同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

いじめた樓 沙織

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でSっ気もそれなりにある小町が
お客を自分の弟に見立てて変わったご奉仕をします。

自分の体を好きにいじらせ甘やかしてかと思えば
次のパートには射精直後のおちんちんを踏みつけて唾を吐きかけるなど
飴と鞭を使い分けたややM向けのプレイをするのが特徴です。
Mな弟に優しいお仕置き
いじめた樓で沙織のサービスを受けるお話。

「いらっしゃい 弟くん またお姉ちゃんに いじめてほしなったん?」
沙織はのんびり話す艶っぽい声のお姉さん。
自分のオナニーを覗き見してた主人公に声をかけると
何をしてほしいか尋ねたうえでとある道具を持ってきます。

本作品は女性にいじめて欲しい人の願いを叶えることをコンセプトにしたお店で
彼女がおよそ90分に渡って3種の独特なサービスをします。
小町が姉、お客がその弟になりきるイメージプレイを採用し
時には優しく、時には厳しく接して心身をバランスよく責め立てます。

「あかん 気持ちええのが止まらへん 止まらへんわ」
全編を通じて言える大きな特徴は彼女が方言でしゃべること。
大阪出身の声優さんがナチュラルな口調で艶のある演技を披露します。
上のセリフのような言い回しに加えておまんこを「おめこ」と言うなど色んな部分にこだわってます。

上品な声でゆっくり語りかけますからやかましさはまったく感じません。
変態性癖を持つ弟をなんだかんだ言いながら甘やかす優しいキャラに仕上がってます。

しかしただ甘やかすだけではサークルさんの別シリーズ「ささやき庵」との違いが出ません。
だから中盤頃にはSっ気を露わにして責め立てるシーンも登場します。
ずーっといじめるのではなく甘やかしと交互にする弄び感覚のサービスです。

シリーズ1作目ということでサークルさんもまだ手探りの段階だったのかもしれません。
専門店の基本である「おもてなしの心」を込めた比較的マイルドないじめをしてくれます。
落差の大きいエッチ
エッチシーンは3パート81分間。
プレイは沙織のオナニー、乳揉み、クンニ、ローター責め、手マン、オナニー、足コキ、唾を吐きかける、唾を飲む、授乳、69です。
ローター責め、手マンの際に効果音が鳴ります。

「お姉ちゃんがこのスイッチを押すと 弟くんはそのスイッチに書かれた文字で始まる言葉通りに お姉ちゃんにご奉仕するんやで」
全裸になった主人公に「弟くんスイッチ」と呼ばれるアイテムのルールを簡単に説明すると
沙織はそこに表示された平仮名に合ったプレイを彼に指示します。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初のシーン1は気持ちを盛り上げるプレイ(約33分)。
肩→おっぱい→クリトリス&おまんこと彼女の大事な部分を順番に責め立てます。

「そこっ あんぅ そこっ そこそこっ あふぅ」
彼女が完全な受け身に回るためエッチな吐息や喘ぎ声を漏らすシーンが多く
部位によって声のトーンを変えたり効果音を交えてプレイに臨場感を出してます。
専門店で小町が初っ端から自分で責めないというのは珍しいですね。
エロさを出しつつ上下関係を明確にしてM男が抜ける環境を整えます。

いじめた樓らしさが最もよく出てるのは次のシーン2(約28分)。
先ほどのプレイですっかり勃起したおちんちんを握らせ
シコシコボイスに合わせて竿、亀頭、カリをゆっくり丁寧にしごかせます。

「指先で亀頭を撫で回してみ せや せやで」
「痛いん? あはははははっ でーも これがええんやろ?」

彼が1回目の射精を迎えるパート中盤までは割と普通のオナサポです。
しかしその直後から彼女の態度が急変します。
敏感なおちんちんを足蹴にし、唾を吐きかけ、唾液を飲ませ、再度射精させる。
穏やかだったこれまでとはほぼ真逆のプレイを短時間にいくつも繰り出します。

私もシーン1の時点では「これほんとにいじめた樓なのかな?」と疑問を感じてました。
でもここを聴き終えた時にはギャップを大きくするための演出だったのかと納得しました。
全体を見ると結構あまあまなんですけど鞭もしっかり入れてくれます。
このパートが本作品一番の聴きどころだと思います。

最後のシーン3は姉と弟の関係を重視したプレイ(約20分)。
沙織が股間を彼に見せつける形で上に乗り
お互いの性器を指や口でいじり合って2人同時の絶頂を目指します。

「もっと 続けて クリトリスぺろぺろしながら おめこの奥までずんずん突いてな」
序盤に彼を軽く窒息させるシーンがあるものの
前のパートに比べればずっと優しいお姉ちゃんの顔を見せてくれます。
おちんちんを強めに吸ったりピストンする一方でクリトリスやおまんこを自由にさせる姿も一体感があります。
彼が彼女の常連だからというのもあるのでしょうけど、相手が望むレベルのいじめに調節してあるのが実に良いです。

このように、姉が弟に軽く意地悪するまろやかなプレイが繰り広げられてます。
M初心者向けの作品
M度があまり高くない人でも受け止められるレベルに手加減した作品です。

沙織はそれなりのM性を持つ主人公を満足させたうえで気持ちよく射精させようと
本物のお姉ちゃんになりきって時には優しく、時には厳しく接します。
そしてシーンごとにこれらのバランスを大きく変えてプレイにメリハリをつけます。

最初から最後まで大阪弁で話しかける彼女のキャラ
飴と鞭を使い分けるリード、時間内容いずれもとことんエロに寄せた作り。
ややMあたりをメインターゲットにした抜きやすい作品に仕上げてます。

「お風呂ん中でお姉ちゃんのこと 隅々まで洗ってな」
いじめた樓の名前から結構厳しい女性を予想してたのですが
実際はかなり優しくて一部のシーンでのみ厳しくするスタイルを取ってます。
女性に激しく痛めつけられるのが好きな人にとっては物足りないでしょうけど
マイルドにいじめてほしいとか、Mの世界に興味があるけど踏み出せない人にはこれくらいが丁度いいです。

エッチは喘ぎ声のボリュームが多いのも魅力です。
シーン1と3に彼女が責められるプレイを取り入れてるのが大きいです。
最後にSEXしなかったのがちょっと物足りない気もしますが近親相姦を避けたのかもしれません。

絶頂シーンは主人公3回、沙織2回。
喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:ユーリさん
総時間 1:28:26

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月25日まで90%OFFの120円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

うちのトイレの花子さん

サークル「付焼刃企画」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人懐っこくイタズラ好きな幽霊が
一目惚れした人間の男性にトイレやお部屋でエッチなご奉仕をします。

彼女の属性を重視した初々しいエッチをするのが特徴で
どのパートもキスシーンを積極的に挟んで全体に甘さを持たせ
さらに前半と後半で責め手を変えることで彼女が女になる様子をエロ可愛く表現します。
幽霊だって恋をしたいの
幽霊の花子とイチャイチャするお話。

「あれ? 見えてる?」
花子は明るくて可愛い声の女の子。
ある日の夏、トイレに入ってきた主人公に見えてるか尋ねると
自分のことやこうなった経緯を話します。

本作品は先日彼が入院した時に偶然トイレで出会い一目惚れした彼女が
退院後も自宅のトイレまでついていき、そこや他の部屋でおよそ50分に渡るエッチをします。
学生時代に自殺をしてそのまま幽霊になった重い過去を持ってますが
作中では一途でちょっぴり意地悪なうざかわいいキャラに描かれてます。

「好きだから ついて来たんだもん 一緒にいたくて お兄さんのこと もっと知りたくて」
最初から自分の気持ちをはっきり伝えますし
エッチも積極的にご奉仕するので雰囲気は終始あまあま。
後半に入るとその気持ちに感化されて彼も責め返すようになります。
変わったシチュを持つ純愛ストーリーと呼ぶのが妥当です。

エッチの最中に初々しい姿を見せるのも純愛っぽさをより引き立たせてます。
生前は男性とエッチできなかったようで、彼をなんとかして喜ばせようと一生懸命頑張ります。
そして彼におっぱいやおまんこをいじられると初めての感覚に戸惑いつつ切ない声を漏らします。
山場のSEXシーンは本当にじっくり進めますし、お互いがお互いを思いやってるのが自然と伝わってきます。

キャラを優先して舐め系のプレイをエロさ控えめにしてありますが
その分効果音を多めに鳴らしてカバーする工夫もされてます。
胸のあたりに温かいものを感じながら抜けるのではないでしょうか。
一歩ずつ前進する穏やかなエッチ
エッチシーンは4パート49分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、手マン、放尿、乳首舐め、クンニ、SEX(正常位)です。
手コキ、手マン、放尿、SEXの際に効果音が鳴ります。

「あぁ おちんちんって 真正面からだとこんな感じなんだぁ」
主人公がトイレを済ませたところですかさずキスすると
花子はすっかり元気になったおちんちんを興味深そうに観察します。

