同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

ちょっとヤンデル彼女の束縛催眠

サークル「RubCraft」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを病的にまで愛してる女性が
冷え込み始めてる仲を修復しつつより親密になろうとします。

催眠を使って頭の中を空っぽにし、そこにこれまでの楽しい思い出を愛情と一緒に詰め込んだり
エッチの最中に好意の言葉を何度も言って快感と幸福感を同時に与えるなど
ヤンデレから連想される重さや暗さをかなり和らげた純愛ストーリーが楽しめます。
愛する人を優しく束縛
彼女に自分をもっと好きになる催眠をかけられるお話。

「今日は晴れてよかったね え? ものすごく嬉しそうって?」
彼女は明るくて可愛い声の女の子。
このところなかなか一緒にいられなかった主人公とのデートに喜ぶと
自分の気持ちをはっきり伝えてから彼を自宅に招待します。

本作品は以前はラブラブだったのに最近は彼とやや冷めた関係にある彼女が
状況を改善するためにおよそ90分に渡るエッチな催眠を施します。
2人の愛を再確認することを重視してるのでエッチよりも催眠の時間を長く取り
お疲れ気味な彼をしっかりリラックスさせながら自分の魅力を小まめにアピールします。

本作品のタイトルを見てまず目につくのは「ヤンデル(=ヤンデレ)」なのではないでしょうか。
ハードなものだと長期間に渡って監禁したり相手の命を奪う展開になる重いジャンルですが
今回は聴き手に重さをあまり感じさせない程度に心身を縛りつけます。

「本当はね 毎日会いたいし 毎日君の声聞きたいんだから」
冒頭のデートシーンではとても嬉しそうな表情で彼への好意をストレートに伝え
自宅に誘う時も「マッサージで癒したい」と彼を心配してることを強調します。
その後も体を拘束して無理矢理何かをすることは特になく
催眠の技術を使って心を引き寄せ一緒の時間を過ごすことに幸せを感じさせます。

最終的には彼女の言いなりになるので一応洗脳にあたりますが
そのやり方は一般的なヤンデレ作品よりもずっとマイルドで聴きやすいです。
エッチも幸せイキを目指して責めますし、ガチなヤンデレを期待して聴いたら拍子抜けするほど雰囲気は甘いです。
ただし、エッチの最後でそれなりにヤンデレな描写がありますから苦手な人は避けたほうがいいと思います。
癒しながら愛を注ぐ催眠
催眠は2パート53分30秒間。
最初の「リラックス運動」は本編でより催眠に入りやすくなるための準備をするパート(約13分)。
立ち上がって肩幅くらいに足を開き、彼女がストップをかけるまで両腕を自由にブラブラさせます。

RubCraftさんや姉妹サークルにあたるF・A・Sさんの作品を聴いたことのある人にとってはお馴染みですね。
最中は本編の簡単なあらすじを語りながら心身がほぐれる暗示を軽く入れてくれます。
またサークルさんの大きな特徴である癒しの音楽もこのシーンから始まります。
シーンによって曲調を変えながら最後の解除パートまでほぼずっと流れ続けます。

続く本編は2人がデートしてるところから始まって彼女の自宅へ移動し
ベッドに横になってからまずは簡単なストレッチと深呼吸をします。
そして9分程度をかけて全身を下から上にゆっくりマッサージします。

「すーっと力が抜ける 緊張していた筋肉が緩んで どんどん弛緩していく」
先ほどのリラックス運動を真面目にやったら肩を中心に筋肉がほぐれてると思います。
そこに追加の脱力をすることで彼女の暗示をより受け入れやすい環境を整えます。
RubCraftさんは他の作品でもリラックスにとても力を入れてるサークルさんですから
被暗示性が低めの人でも普段と違う感覚を体験しやすいです。
そしてこれは彼女の最終目的である「束縛」にも効果的に作用します。

右「足の指に溜まっていた凝りが 指にほぐされてすーっと力が抜けていく」
左「指先の凝りがほぐれていくと 足の裏もリラックスして 力が抜けちゃうね」
マッサージは効果音を鳴らさずに実況しながら脱力する暗示を小まめに入れるのですが
ここからは彼女の声が左右に分かれて交互に、あるいは同時に語りかけるようになります。

催眠音声で人気のある双子形式ですね。
意識を左右に頻繁に揺さぶられることになりますから、聴けば聴くほど頭の中がぼんやりしてくるでしょう。
読みやすさを優先して色を変えてあるだけで声質はまったく一緒です。

心身が十分にリラックスできた後はいよいよ深い催眠に入ります。
自分が雲になって空を浮かんでる様子をイメージし
冷たい風に吹きつけられて雨水へと変わり下にある湖へ落ちる様子を主観的に楽しみます。

雨粒になって どんどん下に落ちていく 落ちていくたびに 頭の中が空っぽになっていく
雨水が落ちる様子や雨に変わった雲が消えていく様子に暗示を絡め
さらにバックで水滴の音や雨音を鳴らす癒し重視の深化です。
30分以上もリラックスを続けてきた甲斐あって雨粒が落ちていくのに合わせて意識が軽く飛ぶ感覚がしました。
仕事で疲れてる人や寝不足な人が聴いたらそのまま寝入ってしまうかもしれませんね。
彼女自身が最初に宣言した通りのことをやって彼との信頼を深めます。

テーマのヤンデレが出始めるのは最後のシーンから。
これまでの催眠で空っぽになった彼の心に今度は彼女の愛をたっぷり注ぎます。

愛してるって言えば 愛情を伝えることで 相手を安心感で包み込んであげることもできるし 逆に君のことをずっと考えてたって 私と君が同じ気持ちだよって幸せを共有することができる
2人が付き合い始める前にどんなことを思ってたのか、初デートはどうだったか
恋人同士になった後のことなどを順番に振り返りながら自分がいかに彼のことを好きかストレートに伝えます。
そして深い催眠に入ってる状況を活かして、とある言葉に暗示を込めて彼も同じ気持ちに導きます。

時が経って色あせ始めた彼女への想いを以前の記憶から蘇えらせるところが催眠らしくて良いですね。
好意を全面に出しつつ相手に押しつけずに目的を達成しようとします。

彼女の性格や2人の関係を忠実に盛り込んだ大変癒される催眠です。
聴き手の疲れやストレスを取り除き彼女の言いなりになれる心にすることを目的に
前半はリラックス運動、漸進的弛緩法、深呼吸、マッサージ形式での分割弛緩法と脱力に注力し
後半は自然物のイメージを使った深化と思い出を振り返りながらの暗示であまあまな関係を取り戻します。

彼女が己の欲望を完全に抑えられてるわけではありませんが
重すぎる好意を彼に背負わせるとか、反抗される可能性の高いことを言ってキレるといったことは一切ありません。
彼への愛が偽りでないことを示し、その中に若干のわがままを盛り込みます。
癒しのパワーがとにかく強いので彼女に対して嫌な気分を抱くことはほぼないでしょう。
幸せで包み込んでイかせる甘さの強いエッチ
エッチシーンは23分間。
プレイは言葉による絶頂、おちんちんの愛撫、SEX(騎乗位)です。

SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありませんが射精表現があります。

左「さ、もっと私に身を預けて」
長時間に渡る催眠で主人公との仲を修復した彼女は
体を密着させたままひとまず言葉だけを使って気持ちよく絶頂させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の8分間は催眠色の強いプレイ。
催眠の最後に入れた特定の言葉で気持ちよくなる暗示をさらに強化してから
長めのカウントを2セット数えてドライオーガズムへ追い込みます。

○○ 言えば言うほど 気持ちよさが高まって ○○ 頭の中 私への気持ちで染め上げて
キスやフェラといった一般的なプレイをまったくしないので純粋なエロさは低いです。
でも催眠にきちんと入れていれば胸のあたりがぽかぽかしたり股間がムズムズしてきます。
絶頂シーンの快感も幸せイキに近いものでした。
催眠パートで積み上げてきたものをそのまま活かして彼女のことをもっと好きにさせます。

残りの15分間は一転して恋人同士らしいプレイ。
おちんちんを手で軽く刺激して勃起と興奮具合を確認し、彼女が挿入する形でひとつになります。
そして先ほどと同じくカウントを数えながら言葉で責めたり喘ぎ声を漏らして別の絶頂感を味わわせます。

私なら 全部やってあげられるよ そして君は 私から (左右同時)一生離れられなくなっていくの
私ならあなたの願うことを何だってできる、だからこれからも私のことを愛して。
悲壮感をあまり漂わせずに彼の心を引き寄せようと頑張ります。
「好き」「幸せ」といった愛の言葉も多く、カウント中は声を最大4種類まで増やして色んな方向から働きかけます。
重要な言葉を左右同時に言って強く印象づけるなど技術的にも結構高度です。
効果音や喘ぎ声のおかげでエロさも上がってますし、最初よりもこちらのほうがイキやすいのではないかなと。

このように、心の繋がりを大事にしながら何度もイかせる純愛系のエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴり重い作品
ヤンデレ成分を最小限に抑えた独特な作品です。

色々なイベントを経て恋人になったものの最近はあまり一緒の時間を過ごせてない男女が
1日中デートできる機会を得てお互いの気持ちを再確認します。
そしてその中に彼女の独占欲と愛の強さを匂わせる描写を盛り込みヤンデレらしさを出してます。

物理的な手段ではなく催眠の技術を使って恋人の心と体を束縛する面白い展開
「好き」「愛してる」といった言葉を多く用意し、それに暗示を込めて愛情を伝える催眠音声ならではのアプローチ
声を左右に分けてコンビネーションを取りながら進める重厚なサービス。
テーマのヤンデレとサークルさんの特徴を組み合わせて女性に愛される幸福感や性的快感を強めに味わわせます。

「ぎゅってして? 離れたくないの うふふっ 幸せ」
彼女は確かにヤンデレですが病み具合は割と軽いです。
好きな人の心が自分から離れつつあるのを早めに察知し破局を回避しようとあれこれ奮闘します。
作中で特に抵抗しないところを見ると彼も本気で別れるつもりはないのでしょう。
扱いの難しい素材をできるだけ柔らかく料理して聴きやすくしています。

