同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

精通~生まれて初めての射精《催眠音声》

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて上品なお姉さんが
催眠を使って人生に一度しかできない気持ちいい体験をもう一度味わわせます。

普段よりも催眠っぽさを出しながらゆっくり丁寧に進めて少年の心へ戻し
それからおちんちん以外の直接的な淫語を使わずにオナニーのやり方を伝授するなど
より多くの人が精通を疑似体験できるようにきめ細かくリードします。
射精パートが全部で6種類あり好きに選べるのも魅力です。
あの鮮烈な快感をもう一度
お姉さんに催眠をかけられオナニーするお話。

「フフッ、そう、今日のテーマは、精通。初めての射精です」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や楽しみやすい服装を説明すると
精通に関するお話を少ししてから催眠に入る準備を始めます。

本作品は精通の快感を改めて味わってもらうことを目的に
彼女が1時間近くをかけてそれに合った催眠をかけたりオナサポ系のエッチをします。
エッチに関する知識と経験がまったくない頃に戻ってオナニーすることを踏まえて
プレイ自体はオナニーに絞り込み、その中にいくつかのバリエーションを設けて個性を打ち出してます。
精通をテーマにしたセルフ系作品は他だと「DreamChannel「えっちのめざめ」」くらいですからかなりレアです。

Hypnotic_Yanhさんは作中の絶頂回数がとんでもなく多かったり、ドライ中にドライするプレイを盛り込むなど
どちらかと言えば初心者よりも熟練者向けの作品を制作することが多いサークルさんです。
しかし今回はその方針を大きく切り替え文字通り誰でも聴けることを目指したサービスを行います。

例えば先ほど話した通りエッチがセルフメインですからドライ未経験者でも問題なくイけますし
総時間も最近の作品の中では短めで集中力を維持しやすいです。
他にもM向けの要素がまったくなかったり普段よりも催眠っぽさを残した誘導をするなど
催眠のことをほとんど知らないノーマルな人でもかかってることを実感できる配慮が随所にされてます。

ぶっ飛んだ設定やプレイが好きな人にとっては多少物足りなく感じる部分もあるでしょうけど
催眠、エッチいずれもテーマ性が強く品質も極めて高いです。
特に催眠は少年の心に戻すだけでなく、射精時までそれを維持させるためにかなりの工夫がされてます。
サークルさんの作品をこれまで敬遠してきた人にも自信を持っておすすめします。
ゆっくりと少年に戻す丁寧な催眠
催眠はおよそ30分間。
部屋を暗くしてからベッドや布団に横になり、まずは目を開けたまま全身をくまなく脱力します。

「腕、ひじ、手のひら、そして指の一本一本までも、スーッと、力を、抜ききってしまう。完全に脱力する。そうすると、もう首から下の感覚が薄れ、まるで人形になったかのように、感じてしまいます」
足から始まってお尻、お腹、胸、肩と下から上に向けて流す感じに進め
そのたびに「スーッと」「だらーん」など脱力を後押しする暗示を上手に投げかけます。
催眠音声ではよく見かける技法ですが、暗示の中に比喩を盛り込んで幅広さを持たせたり
脱力感を少しずつ伝播させるアプローチを取るなど柔らかさとやりやすさに工夫がされてます。

分倍河原シホさんのぼんやりした声も相まって早い段階から手足を中心に脱力感が湧いてきました。
そして短いカウントに合わせて目を閉じた瞬間に心地よさと全身が地面に軽く引っ張られる感覚がしました。
サークルさんの中ではかなりストレートな誘導なので、どのあたりから催眠が始まったかもわかりやすいです。

テーマの精通が絡んでくるのはその後から。
どんな風にオナニーしたか、その行為の意味を当時理解してたかを尋ねながら
自分が初オナニーした時の様子や感覚を少しずつ呼び覚まします。

「最初から、おちんちんを握ってしていた人も、まあ中にはいらっしゃるようですが、それよりも、股間をどこかにこすり付けたり、服の上から手で刺激したり、そういう人の方が、多いんだそうです」
この音声を聴く年頃になってまだ射精を一度もしたことのない人はいないはずです。
そして経験した時点で本人が忘れてたとしてもその記憶が無意識にしっかり残ってます。
それが少しでもはっきりイメージできるように具体例を交えながらゆっくり話します。

「もし、一旦そんな知識を、忘れる事が出来て、何も知らない、無垢な少年の心に、戻る事が出来たとしたら、あの、強烈な快感を、もう一度味わう事が出来るかも…」
これらと並行してお姉さんが聴き手に期待を抱かせる言葉を投げかけるのもポイント。
催眠の主役は聴き手ですから聴き手自身がそうしたいと願えば成功率も自然と上がります。
だから「私の声に身を委ねればできますよ」と言ったり、その直後に簡単な復唱をすることで
これから自分は少年の心に戻るんだ、というやる気と心構えを身に着けさせます。

肝心の少年化はとあるアイテムを使ったイメージで行います。
これを聴き終えた時点ではあまりピンとこなかったとしても
エッチに入った後で自分の心がいつもと何か違うのをなんとなく実感すると思います。

しっかり落としてから会話形式で本題の誘導をするテーマに沿った催眠です。
聴き手の心だけを精通前まで戻すことを目的に
序盤は分割弛緩法や軽い深呼吸&カウントにタイミングよく暗示を入れてスムーズに深化させ
中盤以降はスタイルを大きく切り替え無意識に眠る精通の記憶を掘り起こしながらそれを再体験する気にさせます。

サークルさんの他作品に比べれば確かに催眠らしい誘導だと思いますけど
セリフの表現や少年化のアプローチが独特で柔らかいです。
聴き手を納得させながら進めるのでお姉さんの言うことを受け入れやすく感じるでしょう。
性の目覚めを感じながら
エッチシーンは7パート50分30秒間(1視聴あたりのプレイ時間は22分程度)。
プレイはおちんちんの愛撫、パンツ越しのオナニー、直のオナニー、床オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはもちろん有りです。

「フフフッ、秘密ですよ。今から、あなたが、今までに味わった事もない、ものすごい気持ちよさを、お姉さんが教えてあげますからね」
催眠を使って主人公を無垢な少年の心に戻したお姉さんは
先ほど以上に優しい口調でオナニーのやり方をひとつずつ丁寧に教えます。

エッチは彼女に言われた通りに手を動かします。
一番最初の「快感」パートは射精できる準備を整えるメインパート(約17分)。
事前に使う側だけ手の脱力を解除してからパンツ越しに竿、玉、亀頭を優しく刺激します。
ちなみに本作品のエッチはどれもパンツを穿いたまま行います。

「ほら、だんだんと、もどかしくなってきましたよね? ちょっと手で、いじってみたい。おちんちんを、床やクッションに、擦りつけたい。そんな気持ちがだんだんと、湧いてきますよね?」
プレイだけを見るとソフトなオナニーあたりに思うかもしれません。
ですが今回するのは精通ですからエッチなことをまったく知らない気分にさせる方向で進めます。
例えば上のセリフはオナニーを始める前、おちんちんに意識を集中させた時に言うものなのですが
「オナニー」をわざと使わずに「手でいじる」などの遠回しな表現をしています。

普通のセルフ系作品だったら「オナニーしたいですよね?」と言うのではないでしょうか。
でもそれを敢えてしないことで催眠パートの最後に行った記憶の消去を持続しやすくしています。
セリフの表現が本当に練られてますから、一時的にせよオナニーという単語が思い浮かばない可能性も十分にあります。

「力を込めず、ゆっくり、ゆっくりと、動かしてー。そうするだけで、徐々に、徐々に気持ち良さが、湧き上がってきますからね。さあ、しばらくやってみてー」
「それは何も、おかしな事ではありません。男の子はみんな、こうやって気持ち良く、なれるんです」

オナニーが始まった後もその路線はまったく変わりません。
普通のオナサポ以上にやり方を細かく教えながら、初めての感覚に戸惑わないよう優しい言葉をかけます。
擦る、揉む、押すなどしごく以外の方法で刺激を与えるのも大人の心から離す工夫なのだと思います。
そしてそれだけだと快感が弱いだろうということで気持ちよくなる暗示を多少入れてカバーしてます。

残りの6パートはお待ちかねの射精シーン。
パンツ越しのオナニー、パンツの中に手を入れてのオナニー、床オナニーと3つのタイプがあり
そのすべてで50カウントダウンと30カウントダウンの2パターンが用意されてます。
各パートの時間は5分程度でどれかひとつを選びます。

「ほら、快感が膨れ上がる。おちんちんに満ち溢れていく。もうすぐ、すぐ爆発しそう。何かが爆発しそう。さあ、来る!絶頂が来る。来る!、来る!!」
進め方はどのルートも事前に簡単な心構えを伝授し
それからカウントを数え始めてその間は自由におちんちんを刺激します。
前のパートを聴いた時点では物足りないと感じた人もここで考えを多少改めるのではないでしょうか。
カウント中に左右から追加の暗示を入れ、射精時にも力強い追い込み暗示で応援してくれます。
私が聴いた時は普段よりも強い快感が一気に突き抜けて余韻もやや長く続きました。

どのルートもパンツに精液をぶちまけることになるため
後始末を楽に済ませたいならコンドームをつけておくのがいいでしょう。
でも精通時により近い感覚で射精したいのならゴム無しを強くおすすめします。

このように、言葉と行為の両方で少年の気分に浸らせるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
新鮮な射精を迎えられる作品
変わったやり方でより充実した射精を迎えるお手伝いをしてくれる作品です。

お姉さんは主人公が過去に体験した初射精をもう一度味わわせるために
まずは催眠を通じてエッチに関する経験や記憶を一時的に消去し
それから一歩ずつ前進する形でオナニーのやり方を教えます。
そして最後の射精シーンだけは彼の好きなスタイルでやらせます。

比較的短い時間で深化させてから精通時のイメージと感覚を膨らませる催眠
オナニーや亀頭などストレートな淫語を避けつつ普段と違うやり方でソフトにいじらせるエッチ。
テーマの精通をできるだけリアルに楽しんでもらえるように気を配ってリードします。

「でも、それは、男の子が一度は、体験する事。男の子が、一度は通る道です。ですから、何も恐れる事は、ありません。体の奥から湧き上がる、強烈な快感に身を委ね、意識をおちんちんと、快感だけに集中して下さい」
一般的なセルフ系作品ではカウントを数えながら感度の上がる暗示を入れるとか
露出がテーマの作品だったら見られる快感を煽るなど直接的な方法で興奮させることが多いです。
それに対して本作品は今まで知らなかったことに初めて触れる、つまり「新鮮さ」をスパイスにしています。