エッチはシーンによって責め手が切り替えながらほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の「花子と暮らす」はトイレでするプレイ(約11分)。
キスから入って手コキ→フェラとステップアップする形で射精へ追い込みます。

「このカリっていう出っ張りのところを くにゅくにゅしたりとか おちんちんの根本をコリコリするのが好きなんだよね」
彼女はエッチの経験自体はほぼないですけど
これまで彼の生活を色々と観察してきたらしく、その時やってたオナニーを元に見よう見まねで責めてみます。
キスもライトなものからベロチューに移ったりして男の喜ばせ方をよく勉強してます。
でもやっぱり不慣れなところが出てしまうのが初々しくて良いです。

フェラは吸いをメインに置いて水分を控えめにしてあります。
ちゅぱちゅぱとついばみ時折強めに吸う流れです。
舐めてる最中も割としゃべるのでこのパート単体だと抜くにはパワー不足に感じました。

2人の関係に変化が現れるのは次の「花子と遊ぶ」パート(約14分)。
一緒にテレビゲームで遊んでる最中、彼のおちんちんが勃起してることに気づいた花子が
キャンディーを口移しで食べさせながら再び手で刺激します。

「さっきより ちょっと太くて長い あぁっ」
前半は前のパートとほぼ同じ展開だったのが
後半に入るとこれまでのお返しに今度は彼も責め始めるようになります。
男性の手がパンツの中に入ってきて戸惑う姿や、大事な部分に指を入れられ感じる姿がエロ可愛いです。
絶頂直後に放尿までするあられもない姿を見せてくれます。

最も濃く深いプレイをするのが「花子と寝る」パート(約20分)。
時間が進んで夜になり、ベッドへ横になった花子を彼がゆっくりじっくり気持ちよくします。

「あのね お兄ちゃん 今度は下のほうを触ってほしいな」
彼と心身共にひとつになれるのが余程嬉しいのでしょう。
これまでから一転して完全な受け身にまわり、エッチなおねだりをすることでリードします。
彼の呼称が「お兄さん」から「お兄ちゃんに」に変わってるところにもその気持ちがよく表れてます。

そして彼の責めっぷりも彼女に負けないくらい甘いです。
彼女が抱きつきたいと言ったら素直に受け入れ
乳首、お腹、脹脛、太ももを順に舐めて性感を高め
十分挿入できる状況なのにそこへクンニを挟んでおまんこと心をとろとろにします。

「お兄ちゃん エッチも優しいね もっとぐんぐん来るかと思ってた」
山場のSEXシーンも彼女が痛みを感じないようキスで紛らわせ
挿入後はゆっくりピストンを繰り返して慣れさせる優しさを見せます。
効果音で細かく表現してくれてるおかげでこれらの様子をイメージしやすいです。
彼女が一目惚れし、ついていった判断が正しかったことをエッチを通じて我々に伝えてるのが素晴らしいです。

このように、幽霊になった女の子が現世の未練を晴らす温かいエッチが繰り広げられてます。
誰でも聴ける人外作品
人外につきもののヤバさやハードさを徹底的に削ぎ落としたマイルドな作品です。

花子は一目惚れした主人公に自分の気持ちを伝えようと
姿が見えるようになったのをきっかけに積極的なアプローチをかけます。
そして彼が十分乗り気になった後は敢えて体を委ねて思う存分乱れます。

幽霊としての怖さや恐ろしさがまったくない彼女の純真なキャラ
不慣れながらも一生懸命尽くそうとする健気で初々しい姿
彼女の心と体を気遣いゆっくり処女を卒業させる彼の優しさ。
プレイ自体は割とスタンダードなもので揃え、キャラの属性や心情で個性を出してます。

「花子は幸せだよ お兄ちゃんと一緒にいられて」
特に3番目の要素は彼女の想いや努力が報われたことを強く印象づけてます。
SEXまで彼女が責めるスタイルだったら聴いた時の感触も随分違ったでしょう。
音声作品は主人公=聴き手になることがほとんどなので薄く描写することが多いです。
でも本作品の場合は活躍の場を設けて彼女が彼になぜ惹かれたのかを表現してます。

エッチは前半よりも後半の乱れっぷりや愛し合う姿のほうが抜き度が高いです。
人によってはSEXシーンが4分程度しかないことを不満に思うかもしれません。
でも女性にとって大事な節目を迎えることを考えればこれくらい溜めてもおかしくないと思います。

絶頂シーンは主人公4回、花子3回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

純愛系の物語が好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:03:59

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2016年とやや前に制作されたからかノイズがそこそこあります。

2018年9月25日まで50%OFFの400円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

マゾヒスティック・リラクゼーション ~小悪魔メイドさんのとっても健全な催眠音声~

サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品(男女両用 R-15指定)。

今回紹介する作品は、表面は礼儀正しいけど内面は割と意地悪なメイドが
一風変わった催眠をかけてマゾの快感を味わわせます。

露骨なエロ描写を使わずに興奮や快感を煽ってくるのが特徴で
前半は心身の脱力をじっくり行って彼女の言葉を受け入れやすい環境を整え
後半に入るとシチュやプレイを通じて屈辱感や堕ちる喜びをじっくり教えます。
小悪魔メイドの意地悪なご奉仕
キャラメリーゼに催眠をかけられ弄ばれるお話。

「おかえりなさいませ ご主人様 マゾヒスティック・リラクゼーションへようこそ」
キャラメリーゼは甘く可愛い声のお姉さん。
自己紹介の後に作品のコンセプトや注意点を説明すると
不安がる彼を軽くなだめてから本題のご奉仕に取り掛かります。

本作品はエッチな要素を極力使わずにMの劣情をくすぐることを目的に
彼女がおよそ2時間に渡ってそれに沿った丁寧な催眠をかけます。
キャンドルマンさんと言えばドM向けのハードなエッチをすることで有名ですが
今回は敢えて健全な手段でそれに近い感覚を味わわせようとします。

非エロでできるギリギリのラインを突いてる感じですね。
属性の合う人なら勃起したりおちんちんがムズムズする可能性は十分にあります。
そしてそうなるからこそ物語の終盤にはもどかしい思いをするでしょう。

もうひとつの大きな特徴は耳責めに力を入れてること。
手で優しく撫でる、舌を小まめに動かして舐める、息をしきりに吹きかけるなど
15禁の範囲内で許されるレベルの積極的なご奉仕をします。

催眠音声ですからもちろんただ鳴らすのではなく技術と絡めて感覚をコントロールします。
割と水分高めの激しい音が使われており、エッチできない弱点を補う重要な役割を果たしてます。

前半にあたる催眠パートはおよそ45分間。
まずは彼女に耳を撫でられながら全身を上から下に向けてゆっくり脱力します。

「今は胸を張る必要も 肩肘を張る必要もありません だからだらしなーく 脱力しちゃってもいいんです」
キャラメリーゼはメイドですから彼がMでも邪険に扱ったりはしません。
時間に十分な余裕があるのを踏まえてパーツごとに丁寧な暗示を入れ
さらに優しい言葉をかけてリラックスしやすい環境を整えます。
耳を擦るたびに軽い圧迫感を伴った効果音も流れます。

このパートは後半も含めて癒しのパワーがとても強いです。
みもりあいのさんのあまあまな声も相まって比較的早い段階から脱力できました。
体が重くなるよりもうまく力が入らなくなる人のほうが多いでしょうね。
一通り終えた直後にもう一度流して定着させる気配りも親切で良いです。

体を脱力させた次は心の脱力。
右→左→正面と立ち位置を変えながら小まめに息を吹きかけて意識の力を弱めます。

「考えようにも考えられない 考えられないのは仕方のないこと だから考えなくていい 思考から開放されていても構わない」
思考力を奪い、彼女への依存心を高め、従順な奴隷にする。
セリフの表現を少しずつシフトさせて彼の心を骨抜きにします。
ここだけで30分近くかけますから後になるほど頭の中がどろどろになった気分がするでしょう。
息吹きの回数は確かに多いですが主役はやっぱり催眠の技術です。

脱力に特化したシンプルで癒される催眠です。
キャラメリーゼの言うことを素直に受け入れられる心と体にすることを目的に
前半は耳撫でを交えた分割弛緩法、後半は息吹きを交えた深化と
シーンごとにやることをはっきり定め、それぞれをゆっくりじっくり進めます。

時間に対してやることを絞ってあるおかげで慌ただしさがまったくなく
ぬるま湯に浸かってるような心地よさや幸福感が後になるほど湧いてきます。
M向けの要素も特にありませんし、催眠に限って言えば初心者向けの内容です。
シチュや音で気持ちよくするちょっぴりエッチなサービス
エッチ?シーンは65分ほど。
プレイはキス、耳舐め、息吹き、犬の真似、唾液を吐きかけられる、顔舐めです。
効果音はありません。

「ほら 想像してください 私と向かい合って 立っているところを」
催眠を使って主人公を従順にしたキャラメリーゼは
そのまま真っ直ぐ目を見つめながら自分に従う喜びを教えます。

