同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

アナル快楽中毒者のためのケツマ○コ責め調教

サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でちょっぴり嗜虐的な店員さんが
変態性の高いオナサポでドMな男性に普段とは違う快楽を与えます。

アナルでの快感をとことん追求した調教プレイが魅力で
指でいじったりおもちゃを出し入れしてアナルの快感を少しずつ味わわせながら
恥ずかしいポーズや復唱をさせて彼女に従う喜びを教えます。

音声を聴くにあたって以下のアイテムをご用意ください。
ローション、ビニール手袋、アナルに入れるおもちゃ(アネロスではなくアナルディルド)

この先汚い描写が数多く登場します。
食事中あるいは食事を控えてる方は済ませてから読むことをおすすめします。
お尻で味わう新しい快感
CLUB ドミナンスのミストレス「宝城キョウカ」の指示に従いアナルオナニーするお話。

「いらっしゃい アタシを指名してくれてありがとね」
キョウカは上品で穏やかな声のお姉さん。
変態プレイをしたくてお店にやって来たお客を優しく迎えると
ほぼアナルにターゲットを絞ったドM向けのサービスを始めます。

本作品は男性の隠れた性感帯のひとつアナル(前立腺)の開発をテーマに
彼女が70分近くの時間を使って様々なプレイを指示します。
終盤におちんちんオナニーするシーンも一応ありますが
アナルにおもちゃを挿入しながらするスタイルなのでアナルの比重のほうがずっと高いです。

そしてアナルをそれほど開発してない人でもプレイを楽しめるように
彼女は何をするかはもちろん、どれくらいのペースで責めればいいかも丁寧に教えます。
アナル系のプレイはどれもゆっくり進めてくれますからやりやすく感じるでしょう。
逆におちんちんオナニーは多少意地悪に振舞ってM心をくすぐります。

彼女がややきつい体勢を取らせる指示を適度に出すので
完遂する場合は体力をそれなりに消耗することを覚悟しておいてください。
アナルを本格的に責める時は自分がやりやすい姿勢を取っていいと言ってくれます。

「あなたのお尻の穴は 排泄するためだけの穴じゃない 快感を得るための穴 ケツマンコなんだね」
今回のエッチをリードするキョウカは包容力のある女性。
おちんちんではなくアナルで気持ちよくなりたい彼の欲望をドン引きせずにしっかり受け止め
アナルをオマンコに例えて女性のように責められる快感を味わわせます。

メインのプレイは確かにアナル責めですが
恥ずかしいポーズを取らせたり、軽めの言葉責めをするなど心への責めもバランスよく行います。
プレイ中によく嘲笑するのも彼女なりのサービスなのでしょう。
ニッチなプレイだからこそ雰囲気作りにも気を配ってエッチをリードします。
男女両方の絶頂を目指して
エッチシーンは7パート56分ほど。
プレイは恥ずかしいポーズ、アナルオナニー(指とおもちゃ)、おちんちんオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「今からアタシが 変態マゾに相応しいお尻の穴を使ったオナニーの仕方 教えてあ・げ・る」
これからするサービスの概要を説明し、お客の意思を確認したキョウカは
彼を全裸にしてから恥ずかしいポーズを取らせておねだりを要求します。

エッチは終始彼女に言われた通り手や体を動かします。
一番最初の「オネダリ」はアナルオナニーに向けて気持ちを高めるパート(約7分)。
うつ伏せの状態でお尻を高く上げ、手で開いて彼女にアナルを見せつけます。

「ご主人様 ボクのいやらしい変態アナルを よく見てください」
彼女にとって彼はお客ですがプレイが始まった後は一切容赦しません。
ドMじゃないとなかなかできない格好とセリフを言わせてまずは主従関係をはっきりさせます。
羞恥心を煽るシーンが割と多いですからそういうプレイが好きな人ほど楽しめるでしょう。
そしてこれはアナルオナニーに熱中できる環境作りに役立ちます。

実際にアナルをいじり始めるのはその次から。
「アナルほぐし(指)」はビニール手袋をした指で
「ディルドー挿入&ケツマ○コセックス」はおもちゃでアナルをじっくり責めて気持ちよくなります。

「まだ入れちゃダメよ? 焦らすように 入り口付近を 肛門の周りを 円を描くように撫でなさい」
「少しアナル柔らかくなったかな? ふぅむ ローションも塗ってるし 怪我も大丈夫よね」

ローションまみれの指でアナル周りをほぐしてからゆっくり挿入し
「じゅーぽ」の声に合わせて後になるほどペースを上げていく、といったように
彼女は聴き手が痛みを感じたり中を傷つけないよう慎重にプレイをリードします。

「おちんちんオナニーより ケツマンコSEXのほうが 気持ちいいんじゃないの?」
「ほら マゾ犬 もっとケツマンコの深いところまで抉りなさい」

そしてアナルがある程度ほぐれた後はおもちゃへと切り替え
別の合図を出しつつ今度は言葉責めの割合を増やして心身両面を同時に気持ちよくします。
アナルディルドを彼女のおちんちんに見立てて擬似SEX風に進めるのがいいですね。
Mな男性が潜在的に持ってる「女性に責められたい」願望を刺激してプレイを盛り上げます。

アナルオナニーの最後にドライオーガズムを持ってきてるのも
おちんちんによる射精とは別の快感を与えたかったからなのだと思います。

ただし、前立腺によるドライオーガズムは催眠よりも難易度がずっと高いそうなので
この音声を聴いて実際に迎えられる可能性はそれほど高くないと見てます。
私がやった時も絶頂と呼べるレベルの快感は得られませんでした。

女性の快感をある程度味わった後は男性の快感。
「おち○ちん寸止めオナニー」でカウントに合わせて何度も何度も寸止めした後
彼女が出すふたつの条件を守ることを約束したうえで射精を迎えます。

「数字が小さくなったら 小さくなるにつれて さらに射精へ追い込むの」
寸止めは0に近づくほど射精へ追い込み「おあずけ」でリセットするのを繰り返します。
数えるペースを変えたり開始/終了時の数字を不規則にしたりと工夫して進めるのですが
1セットあたりの時間が30秒程度と非常に短く、射精感を高めるのがちょっと難しいです。

おもちゃをアナルに挿入したままオナニーするといっても
これまでおちんちんに一切触れなかった背景を考えればもう少しじっくりしごかせて欲しいです。
きめ細かな指示をしてくれたアナルオナニーに比べてリードが粗く感じました。

一番最後の「条件付き射精許可」パートで最後のカウントを数える前に
3分程度の時間をかけて約束の内容を説明するのも疑問です。
おちんちんの性感は熱しやすく冷めやすいですから
ある程度まとまった時間を取って集中的に刺激しないと射精に持っていきにくいです。

説明の内容をもっと簡潔にして時間を切り詰めるか
説明中にも好きにしごかせて射精だけを禁止していれば随分違ったと思います。

このように、ドライとウェット両方を順番に味わわせる独特なプレイが繰り広げられてます。
アナル尽くしの作品
アナルで気持ちよくなることをひたすら追い求めている奇抜な作品です。

キョウカは普通のオナニーではもう満足できなくなったお客の欲望を満たすために
最初から最後までアナルをとことん責める変わったプレイを提供します。

指からおもちゃ、そしてドライへと繋ぐ慎重かつ丁寧なリード
最中に投げかけられるきめ細かな指示と心を盛り上げる言葉の数々。
マイナーなプレイを一人でも多くの聴き手に楽しんでもらおうと考えながらサービスします。

「今日は調教お疲れさま また会えることを願っているわ」
彼女にそこまで強烈なSっ気がないからか、エッチに入っても口調は至って穏やかです。
でも優しく接してたら彼が喜んでくれないのを理解してるので適度に見下したり意地悪します。
ご主人様なのだけどご奉仕されてる感じがしてやりやすかったです。
恥ずかしいポーズや復唱も本作品のプレイに適した責め方だと思います。

アナルとおちんちん両方をいじりますが前者のほうが圧倒的に優れてます。
器具を使用する点で敷居が高くなってるものの、オナサポ自体は初心者を見据えた内容です。
おもちゃが怖いなら指だけでプレイを続行するのも一応可能ですし
同人音声では大変貴重なアナル系オナサポ作品として十分な存在感を持ってます。

それに対しておちんちんのほうは色々と改善の余地が見られます。
おちんちんのオナサポは作品数が多いうえに最近は質の向上や多様化が進んでますし
そういった状況を考えるとこの内容では厳しいというのが率直な感想です。
催眠音声のドライとは違うタイプのドライを目指すからこうしたのかもしれませんね。

絶頂シーンはドライ1回+α(連続絶頂)、射精1回です。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

個性的かつ変態的なオナニーが楽しめる作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:14:33

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

TSヒプノエクスタシー(性感開発レッスン)

TS heavenさんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、礼儀正しくて気配りもできる生体アンドロイドが
催眠を使って女性だからこそ味わえる強烈な快感を提供します。

「全身性感帯」をテーマにしたきめ細かなサービスが行われており
催眠は作品独自の要素を交えながら心→体の順に少しずつ女体化を進め
エッチは後になるほど責める範囲を広げて女の悦びを骨の髄まで教えます。
全身でイク気持ちよさを
生体アンドロイド「TSスリー」からエッチなサービスを受けるお話。

「ようこそ、女体化、M性感マッサージ「ヒプノエクスタシー」へお越し下さいまして、誠にありがとうございます」
TSスリーは淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
再び来店した主人公に丁寧な挨拶をすると
彼好みの容姿になってお店やサービスのことを説明します。

本作品は女性になりきって様々なプレイを楽しみ強く激しくイクことを目的に
彼女が1時間40分近くをかけて女体化催眠と3種類のプレイを提供します。
TS heavenさんは今回が2作目にあたる新しいサークルさんですが
女体化に対して並々ならぬ情熱を持っており独自のスタイルでドライへと導きます。

今回彼女がするサービスのテーマは「全身性感帯」
男性が日常的に味わってるおちんちんを中心とした刹那的な快楽ではなく
頭部から股間にかけての広い範囲に渡り広く深い快感を与えようとします。

「1たす1が2の快感ではなく、1たす1が4の快感、1たす2が10の快感という風に、それぞれの性感帯を同時に刺激されることで、普段の何倍も気持ちいい体にしてあげますね」
乳首を開発してる人ならわかると思うのですが、オナニーする際におちんちんだけをいじるよりも
おちんちんと乳首を同時にいじるほうがずっと気持ちよくなれます。
その原理を利用して作中では彼女とサポート役のアンドロイドが複数個所を同時に責め立てます。

いきなりガンガン責めるのではなく、一歩ずつステップアップする形で丁寧にリードしてくれますから
女体化催眠にある程度慣れてる人ならかなりの快感が味わえると思います。
初心者の方は他の作品で多少経験を積んでから聴いたほうが楽しめるのではないかなと。
特殊な機械でバッチリ女体化
催眠は5パート47分間。
一番最初の「プロローグ」は女体化催眠を受けやすくする準備。
女性の性感や全身を性感帯にするにはどうすればいいかを話し、そうなった時の自分をイメージします。