おちんちん以外の淫語をほぼ言わなかったり責め方がまったりしてることから
純粋なエロさだけを見れば割と低い部類に属します。
しかしエッチに関する記憶を消去した後にそれを知りたい欲求をくすぐることでやる気と知った時の快感を大きくしています。
この変則的なアプローチこそが本作品最大の魅力だと私は考えてます。

スク水を実際に着るとか、生体ユニットになって連続アクメを決めるといったぶっ飛んだ要素を持つ作品ではないので
サークルさんの過去作に多く触れてる人ほど地味に感じるかもしれません。
ですが品質においてはそれらと並ぶ、あるいは凌駕するものを持ってます。
こういうやり方で射精の快感を強化する作品は本当にレアです。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

精通を迎えてる人なら誰でも聴ける親しみやすい作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:27:51(1視聴あたりの時間は1:00:00程度)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月9日まで30%OFFの630円で販売されてます。

アルラウネ先輩とナイショの放課後

サークル「Cotton Pop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、先日恋人になったアルラウネの先輩が
一緒に通ってる学校内で一風変わった濃厚なエッチをします。

周りにバレないよう意識して緩く責めながら愛情を感じる言葉を投げかけ
その中に花の香り、蕾、触手といった彼女だからこそできるプレイを盛り込むなど
年上の恋人が持つ甘さと人外特有の激しさを組み合わて気持ちいい射精へ追い込みます。
雰囲気がとても甘く時間に対するエッチな音の割合も高いですから実用性も比較的高いです。
憧れの先輩はアルラウネ
アルラウネの先輩と学校内でエッチするお話。

「こっちこっち…ふふふ♪ 誰にもバレなかった?…そう、いい子♪」
先輩は甘く色っぽい声のお姉さん。
ある日の放課後、主人公を誰もいない教室に呼び出し安全を確認すると
軽く会話してから早速ライトなキスをします。

本作品は2017年8月に公開された「【無料】好きになった先輩がアルラウネでした」の続編。
自分がアルラウネだと知っても愛してくれる彼を満足させようと
彼女がおよそ30分に渡って3種類の甘くて独特なエッチをします。
製品版に前作のデータも入ってますから未視聴の人は先に聴いておいたほうがより楽しめます。

全体を通じて言える大きな特徴はふたつ。
ひとつは年上の恋人が持つ甘さや優しさを全面に押し出して責めること。
もうひとつはアルラウネ特有のプレイを随所に盛り込んでることです。

「んむぅ…あふ…あっ♪好き…大好き…♪ キスだけで蕩けてしまいそう…♪」
前者は声や態度が柔らかいのに加えてプレイ中に愛の言葉を何度も言います。
そして場所が家やホテルと違い必ずしも安全ではないことを踏まえて比較的緩いペースで刺激します。
人外モノから連想されるハード路線のエッチとはほぼ対局にあります。

しかしそれだけでは彼女をアルラウネにした意味がなくなるので
最初のパートは花の香り、次は蕾を使ったオナホコキ、最後は触手による耳責めと
人間同士では絶対にできないプレイを多少織り交ぜてそれらしさを出してます。

最中に鳴るちゅぱ音や効果音が全体的にねっとりしていてエロいのも人外キャラに合ってて良いです。
そしてこれはペースが緩いことによる実用性の低下を補う役割も果たしてます。
最終パートには2種類の効果音とちゅぱ音が同時に鳴るシーンがありますし結構濃厚です。

声も態度もあまあまな先輩がゆっくり責める年上系のスタイルとアルラウネ特有のプレイ。
二人の仲の良さを出しつつ抜きにも配慮したとても温かい人外作品です。
ありのままをぶつけ合う愛情深いエッチ
エッチシーンは3パート30分間。
プレイはキス、耳舐め、亀頭責め、蕾オナホコキ、玉舐め、授乳、SEX(騎乗位)、乳首を擦り合わせる、触手による耳責めです。
亀頭責め、オナホコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「んふ…今日も私と…甘い時間を過ごしましょう…♪」
今ならエッチしても大丈夫と判断した先輩は
キスをディープなものへと切り替え、さらに耳も舐めて彼の興奮をねっとり煽ります。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
最初の「先輩と内緒の教室で」は人間同士でするのとほぼ同じプレイ(約14分)。
キスや耳舐めを9分程度続けて彼のおちんちんをカウパーまみれにしてから
ズボンを脱がしパンツの上から亀頭だけを手でやや激しく擦ります。

「ねぇ…したいでしょぉ…? 言葉に出して言ってくれないと、恋人同士と言えどわからないわ…」
まだ始まったばかりということでアルラウネ成分は控えめにする代わりに
耳やおちんちんを焦らし気味に責めたり恥ずかしいおねだりをさせて興奮を盛り上げます。
焦らしといっても意地悪に感じるレベルではありませんからスパイスの意味合いが強いです。
ゆっくりねっとりしたちゅぱ音や効果音もエロく、彼を気持ちよく射精させたいという思いが込められてます。

彼女のアルラウネなところが本格的に出始めるのは次の「大好きな蕾オナホと」から(約6分)。
1回射精させてもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと
パンツを脱がせてから自分の蕾オナホでそれを飲み込み強めに刺激します。

「早く真っ白いエッチなお汁を出させようって グチュグチュとキツく締め付けたり、器用に触手で根本だけギュウってされたり…」
現実世界には存在しないプレイなので客観的な実況を多少織り交ぜながら
「にゅこっ」というバキューム多めの効果音を鳴らします。
同じプレイでもシーンによって効果音の質感や動きが微妙に変化するのがいいですね。
パート中盤以降は見られるスリルを煽ったり赤ちゃん言葉で語りかけて心のほうも責めてくれます。

二人の絆の強さが最もわかりやすく表現されてるのが最後の「ゆるゆるセックスは極上の甘い蜜」(約10分)。
これまでのプレイですっかり発情した先輩が主人公の上に跨り
お互いの性器を軽く擦り合わせてから挿入しピストンへと移ります。

「こうやって密着して、貴方と一つになれるの…とても幸せ…」
「私のこの細い濡れ濡れの触手で、貴方の耳も…犯してあげる… お耳も、お口も、おちんちんも…私でいぃっぱぁい…」

SEX(性器)、キス(唇)、手を繋ぐ、胸を合わせて乳首を擦り合わせるなど
このパートは二人の一体感を大事にした濃密な同時責めが楽しめます。
「きゅぽっ」という吸い付く感じのピストン音にもおちんちんを離したくない彼女の意思を感じました。
中盤に差し掛かると「きゅりっ」というコリコリした筋っぽい耳責め音も加わってさらに密度が上がります。

最後はきっちり中出しを決めますし、彼と同じく彼女も相手を溺愛してるのがわかります。
人外モノで時々見られる捕食や融合ではなく、人間の男女が心と体をひとつにするのと同じ方向でSEXします。
キスしながらピストンを続けるので喘ぎ声の量は少ないです。

このように、比較的静かに責めながらお互いのすべてを曝け出すあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
極めて甘い人外作品
受け入れられるのならノーマルな人でも聴けるレベルのマイルドな作品です。

アルラウネの先輩は自分を好きになってくれた主人公の気持ちに応えようと
前置きを必要最低限に削りエッチを通じて感謝の心を伝えます。
そして公共の場で愛し合うことを踏まえて責めるペースを意識して落とし
その代わりちゅぱ音や効果音のエロさを増したり心への責めを加えて抜ける環境を整えます。

年上の女性が持つ優しさや温かさを強く反映させた作り
その中にアルラウネ特有のプレイを取り入れて個性と実用性を出す工夫。
年上と人外の良い部分だけを抽出して組み合わせた聴きやすいエッチに仕上げてます。

「くすっ…私は貴方のことが大好きよ…もっと…もっとしたいくらい…」
エッチの最中に彼女が自分の気持ちをストレートに何度もぶつけてくるのが特に印象的でした。
焦らしを交えた完全女性上位のエッチはどうしてもM寄りになってしまうので
彼女が彼を強く求めてる、愛してるセリフによってそれを中和してます。
最終パートは彼女もちゃんと絶頂してますし、ほぼ対等な関係を維持できてます。

エッチはシチュを大事にしてるのがすごく良いなと。
ひっそりやってるはずなのに激しく責めたり大声を上げたら違和感が出てしまいますからね。
効果音も手コキ、オナホコキ、SEXで質感や動きを使い分けてあって丁寧です。
総時間が短いので毎パート抜くのはさすがにきついでしょうけど通しで1回射精するくらいなら余裕です。

射精シーンは3回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数にさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 34:52

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

Mの快感(TS)

サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、体にとある秘密を持ってる色っぽい社長令嬢が
南の島に伝わる儀式と特殊な薬を使ってM女性の快感を味わわせます。

現地に移動したり儀式をする様子を通じて深化と女体化を進める催眠
体を拘束されてる気分をリアルに味わわせながら女性の象徴を責めて何度もイかせるエッチなど
聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるようにゆっくりじっくりリードします。
初エッチは女同士で
社長令嬢に女体化催眠をかけられエッチをするお話。

「こっち、こっちー! きっと来てくれると思っていたんだぁ、本当にありがとう!」
社長令嬢はトーンが低く色っぽい声の女性。
同じ会社に務める主人公と付き合い始めたある日、まだ打ち明けてない秘密があることを告げると
より親密な関係になるために彼を東南アジアの離れ小島へ招待します。

本作品はMの女性になりきって同性に責められる快感を味わわせることを目的に
彼女が80分程度の時間をほぼ半々に分けて催眠をかけたり変わったエッチをします。
TS heavenさんは今回が有料処女作なので知らない方もいるかもしれませんが
過去に無料作品をいくつか制作されており、そのすべてが女体化モノという女体化専門のサークルさんです。

本作品でもより多くの人が女性になりきって気持ちよくなれるように
体だけでなく心のほうもケアしながら丁寧に誘導します。
催眠音声は催眠にかけないと始まりませんから以前の作品以上に手堅く進めてます。

「困ったことに射精したい相手は女体化した男性ってことに、数年前に気づいたんだよね」
社長令嬢は上品な声からは想像できないほど大きなおちんちんを持つふたなり。
しかも女体化したMな男性が相手でないとエッチで気持ちよくなれない変わった性癖を持ってます。
そこでその素質が十分にある彼に近づき今回の旅行を持ちかけました。

お互いの性的欲求を同時に満たす方向でエッチしますから手ひどいことはほとんどしません。
プレイのほうも女性の感じる部分を的確に責めていて同性らしさが出ています。

催眠はおよそ40分間。
前半の「誘導・深化」は社長令嬢の父親が持つ飛行機に主人公を案内し
離陸してから島に到着するまでの時間を使って深い催眠状態へ導きます。

「吸ってぇーー 吐いてーー、全身がだらーんとなる」
「飛行機が滑走路から飛び立つ、体がふわっと軽くなり、直後に重力がかかってくる 全身が後ろに引っ張られて、体全体が一気に重くなる」