催眠は当初の目的であるマッサージを通じて体を束縛し
その後の深化や暗示で心を束縛する物語を強く意識した内容です。
特に深化は雲が消えるイメージと雨粒が落ちるイメージを組み合わせてあって入りやすいです。
シーンごとに変化する音楽も雰囲気にマッチしてて癒されました。

エッチは絶頂までの流れをシンプルにする代わりに他の要素で個性を出してます。
一番最後の絶頂シーン以外は本当に甘くて幸福感に浸れます。
最初から最後まであまあまだとヤンデレを取り入れた意味がなくなるからこういう締め方をしたのでしょう。

絶頂シーンは4回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:遠野そよぎさん
総時間 1:39:22

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

甘美な悪の女幹部 悪い大人のお姉さんにおねショタで堕とされる音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や口調は穏やかだけどSっ気の強い悪の女幹部が
組織の活動を邪魔する少年に快楽拷問をして味方に寝返らせます。

おねショタや筆下ろしといった甘い要素をM向けにアレンジした珍しい調教が行われており
年上の女性らしい余裕のある態度でおちんちんの弱点を的確に責めながら
序盤から中盤は射精できない苦しさを、終盤は射精し続ける苦しさを味わわせます。
小さな敵に甘美なお仕置き
悪の女幹部からエッチな調教を受けるお話。

「あらあら坊や みっともない格好ね」
女幹部は優雅でお淑やかな声のお姉さん。
自分たちの組織に抵抗した結果捕らえられた主人公に経緯を説明すると
反抗的な態度を取る彼から射精の権利を奪って自分の奴隷に作り変えます。

本作品は何らかの目的のために反社会的な行動をしてる彼女が
それを妨害してきた彼へのお仕置きとしておよそ50分間のエッチをします。
調教や拷問がテーマになってますが相手はまだ精通すらしてない少年ということで
特殊な道具や薬物は使わずに手コキ、フェラ、SEXとスタンダードなプレイで責め立てます。

「大人の女の人にエッチな拷問されて すぐにお姉さんにメロメロ 女の人を知らないそのおちんちん お姉さんが貰ってあげるわ」
彼女自身も結構上品な性格をしてますし、敵同士とは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。
痛めつけて無理矢理屈服させるのではなく快楽を餌に降参させる感じです。
年上の女性が少しずつエッチの手ほどきをするおねショタ+筆下ろしを崩さないよう進めます。

そしてエッチの経験に圧倒的な差があるからこそ彼女は最も効果的な方法で彼の心を突き崩します。
カリや亀頭といったおちんちんの中で特に敏感な部位を集中攻撃し
射精する直前で刺激をストップしてもどかしい思いを与え続けます。
そして彼の抵抗心を完全に取り除いた後は一転して連続射精へ追い込みます。

かなり落差のあるプレイをしますから1回目の射精時には強烈な快感が味わえます。
そして2回目以降も続けた場合は寸止めとは違うタイプの辛さを体験するでしょう。
一般的には甘さを感じるジャンルにそれなりのM要素を加えて個性を出してます。

サークルさんの過去作「眠れない添い寝 お布団の中で悪戯される音声」と似た特徴を持つ作品ですね。
体への責めは比較的緩くして女性に痴態を見られる、あるいは弄ばれる快感をくすぐります。
色んな初めてを奪われるM向けのエッチ
エッチシーンは3パート51分間。
プレイは玉責め、皮剥き、手コキ、フェラ、SEX(正常位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「あぁ そんなに厳しく躾けてほしいの んふっ 後悔 させてあげるわ」
3分程度の会話をした次の日、再び主人公の部屋へやって来た女幹部は
寝返る意思があるか一応確認してからまずは指で金玉を優しく撫でます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート36分間は当初の予定通り快楽拷問をするシーン。
「女幹部の焦らし手コキ」は手コキ、「女幹部の焦らしフェラチオ」はフェラとメインのプレイを切り替え
どちらも射精を徹底的に制御して彼が降参するよう追い詰めます。

「ちょっとずつ むくー むくーって 見られているのに出来上がっちゃったわ」
「可愛い声漏らしながら 初めてのむきむき どうだったかしら?」

おちんちんに顔を近づけて勃起する様子をじっくり観察したり
まだ一度も剥いたことのない包皮をめくってその感想を尋ねるなど
彼女は性をまったく知らない彼に様々な初体験をさせて羞恥と興奮を煽ります。
玉責めする時も力をほとんど入れてませんし、おねショタや筆下ろしを強く意識したソフトな責め方をしています。

しかしそれだけでは単なる甘やかしになってしまいますから鞭もきちんと与えます。
時間内に複数回の寸止めを用意し、手コキパートの終盤にはとある命令を出して上下関係を確立させます。
多くの男性にとって最も気持ちいい快感を奪って屈服させるあたりが大人の女性らしいですね。
少年相手に残酷さを持たせない形で辛いお仕置きをします。

2番目のフェラパートはちゅぱ音がポイント。
おちんちんの根本から先っぽに向けて舐め上げるところから始まり
カリの周辺や亀頭だけを舐め回す、咥え込んで舌を大きく動かしてしゃぶる、激しくピストンするなど
後になるほどペース、パワー、エロさを上げてねっとり責め立てます。
手コキよりも寸止めの回数は減ってますが、純粋なエロさが上がってるので射精の我慢がより難しくなってます。

「じゃあ もっとすごいので追い込んであげる」
中でもパート終盤のピストンフェラは
「ずびりゅっ ぶぶっ」と下品な音をリズミカルに鳴らしながらバキュームを挟む強烈なプレイです。
生まれて一度も射精したことのない男性に大人ですら耐えられないレベルの快感を送り込み寸止めする。
悪の女幹部らしいとっても意地悪で効果的な責めと言えます。

そうやって我慢に我慢を重ねた後、最後の「女幹部のご褒美セックス」でようやく射精の許可が出ます(約15分)。
体の拘束を解いてから部屋に置いてあるベッドに彼女が寝転び正常位で繋がるというもので
彼の好きにピストンさせながらノンストップで3連続の射精に追い込みます。

「坊やの童貞まで もらっちゃったわ」
「まだ一滴くらい残ってるかもしれないわ その残りカスまでおまんこでもぐもぐしてあげる」

自分から股を広げ、指でおまんこを開いて中を見せつけたり
おちんちんを挿入された直後に熱っぽい息遣いで上のセリフを言うなど
年上の女性が童貞の男性をリードする筆下ろしならではのやり取りがいくつも登場します。
その一方で2回目の射精を終えた後は体位を変えずに彼女が責める側に回って精液を一滴残らず搾り取ります。

彼女は彼を奴隷にするためにエッチしてるのでご褒美をあげる時も何らかの対価を求めます。
このへんが正統派のおねショタ筆下ろしと大きく違うところです。
といっても前の2パートに比べれば意地悪さは格段に下がってますからスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。
焦らし&寸止めから連続射精へ一気に方向転換する流れも面白いです。

このように、作品が持つ特徴を上手に組み合わせた甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
変わった調教作品
おねショタが持つイメージを逆手に取った独創的な作品です。

悪の女幹部は自分たちに敵対する少年を穏便なやり方で手下にしようと
逃げられない状況を作ってから寸止めを何日も繰り返して降参するしかない状況へ追い込みます。
そして目標を達成できた後はご褒美の筆下ろしも兼ねて精液を根こそぎ搾り取ります。

悪いお姉さんがエッチの手ほどきをしながら少年を少しずつ手懐ける珍しいシチュ
序盤から中盤は焦らしや寸止め、終盤はノンストップの連続射精をする緩急をつけた責め。
2人の関係や特徴を活かしたM向けのおねショタエッチに仕上げてます。

「お姉さんに忠誠を誓う坊やに 今日だけご褒美 このまま甘やかしてあげる」
彼女は敵対する人間には容赦のない姿勢を取りますが
身内になった後は普段よりもずっと優しい態度で接する面倒見のいい女性です。
だから彼がもう自分たちの活動を邪魔しないと判断したら射精をあっさり許します。
SEXで彼の精液を全部中で受け止めるのも彼女なりの愛情表現なのでしょう。

本作品最大の魅力は意地悪さと甘さのバランスです。
前者を強くしすぎるとおねショタ+筆下ろしの長所が薄れてしまいますし、逆に後者だと拷問から外れてしまいます。
最後のSEXで体位を敢えて正常位にしたのも童貞を強引に奪う構図にしたくなかったからではないでしょうか。
このへんを丁度いい塩梅にまとめられるのがB-bishopさんの実力だと思います。
一見すると単純なんだけど形にするのが難しいタイプの作品です。

射精シーンは3回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おねショタ好きなMの人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:02:31

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

Dewi Ratih Men's(デウィ・ラティ メンズ)-秘密のメンズエステサロン-

Dewi Ratih Men's(デウィ・ラティ メンズ)-秘密のメンズエステサロン-(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「<3>クリーニングエステEX」以降の様子を中心に紹介します。
癒しの音に導かれて
クリーニングエステEXはこれまでとは別の日のお話(約50分)。
栞からもらったメールに興味を持った主人公が耳のチェックとは異なる特別サービスを受けます。
ちなみにこのシーンは催眠抜きで楽しめるバージョンも用意されてます(約32分)。

最初の催眠はおよそ16分間。
下半身だけ裸になってから仰向けに横になり、彼女が灯したアロマキャンドルの匂いを楽しみながら
まずは深呼吸したりガムランボールと呼ばれる不思議なアイテムの音色を楽しみます。
もしお持ちならアロマを実際に焚いておくとより雰囲気に浸れるでしょう。

「深く呼吸を続けていくと 新しく澄んだ空気が取り込まれることで 頭の中までスッキリとクリアになっていくんです 額のあたりがスーッと涼しい感じがするかもしれませんね」
「耳を傾けていると、心はゆったりと軽やかに 半面、体は重く、動きたくない、と感じるかもしれません」