「一般的に全身が性感帯になるというのは、おまんこと乳首に加えて、耳や口、首筋、背中などが気持ちよくなる状態と言われています」
「きちんとトランス状態に入ることが出来れば、それはそんなに難しいことではないとお分かりいただけると思います」

男性にとっては「全身で感じる」と言われてもあまりピンと来ない部分があると思います。
だから彼女は催眠を始める前にはっきり伝えて興味を引いたり取り組みやすい気持ちにさせます。
何らかの技術を用いるわけではありませんが、彼女との信頼関係を構築する重要なシーンです。
こんな風に彼女は全編を通じて聴き手の「心」に対するケアを重視しながらサービスを進めます。

本格的な催眠が始まるのは次の「催眠誘導01」から。
彼女の指示に従って目の周りや首筋、鼠蹊部などを指で優しくマッサージしたり
挿し絵にある皮製のライダースーツをを着た彼女のフロントジッパーを上げ下げするイメージをします。

「後頭部から肩にかけて、力が、すーーーっと、抜けてゆく。そして、頭の中がぼおーーっとして、あなたの意識の力が落ちてゆきます」
マッサージは疲れの溜まりやすい部分やエッチで重要になる部分の血流を良くするだけでなく
リラックスできる暗示も絡めて心身両面を同時に解きほぐします。
作品ページにマッサージする部位の画像があるので事前に見ておくといいでしょう。

「そうです、ゆっくり両方の手で私の胸にローションを塗り広げてください。私の胸のふくらみと、女性特有の柔らかさを感じてくださいね」
ジッパーを上げ下げするイメージは女体化への第一歩。
TSスリーの体を使って女性の丸みを帯びた体や柔らかな感触を確かめます。
同時に自分が女性になった気分にさせるセリフを復唱するなど
まずは体よりも心へのアプローチを優先して女体化を進めます。

ジャンルが女体化、しかも女性の快感を全身で味わうのが目的なだけあって
彼女は多くのシーンでイメージ力が自然と膨らむように働きかけます。
その方法も個性的かつ合理的ですし、多くの人がやりやすいと感じるのではないでしょうか。

そして終盤の2パートで女体化をより確かなものにします。
「深化」パートではビルの5階から地下5階へと移動する様子に暗示を絡めて意識の力をさらに弱め
「女体化」パートはCTスキャンのような特殊な機械に振動音を交えて
頭の上から足先にかけて少しずつ理想の女性の姿へ変えていきます。

「あなたはM字開脚にされて、TSスリーに、クリトリスを責められ、喘ぎ声を上げています。そして、もう一人のアンドロイドに両方の乳首をつままれ、快感の喜びに打ち震えています」
深化は階段を下りるイメージにカウントを絡めた割とよくあるものなのですが
その中にTSスリーに責められる自分の様子を盛り込み女性になった気分をさらに固めます。
重さを感じさせる暗示が多いので手足を中心にぐったりした感覚がするでしょう。

「股間がスッキリして、アソコが軽くなりましたね。睾丸が無くなると、本当に股間が軽くなります」
「胸の上に水の入った袋を置かれているような感じがします。あなたは乳房の重さを感じとる」

女体化は顔や髪、肩、首から腰にかけて、股間、脚の順に姿が変わっていく様子を実況します。
男女の違いが最も出やすい胸や股間に対して暗示を厚めに入れてくれるのがいいですね。
おちんちんがなくなれば股間は当然軽くなりますし、胸は逆に重さを感じるはずです。
視覚だけでなく感覚の面からも変化を感じさせてくれるおかげでなりきりやすく感じました。

エッチを存分に楽しむ環境作りに焦点を絞った面白い女体化催眠です。
聴き手の心と体を敏感な女性にすることを目的に、序盤はカウンセリングやマッサージで自然なリラックス
中盤はTSスリーの体や自分が女性になったイメージで心の女性化を
終盤は機械を使って上から下まで体を女性に変えてそれに馴染ませます。

女体化催眠にとって重要な「女性になりきる」ことに細心の注意を払って進めるのがとても良いです。
催眠の技術に関しても十分なレベルを持ってますし
少なくとも普段の自分とは何かが違う存在になった気分がするのではないでしょうか。
そしてその効果をエッチで嫌と言うほど思い知ることになります。
快感の幅を少しずつ広げていくエッチ
エッチシーンは3パート37分ほど。
プレイは耳責め、乳首責め、ローターによるクリ責め、キス、イラマチオ、SEXです。

耳責め(ごく一部)、乳首責め、クリ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「まずは耳を性感帯にします。レッスンと言っても、既に感じる耳になっているので、少しだけイメージしてもらうだけです」
催眠をかけて主人公を立派な女性へと変えたTSスリーは
全身性感帯になるトレーニングの手始めに耳を責めます。

エッチは彼女やサポート役のアンドロイドに責められ続けます。
最初の「プレイタイム01」で彼女が責めるのは耳と乳首(約12分)。
それぞれのどこをどのようにいじってるか細かく実況しながら気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。

「そう、そこは耳のクリトリス。そのぷくりと膨らんでいる部分をなぞられた瞬間、首筋から乳首とクリトリスに電流が走る」
耳はツボが集中してる部位なのでいじると気持ちいいのは間違いありません。
でもおちんちんやおまんこに比べると性感帯としての重要度は低いです。
そこで彼女は耳をおまんこに見立てて擬似SEX風に責められる快感を伝えます。

私が聴いた時も股間の筋肉が勝手に痙攣してもわっとした温かい快感が断続的に広がりました。
その後に行う乳首責めでは快感を腕に伝播させる暗示を入れるなど
性感帯という点を線で結んで全身へと徐々に広げていきます。

続く「プレイタイム02」は女性にとって最も敏感なクリトリスの開発(約13分)。
吸盤状になってるクリ責め専用のローターを使い根元、左右、先っぽを適度に刺激します。

「クリトリスの頂点にローターの先端を突きさすように当てられる。刺されると同時に、強烈な電流がジースポットを砕き、潮を吹きそうになる」
「快感が爆発して、電流が脳天に突き刺さる。ジースポットが暴発して、シャーーっと潮が吹き出る。下腹部と足腰がビクビク痙攣して、あなたは仰け反る」

男性では味わえないタイプの快感を存分に楽しんでもらおうと
TSスリーは今まで以上に繊細かつ直感的な暗示で女性の快感を伝えます。
乳首をいじった時に近いピリッとした快感が走りました。
パート後半に入ると乳首責めが加わりさらに激しくなります。

ローターの効果音もずっと当てるのではなく少し当てて離すのを繰り返すリアルなものです。
ただ結構音が響くので無しのほうが彼女の声やイメージに集中しやすいかなぁと。
ローター音だけ鳴らないバージョンも入ってます。

そうやって準備を整えてから最後の「プレイタイム03」で全身性感帯を仕上げます。
TSスリーは耳とおまんこ、サポート役のアンドロイドは彼の口を同時に責めて連続絶頂へと追い込みます。

「ギリギリとした圧迫感が下腹部の中まで襲ってくる。おまんこの入口もおなかのなかもおちんぽで押し広げられる。ズンと最後のひと突きをねじ込まれ、ポルチオから子宮に衝撃が伝わり、体の中がグワングワンと揺さぶられる」
大事なところにおちんちんが入ってくる快感、膣内の性感帯を刺激される快感
そして複数の性感帯を同時に責められる快感。
これまで育ててきた成果をそのまま引き継いだ激しくて密度の高いプレイです。

このように、女性の快感を教えながら絶頂へと導くテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
幅広い快感が味わえる作品
女体化、エッチいずれも高い水準を誇る作品です。

TSスリーは主人公に女性の快感をより強く、より深く味わってもらおうと
催眠を使って外見だけでなく内面も女性へと変えていき
それを維持したまま男性の時とは違うタイプのエッチで絶頂させます。

女体化催眠が時間、内容共に充実してるおかげで催眠に入りやすく
最中のアプローチも女体化を意識したものが非常に多いです。
女性の気持ちから入るので完了後の違和感があまりなく、彼女たちの責めもすんなり受け入れられます。

「それでは、また、私に会いに来てくださることを楽しみに待っています」
エッチの中盤以降でややハードに責めるシーンもありますが
彼女はあくまで彼のためを思ってそうしているに過ぎません。
機械から連想される無慈悲さや強引さは特に感じられず責められる快感だけを純粋に楽しめます。

催眠は前作に比べて女体化の錬度が上がってるように映りました。
導入や深化と女体化を個別にやるのではなく複雑に絡めて女性になった気分を膨らませます。
女性像は自由に決めていいと言うなど、聴き手がやりやすく感じるように気を配ってるのも魅力です。

エッチはテーマを見据えて複数個所を同時に責めたり感覚をリンクさせながら進めます。
時間に対するプレイの密度が高く絶頂回数も多いので
女体化にある程度慣れてる人なら強めの快感を長めの時間に渡って味わえるでしょう。
私個人は一番最初の耳&乳首責めが最も気持ちよかったです。

絶頂シーンは5回。
淫語それなり、くちゅ音(ローター音含む)とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

女性の快感を独自の方法で追及した質の高い作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非一度お試しください。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 通常版…1:38:31 二回目以降短縮版…1:29:46

TS heaven
http://ts-heaven.blog.jp/archives/14778194.html

ささやき庵 双葉 弐

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でサービス精神旺盛な店員さんが
ふたつの場所で密着しながら男性をエッチにもてなします。

シリーズの醍醐味である大ボリュームの囁き声はもちろん
癒しよりもエロを重視した作りやお店の外でこっそりエッチする展開など
店員と恋人の中間あたりの立ち位置で個性的なご奉仕をしてくれます。
店員から恋人になる第一歩
ささやき庵の店員「双葉」とエッチするお話。

「いらっしゃいませ ささやき庵へようこそ ご指名ありがとうごいます」
双葉は明るくて清らかな声のお姉さん。
ささやき庵へ再びやって来たお客に親しげな挨拶をすると
自分を10回指名してくれたお礼に大好きな香水をプレゼントします。

本作品は現在数多く存在するささやき庵シリーズの原点にあたる彼女が
最初の時よりも一歩進んだサービスで彼の性欲を満たします。

ささやき庵では部屋に移動してからまずは癒しの会話でお客を眠らせ
夢の中でエッチなご奉仕をすることが多いです。
しかし本作品の場合は最初の段階から抜ける素材を提供する実用性重視のサービスをします。
具体的に言うと総時間の75%がエッチシーンです。