エッチは終始彼女がリードします。
厳密にはエッチじゃないのですが、普段と同じ書式のほうが読みやすいだろうと思いこうさせていただきました。

序盤の24分間は上下関係を確立させることを見据えたプレイ。
立ったまま向かい合う→前かがみになり見上げる→頭を下げて跪くと体勢を変え
さらに額へのキスや耳舐めを受けて普段とは逆の立場になったことを実感します。
これらはイメージ上のことで実際にやる必要はありません。

「こっちのお耳に 今から何されるかわかっていても 逆らえない 抗えない」
「堕ちていくことが 堕落していくことが こんなにも気持ちいいだなんて 覚えてしまったら もう人で居続けることすら困難になっていく」

やってることだけを見ればそれほどM向けというわけでもありません
しかし彼女に為す術もなく責められ続けるシチュや、ダメになっていく展開を通じてM心をくすぐります。
メイドのご奉仕を視点や言い方を変えて描く感じです。
押し付けがましくないやり方で自分が明らかに下なことを思い知らせてくれます。

中盤の26分間はそれをもっとわかりやすく刻みつけます。
ごっこ遊びの要領で犬の真似をし、四つん這いで歩いたりちんちんのポーズを取ってもっともっとダメになります。

「メイドがご主人様に 面と向かって唾を吐きかけさせてもらいます」
ここではご褒美に顔へ唾を吐きかけてくるのが面白いですね。
一般的には侮辱と受け取れる行為をまったく逆の効果で取り入れてます。
声や態度は普段通りあまあまですから彼女なりの愛情表現と呼ぶのが妥当です。
「ちんちん」をそれなりに言うのは18禁にならないやり方で淫語を言わせたかったのかもしれませんね。

ある意味最も意地悪なのが終盤。
これまで散々Mの欲求を膨らませてきたところでそれを解消させないまま寝かしつけます。

「隷属の喜びに 器が満たされていく 堕落の快楽の沼の中で 外側からも 内側からも とろかされながら 落ちていく」
15禁だから絶頂シーンがないのはある意味当たり前です。
でもここまで色々けしかけた後に安眠で締めくくるのは立派な焦らしプレイと言えます。
こういう目論見で年齢指定を活用するのは斬新だなと。
私が聴いた時もおちんちんがぷるぷるしたままでなんとも消化不良でした。

このように、直接的なエロ要素をほとんど使わずに悶えさせる変わったサービスが繰り広げられてます。
生殺しにする作品
色んな方法で煽りに煽ってから放置するM度の高い作品です。

キャラメリーゼは15禁で許されてる範囲内で主人公をできるだけもてなそうと
前半シーンは癒し成分の強い催眠を入念に施し
後半に本題の健全でマゾヒスティックな快感を与えます。

エッチな事を敢えて外して目的を果たすチャレンジ精神旺盛な作り
その土台作りに専念した穏やかできめ細かな催眠
露骨な描写を使わずに上下関係や堕ちる快感を膨らませるサービス。
18禁じゃないことをハンデではなく武器として用いた創意溢れる作品に仕上がってます。

私も作品を聴く前はどんなことをやるかまったく見当がつきませんでした。
「とりあえずあまりエロくないのだろう」くらいの感覚で試したら意外とエロくて驚きました。
彼女に敵わないことを遠回しに伝え、それに心地よさを感じさせるアプローチが充実してるのが大きいです。

「これだけは忘れないでくださいね 私はご主人様のことを 愛しているということを」
彼女は最後の最後までメイドとして尽くす姿勢を貫きます。
今回こういうことをしたのも結局はMな彼を喜ばせたいからです。
そういう気持ちを込めてご奉仕するから嫌な気分を抱かずに堕ちることができます。

新しいことに挑戦し、成し遂げてる作品です。
139分で700円ならコスパも申し分ありません。
以上のことからサークルさんでは4本目の満点とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 2:19:01

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパが良いので+1してあります。

耳かき旅館 猫屋敷 ~子子~

サークル「耳かき工房」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、耳のケアを専門に行う旅館を舞台に
落ち着いた佇まいの店員さんがゆっくりじっくりお世話して疲れと汚れを取り除きます。

セリフをあまり挟まず効果音と環境音をたっぷり鳴らすのが特徴で
マッサージ、産毛剃り、耳かきとパートごとのやることをひとつに定め
それぞれに合った音を小まめに変化させて耳に心地いい刺激を送ります。
沢の近くの静かな部屋で
耳かき旅館 猫屋敷の店員「子子(ねね)」が耳のケアをするお話。

「失礼します はじめまして ようこそ 耳かき旅館 猫屋敷へ」
子子は甘くしっとりした声のお姉さん。
ある日の夜、主人公が泊まってる部屋にやって来て丁寧な挨拶をすると
お茶菓子を差し出してから軽く世間話をします。

本作品は近くに沢や滝がある緑豊かな場所で
彼女がおよそ80分に渡り合計5種類の癒しのサービスをします。
序盤に肩や首筋のマッサージを5分程度する以外は全部耳がターゲットという非常に尖った構成です。

定番のものからややマイナーなものまで色々やってくれますから
音声を聴き進めていくにつれて耳が心地よくなったり眠気を感じるでしょう。
サークルさんが「睡眠導入を意識した作り」とおっしゃられてるだけあってどの音も耳に優しいです。

それ以外の特徴として挙げられるのは音の質と量にこだわってること。
音声開始直後から部屋の近くで流れる沢の音が鳴り始め
サービスの最中は子子があまりしゃべらずに効果音をたっぷり鳴らします。
しゃべる時とそうでない時をはっきり分けてありますからそれぞれを集中して聴けるでしょう。

効果音と環境音だけが流れ続けるひと時はとても静かで心が落ち着きます。
有料はまだ2作目ですがyoutubeやニコニコ動画に無料作品をいくつも公開されており
音のレベルは現時点で大手さんに続くものを持ってます。
位置や動きといった演出面が特に優れていて驚きました。

「気持ちいいですか? うふふっ」
子子に関しては店員としての距離を保ちつつ時々親しげに語りかけます。
主人公がかなり疲れてる設定があるため終始落ち着いた態度を取り
セリフごとの間を意識して長めに取ってゆったりした雰囲気を作り上げます。

一部で思わせぶりなやり取りを交わしてましたし今後続編の予定があるのかもしれません。
主役である効果音と環境音を横から支える重要な役割を果たしてます。
変化に富んだ深みのある音の数々
お茶菓子をつまんで一息ついた後、最初にするのはマッサージ(約12分)。
肩や首筋→耳の順に指や手のひらを使って丁寧に揉みほぐします。

そして本作品の売りである音の威力が早速発揮されます。
肩のマッサージは耳の下あたりで緩やかに揉み込むような布の摩擦音が鳴り
首筋に移ると髪混じりのじょりじょりした音へ変化します。
耳のほうも耳たぶを軽く引っ張る、手のひらで覆いながらゆっくり撫でるなど動きが多彩です。

耳のマッサージは音が鳴るのに合わせて微弱な振動も伝わってきます。
手で覆われた時だけ声や音がこもり、軽い圧迫感があるのもリアルで実に良いです。
シンプルなサービスだからこそサークルさんの力量が作品にはっきりと表れてます。

最も個性的なサービスは3番目に登場する耳の産毛剃り(約16分)。
右耳→左耳の順に小型カミソリを使ってお世話してから梵天と息吹きで汚れを取り除きます。
これ以降のパートはすべて右耳→左耳の流れで進めます。

「じょりっ ずすっ」というやや硬さと尖りのある音が小まめに位置を変えながら鳴り続け
刃物を扱ってるので彼女も普段以上にゆっくりペースで黙々と手を動かします。
産毛剃りをする時に他の作品だと電動シェーバーを使うのですが
本作品は和風を大事にしてるから敢えてそれを避けたのかもしれません。
音自体も結構個性的ですし作品の内容にすごく合ってると思います。

そうやって外側を重点的に綺麗にした後、いよいよメインの耳かきに取り掛かります(約50分)。
最初の耳かきパートは座ったまま耳かき棒と梵天を使い分けて隅々まで綺麗にし
仕上げに10回程度息を吹きかけます。
そして次の綿棒パートは膝枕に変えて綺麗になった耳の中を優しくマッサージします。

耳かき棒は「ずしゅっ ぞすぞす」という乾いてて丸みを帯びた音が使われており
大きく掻き出したり小刻みに擦ったりするのを繰り返します。
梵天は最後にちょろっと使うだけですから主役は完全に耳かき棒です。
数秒単位で位置や動きが小まめに切り替わるおかげで耳全体に心地いい刺激を感じることができます。

耳かき棒だけで40分近く続けるとなるとどうしても単調になりがちです。
だからこそ動きに幅を持たせることでそれを解消しつつリアリティも出してます。
最初は外側の溝、次は穴の中と二段構えになっており同じ耳かき棒でもそれぞれで音に違いがあります。