そして彼女はこれまでと同じく何をしてるか丁寧に説明しながら呼吸の合間にリラックスを促進する暗示を入れます。
ガムランボールを鳴らす時も音を起点に心と体が脱力するように導きます。
特に後者は「シャリーン」という涼やかな音がゆっくり鳴って心地いいです。

「これから催眠を始めます」とか言いませんしセリフもできるだけ普通の会話に近い表現を心がけてます。
リラクゼーションサロンでするサービスの中に技術を違和感なく盛り込んだ柔らかい催眠です。

心身の緊張がある程度ほぐれた後は催眠状態をさらに深めます。
腕、脚、胴体、頭など全身をいくつかのパーツに分けて軽く脱力し
先ほど登場したキャンドルの揺らめく炎を頭の中でイメージしながら彼女のカウントに耳を傾けます。

「見つめていると、炎の周りの空気があたためられて ぼんやりにじんで見えてきたり 温もりのあるオレンジ色の炎で じわーっと まぶたの裏も、あたたかく感じられたりするかもしれません」
催眠の最後を飾るシーンということでこれまでよりも暗示の量をやや増やし
「炎に意識が吸い込まれていく」などイメージと暗示を連動させてスムーズに落とします。
私が聴いた時はガムランボールのシーンを聴き終えた時点でそれなりの脱力感がありましたし
このシーンでは後になるほど頭がずーんと重くなる心地いい感覚がしました。

作品のテーマを大事にしながら手堅く落とすシンプルな催眠です。
聴き手の心身を十分にリラックスさせることを目的に
深呼吸から入ってガムランボール、簡単な分割弛緩法、カウントとイメージを組み合わせた深化など
古典催眠の技術と作品固有の要素を組み合わせて少しずつ癒しの感覚を広げます。

サークルさんは過去に「クリーニングエステ for Men」という無料作品を公開されてまして
この催眠はそれに多少の追加要素を盛り込んだものとなってます。
あちらで催眠に入れた人はこちらでもすんなり入れるのではないでしょうか。
大事な部分を優しく丁寧に
後編のエッチシーンは2パート28分間。
プレイはおちんちんの洗浄、フェラです。

おちんちんの洗浄の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「まず、シャワーでお流しいたしますね」
コンパクトな催眠で主人公を心地いい世界に招待した栞は
おちんちんにシャワーをかけてから特製のオイルを塗り込んで汚れを浮かせます。

エッチは専門店のサービスということで終始彼女がお世話します。
前半の「お掃除」は性感や興奮を盛り上げることを意識したプレイ(約14分)。
竿、金玉、カリの溝、裏筋、尿道口など全体にオイルを満遍なく塗り込み
3種類の綿棒を使って汚れを絡め取るように撫でていきます。

「ぶらりと下がった袋にも、ちゃぷちゃぷとシャワーを当てて 心地よい温かさと、緩やかな刺激に、あなたはますます力が抜けていきます」
「ぱんぱんに大きくなったペニスが、快感に揺れる 前後に揺れるほどに、尿道への刺激が強まる ムズムズとしたくすぐったさが、もどかしい」

シーン名の「クリーニングエステ」をそのままするパートなので露骨にエロいことはしません。
しかしその様子を実況する中に感覚支配の暗示を入れて臨場感を出してます。
全部に専用の効果音が入ってるのも相まって実際に聴いてみると妙に生々しく感じるでしょう。
実況もイメージしやすいですし、うまく催眠に入れていれば股間のあたりがムズムズしてきます。

「あぁ、素敵です 濃いピンク色で、つやつやとして滑らかそうな…… おつゆもだいぶ垂れて……うふふ」
サービスの合間に彼女がうっとりした声を漏らすのがいいですね。
手で触れられて少しずつ勃起し、包皮を剥いて露わになった亀頭を惚れ惚れした表情で見つめます。
女性に大事な部分を預け、丁寧にお世話してもらうシチュにも満たされるものを感じるでしょう。
前編に引き続きこちらを見下す要素が一切ない癒し一色のサービスです。

対する後半の「仕上げ」は性欲の発散を目的にしたプレイ(約14分)。
すっかり綺麗になったおちんちんの先っぽだけを彼女が舐めて気持ちいい射精へ導きます。

「ここ、つるつるとなめらかで…… とても、おいしいです ……ずっと舐めていたいくらいに」
「意識が亀頭に集まって、膨らんで、はちきれそう あなたは今、いくことしか、考えてませんよね 快楽が高まって、限界に近づいていくのを感じている」

上品で色気のあるちゅぱ音を積極的に鳴らしながら男心をくすぐる言葉を投げかけ
さらに快感が高まり弾ける暗示を入れるバランスの取れたリードをします。
亀頭と尿道口を責めてる感じが出るようにちゅぱ音は吸いを多めにしてました。

そこまで強烈に追い込んではこないので全身が痙攣するほど強烈な絶頂感ではなかったものの
最後のカウントに合わせておちんちんにエネルギーが収縮し軽く弾ける快感が味わえました。
作品のコンセプトが癒しにあるので、心身にできるだけ負担をかけずにイかせたかったのだと思います。

このように音、暗示、イメージをバランスよく組み合わせて気持ちよくする雰囲気の良いエッチが繰り広げられてます。
しっとりした作品
終始落ち着いた雰囲気で癒したり興奮させる大人びた作品です。

栞は日頃お世話になってる主人公を満足させようと
プロらしい流れるような手つきで施術しながら親しみを込めた声で語りかけます。
そして通常のサービス→特別サービス→催眠を使ったサービスと後になるほど高度なものへ発展させます。

サービスの一部始終をきめ細かな説明と変化に富んだ音で説明する丁寧な作り
前半は耳、後半はデリケートゾーンとお世話する部位やその内容を大きく切り替える流れ
適度な距離を保ちつつ積極的にお世話する彼女のキャラ。
舞台のリラクゼーションサロンを崩さない形で癒しとエッチな気分を膨らませます。

「綿棒は、(尿道口から)抜いてしまいますね はい……あ、スゴイです いっぱい、蜜があふれて……もったいない」
中でも彼女は男性向けでよく見るストレートなエロスではなく
行為や言葉の端々からエロさをほんのり漂わせる上品な女性に描かれてます。
作者さんが女性だからこういうタッチで描かれたのでしょう。
プレイよりも雰囲気にエロさを持たせてゆっくりじっくり絶頂へと追い込みます。

そして何より同人音声と催眠音声がひとつになってるのが面白いです。
同人と催眠は同じ音声でも構造が随分違うのでこういうタイプのものを作るのは難しいです。
Lotophagosさんは過去に「bar“HYPNOSE” homme -催眠音声-」というしっかりした催眠音声を制作されてますから
催眠については特に不安を感じてなかったのですが同人パートも作りが本当に丁寧です。
同じオイルマッサージでも手の動かし方やケアする部位で音がきちんと変わります。

後編の絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

2種類の音声作品をひとつにまとめ上げた癒し重視の作品です。
bonus trackは効果音のみのパート3種です。

CV:小粋さん
総時間 2:04:03(本編…1:44:56 bonus track…19:07)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
124分で700円とコスパがいいので+1してあります。

Dewi Ratih Men's(デウィ・ラティ メンズ)-秘密のメンズエステサロン-

サークル「Lotophagos」さんの音声作品。

今回紹介する作品は、男性専用のリラクゼーションサロンで働く店員さんが
耳とおちんちんを中心にした本格的なサービスで疲れたお客の心と体を癒します。

施術の様子やその解説を丁寧にしながら専用の効果音を鳴らしたり
男の感じるツボを的確に突いた責めで射精を後押しするなど
専門店らしさを全面に押し出した上品で大人っぽいサービスを行います。

同人音声と催眠音声がセットになってるため前編(同人)、後編(催眠)の2回に分けてお送りします。
プロならではの洗練されたサービス
Dewi Ratih Men'sの店員「月ヶ瀬 栞(つきがせ しおり)」からサービスを受けるお話。

「本日はイヤーエステですね? イヤーエステには お耳のオイルマッサージと耳かきがセットになっております」
栞はやや鼻にかかった穏やかな声の女性。
挨拶や自己紹介といった前置きは省略しコースの内容を簡単に説明すると
お客に上半身だけ着替えてもらってから耳のオイルマッサージを始めます。

本作品は様々な技術を駆使してお客をケアする専門店を舞台に
彼女が1時間45分程度をかけてエッチな事も含んだサービスをします。
前編で紹介する同人音声部分は耳のマッサージ、耳かき、耳舐めなど耳を中心に
後編は催眠の技術を交えて主にデリケートゾーンをお世話します。
時間はどちらも約50分ですから2回に分けて聴くのがいいでしょう。

「このオイルは ゲル化してあって 耳の中に垂れることはありませんのでご心配いりません」
全編を通じて言える大きな特徴は「専門店らしさ」
主人公の症状に合ったアロマオイルを調合したり、疲れに効くツボを指で押してリフレッシュを促すなど
家でやるものより色んな部分がきめ細かで洗練されてます。
最中の会話もプロならではのものが多く、彼女が自信を持って施術してるのが伝わってきます。

このように書くと事務的な作品と思う人がいるかもしれません。
しかし実際は彼女の声や口調をとても柔らかくしてリラックスできる雰囲気を作り上げてます。
彼が過去にお店を何度も利用してる背景があるため
余計なやり取りは必要最低限まで削り、その分サービスを充実させてます。
一部で秘密のエッチなサービスをするのも2人の関係を考慮してのことです。

準備が整った後に始まる最初のサービスは耳のマッサージ(約8分30秒)。
蒸しタオルで外側の汚れを軽く拭ってから専用のオイルで揉みほぐしたりツボを刺激します。

マッサージは「ずしゅっ さすさす」と若干粗さのある柔らかな摩擦音が使われており
耳の内側を指でなぞる、軟骨をコリコリする、手前に倒して裏側をストレッチするなど
状況に応じて音の質感や動きを小まめに変化させながら進めます。
バイノーラル録音ではないのか、音を通じて振動が伝わってくることは特にありませんでしたが
それ以外の部分は大手の癒し系サークルさんに迫るものを持ってます。