内容もオナニー、フェラ、性器の相互愛撫とパートごとに方向性が大きく変わり
抜かせるにあたってのアプローチもまったく違うのでそれぞれを新鮮な気分で楽しめます。
シリーズの醍醐味である囁き声も45分と非常に多く、静かな雰囲気の中で少しずつエッチな気分を高められます。

もうひとつのポイントはお店と美術館の二箇所でエッチすること。
前者は丁寧な言葉遣いできめ細かくリードする普段通りのプレイを
後者は他の人にばれないようこっそり責めて射精に導きます。

「ずっと前からあなたのことを知っていたような そんな気がするんです」
特に美術館はお店でのサービスとは違うこともあり、彼女が恋人に近い態度で接します。
最初は店員とお客として出会った男女が肌を重ねていくうちに心も惹かれ合い
今後より深い関係になっていくきっかけも描かれてるわけです。

現に双葉は現在まで7作品が出ており、この後の作品ではささやき庵で禁じられてるSEXもすることになります。
店員らしい礼儀正しさと普通の女性が見せる親しさ。
お世話する場所を変えることでいつもと違う双葉の魅力を引き出しています。
静かで艶のあるエッチ
エッチシーンは3パート51分間。
プレイはエッチなお話、オナニー、双葉のオナニー、フェラ、乳揉み、手コキ、手マンです。
エッチな効果音はありません。

「とーってもエッチなお客様のために 今日は取って置きの内緒話 してさしあげますね」
挨拶を済ませてから部屋に移動し、着替えて一緒の布団に入ると
双葉は囁き声で自分に関するエッチなお話を始めます。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「シーン3」でするのは相互オナニー(約26分)。
彼女が以前実際にしたオナニーの様子を実況しながらおっぱいやおまんこをいじり
それをオカズに彼もオナニーを楽しみます。

「初めはゆっくりと 乳房全体を撫で回すような…はぁ 優しい愛撫」
「お客様のあそこを そうしたように 今度は指と指の間に クリちゃんを挟みこんで ぶるぶる震わせていたら いつの間にか私 すっごくはしたない声を上げていました」

イメージ力が重要になるプレイということで、彼女もどんな風に自分を慰めてたかを細かく話し
それと同時に熱っぽい吐息や切ない喘ぎ声を控えめな音量で漏らします。
古い作品なので音質に関しては今の作品にやや劣るものの
彼女がすぐ近くでエッチなことをしてる雰囲気は十分に出ていて結構エロいです。

「完全にぐちょぐちょになったあそこに 指を滑り込ませて そのまま出し入れ はぁ はぁ」
中でも終盤にある2回の絶頂シーンでは息遣いがさらに荒くなり
不規則な呼吸を繰り返しながら軽いイキ声を上げて双葉が果てます。
1回目はクリ責め、2回目はおまんこに指を出し入れしながらとスタイルも違いますし
女性が自分の目の前でオナニーしてるシチュも実に良いです。

囁き声でするエッチなのでそんなに大袈裟なことはしません。
だからこそセリフでイメージを盛り上げたり息遣いで興奮具合をリアルに伝えます。
距離の近さを感じるささやき庵らしいエッチと言えるでしょう。

続く「シーン4」でするのはお馴染みのお土産フェラ(約12分)。
先ほどのプレイ終了後に眠りにつき、目覚めた彼にお店でする最後のサービスとして
録音しながらおちんちんを隅々までしゃぶり再度の射精へ導きます。

「今日はお口に咥えたまま 尿道口責めなんていかがですか?」
セリフはどこをどう舐めるか教えるだけの最低限に留め
金玉を舐めたり、竿を下から上へ舐め上げたり、尿道口やカリを重点的に責めたりと
双葉はプロらしいエッチで多彩な舌技を披露します。

中でも終盤に登場するピストンフェラとバキュームフェラは強烈。
前者は「ずびびっ じゅりっ」と軽く絞り上げる感じの音を比較的ゆっくりペースでリズミカルに
後者は「ずりゅるるるる ずびっ」とやや長めでパワフルな吸い音を繰り返し鳴らします。
プレイ時間に対するちゅぱ音のバリエーションが多く、前のパートとエロ要素が被ってないので抜きやすいです。

そして最後の「シーン5」はこれまでとは違って美術館へと場所を移し
他の人に気づかれないよう気をつけながらお互いの性器をいじり合います(約13分)。

「その穴の中 双葉の 大事な大事な蜜壷 あの絵のように 大きく勃起したおちんちん 突き刺したいんですね?」
プレイだけを見ると比較的ソフトな部類になりますが
公共の場でエッチな行為に及ぶスリルや、いつも以上に大胆な彼女の様子が興奮を掻き立ててくれます。
お店のサービスとは違いますから彼女がここまでする義理はありません。
プレイを通じて彼女自身も彼と特別な関係になりたがってることが伝わってきます。

このように、場所や内容を大きく切り替えもてなす心のこもったエッチが繰り広げられてます。
上品で激しい作品
上品なキャラとは随分違う積極的なサービスをしてくれる抜き重視の作品です。

双葉はかれこれ10回も自分を選んでくれてるお客を満足させようと
普通の店員よりも親しい様子で彼に接し、相手が喜びそうな方法で気持ちよくします。

一方的に責めるのではなく自分の痴態を見せたり体を委ねて一緒に気持ちよくなるプレイスタイルや
絶頂に近づくほど熱くなる息遣い、男が喜ぶツボ突いたフェラなど
ノーマルな性癖の人が聴いて興奮する素材を色々用意して進めます。

「またあのひまわりの絵 見に行きましょうね」
そして何より専門店のイメージとはやや違う彼女との心の繋がりも感じます。
エッチやその前後のやり取りを通じて彼女が彼にどんな感情を抱いてるかもある程度語られており
その部分がサービスに温かさや深みを与えています。
後々のお話に向けてのフラグを立てるなど、キャラやストーリーにも気を配って作品を組み立ててます。

エッチはどのパートも違った良さを持ってます。
エロさで見ればフェラが一番でしょうけど、オナニーパートはイメージの膨らませ方が上手ですし
美術館でのエッチも彼女の別の顔が垣間見えます。
効果音が入っていれば実用性がもっと上がったでしょうね。

絶頂シーンはお客4回、双葉2回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声(吐息含む)そこそこです。

落ち着いた雰囲気漂う大人のサービスが味わえる作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:08:28

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年4月30日まで7割引の360円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

私語夜話~いもうと添い寝01~「イタズラな妹がエッチな添い寝をしてくれる」

サークル「MooNSHINeR」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてエッチにとても積極的な妹が
お兄ちゃんに添い寝しながら様々な誘惑をして一緒に気持ちよくなります。

プレイの状況に応じて彼女の声の位置や距離が目まぐるしく変化したり
絶頂が近づくのに合わせて息遣いも荒く熱っぽくなるなど
バイノーラル録音の長所を活かした抜きやすいエッチをするのが特徴です。
近親相姦したくて堪らないの
妹がエッチに誘惑してくるお話。

「お兄ちゃん。お兄~ちゃ~ん♪」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
今日もいつも通りお兄ちゃんと一緒に寝たいと言うと
その勢いで彼に寄り添い甘いキスをします。

本作品は血の繋がった兄妹が体を重ねる「近親相姦」をテーマに
彼女が文字通り全身を使って彼の性的興奮を煽り続け、最終的には中出しSEXへと持ち込みます。
二人がそういう関係になる過程についてはほとんど描かずに
音声開始2分後には早速エッチを始める抜き重視の作りです。

お兄ちゃんは妹とエッチすることに罪悪感を抱いてるのか
全編を通じて自分から積極的に動こうとはしません。
そのため彼女は多くのシーンで彼をやる気にさせようと様々な誘惑をします。

「あぁん、お兄ちゃんベロ、美味しい。でも、オチンチンの方がもっと美味しいかな~」
具体的には蕩けるように甘いキスをしながらおちんちんを欲しがったり
自ら股を開いて挿入をおねだりする、といったものです。
そしてその一部始終をバイノーラル録音によってリアルに表現しています。

MooNSHINeRさんはこれまで数多くの作品を出されてるサークルさんですが
バイノーラル録音作品を出すのは今回が初だそうです。
妹が添い寝してる状況を踏まえて息遣いの変化に特に力を入れており
彼が絶頂へと近づくにつれて熱を帯びたり呼吸が速くなる様子で彼女の興奮具合を直感的に伝えてくれます。

妹役の今谷皆美さんがアダルトゲームのほうで活躍されてる声優さんなだけあって
ちゅぱ音・吐息・喘ぎ声がいずれもエロく、聴いてるだけでバッチリ勃起できるくらいのパワーを持ってます。
責めるペースを緩めてねっとりした音を鳴らすのも作品の雰囲気に合ってて良いです。

実の妹が体を密着させながらお兄ちゃんを積極的に誘惑する。
現実世界では難しいシチュを生々しく描いた実用性の高い作品です。
最終目的に向けてじりじりと
エッチシーンは3パート61分間。
プレイはキス、手コキ、乳揉み、乳首舐め、オナニー、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほ~ら、この大きく膨れ上がってるオチンチンちゃんをね? こうして、まずは優しく包んで~……あぁん」
お兄ちゃんにフェラを持ちかけ拒否された妹は
エッチな言葉で彼の気持ちを盛り上げてから代わりに手で優しくしごきます。

エッチはどのパートも彼女がご奉仕する形で進みます。
一番最初の「01」パートのメインとなるのは手コキ(約23分)。
最初は握るだけ、少し経つと上下にゆっくりしごきながらエッチな吐息を漏らします。

「出ちゃうでしょ? ビューって、ビュッビュッーって……ふふふ」
そして彼女は色んなイタズラをして射精したい欲求を煽ります。
擬似フェラでちゅぱ音を鳴らすところから始まり、射精する時の様子をいやらしく実況したり
プレイ中に何度もキスしたりと多くの男性が興奮しそうな素材を上手に投げかけます。

中でもキスはどのパートも暇があればするくらい頻度が高いです。
音質が良いおかげで舌の動きをイメージしやすく、粘性高めのちゅぱ音も相まってとても色っぽいです。
声は明らかに年下なのですが、男を扱うするテクニックに関しては大人顔負けのレベルを持ってます。

「ねぇお兄ちゃん、私のオマンコに、お兄ちゃんのオチンチンズボズボしてるみたいじゃな~い?」
手コキ中に彼女が擬似SEXのイメージをさせるのがいいですね。
自分の手をおまんこに見立てて積極的に中出しをおねだりします。
彼女はどのシーンでも自分の気持ちを本当に真っ直ぐ伝えます。
その飾らない姿に彼に対する信頼の強さと想いの深さを感じました。

そんな彼女の願いが叶うのが「03」パート(約20分)。
手コキの後、お兄ちゃんにおっぱいを揉んだり吸われたりして我慢できなくなった妹が
フェラをしてから彼の上に跨り自分から腰を下ろして繋がります。