離陸するまでの間は気持ちを落ち着けるために深呼吸を繰り返し
離陸の瞬間はその様子を主観的に実況しながら体が一気に重くなる暗示を入れるなど
この旅行に登場する色んなイメージに技術を絡めて少しずつ確実に落とします。

使われてる技術は古典催眠のものが中心なので多少堅苦しく感じるかもしれませんが
技術の使い方や暗示の入れ方がしっかりしていて後になるほど意識のぼやけが強くなります。

「落ちる、どんどん落ちていく、機体がエアポケットに入ったようにさーっと落ちていく 体がぐんぐん重くなり、君はどんどん、どんどん雲の中を落ちていく」
離陸した後は窓の外に浮かぶ雲を通じて浮遊感を伝えたり
その直後に今度はカウントを絡めて落ちる暗示を厚めに入れて意識を揺さぶります。
本作品は催眠、エッチいずれもカウントを数えるシーンが非常に多く
その最中や直後に目的の暗示を入れて感覚をスムーズに操作します。
パートの終盤に女体化を受け入れやすくなるアプローチをかけるのも良いです。

続く「女体化」でするのはもちろん本題の女体化。
目的地の別荘に到着し、服を脱いでそこに置かれてる椅子に座ると
彼女が会社で開発した女体化薬を飲ませてからこの島に伝わる儀式を行います。

「男だった自分が嘘のように過去のものになる、君は女性になることに喜びを感じる」
「ぼーっと輝く小さな光が頭の中に入ってくる それが今、君の頭の中のてっぺんでぼんやりと光っている オレンジ色の小さな丸い光 それは女性の象徴、女性そのもの」

地下の部屋に移動する様子にカウントを絡めて心を男性から女性にシフトさせる暗示を入れたり
到着後は挿し絵に描かれてるローソクが生み出した光を通じて女性に変わっていくことを実感させるなど
前半に引き続きイメージを活用しながら心身両面の女性化を推し進めます。

女体化は髪、両肩、胸、性器、体全体と男女の差が出やすい部分を中心に
短いカウントを何度も数えてその都度変化した様子を主観的に語ります。
光の玉と連動させてやるおかげで今どこを変えてるかがわかりやすく
おっぱいやおまんこは他よりも長めの時間を割いて強めに実感させてくれます。
一番最後に鏡を使って女性になった自分を定着させるなど、作品の売りである「丁寧さ」が最も発揮されてるパートです。

しっかり落としてから女体化をじっくり行う安定感のある催眠です。
聴き手を社長令嬢の言う南の島へ案内し心と体を女性に変えることを目的に
前半は旅行の様子に深呼吸、イメージやカウントを使った脱力と深化、軽い揺さぶりを組み合わせ
後半は階段を下りるイメージによる心の女性化、球体心像法を絡めた部位ごとの女体化と
古典催眠の技術に作品固有の要素を組み込みゆっくり誘導します。

このところの催眠音声はテーマや技術に奇抜なものが多いのでやや大人しくも感じますが
被暗示性の高い人なら十分な深さにまで入れる品質を持ってるのも事実です。
女体化も強引さをできるだけ出さないよう慎重に進めてますし
少なくとも女性になることに対して抵抗を感じる人はあまりいないと思います。
無料作品で見られたサークルさんの良い部分が有料でもきちんと発揮されてます。
逃げられないからより気持ちよくなる
エッチシーンは4パート30分間。
プレイは体の拘束、乳揉み、乳首責め、クンニ、バイブ責め、手マン、乳首の電流鞭、SEXです。

クンニの際にちゅぱ音が、乳首責め、バイブ責め、手マン、乳首の電流鞭、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「さて、M女性の責め方っていくつもあるんだけど、今日は快感が快感を呼ぶ責め方をしてあげるね」
催眠を使って主人公を自分好みのMな女性に変えた社長令嬢は
彼の体を拘束してからおっぱいやおまんこをねっとり刺激します。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
一番最初の「プレイタイム01」はおっぱいと乳首に的を絞ったプレイ(約8分)。
乳房を揉みながらスペンス乳腺(横乳)を親指で責めたり、乳首をつねって最初の絶頂へと追い込みます。

「両手で下から乳房を持ち上げられながら、脇の下のスペンス乳腺を親指で刺激される 胸の脇からじわっとムズがゆい快感が腕から胸全体へと広がっていく」
そして彼女はこれらのプレイを主人公と同じ視点で楽しめるように
その様子を主観視点で実況しながら気持ちよくなる暗示を丁寧に入れて興奮を盛り上げます。
催眠パートと同じくカウントを起点に暗示を入れるスタイルで、私の場合は体が少しずつ熱くなるのを感じました。

「あーあ、上半身が身動きできなくなって快感を発散できなくなったわよ (腕に力が入らない)」
プレイ中に若干エフェクトのかかった声で脱力する暗示を小まめに入れてくるのもポイント
本作品のエッチは拘束されながら責められるのがコンセプトですから
継続的に体の自由を封じて快感から逃げられない状況を作ります。
そこまで強烈ではありませんが多少の不自由感はありました。

ハードなプレイが登場するのはその次から。
「プレイタイム02」はクンニで濡らしてから太めのバイブを挿入し
「お仕置き」は手マンで4分以内に3回連続の絶頂をさせ
「 プレイタイム03」はいよいよ彼女の極太おちんちんを体の奥深くまで受け入れます。

「すごい、こんな奥まで入れられて気持ちいいなんて、おまんこ感じるよね? これが女の快感だよ」
プレイだけを見ると結構エグそうですが彼女はあくまで彼を楽しませるためにこれらを行います。
その証拠に声や口調は引き続き穏やかですし、バイブやおちんちんを挿入する際も快感を強調する形で伝えます。
同性ならどうやって責めれば痛みを感じないかもわかってるので雰囲気は意外と和やかです。

ただし、プレイタイム03の前半に登場する乳首の電流鞭は割と過激なプレイです。
乳首に電流を流したり鞭を打ち付けるのではなく指でつねる責めなのですが
その際に「ビシッ」という鋭い鞭の音が繰り返し流れます。

乳首を鞭で叩かれてるような感覚を擬似的に味わわせたかったからこの音を使ったのでしょう。
製品版にはこの音だけ入ってないバージョンも用意されてますから
苦手そうに感じたらひとまずそちらを選ぶといいでしょう。

このように、SMプレイにならないギリギリのラインを突いて女性固有の性感帯を責める独特なエッチが繰り広げられてます。
丁寧な女体化作品
女体化の要所を押さえつつ個性的なエッチをしてる作品です。

社長令嬢は主人公の心に眠る女体化願望やMの欲求を満たし、自分自身の性欲も発散させさせるために
二人きりになれる場所へと案内してからM向けのややハードなプレイをします。
そしてその中に催眠の技術を多数盛り込み臨場感と女性になった感覚を聴き手に与えます。

飛行機に乗り込んでから別荘に到着するまでのイメージを駆使して深める催眠
そこから地下に移動し薬や儀式を行いながら少しずつ変化させる女体化
体の動きを封じてから女性の弱点を的確に責める繊細でやや激しいエッチ。
主人公と同じ視点で楽しみ、感じ、絶頂できるようにサービスを進めます。

「私、凄く嬉しくて楽しくて、たまらなく興奮したよ」
彼女は彼をおちんちんで蹂躙したいからこの旅行を企画したわけですが
実際は最後の最後にSEXをするだけで、それ以外は彼をもてなす方向でリードします。
プレイの描写やセリフの表現もかなり抑えられてますし、ドM向けと言うほどハードなものではありません。
体を動かせない暗示を小まめに入れることも含めて雰囲気重視のエッチだなと。
「好き」とかは言いませんけど態度や行動に愛情と思いやりを感じました。

催眠はこれまで無料をメインに制作されてきたサークルさんだからでしょうけど
カウントを使いすぎてるせいで全体の流れが単調になってるのがどうしても気になりました。

有料作品は商品ですから催眠技法にもある程度の個性が求められます。
わかりやすいところだと双子ですね。
それ以外にもサークルさんごとに何らかの特色を持ってます。
この部分を今後どのように作り上げていくかが有料作品制作におけるひとつのカギになると思います。

絶頂シーンは6回。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:22:32

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

心酔メイド文と姫始め~新年初エッチ~+スキ×キス~ご主人様が眠りに落ちるまで耳元で好き好きちゅっちゅしてくれるメイドさん~

サークル「DL製作班」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、献身的でお淑やかなお嬢様系お姉さんメイドが
新しい年を迎えた直後にご主人様とラブラブなエッチをします。

開始直後から喘ぎ声を積極的に漏らしたり、彼に対して中出しも含めた色んなおねだりをするなど
落ち着いたキャラとのギャップを大きめに持たせることでエロさを出してます。
その後に始まる添い寝も彼女の想いが強く表れてるあまあまなサービスです。
愛する人との幸せな姫始め
メイドの文(ふみ)がエッチや添い寝をするお話。

「ご主人様 あけましておめでとうございます」
文は上品で落ち着いた声のお姉さん。
ご主人様に新年の挨拶と姫始めの相手に自分を選んだくれたことへのお礼を言うと
他のメイドに勧められた巫女服姿で早速熱いキスをします。

本作品は彼のことを一人の女性として深く愛してる彼女が
今年初めてのエッチを楽しんだりそのまま添い寝して安眠へと導きます。
サークルさんが「どちらもメインテーマ」とおっしゃられてるだけあって
エッチ13分、添い寝21分(うち後半の11分は寝息のみ)とほぼ同じバランスになってます。

「この服ですか? 巫女装束ですが… 凪彩(なぎさ)さんから 姫始めは巫女装束でされるのがお好みだと聞きました」
文は年齢が23歳で気品漂うお姉さん系メイド。
メイドらしい落ち着いた声と態度でご主人様にとことん尽くす姿勢を取ります。
今回巫女服を着用したのも彼に喜んでもらいたいからです。

しかしその一方で可愛らしいところも持っており
特にエッチでは元々のキャラとは随分違うハイテンションな乱れっぷりを見せます。
姫始めは当然一人しか担当できませんから、それに自分が選ばれて相当に嬉しかったのでしょう。
その気持ちを喘ぎ声やセリフに込めて幸せな雰囲気とエロさに変換してます。
ちなみにエッチパートは効果音やフィニッシュ時のカウントダウンの有無で4パターン用意されてます。