「本日は 耳マッサージ用のオイルに サンダルウッドと フランキンセンスをブレンドしました」
「神門と同じように 親指と人差指で挟んで 頭の後ろの方へ向けて 引っ張っていきます」

そして最中は彼女が何をしてるのか、どんなものを使ってるのか、どこをケアしてるかなど
聴き手がイメージするのに役立つ事柄を親しげに語って雰囲気を出します。
個人的にはもうちょっとセリフの間を長く取るかのんびり話したほうが落ち着いて聴ける気もしますが
これらを10分以内に収めるとなれば仕方ないのかもしれません。
製品版にはここで刺激する部位の画像も入ってますし、少なくとも何をしてるかわからないことはないです。

耳の外をスッキリさせた次にするのは中のお掃除(約10分)。
ベッドに寝たまま左耳→右耳の順に耳かき棒と綿棒で汚れを取り除きます。
また右耳だけ最初にピンセットを使用します。
息を吹きかけるシーンはありません。

耳かき棒は「ずずっ ぽりぽり」という乾いてて硬さのある音が使われており
奥から手前へ掻き出す感じで丁寧に動かします。
時間のほとんどで耳かき棒を使用し、最後に30秒~1分間だけ綿棒で仕上げる流れです。
器具の特徴を忠実に反映させた比較的レベルの高い音と言えます。

「スーッとする? そうなんです 綿棒にミントウォーターを薄めたものを含ませてみました」
「ここが気持ちいいんですか? さらに少し奥の 上のところですね?」

そしてここでも栞が細かな気遣いを見せます。
主人公が最近自分で耳かきしたばかりなのでお掃除自体は軽めに行い
耳の中で気持ちよくなる場所を器具で刺激して楽しませます。
耳マッサージよりも2人の仲の良さを感じるセリフが多くて和みました。
相手の状況や気持ちに合ったお世話をするところにプロらしさが出ています。
密着感を大事にした大人のエッチ
前編のエッチシーンは23分間。
プレイは耳へのキス、耳舐め、オナニー、乳首責めです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「お客様 もしよろしければ 耳周りのリンパを少し流しておきましょうか?」
通常のサービスを終えた後、主人公にまだ時間があるか確認すると
栞は体を起こした彼の後ろに回り耳の感度をチェックします。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の10分間は心と体を盛り上げることを目指したプレイ。
体を密着させたまま耳にキスをし、さらに「耳珠」と呼ばれる部位を舌で責めて彼の反応を確かめます。
ちなみにこのパートだけはバイノーラル録音だそうです。

「背中におっぱいが当たる? ふふっ 当ててるんです」
Dewi Ratih Men'sは風俗店じゃありませんから彼女の側から露骨にエッチな事はできません。
それを踏まえて着衣のままおっぱいを押し付けたり、耳を女性器に見立てて敏感な部位をねっとり刺激します。
プレイ自体は割とソフトですけど声の位置がものすごく近いことや
男心のくすぐり方が上手いおかげで雰囲気は結構エロいです。
大人のエッチとでも言いましょうか、がっつかずにゆっくりじっくり興奮と性感を高めてくれます。

対する後半は体への責めが一気にパワーアップします。
彼女の目の前でおちんちんを取り出し好きなペースでオナニーを続け
それを彼女が乳首責めや耳舐めでサポートします。

「想像しちゃいます? お客様のおちんちんが 私の中に入ってるところを」
彼女が耳舐めをフェラやSEXとリンクさせて責めるのがいいですね。
直接体を重ねることができないハンデをイメージで補おうとします。
ちゅぱ音やオナニーの効果音も前半よりずっと激しくなりますし、M性をまったく出さない形で抜ける環境を整えます。
見られる快感を煽ったり見下されることはありませんから完全にノーマル向けです。

このように、エッチな音とイメージを組み合わせた上品なプレイが繰り広げられてます。
前編の射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

bonus trackは効果音のみのパート3種です。

後編へ続く…。
Dewi Ratih Men's(デウィ・ラティ メンズ)-秘密のメンズエステサロン-(後編)

CV:小粋さん
総時間 2:04:03(本編…1:44:56 bonus track…19:07)


体験版はこちらにあります

今年最初の雑談です。

本日をもって当サイトは無事5周年を迎えることができました。
昨年に引き続き多くのユーザー様、サークル様に応援いただき大変感謝してます。
作品に関するコメントも多数いただき良い刺激になりました。

現在当サイトに掲載されてるレビューは1837本。
365の5倍は1825ですからほぼ1日1本更新してたことになります。
このままのペースを維持できれば今年の9月には2000本に届きます。

振り返ってみると「案外あっという間だったなぁ」という感じです。
何度も書いてますが私は暇つぶし程度の軽い気持ちでここを始めたもので
開設から1年後には飽きて辞めてるだろうと予想してました。
それがここまで続いたのはなんだかんだでこの活動にやり甲斐を感じたのでしょう。
現在も毎日音声を聴いてレビューを書く生活を送ってます。

今年度もこれまでと同じく毎日更新を続ける予定です。
催眠は月平均4本程度で推移してますが、同人は冬コミ作品が出揃った後も新作のリリース頻度が速く賑わってます。
特に全年齢や15禁はうちで用意した枠に対する候補数が多すぎてかなり取りこぼしてます。

ただ昨年末の雑談に書いた長時間化は多少落ち着いてきてるところもあるので
注目度の高い18禁同人音声は一通り押さえていけるんじゃないかと見ています。
催眠音声はよほどの長時間でもない限り大手さんは全部紹介していきたいですね。
まだまだ続けていくつもりなのでとにかく無理だけはしないように頑張ります。

以上をもって節目の挨拶とさせていただきます。
今年度もどうぞよろしくお願いします。

【バイノーラル・囁き・吐息】快楽夜伽【耳かき・耳舐め・手コキ・騎乗位etc】

サークル「ぜろびっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ちょっぴり意地悪だけどサービス精神旺盛な2人の女友達が
主人公の自宅で長時間に渡る濃厚な快楽責めをします。

総時間のほぼ全部で彼女たちが耳元至近距離から吐息を多めに漏らしたり
耳とおちんちんを同時に責めながら限界ギリギリまで焦らし続けるなど
女性たちに体を密着されながら優しく弄ばれる快感を味わわせることに力を入れてます。
非エロのサービスを敢えてエロく描写するのもポイントです。
あなたの願い、叶えてあげる
女友達のアイリとユウナがエッチに弄ぶお話。

「いやぁ 男の子の部屋に遊びに来ると どうしても部屋を漁りたくなるよね」
アイリはややトーンの低いお淑やかな声の女の子。
「確かにね あ、ちょっとパソコン失礼」
ユウナは甘く可愛い声の女の子。
主人公に呼ばれて彼の自宅へ遊びに来ると
部屋にあるパソコンを物色してる最中にとあるブックマークを見つけます。

本作品はパソコンに保存してあるエッチな画像を見てスイッチの入った彼女たちが
左右に寄り添い2時間以上に渡って癒しとエッチなサービスをします。
彼らの関係が恋人ではなく友達に設定されてるため彼の側から責めるシーンはほとんどなく
耳かき→耳舐め手コキ→オナホコキ→パイズリ→SEXと後になるほどより踏み込んだものへ発展します。

全編を通じて言える最大の特徴は耳への刺激に力を入れてること。
どのパートも1人もしくは2人で彼の耳元至近距離に口を近づけ
主に囁き声で彼の興奮を煽ったり直接刺激して射精への欲求をくすぐります。

耳責めの定番とも言える耳舐めだけでも45分ありますし
何よりセリフの合間に吐息を多く挟んで耳に微かな風圧を送り続けます。
サークルさん自身が「吐息成分がとても多いです」とおっしゃられてるだけあってかなりこだわってます。
声の位置も非常に近く、目を瞑って聴けば彼女たちがすぐそばにいると感じるほどの臨場感があります。

ユウナ「すごい 君のちんこ 我慢汁だけで こんなにぬるぬるになってる めちゃくちゃエロいよ」
アイリ「ほんと 長くて太くて 感度が良くて 反り返ってて 我慢汁の量も 凄まじくて」
言葉責めについては「変態」「クズ」といったこちらを露骨に見下すことはほとんど言いません。
彼のおちんちんが非常に大きく逞しいことを踏まえて
それを素直に褒め称えたり物欲しそうな表情を見せてやる気にさせます。

彼女たちはブックマークにあった彼の性癖を満たしつつ一緒に楽しみたいだけで下僕にする気はありません。
だから友達の関係をできるだけ崩さないよう優しく弄びます。
その証拠に最終パートでは自分たちのおまんこを使って性欲を満たしてあげます。
囁き声主体なのも相まって完全女性上位の割に雰囲気はとても穏やかです。

しかしプレイについては結構M性が強いです。
そう言える一番の理由はとにかく焦らしまくるから。
1回目の射精までおよそ90分も焦らし続け、その後も責めるペースやパワーを緩めて彼の感じる姿を長く楽しもうとします。

直前に話したように彼女たちのキャラセリフはS性が低いのできついと感じることはないでしょうが
後になるほどおちんちんがムズムズするとか、そろそろ射精したい気分にはなると思います。
このギャップも本作品が持つ魅力のひとつと言えるでしょう。
癒しながら焦らす変わった耳かき
5分程度の会話パートを挟んだ後にする最初のサービスは耳かき(約30分)。
膝枕の状態で前半はアイリが右耳を、後半はユウナが左耳を綿棒で綺麗にします。
息を吹きかけるシーンはありません。

綿棒は「じりっ ぷすぷす」という柔らかくてパチパチした音が使われており
穴の中の壁をなぞるように往復させたり擦ります。
音の質感は比較的リアルだと思うのですが、動きが全体的に単調なのと
音をほぼノンストップで鳴らし続ける=垂れ流しになってることから私はイマイチに感じました。