「んん、んはぁ、はぁはぁ、私の体の中に、お兄ちゃんの脈動を感じるの。はぁはぁ、やっぱりいい、セックスいいっ」
挿入した瞬間に恍惚としたやや大きな声を漏らす姿や
嬉しそうな吐息を漏らしながらリズミカルにピストンする姿にその気持ちがよく表れてます。
「くぷっ きゅぽっ」という優しく絞り込むような水音もとてもエロいです。
事後に繋がったままキスをして余韻を楽しむなど、背徳感よりも甘さを強く感じるエッチをしています。
優しく誘惑してくれる作品
近親相姦の良い部分を強調しながらエッチするあまあまな作品です。

お兄ちゃんを世界の誰よりも深く愛してる献身的な妹が
彼を無理矢理犯すのではなくその気にさせるリードで色んなプレイをします。

エッチの最中に何度もするキス、おちんちんを求める代わりにおまんこを躊躇無く差し出す態度
そしてプレイ中に鳴る甘く濃厚な音の数々。
彼を楽しませつつ自分も気持ちよくなる姿勢を貫いて愛情を伝えます。

「あぁいい、とっても素敵ね。私、幸せ過ぎて死んじゃいそう」
すべてを終えた後に見せる彼女の満たされた表情も非常に印象的でした。
一歩間違うとヤンデレに走ってしまいそうなシチュを上手く制御しまとめてます。
中出しはしますけど妊娠とかの描写はありませんし、禁断のエッチをする様子だけを濃密に描いてます。

私個人は声の質感や位置、距離のリアルさが最大の魅力だと思ってます。
最初は割と落ち着いてたのが肌を重ねるにつれて声が自然と上気し
絶頂が近づく頃には若干呆けた声と小刻みな呼吸へ変化します。
バイノーラルの持ち味が出る演技をされていて彼女の存在を近くに感じることができました。

エッチについては彼を敢えて消極的にすることでMっ気を出さずに女性上位の状況を作り上げてます。
彼女が襲うより襲われるほうに喜びを感じるタイプのキャラなので強引なところはほとんどなく
彼の顔色を窺いながらより踏み込んだプレイへと移行します。
その雰囲気を出すために責めるペースを緩く設定したのかもしれませんね。

絶頂シーンはお兄ちゃん3回、妹1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

暗くなりがちなシチュをとことん明るく描いた作品です。
近親相姦モノで抜ける作品を探してる人には特におすすめします。

CV:今谷皆美さん
総時間 1:19:01(本編…1:07:57 ボーナストラック…11:04)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
ボーナストラックは2017年4月28日頃までの期間限定でつくそうです。

欲求不満な隣の人妻お姉さんは媚薬を使ってのゴム無しセックスが大好き~旦那の居ない昼下がりの情事~

サークル「ristorante」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つおっとりした人妻が
いつもお世話になってるお隣さんにエッチでちょっぴり背徳的なお礼をします。

人妻が童貞を優しくリードするあまあまな不倫プレイが魅力で
手コキ→フェラ→パイズリ→SEXと後になるほど踏み込んだご奉仕をしながら
穏やかで色っぽい吐息を漏らしたり、声とはまるで違う激しい責めで性的興奮を執拗に煽ります。
昼下がりに妖艶な人妻と
隣に住む奥さんと濃厚なエッチをするお話。

「うふふっ いらっしゃーい」
奥さんはやや鼻にかかった色っぽい声のお姉さん。
自宅のパソコンが壊れてしまったので隣に住む主人公に修理を頼むと
そのお礼にエッチなサービスをしてあげます。

本作品は性欲旺盛なのに旦那がなかなか相手をしてくれず悶々とした日々を送っていた彼女が
普段から色々とお世話になってる彼の体を使って存分に楽しみます。
所謂不倫モノですが彼の側からエッチなアプローチをかけることはないので寝取られ要素は極めて薄く
ドロドロの人間関係や事後のストーリーもほぼ省略しエッチの様子だけをひたすら濃く描きます。

人妻とのエッチを引き立てるためにこういうシチュを用意した感じですね。
ただし、最終的には中出しSEXまでしてしまうので多少の背徳感はあります。

「あなたが黙っててくれるのなら とってもいいこと してあげられるんだけど…」
奥さんは声を少し聴いただけでエッチが上手そうと感じるレベルの妖艶な女性。
いつも通り修理に呼び出した彼を薄着で迎え、口止めしてからエッチなサービスを持ちかけます。
そして最中は文字通り全身を使って何度も何度も射精へと追い込みます。

声の感じはエッチの前後でそれほど大きな違いは見られませんが
時折漏れる熱っぽい吐息や、慣れた手つきで彼を激しく責める様子に人妻らしさがよく出ています。
エッチな効果音もたっぷり流れるので雰囲気もエロく、抜き場に困ることはまずないです。

ちなみに彼女はエッチ開始の時点で彼とSEXする気がありません。
軽くつまむつもりだったのが旦那よりも立派なおちんちんと驚異的な精力を持つ彼に惹かれ
とある出来事をきっかけに生SEXへと雪崩れ込みます。

欲求不満な人妻が若い男の体にのめりこみ、すべてを捧げる。
エロさを最大限に出しつつちょっぴり暗い部分も持たせたテーマ性のある作品です。
エッチな声や音をふんだんに盛り込んだ艶のある筆おろし
本編のエッチシーンは5パート69分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、パイズリ、手マン、SEX(騎乗位)です。
手コキ、パイズリ、手マン、コンドーム装着、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「大丈夫よ 悪いものは入ってないから 私特性の美味しいジュースよ」
エッチに淡白な旦那のために用意した媚薬を溶かしたジュースを口移しで飲ませると
奥さんは主人公のズボンとパンツを脱がし、すっかり硬くなったおちんちんを手でゆっくりしごき始めます。

エッチはどのパートも年上&経験豊富な彼女がリードします。
一番最初の「媚薬を口移しで飲まされ囁き手コキで誘惑」でするのは手コキ(約10分)。
軽いキスを挟んでから竿を大きくしごいたり、亀頭を小刻みに擦って気持ちよくします。

効果音が主役のプレイということで「くしゅっ にゅちっ」と水気交じりの摩擦音がリズミカルに鳴り
彼女の責め方に応じてストローク、スピード、力強さが微妙に変化します。
プレイ一覧を見ていただければわかるように本作品のエッチは効果音が鳴るプレイが多く
そのほぼすべてが人妻らしいねっとりいやらしいものです。


「こんなおちんちん入れたら どんな女の子だって喜んじゃうでしょ? いいなぁ」
「いいのよ 何回でも あなたの好きなときに精液出して 私にぶっかけて」

もちろんセリフも彼女のキャラに相応しいものばかり。
初めて見る彼の逞しいおちんちんを褒め称え、特に意地悪もせず好きなだけ射精させてあげます。
そして吐き出された精液を美味しそうに舐めたり飲んだりして自分も楽しみます。

彼女の心情については作中で特に語られてませんが
最終目的にあたる「人妻への中出し」に向けての伏線と思われる描写がいくつか見られます。

最も盛り上がるのは終盤の「ゴムありセックス」と「パンツで目隠しされながらこっそり生で「イケナイコト」」パート(約37分)。
お掃除フェラ、お風呂でのパイズリでさらに2回射精させてもまだまだ元気なおちんちんを見て
彼女もいよいよおまんこを使って彼にご奉仕することを決意します。

「ゴムがついてるから 浮気じゃないものね ふふっ」
「そのまま お姉さんの中に出しちゃおっか」

彼女自身も旦那を裏切ることに多少の後ろめたさを感じてるのでしょう。
コンドームを装着しながら「これは浮気じゃない」と自分に言い聞かせつつSEXを存分に楽しみます。
1分30秒近くの時間をかけてゆっくり奥まで挿入し、膣圧だけで射精しそうになっても嫌な顔ひとつせず
むしろ生SEXを意識させる言葉を投げかけて応援します。

「やばっ 旦那のより何倍も気持ちいい」
しかし2回戦にあたる「ゴムありセックス」の後半シーンに差し掛かると徐々に余裕がなくなり
「ぱちゅん」と空気交じりのピストン音をリズミカルに鳴らしながらエッチな吐息や喘ぎ声を漏らします。
彼女が一方的に責めていたこれまでのパートに比べてエロさの密度が高く
人妻とSEXしてるシチュも相まって大変抜きやすくなってます。

そうやって心と体をしっかりと繋げ合ったところでいよいよ本題の生SEX&中出しが始まります。
自分のパンツで彼の視界を覆ってから敢えて何をしてるか言わないイメージ重視のプレイで
同じ騎乗位でも挿入を若干変えたり、序盤は意識して緩くピストンするなど違いを持たせてます。

「中で 沢山出て…あんっ すっごい」
ゴムありパートよりも時間が短く射精回数も少ないですが
最後の絶頂シーンで彼の精液を気持ち良さそうに受け止める彼女の姿はとても印象的でした。
そのまま弱めの刺激を与えて残り汁まで出させるのも人妻らしくて良いです。

このように、淫乱な人妻が最後の一滴まで搾り取る充実したエッチが繰り広げられてます。
穏やかな不倫作品
不倫や人妻への中出しSEXにつきまといがちな背徳感をある程度中和し聴きやすくしてる作品です。

奥さんは日頃お世話になってる主人公に恩返しをするため、そして自分自身の性欲を満たすために
最初から積極的にアプローチし色んなプレイで何度も射精に導きます。
手コキ、フェラ、パイズリ、SEXとパートごとに使用する部位を大きく切り替え
その全部に異なる効果音を用意したっぷり流しながらエッチな吐息を漏らします。

「これからもよろしく 私の可愛い可愛いお隣さん」
お礼をするだけのつもりが男性としての彼の魅力に取りつかれ
最終的にはいつでもエッチOKと言うほどのめりこんでしまうところも面白いです。
といっても作中で描かれてるのはエッチの様子のみで旦那との破局とかはノータッチです。

ristoranteさんは元々癒しとかあまあまなエッチを好むサークルさんですから
不倫から連想されるドロドロの展開からは縁遠いです。
人妻とのエッチを純粋に楽しみ、抜くことを第一に考えた比較的大衆性のある作品です。

エッチについては人妻に筆おろしを織り交ぜてます。
彼女が女性の体の作りや喜ばせ方を教える性教育っぽい描写はまったくありません。
ですが本作品において彼の童貞属性は必須とも言える重要なポイントです。
なぜそう言えるのかは聴いてのお楽しみとさせてください。

本編の絶頂シーンは主人公6回、奥さん3回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

人妻とのエッチを極力明るく、そしてエロく描いた作品です。
人妻好きだけど重い話は苦手な人には特におすすめします。
おまけは「旦那が寝ている部屋の隣でこっそりセックス」と「耳かき」パートです。

CV:小粋さん
総時間 1:52:27(本編…1:23:06 おまけ…29:21)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