「焼きそば屋台に 焼きとうもろこし お好み焼き 金魚すくいに射的屋さん ヨーヨー釣りに かき氷屋さん 今年は特に人が多くて 迷子になりそうなほどでした」
また耳かきは子子が唯一よくしゃべるパートでもあります。
旅館に来てまだ日が浅いこと、先日行われた夏祭りのこと、昔に体験したちょっぴり怖いこと。
夏から秋に移り変わる季節を意識させる話題を振って別方向から癒します。

数分しゃべって無言になるのを繰り返すためうるさい感じはまったくしません。
これまでの良い部分を維持したまま作品に彩りを与えてます。

綿棒はお掃除目的とは違うことを踏まえてゆっくり丁寧に動かします。
密度が高い繊維特有の引っかかる動きが耳に心地よく
彼女も寝入ろうとしてる彼の邪魔をしないようその様子を優しく見守ります。
この2パートは時間が長いので癒しはもちろん、安眠のお供にも役立つでしょう。

このように、リアルで多彩な音を違和感なく組み合わせた高度なサービスが繰り広げられてます。
素朴な耳かき作品
王道のサービスを広く深く掘り下げた大変癒される作品です。

子子は遠路はるばる旅館へやって来た主人公を心の芯から癒そうと
会話は必要最低限に留めて目的に合った効果音と環境音をたっぷり鳴らします。
そしてサービス自体はそこまで捻らず位置や動きといった別の部分で個性を出します。

最初から最後まで何らかの音が流れ続ける音フェチ系の作り
質量共こだわったリアルな音の数々、会話と音のメリハリをつけた耳かき。
最大の武器である音をストレートに活かした安定感のある作品に仕上げてます。

耳かきは全年齢向けを中心に現在でも多くのサークルさんが新作を出されてます。
それに伴い色んなタイプが生まれましたが本作品はその中でも王道の作風をしています。
耳かき旅館の名の通り耳かきに最も多くの時間を割き
使用する器具も耳かき棒や綿棒といった定番のものが中心です。

王道は安心感がある一方で個性を出しにくいという弱点も持ってます。
そこをサークルさんなりのやり方で克服してるところが最も印象的でした。
例えば耳かきの前に行う産毛剃りは敢えて手動にすることでより長く聴けるようにしています。
部屋の近くに沢を置いたのもプラスに働いてます。

子子に関しては構造上の理由でやはり存在感が薄めに感じました。
耳かき中にもう少し吐息を挟んでみたらまた違ったかもしれません。

価格がたったの300円と安いですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:たまこさん
総時間 1:23:35

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

オナ禁サポートセンター〜あなたのオナ禁お手伝いしてあげる〜

サークル「マジチョロドミネーション」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、完全無料の慈善団体に所属するお姉さんが
一風変わった方法でオナ禁希望の男性をお手伝いします。

「~してはだめ」としきりに言って興味と興奮を煽るのが最大の特徴で
禁止されると余計やりたくなる人間の心理を逆手に取り
淫語を多めに交えながら一歩ずつ前進させて射精を我慢できない状況へと追い込みます。
オナニーをさせないサポート
お姉さんの話を聴きながらオナニーを我慢するお話。

「こんにちは こちらの映像は確認できますか?」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
「絶対成功☆オナ禁プログラム(3日間コース)」に申し込んだ主人公に画面越しで挨拶すると
オナ禁のメリットをふたつ説明して乗り切る気力を与えます。

本作品は性欲が強くちょっとしたことですぐ勃起してしまう人でもオナ禁ができるように
彼女が15分程度の短い時間を使ってそれに沿った講義をします。
同人音声でオナサポと言えば様々な指示を出してオナニーをコントロールするのが定番です。
しかし彼女は直接的な指示をほとんど出さず、聴き手の心を責めてオナニーや射精をしたい気分にさせます。

最終的には射精するように作られてるのですが
そこに至るアプローチが一般的な作品とほぼ真逆です。
明らかにオナニーを抑制しようする彼女の言葉に反して勃起する人がそれなりにいるでしょう。

「おちんちん握ったら オナニーしたくなる オナニー始めちゃうと 射精したくなっちゃう だから絶対に勃起しちゃだめですよ」
そう言える一番の理由はセリフの言い回しにあります。
彼女はエッチシーンの多くで「~してはだめ」と言いこちらの欲求を押さえ込もうとします。
しかしこれはまったくの逆効果で、その様子や感覚を脳が反射的にイメージしてしまうことへと繋がります。
否定形を駆使することで遠回しに彼を射精へ追い込むわけです。

催眠音声だと時々あるのですが同人音声でこういうタイプの作品は珍しいです。
貢ぎマゾ要素も多少あるのでそういうのが好きな人のほうが楽しめると思います。
じわじわと追い詰めるエッチ
エッチシーンは13分間。
プレイは言葉責め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「それでは早速 本日の講義に入ります …と、その前に ひとつだけ注意事項」
事前の説明を終え1日目の講義に入ろうとしたお姉さんは
その前にオナニーを断つ一番の手段が何か教えます。

エッチは彼女のお話を聴きながらオナニーしたい欲求に耐え続けます。
前半の6分間は気持ちを盛り上げることを重視したプレイ。
おっぱい、AV、オナニーなどエッチな話題をいくつか振って勃起を促します。

「例えば おっぱいが好きな男の子だと おっぱいの谷間を強調したポーズや おっぱいを上下にぷるぷる揺らしてるとこなんかを見せつけられると 勃起せずにはいられなくなっちゃいますよね」
彼女は彼に対して表面上は良い人を演じますから
オナニーや射精をストレートにけしかけるようなことはしません。
その代わり男性の心に響きそうなことを淫語混じりに語ってイメージを膨らませます。

「オナニーしても射精さえしなければいい 気持ちよくなったところで 寸止めすればいい」
彼が欲望に負けてもそれを一切否定しないのが面白いですね。
勃起してもオナニーしなければいい、オナニーを始めても射精しなければいいと言って
射精を我慢できない状況へじわじわと追い込みます。

特殊な作品だからこそセリフの言い回しに気を遣ってエッチを進めます。

後半にするのはオナニーと射精。
これまでと同じく「~してはだめ」と言いながらオナサポではお馴染みの要素をぶつけます。

「おちんちんの先っぽから精子ぴゅっぴゅーって出しちゃうとこ 射精する時のすっごい気持ちいい感覚 思い出しちゃだめ だめ だーめ」
射精のタイミングを定めるかのようにカウントを数え始め
さらにその合間にぴゅっぴゅのセリフを言うなど
オナサポを多く聴いてる人ほど心に突き刺さるアプローチをかけて応援します。

時間が短いせいでさすがに射精まではいけませんでしたが
聴いてる最中はおちんちんがしきりにムズムズしました。
射精が近づくにつれて事前に交わした違約金を払う快感をくすぐるのも良いです。

このように、人間なら誰にでも当てはまる心理を突いたプレイが繰り広げられてます。
変わった切り口のオナサポ
話術を駆使してその気にさせる新しいタイプの作品です。

お姉さんは快楽にすぐ負けてしまう主人公からお金を効率よく巻き上げようと
表は慈善行為をすると見せかけ裏でそれと真逆の方針を取ります。
そして人の心の仕組みを逆手に取った言い回しを使ってそれを成し遂げます。

「~してはだめ」と何度も言って離れられなくする独特な言葉責め
いきなり射精へ持っていかず、段階的に彼が自分からそうなりたくなるよう仕向ける展開。
オナニーを直接コントロールする既存のオナサポとはまったく違うやり方で射精させます。

オナサポは人気の高いジャンルなだけあって作品数がとても多く
もうアイデアは出尽くした感がありました。
しかしこういう作品に触れてみて「まだまだ可能性は眠ってるんだなぁ」と思い知らされました。
今後も制作を続けていけばより素晴らしい作品が生まれるかもしれません。

ただ言葉責めに終止してる割にはプレイ時間が短いせいで、実用性に関してはいささか物足りないとも思ってます。
3日間コースとなってるのですから3つのパートを用意し
それぞれで異なる責め方をして1回射精させる流れなら随分変わったでしょう。
処女作だから仕方ないところもあるのでしょうけど、今の内容では試作品の粋を出ないかなと。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

発想は素晴らしいのですが完成度にやや難があると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 17:03

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

催眠スクール~催眠にかかる為の催眠音声~

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用 全年齢向け)。

今回紹介する作品は、催眠音声を聴き始めたばかりの人をターゲットに
先生たちが催眠に関する説明や誘導を行ってより楽しめるお手伝いをします。

事前に20分程度の時間を割いて催眠のあれこれをレクチャーしたり
担当声優、催眠誘導、イメージ誘導を複数パターン用意し聴き手の自由に選ばせるなど
多くの人に催眠状態を実感してもらうことを目指した親切丁寧なサービスをするのが特徴です。

今回は陽向葵ゅかさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
催眠の第一歩を踏み出す手助けを
催眠スクールで先生の講義を受けるお話。