ユウナ「アイリ そろそろ交代しよ?」
アイリ「了解 はい綿棒」
綿棒は汚れを絡め取るため、ある程度使ったら逆にしたり交換するのが望ましいです。
しかし右から左へ切り替える時に2人が同じ綿棒を受け渡してると見て取れる会話があります。
これが耳かき棒だったらまだ大丈夫だったのかもしれませんが
綿棒を使うと明言してる以上はそれに合ったやり方で進めてほしいです。
「音はいいけどそれ以外の部分がリアリティに欠ける」というのが私の考えです。

ユウナ「まだダメ もっと焦らして 焦らして 逞しくギンギンになった状態のちんこを見たいからさ」
じゃあこの耳かきがまったく良くないかと言われればそうでもありません。
実はこの耳かきの持ち味は音以外の部分にあります。
耳かきしてない側は彼に寄り添い囁き声で語りかけながらズボン越しに股間を愛撫し続けます。

つまりこの時点で彼女たちの焦らしプレイはもう始まってるんです。
実際のところ耳かき音と同時に布を優しく擦るような効果音が流れ続けます。
サークルさんは前作「濡れ時」でも同じことをされてましたから作風なのでしょう。
通常ならまったくエロくない行為をエロく描くところが面白いです。
密着感のあるむず痒いエッチ
エッチシーンは6パート88分30秒間。
プレイは手コキ、耳舐め、キス、乳揉み、オナホコキ、パイズリ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナホコキ、パイズリ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

ユウナ「大きい… これ何センチあるの? しかも今見た? パンツ脱がせた瞬間 ビーンって跳ね返って」
アイリ「めちゃくちゃ逞しいちんこじゃん」
変わった耳かきで主人公を癒しつつ軽く興奮させた2人は
ズボンとパンツを脱がし、すっかり勃起したおちんちんをびっくりした表情で眺めます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の3パート49分30秒間でするのは耳舐め手コキ。
アイリの耳舐め+ユウナの手コキ→その逆→2人で両方を同時にとスタイルを切り替えながら
引き続き吐息を多めに漏らしてゆっくりじっくり性感と射精感を高めます。

ユウナ「ねぇ キスしよ?」
アイリ「おっぱい 触っていいよ ほら 手を伸ばして」
彼女たちは彼のおちんちんに相当な魅力を感じたのでしょう。
どのパートも射精に届きにくいペースと強さでしごきつつ軽いご褒美をあげて耐え抜く気力を与えます。
シーンのほぼ全部で効果音やちゅぱ音が流れ続けるおかげで純粋なエロさも高く
同じ手コキでもいじり方や責める部位によって効果音の質感や動きを変えてあってリアルです。

言葉責めと呼べるセリフも多少はありますが、それよりも聴き手を持ち上げるもののほうが多いです。
「おちんちん凄いね、かっこいいね。だから頑張って射精我慢しようね」と上手に焦らしてくれます。
寸止めも特にしませんし、心にプラスに働く要素を組み込んで意地悪さを中和してます。

続く3パート39分間はより大胆なプレイ。
1回射精してもまったく萎えないおちんちんをスッキリさせようと
彼の部屋に置いてあったローションを塗り込んでからオナホ、アイリのおっぱい、2人のおまんこで2回の射精へ導きます。

ユウナ「さすがに疲れてるだろうから ゆっくりしごくね」
アイリ「ほら よーく見て 君が待ち望んだ 私たちの裸だよ」
彼が痛みを感じないよう射精直後の敏感なおちんちんをゆっくり刺激し
さらにオナホパートの中盤から彼女たちが自分から服を脱いで生おっぱいを揉ませるなど
引き続き友達としての優しさを見せつつ射精だけは制御します。

彼女たちが体をいじられるのに合わせて吐息が若干熱っぽくなるのがいいですね。
パートナーの心情や興奮具合にも焦点を当てて臨場感と一体感を出してます。

最も盛り上がるのは一番最後のSEXパート。
オナホコキとパイズリを無事射精なしで耐え抜いた彼へのご褒美に
騎乗位でアイリ→ユウナの順に激しく繋がります。
(パイズリパートにも射精シーンがありますが、ここはそうならなかった場合のパラレルストーリーになってます)

アイリ「すごいっ 気持ちよくって 意識飛びそう」
ユウナ「もう 君のちんこじゃないと 感じられない体になりそう それくらい君のちんこ 最高だよ」
もう我慢できないといった表情で馬乗りになり、腰をグラインドさせながら気持ちよさそうな声を漏らすアイリ
それを見て交代をせがみ、ピストンしながら彼のおちんちんをべた褒めするユウナ。
主導権を握り続けてきたこれまでとは違い自分たちの弱さを曝け出して一緒に気持ちよくなります。

囁き声を優先したせいで喘ぎ声の量が少なくなってるのはもったいなく感じますが
長時間に渡る焦らしに耐え続けてきた彼へのご褒美に相応しい爽やかなプレイに仕上がってます。
ちなみに射精シーンはどのパートもカウントを数えて合わせやすくしてあります。

このように、調教や拷問にならないレベルで意地悪する和やかなエッチが繰り広げられてます。
生々しい焦らし作品
女友達と一緒にいる気分に浸らせながら弄ぶややM向けの作品です。

アイリとユウナはエッチな画像をオカズにオナニーしてる主人公の性欲を満たそうと
嗜好に合ったサービスをしながらできる限り射精を遅らせて感じる姿や反応を観察します。
そして1回目の射精を耐え抜いた後は自分たちも一緒に楽しむ形でさらに気持ちよくします。

2人の女性が左右に寄り添い至近距離からたっぷり囁いたり吐息を漏らすシチュ
耳かきの時点からおちんちんをいじり始め、その後もずっと弱い刺激を与え続ける焦らし重視のプレイ
見下す態度をほとんど取らず彼のことを褒め称える言葉責め。
癒しの要素とM向けの要素を融合させたリアルで個性的なエッチを行います。

ユウナ「ねぇ こうやって 添い寝したまま寝てもいい? …ありがとう」
この作品をそれほどMじゃないと感じる最大の要因は彼女たちのキャラにあります。
彼のおちんちんが男らしくて立派だと感じたらその事をはっきり伝えて褒めるし
自分たちも気持ちよくなりたいと思ったらすぐさま服を脱いでおっぱいを揉ませます。
SEXしてる時の反応も素直でとても気持ちよさそうに見えます。

今回ハードな焦らしをしたのも結局のところ彼に喜んで欲しかったからかもしれません。
男性がオナニーする時はだいたい射精の欲求に負けてすぐ出してしまいますからね。
でもそれだけだと可愛そうだから2回戦以降は焦らしの時間を大幅に減らしてます。

エッチは吐息、ちゅぱ音、効果音といったセリフ以外の部分でエロさを出してます。
特に吐息は音声作品だとあまり脚光を浴びない要素ですから好きな人ほど楽しめるでしょう。
SEXはピストン音が鳴ってるのに喘ぎ声が流れない時間がそれなりにあるのを改善するとより良くなると思います。

射精シーンは3回。
くちゅ音大量、ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:アイリ…小石川うにさん ユウナ…御崎ひよりさん
総時間 2:12:22

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
132分で800円とコスパがいいので+1してあります。

2018年4月17日まで20%OFFの640円で販売されてます。

ルミナスタジオによる 体の調子を整えるシャボン玉のエクササイズ

サークル「ふしぎラボ -Mystiska Lab-」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、現代人の多くが求める「体調改善」をテーマに
お淑やかなお姉さんがシャボン玉を使った癒しの催眠を施します。

「体が重くなる」などのストレートな暗示はほとんど入れず
イメージ、音、色といったセリフ以外の要素で癒すのが最大の特徴です。
リアルな音を複数重ねて流し続けますから、目を瞑って聴けば別の世界にいるような気分が味わえるでしょう。
シャボン玉の力で心身をリフレッシュ
ミレーニアに体調が整う催眠をかけてもらうお話。

「こんばんは お元気ですか?」
ミレーニアは上品で穏やかな声のお姉さん。
鳥の鳴き声が流れる中、主人公に作品のコンセプトを説明すると
さらに2つの特殊な音を流して心地いいシャボン玉の世界へ案内します。

本作品は現在までに7本出てるシリーズの第5弾。
心身両面の調子を改善することを目的に、彼女がおよそ50分に渡る癒しのサービスをします。
シリーズものですがストーリーは特にないので今作から聴いても問題ありません。

現在出てる催眠音声は序盤に「体が重くなる」とタイミングよく言ったり
終盤にカウントを数えて一気に深化させるなど暗示を中心に据えたアプローチをします。
しかしこのシリーズは言葉で感覚を伝えるシーンがほとんどありません。
その代わりイメージ、音、色を上手を組み合わせて作品世界にいる感覚を膨らませます。

催眠音声を多く聴いてる人ほど独特に感じるでしょうね。
しかしやり方が通常と異なるだけでこれも立派な催眠です。

音声の最初から最後までほぼずっと何らかの音が流れ続けるおかげで
現実世界のノイズが遮断され集中力を維持しやすくなってます。
また付属のPDFファイルに各シーンの概要や聴く際のコツも書かれてます。
様々な癒しの音に包まれて
催眠はほぼ全編にあたる47分30秒間。
横になって目を瞑り、1回だけ深呼吸してから大きくて頑丈な箱をイメージします。

催眠開始より少し前に「ヴヴヴヴヴヴ」という小刻みな振動音(バイノーラルビート)が流れ始め
開始直後には滝の音のような爽やかな効果音も加わります。
バイノーラルビートは聴けば聴くほど脳を軽く揺さぶられてる感覚がして心地いいです。

「これにより ネガティブな思いや感情が すべて遠くへと消え去りました」
箱のイメージは不安やストレスといった自分にとってマイナスの要素をすべてそこに放り込み
遠ざけてこの先のお話に専念できる環境を整えます。
本作品の舞台はシャボン玉の世界ですから、現実世界と一時的に切り離す意図もあるのでしょう。

ちなみにミレーニアは作中の色んなところで敢えて無言になり
その間は効果音だけを流して没入感と心のゆとりを与えてくれます。
暗示を無理に追う必要が無いので最中は頭の中を空っぽにしたまま聴くことができます。