魔法少女☆プリズムエンジェル

魔法少女☆プリズムエンジェル(前編)」に引き続いての後編です。
今回は2章の楓編、3章の舞編を中心に紹介します。
魔法少女からメス犬へ
楓編の構成は5パート60分ほど。
最初の3パート17分間は蓮華編でもあった女体化と武器を扱う練習
そしてプリズムエンジェルの側に立って蓮華と戦う様子を楽しみます。

「あなたの意識が楓の 中へずーっと 入り込んでいきます」
「その場で 右手を軽く振るたびに ロッドから魔法を発動することができます」

女体化は心臓の鼓動を聞きながら自分の心と彼女の体を融合させるイメージをし
それからカウントと同時に階段を一歩ずつ降りて女体化を定着させます。
続く武器の練習もプリズムロッドを実際に掴む感じで手を握り、的を射抜くイメージをします。

本作品の女体化や練習は3章いずれもほぼ同じ流れで進みます。
普通は分けて聴くことになるでしょうからこのほうがやりやすいとサークルさんが判断されたのでしょう。
女体化を済ませてからさらなる深化へ進む堅実なアプローチです。

「破片が あなたにぶつかりそうになる瞬間 二人は光に包まれ 光の国マジカルランドへ飛ばされます」
また楓編ではドラマパート終了後からエッチが始まるまでのおよそ7分間に渡り
彼女と舞がプリズムエンジェルになった経緯やその変身風景が綴られています。
ここでは光のイメージを通じて体を温める暗示を入れてくれますから
うまく催眠に入っていればお腹のあたりがぽかぽかするでしょう。

同じ出来事に対しても主人公ごとに違った視点で物語を描いたり
戦うに至った背景や心情を細かく描写することで没入感をさらに高めてくれる
わけです。
実際に聴いてみると同じシーンでも違った印象を抱くでしょう。
ひとつの作品の中で複数の女性になりきらせる試みも非常に面白いです。

楓編のエッチシーンは32分間。
プレイは触手による全身愛撫、乳首責め、豊胸、媚薬を飲ませる、おまんこ責め、アナル責め、ふたなり化、おちんちん責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありませんが射精表現はあります。

「ずるずると何かが迫っている音がします それは 無数の触手を持つ妖魔です」
蓮華との戦闘中に気を失い、別の敵幹部「アイズ」によってダークランドへ連れて行かれた楓は
宙釣りにされたまま触手型妖魔に全身を蹂躙されます。

エッチは捕虜への懲罰として触手にひたすら責められ続けます。
前半の15分30秒間は清純な楓の心を堕とすことを見据えたプレイ。
複数の触手が全身をまさぐりながら媚薬効果つきの白濁液を塗りたくり
感度が多少上がったところでおっぱいや口にターゲットを絞り抵抗力を奪います。

「触手がくねるたびに あなたの柔肌がゾクゾクします それと同時に 体の力が吸い取られていく感覚がします」
「乳房が生温かく ぬめぬめした感覚に襲われます」

そしてお姉さんは今何をされてるのか、どこをいじられてるのか
それによってどんな快感が得られるのかを言葉で上手に伝えます。
現実世界ではできないプレイなのでイメージを膨らませやすい言葉を選び
聴き手が説明的に感じないよう表現を柔らかくしたり暗示とのバランスにも気を配ってます。
これまでに温感操作の暗示を多めに入れてたのは、触手の温もりをリアルに感じさせる意図があるのだと思います。

女体化催眠の老舗サークルさんなだけあってこのへんの匙加減は絶妙です。
時間をかけて催眠を深め、女体化・武器の練習・ドラマで楓とのシンクロ率を上げてきた成果を
快感や幸福感で存分に味わわせてくれます。
無理矢理犯すのではなく、聴き手をやる気にさせてから気持ちよくする流れも取り組みやすくて良いです。

「だんだんと乳房が重くなります 乳房がどんどんと大きくなります それに合わせて感度も上がっていきます」
プレイのほうで面白いのはおっぱいの肥大化。
触手の先端が開いて楓のおっぱいにしゃぶりつき、しばらくすると爆乳サイズにまで大きくなります。
アイズにとって彼女は敵ですから無様な姿にして心を折りたかったのでしょう。
プレイ自体は快楽をとことん注ぎ込み、その一方で心への責めをちょっぴり背徳的にしています。

続く後半はいよいよ下半身を徹底的に責めます。
すっかり濡れそぼったおまんこに極太の触手を挿入し、少し経つとアナルとクリトリス責めが加わり
さらにクリトリスをおちんちんに変えて男女両方の快感を同時に与え続けます。

「おまんこの奥まで ズンズンと突き上げてきます そのたびにメス犬魔法少女であるあなたの体は震え 喜びに包まれます」
「触手の奥から 細い触手が伸びてきます その触手はおちんちんの尿道をつつきます そして一気に尿道の中の精巣に達します 触手は精巣から精液を吸い始めます」

サークルさんが音声の妨げになると判断されたのか、効果音やちゅぱ音は特に鳴らないものの
楓が激しく責められ、それらすべてに快感や幸福感を得ている様子をリアルに楽しませてくれます。
触手に穴という穴を犯される快感、それを敵に見られる快感、そして魔法少女だった自分がメスに堕ちる快感。
ストーリーや人間関係を盛り込みつつ心身をバランスよく責める独特なプレイが繰り広げられてます。

激しいけどグロさを最小限に抑えてある聴きやすいエッチでした。
終盤の絶頂シーンは無理に射精しなくても十分気持ちよくなれます。
そして事後は悪堕ちによる後味の悪さを少し感じることになるでしょう。
効果音やちゅぱ音を一切使わずにここまで生々しくイメージさせてくれるのも素晴らしいです。
親友との絆を取り戻すために
最終章の舞編は5パート65分間。
過去2章と同じく女体化と練習パートを挟みドラマパート、エッチパート、エピローグと続きます。
女体化と練習はほぼ同じ内容なので省略します。

蓮華「大丈夫だよ これからも私が舞のこと 守ってあげるから」
ドラマパートはプリズムエンジェルになった舞がアイズと戦う様子に加えて
蓮華が敵に回った経緯が事細かに語られています。
蓮華編を聴いた時点ではよくわからなかった部分も教えてくれますから
舞、楓、蓮華の間にある複雑な人間関係を理解するのに役立ちます。

ドラマパートの後に始まるエッチは21分間。
プレイはスライムによる乳首責め、おまんこ責め、アナル責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「粘液がプリズムエンジェルのコスチュームに触れます するとじわじわとコスチュームが溶け始めます」
アイズとの戦闘で劣勢に陥り彼女の作り出した世界へ飛ばされた舞は
そこにいた大きなスライムにコスチュームを溶かされ、おっぱいやおまんこを執拗に責められます。

エッチは身動きが取れなくなった舞をスライムがねっとり襲います。
楓編に比べるとアブノーマル要素は低いものの、処女のおまんこにスライムが侵入し中を犯す展開や
耐えようと頑張ってた心が快楽に侵食されていく様子に多少の背徳感を覚えます。

「全身の感度が高まり かーっと熱くなります」
「侵入しているスライムの動きが速くなります おまんこがとても熱くなります それによりあなたの体に快感が襲ってきます」

また温感操作の暗示を多めに入れたり沈黙を適度に挟んで感度を上昇させるなど
楓編との違いが出るように異なるスタンスで快感や幸福感を膨らませます。
ただし、舞編はエッチよりもドラマ性を重視した内容になってることから
プレイの過激さや得られる快感は他の2章に比べて弱く感じました。

エッチの終了後に16分程度のお話が始まりますし
物語をスッキリ終わらせるための過程としてこのプレイをしてるように映りました。
このように魔法少女を犯し、汚す快感を主観的に味わうプレイが繰り広げられてます。
熱中できる作品
3人の主人公になりきってお話やエッチを楽しみやすい作品です。

プリズムエンジェルとしてダークランドと戦い続ける舞と楓
そして舞の親友でありながらダークランドの戦士になり彼女たちと戦う蓮華。
複雑な情勢下にある少女たちの心情や行動を彼女たち自身にとても近い視点でお姉さんが語ります。
またそれを成し遂げるために作品のイメージを盛り込んだ催眠を施します。

各章に共通して言えるのは主人公になりきらせることにとにかく力を入れてます。
まず催眠がしっかりしていて入りやすいですし
その後から始まる女体化やドラマもエッチに熱中できるように異なるアプローチをします。
練習パートで彼女たちが使用する武器ごとに違った指示を出すのがいい例です。

エッチシーンは3章合わせて全体の32%程度とそれほど長いわけではありません。
ですが催眠状態を維持しつつ彼女たちの視点や心情を持った形でエッチに臨めるので
実時間以上に満足できる、気持ちよくなれる可能性が高いです。
特に2章の楓編は激しい責めと快楽堕ちを組み合わせた濃いプレイで大変満足しました。

敵に犯されるといっても相手は人外ですし、セリフ周りもグロさを感じないよう気を遣ってます。
体を火照らせ感度を何度も強化してから連続絶頂に追い込む流れも実用的です。
豊胸やふたなり化を受け入れられる人なら問題なく聴けるのではないかなと。
最後まで聴けば3人がそれぞれに対して抱く思いも自然とわかります。

絶頂シーンは楓編が6回、舞編は5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

魔法少女たちが戦い、感じ、堕ちる姿を追体験できる作品です。
219分で1200円ならコスパも十分良いと言えます。
以上を踏まえて本作品をサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:涼貴涼さん
総時間 3:38:58(共通パート…43:12 序章…50:38 2章…59:55 3章…1:05:13)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパで+1してあります。

魔法少女☆プリズムエンジェル

サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同じ学園に通う3人の魔法少女が
愛し合ったり敵同士になって戦う様子を彼女たちになりきって楽しみます。

リラックスと催眠状態を深めながら物語の世界に少しずつ引きこんでいく催眠
章ごとに異なる少女の視点でプレイを実況し快感を得るエッチなど
催眠ボイスドラマならではのキャラやストーリーを重視したサービスが味わえます。

総時間が3時間39分と非常に長いため2回に分けてお送りします。
(前編は催眠パートと蓮華編、後編は楓編と舞編です)
昨日の友は今日の敵
虹野 舞、川澄 楓、小幡 蓮華になりきりエッチするお話。

「それでは 私の声に 耳を澄ませてください」
お姉さんは穏やかで落ち着いた声の女性。
案内役として音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分の声に耳を傾けイメージを頭に思い浮かべるよう呼びかけます。

本作品は大きく3つのシーンに分かれており
序章は蓮華、2章は楓、3章は舞と主役を切り替えながら
それぞれにまずは女体化の催眠を施し、物語の世界にしっかり引きこんだ後に異なるエッチをします。
各章は内容が完全に独立してますので3回に分けて聴くのがいいでしょう。
催眠や解除も含めて1章あたりの時間は90分程度となってます。