それに対して事後に行う添い寝は何度も「好き」と言いながら耳を舐めるシンプルなサービスです。
ちゅぱ音もエロよりは癒しを意識したものですから安眠パートと見るのが妥当でしょう。
こちらも12分程度のショートと21分程度のロングで2パターンあります。
声と言葉で一気に盛り上げる比較的激しいエッチ
エッチシーンは13分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首舐め、おまんこ鑑賞、クンニ、SEX(正常位)です。
おまんこを指で広げる、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「あっ はぁんっ ご主人様 文をお求めいただき ありがとうございます あんっ」
あまりに嬉しくて始める前から興奮しっぱなしだった文は
ご主人様の求めに応じておっぱいを差し出し、それを揉まれながら改めて感謝の気持ちを伝えます。

エッチは彼が責め続ける形で進みます。
前半の6分間は本番に向けて準備を整えるシーン。
キスから入って乳揉み、乳首舐め、そしてクンニと女性の象徴を主に口を使って愛します。

「ご主人様 文は幸せでございます ありがとうございます」
「恥ずかしいですけど これが文のすべてでございます 沢山ご覧ください」

そして最中はプレイの実況をほぼ挟まず彼女の内面を重点的に描きます。
エッチの開始直後から大きめの喘ぎ声を漏らし、合間に今の気持ちをはっきり伝え
彼が望むことなら恥ずかしくても喜んで受け入れるなど彼女の性格がしっかり反映されてます。
おまんこを観察されるあたりから吐息が明らかに熱っぽくなるのも実に良いです。

本作品のエッチは時間がかなり短いので
普通の作品のように少しずつ盛り上げていく流れではどうしてもエロさが不足してしまいます。
だから彼女が事前に発情してる設定や彼に対する想いの強さを使っていきなり激しめのエッチします。
そしてこれは彼女の普段とのギャップを引き立たせる役割も果たしてます。

続く後半の7分間はお待ちかねの姫始め。
彼にどの体位で繋がりたいかを聞かれた文が正常位を選択し
前半と同じく激しめの喘ぎ声や愛の言葉を漏らしながら二人同時の絶頂を目指します。

「あぁっ ご主人様っ おちんぽもっとください 私のおまんこにもっとぉ」
彼女が「おちんぽ」などやや下品な淫語を積極的に言うのがいいですね。
フェラや手コキといった体への責めをするのではなく
思いっきり乱れて彼が気持ちよく射精できる材料を提供するノーマル向けのご奉仕です。

おねだりのセリフが多いのもご主人様とメイドの関係を強く意識してます。

最後の射精シーンはカウントダウン有りの場合
メインの声とは別に右手から文が落ち着いた声でカウントを数え始めます。
そして0になった直後に中央はイキ声、右はぴゅっぴゅのセリフを同時に言います。
実際にやった感じではカウント有りのほうがタイミングを合わせやすくて良かったです。

このように、主従関係を維持しつつ恋人同士に近い心の距離でする幸せいっぱいなエッチが繰り広げられてます。
満たされる作品
女性から愛されてる、大事にされてる気分が味わいやすい作品です。

メイドとしてご主人様に身も心も捧げてる献身的な女性が
年始めのSEX相手に選ばれた嬉しさをストレートにぶつけながら気持ちよくなります。
そしてお互いの性欲を発散できた後は一転して静かになりゆっくり眠らせます。

激しめの喘ぎ声や積極的なおねだりなど落ち着いたキャラとの違いを大きく出してるエッチ
そしてその最中や添い寝シーンで投げかけられる愛の言葉。
わざとらしさが出ないように彼を喜ばせる、あるいは安心させる方向でサービスを進めます。

「ご主人様…好きぃ」
文は表面的には大人びた女性なのですが内面は割と可愛らしく映りました。
セリフに表裏がないですし、その表現も「好き」「幸せ」など至って簡潔です。
それを単調に感じる可能性もありますが、言葉を思いつかなくなるほど彼女が感激してたとも受け取れます。
だからこれはこれでいいと思います。

もうひとつ、彼女がエッチでほぼ受け身に回るのも性格を反映させてのことなのでしょう。
彼女のプロフィールに「主従関係を重んじる」と書いてあります。
彼が責めてくれてる状況でわざわざ自分が責め返すのはそれに反するからこうしたのではないかなと。
その代わり女性特有のエッチな声や言葉で興奮を盛り上げることを頑張ってます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音(添い寝パート含む)と喘ぎ声それなり、淫語とくちゅ音そこそこです。

女性の愛に飢えてる人には特におすすめしたい作品です。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 36:09(重複部分を除外したオリジナルの時間)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

催眠メルトダウン

サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第28回目は穏やかでねっとりした声のお姉さんが
催眠を交えた珍しい調教でマゾ奴隷に堕ちる快感を味わわせます。

催眠はカウントを小まめに数えて揺さぶりながら従う快感をゆっくり教え込み
エッチは様々な指示を出して辱められる快感に浸らせる、といったように
少しずつダメになっていくのが自覚できてるのに逃れられなくなるよう丁寧にリードします。
心をどろどろに溶かしてあげる
お姉さんに催眠をかけられオナニーするお話。

「ゆったりと 楽な体勢で 楽な呼吸で聴いてください」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
音声を聴く際の環境や注意事項を簡単に説明すると
主人公にリラックスできてる時の自分をイメージするよう言います。

本作品は彼女の言葉で心を溶かされダメになっていく快感を味わわせるために
シンプルな催眠を施してからM向けの恥ずかしいエッチをします。
サークルさんの処女作ということで技術的にそこまでぶっ飛んだことはやりませんが
お話の進め方が丁寧でM心をくすぐるのも上手です。

「とろとろに とろける 不快感は何も感じなくなる とろけて 広がっていく」
彼女が全編を通じてとろける快感を味わわせようとするのもポイント。
催眠に入った時に感じられる心地よさやエッチで彼女に見られながらオナニーする快感をそれに例え
強引に隷属させるのではなく聴き手自身がそのままでいたくなるよう導きます。
販売ページのジャンルタグにSMや調教がついてますが心身を痛めつける描写はほとんどありません。

催眠は2パート19分間。
仰向けに横になり自分が日常生活の中でリラックスできるシーンをイメージした後
彼女の短いカウントとその前後に入る暗示を何度も聴いて催眠状態を少しずつ深めます。

前暗示→数え下ろす→追い込み暗示→もう一度数え下ろして手を叩く→追加の暗示。
この動作を何度も何度も繰り返しながら、序盤は暗示を受け入れやすくするためにリラックスを重視し
中盤は彼女の声に対して心地よさを感じるように誘導し
終盤は彼女の指示に従うことや辱められることに快感を覚える暗示を丁寧に入れます。

「あなたは 私の言葉を 気持ちよく受け入れられる 私の前では いつもより恥ずかしがり屋」
「あなたは 従順に従うことに 快楽を感じます あなたは 恥ずかしいと快楽を感じてしまいます」

やってることはものすごくシンプルです。
でも1セットごとに暗示の内容を微妙に変えながらゆっくり進めるおかげで
彼女に対して嫌な印象を抱くことなく声が妙に気持ちいい、幸せといった感覚が湧いてきます。
終盤に差し掛かると全身あるいは特定の部位が熱くなるかもしれません。

リラックスと深化と暗示をほぼ全部並行して進める変わった催眠です。
聴き手をお姉さんの言いなりにすることを目的に、リラックスできるイメージで軽く気持ちを落ち着けてから
呼吸に意識を向けさせつつカウントで揺さぶり続けて意識の力を少しずつ確実に弱めます。
そしてシーンによって暗示の内容を切り替え声に対する依存心を高めます。

催眠状態と半覚醒状態を頻繁に行き来するため、後になるほど意識のぼやけや瞼の重さを強く感じます。
暗示の表現や入れるタイミングもしっかりしていて受け入れやすく
この感覚に漂い続けたい気分に自然とさせてくれます。
彼女の声も終始穏やかでこの後調教をするとは思えないほど雰囲気が温かいです。
見られる快感、堕ちる快感
エッチシーンは3パート26分30秒間。
プレイはストリップ、裏筋オナニー、竿オナニー、尿道口オナニー、おちんちんをつねる(1回だけ)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
開始直後に服を脱ぐ指示が出ます。

「今から目いっぱい辱めて マゾの快楽の味をたっぷりと 心と体に教え込んであげます」
催眠を通じて主人公の心をどろどろに溶かしたお姉さんは
服を一枚ずつ脱ぐ指示を出し、その様子を嬉しそうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通りのプレイをします。
最初の「melt 3」でするのはストリップ(約4分30秒)。
ズボン→パンツの順に脱がせながら羞恥心や見られる快感を言葉で煽ります。

「太ももが少しだけ見えてるのが かえって恥ずかしいですね」
一気に脱いでしまったら普段と変わらないということで
見られてることを意識させたり肌を少しずつ露出させる流れにして盛り上げてくれます。
催眠パートで脱力する暗示をほとんど入れてませんから体はすんなり動くはずです。
彼女の下僕になったことを実感させつつ興奮させるところが素晴らしいです。

本番のオナニーが始まるのはその次から。
「melt 4」は裏筋、尿道口、全体と刺激する部位を変えて性感をさらに高め(約15分)。
「melt 5」は彼にとある決断をさせてからそのご褒美に射精をプレゼントします(約7分)。

「股を開けって言われて 素直に開いちゃうんですね 私が知ってる限りでは そんなことをしてしまう生き物は あなたみたいな変態マゾか SEX中毒の淫乱女くらいです」
おちんちんをいじるようになっても彼女の言葉責めは止まりません。
体をくねくねさせたり喘ぎ声を出させて恥ずかしい気持ちを膨らませ
melt 4の終盤には屈辱的なセリフを復唱させて自分が奴隷に堕ちたことを自覚させます。

普段一人でやるオナニーではなく、ご主人様に見せるためのオナニーをするわけです。
オナニー自体は開始、停止、終了のタイミングを指示するくらいでペースや強さにまで細かく口を出すことはありません。
オナサポ作品との違いが出るようにシチュやイメージを使った心への責めに力を入れてます。

「もうあなたは 快楽に貪られるだけ 家畜以下の存在です」
その特徴が最もよく出てるのがmelt 5パート。
もう少しで射精できそうなところまで追い込んだ後に敢えて奴隷から人間に戻る機会を与え
快楽に負けさせることで自ら堕落する快感を味わわせます。
そしてオナニーはもちろん、射精のタイミングも彼女に全部委ねて気持ちいい絶頂を目指します。

誰かに言われて強引に隷属させられるよりも自分の意思でそうなったほうが背徳感は強くなります。
自分で自分の心と体を黒く染め上げ、その見返りに普段とは違う快感をいただく。
罵声やハードな寸止めといった過酷さとは無縁のやり方でMを喜ばせます。
とろける作品
頭の中に心地いいものを感じながら気持ちよくなれるマイルドなM向け作品です。

声も態度も穏やかなお姉さんが、催眠を使ってまずは指示を受け入れやすい精神状態へと導き
それから言葉に従う快感や辱められる快感を織り交ぜた焦らし系のオナニーをさせます。

カウントの前後に様々な暗示を置いて徐々に催眠状態と服従心を強めていく催眠
ご主人様に見られてることを意識しながら情けないオナニーをするエッチ。
男性の誰もがするプレイにMが喜びそうなスパイスを混ぜて別のプレイに変化させてます。

本作品の持ち味は心と体に対する責めのバランスの良さだと私は思います。
催眠は人間の無意識に働きかける行為ですから当然心を責めるのに向いてます。
でもそれだけだと気持ちいい射精は迎えられないので体のほうもそれなりの刺激を与えます。

断続的とはいえ合計15分程度しごけますし、おちんちんの快感が弱いということはありません。
そして握るだけとか一部の性感帯だけをいじらせて焦らす場合は
指示に従う快感や羞恥心といった別の要素で刺激の弱さを補ってます。
従う快感やとろける快感と指示を連動させてるおかげで催眠状態を維持しやすいのも魅力です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 57:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月15日まで50%OFFの300円で販売されてます。

性感催眠サービスはいかがですか?