テーマの体調改善に取り掛かるのはその次から。
全身がすっぽり収まるくらい大きなシャボン玉の中に入り
そこに湧き出す小さな泡を全身に纏って体の内外を洗浄します。

「この泡に包まれることで あなたの全身は まるで炭酸風呂に入ってるかのように 爽やかにリフレッシュしていきます」
そしてここからは先ほどの音に加えて水中に潜ってるような水と泡の揺れる音や
炭酸飲料を飲む時によく聴くシュワシュワ、パチパチした音が加わります。
炭酸の泡は全身をいくつかのパーツに分けて順番にゆっくり意識させてくれますし
仕事や生活で疲れてる人ほど爽快感や開放感を抱くでしょう。

無事シャボン玉の世界に移動した後は本題へと移ります。
先ほどイメージした小さな泡を今度はゼリーに変化させ
それを赤、青、緑、黄、橙、白の順に変化させてそれぞれに対応した癒しのパワーを充填します。
そして最後にすべてが融合した虹色の光でおさらいします。

「この赤色の光は 血液を浄化し 癒していき 精神的には元気や情熱を育む色です」
赤は活力、青は鎮静、緑は平和と色が持つ印象をわかりやすく伝えながら
鉄琴のような澄んだ音を鳴らす本作品らしいリフレッシュ法です。
このシーンだけで27分もの時間を取り、それをほぼ均等に分けて各色の感覚を楽しみます。
無言の時間も長めに取られてますからそのまま寝てしまう人がいるかもしれませんね。

複数の音を同時に鳴らす場合、どうしても噛み合わせが悪くなったりするのですが
同じ系統の作品をいくつも制作されてるサークルさんなだけあって扱い方がとても上手です。
ひとつでも癒やされる音をぶつからないように鳴らしてくれれば当然より癒やされます。
色が変わるたびに鉄琴のトーンを変えるなど、細かな部分にも気を遣っていて完成度が高いです。

このように、誰でもわかるイメージと音を使って誘導する変わった催眠が繰り広げられてます。
幻想的に癒す作品
サークルさんらしいやり方で体の内外を同時に浄化する良作です。

ミレーニアは主人公の調子を心身両面で改善しようと
大らかな声とのんびりした口調で語りかけながら少しずつシャボン玉の世界へ案内します。
そしてその様子を言葉よりもリアルで優しい音の数々で表現します。

イメージ、音、色といった大衆性の高い要素を使って癒す作り
その中で敢えて無言の時間を用意し聴き手をボーっとさせる配慮
炭酸や鉄琴など作品のコンセプトに合った音選び。
一般的な催眠音声とはかなり違うやり方でサービスを進めます。

催眠音声でよくある体が重いとか、落ちる感覚はあまりしないと思います。
だけど聴いてて妙にスッキリするとか、イメージ力の向上を感じる人は結構いるんじゃないでしょうか。
中盤以降の色を使ったヒーリングはその状況を活かした効果的な手法と言えます。
あとは心地よさで意識がかなりぼんやりします。

効果音がとにかく充実していて後になるほど眠くなります。
過去4作とは違う試みもされており楽しく聴くことができました。
催眠音声の中では総時間が比較的短いのも良いです。

人の心に眠る力を使って体調改善を応援してくれる作品です。

CV:桜月秋姫さん
総時間 49:54

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
シリーズ3作がセットになったバージョンも販売されてます。
個別に買うより430円ほど安いです。
ルミナスタジオによるサウンドエクササイズシリーズ 応用プログラム三点セット

内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 彩華【超リアル仕様】

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、博多弁を話す人懐っこい女の子が
日頃お世話になってるお客に大胆なサービスをして感謝の気持ちを伝えます。

セリフよりも音の割合を多くした音フェチ系の作りになっており
耳を泡でマッサージする音、体のどこかを擦る音、おまんこをかき回す音など
後になるほどエロく感じる音を繰り出して癒しと興奮を盛り上げます。
音の品質がものすごく高いですから、目を瞑って聴けば彼女がすぐ近くにいる感覚がするでしょう。
特別な人へ特別なおもてなし
あまえた楼の店員「彩華」からエッチなサービスを受けるお話。

「うふふっ 嫌だもう お兄ちゃんたら」
彩華は明るくて可愛い声の女の子。
あまえた楼で楽しい時間を過ごし、帰ろうとしてる主人公に次回いつ来るか尋ねると
もじもじした様子で裏・あまえた樓の招待状を差し出します。

本作品は2016年9月に発売された「和み隠れ家 あまえた楼 彩華【超リアル仕様】【ASMR】」のR-18版。
お店の常連として自分を何度も指名してくれる彼への恩返しに
彼女が100分程度の時間をかけてエッチな事も含んだ温かいサービスをします。
「お客側からのお触りはNG」というルールがあるためプレイ自体は比較的ソフトですが
彼女が持つ2つの特徴を上手に使って個性と臨場感を出してます。

「さっきもさ 耳かきしとう時とか お兄ちゃん ばりびくんびくんしとったろ?」
ひとつめはあまえた楼シリーズの売りである方言。
音声の最初から最後まで「~と」「~ばい」など特徴的な口調で語りかけます。
福岡出身の声優さんを起用されてるだけあって話し方に違和感がなく
妹になりきって素直に甘える仕草も可愛くてほっこりします。

もうひとつの特徴は「音」。
どのパートもセリフより音の分量をずっと多くし、その質感・位置・距離でサービスの様子を表現します。
音フェチ要素が強かった前作の長所をそのまま受け継いだ感じですね。
特別な器具をあまり使わず舐めたり体を擦ってエッチな音を積極的に鳴らします。

主人公が再度お店を訪れ裏・あまえた樓へ案内された直後にするのは非エロのサービス(約40分)。
膝枕の状態で両耳を同時に泡洗浄してから彼女の鳴らす音が何か答えるクイズをします。

泡洗浄は「じりゅっ」という泡混じりの水音が耳元至近距離で流れ始め
楕円を描くように耳のあたりをゆっくり優しく撫で続けます。
事後におしぼりで耳を拭くシーンも含めて耳に微かな刺激が伝わってくるほどにリアルです。
あまえた楼よりも踏み込んだサービスを初めてするからか、彼女の表情にも若干の緊張が見られます。

音当てクイズは全部で9問あり、どれも彼女が自分や彼の体を擦ったり舐めて音を出します。
音量が小さかったり似通ってて違いがわかりにくいところもありますが
パート後半から始まる指舐めや耳舐めは適度なエロさを持った生々しい音が楽しめます。

性感帯をいじる頃から彼女の吐息が熱っぽくなるのもいいですね。
「気持ちいい」などの言葉を使わず音によって相手の心理状態を表現します。
恥じらいを見せながらご奉仕する初々しいエッチ
エッチシーンは3パート54分30秒間。
プレイは擬似フェラ、オナニー、エッチな音当てクイズ(彩華のオナニー)、お掃除フェラです。
音当てクイズの際に効果音が鳴ります。

「よし 剥けた じゃーんっ これなーんだ?」
クイズの最後に耳を多めに舐めて主人公を軽く興奮させた彩華は
彼にもっと楽しんでもらおうと予め用意した魚肉ソーセージをしゃぶり始めます。

エッチは彼の側から責められないので終始彼女がリードします。
最初の「魚肉ソーセージぺろぺろ」でするのは擬似フェラ(約17分)。
魚肉ソーセージをおちんちんに見立てて変化に富んだちゅぱ音を鳴らします。

「もーっとエッチなのばい こういう事 彩華にされるの想像して?」
彼女は生のおちんちんを今回初めて見るほどエッチの経験が浅い女性ですが
普段と同じく彼に喜んでもらおうと一生懸命取り組みます。
最初は大人しかったのが4分ほど経つとペースと強さが一段階上がり
彼にパンツを脱いでもらった後はより本物のフェラに近いエロさと動きで責め続けます。

おちんちんを見た時の驚いた表情や、射精シーンで「感動した」と漏らす姿が初々しく
目の前で痴態を晒しても一切見下さないところにも彼に対する思いやりが見られます。
音重視の作品ですがこういう細かな描写を積み重ねて2人の仲の良さも表現してます。

純粋なエロさが最も高いのは次の「これはなんの音でしょうかクイズR18」パート(約36分)。
名前の通りどんな音を鳴らしてるか当てる流れで後になるほど大胆なプレイをします。

「お兄ちゃん 彩華 今すっごく敏感なところ触っとるよ」
おっぱい、乳首、太もも、クリトリス、おまんこなど女性の感じる部分を個別にいじり
さらに耳元至近距離から熱っぽくて切ない吐息をたっぷり漏らす雰囲気重視のサービスです。
特に吐息はいじる部位やいじり方によって熱やリズムが微妙に変化して大変リアルです。
淫語も多少は言いますがやはり音こそが最大の抜き要素です。

またパートの中盤からは相互オナニーへと変化します。
恥ずかしがりながらも自らおまんこを積極的にかき回す彼女の姿に優しさと健気さを感じました。
さっきまで穿いてたパンツをおちんちんに被せたり、射精後にお掃除フェラまでするなど
特別な想いを抱く男性に最後までとことん尽くす純愛系のプレイが楽しめます。

このように、彼女の気持ちを込めながらほぼ対等な立場で愛し合うあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
臨場感の高い作品
音フェチ系でありながらキャラも十分立ってる作品です。

あまえた楼に所属する小町の中で自分を最も大切にしてくれてる男性に
エッチをほとんど経験してない女の子が普段と同じスタイルでより大胆なご奉仕をします。
そして色んな音を鳴らしながら後になるほどエロさを上げて抜きやすい環境を整えます。

全編博多弁で人懐っこく話す彼女のキャラ
セリフよりも音を使って癒しや興奮を与える作り、そして音そのものの質の高さ。
彩華の売りである「音あそび」に18禁要素を盛り込んだ穏やかで生々しいサービスをします。

「お兄ちゃん また彩華にフェラさせてくれる?」
中でも彼女のキャラは声、態度、言葉、行為などすべてを使って愛情を示します。
お店でサービスする場合ある程度割り切ってお世話することのほうが多いですが
裏・あまえた樓は小町の側から相手を指名しお金を一切取らない業態なので恋人同士に近いです。
尽くされてるのが音声を通じて伝わってきて満たされた気分になりました。

エッチは彼女のキャラを崩さないよう露骨に下品な音は鳴らさず
体を密着させたまま吐息や喘ぎ声を漏らして興奮具合を表現します。
魚肉ソーセージパートはちゅぱ音、クイズパートは吐息&音と住み分けができててどちらもレベルが高いです。
欲を言うなら自慢のおっぱいを使った擬似パイズリも聴きたかったです。

射精シーンは2回。
喘ぎ声(吐息含む)多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

音が持つ力を最大限に引き出した超リアル仕様の作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:47:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年3月23日まで40%OFFの720円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

意地悪な後輩チアガール姉妹の射精我慢&マゾ彼氏調教コース!

サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてちょっぴり意地悪なところもあるチアガール姉妹が
恋人にあたる男性と色んなプレイをしながら少しずつマゾの快感を教えます。

愛の言葉を投げかけながら限界ギリギリまで射精を我慢させたり
色んな誘惑を仕掛けてそれに負ける快感を煽るなど
彼らの関係を強く反映させて和やかに弄ぶややM向けのプレイが楽しめます。
よわよわな彼氏を鍛えるために
チアガール部員の後輩姉妹からあまあまな調教を受けるお話。

「先輩があまりにも女性に弱いから鍛えてあげまーす♪」
妹は幼さの残る可愛い声の女の子。
「必要ない? だめです、そんな事言って♪」
姉は上品でおっとりした声のお姉さん。
女性にとっても弱い主人公を鍛え直すことを宣言すると
左右に寄り添い体を密着させながらエッチなトレーニングを始めます。

本作品は女性に頼まれると断れないお人好しな恋人を少しでも強くするために
彼女たちがおよそ80分に渡って合計6種類のエッチな誘惑をします。
最初の時点から2人両方と付き合ってる設定なので声や口調がとても甘く
プレイについても目的から脱線しない範囲で優しく接して射精を我慢させます。
まだ付き合い始めたばかりなのか、彼らがエッチな事をするのは今回が初めてだそうです。

姉「息も荒くなってきて口半開き♪ みっともないですねー♪ くすくす♪」
妹「可愛いです♪ 好きです、先輩♪」
自分たちに責められてすっかり骨抜きになってる彼の表情を見て「可愛い」と言ったり
射精を終えてぐったりしてるところに労りの言葉をかけるなど
チアガールの恋人らしく甘やかし応援する方向でエッチをリードします。

後半に差し掛かるとアブノーマルなプレイも出てくるのですが
彼がかなりのマゾだとわかった後も彼女たちが見下すことは一切ありません。
情けないところも含めて彼を受け入れ、楽しませようとする慈愛に満ちた態度を取ります。

トレーニングについては手コキからの寸止めを数回繰り返す
射精をどうしても我慢できない時は情けないセリフを復唱すれば許可する、といったように
おちんちんへの刺激は普段通りに与え、射精のみを制御する軽めの意地悪をします。
パートナーが2人いるおかげで言葉責めやエッチな音の量が多く実用性が高いです。

妹「んふ♪ 今びゅーびゅーしたらすっごい気持ちいいでちゅよー・・・♪」
姉「エロいのに負けて、ドスケベなのに負けて、お漏らしぴゅっぴゅしてくだちゃいね♪」
また彼女たちはエッチの最中に負ける快感を何度も煽ってきます。
射精しちゃいけないとわかったうえで快楽に負けて出すのは気持ちいい。
エッチの経験がほとんどない年下の彼女に弄ばれるシチュと組み合わせてM心を上手にくすぐります。
最終パートにはちょっぴり背徳的な負けプレイも用意されてます。

優しくて甘やかし上手な姉妹がちょっぴり意地悪に誘惑して恋人を負かす。
正反対の属性を持つ要素を違和感なく融合させた独特なプレイをする作品です。
愛を込めて弄ぶエッチ
エッチシーンは6パート80分間。
プレイは手コキ、ベロチュー、パンツコキ、オナホコキ、オナニー、パンツ鑑賞です。
手コキ、パンツコキ、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

妹「んふ♪ いいんです、恥ずかしがらなくて♪」
姉「これからもぉ~っとエロい事しちゃうんですからね♪ くすくす♪」
主人公に事情を説明しトレーニングの同意を得た姉妹は
彼のズボンとパンツを脱がし早速おちんちんをしごき始めます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の3パート50分間は当初の目的通りおちんちんを鍛え上げるプレイ。
「寸止め手コキ編」は手コキと寸止めを繰り返して射精をギリギリまで我慢させ
「誘惑ベロチュー編」は手コキにベロチューを加えて心身を同時にとろかせ
「耳舐め好き好きパンツコキ編」は彼女たちの脱ぎたてパンツをおちんちんに被せて激しく責めます。

妹「がーまーんっ♪ おちんちん強くならなきゃです♪ がーんばれ♪ がーんばれ♪」
妹「ほんとは誘惑に勝って射精我慢しなきゃダメですけど・・・、でも先輩がすっごい幸せそうな顔でお漏らししてたので許してあげます♪」
どのパートも手コキをベースにエッチするわけですが
言葉責めのタイプが随分違うので続けて聴いてみると異なる印象を受けます。
例えば手コキパートは射精しそうなタイミングを見計らって刺激を止めつつ我慢を促してたのが
誘惑ベロチューでは下のセリフのように彼の幸せそうな表情に免じて素直に射精させてあげます。
しかしそれだけでは負け癖がついてしまうから直後にもう1回戦行います。

ネガティブなことをまったく言わないので「頑張るぞ」と思いながら射精を我慢できます。
そしてやる気を出させてくれるからこそ、射精した時の敗北感や開放感がより強くなります。
たっぷり甘やかしつつ最後はきちんと負けるようにエッチを組み立ててるのが素晴らしいです。

姉妹「はぁ~い、びゅくびゅくびゅくぅ~♪ ぶぴゅぶぴゅぶぴゅぅ~♪ びゅるるるぅ~♪ くすくす♪」
射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれるのもポイント。
彼の最も恥ずかしい瞬間をじっくり観察して彼女たちに負けたことを思い知らせます。
この表現は射精を後押しする意味合いもありますし、チアガール部員の彼女たちにピッタリな言葉責めです。

プレイについてはバックで粘性高めのいやらしい効果音を比較的ハイペースで流し続けます。
カモネギちゃんねるさんは言葉責めに力を入れてるサークルさんなので
これらの音よりも彼女たちのセリフに反応して勃起や興奮をすると思います。

後半の3パート30分間は打って変わって負ける快感を追求したプレイ。
「オナホ腰振り応援編」は彼女たちが用意したオナホをおまんこに見立ててピストンし
「チア部更衣室オナニー見学編」は男子禁制の更衣室でチア姿の彼女たちをオカズにオナニーし
「悪い女ごっこオナホコキ編」は彼がバイトで稼いだ1ヶ月分の給料を賭けたエッチな勝負をします。

前半を終えた時点で彼のおちんちんを鍛えるのは不可能と判断したため
ここからの彼女たちはおちんちんをより弱くして他の女性では満足できない体にしようと動きます。
これがタイトルの最後にある「マゾ彼氏調教コース」の意味です。
前半よりも意地悪度が下がりますから気持ちよく射精できるでしょう。

妹「そうだね♪ これきっとすっごいエロいなーってわかっててやってます・・・♪ 先輩に喜んで貰えるようにぃ、わざと、やってるんですよ♪」
そして彼女たちも彼を喜ばせようと今まで以上に大胆な責めを繰り出します。
特に更衣室オナニーパートは挿し絵のような露出の多い服に着替え
自分からスカートをたくし上げてオカズを提供する健気な姿を見せてくれます。
多くの男子生徒が望んでもできないことをさせてあげるところに愛情や思いやりを感じました。

妹「ね♪ 頑張って貯めたバイト代、一時の快楽でぜ~んぶ失っちゃいましょ?」
姉「負けちゃいましょ? せんぱい・・・♪ 男の人は快楽に勝てないようにできてるんです♪」
その一方で悪い女ごっこパートは本作品の魅力である「負ける快感」を全面に押し出してます。
恋人相手とはいえ一時の快楽と引き換えに大金を手放すのは相当なリスクを孕んでます。
でも負ける快感を既に知ってる人にとっては興奮を盛り上げるスパイスになるのかもしれません。
彼の性癖やこれまで積み上げてきたものをストレートに反映させた最後を飾るに相応しいプレイです。

ちなみにお金が絡んでくるプレイですけど所謂貢ぎプレイとは色合いが異なります。
お金を貢ぐ行為そのもので快感を与えるのではなく、負ける快感を得る代償としてお金を払う流れです。
事後にちゃんとフォローもされてますからよほど苦手な人でもなければ聴けるんじゃないかなと。

このように、好きな気持ちを言葉と行為ではっきり伝えながら意地悪する甘さの強いプレイが繰り広げられてます。
優しく負かしてくれる作品
エッチで女性に勝てないことをゆっくりじっくり思い知らせてくれる作品です。

後輩姉妹は恋人にあたる主人公を少しでも女性に勝てるようにしようと
まずは2人で協力しておちんちんと心を同時に責めながら射精をできるだけ長く我慢させます。
そして彼が負けることに快感を覚える性格だとわかった後は存分に負かして精液を好きなだけ吐き出させます。

優しくて愛情深い姉妹が左右に寄り添い同時に責め続けるあまあまなシチュ
好意や応援の言葉を投げかけつつ適度に意地悪する独特なエッチ
その中で女性に負ける快感に焦点を当てたややM向けのアプローチ。
彼らの関係や性癖を忠実に反映させた穏やかな調教を行います。