3人の関係は舞と楓が同じ学園の先輩後輩にあたり
プリズムエンジェルとして闇の国ダークランドと日々戦っています。
蓮華は舞と幼馴染&同級生という親密な関係にありますが
とある出来事をきっかけにダークランドの女神コッペリアに操られ、舞や楓と戦うことになります。
今回紹介する蓮華編は彼女が敵方についた経緯を彼女になりきって楽しむわけです。

各章に入る前に聴く催眠パートはおよそ34分間。
仰向けに横になり、まずは目を開けたまま合図で全身に力を入れたり脱力するのを数回繰り返し
天井の一点をじっと見つめカウントに合わせてゆっくり目を閉じます。
このパートと解除パートは各章共通です。

「その目印を見つめていると だんだんと 目印の大きさや 形が変化していることに気づきます」
暗示は力が抜けた時に軽く入れる程度に留め
その代わりに筋肉を適度に収縮させたり目の周りに軽い疲労を与えて自然な脱力を促します。
さらに夏の海にぷかぷか浮かんでるイメージをのんびり話すなど
序盤は作品の世界と無理に絡めずリラックスさせることに力を入れて進めます。

本作品らしさが出始めるのはその後から。
夕暮れに川べりを散歩してる途中で舞や楓とすれ違い
雨宿りに近くの公園へと移動し、彼女たちが持っていた箱やブランコをこぐイメージをします。

「満月はとても綺麗で 魅力的です 時間が経つのを忘れて ぼーっと眺めてしまいます」
一人でも多くの聴き手が作品の世界に入れ込めるようにと
お姉さんは周りの情景を細かく話し、その中に意識の力がさらに弱まる暗示を入れます。
このシーンで流れるピアノBGMも雰囲気に合っていて癒しを感じます。

数多くの催眠ボイスドラマを手がけられてるサークルさんなだけあって
催眠をかけつつ没入感を高めるのがとても上手です。

「心がうきうきして 何も悩みがなくなります まるで楽しかった子供の頃に帰った気がします」
「ブランコの揺れが大きくなるたびに 意識と体がずれていきます 少しずつ すこーしずつ ずれていく」

雨宿りした後のシーンでも箱に現実世界の嫌なものを放り込んで心をスッキリさせ
ブランコを前後に揺らす様子に催眠が深まる単語を紛れ込ませるテーマに沿った内容です。
子供っぽい描写を積極的に取り入れてるのは主人公の3人が魔法少女だからでしょう。
涼貴涼さんの演技も相まって、このへんまでくると頭の中にもやがかかったような心地いい感覚が湧いてきます。

「光はあなたの心も優しく照らします すると 体と心がとても落ち着いた状態になります」
そして最後はブランコで宇宙まで高く飛び上がり
太陽の光を取り込んで体の内側から温かさと安らぎを得ます。
これまで様々なイメージをしてきたおかげでイメージ力が適度に磨かれてるでしょうから
彼女の言葉につられて浮遊感や熱の変化を感じるする人がそれなりにいると思います。

古典催眠の技術と作品の世界観を融合させた質の高い催眠です。
聴き手を舞、楓、蓮華になりきれる環境を整えることを目的に
簡易的な漸進的弛緩法と凝視法から入り、自然や子供に関するイメージでリラックスを強化し
宙に上がる感覚や太陽を交えた球体心像法を通じて催眠状態を深めます。

ベースは古典ですが細かな言い回しは現代催眠のテクニックが使われており
それらが催眠っぽさや表現の固さをある程度中和していて聴きやすいです。
暗示の内容に合わせて声のトーンや間を小まめに切り替える緻密な演技も光ります。
そして何より物語の流れを大事にしながら施すところが素晴らしいです。
この段階ではまだ女体化しませんので爽快感や心地よさだけを感じることになるでしょう。
親友が辿る悲しい末路
ここからは蓮華編の内容について紹介します。

蓮華編は全部で5パート50分ほど。
最初の3パート24分間は蓮華になりきってエッチを楽しむ準備として
共通パートではやらなかった女体化、彼女の武器「プリズムバレット」を撃つ練習
そしてプリズムエンジェルとの戦闘を行います。

「少しずつ 少しずつ あなたの心臓と 蓮華の心臓が 重なっていきます」
女体化は月の神殿に眠る彼女たちの元へ赴き
その体と自分の意識を融合させ、最後に階段を一緒に下りながら定着させます。
催眠パートでブランコに乗って意識と体を分離させるアプローチがあったり
その後宇宙に飛び出すイメージで深化するのはこれに繋げるためです。

元々ある女性像に心だけを移し変えるだけなのでイメージしやすく
階段を下りるシーンではおまんこやクリトリスの感覚を暗示で伝えてエッチの準備も整えます。
彼女たちになりきることを大事にしてる作品なのでそれに関するリードがきめ細かいです。

「人差し指を曲げて 弾丸を発射するたびに あなたの眠りは どんどんと深くなっていきます」
それを最も強く印象付けてるのが女体化後に始まる練習パートとストーリーの最初にあたるドラマパート。
ここでは彼女の武器にちなんで両手に銃を持つ形に構え、人差し指を実際に曲げながら彼女の言葉に耳を傾けます。
お姉さんが数えるカウントに合わせて指を曲げるたびに意識がふっと飛ぶ感覚がしました。
戦闘シーンでも蓮華の視点でその様子を実況し物語への没入感をさらに高めます。

蓮華編のエッチシーンは18分間。
プレイはスパンキング、キス、乳揉み、乳首舐め、手マン、クリ舐め、貝合わせ(すべて受け)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

舞「うふっ 蓮華ちゃん 私知ってるよ 蓮華ちゃんがいやらしい目で私を見ていること」
先ほどの戦闘よりも前の時間軸にあたる日の夜、楓にあることを言われてひどく傷ついた蓮華は
イメージの中で大好きな舞とあまあまラブラブなレズプレイをします。

エッチはパートナーにあたる舞にリードされて気持ちよくなります。
最初の10分間はお互いの心を深く通わせることを重視したプレイ。
とある嘘をついた蓮華に舞がスパンキングし、改心したところでご褒美のキスや乳首舐めをします。

舞「きっとお仕置きが足りないんだね そんな悪い子には もっと強くしないとね」
お姉さん「あなたはお尻を叩かれるたびに 感じてしまいます 恥ずかしくて悔しいはずなのに それすらも快感と感じてしまいます」
プレイ時間がそれほど長くないことを踏まえて
セリフ部分は舞、プレイの実況や暗示はお姉さんと役割分担してストレートに快感を膨らませます。
女性同士のエッチに見られる甘さや柔らかさも感じられて雰囲気はとても穏やかです。

「指の動きがさらに強くなります おまんこの粘膜を指先でごりごりと刺激します そのたびにあなたの全身がガクガクして爆発しそうになります」
続く後半シーンも舞に膣やクリトリスを責められる気持ちよさ
彼女と抱き合いおまんこを擦り合わせる快感を言葉で上手に伝えてくれます。

ここまで1時間以上もかけてじっくり女体化したおかげもあり
お姉さんのセリフやカウントに合わせて何度も股間がキュンキュン収縮したりビクビク痙攣しました。
終盤の絶頂シーンもおよそ3分に渡って3回連続で果てる結構ハードなものです。
ドライ慣れしてる人なら強めの快感が得られると思います。

物語の主人公にしっかりなりきらせ、それを維持したまま絶頂へと導く。
催眠ボイスドラマの醍醐味をしっかり押さえた密度の高いプレイが繰り広げられてます。

後編へ続く…。
魔法少女☆プリズムエンジェル(後編)

CV:涼貴涼さん
総時間 3:38:58(共通パート…43:12 序章…50:38 2章…59:55 3章…1:05:13)


体験版はこちらにあります

いつもより沢山でりゅ!?『完全オナ指示』亀頭オナニーのすゝめ。

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、クールだけど面倒見のいい女の子が
亀頭特化のオナサポで新しい快楽の扉を開くお手伝いをします。

指で輪っかを作りカリ首を擦る、手のひらと指を使って全体を握るなど
やり方を変えながら亀頭だけを責め続けるテーマ性の強いプレイをします。
最中のリードも丁寧ですから言う通りにするだけで強めの快感が味わえるでしょう。
亀頭オナニーを完全サポート
女の子の指示に従い亀頭オナニーするお話。

「こんにちは ここに来たってことは 亀頭オナニーに興味があるんですか?」
女の子はやや幼さを感じる明るい声の女の子。
自分のもとへやって来た主人公に亀頭オナニーがしたいか確認すると
きめ細かな指示を出しながらそのやり方を教えます。

本作品は男性にとって敏感な部位「亀頭」をいじる快感を存分に味わってもらおうと
彼女がおよそ35分に渡る多彩な亀頭オナサポを提供します。
プレイ開始直後に勃起させるため竿をしごくシーンがあるものの
それ以降は手と指を使って亀頭やカリ首だけを責め続けるタイトル通りのプレイです。

作中で彼女は唾液でもいいと言いますが、このプレイを円滑にこなすことを考えれば
十分な量のローションを用意することを強くおすすめします。
ぬめりが少ないと快感よりも痛みが勝って射精しにくくなりますからね。
竿をしごくタイプのオナサポに比べて得られる刺激が強いです。

「くーるくる くーるくる くーるくる くーるくる」
もうひとつのポイントはリードのきめ細かさ。
主人公が亀頭オナニーに初挑戦する背景を踏まえて
彼女は事前に必ずいじり方の説明をし、プレイ開始後もセリフを使ってペースを小まめに指示します。

サークルさんが他のオナサポ作品を研究されてるのか
竿をしごく際は8~16コキ程度の短い間隔でスピードを変化させます。
亀頭をいじる時も最初は慣れさせるために意識してゆっくり合図を出してくれますし
今まで亀頭オナニーを一度もしたことがない人でも無理なくついていけるでしょう。

ちなみに、作品説明文には「本作品は女の子に見下されて興奮するM男性向け」と書かれてますが
指示重視のオナサポをするため言葉責めの割合はあまり高くありません。
それどころか彼の亀頭の匂いを何度も嗅いだり、終盤は一緒にオナニーを楽しむなど
できるだけ対等な関係でオナサポしようとする姿勢が見られます。

亀頭オナニーが中心といってもぶっ飛んだことは特にやりませんので
内容に興味を持ったのならややMあたりでも聴けると思います。
心よりも体への責めに力を入れてるオナサポ作品です。
色んな手段で亀頭を集中攻撃
エッチシーンはほぼ全編にあたる35分間。
プレイは亀頭オナニー、尿道口オナニー、竿オナニー、亀頭の匂いを嗅がれる、オナニーの見せ合いです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃあ まず初めは指に唾液をつけてください 亀頭が痛くならないように たくさんつけるんですよ」
冒頭の会話で彼の意思を確認した女の子は
ズボンとパンツを脱いでおちんちんを取り出す指示を出し、まずは皮を剥かずに亀頭をいじらせます。