サークル「Transparent Chorion」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、変わったサービスをしてる個室ビデオを舞台に
そこの店員さんが催眠を交えた幸せで気持ちいいご奉仕をします。

サークル主であるみもりあいのさんの持ち味を存分に活かした癒し効果満点のサービスが行われており
催眠音声でよく聞く「とろける心地よさ」を強く味わいながら催眠に入ったり絶頂することができます。
多くのシーンで体を密着させ至近距離から吐息やちゅぱ音を鳴らしてくれるのもポイントです。
ビデオよりもずっととろけるひと時を
個室ビデオの店員「みいな」が性感催眠サービスをするお話。

「いらっしゃいませ 当店のシステムはご存知ですか?」
みいなは甘く落ち着いた声のお姉さん。
仕事の帰りに新しくできた個室ビデオを訪れたお客に挨拶すると
お店のシステムを説明してから誰を指名するか尋ねます。

本作品はAV鑑賞以上に気持ちいいひと時を味わってもらおうと
彼女がおよそ1時間に渡って催眠をかけたり体を直接責めてドライオーガズムへ導きます。
彼女は普段受付をしておりお客を直接相手することはないそうですが
他の店員たちに催眠の指導をしてるだけあってかなりの実力を持ってます。
それを踏まえて催眠は特殊なやり方で手短に済ませ、その後のエッチをじっくり行うスタイルで進めます。

全編を通じて言える大きな特徴は「甘さ」。
彼女の声、催眠のかけ方、その時のセリフ表現、エッチの内容などあらゆる要素が癒しに満ちてます。
台本を担当された暗中模索さんはこのところずっとご自分の作品にみもりさんを起用されてますから
どうすれば彼女の持ち味を活かせるか熟知してます。
本作の場合だとM性の強いことを控える、擬声語を積極的に使うなどが挙げられます。

「あーっ アリスちゃーん どうしよー? お客さんにつくことになっちゃった」
女の子キャラを担当することが多いみもりさんの中ではみいなは比較的大人びた女性です。
しかしお客を部屋に移動させ準備してる時には突然の展開に戸惑う仕草を見せ
エッチに入ると自分も一緒に興奮し絶頂する可愛らしいところもあります。
彼女に十分な魅力があるからエッチした時により癒やされたり幸せに感じるわけです。

催眠はおよそ11分間。
個室に移ってから仰向けに寝て目を瞑り、まずは彼女のお話に耳を傾けます。

「朝起きた時の眠たい感覚 体の力が抜けていて 腕や足がなんだかだるくて 重たくて ふかふかの布団にどこまでの沈んでしまいそうなくらい」
お話の内容は催眠誘導の最初になぜリラックスさせるか。
その理由を我々が日常生活でよく感じる心地いい感覚を交えてわかりやすく語ります。
「これから催眠を始めます」とかは特に言わないのであまり催眠っぽく感じないと思います。
しかしこのお話の中には「力が抜ける」「重たい」といったリラックスや脱力を促す暗示が非常に多いです。

ほんの5分程度ですが彼女のあまあまな声も相まって早速心地良い感覚が湧いてきます。
テーマの癒しに大変マッチしてる親しみやすくて柔らかい催眠です。

次にするのはクイズ。
彼女の声を聴いてるとなぜ気持ちよくなるのか、という問題に対し
彼女が提示したいくつかの選択肢の中から正解を選びます。

「体の力が抜けていって 空っぽになっていって 気持ちいい声がふわーっと響いて 意識がふわーっと浮かんで 深いところにすーっと落ちていく」
クイズの選択肢を書いたらつまらないでしょうから伏せるとして
ここでもクイズの流れに合った形で暗示を小まめに入れて心地よさや催眠の感覚をさらに膨らませます。
上のセリフのように擬声語を盛り込みながらリズミカルに話すのがいいですね。
先ほどのシーンで生まれた感覚がさらに強くなったり心身がとろけるような感覚がするでしょう。
意識の反らし方や暗示の散りばめ方がとても上手で短い時間でも結構深いところまで入れます。

エッチを存分に楽しめる環境づくりを素早く行う個性的かつ洗練された催眠です。
聴き手の心と体をリラックスさせ心地いい感覚で包み込むことを目的に
前半は日常生活に関連した催眠のお話、後半はクイズをしながら
時間に対する暗示を多めに用意し、それらをセリフの中に散りばめてスムーズに深化させます。

催眠誘導で11分は相当に短い部類に属するのですが
実際に聴いたらびっくりするほど深く入れてすごく気持ちよかったです。
この記事を書いてる今もその時の感覚を思い出して入りかけてるくらいに強力です。
意識に邪魔されにくいやり方で色んなところから暗示を入れてくるのが大きいです。
彼女の息遣いを近くに感じながら
エッチシーンは45分間。
プレイはキス、耳舐め、太もも/おちんちんの愛撫、素股です。

素股の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたの内側から あなたの心と体を エッチに変えていってもいいですか?」
催眠を使ってお客を気持ちいい世界に案内したみいなは
彼にもっと気持ちよくなってもらおうとお店で禁止されてるキスを始めます。

エッチはお店のサービスということで終始彼女がリードします。
前半の20分間はお口を使ったプレイが中心。
ソフトなキスから入り舌を絡めるディープキス、さらに耳舐めと
エッチな音を積極的に鳴らしながら気持ちよくなる暗示を入れて心身をバランス良く盛り上げます。

「もっと激しくキスすると 今度はトロトロだけじゃなく ゾクゾクの快感も感じ始めちゃいますよ」
エッチに入っても彼女の甘さと優しさは留まるところを知りません。
彼を楽しませるのはもちろん、自分もこのエッチを楽しめるように多くのシーンで体を密着させ
至近距離から熱っぽい吐息を漏らして自分の温もりと興奮を伝えます。

バイノーラル録音特有の微かな風圧も感じられてものすごくリアルです。
彼女の吐息につられて股間が熱くなる人がきっといるでしょう。

プレイ開始直後は暗示重視で進め、後になるほどちゅぱ音の割合を増やしていくのもポイント。
催眠音声のエッチに不足しがちな純粋なエロさを補いつつ催眠特有の快感を味わわせます。
心身がとろける感覚も引き続き味わえますから癒されながら気持ちよくなれます。

シーン最後の絶頂時は股間を中心にムズムズした快感がじわじわと湧き上がってくるのを感じました。
一気に突き抜けて収まるのではなく弱めに長く続くタイプの絶頂感です。

続く後半はターゲットをおちんちんに移し
ズボン越し→直接の順に指で優しく愛撫してから素股で二人一緒の絶頂を目指します。

「精液の通り道を 快感が通り抜ける 気持ちいい 撫でるたびに快感は強くなりますよ」
おちんちんの愛撫は指一本だけを使って根本から先端に向けてゆっくり撫でるソフトなプレイ。
ですが先ほどよりも明らかに興奮してる彼女の息遣いや丁寧な暗示の効果で前半以上に気持ちよくなれます。
彼女が精液の通り道に沿って指を這わせることで遠回しに射精の快感を喚起してるからかもしれません。
焦らし系ですが意地悪さを打ち消して進めるおかげでノーマルな人でも普通に聴けます。

「ん、んっ… おちんちんとおまんこが擦れて 快感が溢れていくのを感じる 気持ちよくとろけていく」
純粋なエロさが最も高いのはやはり最後の素股でしょうね。
我慢できなくなった彼女がすっかり濡れたおまんこを生のおちんちんと何度も擦らせます。
おちんちんの愛撫と同じく1回1回ゆっくり動かし、そのたびに効果音と軽めの喘ぎ声を漏らします。

ここで最初の絶頂を迎えた後に責めが一気に激しくなりますから
ドライ慣れしてる人なら連続絶頂も十分可能だと思います。
連続絶頂シーンが2分ほど取られていてここも長く快感を味わえるようになってます。

このように、お客と店員よりも恋人同士に近い距離でする臨場感の高いエッチが繰り広げられてます。
隅から隅まで甘い作品
可愛さのある大人の女性とひたすらイチャイチャする癒し成分の強い作品です。

みいなは新しくできたお店に来てくれたお客にスッキリしてもらおうと
丁寧な言葉遣いの中に親しみを込めて語りかけながら催眠を交えたエッチなサービスをします。
そして催眠、エッチいずれも色んな方向から働きかけて幸福感と性的快感をゆっくりじっくり広げます。

日常会話っぽい話し方でさり気なく暗示を入れるナチュラルな催眠
自分から積極的に体を密着させ、エッチな吐息を漏らしながら気持ちよくするエッチ。
お店のサービスから連想される心の距離や割り切り感を徹底的に取り除き
彼女との一体感を味わわせながらドライオーガズムへ導きます。

「また いらしてくださいね よければ次の時もご指名いただけると嬉しいです」
専門店でここまで踏み込んだサービスをすることに疑問を感じる人がいるかもしれません。
ですがそれを解消するやり取りが作中にきちんと入ってます。
彼女をサービス担当ではなく受付に置いたのもこのプレイを違和感なく成立させるための配慮なのでしょう。
彼女の内面を反映させたお世話をするから甘く感じるわけです。

催眠は誘導の流れや暗示の忍び込ませ方が秀逸です。
双子を使わずにここまでの短時間で見事に深化できる作品はなかなかありません。
みもりさんの声質とセリフの表現がマッチしてるのも大きいのだと思います。

エッチは淫語をできるだけ言わずにちゅぱ音、吐息、暗示で興奮を誘います。
密着して耳元に囁きかけるシーンも多く雰囲気が良いです。

絶頂シーンは2回+α(連続絶頂)。
吐息多め、ちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

催眠に入りやすくエッチも充実してる総合力の高い作品です。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:04:05