「初めまして 本校に入学いただきありがとうございます」
先生は知的で上品な声のお姉さん。
催眠にかかりたくてやって来た主人公を温かく迎えると
学校のコンセプトを軽く説明してから授業を始めます。

本作品は催眠音声を聴き始めた人にありがちな悩みを解消することを目的に
彼女を含めた教師陣が2時間近くに渡る独特なサービスをします。
催眠状態に入って癒しを感じたり気持ちよくなる一般的な催眠音声とは違い
催眠そのものを理解し、その感覚に触れることだけを見据えてリードします。

サークルさん自身もおっしゃられてますが、既に催眠を十分堪能してる人には必要の無い作品です。
内容もかなり真面目でエンターテインメント性は低いことをご了承ください。
ですが内容を絞ってあるおかげで催眠にはものすごく入りやすいです。

そう言える一番の理由は「幅広さ」。
声質の異なる声優さんを数多く起用し、さらに催眠誘導の方法も複数種類用意してあります。
人によって好きな声質は様々ですからそれにできるだけ対応するのが狙いでしょう。
今後のバージョンアップでもう3人追加されるそうです。
一対一で講義を進めますから双子形式ではありません。

誘導も最初は3パターン、次は5パターン存在しやり方がそれぞれで違います。
私もメールやコメントで「催眠にかかれない」というご意見をよくいただくのですが
催眠は相性の影響が割と大きく、世間で名作と言われてるものでもまったく入れない可能性があります。
だからこれらを聴き比べて自分に合うものが何かを知るのはとても有効です。

「すごく簡単に催眠現象を説明すると ○○といったことです」
もうひとつは催眠をかけ始める前にその説明をすること。
そもそも催眠とは何か、催眠状態や催眠誘導の概要、そして催眠にかかったらどうなるか。
催眠に関する教本を一冊も読んだことのない人でも理解できるよう噛み砕いて教えます。

中の人がリアル催眠術師さんなだけあってどのパートも丁寧でわかりやすく
我々が説明を聴いた結果どう思うかまで予想しながら的確なフォローをします。
そしてこれは彼女との信頼関係の構築に大変役立ってます。

ちなみに彼女は冒頭で「対面催眠や催眠音声を一度も体験してない人はまだ聴かないほうがいい」と注意します。
まずはまっさらな状態で催眠に触れてみて、そこでもし躓いたら聴いてねという位置づけです。
完全な初心者さんはひとまず他の作品をいくつか試した後に検討してみてください。
不安を取り除いてから気持ちのいい世界へ
注意事項の説明を終えた後から始まるのは催眠の講義(約22分間)。
催眠のメカニズム、人間と催眠状態の密接な繋がり、催眠誘導の種類
それを受けたことによって生まれる感覚を具体例を交えてひとつずつ教えます。

「そう 普段私達は 一日の中で 何度も催眠状態に入っています」
「どれかひとつでも 当てはまるものがあったり 体の変化を感じたら それは催眠状態に入っていると考えていいでしょう」

専門用語を使わずに話すことで小難しい印象を聴き手に植え付けるのを避けつつ
催眠にかかりにくい人が抱きがちな後ろ向きの感情を払拭できるよう
多くのシーンでポジティブな表現を使うことを心がけてます。
例えば人間は催眠に類する感覚を毎日体験してる、催眠を受けて何かしらの変化があればそれはもう入ってるなどです。

催眠にまだガチでかかったことのない人はもっとすごいものだと思ってるのでしょうけど
実際のところ最初は「意識がちょっとぼやけてるかな?」程度の小さな変化です。
でもそれを実感し、自分が催眠に入り始めてるとわかればもっと別の感覚が生まれ始めます。
本職の方に対面でかけてもらったらまた違うかもしれませんが、私のレビューを読む人はほとんどが催眠音声のはずです。

そうやって催眠に対する理解を深め不安を取り除いた後、いよいよ催眠誘導が始まります(約30分)。
全部バラしたらつまらないでしょうから催眠誘導、イメージ誘導いずれも一番目のものだけ紹介します。

流れは楽な姿勢で目を瞑り数回深呼吸やストレッチをして心身を軽くほぐし
それから腕、脚、顔、頭など全身をいくつかのパーツに分けて個別に脱力します。
そして最後にエレベーターに乗って下りるイメージとお花畑のイメージでさらに深めます。

「抜き方がわからないなら 抜けるイメージをするだけでもいいですよ」
「頭の中の力も すーっと抜いていく すると 頭の中がふわふわしてきたり あるいはじんじん ぴりぴりと痺れるように感じてくるかもしれません」

何をしたらわからない人でもついていけるよう簡単な心構えを伝授し
表現を小まめに変えながら「すーっと」「抜ける」を何度も重ねる堅実なアプローチです。
また「~かもしれない」とやや婉曲な表現を用いることで受け入れやすくもしています。
一通り終えたところで全身を再度流し、脱力具合の確認までするところが素晴らしいです。

最初の講義から通しで聴いたからか、私の場合は脱力の開始と同時に肩のあたりがぽかぽかしました。
脱力感も実感できるレベルであったのを覚えてます。
そして頭の脱力に入ったところで後頭部がじんじんし始めました。

「下へ行くほど 吐く息とともに ますます力が抜けていき 今よりもさらに 深い世界に連れて行ってくれます」
イメージ誘導もエレベーターに乗った時の全身が落ちる感覚や
その先にあるのどかな風景、花の匂い、ベンチで寝転ぶ感覚を言葉で上手に伝えます。
イメージの内容をどれも平易にしてるのも初心者に配慮してあって良いですね。
彼女の眠そうな表情につられて眠気が湧く人がいると思います。

催眠終了後にあるふたつの実践パートも本作品の魅力です。
手を固める練習、振り子とまった違う内容で催眠の成功体験を提供します。
後者は製品版付属のPDFファイルを印刷した紙とネックレスやペンデュラムを使います。

「石は硬いもの、と 頭の中や実際に声に出して呟くと よりそのイメージ力が高まると思います」
手を固める練習は実際にやってみたところ
彼女がそうなる暗示を入れる前の段階からうまく開かない状態になってました。
この後何をやるかがわかってたからそう反応したのかもしれません。
人によっては結構がっちり決まるんじゃないかなと。

このように、催眠の扉を開くことだけを見据えた質の高いサービスが繰り広げられてます。
初心者向けの作品
催眠にかかれないと思ってる人は必聴の作品です。

先生は催眠を楽しみたいけどそうなれずにいる主人公を助けようと
まずは催眠そのものを知ってもらうことで無意識的な不安や緊張を取り除きます。
そして複数の誘導法を用意し、それを彼に選ばせることで入れる道筋を示します。

声優さんや誘導法を幅広く揃えた大衆性の高い作り
催眠誘導を始める前に催眠のあれこれをわかりやすく説明する展開
聴き手の立場に立ったきめ細かなアプローチとアドバイス。
催眠にかかるまでのことだけを考えたタイトル通りのサービスが楽しめます。

催眠にかかれるかどうかは催眠音声を聴く人なら誰もが必ず通る道なので
初心者のための催眠音声」などそれを主目的にした作品は過去にいくつも出ています。
しかしここまでストイックに追求してる作品を私は他に知りません。
催眠術師や催眠音声製作者として長く活躍されてるサークルさんの本気を感じました。

「催眠にかかりにくい人は どうすればいいか それは ○○ていくことが大切です」
私個人は最中のアドバイスに最も感銘を受けました。
彼女の説明を聴いたことによって生じる疑問点を速やかに、かつ簡潔に解消します。
そしてそのすべてが平易な表現で行われてます。
全体の大きな作りだけでなく、こういう細かな部分にまで気を遣ってるから入りやすく感じるのです。

催眠は実力のあるサークルさんなだけあって抜群に優れてます。
普段は変わったことを好んでやる傾向がありますが、今回は真正面から勝負していてあっさり入れました。
1回目でうまくいかなかったとしても声優さんや誘導方法を変えていけばきっかけが掴めると思います。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:かの仔さん、みもりあいのさん、陽向葵ゅかさん、あきらさん、一条ひらめさん、ユメノシオリさん
総時間 2:14:04(声優さんによって多少前後します)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

【大人向け耳かき】道草屋 はこべら5 時計修理のはこべらさん。他【汗の匂い】

【大人向け耳かき】道草屋 はこべら5 時計修理のはこべらさん。他【汗の匂い】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「二泊目-前半 時計修理のはこさん」以降の様子を中心に紹介します。
花火大会も大人っぽく見物
二泊目の前半にあたる時計修理のはこさんはおよそ46分間。
次の日、花火を会場ではなく道草屋で見ることにした主人公は
留守番ついでに壊れた時計を修理するはこべらの様子を観察します。

「あっ 音楽 かけてもよろしいですか?」
木や金属をカチャカチャと動かす物音と
彼女が持参したポケットラジカセから戦前のジャズが流れるひと時は昭和の匂いが漂っており
一泊目の耳かきと同じく懐かしさを感じる要素で溢れてます。