エッチは終始彼女に言われた通り亀頭をいじります。
最初の11分間は亀頭オナニーに向けての準備に近いプレイ。
唾液で湿らせた指を這わせて亀頭や尿道口を軽く刺激してから
お馴染みのシコシコボイスに合わせた竿オナニーでおちんちんをしっかり勃起させます。

「ほら 自分の包茎おちんぽにありがとうって お礼を言ってあげてください」
「ほら 自慢の皮かむりおちんぽ 握ってください」

そして彼女は指示を出しながら彼の皮被りおちんちんを適度に見下します。
見下すと言っても口調がずっとクールですから後に残るほど傷つくことはありません。
本作品のエッチは包茎を前提としたプレイや描写がそれなりにあるので
リアルでも包茎な人の方が無理なく楽しめると思います。

プレイについては包皮と亀頭の間に指を入れる時は「くーるくる」
尿道口責めは「ぐーりぐり」、竿オナニーは「しーこしーこ」とそれぞれに合った言葉を小まめにかけます。
中でも竿オナニーはしごくペースの落差をやや大きく設定し効果的に勃起を促します。
作品の持ち味である「完全オナ指示」が序盤から遺憾なく発揮されてます。

もうひとつの魅力にあたる亀頭オナニーが始まるのはその後から。
包皮を剥き亀頭を露出させてからローションや唾液をたっぷり塗り込み
合計5種類のプレイを順にやって亀頭いじりの快感を楽しみます。

「まずは 指で輪っかを作って カリ首のところを手首を使ってぐりぐりと刺激してください」
具体的にどういじるかは教えるとつまらないでしょうから伏せるとして
どれもペースを緩めに抑えて竿や玉には一切触れさせないようにいじる指示を出します。
単に擦るだけでなく絞り込むタイプのプレイもあるので色んな快感が味わえるでしょう。
熱さと若干の痛みと気持ちよさが混じった複雑な感覚です。

「手のぬるぬるが乾いてきてるみたいですから ぬるぬる追加してください」
さらに彼女は彼が亀頭オナニーを存分に楽しめるように細かなところまで気を遣います。
亀頭オナニーを一通り覚えた後はそれをもう一度おさらいし
射精するまで自分の好きないじり方をしていいとまで言ってくれます。

前項で「M性はそれほど高くない」と書いたのは彼女が優しさを適度に見せてくれるからです。
それが最もよく表れてるのは終盤の射精シーン。
おちんちんから滲み出るカウパーに興奮したのを受けてとうとう彼女もオナニーを始めます。

「しーこしーこしーこしーこ…あんっ」
「どぴゅ どぴゅ どぴゅ ぴゅっぴゅー どぴゅどぴゅぴゅーっ」

今までは冷静だった息遣いが一気に熱っぽくなり、指示の合間に可愛い喘ぎ声を漏らす姿がとても良いです。
射精時にも30秒くらいに渡って「どぴゅどぴゅ」のセリフを言ってくれます
彼をちゃんと満足させつつ自分も楽しむテーマ通りのリードを最後までしてくれます。

彼女が喘ぎ始めるのが射精4分前と非常に短いのがやや残念ですが
これまで不足していた「エロい雰囲気」を出すのに大きく貢献してるのは事実です。
このように亀頭オナニーを隅から隅まで教え、抜かせる緻密なオナサポが繰り広げられてます。
強めの刺激が味わえる作品
敏感な部分を程よい強さとスピードでいじらせてくれる個性のある作品です。

女の子は今まで亀頭オナニーをしたことのない主人公にその気持ち良さを知ってもらおうと
包茎おちんちんを軽く見下しながらそれを活かした刺激の強いプレイを提供します。
エッチシーンの85%近くを亀頭責めに割き、その中で手や指を使った様々ないじり方を教え
最後は自分自身もオカズになりフリースタイルで射精させる行き届いたリードが光ります。

「私もあなたの惨めな姿を見ながらオナニーするの 気持ちよかったですから」
音声を聴く前はかなり強く見下されることを覚悟してたのですが
実際はクールな態度でちょこちょこ貶すあたりの比較的マイルドな描写に留まってます。
ドMな人が聴くと拍子抜けする反面、M性の低い人でも完遂できるとっつきやすがあります。

実用面については処女作として見る分には質の高いオナサポをしてくれます。
マイナーなプレイなのでいじり方を事前にしっかり教えてくれますし
ペースや強さの設定も痛みを感じにくいレベルに抑えられてます。
少なくとも亀頭をいじる部分においては不満や疑問に感じるところはありません。

ですが、体への刺激がしっかりしてる一方で心への責めが弱く
このリードだと途中でおちんちんが萎えてしまう可能性があります。
前述の通り言葉責めがそれほど強くないこと、相互オナニーの時間が短いことが主な理由です。

亀頭オナニーは激しくやるほど痛みを伴うようになることから
他の部分で勃起を維持できる材料を用意しておいたほうがやりやすくなります。
私も亀頭オナニーのシーンで何度か萎えて、その度に竿をしごいて復活させました。
相互オナニーはとても良かったので時間をもっと長くしてたら随分変わったのではないかなと。

射精シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

敏感な部分をじっくりいじらせてくれる新しいタイプのオナサポ作品です。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 36:36

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
サークルさんによると近日中に値上げする可能性があるそうです。
現在の価格(300円)ならコスパがいいので+1します。

心を癒す音声~いつでもあなたのそばに~

サークル「胡桃れみ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、主人公の心の中に住むあまあまなお姉さんが
癒しの言葉やイメージを使って疲れた心を芯から温めます。

こちらのすべてを肯定しながら彼女の温もりを感じさせるアプローチが魅力で
前者は心のつかえや重さを取り除き、後者は渇いた心に潤いを与えてくれます。
ナースからの温かなプレゼント
お姉さんに言葉で癒してもらうお話。

「こんにちは♪ 今日の調子はどうですか?」
お姉さんは穏やかで素朴な声の女性。
自分が主人公の心の中からやって来たことを告げると
彼を励ますために様々な癒しの言葉を投げかけます。

本作品はリアルで不安や寂しさを感じてる人を立ち直らせるために
彼女がおよそ18分に渡って癒しの言葉をたっぷり投げかけます。
彼女は彼の心をケアするナースのような存在だそうです。

声だけのバージョンとBGMつきのバージョンがあり
後者は全編に渡って清涼感のある温かい旋律が流れます。
両方聴いてみた感じだとBGM有りのほうがより癒されると思います。

本作品が持つ特徴は大きくふたつ。
聴き手のすべてを肯定することと彼女との距離の近さを感じさせてくれることです。

「毎日いろ~んなことがありますからね、それでもがんばってるあなたは、とってもエライんですよ」
「あなたは、だめなひとじゃないよ。あなたは、私にとって、いつでも、いちばん、素敵な存在なんだよ」

ひとつめは仕事や生活で頑張ってることを素直に賞賛したうえで
辛いことや悲しいことは涙や愚痴で発散させればいいと言います。
言葉で癒すタイプの作品では「頑張れ」など応援のセリフを言うものもありますが
この作品では「もう十分頑張ってるから休もうね」と受け入れる方向で進めます。

甘やかし要素が非常に強いので、音声を聴いてると肩の力が自然と抜けていくのを感じます。
自分で自分を褒める機会を与えてリフレッシュを手助けします。

「わたし、あなたの心、大好きです。わたしがずっと、守ってあげるからね」
ふたつめは心の中にある悪い部分を取り除く際に彼女が肩代わりしたり
何かあった場合は自分が味方になって助けると言って励ますシーンが多いです。
心が温まるイメージをさせて癒したりもします。

彼女の温もりを感じさせてくれるセリフが多いということです。
人は心に疲れを感じると誰かを頼りたくなるものですから
これはストレス軽減や不安解消に対するひとつの手段となります。
癒しと温もりを感じる言葉の数々に包まれて
お姉さんの癒しのサービスはほぼ全編にあたる16分間。
前半は主人公が抱えてる悪いものを取り除いて心を軽くしようとします。

「弱音もグチも、ぜんぶ、わたしにきかせてください。わたしが、ぜんぶ、受け止めてあげますからね」
彼女は辛いことや苦しいことがあったらすべて自分にぶちまけてほしいと言います。
内に抱えてるよりも愚痴をこぼしたほうがスッキリするのは事実です。
それをやりやすくするために彼女が心に手を添え温めるイメージも登場します。

「いつでもあなたのそばに」の作品名通り、彼女が彼と触れ合いながら癒そうとします。
作中に登場するイメージもわかりやすくて温もりを感じるものばかりです。
言葉以外の要素も使ってお世話してくれるおかげで胸のあたりがぽかぽかしてきました。

続く後半は別のイメージで心の悪い部分をすべて吹き飛ばしてから
「好き」「大切」といった愛を感じる言葉を存分に投げかけて冷えた心を温めます。

「そのままの、あなたでいてね わたしは、ありのままのあなたが好きです」
仕事中は自分らしくないことをしてストレスを抱える場面がしばしばあります。
だからこそ音声を聴いてる間だけはありのままの自分に戻し
それを認めてあげることで心に活力を与えます。

「自分を見つめなおす機会を与えてくれる」とでも言えばいいのでしょうか。
前半よりもストレートな表現が多いのも癒しにプラスに働いています。

このように、お姉さんとの一体感を重視したサービスが繰り広げられています。
隅から隅まで温かい作品
聴いてるだけで心と体が温まる作品です。

お姉さんは主人公が今より少しでも元気を出せるように
最初から彼のすべてを受け止め、受け入れる姿勢で接します。
そのうえで心の中にある悪いものをいくつかのイメージを交えた言葉で軽減します。

「私はいつでも、絶対、あなたの味方だよ あなたが不安なときは、わたしのこと、思い出してね…」
彼女は彼にどんなことがあっても自分だけは味方でい続けると言います。
これが恋人あたりだったらオーバーに感じるかもしれません。
でも彼女は彼の心の中に住む存在、つまり彼が持つ別の人格にあたります。
もうひとりの自分が自分を励ます設定だからとても心に響きます。

最中に投げかけられる言葉も否定する表現が一切見られず
今の自分を好きになることの大切さを柔らかい雰囲気で教えてくれます。
私が催眠音声をよく聴くからなのかもしれませんが、言葉よりもその裏にある意味のほうに深みを感じました。

短時間ながらも十分な癒しのパワーを秘めている作品です。
耳かきとは違うタイプの癒しを感じてみたい人におすすめします。

CV:胡桃れみさん
総時間 音声のみ…16:35 BGMつき…17:50 ありがとうメッセージ…1:37

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ジト目を崩さない武器屋の娘に拝み倒して素股してもらう

サークル「ベレス解部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と言葉はつれないだけど実はとっても優しい武器屋の娘が
偶然村を訪れた冒険者にややアブノーマルなサービスをしてあげます。