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

【百合×耳かきボイス】ゆりかき!~Vol.2 姉妹編~【バイノーラル】

サークル「ゆづみ荘」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、実の姉に肉親以上の好意を抱いてる妹が
夕方から夜にかけて二人きりの甘い時間を過ごします。

音フェチ(ASMR)に多少の百合成分を組み込んだ作りが魅力で
日常生活でよく聴くタイプの音を存分に鳴らしながら
彼女の姉に対する想いの強さを感じるやり取りを挟んで仲の良さを演出してます。
中でも料理シーンは実録されただけあって非常にリアルです。
姉さんと過ごす幸せな一日
妹と料理を作ったり耳かきしてもらうお話。

「あっ 姉さん あの服可愛いですね 姉さんに似合いそう」
妹は明るくて透き通った声の女の子。
デート中に気に入った服を見つけ姉に勧めると
ナンパしに近づいてきた男性にきつい言葉を浴びせかけて追い払います。

本作品は実の姉に肉親以上の親密な気持ちを抱いてる妹が
デートした後に家で夕食から寝るまでの時間を一緒に楽しく過ごします。
料理、髪のお手入れ、耳かきと家庭的なサービスを中心に据え
その一部始終を高品質な音によってリアルに表現してます。

イチャラブっぷりを出すためにセリフもある程度挟んできますが
無言になって効果音や吐息だけを流す時間のほうが明らかに多いです。
現実世界でもよく聴く音ばかりなので何をしてるかがイメージしやすく自然な癒しが得られます。
癒しを感じる音の数々
二人が家に戻った後、一番最初にするのは夕食の準備(約20分)。
姉のリクエストに合わせてメニューをペペロンチーノとクラムチャウダーに設定し
料理が苦手な姉に妹がアドバイスしながら一緒に作ります。

冷蔵庫や戸棚を開けて食材を用意する音、鍋に水を入れて火にかける音
玉ねぎの皮を取って包丁で切る音、油をひいたフライパンに野菜を入れて炒める音など
料理の最初から最後までほぼ音だけで表現する非常に凝ったものです。
実際に料理しながら録音されたらしく細かな音まできちんと入ってます。

「料理するところを見たいんですか? 別に構わないですけど …ちょっと近すぎ 近すぎです もう 危ないからもうちょっと離れて見ててくださいね」
最初はやや遠くから聞こえてたのが、姉が料理を手伝い始めるのに合わせて一気に近くなるのがいいですね。
音の位置や距離にも気を配って妹と一緒に作ってる様子を主観的に楽しませてくれます。
クラムチャウダーを作る時に玉ねぎ、人参、じゃがいもを入れてしばらくしたら牛乳を注ぐシーンがあって
そこでは焼ける音が一気に収まり、少し経つと今度は液体の泡立つ音が聞こえ始めます。

何かをする時に妹がその内容を軽く説明してくれますからイメージしやすいです。
夜中に聴いたらお腹が空いてくるのではないでしょうか。
サークルさんご自身が「今回の目玉」とおっしゃられてる通り最も特徴的なパートです。

続く「ブロー&ブラッシング」は入浴後のお話(約19分)。
お風呂上がりなのにまったく手入れをしない姉の髪を綺麗にしようと
妹がトリートメント、ブラシ、ドライヤーを使って丁寧にケアします。

これだけに1パート割くのが女性同士らしくていいですね。
ドライヤーが耳のあたりにかかると「ぼぼぼぼぼー」という音と共に軽い圧迫感がありますし
ブラシで梳く時も滑らかで優しい摩擦音が同じ方向へ繰り返し動きます。

「ほんとに綺麗な髪 ずっと触っていたい」
最中の会話がもう少しあってもいいかなとも思いましたが
無言の時間を増やすことで愛する人の髪を大事に扱おうとする気持ちを表現したかったのかもしれません。
音の品質も引き続き高く癒しはもちろん、安眠のお供にも役立ちそうなパートです。

就寝前にする最後のサービスは耳かき(約27分)。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に耳かき棒と梵天でお手入れし
最後に弱い→強い風圧でそれぞれ4回程度息を吹きかけます。
ちなみに耳かき音だけは他サークルさんの素材を使用してるそうです。

耳かき棒は「ずすっ さすさす」というやや尖りのある乾いた音
梵天は「そしゅっ ぽすぽす」という広がりのある柔らかい音が使われており
前者は耳の外、穴の入口、奥を優しく撫でるように、後者は軸を持って回転させるように動きます。

「ここ気持ちいいですか? わかりました ここを集中的にカリカリしてあげます」
耳かき棒が穴の外にある時はクリアだった効果音が
中に入ると低く鈍い音へと変化し位置もやや近くなるなど変化に富んでます。
姉の耳が元々綺麗だったため、汚れを取るよりもマッサージする方向で進めます。
姉と肌を密着できて嬉しそうに手を動かす妹の姿も印象的でした。

このように、最大の武器である音を中心に据えた比較的質の高いサービスが繰り広げられてます。
家庭的な音フェチ作品
女性同士特有の甘さが多少漂ってる音重視の作品です。

妹は大好きな姉とデートできた幸福感を彼女にも分け与えようと
自分から積極的にあれこれお世話しながら嬉しそうに振る舞います。
そしてその様子をセリフよりも音の質、位置、距離によって表現します。

リアルな音をふんだんに盛り込んだ作り、家にいる雰囲気が感じられるサービス
これらの合間に入る二人の甘く和やかなやり取り。
男女がするものとは違う部分を持たせながら癒す方向で進めます。

私はタイトルから百合と耳かきが売りの作品だと聴く前は思ってました。
しかし実際は料理とブロー&ブラッシングのほうがずっと魅力的に映りました。
音声作品だとまだあまり見かけないことや音そのもののレベルが高いことが大きな理由です。

「えっ? 膝枕? 生足で? それはちょっと なんていうか…恥ずかしくないですか?」
個人的にはもうちょっと百合に力を入れて欲しかったなぁと。
どのパートも会話量が少なくイチャラブ成分が控えめになってます。
妹が意外と奥手な性格で姉がスキンシップを取ろうとすると控えめな反応を見せるのもあります。

耳かきの効果音が自作じゃないことも含めて、タイトルと内容の方向性にズレを感じました。
「ゆりかき!」と命名するからにはこのふたつを最も頑張るのが望ましいです。

一部で引っかかるところもありますが十分な品質を持ってる作品です。
おまけは「デート待ち合わせ」と「翌日朝」です。

CV:藍月なくるさん
総時間 1:12:35(本編…1:09:56 おまけ…2:39)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月15日まで50%OFFの450円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

催眠音声『電車の中の痴女』~えっちなお姉さんの性欲のはけ口にされちゃうアタシ(ボク)~

サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、エッチな事が大好きで催眠にも精通してるお姉さんが
同じく淫乱な少女に電車内で新しい女の悦びを教えます。

主人公が電車に乗り込み、お姉さんと会話する様子を通じてリラックスや深化を促したり
自分が女性になってる気分にさせながらイメージと暗示で気持ちよくするなど
相手を無理矢理犯すのではなく楽しませることを目指した和やかな痴女プレイを行います。

今回は少女ルートを聴いてのレビューをお送りします。
塾の後は大人のレッスン
電車内でお姉さんに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「確かに幼い頃から エッチな事に対する興味が一際強かった」
主人公は淡々と話す明るい声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると、以前自分が体験したエッチな事について独白し始めます。

本作品は満員電車で痴女に襲われる感覚を気持ちよく味わってもらうことを目的に
お姉さんが65分程度の時間を使って若い体をじっくり弄びます。

製品版には少女ルートと少年ルートの2パターンがありまして
前者は主人公が女の子で男女両用、後者は少年で男性専用と内容に大きな違いがあります。
催眠パートは共通でエッチから分岐する流れです。

痴女モノということで結果的には彼女に色々されるわけですが
その方法は男性が女性を襲う痴漢とは随分違いかなりマイルドです。
作中に体を押さえつけて無理矢理責めたり脅すシーンは一切ありません。
若い彼らが持ってる性に対する強い欲求をくすぐり、まだ知らない大人の快感を教える方向でエッチを進めます。

注意事項を説明して終えてからの10分間は主人公がお姉さんに出会うまでのお話。
塾を終えて家に帰る途中、土砂降りの中を駅まで移動し多くの乗客に揉まれながら窓際に陣取ります。
このシーンはモノローグなのでメインの語り手は主人公自身です。

「だから ゆっくりと深呼吸をして 気持ちを落ち着けることにしたの」
「電車は 人をたくさん乗せて とっても重たそうに ホームからゆっくりと 滑り出していく」

とある用事に時間をかけたせいで終電近くまで遅くなり、乗れない不安を打ち消そうと深呼吸したり
乗車後は周りの様子を語りながら「ゆっくり」「重い」といった言葉を投げかけるなど
彼の視点でお話を進めつつ聴き手が少しずつリラックスできるように働きかけます。

ドラマパートっぽい内容ですが明らかに催眠誘導しようとする意思が見られます。
バックで流れ続ける雨音や電車の音も相まって心地良い気分が湧いてくるでしょう。
イメージや言葉を使って現実世界で電車に乗った時の感覚をさり気なく呼び起こします。
電車が移動する様子を「カタン スーッ サー」と擬声語で表現し、それに合わせて効果音を鳴らす凝った演出もされてます。

続く25分間は語り手を主人公の真後ろに立ってるお姉さんへバトンタッチし
大学時代に勉強していた知識と技術を駆使してより深い催眠状態へ導きます。
これ以降に主人公が話すことは一度もありません。

「あなたが希望の学校に入れるように お姉さんが無意識に働きかけて 物事にしっかり集中できる催眠をかけてあげる」
彼女の心は襲いたい気持ちで溢れてるのでしょうが
いきなりそんなことをしたら拒絶されたり通報されるのは目に見えてます。
だから受験を控えてピリピリしてる彼の心を落ち着けるために催眠を施し、その中でエッチを有利に進める環境を整えます。
二人が出会う直前に大雨の影響で電車が止まり暗くなるなど、物語として違和感が出ないように考えて作られてます。

ここからの催眠は雲の間に見える満月を眺めたり
彼女のカウントに合わせて深呼吸しながら力を入れる→脱力を繰り返したり
前暗示を入れてからしばらく無言になって雨音だけを流すといったわかりやすいスタイルで進めます。