はこべらはまだ20代のはずですが彼の年齢に合わせたのかもしれませんね。
これらの音と彼女の吐息だけが流れる10分程度のパートもあったりと
引き続き落ち着きのある大人びた雰囲気で物語を進めます。

シーン後半から登場する花火も会場から結構距離があるのか音量控えめです。
質感も「どーん」ではなく「ぱーん」と振動があまりないものを使ってます。
大きなものが一発ずつ上がったり小さいものが連続するなど変化に富んでおり
夏の華やかさと秋のしめやかさを兼ね備えたこの季節にふさわしい演出がされてます。

同じ非エロのサービスでも主人公に直接何かをしていた一泊目と違い
こちらは色んな音を聴かせて癒す音フェチ成分の強い内容
です。
音の位置、距離、組み合わせがどれも優れていてしっかりした世界観が出来上がってます。
ちょっぴり意地悪な大人の遊び
エッチシーンは5パート28分間。
プレイは汗の匂いを嗅ぐ、耳舐め、体を舐める、手コキです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「今は 少し汗をかいておりますけど お嗅ぎになりますか?」
花火大会の前半が終わりその休憩中に着物から浴衣へ着替えたはこべらは
自分と同じく汗の匂いが好きな主人公に体を近づけそれを嗅がせてあげます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート10分間は当初の予定通り汗を嗅ぎ合うシーン。
彼女の声が一気に近づき耳、胸、お腹の汗を舌で舐め取ります。

「ございませんよね? 下心なんて」
道草屋は風俗店じゃありませんからエッチな行為はNGです。
それを踏まえて彼女は興奮気味な彼にその気がないことを確かめつつ性感帯を刺激します。
本心はやる気満々なんだけど体裁を取るためにわざとそうする感じです。
その証拠に耳舐め音は一泊目のあまがみより明らかにエロさが増してます。

これまでの18禁作品と同じくストレートな淫語を言うことは一切ありません。
効果音や息遣いといった別の要素で抜かせようとします。
音に強いサークルさんだからこそできる雰囲気重視のエッチです。

残りの3パート18分間はいよいよおちんちんへの責めに取り掛かります。
着物の中に手を滑り込ませてまずは勃起や濡れ具合を確認し
少し経つと熱くなったそれを冷ます名目でローションも使い始めます。

「あら? 不思議ですね 旦那様のお汗って こんなにぬるぬるしておりましたっけ?」
最中にこういうセリフを言うあたりがいかにも彼女らしいですね。
ちょっぴり意地悪に振る舞ってこちらのM心を適度にくすぐってくれます。
手コキのペースはゆっくり目ですが、ローションの泡だった音でエロさを上手く補ってます。
耳舐めも引き続きやりますし、時間内に1回抜くくらいなら問題なくいけると思います。

このように、他のことをするフリをしながらお世話する独特なエッチが繰り広げられてます。
艶のある作品
癒し重視ですがエロにも光るものを持ってる作品です。

はこべらは二泊三日の予定で道草屋に滞在してる主人公に安らいでもらおうと
一泊目は耳かきを中心とした王道のサービスと昔語りで真っ直ぐ癒し
二泊目は一緒に何気ない時間を過ごしつつ性欲解消のお手伝いもします。

夏よりも秋らしさを感じるリアルで優しい効果音と環境音
シーンごとに異なる目的や方向性を持たせ、そのすべてを高いレベルで表現する凝った作り
花火の音を聞きながら体を寄せ合い温もりと匂いを楽しむエッチ。
懐かしさ、品の良さ、落ち着きなどある程度年齢のいった人をターゲットにしたサービスを行います。

あくまですずしろやすずなに比べての話ですから、おっさんじゃないと楽しめないわけではありません。
ただ昔話、ボンボン時計の修理、レトロな音楽など古びた素材が多いのも事実です。
エッチも含めて全体を緩く進めるので聴けば聴くほどのんびりした気分になります。

非エロのサービスは耳かきが会話重視、二泊目の前半は音重視と住み分けができてます。
両者の共通点は鈴虫の声くらいで本当に音の種類が豊富です。
時計を修理する音も音声作品だとレアで面白いなと。

エッチはオナホコキだった前作「道草屋 はこべら-移動珈琲店/よるの動物さん」から再び一歩前進しました。
この流れならフェラもやってくれるかもとうっすら期待してましたが
さすがにそれはあからさま過ぎると思われたのか回避してます。
道草屋のエロ担当として今後どこまで攻めるのかが楽しみです。

射精シーンは1回。
くちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回も満点とさせていただきました。

CV:はこべら…琴香さん いのこ…箱河ノアさん すずな…藤堂れんげさん
総時間 2:49:42(一泊目…1:17:02 二泊目…1:32:40)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

【大人向け耳かき】道草屋 はこべら5 時計修理のはこべらさん。他【汗の匂い】

サークル「桃色CODE」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でおっとりした店員さんが
お客にあれこれお世話しながら夏から秋に移り変わる季節をのんびり過ごします。

セリフと音をバランスよく配置した総合力の高い作りが魅力で
間を長めに取りながらゆっくりのんびり語りかけて落ち着ける雰囲気を出し
それと同時にリアルで優しい音をたっぷり鳴らして疲れや緊張を取り除きます。

総時間が3時間近くあるため前編(一泊目)、後編(二泊目)の2回に分けてお送りします。
終わりゆく夏を大人っぽい雰囲気で
道草屋の店員はこべらが2日間に渡ってお世話するお話。

「旦那様 はこべらです お飲み物をお持ちいたしました」
はこべらは上品で穏やかな声のお姉さん。
とある晩夏の夜、ティーセットを持って主人公の部屋にやって来ると
紅茶が好きかどうか確認してからその場で作り始めます。

本作品は暑さのピークが過ぎてこれから涼しくなろうとする時期に
彼女が2時間50分近くをかけて色んなサービスをします。
全編を大きくふたつのシーンに分け、今回紹介する一泊目は耳かきを中心とした非エロ
次回の二泊目は時計の修理・花火鑑賞・エッチと内容を大幅に切り替えゆっくりのんびり進めます。

サークルさんご自身が「全体的に大人っぽい感じ」とおっしゃられてる通り
夏から連想される賑やかさや力強さよりも、秋の静けさや落ち着きを強調して作品を組み立ててます。

例えば一泊目、二泊目いずれも時間帯を夜に設定しバックで鈴虫の声を流します。
サービスについても長めの間を取りながら耳に優しい音を鳴らします。
会話量は割と多いのですが、はこべらが話し方を工夫してるおかげで騒がしさをまったく感じません。
聴いてる最中は普段よりも時間がゆっくり流れていく気分がするでしょう。

「いつの間にか 氷を含む程度で 凌げる時期になったのですね」
これらを行うはこべらは過去作と同じく気候や情景といった当たり障りのない話題を提供し
そこに自分自身の体験を交えてノスタルジックな雰囲気を醸し出します。
一時的にせよ童心に帰れればいいリフレッシュになりますからね。
一泊目の時点ではエロさを出さずにひたすら癒す方向で進めます。
音と言葉が織りなす癒しの空間
はこべらが主人公の部屋にやって来て最初にするサービスはお茶出し(約13分)。
持参した器具を使って手際よく紅茶を淹れます。

容器の蓋を開ける音、お湯を注ぐ音、蒸らしてる間にグラスへ氷を入れる音
棒状のものでかき混ぜて冷ます音など行為の一部始終をリアルな音だけで表現します。
具体的に今何をしてるのかはほとんど言いませんけど音だけでその様子がだいたいイメージできます。

「実際 虫の声は気温で速さが変わるようですから ですから コオロギは落ち着いて 日中のセミは 叫ぶように鳴くのです」
そしてパートの後半はもうひとつの柱にあたる会話で癒します。
効果音や環境音の邪魔にならないようセリフごとの間を意識して長く取り
大人の女性らしい品のある声で話す姿は静かな夜に大変マッチしてます。
作品を構成する各要素のバランスが取れており、かつすべてが優れてるのが道草屋シリーズの大きな特徴です。

お茶で一息ついた後は本格的なサービスに取り掛かります。
グラスの中に入ってる氷を口に含んだまま左右の耳をゆっくり舐め
さらに耳かき棒、綿棒、安全カミソリを使い分けてその内外を隅々まで綺麗にします。

「(氷が)解けてしまいました …んっ」
耳のあまがみは状況を踏まえて舐め音をソフト路線にし
吐息をやや多く挟んだり氷を補充する動作を加えて個性をつけてます。
刺激が弱めなので直接舐めてるよりも耳元で氷を頬張ってるように聞こえるかもしれません。
事後の耳をティッシュで拭く動作もかなり緩やかです。

メインの耳かきは2パートあり合計で29分間。
膝枕の状態で右耳→左耳の順にまずは耳かき棒を使って大きな汚れを取り
ある程度経ったら洗浄液つきの綿棒に切り替えて細かな汚れを落とします。
そして左耳の最後にだけ長めに1回息を吹きかけます。