童貞短小包茎な彼を見下しつつしっかりお世話するツンデレプレイが魅力で
手コキ、足コキ、素股などコキ系のプレイを多彩な効果音でリアルに表現しながら
最中の行為や仕草によって彼女の心の変化をわかりやすく伝えます。
ジト目の奥に潜む優しさ
武器屋の娘「エリシャ」に見下されながら射精するお話。

「いらっしゃいませ。さっさと予算に見合う武器を選んでください」
エリシャは淡々とした口調で話すちょっぴり気の強そうな声の女の子。
店にやってきた主人公に愛想なさげに商品と価格の説明をすると
100ゴールドもらう代わりに彼の身の上話を聞いてあげます。

本作品は短小、包茎、童貞と男性にとってあまり好ましくない特徴を併せ持つ彼が
手や足を使った4種類のエッチなサービスを彼女にしてもらいます。
ファンタジー世界が舞台なので一部独特なプレイがあるものの
基本的には現実世界の男女でもできるものをとことんリアルに描きます。

ストーリーを簡単に説明しますと、彼は冒険者として他のメンバーと一緒にこの村へやって来たのですが
宿泊中に薬を飲まされ3日間眠ってる間に所持金と装備のほとんどを持っていかれてしまいます。
山に囲まれてるうえに強力なモンスターがあたりを徘徊する場所なので今のままでは脱出できないと判断し
彼女がいる武器屋を訪れ色んな装備を試しながら何度も何度も挑戦し失敗します。
そして後日いつも通り武器を買いに来たところ、とあるイベントをきっかけにエッチな事をする関係になります。

「……なんですか? まだ冷やかすつもりですか? こんぼうでぶん殴りますよ」
「そんなんだから仲間にも騙されるし、いつまで経っても童貞で包茎で早漏なんですよ」

一見すると美味しい展開に思えるでしょうが、彼女はタイトルや挿し絵の通りとってもクールなキャラです。
大したお金も持たずに武器を買いに来た彼を最初から見下すばかりか
童貞や粗末なおちんちんを何かにつけて貶します。

おちんちんや金玉をいじりながら小まめに言葉責めするスタイルのエッチをするので
リアルで童貞だったりおちんちんに自信のない人ほど心を抉られる感じがすると思います。
「最低」「汚い」「変態」など辛らつな言葉を浴びせかけるシーンも多いです。

しかし、彼女は心の底から彼を嫌ってるわけではありません。
一番最初のエッチで全財産を要求するシーンがあるものの
それ以降はサービスの見返りに金銭を要求することはなく、それどころか彼の願いを適度に叶えてあげます。

「……しょうがないですね。私がやってあげますよ」
この突き放す態度の中に垣間見える優しさこそが本作品最大の魅力です。
言ってることとやってることのギャップが結構大きいので
セリフよりも行為や仕草に注意を向けて聴いてみると彼女の心情が掴めると思います。

最初はツンツンだった女性がエッチを通じて彼に少しずつ心を開き、デレる。
M向けのプレイに独自の背景や登場人物の特徴を上手く組み込んだ奥深い作品です。
二面性のあるちょっぴりアブノーマルなエッチ
エッチシーンは4パート96分30秒間。
プレイは手コキ、耳舐め、ゼリーグローブコキ、ニーソ足コキ、キス、素股、乳揉みです。
手コキ、ゼリーグローブコキ、ニーソ足コキ、素股、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「……ねぇ、今日はいくら持ってきたんですか? 童貞ちんぽのお世話、してあげましょうか」
会話中に現れたモンスターを主人公と一緒にやり過ごしたエリシャは
少しの間体を密着させて隠れただけで勃起してる彼を見て童貞と見抜き
お金を取る代わりにエッチなサービスをしてあげると持ちかけます。

エッチはごく一部を除き彼女がひたすら責め続けます。
一番最初の「手コキ」は風俗店でするサービスに近いプレイ(約22分30秒)。
最初は彼にいじり方を教えてもらいながら、少し経つと自分のペースでおちんちんをねっとりしごきます。

「……オチンポしごきながら「シコシコ」って言われるのが嬉しいんですか? へぇ、ホントに嬉しいんだ……訳分かんない」
彼女は処女なのでエッチのやり方がほとんどわかりません。
だから序盤はおちんちんの仕組みや彼の喜ぶツボを観察しながら責めます。
効果音についても音質はかなりいやらしいですがペースは結構緩いです。

プレイ一覧を見ていただければわかるように、本作品のエッチはコキ系のプレイが多いです。
それを踏まえてプレイ中はそれぞれに適したリアルな効果音を目まぐるしく変化させながら鳴らします。
同じ手コキでも皮越しにしごく、皮の中に指を入れて亀頭をいじる、オマンコに見立てて激しく上下させるなど
シーンごとにある程度内容を切り替えて進めるので色んな音が楽しめます。

「最低……。最低の状態から無理やりドリルで穴を開けて更に下まで潜ったような最低具合」
「……分かりました。じゃあ手を握りましょう。こっちの空いてる手を握っていいですから、それで我慢してください」

最中に交わされるセリフも大きなポイント。
おちんちんが粗末なばかりか童貞特有のキモイ行動や反応をする彼に
実際に言われたら凹むレベルのきつい言葉責めを浴びせかけます。
ですがパートの中盤あたりに差し掛かると嫌々ながらも彼のリクエストをある程度受け入れる姿勢を見せます。

言葉だけを見ると彼女は明らかに嫌がってます。
でも少なくとも私が聴いた限りエッチで手を抜いてる様子はまったくありません。
それどころかすぐさま射精してしまった彼を長めの時間を取ってもう一度イかせてあげます。

彼女がなぜここまでの優しさを見せるのかはこの時点だとややわかりにくいです。
でもこの先のパートを聴いていけばだんだんとわかるように作られてます。
ですから今のところは事務的系の冷たいプレイとは違うことを理解しておいていただければ十分です。

二番目の「ゼリーグローブコキ」はファンタジーの世界特有の変わったプレイ(約24分)。
手コキされてからしばらくした後、山越えにまた失敗して戻ってきた彼は
店内で見つけたスライムを材料にしたグローブを購入し彼女にそれでしごいてもらいます。

「先っぽの皮だけめくれ返って、擦る度にビロビロしてます。気持ち悪いですね。だけど、あなたはこれが気持ちいいんですよね?」
「こしゅっ ぷすっ」と空気交じりのゴムっぽい音を鳴らしながら
玉を揉んだり、グローブで竿をにぎにぎしたり、包皮を剥いて中の汚れを落としたり
逆手に持って擬似SEXと多彩な責めを繰り出し徐々に射精へと追い込みます。
そしてここでもおちんちんの小ささや哀れな姿を小まめに貶してM心をくすぐります。

前のパートに比べて射精シーンは1回と少ないものの
責め方がねちっこいし質感も生々しくて仮想的なプレイをリアルに表現しています。
お金を要求するやり取りも特になく、彼女が彼を特別な人と認識し始めてるのがわかります。
セリフの方向性は変えずに細かな態度で親密度の変化を伝えるところが面白いです。

最も濃厚なプレイが楽しめるのは最後の「素股」パート(約25分)。
どうしても素股して欲しいとお願いされ最初は嫌がっていたエリシャが
とある重要な条件と引き換えに彼の望みをすべて叶えてあげます。

「……ぎゅってしすぎです。肌スリスリしすぎです。幸福感に浸りすぎです。もうカウパー滲んでるじゃないですか。最悪」
ここまで来ても彼女のセリフは相変わらず容赦がありません。
全裸にせずスカート、パンツ、ニーソだけを残した彼の嗜好に呆れかえり
肌を密着させながらおっぱいを揉んだり腰を必死に打ちつける様子を気持ち悪がります。

「ほらほら童貞さん、ここがオマンコの入り口ですよ。ここにこんぼうチンポを密着させて、腰を情けなーくヘコヘコしましょーね」
「名前呼びながら、ぎゅ~って抱き締めて、チンポ出し挿れ、しなさいよ……」

しかしそんな言葉とは裏腹にとても大胆な行動に出ます。
パート内にある4回の射精すべてを股間でしっかり受け止め
さらに後半の2回はおちんちんをパンツの中に招き入れおまんこの表面で擦る際どいプレイまでします。
それに合わせて息遣いが明らかに熱っぽくなり、可愛らしいことを言い始めるのもたまりません。

言葉では嫌がったり突き放す姿勢を取り続けるのに
行動でそれを遥かに上回る信頼や愛情を示すところが彼女らしいなと。
最後の射精時に自らキスをし、事後に満足げな息遣いを漏らす姿も印象的でした。

このように、冷たい言葉と温かい責めを組み合わせた個性的なエッチが繰り広げられてます。
クールで穏やかな作品
魅力的なキャラを最大限に活かした珍しいタイプの純愛系作品です。

辺境の村でぼったくり武器屋をしていた女性が仲間に置き去りにされた男性と偶然出会い
様々なエッチを通じて心と体を少しずつ近づけていきます。
そして彼の弱点である女性経験のなさやおちんちんのみすぼらしさをとことん貶す一方で
彼の望むことをできるだけ叶えてあげる慈愛に満ちた姿を見せます。

「(彼に好きと言われて)ふーん……。私もそれと同じぐらい、嫌いです……」
彼女は最後の最後まで口では彼のことを好きと絶対に言いません。
でも好きな人が相手じゃなければ絶対にできないことをいくつもやってのけます。
武器をたくさん買ってくれてるとはいえ、処女がここまでのことをするには相当な勇気と覚悟が要るはずです。
M男を弄んで楽しむのとは明らかに違う温かいエッチをしています。

このレビューでは大まかな特徴やエッチの内容を重視したのでほとんど書きませんでしたが
彼女が何者なのか、なぜ彼とここまでのことをするのかが遠まわしに語られています。
はっきりと伝えるのではなく、ヒントとなる要素を散りばめて聴き手に察してもらう感じです。
キャラ作りがしっかりしてるおかげでそれこそ時間を忘れるほど熱中できました。

エッチは女性上位+きつめの言葉責めとM向けの要素を中心に置き
その中に彼女の優しさを感じるシーンを数多く挟んでいます。
彼が童貞を卒業できなかったのも彼女に拒絶されたからではなく彼自身の意思によるものです。
異なる属性を組み合わせたプレイなのでややMあたりの人が最も楽しめるんじゃないかなと。
時間が長い、効果音のボリュームが多く質感もエロい、抜き場が豊富と実用性もかなり高い水準にあります。

射精シーンは全部で8回。
くちゅ音大量、淫語多め、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

エッチする女性の内面を巧みに描いた大変素晴らしい作品です。
148分で1100円ならコスパも申し分ありません。
以上を踏まえて本作品をサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。

CV:思 ちぽさん
総時間 2:27:55

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