姉「出しちゃっていいや、負けちゃってもいいやって考えが変わった時の先輩の顔・・・♪ 大好きです、先輩♪」
妹「だぁ~いすきです♪ 愛してます、先輩♪」
これだけ醜態を晒してるのに呆れるどころからより好きになる彼女たちの姿も印象的でした。
女性の誘惑に滅法弱いのも、すぐに心が折れて射精してしまうのも全部受け入れたうえで愛し続けます。
物語の至るところに彼女たちの強い想いが散りばめられていて
これが単なる意地悪ではなく愛情表現の一種であることが自然と伝わってきます。

調教したからといって上下関係が出来上がるわけでもありませんし
変わった性癖を持つ恋人同士がイチャイチャするあたりに留まってます。
そして親しい間柄だからこそ負ける快感をほぼノーリスクで楽しむことができます。

エッチはプレイも個性的ですがそれ以上に言葉責めが秀逸です。
甘やかしと意地悪のバランスが取れていて良い気分に浸りながら弄んでくれます。
ぴゅっぴゅのセリフが充実してるのも好きな人には堪らないのではないでしょうか。
最中に鳴る効果音やちゅぱ音がどれも水分高めでエロいのも抜きやすさに貢献してます。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは4つの番外編です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:53:52(本編…1:46:35 おまけ…7:17)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

ホワイトデー催眠2018

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな女の子が
ホワイトデーにちなんだ癒しの催眠で普段と違う快感をプレゼントします。

全身が真っ白になるイメージに暗示を組み込んで優しく催眠に落としたり
お菓子を使ったプレイで性感と絶頂感を盛り上げるなど
テーマを大事にしながらリフレッシュさせる方向でゆっくりじっくりリードします。
秋野かえでさんの慈愛に満ちた声と演技も魅力です。
特別な日に真っ白な快感を
女の子に催眠をかけられ何度も絶頂するお話。

「ハッピーホワイトデー ふふっ 今年もこの日が来たね」
女の子は甘く可愛い声の女性。
主人公と一緒にホワイトデーのお祝いをすると
催眠を使ってこの日にピッタリなあまーいひと時を過ごします。

本作品は2016年3月14日に公開された「ホワイトデー催眠」の後継作。
妹や恋人ではないけどそれに近い親しみを込めて接してくれる彼女が
およそ60分に渡って心身をリフレッシュさせたり現実世界とは違うタイプのエッチをします。

ホワイトデーに贈るお菓子を作り食べる様子に技術を絡めていた前作とは違い
今作は「白」と「甘さ」をテーマにとことん癒やす方向で進めます。
両者に繋がりはありませんから今作から聴いても特に問題はありません。

「よーしわかった じゃあ今日は 私がうんと癒してあげるから 今までの分も 目一杯リフレッシュしちゃおうか」
本作品の甘さを最もわかりやすく物語ってるのが彼女のキャラ。
幼馴染のお姉さんや母親のような慈愛に満ちた態度で語りかけ
催眠やエッチの最中にある程度のゆとりを持たせて聴き手が頭を空っぽにしやすい環境を整えます。
また心地よさや幸福感を与える暗示が多く、後になるほど心がぽかぽかしてきます。

女の子役の秋野かえでさんは確か催眠音声初出演だったはずです。
でも演技が終始安定していて入りやすく感じました。
エッチシーンでは語気を徐々に強くしてスムーズに絶頂へ導きます。

催眠は24分30秒ほど。
仰向けになって目を瞑り、そのまま少しぼーっとしてから深呼吸を始めます。

「吸ってー 体の力も 吐く息と一緒に抜けていって 吐いてー だらーんと 全身が脱力していくのを感じる」
「せわしない日常に疲れて 色んなものでぐちゃぐちゃに汚れちゃった 君の心の中 心のキャンバスを 私が真っ白に染めてあげる」

「吸ってー」「吐いてー」の合図を出しながら息が苦しくない程度の暗示を小まめに入れ
それを4分くらいゆっくり続けて自然なリラックスを促します。
また終了後には今の状態を確認したりテーマの「白」に関する簡単なお話をして心構えを身に着けます。

本作品の催眠は時間に対するやることの種類を減らし、それぞれをゆっくりのんびりやります。
最中の説明もしっかりしてますから催眠音声初心者でもやりやすく感じるでしょう。
そしてそれは彼女との信頼関係の構築にも繋がります。

深呼吸の次はこれまた定番の脱力。
全身をいくつかのパーツに分けて脱力感、浮遊感、幸福感といった心にプラスに働く感覚を言葉でじっくり伝えます。

「両脚の力が抜けてくると さらに白く 白く染まっていって 頭の中もぼーっとして 気持ちいいだけになっていく」
「全身はさらに真っ白 心の中も真っ白 そしてそのまま 頭の中も真っ白になって 私の声と気持ちよさ それ以外は何も感じられない」

そしてここからは「頭が真っ白」など意識の力をさらに弱める暗示も数多く登場します。
表現を変えながら色んな方向から働きかけてくれるおかげで
体はぬるま湯に浸かってるような心地よさを、頭はどろどろに溶けたような気持ちよさが味わえました。
色が持つイメージを柔らかく表現して癒しながら催眠の感覚を膨らませてくれます。

ホワイトデーらしさを意識した大変癒やされる催眠です。
聴き手の心と体を浄化しつつ2人きりの不思議な世界へ案内することを目的に
長めの深呼吸をしてから体→心の順にゆっくり丁寧に脱力します。

使用してる技術自体は本当に基本的なものです。
しかし作品のテーマに合わせて高度なアレンジがされてるのでとても新鮮に感じます。
セリフの表現が会話調で柔らかく、アプローチも癒し一色なのが大きいです。
難しいことは特にやらないので催眠音声を最近聴き始めた方も私と似た感覚を体験するのではないでしょうか。
女性の優しさと温もりに包まれて
エッチシーンは31分30秒間。
プレイはハグ、全身愛撫、手コキ、綿菓子責め、扉に入るイメージです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「心も体も もっと真っ白になりながら お菓子のようなあまーい快楽 堪能していこうね」
催眠を使って主人公の心と体を真っ白に染め上げた女の子は
彼に抱きつき体を優しく撫でながらもっと気持ちいい感覚を与えます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の15分間は感度の強化に力を入れたプレイ。
ハグしたまま全身を隅々まで愛撫してまずはエッチな気分を盛り上げます。

「こうやって 全身をさわさわーってされちゃうと ぞくぞくーっとした快感に襲われて だんだんエッチな気持ちが強くなっちゃうよね」
「ケーキのイチゴが ぐじゅーって潰れて そこから甘い果汁が染み出していくみたいに ピンク色のエッチなエキスが染み出して 全身にじわーっと広がって 快感に染まっていく」

本作品のエッチは非現実的な快感を追求してるので、フェラやSEXといった一般的なプレイはほとんどしません。
体への刺激はおちんちんを軽く握ったまま他の性感帯をソフトにいじるあたりに留め
暗示を使って快感をおちんちんに集中させたり、お菓子のイメージで気持ちよくする独特なアプローチをします。
色についても白からピンクに切り替えてその印象からムラムラした気分にさせます。

簡単に言えばあまりエロくないわけですが
催眠にしっかり入っていれば少しずつ股間のあたりがムズムズしてきます。
彼女が母親っぽく振る舞うシーンもありますし、催眠で生まれた幸福感を維持したまま気持ちよくしてくれます。

続く後半はお待ちかねの絶頂シーン。
軽い手コキをしてからピンク色の大きな綿菓子の中へ入り込み
さらに心の一番奥にある扉を潜り抜けて最も強い快感を味わいます。

「ピリピリとした強い快感が 全身に広がっていく 皮膚の表面 性感帯 乳首 そしておちんちんへと 敏感な体を快感が蹂躙して 君の意識と理性を蕩かしていく」
どちらも直接的なエロ要素を使わずイメージでイかせることから
これまで以上に感度が上がったり気持ちよくなる暗示の量と密度を上げ
さらに語気を強めにして少しずつ確実にドライオーガズムへと押し上げます。

結構まったり進めてたからこそ意識して刺激を強くしてるように映りました。
綿菓子のイメージ、扉のイメージどちらも連続絶頂形式になっており
ドライ慣れしてる人ならおちんちんを中心にビリビリ、ジンジンした感覚が断続的に湧いてくるかもしれません。

私が聴いた時は綿菓子のシーンでおちんちんに一切触れてないのに
オナニーとほぼ同じレベルの快感が味わえました。
そして扉のシーンでおちんちんが痙攣し続け、そのたびに生暖かい快感が襲ってきました。
扉のほうはカウントを何度も数えてくれるので綿菓子よりもイキやすいと思います。

このように、ホワイトデーのお菓子を使った甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
スッキリできる作品
性欲解消と心身のリフレッシュが同時にできる質の高い作品です。

女の子は現実世界に疲れを感じてる主人公を存分に癒そうと
最初から最後まで大らかな態度で接しつつホワイトデーに合ったエッチな催眠を施します。
そしてその中で白やお菓子といった要素を使って心身の浄化や性欲の発散を応援します。

ホワイトデーが持つ素材に技術を違和感なく絡めた作り
現実世界でするプレイとは違うやり方で気持ちよくするエッチ
そして聴き手が自然と心と体を預けたくなる彼女の慈愛に満ちたキャラ。
テーマ、サービス、キャラを癒しで統一して心安らぐ世界を作り上げてます。

私は前作を視聴済みだったので似た流れで来ると予想してたのですが
実際はホワイトデーの大まかな特徴だけを抽出していつでも聴けるように仕上げてます。
季節モノよりは季節感のある癒し系作品と呼んだほうがしっくりきます。
特に催眠は進め方やセリフの表現が練られててかなり深いところまで入れました。

エッチは彼女の温もりを感じさせながらイメージで気持ちよくする催眠音声ならではのものです。
露骨にエロいことをしないからこそ技術でイかされる感覚が味わいやすくなってます。
おちんちんに快感を集めるので絶頂する時はそこを中心に気持ちよくなるでしょう。

絶頂シーンは2回+α(連続絶頂)。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

いつでも誰でも聴ける大衆性の高い作品です。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:06:12

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
66分で700円とコスパがいいので+1してあります。

↑このページのトップヘ