耳かき棒は「そりっ ずすー」という乾いた平べったい音が使われており
間隔を長めに取りながらゆっくり掻き出すのを繰り返します。
質感はとても良いですが動きの多彩さの面でやや物足りなく感じるかもしれません。
しかしこの耳かきにはもっと別の魅力があります。

「5枚で1綴り 1枚で1日 列車に乗り放題 鈍行のみのきっぷですが 中学生の時間には丁度いい速度です」
それは最中に交わされる会話。
彼女が夏休みに青春18きっぷを使って友達と旅行した時のことや
二泊目と関連性がある夏祭りの思い出を懐かしそうな表情で語ります。
前者は学生時代に同じことをした人がそこそこいるのではないでしょうか。

一般的な耳かき音声は効果音が主役でそのついでに会話をすることが多いです。
しかし道草屋の場合は会話をメインに据えてそのバックに耳かき音を鳴らす傾向があります。
だから会話に集中できるよう耳かきの動きをわざとシンプルにしてるわけです。
耳かきという行為そのものよりも、それをされてる時間と空間を大事にしてます。

そのことをわかりやすく物語ってるのが右耳を終え左耳に移る前に行う産毛剃り(約17分)。
泡をまぶしてから安全カミソリで片方ずつ丁寧にお世話し、最後に化粧水を塗り込みます。

「手間は愛着 今日の思い出です 手間を増やすくらいで 丁度いいのですよ」
他の作品だと電動式を使うこともあるサービスを敢えて手動にしたのは無駄を楽しむためです。
時間が長ければ慌ただしさが薄れるし、純粋に音をより多く聴くことができます。
鈴虫が鳴いてる静かな空間でモーター音を鳴らしたらせっかくのいい雰囲気が台無しです。
こういう細かな気配りにも大人っぽさを感じました。

後編へ続く…。
【大人向け耳かき】道草屋 はこべら5 時計修理のはこべらさん。他【汗の匂い】(後編)

CV:はこべら…琴香さん いのこ…箱河ノアさん すずな…藤堂れんげさん
総時間 2:49:42(一泊目…1:17:02 二泊目…1:32:40)


体験版はこちらにあります

くノ一お姉さんのえっちな忍術に負けて快感と引き換えに情報漏らしちゃう♪

サークル「あやめ勝負」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、魅力的な肢体を持つ妖艶なくノ一が
女の武器を駆使して男性から機密情報を聞き出します。

色々な忍術を使いながら焦らし続けるのが特徴で
分身して複数の性感帯を同時に責める、特製のオナホでねっとりしごくなど
パートごとに別のプレイを用意し、かつペースをわざと落として彼が自分から屈服するよう仕向けます。
気持ちいいお漏らし、させてあげる
パスワードを守るためにくノ一の責めを耐え続けるお話。

「あら? 起きたの ふふふ おはよう♪」
くノ一は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
主人公に金縛りの術をかけてこうした理由を説明すると
強がる彼をエッチに責めて口を割らせようとします。

本作品は忍者として情報収集や籠絡の技術に長けてる彼女が
重要な情報を持つ彼をおよそ80分に渡ってエッチに責め続けます。
耳舐め手コキ、足コキ、オナホコキ、SEXとパートごとにメインのプレイを切り替え
全体的にゆっくり焦らして彼が降参するのをのんびり待ちます。

「痛い思いなんてさせないわ♪ むしろ気持ち良いだけ 快楽と引き換えに情報を渡す それだけよ」
エッチが上手という点では他作品のくノ一と一緒ですが
年上の色気を漂わせた優しいお姉さんキャラに描かれてます。
冒頭で体の動きを封じる以外は過激なことを一切やりません。
甘い言葉と魅力的な肉体で堕とす正統派の色仕掛けをしてくれます。

もうひとつの特徴は忍術を使うこと。
金縛りの術、分身の術、変わり身の術といったメジャーなものを繰り出してエッチを有利に進めます。
コキ系のプレイが多いことを踏まえて効果音もきちんと別のものが使われてますし
有料2作目とは思えないほど色んな部分にこだわって作られてます。

また前半の2パートは射精を耐え抜いた場合とギブアップした場合の2パターンが用意されてます。
いずれもメインパートの後に敗北パートを聴く形で
途中にどうしても我慢できなくなった人も物語の流れを崩さずに抜くことができます。
焦らしメインの作品で射精シーンが多いとコンセプトにずれが生まれてしまいますから良い配慮と言えます。

妖艶なお姉さんくノ一がエッチな音をたっぷり鳴らしながらとことん焦らす。
ややMあたりをメインターゲットにしたちょっぴり意地悪な作品です。
優しく追い詰めていくエッチ
エッチシーンは6パート83分間。
プレイは体の愛撫、手コキ、耳舐め、足コキ、乳首責め、オナホコキ、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、足コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ほら、よく見て? 白くてツルツルで、細く綺麗な指 このお手手で一杯気持ちよくしてあげるからね♪」
パスワードを教えてくれない主人公にエッチなゲームを持ちかけたくノ一は
ひとまず服を脱がせて乳首に手を伸ばします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の02パートでするのは手コキと耳舐め(約28分)。
乳首や太ももの愛撫で軽く興奮させてから亀頭をゆっくり擦ります。
ちなみにここは体験版でまるまる聴くことができます。

「あなたのおちんちん撫でられるたびとっても幸せそうね ほら いいこ いいこ いいこ いいこ」
彼女はこういう仕事をしてるくらいですから当然男の扱いも慣れてます。
彼の抵抗心を削ぐために母親のような柔らかい声と口調で語りかけ
気持ちいいけど射精は絶対にできない程度の刺激を与えてもどかしい思いにさせます。

任務に支障が出ない範囲で色々サービスする感じですね。
仕事だから嫌々やるのではなく彼女もこのエッチを楽しもうとします。
効果音を鳴らしながらプレイの様子を細かく実況するおかげでイメージもしやすいです。

分身「こっち側さみしかったでしょ? いっぱいイジめてあげるからね♪」
パート中盤頃から彼女が2人に増え、左右から別の責めを繰り出すのがいいですね。
片方が耳を舐め、もう片方が言葉責めするスタイルなので両耳舐めはありません。
ですがエッチな音の量が多めで敗北パートへ進みたくなる気分にさせてくれます。

続く2パートは彼をさらに追い込むプレイ。
03はダブル足コキ、04は彼女が1人に戻りオナホコキでおちんちんを執拗に焦らします。
前者には13分程度の敗北パートが用意されてます。

分身「ほらほらぁ! 変になっちゃえ! 壊れちゃえ! あはは♪ 良い声 もっと聞かせて! マゾのなき声最高♪」
足コキは彼の嗜好に合わせて分身の声が02に比べて幼くなり
やや過激な言葉責めをしながら大事な部分を緩めに踏みつけます。
金玉に強めの圧を加えたり蹴る描写はないのでM度が低めの人でも無理なく聴けるでしょう。

「オナホぐるぐる回転させながら上下に動かすとわけわかんないくらい気持ちいいね♪」
オナホコキは効果音が一番の魅力です。
おちんちんを全部飲みこんでから弾力のある水音をゆっくり鳴らし
上のセリフを言った直後に音の質感や動きが変わる丁寧な演出がされてます。
敗北しなかった人はここで初めて射精を迎えることになりますから
我慢を重ねてきた分だけ普段よりも強く大きな快感が得られるでしょう。

唯一肌色が違うのが最後の06パート(約14分)。
オナホコキの最後にとうとうパスワードを漏らしてしまった彼がその後どうなったかが描かれてます。

「手、つなご? 恋人同士みたいに指を交差させて、ぎゅっ♪って・・・ これでもっと密着できるね」
「ラブラブ騎乗位」の名の通りこのパートは他よりも雰囲気がずっと甘く
挿入した直後に手を繋いだり、彼のリクエストに応えてキスをするなど
パスワードを聞き出すためにエッチしてた時の意地悪さが大幅に薄れてます。

中出し射精を終えた後にもキスを続ける姿はまさしく恋人同士。
目的を果たしたら終わりではなく、彼もきちんと満足させてあげるあたりに彼女の優しさを感じました。

このように、冷たさや厳しさを出さずに相手を屈服させる甘めのエッチが繰り広げられてます。
穏やかに焦らす作品
年上の女性に弄ばれるシチュが好きな人には堪らない作品です。

くノ一はとあるプロジェクトに関わってる主人公から重要な情報を聞き出そうと
体の動きを封じたうえでおちんちんを弱めに責めてまずは射精したい気分にさせます。
そして欲求を抑えるのが難しくなったところでパスワードと引き換えに焦らしから開放します。

巧みなテクニックで心身をバランスよく責めてじわじわ追い込むM向けの展開
初射精のタイミングを聴き手がある程度決められるようにした使い勝手の良い作り
くノ一だからこそできる忍術を交えた責め。
作品固有の要素を上手く使ってキャラ、ストーリー、プレイを作り上げてます。