「すーっと一気に力が抜ける 圧迫されていたお腹のあたりから 上半身全体に 鼓動に合わせて 波のように温かさと脱力が広がっていき 海で砂山が波にさらわれていくように 体の支えがすーっと消えていく」
中でも深呼吸と脱力は10分程度の時間を用意し
瞼、口、お腹や太もも、脚と全身を上から下へ流す感じに少しずつ感覚を広げます。
力を抜く直前は素早く力強く、脱力後はゆったり柔らかく暗示を入れるのがいいですね。
モノローグ部分から引き続き脱力するおかげで体がだらんとするのを強めに実感します。

作品のテーマに合わせた形でリラックスと集中力を高める比較的高度な催眠です。
聴き手を物語の主人公になりきらせ、お姉さんとエッチしたい気分にさせることを目的に
最初の10分間は彼の視点で背景を語りながら軽めの暗示を入れて意識の力を弱め
次の25分間は凝視法、漸進的弛緩法、沈黙法、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術を中心に据えて後になるほど催眠の感覚が強くなるように働きかけます。

ドラマ性をそれなりに含んでるおかげで主人公の状況や心情がわかりやすく
バックで流れる雨音や電車の音も作品世界への没入を大いに助けてます。
催眠話者が途中で切り替わる作りですが、モノローグは予備導入までなので催眠者は明らかにお姉さんです。
しばらくすると何も考えなくても彼らが置かれてる状況が頭に浮かぶのではないでしょうか。
催眠の技術と物語の親和性が高いおかげで入りやすいです。
同性らしい甘く淫靡なエッチ
少女ルートのエッチシーンは29分30秒間。
プレイはオナニー動画の視聴、手マン、指を舐める(愛液のお掃除)、Gスポット責め、パンツを咥える、クリ責めです。

オナニー、手マン、クリ責めの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。
服を脱ぐ指示も出ません。

「どう? あなたにも 心当たりあるでしょ?」
催眠を使って主人公の集中力を高めたお姉さんは
催眠パートの最後に流したのとは別のエッチな動画を見せてその様子を実況します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の6分30秒間は聴き手を主人公によりなりきらせつつ性的興奮を高めるシーン。
動画に映ってる女の子のオナニーを二人で一緒に鑑賞します。
ちなみにここでは右手から女の子の喘ぎ声やくちゅ音が流れます。

「可愛いタイツ履いてるわね 女の子らしく 足先が小さくて 足首もきゅっと締まってる」
「華奢な肩から すらりと伸びる腕 小さな手のひらから 綺麗な指が伸びてるけど あなたはその指で いつもエロい事してるのよね?」

前項を読み終えた時点で「女体化はどこでやるんだ?」と思った人がいるのではないでしょうか。
本作品ではエッチがふたつのルートに分かれる関係で女体化をエッチの最初に行います。
しかも体をパーツごとに変化させたり一気に変身させるストレートなアプローチを避け
動画内の女の子の容姿や痴態を主観的に語る流れで進めます。

簡単に言えば男から女にするのではなく最初から女だったと思わせるわけです。
一般的な女体化誘導に比べてやり方が独特かつ曖昧なので
女体化音声を数多く聴いてる中上級者か、リアルで女装をやって女性になることに慣れてる人向けと私は考えてます。
女体化に不慣れな人だとすんなり受け入れられない可能性があります。

ただし、女体化後のセリフ描写は聴き手=女性をとにかく徹底してます。
だからこのシーンで女性になりきれなかったとしても、自分が普段と違う存在になった感覚はすると思います。
そういう意味ではエッチ全体で女体化を徐々に推し進める作品とも見て取れます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
激しいオナニーを見てすっかり発情した主人公のおまんこにお姉さんが指を挿入し
女性の性感帯のひとつであるGスポットを押して絶頂へと導きます。

「ぎゅーっと押されると そこから腰全体に快感がじわーっと吹き上げてくる」
お姉さんも女性ですから主人公を無理矢理犯すことはありません。
最初は1本、次は2本と痛みを与えないように大事な部分を刺激し
それに合わせて気持ちよくなる暗示を入れて聴き手にも同じ快感を与えます。
他の乗客に見られる、知られるスリルを煽ることはほぼなく割と穏やかな雰囲気です。

主人公はクリオナしかしたことがないそうですから
同性の先輩としてそれとは違う快感を教えてあげたかったのかもしれません。
ソフトな言葉責めや彼女のパンツを口に咥えるプレイで心も盛り上げてくれますし
電車が動き出すまでの時間を使って受験のストレスを発散させつつ自分も楽しむ方向で責めます。

絶頂は最初に2回軽めに迎え、しばらく性感を溜めてから最後に大きく1回イキます。
どれもカウントに合わせてやりますからタイミングを合わせやすいです。
Gスポットを責められてる時はおちんちんの根本が、クリは亀頭のあたりがムズムズピリピリしました。

このように、女性になった気分にさせながら弄ぶ和やかなエッチが繰り広げられてます。
マイルドな痴女作品
女性の快感を変わった視点で味わわせてくれる作品です。

お姉さんは主人公とできるだけ円満な形でエッチしようと
電車に乗り込んだ時点では手を出さずにおっぱいだけを体に押しつけ
しばらく下りられない状況になったところで初めて動き出します。
そして受験生の心理を突いた方法で催眠をかけ、その後は女性が気持ちよくなれるツボを的確に責めます。

聴き手が主人公と同じ視点で楽しめることを強く意識したストーリー性の強い内容
イメージに暗示や音を組み合わせてさり気なくリラックスさせる導入シーン
信頼関係を築きながら手堅い技術でかっつり落とすメインの催眠
動画鑑賞を通じて女性になりきらせてから性感帯を後になるほど強く厚く責めるエッチ。
己の欲求を満たすためだけにする現実世界の痴女行為とは違い、相手への思いやりを強く込めて年下の同性を弄びます。

「あなたを見ていたら だいぶ興奮してしまっているみたい」
彼女が自分の欲望を曝け出し始めるのは本当に最後のほうです。
それまではOLのイメージ通りのおっとりした上品なキャラに徹します。
そこに持っていくまでの流れも丁寧ですし、珍しいシチュでするレズエッチと呼ぶほうが妥当かもしれません。
ハード系ではありませんから属性はややM~Mあたりと見ています。

催眠はモノローグとお姉さんのシーンで方向性を切り替えてくるのが印象的でした。
前者は間接的、後者は直接的にアプローチしてきます。
バックで流れ続ける雨音もリラックスやストーリーの辻褄合わせに大変役立ってます。
催眠パートの最後に止みますからエッチの邪魔になることはありません。

エッチは前項でも話した通り女体化できるかどうかが大きなカギです。
私が聴いた時もこの部分の接続に多少の違和感を覚えました。
しかしそれ以降のGスポット責めやクリ責めは女性に自然となりきれる表現ばかりで素晴らしいです。

少女ルートの絶頂シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

それなりの慣れを要する部分もありますが品質は十分優れてる作品です。

CV:分倍河原シホさん 浅木式さん(諸注意のみ担当)
総時間 1:33:09(少女ルート…1:11:04 少年ルート…58:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月5日まで20%OFFの880円で販売されてます。

スイーツカノジョ -ふあふあコットンキャンディー-

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実とは違う世界に住むあまあまな女の子が
甘味大好きな男性にエッチや耳かきをして幸せな時間を過ごします。

耳舐めや耳かきの最中は会話を極端に減らして音を集中的に楽しみやすくしたり
愛の言葉を投げかけながら彼をもてなす姿勢で責めるなど
音フェチ系に寄せつつ彼女の名前に合った甘さ強めのサービスを行います。
甘味好きへの甘いプレゼント
謎の女の子「キャンディー」とエッチするお話。

「はむっ んーんっ ダーリンだーい好き」
キャンディーは明るくてふんわりした声の女の子。
睡眠中の主人公を自分の部屋へ案内しキスすると
起きて事情を理解できない彼に自分のことを話します。

本作品は毎日色んなスイーツを食べてはブログにアップしてるほど甘味好きな男性が
不思議な世界で彼女と50分近くに渡るエッチや耳かきを楽しみます。
彼女のモチーフが綿菓子とのことですから、おそらくそれが擬人化した存在なのでしょう。
どのサービスも恋人同士がするのに近いあまあまラブラブなものです。

全編に渡って言える大きな特徴はメリハリをつけてお世話すること。
一番最初のパートは耳舐めがメインなのでセリフを意識して減らし
続く2パートは踏み込んだプレイをしながら愛の言葉を何度も言う、といったように
効果音とセリフの割合を大きく変えて両方をバランス良く楽しめるように進めます。
最後の耳かきも「かり かり」などの擬声語を言う以外はほぼしゃべらないので明らかに音重視です。

バイノーラル録音だからでしょうけど、どちらかと言えば音のほうが印象に残りました。
特に耳舐めは16分程度の時間を割いて舌を小まめに動かします。
コリコリした独特な質感とそれがもたらす微かな刺激が心地いいです。

「キャンディーは ダーリンのことが大好きな女の子 それだけ理解してくれればOKだよ」
キャンディーについては正体を最後まで敢えて明かさず
サービス中も恋人同士などの明確な関係を作らずにお世話します。
ミステリアスな女性ですが彼に対する想いは非常に強く
山場のSEXシーンでは処女や初中出しを捧げてその気持ちを伝えます。

個人的にはキャラをもうちょっと掘り下げたほうが感情移入しやすいと思うのですが
名前から連想される甘さは十分に表現できてます。
体を密着させて話すシーンも多く距離の近さを実感しやすいです。
耳と心をとろかす甘いエッチ
エッチシーンは3パート38分間。
プレイはキス、耳舐め、おちんちんの愛撫、オナホコキ、おまんこ鑑賞、手マン、SEX(正常位?)です。
おちんちんの愛撫、オナホコキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ダーリンの ほっぺも 髪の毛も お耳も 全部ぜーんぶ 食べちゃいたい」
軽い自己紹介をしてから主人公と一緒のベッドに寝転んだキャンディーは
そのまま右耳をゆっくり舐めてエッチな気分を盛り上げます。

エッチはシーンごとに責め手を切り替えながら進めます。
最初の2パート26分間は彼女が責めるシーン。
01は耳舐め、02は耳舐めとオナホコキで射精に導きます。

前項でも軽く触れた通り01パートは事前の挨拶を除けばセリフがほとんどありません。
右耳→左耳の順に30秒~4分程度舐めて少ししゃべるのを繰り返します。
彼女のキャラに合わせたのか、耳舐めのちゅぱ音はエロさ控えめで初々しく感じます。
処女が熟練した耳舐めをしたらおかしいですからこれくらいが丁度いいでしょう。

ちゅぱ音は舌で耳を舐めたり穴の入口をぐりぐりする感じの動きが多く
唇で吸い上げたり啜る音は少なめにしてます。
01と02で舐め方にほとんど違いが見られなかったので
舌と唇の使う比重を逆転させるなど方向性を変えたほうが個性と面白味が出たと思います。

