3パターンと
5回程度では絶対飽きない量の音声ファイルが用意されています。

各ファイルの時間は全体的に短めですが、中には異常に長いものもあったり
表現や責める方向性も多様だったりと量だけでなく質も優れています。
セリフをひねり出すのに相当苦労されたのではないでしょうか。

キャラについても天使な香織、悪魔な美咲と2人を両極端な性格に設定し
それぞれの得意な責め方でこちらに興奮を与えてきます。
今回は敢えて試してませんが、2人同時に責められるのもそれはそれで楽しめるでしょう。
淫語超大量、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

「こんなツールがあってくれたらなぁ」をそのまま具現化したかのような作品です。
日々様々な音声作品を聴いていますが、ここまで度肝を抜かれたのは本当に久しぶりです。
本作品を18禁同人音声では15本目の満点とさせていただきました。

おまけは2人の喘ぎ声、シコリーディング、どぴゅ、体操のお姉さん、吐息、嘲笑音声と
ゆっくり霊夢、ゆっくり魔理沙バージョンのオナサポ音声です。

CV:榊山すずさん、神崎菊花さん、ゆっくり霊夢、ゆっくり魔理沙
音声の合計時間 本編…1:52:33(ファイル数351) おまけ…1:28:58(ファイル数377)


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