「今回はどーやってイジめちゃおうかしら♪ いうこと聞いて頑張った素直ないい子には一杯ご褒美あげないとね♪」
焦らしプレイから連想される意地悪さを彼女のキャラで中和してるところが特に印象的でした。
締め付けるだけでは彼を突き崩せないと判断し、ところどころで軽いご褒美をあげて心の緩みを誘います。
最後のSEXパートは別の意味合いもあるのですが、彼女の優しさをわかりやすく物語るシーンと言えます。

あとは純粋なエロさですね。
男を知り尽くしてるくノ一らしい行き届いたプレイがいくつも登場します。
責めるペースが緩いハンデを補うために音の量や水分を増す工夫もされてます。
沢野ぽぷらさんの年上キャラは安定感があって実に良いです。

射精シーンは合計4回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:47:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

deception

サークル「ftnr×kuroko.ぷろじぇくと」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある罪を犯した男性にそのことを認めさせようと
2人の婦警が催眠を交えたエッチな取り調べをします。

事件の様子を再現しながら性感を膨らませる変わったエッチが行われており
視覚、聴覚、嗅覚、触覚に働きかけて被害者女性のイメージを鮮明にし
それらを感じながら目の前でオナニーや射精するやや背徳的な快感を味わわせます。

音声を聴く前に以下のものをご用意ください。
1、供述調書(製品版付属のPDFファイル)
2、筆記用具
痴漢容疑者への容赦ない尋問
2人の婦警に催眠を交えた取り調べを受けるお話。

「本編をより楽しんで頂く為に」
右の婦警は甘く穏やかな声の女性。
「先に軽く催眠状態に入っていただきます」
左の婦警はややトーンの低い落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項や準備物の説明をすると
本編をより楽しみやすくするための予備催眠をかけ始めます。

本作品は痴漢の疑いをかけられた男性がそれを認める様子を疑似体験させることを目的に
彼女たちがおよそ45分に渡ってストーリー性のあるエッチな催眠を施します。
ftnr×kuroko.ぷろじぇくとさん最大の特徴である双子形式を今回も採用し
音声の序盤から彼女たちが左右に陣取り交互に、あるいは同時に語りかけます。

あなたは、最寄りの駅から電車に乗りました 2被疑事件発生時間帯に当該車両に乗車していたか
テーマはズバリ「誘導尋問」
罪を素直に認めない彼の心を突き崩そうと色んなアプローチをかけます。
冒頭に話した供述調書もそのひとつで、彼女たちの質問に答えるシーンがあります。
エッチも実況見分の名目でイメージ力と興奮を膨らませるなど内容が結構独特です。

割とブラックな内容ですが背徳要素はそれほど強くありません。
いけないことをしてしまう快感や見られながら射精を迎える快感に焦点を当てて進めます。
必須ではありませんが事前にハンカチを用意しておくとエッチでより没入できるでしょう。
没入感を徐々に高める催眠
催眠は3パート17分間。
一番最初の予備導入は本編に入る前の準備として
彼女たちがイメージ、物理の2パターンで軽い催眠を施します(どちらかひとつを選択)。
本レビューではイメージだけを紹介しますが両者は内容が大きく違います。

電車は構わず進行している あなたの心臓は高まっているのに 電車特有の揺れがあなたに作用する (左右)電車の揺れは無条件に眠気を誘う
イメージパートの内容は事件当日の様子を主人公視点で振り返るというもの。
ホームに到着した彼が被害者の少女を見つけ、その近くに陣取ったまま電車に揺られ続けます。
まだ始まったばかりということで少女を襲うことはなく
電車の音を鳴らしながら揺られる心地よさを言葉で伝えて意識の力を弱めます。

本作品の流れに沿った予備誘導ですね。
ただかかりやすさに関してはもうひとつの物理のほうが上だと私は思います。

続く誘導パートは彼が痴漢の容疑で捕まり警察署に着いた後のお話。
2人の婦警が左右に陣取り供述調書に書かれてる19個の質問をします。

右「毎朝見かける彼女、CMのように 毎朝見かけていたら その存在は風景の一部ではなくなる 彼女という存在を認識し始める、意識し始める」
事件発生時にその電車に乗ってたか、電車には毎日乗るのか、被害者との面識はあるのか。
ひとつひとつの質問に対し「はい」「いいえ」「黙秘します」のいずれかを選択します。
でも府警たちは最初から彼を逮捕する気満々ですからすんなり逃がすことはありません。
ちょっとしたギミックを交えた話術でじわじわと追い詰めます。

落とすよりも主人公になりきらせることを目指した誘導だなと。
全身がずーんと重くなるとかはあまりないでしょうが
彼女たちの言うことがまったくのデタラメではないと思う人は普通にいるでしょうね。
右は状況説明やイメージ、左は質問と役割分担されてるのも良いです。

エッチに進む環境を整えることだけを見据えた珍しい催眠です。
聴き手を主人公になりきらせることを目的に、まずは事件当時のイメージを絡めた誘導でリラックスを促し
それからアンケート形式で自分がやったことをひとつずつ認めさせます。

一般的な催眠音声とはやり方が随分違うのでどちらかと言えば経験者向けです。
ただやってることは理にかなってますし全体の流れも作品のテーマに合ってます。
うまく集中できていればこの後から始まるエッチシーンでイメージ力の向上を実感できるでしょう。
好みの女性に欲望を叩きつけながら
エッチシーンは18分間。
プレイは実況見分、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示は特に出ません。

左「被害者役に対して、貴方がしたことと同じことをやってもらいます」
供述調書に記入してもらった次の日、婦警たちは事件の様子をより詳しく知ろうと
主人公だけでなく被害者の少女にも参加してもらい1から再現します。

エッチは婦警ではなく少女に痴漢してるイメージで抜かせます。
前半は彼によりなりきりつつ興奮を膨らませるシーン。
初めは少女の隣、少し経つと背後に陣取りその匂いや温もりを堪能します。
ちなみにこのパートもAとBの2パターンがあり終盤の内容が若干変わります。

鼻孔をくすぐる甘い匂いに頭がクラクラします 不快感はなく、もっとこの匂いをかいでいたい もっと近くでこの香りを堪能したい と思ってしまいます
今回はあくまで容疑を晴らすためにする行為ですから実際にやるのはもちろんNGです。
しかし婦警たちは彼が自分からそうしたくなるよう言葉を使ってイメージ力を膨らませます。
若々しい魅力的な肢体、女性らしい温かくて柔らかい肌、ほのかに漂う甘い香り。
人間が持つ五感にできるだけ幅広く働きかけてリアルに実況します。

私が聴いた時も妙に生々しくてビックリしました。
匂いが漂ってくるほどではなかったにしても熱の変化やイメージ力の向上は実感できてます。
好みの女性が無防備な姿で目の前にいるシチュも男心をくすぐってくれるでしょう。

対する後半は一気にアブノーマル路線へと変化します。
彼女が偶然落としたハンカチを使っておちんちんをしごき、罪の意識に苛まれながら恥ずかしい射精を迎えます。

ゾクゾクする 手の動きが早くなる 腰も動かして 彼女のハンカチを犯してる 彼女に犯されてる
おちんちんに巻き付いたハンカチを彼女の手に見立て
いけないとわかってる気持ちすら快感に変えて己の欲望をぶちまける。
現実世界ではまず実現できないことをやらせて心身を上手に盛り上げます。

オナニーの時間は4分弱とかなり短いです。
でもそこに至るまで心を執拗に責めてくれるので1~2日溜めておけば射精は可能だと思います。
婦警たちも今まで以上にセリフを細かく分けてリズミカルに追い込んでくれます。

このように、軽い背徳感を抱きながらオナニーするイメージ&シチュ重視のエッチが繰り広げられてます。
優しく追い込んでくれる作品
ブラックな素材をできるだけマイルドに料理した作品です。

婦警たちは痴漢の容疑がかかってる主人公にそれを認めさせようと
軽い催眠をかけてからまずは供述調書を使ってやんわりと追い詰めます。
そして次の日に被害者の少女を交えて言い訳のしようがない証拠を掴みます。

2人の催眠者が連携を取って催眠やエッチをリードする双子形式
尋問や実況見分をする流れに沿って没入感と性的快感を膨らませる展開
羞恥心や背徳感をくすぐって気持ちよく射精させるエッチ。
タイトルの「deception=欺瞞」に相応しい風変わりなサービスを行います。

ふたくろさんの作品は個性の強いものばかりですが、本作品は催眠誘導が一際異色です。
印象操作が秀逸ですし聴き手が抵抗を感じる部分を和らげる配慮もされてます。
実際に聴いてみるとあまり催眠っぽく感じないかもしれません。
でもエッチへの橋渡しとして申し分ない役割を果たしてるのも事実です。

エッチはプレイ自体をソフトにする代わりに心の盛り上げを頑張ってます。
イメージのリアリティを言葉で上げてからオナニーに持ち込むので普段よりも興奮できるでしょう。
痴漢容疑者の無意識に眠る欲望を掻き立てるアプローチもテーマに合ってて良いです。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:左…ftnrさん 右…kuroko.さん
総時間 1:07:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