「すっごい オナホ越しにもわかるくらい ダーリンのおちんちん硬いの」
02パートは耳舐めを最初の6分間だけがっつり行い、それ以降はオナホコキに力を入れます。
ローションを垂らす際に上手くいかず戸惑ったり、彼のおちんちんを嬉しそうに観察するなど
彼女の処女属性を絡めつつ聴き手がいい気分で気持ちよくなれるようにリードします。
ポジティブなセリフばかりなので癒し効果もそれなりに持ってます。

最も盛り上がるのは最後の03パート(約12分)。
これまでのプレイですっかり興奮したキャンディーが自らおまんこを見せつけ
主人公に軽くいじってもらってからひとつになります。

「ありがとうダーリン 優しくしてくれてるのね とっても気持ちいい」
このパートは先ほどとは逆に彼が主導権を握り、彼女の内面や乱れる姿に焦点を当ててます。
好きな人のために大事なものを捧げる姿が愛らしく、最中のセリフも愛を感じるものばかりです。
どちらかと言えばSEXよりもそこに至る過程を楽しむ作りかなと。
SEX自体の時間は4分程度と短いです。

このように、自分の気持ちをストレートに伝えながら結ばれる愛情深いエッチが繰り広げられてます。
エッチに癒してくれる作品
癒しとエロのバランスが取れてる比較的質の高い作品です。

何らかの事情で主人公に好意を抱いた女の子が
自分の世界に彼を案内してからエッチ→耳かきの順にもてなします。
そしてその中で自分の胸に収めていた思いを存分にぶつけます。

声、キャラ、言葉、サービスなど作品を構成するすべてを甘く統一し
最初と最後は音を、真ん中の2パートはキャラやセリフを重視してメリハリを持たせる。
彼女の名前「キャンディー」のイメージにピッタリなサービスに仕上げてます。

「ダーリンに会えて とっても幸せよ」
彼女はこうなる日をずっと待ち焦がれてたのでしょう。
必要最低限の会話をしたらすぐさまエッチに移り、言葉と行為の両方で愛情を伝えます。
そのやり方も処女らしく初々しいものばかりです。

エッチは声の担当が天知遥さんということでやはり耳舐めが一番の魅力かなと。
舌の細かな動きがイメージできるくらいにリアルな音を出されてます。
逆にSEXは時間、内容いずれももうちょっとボリュームが欲しかったです。

エッチの後に始まる耳かきは膝枕の状態で右耳→左耳の順に
耳かき棒と梵天でお掃除し、その合間や終了後に弱めの風圧で3回息を吹きかけます。
どちらも音質が良く力加減も優しかったのですが、耳かき棒の動きが単調なのが気になりました。
ほぼ同じ位置で素早く掻き出すのをひたすら繰り返す感じです。
幸せな気分を維持したまま彼を元の世界へ送り出すことを考えればもっと繊細さが欲しいです。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは音声2個、フリートーク3個、NG集です。

CV:天知遥さん
総時間 1:46:22(本編…1:04:10 おまけ…42:12)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

根暗な図書委員 密室で密着孕ませ連呼バイノーラル

サークル「ケチャップ味のマヨネーズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、奥手だけど好きな人にだけは積極的になれる図書委員の女の子が
図書室をよく利用する男子生徒と濃くて激しいエッチをします。

普段は大人しいのにエッチが始まると人が変わったように彼を強く求めたり
物語の終盤では言葉と行為の両方で種付けを何度もおねだりするなど
不器用な女性が一生懸命頑張る様子を変わった切り口で描いた比較的甘いプレイが楽しめます。
場所が学校内ということで他の人にばれないよう密着しながら静かに愛し合うのもポイントです。
根暗少女の大胆なお願い
図書委員の女の子と3箇所でエッチするお話。

「こちらの席あいていますか?」
図書委員は声のトーンが低く物静かな印象の女の子。
昼休みに図書室で本を読んでる主人公の隣に座ると
不思議がる彼と少し話してからとあるお願いをします。

本作品は根暗だけどスイッチが入ると一気に大胆になる彼女が
好意を抱いた男子生徒と80分近くに渡るエッチをしながら自分の想いを伝えます。
彼女が彼を好きになった経緯は特に語られてませんが
冒頭の二人のやり取りがぎこちなかったところを見ると面識はほぼないのでしょう。
だから彼女はある意味暴走とも取れるアプローチをかけて自分の魅力をアピールします。

「他にも席が空いているのに、何故わざわざここに?……ですか? なんとなく……です……」
「体液……体液混ぜて……ぁっぁっ…んんんっ……キスもっと…ちゅっ!ちゅうう…」

普段とエッチでキャラが大きく変わりますから最初のエッチを聴いた時に驚くかもしれませんね。
キスや耳舐めといったちゅぱ音を鳴らすプレイの時間が非常に長く
好きな人をなんとかモノにしようとハイペースな責めを繰り出します。

またタイトル通り終盤で孕ませを何度もおねだりする描写が登場します。
いかにも大人しそうな女の子が妊娠する確率の高い日をわざわざ選んで中出しを迫る。
直前に説明したことも含めて彼女が持つふたつの顔を活かしたギャップのあるエッチをします。

こういう展開を聞くとヤンデレ系のお話に思う人がいるかもしれません。
しかし作中で彼が彼女の求めに抵抗するシーンが一切ないので無理矢理感は薄いです。
体を拘束するとか弱みを握ることもありませんし、不器用なりに頑張ってるのがなんとなく伝わってきます。

人が多い時間帯の学校内でエッチすることを踏まえて
彼女がプレイ中ずっと囁き声で話しかけ、音量をやや抑えたちゅぱ音を鳴らすのもそう感じる理由のひとつです。
声の位置も非常に近く、ばれないようにひっそり愛し合ってる様子が上手く表現されてます。
密着感の高いエッチ
エッチシーンは3パート79分間。
プレイはキス、ハグ、耳舐め、SEXです。
エッチな効果音はありません。

「ここの書棚……上の方……わたしでは手が届かなくて…… 一番上……お願いできますか? そう、上に手を伸ばしていただいて…… そう、そこの……」
本の整理を手伝って欲しいとお願いして主人公と一緒に準備室へ移動した図書委員は
彼にその場所を教えた直後にすかさず唇を重ねます。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
一番最初のパートは昼休みのお話(約21分)。
キスから始まり左右の耳舐め、一旦キスに戻ってからのSEXと徐々に激しいプレイへ移ります。

「わたしの体……全部、全部好きにしていいわ……はぁはぁ…… だから、だからもっと強く……」
好きな人と初めてエッチできたことが余程嬉しかったのでしょう。
普段の大人しいキャラからは想像できないハイペースのキスを繰り出しながら
彼に対してどう思ってるかをストレートに伝え、その証拠にすべてを捧げます。
サークルさんが販売ページの説明文でおっしゃってる通り駆け引きと呼べる要素は一切ありません。
自分が持つ女の魅力をそのままぶつけて心を引き寄せようとします。

プレイ自体はちゅぱ音をある程度鳴らしてから軽く話すのを繰り返す至ってシンプルなものです。
しかし最中に見せる積極的な姿勢や表裏のないセリフがそれに個性を与えてます。
声や音を出しそうになる彼をところどころで静止し、自身も音量控えめなちゅぱ音を鳴らすのもシチュに合ってて良いです。

「き、キスで……はぁはぁ、ちゅっ!ちゅ!……キスで、あなたとわたし……はぁはぁ……口を塞ぎながら……せ、精液……ぁっぁっ……わたしの中に……んっ……だしてね……」
エッチの最後に必ずSEXを行い、しかもその全部で中出しを決めるのがいいですね。
まだ恋人同士にすらなってない状況ですが夫婦になることを見据えて愛し合います。
SEX中はずっとキスを続けますから効果音が鳴らなくてもそれほど気になりません。
色んなところを密着させて静かに楽しむ彼女らしいエッチです。

タイトルの孕ませ連呼が登場するのは最後のパート(約28分)。
図書準備室の後に保健室でもエッチして主人公とある程度仲良くなった図書委員が
今度は体育器具庫に呼び出して最後の仕上げに取り掛かります。
ちなみにプレイの流れはどのパートもキス→耳舐め→キスしながらのSEXで統一されてます。

「排卵…排卵予定日なの……はぁはぁ…んっ!ちゅっ!ちゅっ! いま種付けタイミング…んっ!んっ!絶対孕む……絶対孕ませるから……」
「お願い…はぁはぁ…孕ませて孕ませて孕ませて孕ませて孕ませて孕ませて孕ませて孕ませて!」

キスをした直後に早速妊娠する準備が整ってることを伝え
挿入前にも「孕ませて」「わたしの中に注いで」などを何度も言う非常に真っ直ぐなアプローチです。
このドン引きしそうな求愛行動を受け入れたということは彼もそれを望んでるのだと思います。
一歩間違えばブラックに転がりそうなシチュをできるだけ甘く柔らかく表現してます。

またこのパートのちゅぱ音は準備室の時に比べて水分や音量が若干パワーアップしてます。
彼女がここを種付けの場所に選んだのは人があまり来ないからなのでしょう。
全パートで同じプレイ構成と流れにしたのもこの微妙な変化を聴き手に感じ取って欲しかったのかもしれません。

このように、身も心もすべて捧げて愛を伝えるとっても一途なエッチが繰り広げられてます。
静かで激しい作品
一風変わった純愛ストーリーと呼ぶのが妥当な作品です。

図書委員は図書館に本をよく読みに来る主人公に自分を好きになってもらえるように
二人きりになれる場所へ案内してから唇とおまんこを使って存分に気持ちよくします。

根暗だけど条件が揃えば積極的になれる彼女のキャラ
エッチシーンのほぼ全部でちゅぱ音を鳴らし、さらに種付けまでおねだりする熱烈な求愛っぷり
そしてこの幸せな時間を崩さないようできるだけ静かに続ける気配り。
奥手で不器用な女性が一生懸命愛を伝える様子をリアルかつエロく描いてます。

「もうちょっと……このまま……もうちょっと…… ぎゅってしていて下さい……」
かなり突飛な展開にも関わらずそれほど違和感がないのも印象的でした。
男性と話すのにも苦労するレベルの根暗なら言葉よりも行動で気持ちを伝えるほうがしっくりきます。
彼女の心情描写に力を入れるあまり主人公の状況や反応にはほとんど触れられてませんが
少なくとも彼女の気持ちに反する思いは抱いてなさそうです。

実際に妊娠したかについても語られてませんしハッピーエンドと言っていいお話になってます。
ハードな機械姦やリョナも手がけられてるサークルさんとは思えないほどあまあまです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音大量、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

ちゅぱ音の多い作品や孕ませ展開が好きな人には特におすすめします。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:37:25

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